閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

WiMAXを最安値で契約する方法!プラン別の最安プロバイダ2社を発表

業界最安級!Broad WiMAXを徹底調査!月額料金が確実に安くなるヒミツ

WiMAXは契約するプロバイダ会社によって、月額料金や割引キャンペーン、キャッシュバック額が変わります。

せっかくなら、どこよりもお得に最安値でWiMAXを契約したいですよね。

2019年5月現在、WiMAXのプロバイダ10社を比較した結果、契約プラン別の最安値プロバイダは以下の2つです。

JPWiMAXのギガ放題とGMOとくとくBBの通常プランは、最新機種W06をした場合でもWiMAX最安値なのでオススメですよ。

今回はWiMAXを最安値で契約するためのポイントをくわしく紹介していきます。

ムダのないぴったりの契約先やプランを選ぶコツを知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

WiMAXを最安で契約するためのポイント3つ

WiMAXを最安で契約するためには、以下の3つのポイントに注目して申し込みをしましょう。

  • もっともお得なプロバイダを選ぶ
  • 機種を無料で手に入れる
  • ムダのないプランを契約する

WiMAXはプロバイダによって、月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容が変わります。

WiMAXをより安く契約するには、プロバイダ選びが肝心ですよ。

2019年5月時点でWiMAXを最安値で契約できるプロバイダは、WiMAXのプロバイダ10社|最安値ランキングの項目で紹介しています。

また、プロバイダによっては最新端末でも無料で手に入れられる会社があります。

通常、WiMAX端末を購入する際は、月額料金に端末の分割代を上乗せして支払うので、毎月の利用料金の合計が高くなります。

WiMAXを最安で利用したいなら、端末代金が無料のプロバイダで契約しましょう。

のちほど、WiMAXの端末を最安で手に入れる方法の項目で端末無料のプロバイダを紹介しています。

WiMAXを契約する際には、インターネット使い放題の「ギガ放題プラン」と、1か月のデータ通信量の上限が7GBの「通常プラン」を選びます。

ギガ放題を選ぶと速度制限がかかっても比較的問題なく使用できますが、通常プランの方が基本料金は安いので、自分のインターネットの使い方をよく考えて、ムダのないプランを選びましょう。

WiMAXのプランについては、ムダのないWiMAXの最安プランを選ぶ方法の項目で解説しています。

WiMAXの料金を比較する際の注意点

WiMAXは月額料金やキャンペーンなど、プロバイダによって大きく違うので、WiMAXの料金を比較する際にはいくつかポイントを抑えておきましょう。

契約期間トータルの実質月額料金で比較する

WiMAXはキャッシュバック額が高いプロバイダが、最安で契約できるように感じる人もいるでしょう。

しかし、キャッシュバックキャンペーンを掲げるプロバイダは、月額料金割引キャンペーンに力を入れるプロバイダよりも毎月の料金は高い場合があり、実際どのプロバイダが安いのか一見わかりにくいです。

また、月額料金割引キャンペーンを実施しているプロバイダも、割引額や期間は会社によって異なります。

プロバイダごとの最安価格を知るには、基本の月額料金から料金割引やキャッシュバックなど特典で受けられる金額を引いた契約期間トータルの「実質価格」で比較をしましょう。

キャンペーンの適用条件を確認する

WiMAXのプロバイダが用意するキャンペーンを確実に受け取るには、適用条件にあわせた契約内容で申し込まなくてはいけません。

プロバイダによっては、キャンペーンの適用条件としてオプションの加入が必須だったり、最新の端末を選択すると特典を受け取れない、あるいは減額されてしまったりというケースがあります。

月額料金やキャッシュバック額だけをみて最安値だと思っても、契約内容によっては計算通りにはいかない場合もありますので、しっかりと確認しましょう。

クレードルや充電器のオプションはつけない

多くのWiMAXプロバイダは端末代が無料です。

しかし、クレードルや充電器などを購入すると、別途費用が必要となったりキャッシュバック額が割安になったりするため、純粋に料金を比較する際は追加購入なしの状態で比べるようにしましょう。

