閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

フレッツ光の番号ポータビリティー(ナンバーポータビリティー)を知ってスムーズにひかり電話へ移行しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

フレッツ光のインターネット接続サービスを新規契約で申し込みするのだから、ひかり電話や映像サービスの利用を考えている人も多いのではないでしょうか。
だけど、今使っている電話番号が変わってしまうのでは?と不安に思ってしまう人もいるでしょう。

実は、ひかり電話なら現在使っている電話番号を、そのまま利用することが可能です。これを番号ポータビリティー(ナンバーポータビリティー)と言います。
今回は、この番号ポータビリティー(ナンバーポータビリティー)について詳しく説明していきます。

今使っている電話番号・FAXも引き続き利用可能

ひかり電話は今使っている「電話番号」そのままで利用することができます。ただしこれは「NTT加入電話」で使っていた電話番号である必要があります。
そのほかにも一部利用できない番号があり、その場合は別途工事費が発生します。しかし、電話の使い方や音声の品質などは今までと変わることはありません。

また現在使っている電話機もそのままお使いいただけますが、ISDN対応電話機・G4FAX(白と黒の中間色が使えるISDN回線用のFAX)など、利用できない機種もあります
。※ただしISDN電話機はアダプタを追加して利用できるケースもあります。

ひかり電話を利用する際に、「ひかり電話A」プランを利用契約できる場合、ひかり電話の基本サービス(500円税抜)から、プラス1,000円(1,500円税抜)で、6つのサービス(ナンバー・ディスプレイやキャッチホンや迷惑電話おことわりサービスなど)の通常別途オプションサービス料金が必要なサービスが月額料金に含まれていてお得です。さらに、480円分の通話料も含まれているため、オプション利用をお考えの方にはおすすめプランです。

※NTT東日本のひかり電話対応機器はレンタルのみで販売はしておりません。

あなたが今使っている番号は加入電話?

「いまお客様が使っている電話番号は、どのようにして番号を取得したかご存知ですか?」といったケースがありますが、今現在、NTT回線で電話・ファックスを利用している場合は、「加入電話」と「加入電話・ライトプラン」のどちらかで契約しているはずです。

「加入電話」は申し込み時に施設設置負担金として、36,000円(税抜)を支払う必要があるのに対し、「加入電話・ライトプラン」では、施設設置負担金がかからない分、月額利用料金が加入電話よりも割高になっています。

初期費用をなるべく抑えて電話の契約をした人、電話の設置はしていないがADSLだけを利用しているという人には、このライトプランを利用している可能性があります。契約書や利用明細が手元にあれば契約内容を確認してみましょう。確認方法がわからない場合は、問い合わせ先となるNTTに確認・相談することをおすすめします。

今現在はNTTではないけれども、今使っている電話番号はNTTで取得した「加入電話」ということであれば、一度NTT加入電話に戻して(復活して)からポータビリティすることで、同じ電話番号を利用することができます。ただし「加入電話・ライトプラン」では番号ポータビリティー(ナンバーポータビリティー)をすることはできません。

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

便利な追加番号サービス「マイナンバー」

ひかり電話の追加番号サービス「マイナンバー」とは、「ひかり電話の契約番号+追加4電話番号」で最大5つの電話番号を利用できるサービスです。
家族ひとり一人、世帯ごと、電話とFAX、または店舗と住宅など、電話番号を使い分けることができます。また月額利用料(月額100円/番号)に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料3円/月が必要となります)。

料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更に合わせて見直します。
ひかり電話対応機器は、「アナログ電話機 2台まで」、「『スマホdeひかり電話』を使ったスマートフォンでのひかり電話利用 5台まで」、「無線IP電話機『ひかりパーソナルフォン』5台まで」、「IPテレビ電話端末『フレッツフォンシリーズ』4台まで」の中から、組み合わせて最大5台まで接続することで、最大5番号までお使いいただけます。

その他、1台の電話機で2つの電話番号を鳴り分けるなどのご利用方法も可能です。(「ひかりパーソナルフォン」、「フレッツフォンシリーズ」については提供終了)

同一市内に移転する場合でもポータビリティが可能

今利用している電話の設置場所からお引越しする場合、引っ越し先が同一市内ならば番号ポータビリティー(ナンバーポータビリティー)をして、引き続き同じ電話番号を利用することも可能です。
ここで注意しなければいけないのが、同じ市内であっても同じ番号が引き継げないケースがあるということです。

