閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ドコモ光のルーターはどれを選べばいい?繋がらない原因は?全て解決します!

ドコモ光のルーターの選び方から接続方法までわかりやすくご紹介!

ドコモ光でルーターを使うと、Wi-Fi接続ができるようになり、同時に複数の端末でインターネットが使用できます。

さらに、v6プラスに対応したルーターを使うことで、ドコモ光の通信速度の向上が見込めますよ。

ドコモ光で利用するルーターは、以下の4つの方法で用意できます。

  • ドコモ光ルーター01を購入
  • ドコモ光電話対応ONU一体型ルーターをレンタル
  • プロバイダから無線LANルーターを無料レンタル
  • 市販の無線LANルーターを購入

ちなみにこれからドコモ光を契約する方は、プロバイダをGMOとくとくBBで契約すると混雑を回避して通信できるv6プラスに対応した高性能な無線LANルーターを無料でレンタルできます

GMOとくとくBBの公式ページからドコモ光を申し込むと最大15,000円のキャッシュバックも行っていますので、一度チェックしてみてください。



この記事ではドコモ光でルーターを初期設定する方法や、ルーターがつながらない場合の対処法なども解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

ドコモ光のルーターって何?ONU・モデムとの違いは?

ドコモ光でルーターは、以下の問題を解決したいときに必要です。

  • 自宅内に Wi-Fi環境をつくりたい
  • ドコモ光の速度を向上させたい

ルーターはドコモ光のONU(光回線終端装置)やモデムに接続すると、スマホや携帯ゲーム機などにインターネットの電波を送信する中継地点の役割を果たします。

ドコモ光はドコモの携帯電話契約とセットで契約する人が多いですが、スマホをWi-Fiでドコモ光につなげれば、スマホ回線のパケットを消費せずに、容量が多い動画やゲーム、ドコモのコンテンツを快適に楽しめますよ。

また、パソコンやプリンター、スマートスピーカーなど、おうちのさまざまな通信機器や家電を邪魔な配線なしで接続できます。

また、ドコモ光の速度を向上させるためには最新の通信規格・v6プラスでの接続が有効です。

しかし、v6プラスを利用するには、v6プラスに対応したルーターを使わなければいけません。

v6プラスについてはv6プラスに対応しているプロバイダについてまとめた記事を参考にしてくださいね。

ONUとモデムは役割が同じ!インターネット回線方式で変わる

ルーターを接続する、ONUやモデムについても、おさらいしておきましょう。

ONUもモデムもインターネット回線の信号を、パソコンなどで使えるようデジタル信号へ変換する役割を持つ機械です。

違いは自宅のインターネット回線が、光回線方式かアナログ回線方式で接続されているかによって名称や機能が違いますよ。

インターネット接続方式

自宅のインターネット回線が光回線なら、光信号をデジタル信号に変えるためのONUが必要ですし、ADSLやVDSLなどのアナログ回線なら、アナログ信号をデジタル信号に変えるためのモデムが必要なのです。

ドコモ光ではひかり電話を契約した場合、無線LAN機能を備えたONU一体型ルーターのレンタルも可能です。

ドコモ光で利用するルーターの選択肢は4つ!あなたにオススメは?

ドコモ光で利用するルーターは、以下の4つの方法で用意します。

  • ドコモ光ルーター01を購入
  • ドコモ光電話対応ONU一体型ルーターをレンタル
  • プロバイダから無線LANルーターをレンタル
  • 市販の無線LANルーターを購入

