閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

auひかりとソフトバンク光ではどっちがお得?速度、料金など比較

auひかり ソフトバンク光

独自回線で速度が安定しやすいauひかり、光コラボ回線としてさまざまなキャンペーンを行っているソフトバンク光、2社のどちらが優れているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回はauひかりとソフトバンク光について、回線速度や料金、スマホとのセット割、キャッシュバックといった各視点からauひかりとソフトバンク光を比較していきます。

auひかりとソフトバンク光を一番お得に契約するなら、キャッシュバックキャンペーンを行っている窓口から申し込みましょう。

auひかりのお得な窓口はこちらをご覧ください。

※このボタンからお得な特典をチェック

ソフトバンクのお得な窓口はこちらをご覧ください。

\35,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

auひかりとソフトバンク光(回線速度が早いのは?)

インターネット回線は回線速度の速さが何よりも重要です。

ではauひかりとソフトバンク光ではどちらの回線が速くて快適なのか?

auひかりの回線はKDDIの回線で、ソフトバンク光はNTTのフレッツ光の回線を流用しています。つまりこの問題はKDDIの回線とNTTの回線はどちらが速いか?という質問とほぼ同義です。

大前提として、NTTとKDDIの回線はどちらも最新規格の光ファイバーを採用しており、どちらも最大1Gbpsの通信速度であると公式サイトに記載されています。

つまり回線品質は互角です。回線の速さは使う場所に大きく影響を受けます。回線を遅くしてしまう最も大きな原因は回線の混雑です。

このため自分が回線を使うエリアの周辺に自分以外でも回線を使う人が多ければそれだけ回線が混雑し、通信速度を遅くする要因です。

このため時間帯では夕方から夜中にかけて最も混雑する傾向にあります。逆に考えると使う人が少なければ混雑は起こりにくく、快適に使うことができます。

NTTの回線とKDDIの回線は使用人口で考えるとNTTの方が上です。さらにNTTは光コラボレーションで回線の流用をはじめたためその差はさらに広がりつつあります。

この点を考えると回線が混雑しやすいのはNTTということです。

回線の混雑は通信速度を遅らせる大きな要因です。

そして使っている人が多いのもNTTの回線です。このため現状では基本的にKDDI回線の方が回線の混雑による通信速度の遅れが出にくい状況といえます。

なお、auひかりは、独自回線でサービスを提供しています。

さらに最大10Gbps・5Gbpsの高速サービス「auひかりホーム10ギガ・5ギガ」というプランも設定されているため、高速で利用したい方は、auひかりがオススメです。

それ以外にも、窓口から申し込めば以下のような特典があります!

  • 他社回線の解約で発生した違約金を最大30,000円負担
  • 新規契約者向けに最大55,000円キャッシュバック

お得な窓口のキャンペーンページは、こちらからご覧ください。

※このボタンからお得な特典をチェック

ソフトバンク光でも”あること”をするだけで快適に通信ができる

最大手であるNTTの回線を使用しているソフトバンク光。
プロバイダもシェアの多いYahoo! BBなだけあってそのまま使用するとインターネットを利用する時間帯によっては混み合ってしまうということもままあります。

しかし、レンタルオプションである光BBユニットを接続し、「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4 」というサービスに申し込むことで速度が劇的に上昇します。

簡単にいうと混雑した道を通らず、空いている抜け道をデータ通信することで速度が向上するしくみです。

詳しくは以下のページで解説しています。

auひかりとソフトバンク光比較(料金プラン)

auひかりとソフトバンク光の料金を解説します。

どちらも共通している点はインターネットを契約すると一戸建てか、マンション、アパートの集合住宅かで料金が変わる点です。

auひかりの場合、一戸建てをホームプラン、または戸建てタイプと呼びます。そして集合住宅をマンションタイプと呼びます。

戸建てタイプのみに適用される割引プランが【ギガ得プラン】【もっとギガ得プラン】です。

ギガ得プランは2年契約を前提で月額利用料金が割引され、もっとギガ得プランは3年契約でさらに料金が安くなります。もっとギガ得プランは一年ごとに料金が安くなります。どちらも契約更新月以外に解約すると解約金が発生します。

ギガ得プランの解約金は9,500円、もっとギガ得プランの解約金は15,000円です。

契約期間を設けない【標準プラン】にすれば解約金は発生しませんが基本料金が千円以上と割高です。

マンションタイプは契約期間よって割引になるようなプランはなく、部屋数や集合住宅の回線設備によってタイプと料金が自動的に決まります。そのため契約者に選択の余地はありません。

マンションタイプの料金は総じて戸建てタイプより割安です。

auひかりの料金プラン

auひかりの料金は以下にまとめました。

auひかり光の料金
プラン名
料金
戸建てタイプ
標準プラン
6,300円
ギガ得プラン
5,200円
ずっとギガ得プラン
4900〜5,100円
マンションタイプ
マンションミニ(光回線方式)
5,000円
マンションギガ(光回線方式)
4,050円
VDSL方式
8契約以上
4,100円
16契約以上
3,800円
LAN方式
8契約以上
3,700円
16契約以上
3,400円