クレードルは後から欲しくなれば、3,000円程度で購入ができますよ。

WiMAXのプロバイダ10社|最安値ランキング

2019年5月に当社が独自に調べた結果、WiMAXの人気プロバイダ10社の実質価格は以下のとおりです。

基本料金 契約手数料 端末代金 キャンペーン 3年間利用した場合
1か月あたりの実質価格
GMOとくとくBB 通常プラン:3,609円
ギガ放題:4,263円
3,000円 0円 ・最大37,150円キャッシュバック(機種限定)
or
月額料金大幅割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
[キャッシュバック]
【W05選択】
通常プラン:2,660円
ギガ放題:3,278円
【W06選択】
通常プラン:2,803円
ギガ放題:3,478円
[月額料金割引]
通常プラン:2,604円
ギガ放題:3,421円”
JPWiMAX ギガ放題のみ:4,880円 3,000円 0円 ・最大17,000円
キャッシュバック
(Amazonギフト券)
・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
ギガ放題:3,272円
@nifty 通常プラン:3,670円
ギガ放題:4,350円
(@nifty基本料金込み)
3,000円 1円 ・最大30,00円
キャッシュバック
or月額料金大幅割引
(2019年5月31日まで)
・月額料金割引
・LTEオプション無料
(3年契約)
【キャッシュバック】
通常プラン:2,920円
ギガ放題:3,563円
【月額料金割引】
通常プラン:3,064円
ギガ放題:3,706円
Broad WiMAX 通常プラン:3,326円
ギガ放題:4,011円
3,000円 0円 ・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
・初期費用無料
(クレカ限定)
・他社解約金違約金負担
通常プラン:3,009円
ギガ放題:3,655円
カシモWiMAX 通常プラン:3,995円
ギガ放題:4,679円
3,000円 0円 ・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
(3年契約)
【最安プラン選択】
通常プラン:3,087円
ギガ放題:3,704円
So-net 通常プラン:4,195円
ギガ放題:4,879円
3,000円 0円 ・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料(3年契約)
通常プラン:3,109円
ギガ放題:3,703円
BIGLOBE WiMAX 通常プラン:3,695円
ギガ放題:4,380円
3,000円 0円 ・最大15,000円キャッシュバック
or月額料金大幅割引
・LTEオプション無料(3年契約)
【キャッシュバック、クレジットカード】
通常プラン:3,361円
ギガ放題:4,008円
【月額料金割引、クレジットカード】
通常プラン:3,544円
ギガ放題:4,191円
DTI WiMAX 通常プラン:3,500円
ギガ放題:3,760円
3,000円 0円 ・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
通常プラン:3,583円
ギガ放題:3,706円
UQ WiMAX 通常プラン:4,196円
ギガ放題:4,880円
3,000円 3,800円 ・最大13,000円キャッシュバック(機種限定、ギガ放題のみ)
・月額料金割引
・LTEオプション無料(3年契約)
【W05選択】
通常プラン:3,884円
ギガ放題:4,123円
【W06選択】
通常プラン:3,884円
ギガ放題:4,428円
BIC WiMAX
(ビックカメラ)
通常プラン:4,196円
ギガ放題:4,880円
3,000円 0円 ・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料(3年契約)
通常プラン:3,779円
ギガ放題:4,463円

(2019年5月 当社調べ)

ギガ放題を契約した場合の最安値プロバイダは、JPWiMAXでした。

通常プランを契約した場合の最安値プロバイダは、GMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーンです。

ギガ放題最安値はJPWiMAXのキャッシュバック&料金割引キャンペーン!

ギガ放題を契約するなら、もっとも安く契約できるJPWiMAXがオススメです。

JPWiMAXでは、キャッシュバックキャンペーンと月額料金割引キャンペーンの両方が受けられます。

<JPWiMAXで実施中のキャンペーン>

  • Amazonギフト券17,000円分プレゼント
  • 月額料金割引キャンペーン
  • 端末代金無料
  • 送料無料
  • LTEオプション無料
  • 0円レンタルキャンペーン・事務手数料0円キャンペーン