NTTの通話料金で「市内」「市外」「県内」「県外」といった区分があるのを見たことがあると思いますが、このNTTの区分と私たちが地図などで見る「市内」「市外」「県内」「県外」という行政上の区分とは必ずしも一致しません。
「移転先が同じ市内だから、たぶん大丈夫だろう…」と思い込まずに、移転先でも同じ番号が利用可能かどうか、事前に問い合わせ先となるNTTに確認・相談することをおすすめします。特に仕事でひかり電話を使っている人は注意が必要です。

※参考までに通話区分が行政区分と異なる例
・東京都町田市(神奈川県扱い)
・兵庫県尼崎市(大阪府大阪市扱い)
・広島県大竹市(山口県扱い)
・福岡市春日市(福岡県福岡市扱い) など

ポータビリティができないケースとは

NTT加入権(NTT加入電話)がないフレッツ光などのひかり電話、つまり最初からポータビリティも何もしていない、ひかり電話の番号(これを光発番といいます)は、ポータビリティすることができません。

解約してしまうとその番号は使えなくなりますので、仕事でこの光発番の番号を利用している場合には要注意です。ただし、ひかり電話オフィスタイプ・ひかり電話オフィスA・ひかり電話ナンバーゲートといった法人向けサービスへの番号ポータビリティー(ナンバーポータビリティー)は可能です。またNTTの「加入電話・ライトプラン」で利用中の電話番号についても、同じようにポータビリティができず、解約とともに消滅してしまいます。

またソフトバンクでは「おとくライン」という、NTT東日本・NTT西日本の通信設備を通さない直収型電話サービスがあります。最大のメリットは「ホワイトライン24(おとくライン)」などソフトバンクモバイルの法人携帯電話サービスとの24時間無料通話のメリットはありますが、基本料金の部分だけで比べると、ひかり電話が安くなります。

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

ポータビリティする場合のひかり電話の初期費用

今使っている加入電話を利用休止にして、その電話番号を利用する場合の初期費用は以下のようになります。

ひかり電話交換機等工事費用 加入電話の利用休止工事費用 合計
同番移行工事費用

(1番号につき)

基本機能
2,000円 1,000円 1,000円 4,000円

ここにある「同番移行工事費用」は、電話番号1つに対しての2,000円なので、2つの電話番号をポータビリティするのであれば4,000円となります。

電話ポータビリティが必要となるケースとは

ケース1: NTT加入権の電話からNTTフレッツ光のひかり電話へ切り替える場合

ひかり電話を申し込みすれば、NTT加入電話の「電話番号」は自動的にそのまま利用することができます。

NTT東日本の場合

加入電話の利用休止の手続きは自動では行われませんので、116に連絡して休止手続きをする必要があります。NTT東日本のホームページから手続きも可能です。この場合は、NTTから確認の電話が入ることになっています。

NTT西日本の場合

手続きに関してはNTT東日本とほぼ同じで、公式ホームページからの手続きの場合は、NTTから確認の電話が入ってくる場合もあります。利用休止工事が完了したら、利用休止のお知らせが一週間程度で送られてきます。

ケース2: auひかり回線(au)・ドコモ光(NTTドコモ)など他社電話サービスから、NTTフレッツ光のひかり電話を利用したい場合

この場合も、auひかり電話サービスなど他社ひかり電話で利用している電話番号がもともとNTT加入電話ご契約時に発番された番号である必要があります。

おそらくNTTから他社サービスへ切り替えた際に、NTT加入電話を「利用休止」しており、その際に「利用休止票」が送られてきているはずです(この利用休止票が手元に見当たらなくても、契約者本人が116へ連絡して電話番号から休止番号を調べることが可能です)。NTTの回線サービスを復活させる場合は、この利用休止票に記載されている休止番号が必要となります。またこの際の手数料(工事費用)は2,000円となります。

また注意点として、NTTフレッツ光のひかり電話が開通したら、他社ひかりのサービスを解約するようにしましょう。切り替え前のサービスを、切り替え後のサービス開通前に解約すると、電話番号が消滅する可能性があります。解約手続き・タイミングについては切り替え前のサービス提供事業者に必ず確認してください。また契約解除料(違約金)の発生有無も絡んできますので、注意しましょう。

