閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

フレッツ光は支払い方法や決済方法の違いで支払額が変わる?

フレッツ光は支払い方法や決済方法の違いで支払額が変わる?

フレッツ光の利用料金を支払う方法として選択肢が複数存在します。

たかが支払い方法と思いあまり意識されることも少ないかもしれませんが、実は、この支払い方法の違いによって実質の支払料金が増えたり、逆にポイントなどでお得になったりすることを知っていますか?。

今回は、フレッツ光でどういった支払い方法がお得になるのか、損になるのか、それぞれ支払方法の特徴と合わせて解説します。

フレッツ光の支払方法の種類について

フレッツ光のお支払い方法については基本的に3種類あります。

①請求書支払い

郵送などにより送付されてくる請求書(振込用紙)を金融機関の窓口やコンビニエンスストアなどに持ち込んで支払う方法です。

他の支払い方法と比較すると、請求書が送付されてくるたびに金融機関の窓口やコンビニエンスストアへ請求書を持ち込んで支払う必要がある為、面倒と思われる方は多いかもしれません。

主にクレジットカードを所有していない方や来店ポイントなどの特典を受ける事が可能なコンビニエンスストアにて来店ポイントなどをためている方が利用されています。

なお、基本的に現金での支払いとなる為、フレッツ光と合わせて契約しているオプションなどを認識しやすい事です。よって毎月の利用料金を確認する為に手間となる請求書による支払いをあえて選択される方も多いです。

支払いの期日を過ぎても支払いが確認できない場合、フレッツ光の利用制限がかかったり、強制解約となる可能性もある為、忘れずに支払いするようにしましょう。

②口座振替

各銀行や、信用金庫、ゆうちょ銀行にて設けた預金口座からフレッツ光の利用料金を自動的に引落して支払う方法です。

請求書支払いと異なり、金融機関の窓口やコンビニエンスストアへ出向く必要がない為、手間がかかりにくい支払い方法といえます。

なお、引落し日に利用料金分の入金が指定口座に入っていなかった場合、未払いとなってしまう為、遅くとも引落し日の前日までには口座振替分の入金を確認しておくと良いでしょう。

また、引落し日の前日に指定口座へ入金するのでは請求書支払いと変わらない手間がかかってしまいます。お勤め先の給料などが振り込まれる口座とフレッツ光の利用料金を支払う口座を同じにする事で口座振替分を入金する手間を省く方も多いです。

③クレジットカード支払い

基本的には口座振替による支払い方法と考え方は同じと考えている方も多いですが。クレジットカード支払いについては請求書支払いや口座振替と異なる点があります。

今回はクレジットカード支払いのメリットやデメリットについてお話しします。

■クレジットカード支払いのメリット

・フレッツ光の利用料金を確実に支払いできる

請求書支払いや口座振替と違い、フレッツ光の利用料金をクレジットカード会社が支払う事となる為、フレッツ光の利用料金が未払いになる可能性は低いといえます。

・クレジットカード会社によっては、ポイント特典が受ける事ができる。

利用するクレジットカード会社によっては利用金額に対してポイント特典を受ける事ができる場合があります。

■クレジットカード支払いのデメリット

・フレッツ光の利用料金の認識をおろそかにしやすい

クレジットカードによる支払いは「お金を使っている」というイメージがつきにくいです。ついつい使いすぎてしまうケースも多い為利用金額についてはしっかり把握する必要があります。

・盗難による個人情報の漏洩に繋がる可能性がある

クレジットカードの利用明細がポストなどから盗難される事で個人情報が漏洩する可能性があります。また、インターネット上で利用状況を確認できるweb明細などを利用した履歴などからも個人情報の漏洩に繋がる可能性があります。

個人情報の漏洩からクレジットカードの不正利用を防ぐ為にも利用明細などの管理は怠らないようにしましょう。

また、フレッツ光と合わせて契約が必要となるプロバイダーですが、プロバイダーによってはクレジットカードでのお支払いが必須となる場合があります。デメリットもありますが、クレジットカード支払いが金額面では一番お得になる場合が多いです。

最大94,000円キャッシュバック!

