閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

NURO光が遅い時にやるべきこと!速度が出ない原因と対処法の解説

NURO光の通信速度が遅い|速くする5つの解決策

「NURO光は速いって聞いていたのに、遅くて嫌になる!」と不満を感じている人がいます。

NURO光は、So-netが提供するインターネット回線サービスです。
下り最大2Gbps、エリアによっては下り約10Gbpsの通信速度を謳い、世界最速と公表されています。

しかし、ハイスペックなNURO光でも、期待する通信速度を実感できないケースがあります。

今回は、NURO光の遅さに不満を抱いている人に向けて、通信速度が遅い原因や対処法を紹介します。
対処法を実践して、快適なネット環境を目指しましょう。

なお、今回の記事は、NURO光の速度が遅い場合についての解説です。
「NURO光の、工事日の連絡や開通工事の遅さ」について気になっている人は、NURO光の工事に関わる遅さの理由や対処法の記事もご覧ください。

通信速度が遅いと感じたときは実効速度を確認しよう

「最大2Gbps」のように、光回線における通信速度の数値はベストエフォート型と呼ばれ、「通信事業者は、これくらいの速さを目標にしています」という意味で使われています。

実際に光回線を使用しても、提示されている数値の速度が出ることはありません。
「通信速度が遅い」と感じている人は、数値はあくまで目標値であることを理解する必要があります。

また、単に「遅い」と感じているだけだと、本来出るはずの速度に対してどれくらい遅いのかがわからず、具体的な対策が取りにくいです。

まずは、NURO光の通信速度を測定してみましょう。

通信速度の測定方法

NURO光の通信速度を測定する手順を紹介します。

  • NURO光公式サイトの通信速度測定システムにアクセス

通信速度測定システムへはこちらから進めます。

NURO光の公式サイトから辿っていくには、

NURO光公式サイト 速度測定01

1.TOPの、「戸建て・マンション(7階建て以下)」をクリックします。

NURO光公式サイト 速度測定02

2.次ページの一番下にある、スペシャルコンテンツの「簡単にできるスピードアップのコツ」をクリックします。

NURO光公式サイト 速度測定03

3.スピードアップのコツTOP画面の「STEP1 速度チェック」をクリックします。

NURO光公式サイト 速度測定04

4.右にある「NURO」マークをクリックします。

NURO光公式サイト 速度測定05

5.NURO光を選択し、契約タイプを入れまた、最後に郵便番号を入力。ここはスキップすることも可能です。

NURO光公式サイト 速度測定06

6.測定方向「両方向」測定速度「高」を選択して測定ページへをクリック
7.約40秒でスピードテストを実施。回線スピードを測定できます

測定した計測結果を元に、「本当に回線速度が遅いのかどうか」の目安にするといいでしょう。

もしも、2Gbpsの回線に対して、100Mbps程度しか速度が出ていないようであれば、明らかに回線品質に問題があります。

NURO光のping値を紹介

ping値(ピン値)とは、通信回線の応答速度を表すものです。

ping値が低ければ、通信速度はストレス無く使用できると言われています。
ping値から、どれくらい回線が安定しているかの指標を確認できます。

具体的なping値をいうと、10ms程度でインターネット回線を快適に使用できると言われています。

NURO光のping値を測定すると、ping値は約5ms〜8ms程です。
ping値の約5ms〜8msは、オンラインゲームを快適に利用できる数値となっています。

ping値 1~50ms ping値 50~100ms ping値 100~150ms ping値 150ms以上
オンラインゲームを快適に利用できる オンラインゲームを問題無く使用できる オンラインゲーム使用時にタイムラグが発生する オンラインゲームを正常にプレイできない

