閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ドコモ光の問い合わせ先一覧表!サポート電話が繋がらないときの対処法も!

ドコモ光 問題解決とお問い合わせ

ドコモ光は、問い合わせたい内容によって窓口が違います。

普段から正しい問い合わせ窓口を把握しておくことで、トラブルの時などにも慌てることがなくなりますよ。

本記事では、ドコモ光のユーザーに向けて問い合わせ窓口一覧を紹介しますので、ドコモ光を使っている方は必ずチェックしてくださいね。

また、もしもドコモ光の問い合わせ窓口に繋がらない場合の対処法もあわせてご紹介します。

電話でドコモ光に問い合わせる場合に押さえておきたい6つの電話番号と受付時間

すぐに問い合わせの回答をもらえるので、電話を利用するという方も多いかと思います。

そこで、ドコモ光の問い合わせで押さえておきたい電話番号6つを以下の表にまとめてみました。

問い合わせたい内容 問い合わせ窓口 電話番号 受付時間
・申し込み
・契約内容の照会
・機器の接続設定
・解約
・その他不明点 (光テレビ・光電話などオプション含む)
ドコモインフォメーションセンター 0120-800-000
ドコモケータイから局番なしの151
9:00~20:00(年中無休)
・工事に関する問い合わせ ドコモ光サービスセンター 0120-766-156
ドコモケータイから局番なしの15715
9:00~21:00(年中無休)
・故障に関する問い合わせ
(光テレビ・光電話などオプション含む)
ドコモ113センター 0120-800-000
ドコモケータイから局番なしの113
24時間365日受付
・機器の設定サポート ネットトータルサポートセンター (オプションサービス) 0120-825-360 9:00~20:00(年中無休)
・ひかりTVに関する問い合わせ ひかりTVカスタマーセンター 009192-144
もしくは0120-001144
10:00~19:00(年中無休)
・プロバイダに関する問い合わせ 各プロバイダの問い合わせ窓口 下記参照 下記参照

とりあえず困ったときは151!解約など、契約関連の連絡も

ドコモ光に関することで困った場合には、とりあえずドコモインフォメーションセンターに聞いてみましょう。

どこに聞いたらわからないなどの場合にも正しい窓口を案内してもらえますよ。

主な対応内容は、ドコモ光の申し込みや機器の接続設定、契約内容やキャンペーン内容などの確認、解約に関する問い合わせなどです。

電話番号は0120-800-000、またはドコモの携帯電話から局番なしの151です。

◆ドコモインフォメーションセンター

  • 電話番号:0120-800-000(通話料無料)
  • ドコモ携帯電話から:(局番なし)151(通話料無料)
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

申し込み~工事完了までの窓口は15715!工事日変更も!

ドコモ光の工事の日程調整や工事日の変更など、工事完了までの問い合わせに関しては、ドコモ光サービスセンターへ連絡してください。

また、ドコモ光申し込み後のキャンセルをしたい場合でもこの窓口が使えます。

◆ドコモ光サービスセンター

  • 電話番号:0120-766-156(通話料無料)
  • ドコモ携帯電話から:(局番なし)15715(無料)
  • 受付時間:9:00~21:00(年中無休)

ドコモ光の故障や技術的なトラブルは113!