マンションタイプは建物に光回線を引き込み、それを各部屋に配線する設備が3種類あり、その設備によって料金が変わります。マンションタイプのマンションミニとマンションギガは【光配線方式】の集合住宅です。

光配線方式で4階以上ならマンションギガです。8契約以上や16契約以上とはその集合住宅が光回線を導入する前に算出した見込み数です。

その集合住宅の規模を表す参考になり、契約者が選択できる余地はありません。
表の料金はプロバイダー料金込みの数字です。

auひかりの料金はプロバイダー料金込みで統一しており、提携しているプロバイダーに中から選ぶ仕組みです。

ソフトバンク光の料金プラン

続いてソフトバンク光の料金を以下にまとめました。

ソフトバンク光もauひかりと同じく戸建てタイプかマンションタイプかで大別されます。
しかしauひかりとくらべるとマンションタイプの料金を統一しているのでわかりやすいです。

ソフトバンク光の料金
プラン名
料金
戸建てタイプ
ファミリータイプ(5年契約)
4,700円
ファミリータイプ(2年契約)
5,200円
ファミリータイプ・ライト
3,900〜5,600円
マンションタイプ
マンションタイプ
3,800円

ファミリータイプは【ファミリー・ハイスピード】と【ファミリー・ギガスピード】があります。

これは回線の規格のため、より規格が新しいギガスピードに該当するエリアは自動的にそちらです。このため契約者が選択する余地はありません。

【ファミリータイプ・ライト】は従量制のプランです。

あまり使わない人は料金が安くなりますが定額制並みに使ってしまうと通常より月額料金が割高になってしまい損をします。そのためあくまで、ほとんどネット利用をしないライトユーザー向けプランです。

ちなみにauひかりにはファミリータイプ・ライトのような従量制のプランがありません。
ファミリータイプは5年契約をすると料金が割安です。

もちろん契約中に解約すると解約料金が発生します。2年契約で契約更新前に解約すると9,500円、5年契約では15,000円の解約金が発生します。

マンションタイプは集合住宅の規模にかかわらず3,800円となっており、とてもわかりやすいですね。マンションタイプは自動的に2年契約となり、解約金は9,500円です。

表の料金はすべてプロバイダー料金込みの数字です。そして基本的に光回線を契約して自宅でインターネットを利用するには光回線の引き入れ工事が必要のため、初期費用として工事費がかかります。

auひかりとソフトバンク光比較(スマホとのセット割)

auひかりのKDDIもソフトバンク光のソフトバンクも日本の主要な携帯電話キャリアです。

docomoが運営するドコモ光も含め、インターネット回線と携帯電話キャリアを同時に契約するとそれぞれ割引が適用されます。
このインターネット契約と携帯電話契約を同時にすることで割引が適用されるという点が他社にはない、auひかり、ソフトバンク光の大きなウリです。

auひかりのセット割【auスマートバリュー】

auひかりを契約し、さらにauの携帯電話、スマートフォンを契約するとauの携帯電話契約の料金が割引です。

割引額は携帯電話のデータ定額のプランによって決まり、基本的にデータ容量の大きいプランほど割引額が大きくなります。
割引額は契約するデータ定額の容量に依存し、934~2,000円です。

auスマートバリューはauひかりを契約している契約者の家族なら10人まで適用可能です。

つまり家族でauの携帯電話、スマホを使い、さらに家のインターネットをauひかりにすることでかなりお得な割引を受けることが可能です。

適用される家族の定義は同居で同一性が基本ですが、同居しているけど結婚して姓が変わっている場合や50歳以上で別居(別居している祖父母夫婦を想定)なども所定の手続きをすれば適用されます。

ソフトバンク光のセット割【おうち割 光セット】

ソフトバンク光の光回線とソフトバンクの携帯電話をセットで契約することで得られる割引サービスは【おうち割り 光セット】です。

おうち割

【おうち割】こちらも携帯電話で契約するデータ定額プランのデータ容量によって割引額が決まり、最大で1,522円、最小で500円の割引です。

※2017年9月21日までは、割引額が最大2,000円割引きでしたが、2017年9月22日から料金プランと割引額が変更になりました。

ご家族10人まで適用できるので、4人家族が全員ソフトバンクスマホユーザーの場合は、最大6,088円の割引きです。

【みんな家族割】

2017年9月22日からソフトバンクにてスマホの新プランデータ定額50GBプラン(ウルトラモンスターギガ)が発表されました。

このデータ定額50GBプラン(ウルトラモンスターギガ)を家族と一緒に契約をすると【みんなの家族割】適用でスマホ料金が最大2,000円安くなります。

しかも【みんな家族割】は、【おうち割】の割引きと併用できるので、ウルトラモンスターギガの【おうち割】の割引金額1,080円と【みんな家族割】の割引き2,000円を合わせて3,080円もの割引きです。