あなたにとってどのルーターを選ぶのがいいのか、フローチャートでみてみましょう。

ドコモ光ルーターフローチャート

光回線でひかり電話も利用する場合は、ドコモ光電話対応ONU一体型ルーターが設置されます。

ドコモ光電話対応ONU一体型ルーターはWi-Fi機能有り、無しによりレンタル料が変わります。

ひかり電話を利用しない場合は、ドコモ光ルーター01か、市販のルーターを購入します。

ドコモ光のプロバイダによっては、無線LANルーターを無料でレンタルできますよ。

プロバイダがドコモnetならドコモ光ルーター01を購入しよう

ドコモ光ルーター01はドコモ光が推奨する無線ルーターで、有線では最大1Gbps、無線でも最大867Mbpsと高速通信が可能ですよ。

ドコモ光ルーター01引用:ルーター01製品画像

v6プラスなどのIPv6接続方式にも対応しており、回線の混雑を避けて快適な通信環境を確保することも可能です。

高性能のドコモ光ルーター01の価格は8,880円 (税抜)で、ドコモショップで購入できます。

プロバイダをドコモnetで契約すると、ルーター01の購入代金が実質無料になるキャンペーンを行なっていますよ。

ドコモ光ルーター01のメリット・デメリットはドコモ光のルーター01についての記事をご覧ください。

ひかり電話も利用するなら無線LAN機能付きのONUもレンタルできる

ドコモ光でひかり電話も契約したい場合はONUでなく、ONU一体型ルーター(ホームゲートウェイ)の設置が必要です。

ONU一体型ルーターのメリットはWi-Fi接続のための機器がひとつで済むので、配線まわりがすっきりしますよ。

デメリットはWi-Fi機能を利用すると、レンタル料金がかかることです。

ドコモ光のONU一体型ルーターは、NTTからレンタルする無線LANカードを本体に挿入してWi-Fi接続ができます。

NTT東日本エリア・西日本エリア別の光電話対応ルーターのレンタル料金をみてみましょう。

対象エリア 無線機能 月額利用料
NTT東日本 なし 無料
あり 300円
NTT西日本 なし 無料
あり 100円

無線LANカードのレンタル料は東日本で300円、西日本では100円です。

毎月のレンタル料を支払いたくない人や、長期でWi-Fiルーターを利用する予定の人は、無線LANルーターを購入したり、プロバイダから無料でレンタルすることをオススメします。

プロバイダによっては高性能無線LANルーターを無料レンタルできる

ドコモ光のプロバイダでは特典として、高性能無線LANルーターを無料レンタルできる会社もありますよ。

プロバイダごとにレンタルしている無線LANルーターと、スペックの表をご覧ください。

プロバイダ メーカー型番 価格 最大速度
GMO BUFFALO製
WXR-1750DHP2
14,300円 5GHz帯⇒1,300Mbps
2.4GHz帯⇒450Mbps
NEC製
AtermWG1900HP2
オープン価格 5GHz帯⇒1,300Mbps
2.4GHz帯⇒600Mbps
ELECOM製
WRC-1167GST2
8,970円 5GHz帯⇒867Mbps
2.4GHz帯⇒300Mbps
BIGLOBE NEC製
AtermWG1200HP3
オープン価格 5GHz帯⇒867Mbps
2.4GHz帯⇒300Mbps
ぷらら I-O DATA製
WN-AX1167GR2
8,300円 5GHz帯⇒867Mbps
2.4GHz帯⇒300Mbps
So-net I-O DATA製
WN-AX1167GR2
8,300円 5GHz帯⇒867Mbps
2.4GHz帯⇒300Mbps

プロバイダ各社が高性能のルーターを推奨しており、無料でレンタルが可能です。

GMOとくとくBBのバッファロー製無線LANルーターは、最大速度が1,300Mbpsで、ドコモ光のプロバイダの中でも高スペックですよ。

レンタルできる無線LANルーターでプロバイダを選ぶなら、GMOとくとくBBがオススメです。

プロバイダのv6プラスオプションは対応ルーターが不可欠

ドコモ光回線の混線状態を回避し、速度を安定させるv6プラスはプロバイダによって対応していない会社があります。

ドコモ光を契約する際には、v6プラス対応のプロバイダを選びましょう。

さらにv6プラス対応のプロバイダでも、v6プラス対応のルーターを使わなければ、十分に力を発揮できません。

Twitterでドコモ光 v6プラス ルーターレンタルについて調べた結果、2017年9月~2019年3月までの期間で20件のツイートがありました。


v6プラス対応ルーターなら、下りで537Mbpsの速度が出ています。


v6プラス対応のルーターでゲームも快適にできそうですね。


「動画とかもちゃんと見れて快適になった」という声も。

(2019年3月 Twitter調べ)

