閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光で「学割」は使えるの?2017年版!

昨今、大学生活・就職活動などで、インターネットサービスを必要とするシーンが広がりつつあります。
特に一人暮らしをしている学生さんであれば、なおのこと必要でしょう。

しかし、一人暮らしであるがゆえに、いろいろと出費も多くて何かと節約もしなくてはいけない…もちろん仕送りをしてくれる親御さんのためにも、インターネット回線をお得な料金で利用したいところ。
NTT東日本・西日本(フレッツ光)では、そんな学生さんの生活を応援する学割キャンペーンを実施していたことがあります。

2015年に実施されていたNTT西日本の「どーんと学割」

NTT西日本では「どーんと学割」という学生向けの割引サービスが2015年に実施されていました。
残念なのですが2017年に関しては実施されていません。

学生さんがフレッツ光と同時に「光もっと2割」という割引サービスを申し込みすることで、開通から最大4年の間、月額利用料が2,550円(税別)※という超お得な割引サービスとなっていました。
※フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 の場合

申込受付期間は2015年2月から2015年の4月末まで、開通期限は2016年12月末までとなっています(この開通期限までに開通しなかった場合は対象外)。
この「どーんと学割」の対象サービスは、フレッツ光ネクスト マンションタイプ(ハイスピードタイプ・スーパーハイスピードタイプ隼)、フレッツ・光プレミアム マンションタイプとなっていました。

このお得な「どーんと学割」が適用される条件は以下の4つになります。

①学生(入学予定者も含める)であること
学生であることの確認書類として、学生証・入学許可証・入学案内書類などが必要です。

②フレッツ光を利用する場所に住んでいること
契約者が親御さんだった場合(学生さん自身がフレッツ光の契約者ではない場合)、フレッツ光を利用する住所に住んでいることを確認する必要があります。
そのため申し込み時に住所を確認できる書類が必要となります。

③対象となっているサービスを申し込みすること

④③の対象サービスと同時に「光もっと2割」を申し込みすること

この4つの条件を満たすことで、「どーんと学割」を利用することができるようになっていました。
※過去にフレッツ光の新規申し込みによる割引を受けていて、このフレッツ光を一度解約し、同じ利用場所で再度申し込みし、前回の申し込みから1年未満または過去2回以上割引の適用を受けている場合は、割引対象外となります。

それではこの「どーんと学割」、いったいどれぐらい割引されてお得だったのでしょうか。
具体的な割引額を見てみましょう。

項目どーんと学割適用の月額利用料5年目以降は、光もっと2割適用通常料金
利用年数1~4年目5年目6年目
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピード隼プラン12,550円2,980円2,930円3,700円
プラン22,580円2,530円3,200円
プラン・ミニ3,520円3,420円4,500円
LAN方式プラン11,950円2,380円2,330円3,100円
プラン21,980円1,930円2,600円
プラン・ミニ2,920円2,820円3,900円
フレッツ光プレミアム マンションタイプひかり配線方式プラン12,850円3,280円3,230円4,000円
プラン22,880円2,830円3,500円
LAN方式プラン12,350円2,780円2,730円3,500円
プラン22,380円2,330円3,000円

※金額は税抜表示

「どーんと学割」の適用期間は4年までなので、5年目以降も継続して利用する場合は、光もっと2割が適用されます。
通常料金はもちろんですが、光もっと2割を適用しても、お得さは学割の料金には及びません。
「どーんと学割」が本当にリーズナブルな料金割引であることがうかがえます。2017年もぜひ申し込み可能にしてほしかったですね。

在学中に加入したら卒業時に解約金がかかる?

ところで、このどーんと学割が開始された時点ですでに在学しており、利用期間が4年に満たない場合、または短期大学などを卒業してしまう場合は、解約金がかかるのか?という疑問が出てくると思います。
しかし、フレッツ光を6カ月以上利用し、さらに卒業日の前後2カ月間の間に解約をした場合は解約金が発生しないことになっています。

それ以外に関しては、通常通り割引適用期間の満了月に解約すれば解約金は発生しません。
どーんと学割が終了して卒業しても続けて利用する場合には、光もっと2割が適用されて、通常通り自動延伸となります。

1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目8年目9年目
適用サービスどーんと学割光もっと2割
割引適用期間2年間3年間3年間3年ごと
解約金7,000円3,500円10,500円7,000円3,500円10,500円7,000円3,500円10,500円

※金額は税抜表示

またNTT西日本では光もっと2割・どーんと学割の解約金が免除となる学校を以下の通りとしています。
これは学校教育法で大学・大学院・短期大学またはこれに相当する学校としてNTT西日本が定めているものが、解約金免除の対象となっています。

学生であることの確認書類として、学生証・在学証明書・卒業証明書のどれかが必要です。

学校教育法第1条に規定されているもの幼稚園・小学校・中学校対象外
高等学校・中等教育学校
盲学校・聾学校・養護学校
高等専門学校
大学・大学院・短期大学
学校教育法第1条以外のもの専修学校 専門課程(専門学校)
専修学校 高等課程(高等専修学校)・一般課程対象外
外国人学校(小・中・高)対象外
外国人学校(大学)
各省庁設置によるもの防衛医科大学校・気象大学・防衛大学校・海上保安大学校(2年制も)・水産大学校・航空大学校・航空保安大学校・農業者大学・海技大学
警察大学・郵政大学・税務大学・建設大学・自治大学・消防大学・社会保険大学対象外
職業の能力開発促進法によるもの職業能力開発総合大学校・各職業能力開発大学校・職業能力開発短期大学校
児童福祉法第7条に規定されているもの児童福祉法に基づく児童福祉施設(保育所・児童養護施設・知的障害児施設など)対象外

【SoftBank光】新規・乗換えで人気1位!他社転用は解約金負担!

