閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

OCN光の評判ってどう?リアルな意見からOCN光を徹底分析!

インターネット回線選び迷ったら「OCN光」!気になる評判は?

OCNは知名度も高く、OCN光withフレッツのように、フレッツ光のプロバイダとして利用している方も多いでしょう。

OCNの利用者なら、光回線とプロバイダが一体型になった「OCN光」も魅力的ですよね。

しかし、フレッツ光や他の光回線と比べて、OCN光は実際のところどうなのか、評判が気になるのではないでしょうか。

今回はOCN光の月額料金や、フレッツ光との違いについて、気になるポイントをTwitterでの評判などを交え、紹介していきますよ。

注目したいOCN光の良い評判

OCN光については、さまざまな良い意見が挙がっていますよ。

OCNの良い評判として、以下の3点をくわしくご紹介します。

・フレッツ光から転用できる
・月額料金が安い
・格安スマホとのセット割

フレッツ光からの転用がお得という評判

OCN光はフレッツ光と同じ回線を利用した、光コラボレーション事業者のひとつです。

フレッツ光と同じく、最大通信速度は1Gbpsで、フレッツ光が契約できるエリアならどこでもOCN光が契約可能です。

現在、フレッツ光をご利用中の方なら、光コラボへの乗り換え、すなわち「転用」が簡単にできますよ。

転用ならおうちに引き込んだフレッツ光の回線をそのまま使うので、初期工事や工事費用は不要で、立ち会いもなしに簡単に切り替えが完了します。

Twitter上にも、宅内工事なしでOCN光の切り替えを楽しみに待っている人のコメントがありました。

転用ならフレッツ光の解約金も免除になるので、契約期間を気にする必要はありません。

フレッツ光からの乗り換え時にはプロバイダの違約金が発生する場合もありますが、プロバイダがOCNだった方は、OCN光への転用後もそのまま同じプロバイダを利用できるので、違約金も発生せず、手間も省けます。

フレッツ光からの転用の方法や注意点などは、こちらの記事を参考にしてください。
フレッツ光から光コラボへの転用方法|メリット・デメリット・注意点

月額料金が安いという評判

OCNの月額料金をフレッツ光の月額料金と比べてみましょう。

 
OCN光
フレッツ光(西日本)
フレッツ光(東日本)
月額料金
(戸建て)
5,100円
6,500円
6,300円
月額料金
(マンション)
3,600円
4,100円
4,250円

フレッツ光の月額料金は基本料金と、別途支払うOCNのプロバイダ利用料、戸建てタイプで1,100円、マンションタイプで900円を足して計算しています。

OCN光なら同じプロバイダであるOCNも利用できて、プロバイダ利用料は基本料金に含まれているので、その分安くなりますよ。

同じ回線で同じプロバイダを利用して月額料金がこれだけ安くなるのは、嬉しいですね。

SNS上にも、フレッツ光からOCN光への転用で料金が安くなったという口コミがありました。


フレッツ光東日本からOCN光への転用をした方。


OCN光に転用して1か月、回線速度も料金にも満足でき、変えて良かったという方も。

月額料金の割引キャンペーンも

OCN光の月額料金がフレッツ光より安くなる理由は、プロバイダ料金が込みだということ以外にもうひとつあります。

OCN光の月額料金には、戸建てタイプ、マンションタイプ共に大幅な割引サービスが適用されています。

OCN光を2年間の自動更新型で契約すると、ひと月あたり1.100円がずっと割引になりますよ。

ただし、2年間の契約期間を設けないプランで契約すると、月額料金は以下の金額になります。

 
OCN光(割引なし)
フレッツ光(西日本)
フレッツ光(東日本)
月額料金
(戸建て)
6,200円
6,500円
6,300円
月額料金
(マンション)
4,700円
4,100円
4,250円

マンションタイプの方はフレッツ光の基本料金より高くなるので、2年契約はしたくないという方は注意が必要ですよ。

格安スマホがさらに安くなるという評判

OCNは今話題のMVNO(格安SIM・スマホ会社)、OCNモバイルONEも運営しています。

通常、携帯電話やスマートフォンで通信する際には、電話番号を特定するSIMカードが必要です。

しかし、OCNモバイルONEのSIMを今まで使っていたキャリア端末やiPhoneなどに差し替えれば、格安な月額料金で利用できるようになりますよ。

ただし、一部端末では利用できない場合もありますので、対応機種を確認してくださいね。

OCN光と一緒にOCNモバイルONEを利用した場合、モバイル契約の月額利用料から1契約あたり毎月200円が最大5契約まで割引されます。

格安SIMや格安スマホとのセット割を用意している光回線は今のところ少ないので、全体的に通信料を減らすことができますよ。

OCN光との併用!キャリアとOCNモバイルONEのスマホ料金を比較!