NURO光の、時間帯別の実測口コミをまとめた記事がありますので、参考にご覧ください。

NURO光の通信速度が遅くなる原因

NURO光の速度が遅くなる原因として、主に3つが考えられます。

  • NURO光の通信そのものに障害が発生している
  • 利用者が集中して回線が混雑している
  • 利用者の通信機器がNURO光に適応していない

通信障害による遅れが発生しているかもしれない

NURO光で通信障害が発生しているかどうかは、公式サイトの障害・メンテナンス情報ページで確認できます。

通信障害が発生していると、通信の遅れや、そもそも回線がつながらなくなる恐れがあります。

また、TwitterなどのSNSで検索をかければ、他のNURO光ユーザーの状況を確認できます。

通信障害が原因の場合、利用者個人で対処できることはありませんので、通信の回復を待つことになります。

夜はネットの使用者が集中するため回線が混雑しやすい

ユーザーの使用が一定時間に集中すると、通信回線が混雑して、速度が遅くなる可能性があります。

混みあう時間帯で代表的なのは、平日の夜7時から10時ごろです。

学校や会社から帰宅したユーザーが、一息入れてネットを使用する時間帯とされているためです。

回線混雑の対処法としては、混みあいやすい時間帯を把握し、その時間帯を避けてネットを利用することです。

マンションタイプは速度低下が激しい

ホームタイプに比べ、マンションタイプは速度低下が激しいとされています。

光回線を導入しているマンションでは、電話線を使用したVDSL式の回線を採用しているケースがあります。

VDSL式の回線は、導入が簡単なためマンション管理側からすると良いのですが、最大速度が100Mbpsに限定されており、信号の損失もホームタイプと比較して多く、速度が低下しやすいという特徴があります。

さらに、マンションでは他の住人と回線を共有するため、時間帯によっては混雑しやすくなります。

利用している通信機器によっては速度が遅くなる

NURO光そのものに通信障害がなく、混雑する時間帯でもなければ、NURO光ユーザーが使用している通信機器が原因で、遅くなっている可能性があります。

通信機器と一言でいっても、パソコンの設定やケーブルの種類など、多数の部品で成り立っていますので、次の項目で詳細を解説していきます。

NURO光の通信速度が遅いと感じるときの対処法

NURO光の通信回線の遅さに対し、対処が実行可能な範囲は、主に自宅の通信機器周辺となります。

自宅の通信機器は、個々人によってさまざまですが、「通信機器というけど、よくわからない…」という人に向けて、主なチェックポイントをまとめました。

  • パソコンの仕様
  • LANケーブルの規格
  • 周辺機器の確認
  • LANポート

パソコンの仕様をチェックしよう

NURO光を利用しているパソコンやタブレットの仕様をチェックしましょう。

  • メモリやディスク容量は不足していないか
  • OSやアプリのバージョンは適切か
  • セキュリティソフトが重く、遅滞の原因になっていないか

などが、通信の遅さを感じやすい要素となります。
対処法としては、

  • パソコンやタブレットの再起動
  • ハードディスクドライブなどの最適化
  • OSやアプリのバージョン更新
  • 不要なアプリやソフトの削除

などを、ひとつずつ試してみることをオススメします。
一度に複数の対処法を試すと、もし通信速度が回復しても、何が遅さの原因だったのかがわかりにくいためです。

また、セキュリティソフトは防犯上、安易にアンインストールすることはオススメできませんので、一時的に停止させて、遅滞の原因になっていないかを確認するという方法が良いです。

LANケーブルは規格以上のものを利用しているかをチェック

LANケーブルのチェックでは、ケーブルのカテゴリーを確認しましょう。

LANケーブルのカテゴリーとは、性能や特徴によって区分されている規格を指します。

NURO光に最適なLANケーブルのカテゴリーは「5e」「6」と言われています。

もし、NURO光のLANケーブルが、カテゴリー「5」の場合、通信速度を遅くしている可能性が高いので交換を検討しましょう。

NURO光を快適に利用するためには、上位規格のLANケーブルを利用する必要があるのです。カテゴリーの数字が大きいほど、速い機器に対応できます。

まずは、使用しているLANケーブルをチェックしてみてください。

カテゴリーは、LANケーブルの配線表面に印刷されています。

もしも、カテゴリー5のケーブルだった場合には、100Mbpsまでの速度しか効力を発揮しません。

NURO光の場合には、カテゴリー5eか、カテゴリー6のLANケーブルが適しています。

カテゴリー7でも利用が可能ですが、過剰性能になる可能性があるため、2Gbpsで契約している人は利用を控えた方がいいかもしれません。

周辺機器をチェック

利用している端末は、光回線から直結でしょうか?
途中でスイッチングハブなどを経由しているでしょうか?

もしも、ネットワーク機器が介在している場合では、高速回線に対応している機器なのか、またはLANポートが対応しているのかをチェックする必要があります。

利用している機種の取扱ご説明書などを、一度確認してみてください。

無線で端末を利用している場合には、Wi-Fiルーターの仕様も同様にチェックしてみてください。

NURO光から無料レンタルできるONU(光回線終端装置のこと。光ケーブル通信を受け取る装置)は5種類ありますが、無線LANで最高速通信に対応できるのは2種類のみです。

NURO光では、無線接続の最大速度は下り1.3Gbps(1300Mbps)となっていますが、最高速通信に対応できていないONUでは、最大下り450Mbpsまでとなっています。

無料レンタルで届いたONUは、最大下り1.3Gbpsに対応できる機種かどうか、確認するようにしましょう。

確認用に、無料レンタルできるONU5種類を一覧にまとめました。
ダウンロードで最大速度を求めるなら、「ZXHN F660A」と「HG8045Q」が必要となります。

