閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

WiMAXの評判は賛否両論!口コミからわかるおすすめプロバイダ

わたしのネット-アイキャッチ画像

WiMAXを検討中の方にとって、気になるのは実際の速度や品質などの評判ですよね。

実は、WiMAXの評判はいいものが多いんです。

我々が調べたところによると、「料金が安くなった」という口コミや、「速度が速く繋がりやすい」といった口コミが多く、WiMAXは安価で快適なサービスという認識の方が多いようです。

ただし一方で、「エリアが狭い」「違約金が高い」などの不満の声もありますので、その点を踏まえてWiMAXを利用すべきか検討基準にしてください。

また、本記事では当社が調査したプロバイダ10社の中からどこからの契約がオススメなのかを割り出しました。

オススメ申込窓口は以下の3つ!

  • GMOとくとくBB WiMAX:3年間の実質費用が10社の中でもっとも安い
  • Broad WiMAX:初期費用や解約費用など乗り換え時に必要な料金が無料
  • UQ WiMAX:WiMAXの本家で安心感がある

本記事では、WiMAXを利用中の方からの口コミを総ざらいでチェックしていきます。

速度はもちろん、料金や品質、そして利用エリアまで、さまざまな面からアプローチしていきますので要チェックですよ。

オススメ窓口についても詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

結局WiMAXはどんな人に向いている?

まずは結論として、どういった利用者がWiMAXに向いているのかを解説します。

WiMAXを検討中の方は、自分が本当にWiMAXを契約しても大丈夫かを判断してみてくださいね。

安さ・ポータビリティ重視ならWiMAX

インターネット回線は、速度が多少不安定でもいいから安く抑えたい。

そんな方にはぜひWiMAXをオススメします。

また、移動が頻繁で、複数の機器を快適なインターネット環境の中で利用したいという方も、WiMAXは向いていますね。

ただし、どちらの理由にしても、事前にWiMAXのトライアル利用を行い、速度を検証してから実際の利用を開始することをオススメします。

安定性重視なら、固定光回線も視野に

WiMAXは、料金が安く外出先でも利用できる反面、速度という点ではやはりどうしても固定回線には勝てません。

W05が758Mbpsと謳われているように、理論値としての速度は光回線に近づきつつあります。

しかし、電波を拾って無線で通信するという特性上、どうしても安定性に関しては不安定になる場面もあることには変わりありません。

ですので、常にある程度の速度で信頼性の高い通信がいいというのであれば、光回線の方が満足できるでしょう。

WiMAXの速度に関する口コミ

まずは、WiMAXの速度に関しての評判を見ていきましょう。

速度は、速い・遅いの賛否両論のようですよ。

サクッとつながる!快適!

WiMAX2+では、2019年9月現在下りで最大1.2Gbpsの通信に対応しています。

提供エリア内であれば、Wi-Fi並みの速度も期待できますね。

都会に住んでいて行動範囲はWiMAXのエリア内、自宅の立地条件が良く電波が届きやすいなどの条件を満たしている人の声としては、サクサク繋がって快適というものが多いです。