OCNモバイルONEの運営元・NTTコミュニケーションズが同じく運営する携帯電話キャリアのドコモと、1か月のスマホ料金を比較してみましょう。

 
OCNモバイルONE
docomo
通話料金プラン
10分かけ放題プラン
1,550円
カケホーダイライト
1,700円
(通話時間)
10分かけ放題
5分かけ放題
データパック
110MB/日コース
900円
ベーシックパック
4,000円
(1か月の
データ容量)
約3.3GB
3GBまで
その他
SPモード利用料
300円
合計
2,450円
6,000円

docomoの携帯電話の料金プランと、OCNモバイルONEのスマホ向け料金プランを見比べると、その料金の差ははっきりしていますね。

特にインターネット通信に対する料金が、docomoのベーシックパックは3GBまで使えて4,000円ですが、OCNモバイルONEはひと月最大で約3.3GBまで使えて900円と、3,000円以上の差があります。

さらにここから、OCN光の契約者はセット割として月額料金から200円の割引も受けられるので、光回線と併せてOCNモバイルONEにするメリットがよくわかりますね。

OCNモバイルONEを活用した節約術はこちらでも紹介しています。
OCN光とOCNモバイルONEのセット割で月額を節約!

注目したいOCN光の悪い評判

OCN光の良い評判をお伝えしてきましたが、実はちょっと気になる口コミも聞こえてきました。

OCN光の悪い評判として、この2点に注目してみたいと思います。

・速度が遅い
・初期工事費用が無料ではない

速度が遅いという評判

Twitter上にはOCN光が遅いという口コミが多く見られます。


OCN光を含め、光コラボの最大通信速度は1Gbpsですので、1/100の速度も出ていないということになりますね


このOCN光ユーザーさんからも、「凄く遅い」との声が。

OCN光の回線自体はフレッツ光回線と同じものなので、光コラボレーションの他事業者と比べてOCN光だけが速度が遅いということは、基本的にありません。

フレッツ光回線は老舗ならではの安心感がありますが、フレッツユーザーはもちろん、光コラボの契約者が全員同じ回線を利用するので、夜間や週末などは混線しやすく、速度低下が起こることも。

また、通信速度は回線自体の問題ではないこともあり、OCN光のプロバイダ・OCNのサーバーの問題であったり、宅内のルーターの問題であったり、いくつかの原因が考えられますよ。

光回線の通信速度が遅くて困っている、という方はこちらの記事に解決法を載せていますので、チェックしてみてくださいね。
光回線の速度が遅いときはココをチェック!原因と対処法まとめ

v6プラスの利用で速度は改善できる

現在、光コラボ事業者はauひかりやNURO光といった独立回線を利用した光回線に比べ、速度が遅いといわれていますが、最新の通信規格であるv6プラスを提供するプロバイダを利用することで、スムーズな通信速度を保つことができますよ。

OCNでも2018年の6月からv6プラスでの接続が可能になる「v6アルファ」の提供を開始しており、混線やつながりにくさから解放されたという声も多数挙がっています。


インターネット利用者が多いはずの日曜日の20時でも快適な速度に、「なかなかいい数字」と嬉しそうなOCN光利用者さん。


やはりブラウザゲームをする方は、大容量のデータ通信でもストレスなく利用できるv6アルファを申し込む人が多いようですね。

v6アルファの利用には専用の無線ルーターと月額使用料500円がかかりますが、無線ルーターのレンタル料金は月額使用料に含まれており、初月は月額料金も無料なので、通信速度が安定することを思えばぜひ利用したいサービスです。

工事費無料キャンペーンがない

フレッツ光からの転用の方は、すでに敷設している光回線を再利用できるので、OCN光の開通時に初期工事などは必要ありませんが、もともとの光回線の契約がなかったり、独立回線から乗り換えたりする場合はそうはいきません。

