閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

【決定版】WiMAXの最安値を徹底検証!各社料金比較でわかった本当のおすすめを紹介

業界最安級!Broad WiMAXを徹底調査!月額料金が確実に安くなるヒミツ

WiMAXを最安値で契約するためには、実質月額料金を安くおさえることが大切です。

今回は特にお得な9つのプロバイダの中で比較を行った結果、現在、実質月額料金が最も安くなるのは「GMOとくとくBB」という結果になっています。

しかし、他社からの乗り換えの場合や、契約年数に縛りがない条件を希望している場合には、GMOとくとくBB以外を選択したほうが安くなります。

WiMAXを最安値で利用できるプロバイダはそのときの条件によって変わってきますので、この記事を参考に、どのプロバイダがご自身に合っているのかを見つけてみてください。

結論!最安WiMAXはGMOとくとくBB

「GMOとくとくBB」は、最大42,200円の高額キャッシュバックを受け取ることができ、数あるWiMAXプロバイダの中でも3年間のトータルコストは最安です。

キャッシュバック金額はオプションや選ぶ機種によって変動するものの、最新機種であるWX05を選んでも、41,500円という高額キャッシュバックを受け取ることができ、単純に費用だけを考えるのであれば、GMOとくとくBBの右に出るプロバイダはありません

【最新】料金が安いWiMAXランキング

WiMAXはGMOとくとくBBでの契約が最安値になると紹介しましたが、この項目ではその他プロバイダとの料金を比較することで、GMOとくとくBBは具体的にいくら安くWiMAXが利用できるのかを見ていきます。

プロバイダ 3年間の総額 実質月額料金 事務手数料 端末代金 スマートバリューmine キャッシュバック
GMOとくとくBB 112,960円 3,157円 3,000円 0円 41,500円
※機種はWX05を選択
DTI 123,670円 3,435円 3,000円 0円 × 6,000円
@nifty WiMAX 124,140円 3,448円 3,000円 1円 30,000円
So-net
モバイル
124,680円 3,463円 3,000円 0円
SPACE Wi-Fi 125,280円 3,480円 0円 0円 ×
BIGLOBE WiMAX 129,310円 3,591円 3,000円 0円 30,000円
Broad WiMAX 131,626円 3,656円 3,000円 0円
カシモWiMAX 135,668円 3,768円 3,000円 0円 ×
UQ WiMAX 150,428円 4,178円 3,000円 4,800円 13,000円

※税抜
※キャッシュバックは非課税
※端末代はルーター本体料金のみを記載(クレードルなし)

大手9つのプロバイダでギガ放題を3年間契約した場合の金額を比較しますと、やはりキャッシュバック金額の多いGMOとくとくBBの実質月額料金が最も安く、3,157円でした。

2番目に安いDTIと比べても総額10,000円以上安くなるため、頭一つ抜けた安さといえるでしょう。

WiMAXの料金を比較する際の注意点

WiMAXは各プロバイダで割引額や特典内容が異なりますので、比較をする際は、以下の点に注意をしましょう。

ギガ放題プランの実質月額料金で比較する

WiMAXには、月間通信料無制限の「ギガ放題プラン」と、月間通信料に7GBまでの制限が設けられている「ライトプラン」があります。

月額料金はライトプランのほうが安くなりますが、ライトプランで利用できる7GBはYouTubeの視聴やオンラインゲームといった大きなデータ通信をおこなった場合、すぐ速度制限がかかってしまいます。

そのため、料金比較をするのであれば、ヘビーユーザーでも快適にネット通信ができる「ギガ放題プラン」で比較するほうが現実的なデータを出すことができます。

また、端末代やキャッシュバックの有無はプロバイダによって異なりますので、正確に費用の比較を行うためには、これらを考慮した上で実質月額を出すことが重要です。

機種・端末は最新のものを選択

プロバイダによっては、最新の端末を選択すると、端末代無料や、キャッシュバック、割引といった特典を受け取れない、あるいは減額されてしまうケースがあります。

冒頭で例に挙げたGMOとくとくBBのケースを見ても、キャッシュバックが最大の42,200円になるのは、型落ちのWX04を選択した場合です。

GMOとくとくBBは最新機種を選んでも41,500円という、ほぼ最高額とそんしょく無いキャッシュバックを受け取れます。

しかし、中には最新機種を選ぶとガクッと減額されてしまうプロバイダもありますので、注意しましょう。

クレードルや充電器のオプションはつけない

多くのプロバイダは端末代を無料としています。

しかし、クレードルや充電器などを購入すると、別途費用が必要となったりキャッシュバック額が割安になったりするため、純粋に料金を比較する際は、追加購入なしの状態で比べるようにしましょう。

クレードルは後から欲しくなれば、3,000円程度で購入することができますよ。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン一択というわけではない

ここまでの流れを見ると、WiMAXの利用料はGMOとくとくBBが最安となっていますが、必ずしもGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンがベストな選択肢というわけではありません。

なぜなら、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは受け取り忘れのリスクが高い上に、条件次第では別プロバイダの方が安くなることもあるからです。詳しく見ていきましょう。

GMOはキャッシュバック受け取り忘れのリスクが高い

GMOとくとくBBは、端末が発送されて11ヶ月後に届くメールから受取申請をしなければ、キャッシュバックを受け取ることができません。

しかし、このキャッシュバック申請メールは普段利用しているメールサーバーに届くのではなく、GMOとくとくBB入会時に作成したメールアドレスへ送信されますので、見落とす可能性が非常に高くなります