人気窓口はキャンペーンで最大60,000円キャッシュバック!

まだある!学生もOKの割引サービス NTT西日本の「グループ割」

ここまで「どーんと学割」の説明をしてきましたが、今の時点で実施されていないのでがっかりされている人もいるかもしれません。
しかし、まだ利用できる割引サービスがあります。
実はNTT西日本では「グループ割」(旧:コミュニティー割引)というサービスを提供しています。

割引対象サービスを利用している人同士で2~3回線のグループを組み、このグループ割を申し込むことで、月額料金が割引されるというものです。
フレッツ光の申し込み時にグループ割を一緒に申し込むか、CLUB NTT-WESTの会員であれば専用サイト上からログインして申し込むことが可能です。

こちらは一緒に申し込むお友達が、学生であっても社会人であってもOKです。

新規申し込み時に主回線を1回線指定します。NTT西日本での提供サービスなので、引っ越し先がNTT東日本エリアだったり、NTT東日本のフレッツ回線を加えることができない、個人名義であっても事業用回線は不可などの条件があります。

また3人グループで申し込みしていて、そのうち一人が辞めてしまった場合は解約金なしで、残りのメンバーには引き続き割引が継続されます。
ただし主回線が解約の場合は、副回線も解約になってしまいますので注意しましょう。

割引対象サービスみんな割引プランまとめて割引プラン

(副回線の割引適用なし)

2回線の場合3回線の場合
フレッツ光ネクスト/フレッツ・光プレミアムグループ加入者それぞれの回線の月額利用料を300円割引グループ主回線の月額利用料を600円割引グループ主回線の月額利用料を900円割引

【SoftBank光】新規・乗換えで人気1位!他社転用は解約金負担!

人気窓口はキャンペーンで最大60,000円キャッシュバック!

「どーんと学割」と「グループ割」は一緒に使えない

ここで注意したいのが、「どーんと学割」の割引適用中はこの「グループ割」を利用することができないということです。
これは「どーんと学割」の適用されている回線が、主回線であっても副回線であっても同様です。

このグループ割に申し込みをする際は、加入するメンバーが「どーんと学割」の適用を受けていないことが条件なのです。

ただし「フレッツ・あっと割引」「フレッツ・ずっと割引」「光ぐっと割引」「光もっと割引」「光もっと2割」「Web光もっと2割」などのサービスは、このグループ割に申し込みが可能となっています。

東日本での学割キャンペーンは?

NTT東日本では2017年の学生向けの割引サービスは実施されていません…残念!

しかし、「イマドキ大学生はインターネット活用が当たり前 フレッツ光で充実キャンパスライフ!」というページ(https://flets.com/style/young/campuslife/)を設けて、インターネットを利用しての充実した大学生活を紹介しています。ここでは、学生向けの専用の割引サービスの代わりに「ギガ推し!割引」の申し込みを勧めています。

現状では学生・一般ともに同じ割引サービスを利用することになります。もしかすると来年の入学シーズン前に、学生さん向けの何かしらのサービスが展開されるかもしれません。

ところで本当に学生生活でインターネットは必要?

結論から言うと「ゼッタイ必要」です。なぜならすでに多くの大学で、課題やレポートの提出・講義の履修登録・講義で使う資料のダウンロード・休講などの事務連絡・成績発表など、これらはすべてインターネット上から行う仕組みになりつつあります。

また、一生を左右する就職活動に関しても、就活の情報収集・ネット経由でしかエントリーを実施しない企業の説明会、はてまたネット上から入社試験や面接を行うなど、選考方法も多様化してきています。

学生生活や就職活動を円滑に行うためには、インターネットやスマートフォンなどを使いこなすことが重要なポイントになってきているのです。
もし親御さんがインターネットの利用に関していい顔をしないのであれば、これらのことを話して説得してみましょう。きっとインターネットの利用を後押ししてくれるはずです。

今後、学生向けサービスがあるかもしれない?!

2017年に関しては残念ながら、学生さんを対象とした割引サービスはNTT東日本・西日本ともに実施されていません。
現状は、ネット上もしくは店舗・プロバイダ・代理店などで実施されているキャッシュバックや特典などのキャンペーンを上手に利用して、お得に利用するよりほかないようです。

ただし、今後はまた学生向けの新たなサービスが展開される可能性もあります。

今後、期間限定の学生向け割引サービスを狙うのであれば、入学シーズンを迎える3月前後からNTT東日本・西日本のホームページなどをこまめにチェックするようにしてみましょう。

auひかりなら学割がある

もし、あなたがauユーザーの方だったらauひかりでお得な学割がありますよ。
高額キャッシュバックキャンペーンや、工事費が実質無料になる工事費割引、月額の大幅割引なども併用できるので学生さんはチェックしましょう。

auの学割サービスはauひかりとの併用でさらにお得になります

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る