OCN光の新規契約時には、初期工事が必要です。

OCN光の初期工事費用を見てみましょう。

 
初期工事費
(戸建て)
初期工事費
(マンション)
OCN光
初期工事費用
18,000円
15,000円

初期工事費用は契約者負担で、OCN光では一括払いか、分割払いにして月額料金に組み込んで支払うかを選択できます。

しかし、他の光回線事業者では工事費無料キャンペーンが行われていることもあります。

初期工事費用のキャンペーンが行われている光回線と、初期工事費用を一覧にしましたよ。

 
初期工事費
(戸建て)
初期工事費
(マンション)
工事費用に関する
キャンペーン
OCN光
18,000円
15,000円
なし
ドコモ光
18,000円
15,000円
期間限定で初期工事費用無料キャンペーンを実施
ソフトバンク光
24,000円
初期工事費用相当額を
キャッシュバック
auひかり
37,500円
30,000円
初期工事費用相当額を
月額料金から割引
So-net光
24,000円
初期工事費用相当額を
月額料金から割引
DMM光
0円
初期工事費用無料
コミュファ光
25,000円
オプション加入で
初期工事費用無料
NURO光
40,000円
初期工事費用相当額を
月額料金から割引

初期工事費用を分割にして月額料金と合わせて支払えば、その分毎月の支払いも増えてしまうのは、マイナスポイントですね。

評判のよい代理店サイトでOCN光を申し込もう

OCN光はMVNOに興味がある方や、フレッツ光を利用中の方におすすめしたい回線です。

OCN光を申し込む際には、口コミの評判がいい代理店サイトから申し込みましょう。

簡単な手続きでキャッシュバックも受け取れる、おすすめの代理店をご紹介します。

NTT東日本・西日本販売代理店の株式会社アウンカンパニーは、新規はもちろん、フレッツ光からの転用でも、15,000円キャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中です。

特典はキャッシュバックのほかに、10,000円キャッシュバックと無線LANルータープレゼントも選べますよ。

キャッシュバックの申請方法は至ってシンプルで、不要なオプション加入もなく、契約の申込時にオペレーターに振込先の銀行口座を伝えるだけで、最短開通から1か月後に振り込まれます。

OCN光の公式キャンペーンではキャッシュバックのキャンペーンがないので、せっかくなら同じ契約でも充実した特典が受け取れるところから申し込みたいですね。

アウンカンパニー OCN光キャンペーン

キャリアスマホならセット割が使える光回線も

毎月の携帯料金が安くなるOCNモバイルONEも魅力ですが、やっぱりキャリア携帯を使いたい!という方は、キャリア携帯とのセット割ができる光回線を選ぶことで、OCN光よりも通信費が安くなる場合がありますよ。

光回線ごとのセット割対応キャリアとキャンペーン内容を見てみましょう。

 
セット割
適用キャリア
セット割名
割引内容
ドコモ光
ドコモ
ドコモ光セット割
パケットパック料金から100円~3,500円割引
ソフトバンク光
ソフトバンク
※ワイモバイル
おうち割光セット
※おうち割光セットA
スマホ・携帯電話料金から1台あたり540円~1,080円割引
NURO光
ソフトバンク
おうち割光セット
auひかり
au
auスマートバリュー
スマホ・携帯電話料金から1台あたり500円~2,000円割引
So-net光
コミュファ光

セット割が使える光回線については、こちらの記事でくわしくまとめていますよ。
スマホと光回線がセットで割引|本当にお得?割引き金額と条件まとめ

まとめ

OCN光はフレッツ光からの転用で月額料金が安くなったり、工事が不要になるなど、メリットがあると評判です。

格安スマホ・SIMを提供するOCNモバイルONEとのセット割も適用され、毎月の通信費も大幅に安くなりますね。

しかし、速度が遅い、初期工事費が無料でないなど、残念なポイントもありました。

OCN光を申し込む際には、公式キャンペーンでは受け取れないキャッシュバックキャンペーンを用意している代理店もありますので、チェックしてみましょう。

また、同じ光コラボ回線でキャリアスマホのセット割が用意されている事業者もあり、契約の際にはよく検討して決めましょう。

長年選ばれ続けるOCN光!おすすめ窓口紹介

おすすめ窓口NTTコミュニケーションズ

ネットとスマホがセットで月額5,000円~
「OCN 光」と「OCN モバイル ONE」がセットで、月額5,000円から利用可能!プロバイダとしても有名なOCNで安心快適インターネット!

OCN光申込みサイトを見る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)