JPWiMAXでは契約直後にAmazonギフト券10,000円分が、契約月から1年後に7,000円が受け取れます。

Amazonギフト券の受け取りは申請が必要ですが、JPWiMAXから届くメールに記載の申請URLにアクセスし、契約者IDを入力するだけの簡単な手続きです。

また、月額料金割引が契約期間の3年間ずっと続くので、毎月の支払いも安く済みます。

契約事務手数料 3,000円
端末代金 0円
月額料金 1~2か月目:2,800円
3~24か月目:3,500円
25か月目~:4,100円
キャッシュバック
(Amazonギフト券での還元)
17,000円
3年間の実質費用 117,800円

ただし、JPWiMAXを契約期間の3年以内に解約する場合は高額の違約金が発生するので、注意しましょう。

また、JPWiMAXは端末代金が無料ですが、2年以内の解約は端末を返却するか、端末違約金として契約月残数×1600円が請求されます。

一覧表でJPWiMAXを3年以内に解約した場合にかかる料金を、確認しておきましょう。

契約期間 契約解除料 端末違約金 合計
1か月目 30,000円 38,400円 68,400円
12か月目 30,000円 19,200円 49,200円
24か月目 30,000円 1,600円 31,600円
25か月目~ 25,000円 0円 25,000円
37か月目 (契約更新月) 0円 0円 0円
38か月目~ 9,500円 0円 9,500円

JPWiMAXは最安値でギガ放題を契約できますが、長期利用できる方にオススメですよ。

JPWiMAXについての詳細をみる

通常プラン最安値はGMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーン!

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンと、月額料金割引キャンペーンが選べます。

GMOとくとくBBで通常プランを契約するなら、キャッシュバックキャンペーンよりも月額料金割引キャンペーンを選んだほうが安いですよ。

GMOとくとくBBで通常プランを契約し、機種をW06で申し込んだ場合の月額料金割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンの実質価格を比較してみましょう。

月額料金割引 キャッシュバック
契約事務手数料
3,000円
端末代金
0円
月額料金 1・2か月目:2,170円
3~36か月目:2,690円
1か月目以降:3,609円
キャッシュバック額 5,000円 32,000円
3年間実質料金 93,800円 10,924円

GMOとくとくBBでは月額料金割引を選んでも、キャッシュバックを選んでも、以下のキャンペーンが受けられます。

  • キャッシュバック
  • 端末代金無料
  • 送料無料
  • LTEオプション無料

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバック申請は契約月から11か月目に届くメールから手続きを行わなくてはいけません。

GMOとくとくBBのキャンペーン申請方法を知りたい方は、GMOとくとくBBのメリットやデメリットをまとめた記事を参考にしてください。



最新機種W06を選択した場合も最安値のプロバイダは変わらない

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンは、プロバイダによって、機種限定で適用される場合もあります。

たとえば、GMOとくとくBBでは選ぶ機種によって、キャッシュバック額が以下のように変化しますよ。

端末 本体のみ 本体+クレードルセット
W06 32,000円
WX05 32,000円 29,000円
W05 37,150円 32,950円
HOMEL02 31,400円
HOME01 31,400円

ちなみに、JPWiMAXはどの機種を選んでもキャンペーン内容は変わらないので、最新機種のW06を選んだとしても最安値であることは変わりません。

GMOとくとくBBも月額料金割引キャンペーンを選んだ場合、機種によってキャンペーン内容は変わりませんので、W06で通常プランを申し込む場合は最安値です。

GMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを選び型落ちしたW05で契約した場合は、37,150円の最高額キャッシュバックを受けられるため、月額料金割引キャンペーンよりも安くなることも知っておきましょう。

とにかく高額のキャッシュバックを受け取りたい人や、料金の安さを重視したい人はW05を選ぶことが、GMOとくとくBBを最安値で契約する方法です。

しかし、WiMAXの端末は新しい機種になるほど最大通信速度が向上し、つながりやすさを追及した機能も搭載されているので、快適に利用するなら最新機種を選びましょう。

WiMAXの機種についてはWiMAX端末の最新モデルを比較した記事を参考にしてください。

WiMAXの端末を最安で手に入れる方法

プロバイダによっては、WiMAXの最新端末を0円で提供しています。

2019年5月現在、端末無料キャンペーンを実施しているプロバイダをみてみましょう。

  • JPWiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX
  • Broad WiMAX
  • カシモWiMAX
  • So-net WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • DTI WiMAX
  • Hi-Ho! WiMAX

WiMAXを最安値で契約するためには、端末代金が無料のプロバイダで契約しましょう。

【注意】端末無料キャンペーンは解約時に違約金が発生することも!