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 月額実質1,800円~
  • おうち割適用で毎月最大1,080円割引
  • 他社回線から乗換え違約金を10万円まで満額負担
  • 最大94,000円キャッシュバック
  • Webフォームからの申し込みで10,000円キャッシュバック増額中

フレッツ光のOSMサービスについて

インターネットをフレッツ光で利用する際、光回線利用料金の他にプロバイダー利用料金とオプション利用料金が発生します。個別に支払う方法を取っても問題はありませんが「OSM」と呼ばれるサービスを利用する事によりお得になる場合があります。

OSMとはワンストップメニューの略称です。別途プロバイダーパック契約とも呼ばれています。プロバイダー利用料金を光回線料金とまとめて支払う事ができるサービスとなっています。

OSMを利用する事のメリットについては以下です。

請求書を一つにまとめる事ができる。

プロバイダー利用料金と光回線利用料金の請求書をまとめる事により支払いも管理もしやすいといえます。

プロバイダー契約の選択肢が広がる

通常、クレジットカードの支払方法が必要となるプロバイダーも、OSMを利用する事により請求書支払いや口座振替の支払方法を選択できる場合があります。

口座振替手数料分お得になる

プロバイダー利用料金を個別に支払う場合、契約するプロバイダーによっては手数料が発生する場合があります。

仮に月々200円口座振替手数料が発生する場合、2年契約の場合4,800円かかります。OSMを利用する事によりプロバイダーによる支払い手数料の負担がなくなりつつ請求が一つにまとまる事で利用料金の管理がしやすく、またお得といえます。

フレッツ光のオプションサービスの支払いについて

フレッツ光を利用するにおいてオプションサービスは多数存在します。ひかり電話やフレッツウイルスクリア、フレッツテレビなどが該当します。

NTT東日本やNTT西日本が提供しているサービスについては契約者の名義や支払方法を光回線の契約と同じにする事で請求先をまとめる事ができます。

最大94,000円キャッシュバック!

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 月額実質1,800円~
  • おうち割適用で毎月最大1,080円割引
  • 他社回線から乗換え違約金を10万円まで満額負担
  • 最大94,000円キャッシュバック
  • Webフォームからの申し込みで10,000円キャッシュバック増額中

フレッツ光のおまとめ請求サービスについて

おまとめ請求サービスはフレッツ光の利用料金と携帯電話、固定電話の請求を一つにまとめる事ができるサービスです。サービス適用条件としてはNTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションが提供しているサービスである事です。

NTTファイナンスからの請求分を一つにまとめる事により、利用しているサービスの詳細が一つにまとまりわかりやすくなります。請求先については基本的にNTTドコモの回線が代表回線の扱いです。

おまとめ請求については契約手続きが完了後、おおむね2か月後からの利用開始です。手続き完了後に郵送にて届く「手続き完了のお知らせ」におまとめ請求の開始月の記載がされている為、届いた書類を確認するようにしてください。

フレッツ光のWebビリングサービスについて

WebビリングサービスはNTTファイナンスからの請求明細をインターネット上にて確認できるサービスです。携帯電話や固定電話、フレッツ光の利用によって発生した利用料金をWebサイトにていつでも確認する事ができます。

別途申し込みが必要ですが、請求額お知らせメールを受取ったり、インターネット上で支払いをする事も可能です。利用明細を郵送にて受け取る方法における盗難のリスクは回避する事が可能です。

しかし、Webビリングを利用したクレジットカード支払いを利用する際は、インターネット上でクレジットカード情報やパスワードなどの入力が発生する為、個人情報の漏洩が起きないようセキュリティをしっかりかけるようにしましょう。

どのサービスを利用する上でも、支払いが遅れたり滞納と判断された場合利用制限がかけられたり、強制解約となる場合もあります。

必要な時にサービスを受けられないということにならぬ様、利用内容や請求金額、支払い方法などの把握は怠らないようにしましょう。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
セット割で携帯料金を
月額最大1,080円割引
月額実質1,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!
他社からの乗換えで違約金負担も!
Webフォームからの申し込みで10,000円キャッシュバック増額中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)