ケース3:転用(光コラボレーションモデルへの移行)の場合

転用というのは、フレッツ光を解約してコラボ光を契約する際に、スムーズにその切り替えができるように進めていく手続きのことです。電話番号の変更はされず、そのまま今までの番号が利用可能です。さらに転用後のひかり電話の再転用、また他のコラボレーション事業者の「ひかり電話」を申込みの場合は、電話番号が変更になる可能性もあるので、その際は注意してください。
原則、移行後の変更受付等は光コラボレーション事業者にすべてのお客様対応の実施をお願いすることとなります。(※一部NTTへ委託できるサービスもあります)

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

ポータビリティができても、引き継げないサービスとは

ひかり電話へのポータビリティが完了すると、それまで利用していた加入電話は利用休止となります。工事が完了してから1週間後程度で「利用休止のお知らせ」が届きます。加入電話で利用していたNTTのオプションサービス・割引などについても解約となります。

また、他社の電話サービスについても利用終了の連絡をしないと、利用していないにもかかわらず料金だけが発生することになりますから、必ず連絡しましょう。特にひかり電話はマイライン(※注1)の対象外となっているので、マイラインの契約は解除になります。

また加入電話では利用できていたサービスも、ひかり電話では利用できないサービスがあります。同じNTTであっても、ポータビリティはできても以下のサービス内容は引き継ぐことができません。

  • 監視センター(警備会社など)への信号監視通信
  • 電気、ガス、水道などの遠隔検針(ノーリンギング通信)(※注2)
  • 着信課金サービス

それぞれのサービスを提供している事業者によっては、ひかり電話へ移行しても引き続き利用可能なサービス内容もありますので、まずはひかり電話の申し込み前にそれぞれのサービス事業者に申し込み内容を確認しておくとよいでしょう。ひかり電話が普及するようになってからは、ほぼ利用可能になってきましたが、特にガスの検針に関しては、地方では未対応(受の会社もありますので注意してください。
以下は、その時の内容確認の流れをまとめたものです。

①NTTアナログ電話(加入電話)からひかり電話になっても使用可能かを確認する

②「ひかり電話でも引き続き使えますよ」という回答だったらフレッツ光を申し込みする。その時に必ず、ナンバーディスプレイ(発信者番号通知)サービスに加入する必要があるかを確認する(※注3)

③ひかり回線が開通したら、開通した旨を連絡する。

(※注1)マイラインとは
NTT東西の固定電話で、電話番号の前に事業者識別番号をつかなくても、希望する通信事業者のサービスを優先して利用できるシステムです。

(※注2)ノーリンギングサービスとは
遠隔検針をするときに電話線を使うが、実際は電話のベルを鳴らさないのでノーリンギングと呼ばれています。

(※注3)
遠隔操作でガスの遮断をしたりする際、また自動通報の受信を受けた際にナンバーディスプレイなどのサービスを利用して、発信者の電話番号を確認するために加入が必要となる場合がある

他社光でんわを解約して、NTTアナログ電話に戻したい場合は、休止したNTT加入権を復活させることになります。

開通日の接続設定について

工事日の当日の午前中に接続設定を完了させておきましょう。ホームゲートウェイに電源を投入し、ホームゲートウェイ前面の電話ランプが緑色になるまで5分ほどかかります。ひかり電話は午前8時以降、接続設定してからだいたい1時間後から利用可能となります。実際にひかり電話を利用開始する前に、機器の電源を一度OFFONにする必要があります。接続設定の詳細については、契約後に送られてくる設定ガイドなども必ず確認するようにしましょう。

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

番号ポータビリティー(ナンバーポータビリティー)のしくみを知って、スムーズでお得な乗り換えを

番号ポータビリティー(ナンバーポータビリティー)は携帯電話会社(携帯電話契約内容)を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度で、固定電話でのポータビリティはあまりなじみがないかもしれません。仕事で電話を利用していて、電話番号が変わらないように、ひかり回線サービスへ切り替えたりするような場合は、ぜひポータビリティの仕組みを理解しておくといいでしょう。

また転用のように光回線サービスを乗り換えてお得キャンペーンや特典サービスを利用したい人にも、ポータビリティの仕組みや手続きを知っておいて損はないでしょう。

ただし「電話番号が変わってしまった」「今まで利用していたサービスが使えなくて困った!」ということがないように、手続きやポータビリティの仕組みがよくわからないという人は、提供開始する前に情報収集やNTTや切り替え先の事業者(提携プロバイダ)に確認しながら進めていくといいでしょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

3,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事

    記事はありませんでした