さらに、キャッシュバックの受取申請には、メールを受信した翌月の末日までという期限が設けられています。

期限が過ぎた場合、キャッシュバックを受け取る権利は消滅し、救済措置もありません。

このことから、GMOとくとくBBのキャッシュバックは、11カ月も先の受取申請を確実にこなせる自信がある方以外には、おすすめしづらい内容となっています。

条件次第で別プロバイダの方がお得になる

単純にトータルコストが安いGMOとくとくBBは非常に魅力的ですが、WiMAXを利用する人によって、置かれている状況は様々です。

例えば、現在高額なWiMAXを契約してしまっており、料金見直しのために乗り換えたいけれど、まだ契約期間が残っていて違約金がかかってしまうとしたら、GMOの高額キャッシュバックも半分近くが違約金と相殺されてしまいます。

この様な場合には、乗り換え補助のあるプロバイダの方が安くできるでしょう。

ここからは、条件別に利用料金が最安になるWiMAXを紹介していきます。

【条件別】最安WiMAX

以下の4つの条件で、WiMAXが最安になるプロバイダをピックアップしました。

自分の状況と照らし合わせ、最もお得なものを選ぶ参考にしてください。

割引最安値もGMOとくとくBBの割引プラン

GMOとくとくBBには、キャッシュバック特典のついたプランだけでなく、以下のように、もとから月額料金を低く設定している割引プランもあります

プラン名 ギガ放題
月額料金 ルーター発送月:2,170円の日割り計算
1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,260円
37ヶ月目以降:4,263円
LTEエリア利用料 無料
端末代 無料

※税抜

GMOとくとくBBは割引プランでも業界最安値となっていますので、確実に安い料金で毎月WiMAXを利用したい人におすすめです。

乗り換えでならBroad WiMAXが最安に

どのプロバイダも、契約から1~2年間はWiMAX利用料の大幅割引が続きますが、3年目になると割引額が少なくなるところも多くなります。

そのため、WiMAXを常に安く利用したい方は、このタイミングで他プロバイダへ乗り換えますと、乗り換え先では新規扱いとして再び安い利用料が契約できるようになりますので、大変お得です。

しかし、契約途中の乗り換えは違約金が発生するため、せっかくの特典も、違約金で相殺されてしまいます。

その点、Broad WiMAXは数あるプロバイダの中で、唯一他社で発生した違約金を負担してくれるキャンペーンがあり、違約金を最大19,000円補ってくれるため、ロス無く大幅割引を再び受けることができます。

Broad WiMAXのくわしい料金形態は以下の通りですので、参考にしてください。

契約事務手数料 3,000円
端末代 0円
月額利用料 利用開始月:2,726円の日割り額
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円

※税抜

口座振替最安はBIGLOBE

WiMAX利用料の支払方法は、多くの場合クレジットカード決済のみとなっていますが、「BIGLOBE WiMAX」「UQ WiMAX」「Broad WiMAX」の3プロバイダは口座振替に対応しています。

中でもBIGLOBE WiMAXは口座振替の場合の3年間の実質月額料金が3,875円と3プロバイダの中で最も安い上、選べるお得な特典で、利用料を安くしたりキャッシュバックを受けたりすることも可能です。

口座振替の特典利用時のくわしい料金形態は以下のようになります。

「キャッシュバック」と「月額料金割引」のいずれかの特典を選ぶことができますが、実質月額料金が低いのはキャッシュバックを選んだ場合です。

ぜひ参考にしていただき、お好きな方を選択してください。

キャッシュバック利用時の料金 月額割引利用時の料金
契約事務手数料 3,000円
端末代 4,800円+代金引換手数料300円
※2年間の継続利用で相殺
月額料金 契約月:0円
1~2ヶ月目:3,495円
3~24ヶ月目:4,180円
25ヶ月目以降:4,380円
契約月0円
1~2ヶ月目:3,145円
3~24ヶ月目:3,830円
25ヶ月目以降:4,380円
キャッシュバック 契約翌月から6ヶ月後に15,000円 なし
実質月額料金 3,875円 4,058円

※税抜
※キャッシュバックは非課税

BIGLOBE WiMAXは、クレジットカードをお持ちでない方や、クレジットカードをあまり利用したくないという方におすすめのプロバイダです。

契約期間の縛り無しならSPACE Wi-Fiが最安

ほぼ全てのWiMAXプロバイダは、3年の契約期間を設けています。

そのため、通常WiMAXの解約をする際は、契約更新月を待って手続きをおこなうか、違約金を払って途中解約をする必要があります。

しかし、SPACE Wi-Fiはレンタルサービスで契約期間に縛りはありません

契約から1ヶ月後であれば、いつ解約をしても解約金が発生しないところがポイントです。

SPACE Wi-Fiの基本情報は以下のようになっていますので、参考にしてください。

月額料金 3,480円
契約事務手数料 0円
解約事務手数料 0円
端末代金 0円
キャリア WiMAX/SoftBank
端末機種
  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Mobile Wi-Fi E5383s
下り最大速度 440Mbps
契約期間

※税抜

SPACE Wi-Fiは端末レンタル型のプロバイダですので、解約時にはルーターを返却しなければなりませんが、何年も同じWiMAXルーターを使用するつもりがない人や、短期間だけWiMAXを利用したい人におすすめできるプロバイダです。

まとめ

WiMAXを最安値で契約したい方は、GMOとくとくBBの高額キャッシュバック特典を利用しましょう。

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取るためには、契約から約11ヶ月後に送信されるメールをもとに自ら申請をおこなう必要がありますので、もらい忘れないよう注意をしてください。

キャッシュバックのもらい忘れが心配な方は、GMOとくとくBBの「割引プラン」のように、最初から月額料金の安いプランで契約をすると確実に安く利用できますし、乗り換えをするならBroad WiMAXのように他社からの違約金を負担してくれるプロバイダがおすすめです。

WiMAXを安く契約する方法は条件によってさまざまですので、ご自身の利用状況に合わせ、最適な方法を見つけてください。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)