ツイートからもわかるように、ドコモ光の速度を安定させるには、v6プラスに対応したルーターが不可欠ですよ。

GMOとくとくBBの無線LANルーターが人気

GMOとくとくBBのv6プラス対応無線LANルーターは、スペックが優れており、速度も安定していて人気があります。

GMOとくとくBB v6プラス対応無線LANルーター
引用:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBを選べば、キャッシュバックがもらえたり、1年間無料でセキュリティサービスが受けられたりと、無線LANルーターの無料レンタル以外にもさまざまな特典がありますよ。

♦最大15,000円キャッシュバック&v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル♦
GMOとくとくBB × ドコモ光の詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

くわしくはGMOとくとくBBの特徴やキャンペーンをまとめた記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

ドコモ光は市販の無線LANルーターも利用可能

ドコモ光は無線LANルーターをNTTドコモやプロバイダからレンタルする方法の他にも、家電量販店や通販で買える市販の無線LANルーターや、もともと持っている無線LANルーターも利用できますよ。

市販の無線LANルーターも、ドコモ光のONUや光電話対応ルーターに接続してWi-Fiを利用できます。

ルーターを長期利用する人や、ドコモ光から乗り換える可能性がある人、プロバイダを変更する可能性がある人は、市販の無線LANルーターがオススメですよ。

たとえば、2019年4月10日現在、価格.comで人気の高いv6プラス対応ルーター・Aterm WG2600HSの購入価格は、最安値で7,874円です。

もし、NTT東日本エリアでNTTドコモから無線LAN機能付きONU一体型ルーターをレンタルした場合は、300円×26ヶ月で7,800円です。

2年以上無線LANルーターを使うつもりであれば、購入したほうがお得な場合もあるので、ご自分にとってベストな方法を選んでくださいね。

ドコモ光で使える市販の無線LANルーターを選ぶポイント

市販の無線LANルーターを購入する場合に気を付けたいポイントは以下の3つです。

  • v6プラスに対応しているか
  • 最大通信速度は高速か
  • スペックは最新か

ドコモ光で高速通信を利用するためには、ルーターの規格選びが重要です。

回線混雑を避けて、快適な通信環境を確保することが可能なv6プラスなどの「IPv6 IPoE」・「IPv4 over IPv6」接続方式にも対応しているものを選びましょう。

周波数や通信規格、通信速度もドコモ光の速度にあった、最新の規格かを確認する必要があります。

周波数帯と通信規格、通信速度の欄に以下の表示が記載されているWi-Fiルーターを選びましょう。

周波数帯 通信規格 通信速度
2.4GHz、5GHz IEEE802.11ac/n/g/b/a 1Gbps、1000BASE-T

2.4GHzと5GHz両方の周波数帯に対応するWi-Fiルーターを選ぶことで、ほかの家電製品や通信機器の影響を避け、快適に無線通信ができます

そのほか、ONUと無線LANルーターを接続するためのLANケーブルにも通信規格があるので、新しい規格のLANケーブルを使うと速度はより向上しますよ。

ドコモ光のルーターを接続・設定する方法

ドコモ光でルーターをレンタルするときは、ドコモ光の開通工事スタッフがONUの設置と一緒にルーターを接続してくれます。

プロバイダからレンタルするルーターや市販のルーターは、開通工事後に契約者がONUとつなげましょう。

また、ドコモ光の無線LAN機能付ONU一体型ルーターも、契約者が用意したルーターも、パソコンなどの通信機器とWi-Fiでつなげる初期設定は、契約者自身が行わなくてはいけませんよ。