以前はつながらなかったのにつながるようになったとのうれしい声が。

利用可能エリアも着実に拡大していっているようで頼もしいですね。

ドコモの電波よりよりもつながりやすいという声も。

WiMAXは携帯電話と比べると利用者が少ないので、つながりやすいというメリットもあるのでしょう。

なかなか繋がらず、遅いとの評判も

WiMAXは電波を拾って通信する機器という特性上、遅い・繋がらないという評判も散見されます。

電波も立たず、遅いという意見が早速見つかりました。

通信が不安定という口コミも。

WiMAXが遅くなる原因はさまざまですが、主に以下の理由が考えられます。

  • 端末が古く最新の回線を拾えない
  • 気づかないうちに速度制限にかかっている
  • ルーターの設置場所に問題がある

なお、WiMAXが遅いときの対処法についてより詳しく解説している記事もありますので、チェックしてみてくださいね。

古い端末だと遅くなる場合も

WiMAXが現在利用している通信規格の正式名称は、WiMAX2+というものです。

それ以前にはWiMAXというWiMAX2+よりも速度が遅い規格が使われていましたが、現在はWiMAX2+に置き換えられつつあります。

長期間契約を続けている人の場合、あまりにルーターが古いと最新の回線を使えず、速度に不満が出るかもしれません。

お使いの機種がWIMAX2+に対応しているかどうかを今一度チェックしてみましょう。

なお、2+でないWiMAXはすでに新規申込受付を終了済みなので、今後新規契約する人にとっては心配しなくてもいい問題です。

短期間に大量に通信して速度制限に引っかかることも

昨日までは問題なかったのに、今日になって急に遅くなった…という場合は、速度制限かもしれませんよ。

WiMAXは、直近3日間に10GB以上通信していると速度制限に引っかかってしまうんです。

制限後はおおむね1Mbpsの速度でしか通信できなくなります。

1Mbpsはネットサーフィンがギリギリできる程度で、動画や音楽の再生などで通信量が多いと満足に利用できません。

動画を集中してみると、制限に引っかかりやすいようですね。

WiMAXを契約する場合、使いすぎには注意が必要です。

ルーターの設置場所やクレードルの利用で速度改善できるかも

WiMAXを利用する場合は、ルーターの置き場にも気をつけましょう。

屋内でWiMAXを利用するのであれば、できるだけ窓際に近いところだと電波が拾いやすくなり、通信が速くなることが期待できます。

また、クレードルを購入して有線接続することで多少ですが速度が改善する場合もありますよ。

WiMAX端末をクレードルに置くだけで充電する他にも、クレードル本体にLANケーブルをつなげることで、無線LANが内蔵されていないPCでもインターネットにつなげられるという利点もあります。

LANケーブルで接続される区間の通信速度は、無線接続の速度よりも確実に速くなるので、速度の改善に期待もできますよ。

WiMAXクレードルの画像

出典:UQ Communications アクセサリーショップ

クレードルを利用することで、クレードルなしの状態よりも電波の感度がアップした、という人も。

事前にレンタルして電波状況をチェックしよう

WiMAXを検討しているけれど、本当に問題なく使えるかが不安な方もいらっしゃいますよね。

そんなときにオススメなのが、UQ WiMAXのTry WiMAXサービスです。

最新のWiMAX2+端末を、最大15日間無料レンタルができます。

レンタル期間にテストして、通信環境に問題ないことを確認してから改めてWiMAXを申し込むことができますよ。

Try WiMAXを申し込む

またBroadWiMAXであれば、契約後に問題があった場合でも、8日以内であればクーリングオフができます。

問題なければそのまま使えますので、レンタルする手間を省きたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

初期費用無料キャンペーン中!WiMAXなら外でも家でもインターネット利用可能!

BroadWiMAX端末料金18,857円割引き

WiMAXなら工事費不要、月額2,726円~外でも家でもインターネットが利用可能! Broad WiMAXのWebからのお申込みなら初期費用18,857円割引きキャンペーン実施中!・・・詳しく見る

WiMAXの料金に関する口コミ

次は、WiMAXの料金に関する口コミを見ていきましょう。

工事が不要で月額料金が抑えられるのは大きなメリットですが、一方で、高い違約金や複雑なキャッシュバック手続きに悩まされた方もいるようです。

料金が安く抑えられる!

WiMAXは、固定回線ほどの高品質は不要なので、料金も安くしたいという方によく選ばれているようです。

固定費をできるだけ安くしたいという方にも、WiMAXは好評のようですね。

やはりWiMAXの決め手は料金の安さ、という方はいらっしゃいますね。

固定回線に比べると、約2,000円ほど安いうえに、工事費もかからないのがいいですよね。

上級者だと格安SIMと併用してWiMAXを使うという方も。

持っている端末の台数が多い方は、こちらの方のような使い方だと料金が抑えられる場合もありますよ。

解約したら、高い違約金が!