この割引額はおそらくスマホキャリアのなかでも大きいものです。

ソフトバンクスマホユーザーの方は、お得にスマホも光回線も利用できます。

関連ソフトバンク光の「おうち割」について詳しく見る

auひかりとソフトバンク光(キャッシュバック)

auひかりもソフトバンク光も代理店経由で解約するとその代理店が独自に行っているキャンペーンでキャッシュバック特典を得られる場合が多いです。

キャッシュバック額は多ければ5万円を超えることも多く、新規契約を考えている人はお得なキャンペーンを実施している代理店を探してみてもいいかもしれません。

多くの場合、代理店経由でキャッシュバックを適用すると代理店が指定するプロバイダーや有料オプションを選ぶのが必須です。

このためキャッシュバック額だけでなく強制加入の内容もよく注目するべきです。

そしてキャッシュバックの現金がもらえるのは半年後や10カ月後、くらいになる場合も珍しくありません。

たまに翌月にキャッシュバック適用、という場合もあり、それはかなり良心的な内容といえます。

auひかりのキャッシュバックキャンペーン

auひかりを契約する場合は代理店から申し込むとお得なキャッシュバックを得られる場合が多いためオススメです!

たとえば以下の代理店では、なんと最大で55,000円ものキャッシュバックをもらうことができますよ。

気になる方はぜひリンク先のサイトをご覧くださいね。

auひかりの公式サイトから申し込む場合もキャッシュバック特典はありますが、代理店とくらべるとかなりささやかな内容のため、auひかりの申し込みは代理店経由が断然お得です。

関連ページ:auひかりキャッシュバック比較!

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン

ソフトバンク光を契約する際も、代理店からの申し込みがオススメです!

こちらは新規申し込みで最大35,000円、転用であれば15,000円のキャッシュバックが得られます。

金額は他社と比べるとお安めですが、受け取りやすさが違います。

キャッシュバック適用の条件としてオプション加入は不要で、開通から2ヶ月後に受け取ることができるんです。

キャッシュバック申し込みまでのハードルが高くなく、さらにキャッシュバックの申請を忘れるリスクも少ないのがうれしいですよね。

キャンペーンの詳細は、こちらからご覧ください!

\35,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

関連ページ:ソフトバンク光キャッシュバック比較!

SNSでの評判

auひかりとソフトバンク光それぞれ、どのような口コミ、評判があるのでしょうか。

SNSでの評判~auひかり編~

auひかりから見ていきましょう。

肯定的な評判


フレッツ光よりもauひかりのほうが速いことを実感、という意見です。


他社と比べてauひかりは料金的にお得かも?という意見ですね。


おそらく離島や地方の方でしょうか?auひかりが欲しいけどエリア外という悩み。


複数の回線契約経験者でしょうか?auひかりが一番速いと感じでいるようです。

否定的な評判


設置工事が混んでいる場合が多いという意見。


工事の段取りの悪さを指摘しています。工事は外注になるからサービスの質がピンキリですね。

SNSでの評判~ソフトバンク光編~

お次はソフトバンク光です。

肯定的な評判


ソフトバンク光の開通をツイート。楽しみにしていたのが伝わってきますね。


ソフトバンク光のWI-FIルーターに満足のようです。


速度に満足という意見ですね。


ソフトバンクの形態と併用で料金割引はうれしいサービスですね。

否定的な評判


営業電話にチクリ。電話営業も地道な営業活動なのは間違いありません。


フレッツ光と回線共有のため混雑が顕著なのかも?


サポートの対応の悪さにかなりお怒りの様子

まとめ

auひかりもソフトバンク光も回線品質は互角ですがNTT回線となるソフトバンク光の方が利用人口多めで混雑しやすく、通信速度を落とす要因になっています。

これはどちらかというとNTTが抱える課題といえます。

月額料金に関してどちらも大差はありませんがソフトバンク光の方は従量制プランがあり、auひかりにはありません。

どちらも自社運営の携帯電話キャリアをあわせて契約すると家族も含めて割引が適用されるため、auひかりとソフトバンク光を契約する場合は携帯電話キャリアも合わせるのが基本といえます。

そして両社とも他社からの乗り換えで発生する違約金を補償してくれるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

ソフトバンク光、auひかりのどちらの場合でも、独自のキャッシュバック特典を展開している代理店を狙って申し込むことをオススメします。

auひかりのお得な代理店のキャンペーンページはこちらをご覧ください。

※このボタンからお得な特典をチェック

ソフトバンクの代理店のキャンペーンページはこちらをご覧ください。

\35,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(おうち割適用対象)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。