ドコモ光のルーターを初期設定する手順は、以下のとおりです。

  1. ドコモ光のONUとルーターを接続する
  2. ルーターの初期設定をする

ドコモ光のONUとルーターを接続する

はじめに、有線LANでドコモ光のONUとルーターを接続します。

ルーターの初期設定をパソコンでする場合は、有線LANでルーターとパソコンも接続しましょう。

ドコモ光ルーター接続方法
引用:ドコモ光のインターネットがつながらない

手順は以下のとおりです。

  1. ドコモ光のONUとルーターをLANケーブルで接続する
  2. ルーター側は「LAN」と書かれているポートにLANケーブルを差す
  3. ルーターとパソコンもLANケーブルで接続する

ルーター側で使用するのは「LAN」ポートです。

複数あればどこに差してもOKですよ。

もし、2台以上のパソコンを接続する場合はドコモ光の初期設定方法についての記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

ルーターの初期設定をする

周辺機器とルーターが接続できたら、ルーターの初期設定をします。

ドコモ光でONU一体型ルーターをレンタルする場合は、電源を入れるだけでインターネットへの接続状態を自動で検知するので、特に設定は必要ありませんよ。

ドコモ光のプロバイダでレンタルしたルーターや、市販のルーターを利用するときは、パソコンを使って以下の方法で設定してください。

  1. インターネットエクスプローラを開く
  2. アドレスに「192.168.1.1」を入力しEnterキーを押す
  3. 「ユーザー名:user」「パスワード:任意の数値」を入力してログイン
  4. 設定ウィザード画面にドコモ光から提供されたIDとパスワードを入力
  5. PPPランプが点灯していることを確認できたらルーターの設定完了

パソコンをお持ちでない方は、スマホでも設定ができますよ。

スマホでルーターの設定をする手順は、以下のとおりです。

  1. セットアップカード用意する
  2. スマホのホーム画面で「設定」のアイコンをタップし、Wi-Fiの設定画面を開く
  3. スマホの設定でWi-Fiがオフになっている場合はオンにする
  4. 無線LANルーターの「AOSS」ボタンを長押し
  5. スマホのWi-Fi設定画面でセットアップカードに記載と同じ文字列を選択して接続
  6. スマホのブラウザを開き、画面に沿って初期設定する

ドコモ光のスマホでの初期設定についてはドコモ光の初期設定方法についての記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

設定が難しいという人はネットトータルサポートに問い合わせ

ルーターの設定方法が不安な方は、オプションサービスのドコモ光のネットトータルサポート(月額500円)を利用しましょう。

ルーターだけでなくインターネット機器全般の設定を、遠隔操作で案内してくれますよ。

ネットトータルサポートについて詳しくはドコモ光のネットトータルサポートについての記事をご覧ください。

つながらない!故障した!ドコモ光ルーターの困りごとを解決

設定は間違ってないはずなのに「インターネットがつながらない!」「もしかして故障?」とさまざまな困りごとが発生する場合がありますよね。

例えば、以下のようなトラブルでお困りではありませんか。

  • ドコモ光で使っているルーターがつながらない
  • ドコモ光やプロバイダからレンタルしているルーターが故障した
  • ドコモ光で使っているルーターの電波が弱い
  • ドコモ光からレンタルのルーターが届かない

ドコモ光のルーターにまつわる問題の解決策を、確認していきましょう。

ドコモ光でルーターがつながらない時にまず試したいこと

ドコモ光で利用しているルーターがつながらないときは、一度ONUやルーター、接続機器の電源を落とし、ONUとルーターの電源をコンセントから抜いて再起動をしてみましょう。

ルーター内部で軽いエラーなどが起こってつながらない場合は、再起動で直る場合もあります。

もしも、Wi-Fi接続だけでなく有線接続でもつながらない場合は、ドコモ光やプロバイダに通信障害が起きている可能性もありますよ。

ドコモ光がつながらない場合は原因と対処法をまとめた記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

レンタルしているルーターが故障した場合は問い合わせよう

NTTドコモでレンタルしているルーターが故障した場合に、初期不良だったときは無償でルーターを交換してもらえますよ。

以下の窓口かドコモショップに交換や修理ができるか問い合わせましょう。

ドコモ携帯電話から:局番無し113(通話料無料)
一般電話から:フリーダイヤル0120-800-000(通話料無料)