WiMAXは更新月以外の解約の場合、以下のような違約金を支払う必要がありますので注意が必要です。

  • 1年目:19,000円
  • 2年目:14,000円
  • 3年目以降:9,500円

WiMAXに不満があっても、違約金がネックでためらう人もいるようですね。

WiMAXを契約する際は、事前に更新月がいつなのかをチェックしておき、できるだけ違約金が発生しないようにするといいでしょう。

また、他社への乗り換えをする場合は、違約金を負担してくれるプロバイダを選ぶのもひとつの手です。

違約金をできるだけ発生させないWiMAXの乗り換え方については、以下のリンクもチェックしてみてくださいね。

「キャッシュバックの受取手続きが難しい」という声も

WiMAXのプロバイダでは、3~4万円ほどのキャッシュバックをもらえるキャンペーンが行われていることがあります。

キャッシュバックをもらうことができればトータルでかかる料金を抑えることができます。

しかしキャッシュバックをもらうためには、複雑な手続きを踏まなければならなかったり、申し込もうと思ったときには期限が切れていたりすることもあり、結果的にキャッシュバックを受け取れなかったという声も少なくありません。

こちらの方はキャッシュバックの申請については無事行えたようですが、複雑な手続きに対しては不満の色を隠せない様子です。

キャッシュバックキャンペーンがあるプロバイダからWiMAXを申し込む場合は、必ずキャッシュバックを申請する予定をカレンダーなどに記入しておいて忘れないようにしましょうね。

WiMAXの端末に関する口コミ

WiMAXの契約の際、どのWiMAXルーターを選べばよいかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは、オススメの機種と、その評判をチェックしていきましょう。

最新端末のW06が高評価

WiMAXの端末をどれにしようか…とお悩みであれば、オススメなのはW06です。

2019年1月に発売されたW06は、下りで最大1.2Gbps、上り最大75Mbpsと、光回線に限りなく近いスペックで利用できます。

なお、上記速度は別売のUSB(Type-C)ケーブルで本体とデバイスを接続した場合の速度です。

本体とデバイスをWi-Fiで接続して通信した場合の速度は下り最大867Mbpsですが、それでも光回線とほぼ変わらない速度で利用できます。

実際に利用している方からの評判も高いですよ。

速度に大満足した結果、光回線が不要と結論付けていらっしゃる方も。


従来機種より薄くて軽く、持ち運びが楽な点も高ポイントの様子。

W06の主なスペックについては以下の表も参照してください。

 
W06
発売日 2018年1月
通信速度(下り) 最大1.2Gbps
重量 約125g
バッテリー
(ノーマルモード時)
約9時間

WiMAXの利用可能エリアについての口コミ

WiMAXの利用可能エリアは拡大中とはいえ、地方などではまだまだ不満の声が上がっているようです。

利用可能エリアが狭い

WiMAXは、利用可能なエリアが狭いという意見が多くあります。

都会や地方都市であればまず問題がないのですが、すこし外れてしまうと途端に繋がらなくなってしまう、という口コミもありました。

特に郊外だと、WiMAXの利用可能範囲が狭いというデメリットがあります。

地方だと住む場所によっては電波が全然入らない、という場合も…。

利用可能エリアなのに、繋がらないという意見もありました。

利用可能エリアとされている場所でも、利用不可エリアとの境目などの理由でつながりにくい可能性もあるので注意が必要です。

WiMAXを検討中であれば、事前に UQ WiMAXのサイトでエリア検索しておくといいですね。

光回線の開設工事を避けたい人

安定した高速通信を楽しめる光回線ですが、光回線を自宅で使用するようにするには時間と費用がかかってしまいます。

光回線の申し込みを行うと光回線の引き込み工事までに1週間から2週間程度時間がかかります。

また工事は光回線を引き込む作業になり、時間や費用もかさんでしまうという特徴があります。

一方でWiMAXなら最速で、申し込みを行い機器を持ち帰ったその日からインターネット通信を行うことができます。

工事などの発生もなく、すぐに使えるので便利でカンタンです。

もちろん工事費用の発生などもないので、引越ししてすぐにインターネットを使いたいという人や光回線の開設工事が面倒だという人にWiMAXはおすすめです。

地方や郊外ならどんなときもWiFiがおすすめとの評判も!