WiMAXを安く契約するためにぜひ活用したい端末無料キャンペーンですが、解約するタイミングによっては解約金とは別に端末への違約金が発生するプロバイダもありますよ。

一覧表でプロバイダごとの端末無料キャンペーンの最低利用期間と違約金を紹介します。

実際の解約時には、契約更新月以外の解約で別途契約解除料が請求されますよ。

プロバイダ 最低利用期間 端末違約金
JPWiMAX 24か月 1,600円×最低利用月の残り期間
Broad WiMAX
(初期費用無料キャンペーン)
24か月 9,500円
BIGLOBE WiMAX 24か月 端末代の残債

WiMAX端末が無料で手に入ったからといって短期間で解約すると、損してしまう場合もありますので注意しましょう。

WiMAXの解約についてはWiMAXの解約方法やプロバイダごとの違約金をまとめた記事をご覧ください。

ムダのないWiMAXの最安プランを選ぶ方法

WiMAXでは、通常プランとギガ放題プランのどちらかを選んで契約します。

月額料金もそれぞれ違いますので、簡単に2つのプランの特徴を確認しておきましょう。

ギガ放題プラン 通常プラン
1か月で利用できる
データ量
無制限 7GB
月額料金
(UQWiMAX)
4,380円 3,696円
速度制限 3日間で10GB 1か月に7GB
速度制限期間 18時~翌2時まで 当月末日まで
制限後の速度 おおむね1Mbps 最大128kbps
メリット ・キャンペーンが豊富
・データ利用量をあまり気にしなくてよい
・速度制限がゆるい
・月額料金が安い
メリット ・月額料金が高い ・キャンペーンの適用外になる場合がある
・速度制限が厳しい

WiMAXを最安値で契約するためには、ギガ放題の使い放題が必要なほど自分がインターネットを利用するのか、料金の安い通常プランで十分なのか、見極める必要がありますね。

ギガ放題プランがオススメの人

インターネットを無制限で利用できるギガ放題プランは、こんな人にオススメです。

  • 動画視聴やオンラインゲームを頻繁にする人
  • スマホ以外の通信機器を接続したい人
  • 家族など複数人で接続して使いたい人
  • データ利用量を気にしないで使いたい人

ギガ放題プランは3日間で10GB以上のデータ通信を行うと、おおむね1Mbpsの速度に制限がかかります。

しかし、速度制限は3日間で10GB以上通信した翌日の18時~翌々日2時頃までの約8時間で解除されます。

通常プランの場合、1か月で7GB以上のデータ通信を行うと、最大128kbpsの厳しい速度制限かかり、動画すら視聴できないレベルの低速状態が月末まで続きます。

大容量データ通信を行う人は、ギガ放題を選ぶことをオススメしますよ。

WiMAXの速度制限については、WiMAXのギガ放題と通常プランの速度制限の違いを解説した記事をご覧ください。

通常プランがオススメの人

WiMAXを契約するメリットの一つとして、月間データ通信量が無制限のギガ放題プランがあります。

しかし、中にはTwitterにこのようなつぶやきを投稿している人もいますよ。

2017年9月1日~2019年5月30日までの期間にTwitterで[ギガ放題 通常プラン]を調べた結果、20件の口コミがありました。

自宅の固定回線と併用してWiMAXを使う人は7GBの通常プランでも、十分のようです。

月額料金割引キャンペーンの適用期間が終了し、ギガ放題とLTEオプション料金で少し高いと感じる人もいます。

ユーザーの口コミなどから見えてきた通常プランがオススメな人は、こんな人です。

  • 最安値でWiMAXを契約したい人
  • 接続する通信機器が少ない人
  • 自宅に固定回線がある人
  • 主にスマホのみ利用、パソコンはインターネット検索程度の人
  • 一人暮らしの人