修理が可能な場合は、以下の手順で修理対応してもらいます。

  1. 局番なしの113もしくは0120-800-000(通話料無料)に電話をかける
  2. オペレーターにルーターの型番や接続方法を伝える
  3. 訪問日を決定する
  4. スタッフが訪問し、修理可能か判断する
  5. 修理可能と判断したときは、ルーターを預け、代替機を借りる

プロバイダからレンタルしているルーターの場合は、契約しているプロバイダへ問い合わせしましょう。

しかし、プロバイダからのレンタルの場合、故意の破損だと違約金が発生する場合もあるので注意しましょう。

ルーターの電波が部屋によって届かないときは中継器を使おう

無線LANルーターによっては、電波が部屋の位置や障害物によって届きにくいことあります。

ルーターが全くつながらないのではなく、部屋によって電波が届きにくい、またはつながらない場合は、中継器を利用して改善する場合がありますよ。

レンタルのルーターが届かない場合の原因

契約時に登録した住所が間違っているときは、ドコモ光の無線LANカードやプロバイダのルーターが届かないことがあります。

また、フレッツ光からドコモ光に転用し、フレッツ光から借り受けたルーターがそのまま利用できるときも、ドコモ光からはルーターは送付されません。

無線LANカードやルーターの申し込みから時間が経っても自宅へ機器が届かないときは、ドコモのサポートセンターや契約しているプロバイダに問い合わせましょう。

ドコモ光でルーターを利用する際の注意点

ドコモ光でルーターを使う際の注意点は以下の2つです。

  • レンタルしているルーターは解約時に返却する
  • 無線LANルーターのセキュリティに注意する

レンタルしているルーターは返却に注意しよう

ドコモ光を解約する時は、ドコモ光からレンタルしていたルーターを返却しなくてはなりません。

フレッツ光からドコモ光に転用し、なおかつフレッツ光からレンタルしていたルーターを使用している場合も、ドコモ光の指示に従い、解約後速やかに返却してくださいね。

プロバイダからレンタルしているルーターは、解約後にプロバイダへ返却します。

期日までに返却しない場合に、違約金が発生する場合もあるので、注意しましょう。

他人にWi-Fiを使われるかも?セキュリティに注意しよう

無線LANルーターは正しくセキュリティ設定をしておかないと、他人に勝手に不正アクセスされる可能性があります。

無線LANルーター本体のパスワードを変更しておくなどの対策が必要ですよ。

ドコモ光ルーター01なら、専用の有料セキュリティサービスを利用できます。

ドコモのセキュリティについてはドコモ光を料金比較の記事で詳しく説明していますのでご覧ください

まとめ

ドコモ光でルーターを使えば、スマホやパソコン、タブレットなどをWi-Fiでインターネットにつなぐことができます。

v6プラス対応のルーターなら、ドコモ光のインターネット速度が安定し、動画や、ゲームなどを快適に楽しめますよ。

ドコモ光で使うルーターは、4つの方法で用意できます。

  • ドコモ光電話対応のONU一体型ルーターを利用する
  • ドコモ光ルーター01を購入
  • GMOとくとくBBなどのプロバイダを契約して無料レンタル
  • 市販のルーターを購入

ドコモ光電話を利用するなら、無線LAN機能付きのONU一体型ルーターをドコモ光からレンタルできますが、レンタル料金がかかります。

ドコモ光のプロバイダ会社によっては、高性能無線LANルーターを無料レンタルできたり、ドコモnetならドコモ光ルーター01の実質無料キャンペーンが受けられたりしますよ。

市販のルーターを接続することも可能ですので、購入する際はv6プラスに対応しているかどうかルーターの規格選びが重要です。

それぞれの特徴や価格を比較し、ドコモ光の速度アップのためにも、最適なルーターを選んでくださいね。

\ 【最新】ドコモ光のおすすめ申込窓口 /
【GMOとくとくBB】
dポイント最大20,000pt
+15,000キャッシュバック
☞ 詳細はこちら「【2019年最新版】ドコモ光を一番お得に申し込めるキャンペーンはココ!」
ドコモ光のおすすめ申込窓口