WiMAXは通信速度に優れ、料金面でも非常に安いおすすめの回線ですが、場合によってはWiMAXよりも「どんなときもWiFi」のほうが良いこともあります。

WiMAX機器とどんなときもWiFiはどちらも持ち運びできる通信機器ですが、使用しているそもそもの回線が違うものです。

この回線の違いがそれぞれの利用が向いている、向いていない人の特徴に表れてます。

どんなときもWiFiのメリット

WiMAXと同じように持ち運びに便利などんなときもWiFiには以下のようなメリットがあります。

  • 回線工事なしですぐに使える(WiMAXと同様)
  • 持ち運べてどこでもインターネット利用ができる(WiMAXと同様)
  • 固定回線よりも安い(WiMAXと同様)
  • 通信容量無制限プランで使い放題(WiMAXと同様)
  • スマホなどの4G回線なので地方や郊外でも繋がりやすい(どんなときもWiFiだけ)

どんなときもWiFiのメリットはWiMAXと同様で、工事なしですぐに使える便利さ、どこででもインターネットが使える手軽さ、料金の安さ、使い放題です。

しかしWiMAXが郊外や地方で電波が入らないことがあるのに対し、どんなときもWiFiはスマホと同じLTE4G回線を利用しているので、比較的安定した通信が期待できます。

外で使うことを基本とする電話回線が元のLTE4G回線の方が電波を飛ばしている基地局が多いため、広範囲で使用ができるからです。

利用する場所によってはどんなときもWiFiの方がつながりやすいため、地方や郊外にいる人のなかにはWiFiに向いている人もいます。

どんなときもWiFiの利用が向いている人

どんなときもWiFiの利用は、いろいろな場所で通信を楽しみたい人、地方や郊外で利用したい人に特におすすめです。

どんなときもWiFiはどこにでも持ち運びができて、一度に複数の端末でインターネットを同時利用することができる便利なものです。

もちろん、こういったポイントはWiMAXも同じですが、特に地方や郊外で利用したい人は、電波が不安定になりやすいWiMAXよりもどんなときもWiFiの方が利用に向いています。

対応エリアの確認はWiMAX、どんなときもWiFiの各公式ホームページで確認することができます。

WiMAXでエリア外だったとしても、どんなときもWiFiがエリア内になっていることは多く、広範囲にわたってカバーしているので出張が多い人も安心して利用できます。

もちろん、電波の届きやすい都市部でもエリアを気にすることなく快適にインターネット通信を楽しむことができるので、都市部の人も使うメリットがありますよ。

賛否両論の評判から見えてくる、オススメのWiMAXプロバイダは?

WiMAXのメリット・デメリットを勘案したうえで、やっぱりWiMAXを契約する!と決めたけれど、どのプロバイダからWiMAXを申し込めばいいかわからない…。

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当社でプロバイダ10社を比較してオススメ契約先を調査してみました!

 
月額料金
(ギガ放題プラン)
3年間の
実質料金
セット割 キャンペーン
GMOとくとく WiMAX
(キャッシュバック)
1~2か月目:3,609円
3~24カ月目:4,263円
25か月目以降:4,263円
122,610円 端末代無料
初期費用割引
最大34,500円
キャッシュバック
JPWiMAX 1~2か月目:2,800円
3~24カ月目:3,500円
25か月目以降:4,100円~
123,800円 月額料金割引
11,000円分の
Amazonギフト券
GMOとくとく WiMAX
(月額料金割引)
1~2か月目:2,170円
3~36カ月目:3,480円
37か月目以降:4,263円
125,660円 端末代無料
初期費用割引
月額料金大幅割引
BIGLOBE WiMAX
(キャッシュバック)
1~2か月目:3,695円
3~24か月目:4,380円
25か月目以降:4,380円
129,310円 最大30,000円の
キャッシュバック
UQ mobileから
300円割引
DTI WiMAX 1~2か月目:0円
3か月目:2,590円
4か月目以降:3,760円
129,670円 端末代無料
nifty WiMAX 初月0円
2~3か月目:3,670円
4か月目以降:4,350円
130,790円 最大23,100円の
キャッシュバック
UQ mobileから
300円割引
Broad WiMAX 1~2か月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
131,626円 端末代無料
初期費用割引
他社WiMAX違約金負担
BIGLOBE WiMAX
(月額料金割引)
サービス開始月:0円
1~36か月目:3,620円
36か月目以降:4,380円
133,320円 月額料金割引
UQ mobileから
300円割引
カシモ WiMAX ■最安級プランの場合
1か月目:1,380円
2~24カ月目:3,580円
25カ月目:4,079円
135,668円 端末代無料
UQ WiMAX 1~3か月目:3,696円
4か月目以降:4,380円
25か月目以降:4,263円
160,112円 最大3,000円
キャッシュバック
端末代無料
LTEオプション無料
※特定プランの契約
おトク割・長期割引
So-net WiMAX 開通月:0円
1~36か月目:3,380円
13~36か月目:4,379円
148,656円 端末代無料
月額料金割引
au WiMAX 1~24ヶ月:4,380円
25~36ヶ月:4,880円
166,180円

※2020年1月時点の情報です。
※月額料金は税抜金額です。
※月額料金は3年・ギガ放題プランの場合の料金です。
※3年間の実質費用は初期費用3,000円もプラスした金額です。
※実質費用は割引・キャッシュバックを適用した金額でセット割は含んでいません。

上記からわかるオススメプロバイダは以下の2つ!