パソコンやタブレットをたまに使いたい人、インターネットは仕事でメールのやりとりなどに使う程度など、ライトユーザーには通常プランは最安値でWiMAXを使えるオススメのプランですよ。

また、自宅に光回線などの固定回線がある人で、外出時だけWiMAXを利用する人は通常プランで十分だという人が多いですよ。

WiMAXのプランについてはWiMAXのギガ放題と通常プランを比較した記事も参考にしてくださいね。

WiMAXを最安でレンタルする方法

WiMAXは短期間の利用なら、レンタルも可能ですよ。

最安でレンタルできる会社を、2019年3月に当社が独自に調べた結果をご覧ください。

会社名 送料・その他費用 2泊3日 4泊5日 6泊7日
(一週間)
9泊10日 13泊14日
(二週間)
30泊31日
(一ヶ月間)
89泊90日
(三ヶ月間)
縛りなしWiFi 送料無料
返却時の送料は別途必要
3300円 9900円
FujiWiFi 送料:500円
返却時の送料は別途必要
※別途初期費用:2000円
3200円 9600円
楽天市場 往復送料無料 1800円 2800円 3400円 3800円 5400円 14000円
Yahoo!ショッピング 往復送料無料 1800円 2800円 3400円 3800円 5400円 14000円
e-ca 送料:540円
返却時の送料は別途必要
1620円 2700円 3780円 5400円 7560円 7560円 22140円
DMM 往復送料無料 3290円 3840円 4660円 5760円 5300円 10460円
Wi-Fiレンタルどっとこむ 受取手数料:500円
返送送料:500円
2220円 3060円 3900円 5160円 6420円 6420円 18840円
ワイマックスレンタル.com 往復送料:890~990円 1990円 3980円 6990円 20970円
WiFiレンタルJP 往復送料:990円 2250円 4500円 5570円 6990円 20950円
WiFiRentalJapan 往復送料
関東:990円
関東以外:1080円
3360円 4800円 6720円 7200円 21600円
Wi-Fiレンタル屋さん 往復送料:1080円 1650円 2750円 3850円 5500円 7700円 8250円 20500円

※1:2019年3月時点の情報です。申し込みの前には各サイトで正確な情報を確認することをオススメします。
※2:記載のレンタル日数は業者によって多少前後することがあります。
※3:離島や一部地域によっては記載されている送料と異なることがあります。

1か月以内の短期間でレンタルするなら、楽天市場やYahoo!ショッピングを利用すると最安値です。

もし、1か月以上の長期レンタルなら、縛りなしWiFiが安く利用できてオススメですよ。

WiMAXのレンタルについてくわしくは、オススメのWiMAXのレンタル会社を紹介した記事もチェックしてくださいね。

UQ WiMAXのTry WiMAXなら無料でレンタル可能!

WiMAXのプロバイダ・UQWiMAXでは、無料でWiMAXを15日間貸し出しています。

WiMAXを短期で使ってみたい方や、ご自宅やよく行くエリアでWiMAXが利用可能か知りたい方は、ぜひUQWiMAXの無料レンタルサービス「Try WiMAX」を活用しましょう。

Try WiMAXの利用申し込みは、UQWiMAXの公式サイトから行います。

Try WiMAXのメリットや注意点などをまとめた記事も参考にしてくださいね。

まとめ

2019年5月現在、最安値でWiMAXを契約するなら、オススメはプランごとに以下の2社です。

  • JP WiMAXのギガ放題をキャッシュバック&料金割引キャンペーンで機種はW06を選ぶ
  • GMOとくとくBBの通常プランを月額料金割引キャンペーンで機種はW06を選ぶ

WiMAXを最安値で契約するためには、3つのポイントを重視して申し込みましょう。

  • もっともお得なプロバイダを選ぶ
  • 機種を無料で手に入れる
  • ムダのないプランを契約する

また、WiMAXのレンタル会社は短期間のレンタルなら楽天市場とYahoo!ショッピングが、1か月以上の長期レンタルなら、縛りなしWiFiが最安値ですよ。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」