名称 ZXHN F660T HG8045j HG8045D ZXHN F660A HG8045Q
有線LANポート数 3個 3個 3個 3個 3個
無線LAN対応 可能 可能 可能 可能 可能
対応規格 11 a/b/g/n 11 a/b/g/n 11 a/b/g/n 11 a/b/g/n/ac 11 a/b/g/n/ac
ダウンロード速度(無線LAN 最大速度) 2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(450Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
2Gbps
(1300Mbps)
アップロード最大速度 1Gpbs 1Gpbs 1Gpbs 1Gpbs 1Gpbs

無線LANの規格には「a」「b」「g」「n」「ac」の5種類があります。

各規格には特徴があり、NURO光には無線LAN「ac」が最適の規格です。

NURO光を快適に利用するために必要な規格は「n」です。

NURO光の契約時に提供されるONUは、規格をクリアした機器なので問題ありません。

ONUやスイッチッングハブなどの、周辺機器を再起動することもオススメです。

正しく認識できていないケースだと、再起動で解決することもあります。

パソコンのLANポートのチェック

利用しているパソコンのLANポートもチェックしましょう。

もしも、有線LAN接続である場合には、パソコン本体にLANケーブルを接続していることでしょう。

無線接続だった場合には、周辺機器のチェックで紹介した、無線LAN側の規格チェックもあわせて必要です。

WindowsとMacで、LANポートをチェックする手順をご紹介します。

【WindowsのLANポートのチェック手順】

  1. コントロールパネルから「ネットワークとインターネット」を選択
  2. 「ネットワーク共有センター」から「アダプターの設定の変更」をクリック
  3. 「ローカルエリア接続」又は、「イーサネット」を選択
  4. 「詳細」からプロパティーをチェックし、GBなどの表記があることを確認

【MacのLANポートのチェック】

  1. 左上のアップルマークから「このMac」についてを選択
  2. 「サポート」→「技術仕様」をクリック
  3. ギガビットイーサーネット仕様であることをチェック。無線の仕様も記載されています

どうしても速度が改善されなかったら乗り換えを検討しよう

NURO光では、通信速度の向上を目的として、公式サイト内にてスピードアップのコツをまとめたページを設けています。

この記事に紹介しました対処法や、公式のスピードアップのコツを試しても、通信速度の改善が見られない場合は、NUROテクニカルセンターへ問い合わせてみましょう。

NUROサポートデスク
フリーダイヤル(通話無料):0120-65-3810
受付時間:9:00~18:00(1月1日、2日、およびNURO光のメンテナンス日を除く)

問い合わせると、音声ガイダンスが流れるので、案内に従って進めてください。

しかし、高速回線にふさわしい環境をすべて整えたにもかかわらず、「NURO光が遅い」と感じられる場合には、他社回線への乗り換えを検討してみるといいでしょう。

独自回線を持つauひかり

NURO光の遅さで困っている人にオススメな光回線は、auひかりです。

  • 一部地域のみではあるが、auひかりは高速通信サービスを実施している
  • auひかりは、独自回線を持っているので、通信速度が安定しやすい

オススメする理由として、上の2点が挙げられます。

auひかりは、KDDIが提供する光回線サービスで、フレッツ光や光コラボのNTT回線とは異なる、独自の通信回線を持っています。

利用者数がフレッツ光や光コラボより少ないKDDI独自回線を使っていることで、auひかりは混雑しにくく安定しやすい通信速度を保っています。

NURO光とauひかりの比較をまとめた記事がありますので、ぜひご覧ください。

また、auひかりでは通常の1Gbps通信回線のほか、NURO光に並ぶ10ギガ・5ギガの速度を謳う高速通信ホームタイプも提供されています。

ただし、auひかりの高速通信は関東の一部地域でのみ提供されている限定的なものです。

auひかりの10ギガ・5ギガの高速回線について解説した記事がありますので、興味を持った人はぜひご確認ください。

まとめ

高速通信を謳うNURO光ですが、通信環境の状況や、ユーザーの通信機器の状態によっては、「通信が遅い」と感じられます。

通信速度が遅くなる原因と、通信速度が遅いと感じられたときの対処法として、パソコンの仕様・LANケーブルの規格・周辺機器の確認・LANポートのチェックポイントを紹介しました。

まずは、対処法を実際に試してみて、通信速度の改善を図りましょう。

さまざまな対策を行っても通信速度が向上しないようなら、別の光回線への乗り換えを検討していいかもしれません。

高速通信が特徴のNURO光からの乗り換えだと、大多数の光回線では速度低下の可能性が高いですが、独自回線を持つauひかりなら通信が安定しており、オススメできます。

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)