  • GMOとくとくBB WiMAX:3年間の実質費用が10社の中でもっとも安い
  • Broad WiMAX:初期費用や解約費用など乗り換え時に必要な料金が無料
  • UQ WiMAX:WiMAXの本家で安心感がある

それぞれについて、以下で説明しますので参考にしてくださいね。

最大34,500円キャッシュバックで実質費用が安くなるGMOとくとくBB

2020年1月現在、料金の安さを重視するならGMOとくとくBBWiMAXがオススメです!

GMOとくとくBBWiMAXでは、毎月の月額料金が3,609円~4,263円から利用できるだけでなく、新規申し込みから11か月目に最大34,500円キャッシュバックが受け取れます。

また、3年間の実質料金は122,610円と今回比較した中では最安ですよ!

詳しくは、GMOとくとくWiMAXの公式ページをチェックしてみてくださいね。

GMOとくとくWiMAXについて詳しく調べる

乗り換え時の費用が抑えられるBroadWiMAX

現在他社でポケットWi-Fiを契約している方は、BroadWiMAXの契約がオススメですよ!

BroadWiMAXでは、他社のポケットWi-Fi解約で発生した違約金19,000円までをキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

さらに、初期費用無料キャンペーンや、端末代無料キャンペーンも開催中!

詳しくは、BroadWiMAXの公式サイトまたは下記の記事を参考にしてくださいね。

BroadWiMAXについて詳しく調べる

本家UQ WiMAXは公式ならではの安心感

WiMAXの契約は初めてで、わからないことも多くて不安…という方は、店舗で説明を受けることもできるUQ WiMAXはいかがでしょうか。

顔が見える窓口での対応の方が安心という方にはオススメですよ。

またUQで端末を購入した場合だとトラブルが発生したときに、全国のUQスポットで話を聞いてもらえるのもポイント。

店舗で契約した場合は、その場で端末を受け取れてすぐ使い始めることができるというメリットもありますよ。

WiMAX初心者で安心感が欲しい、サポートがしっかりしているところがいい、という方はぜひUQWiMAXで契約を検討してみてくださいね。

UQ WiMAXについて詳しく調べる

まとめ

WiMAXの口コミは賛否両論ですが、主に以下のように分類できることがわかりました。

【WiMAXのよい評判】

  • すぐ繋がる
  • 料金が安い
【WiMAXの悪い評判】

  • 接続が不安定・繋がりにくい
  • 利用可能エリアが狭い
  • 違約金が高い
  • キャッシュバックを受け取るのが大変

どうしても固定の光回線と比べると速度や品質が落ちることは否めません。

自宅のみで利用することを想定している場合は、料金の安さを重視するならWiMAX、速度の安定さを選ぶなら光回線を検討しましょう。

外出先で利用することを想定している場合は、WiMAXの事前トライアルサービス(Try WiMAX)で、実際の利用に問題ないかを検証の上使うようにすると安心ですよ。

TryWiMAXについては別途記事を用意していますので、参考にしてください。

また、WiMAXの使用感は問題ないという人は、当社が10社プロバイダを比較した結果、以下からの申し込みがオススメです。

  • GMOとくとくBB WiMAX:3年間の実質費用が10社の中でもっとも安い
  • Broad WiMAX:初期費用や解約費用など乗り換え時に必要な料金が無料
  • UQ WiMAX:WiMAXの本家で安心感がある

「自身にとってどの窓口から申し込みをするのがお得か?」をよく考えてから契約してくださいね。

賢く使えば便利でお得になるWiMAX、良い点悪い点をしっかり把握したうえで、楽しいインターネット生活の一助になることでしょう。

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。