ドコモ光がつながらない、故障かな?と思ったら、ドコモ113センターに問い合わせてみましょう。

不具合の原因の切り分けや障害の発生状況など、技術的な質問やトラブルの対応を行ってくれる部隊です。

なお、問い合わせの際はドコモ光の利用場所にて連絡するようにしましょう。

通信機器の稼働状況を逐一利用者側にてチェックしてもらうことで、障害箇所の特定がスムーズにできますよ。

◆ドコモ113センター

  • 電話番号:0120-800-000
  • ドコモ携帯電話から:(局番なし)113(無料)
  • 受付時間:365日24時間受付

※問い合わせの際は「契約ID」と「契約名義」を用意しておきましょう。

ドコモ光の機器設定は有料のネットトータルサポート

ドコモ光の機器の設定でわからないことがあった場合には、有料のネットトータルサポート(旧称:リモートサポート)が便利です。

月額料金は500円で、31日間の無料期間があります。

電話でのサポートに加え、自宅に訪問して設定をしてくれる出張サポートが受けられるので、ドコモ光の初期設定に不安がある方は利用する価値がありますよね。

また、ドコモが管轄している機器かどうかかかわらず、インターネット周りに関するあらゆる疑問に答えてもらうこともできます。

オンラインパソコン教室なども実施していますので、パソコンについて学びたいという方にも向いていますね。

◆ネットトータルサポート

  • 電話番号:0120-825-360
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

ドコモ光テレビオプションや光電話など、オプションに関する問い合わせ窓口

ドコモ光テレビオプション、光電話などのオプションに関する問い合わせも、ドコモ光の総合問い合わせ窓口と同じです。

契約に関することなどであれば、ドコモインフォメーションセンターを、故障に関することであればドコモ113センターを利用しましょう。

ドコモ光のひかりTVのことで問い合わせるなら、ひかりTVの専用窓口へ

ドコモ光でひかりTVをお使いの方が問い合わせをする場合は、ぷららが運営するひかりTVの専用窓口を利用しましょう。

問い合わせの際は、bから始まる契約番号またはエントリーコードが必要となることに注意してくださいね。

◆ひかりTVカスタマーセンター

ひかりTVについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてくださいね。

ブロバイダ側の問題が考えられる場合の問い合わせ先は各プロバイダのサポート

利用中のトラブルなどで、プロバイダ側に問題がある?と考えた場合の問い合わせ先は、プロバイダのサポートです。

たとえば、以下のような問い合わせをしたい場合に利用しましょう。

  • インターネットが遅いまたは繋がらない
  • プロバイダのオプションサービスについて聞きたい

また、インターネットのトラブルの際、ドコモ光の問い合わせ窓口に繋がらない場合は、代わりにプロバイダ窓口に聞いてみることもできますよ。

ドコモ光のプロバイダ問い合わせ先一覧

ドコモ光の主なプロバイダの問い合わせ先を一覧表にまとめてみました。

契約中の方は、問い合わせの際に利用者IDなどが必要となる場合もありますので、お手元に用意してから問い合わせると安心です。

プロバイダ名 問い合わせ電話番号 受付時間
ドコモnet 0120-800-000
(ドコモ インフォメーションセンター)
9:00~20:00
OCN 0120-506-506 10:00~19:00
BIGLOBE 0120-86-0962 9:00~18:00
ぶらら 009192-33 10:00~19:00
GMOとくとくBB 0570-045-109 10:00~19:00
So-net 0120-80-7761 9:00~18:00
@nifty 0570-03-2210 10:00~19:00
DTI (186)-0120-719-020 10:00~19:00

ドコモ光の料金に関する問い合わせはMy docomoも活用しよう

ドコモ光の請求額を確認したい場合には、My docomoも利用できます。

My docomoを利用するにはID・パスワードが必要です。

My docomoで利用できるサービスは以下の通りです。

  • 利用データ量の確認
  • 利用料金の確認
  • ドコモオンライン手続き
  • dポイントの確認と利用
  • 法人のお客様向けサービス

ドコモ光を引越し先で使いたい!問い合わせはWebからできる

ドコモ光を引越し先でも使いたいという問い合わせをする場合には、専用の窓口を利用しましょう。

また、引っ越しの際は、ドコモ光について以下のことも確認しておく必要があります。

  1. 引っ越し先でドコモ光が使えるかどうか
  2. 手続きにかかる費用

ドコモ光を引越し先でも使うことを検討している場合、詳細は以下の記事も参考にしてくださいね。

ドコモ光の問い合わせ窓口が繋がらないってホント?現在は解消されている

ドコモ光の問い合わせ窓口は、なかなかつながらないという評判がしばしば見られるようです。

障害が発生していて窓口が混雑しているとはいえ、できる限りサポートにはいつもつながる状態であってほしいですよね。

しかし、2019年現在、混雑は解消されつつあるようです。

2019年の1月~3月時点で「ドコモ光 サポート」で検索したところ、オペレーターとスムーズにつながった、丁寧に対応してもらえたという声も見られました。


※2019年3月 Twitter調べ

切り替え初日のトラブルにも迅速に対応できて満足のユーザーがいらっしゃいました。


※2019年3月 Twitter調べ

サポートに問い合わせを行ったところ、わりとすぐに繋がったうえに、説明も丁寧になっていたとのことです。

以前は多少の不満があったのかもしれませんが、現在の対応品質に感動しているようですね。

ドコモ光の評判については、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

ドコモ光の問い合わせ窓口が繋がらないといわれていた理由

ドコモ光の問い合わせ窓口が繋がりにくいとの口コミが多い理由は2つあります。

1つ目は、ドコモ光のサービス開始当初にオペレーターの数が充分に揃っていなかったことです。

2つ目は、2015年のコスト削減政策にあります。

NTTドコモは2015年の営業利益不振の対策としてコスト削減を提唱しました。

上記の施策の一つにコールセンターの人件費削減を設定したため、さらに問い合わせ窓口が繋がりにくい結果になってしまったのです。

→ITmedia「コスト削減で増収増益のドコモ、設備投資を減らし新事業に活路」2015年11月8日

しかし2019年現在、ドコモ光のサービス開始から数年が経過しています。

スタッフが充足されたうえに経験も充分に積まれてきたことから、待たされることは少ないようです。

今後も充実したサポートサービスを期待したいところですね。

ドコモ光に問い合わせても繋がらない場合の対処法2つ

しかし、状況によってはドコモ光の問い合わせ窓口がつながりにくいことがまったくないとは言えません。

万が一窓口につながりにくい状況が続いた場合は、以下の2つの方法を試してみましょう。

  1. 電話の自動ガイダンスを利用する
  2. メールや掲示板、チャットなど、他の手段で問い合わせる

電話の自動ガイダンスを利用する

ドコモインフォメーションセンターに電話をすると、自動ガイダンスが流れ、お問い合わせ内容に応じて番号を入力していく仕組みです。

しかし、音声ガイダンスに従ってオペレーションしていては時間がかかってしまいます。

少しでも早くオペレーターと繋がりたい場合には、短縮番号が便利です。

下記短縮番号を使って順番待ちを少しでも上位にあげてください。

一般電話からの場合は、0120-800-000に続けて短縮ダイヤルをプッシュしてください。

ドコモケータイからは、局番なしの151に続けてプッシュすれば問い合わせ窓口に繋がります。

問い合わせ内容 短縮ダイヤル
引越し 7-1-1
解約 7-1-3
その他手続きに関する問い合わせ 7-1-4
工事日の決定 7-2-1
工事日の変更 7-2-2
その他工事に関する問い合わせ 7-2-3
接続設定方法に関する問い合わせ ネットトータルサポートの契約者 ネットワーク接続やメール設定などの問い合わせ 7-3-1-1
周辺機器接続やソフトウェアに関する問い合わせ 7-3-1-2
それ以外のユーザー 7-3-2
故障に関する問い合わせ 7-4

メールやチャットなどで問い合わせる

電話がどうしても繋がらない場合は、以下の別の手段を使って問い合わせることを検討しましょう。

  • メール
  • 掲示板
  • チャット
  • LINE

電話以外の手段の場合、問い合わせる時間に制約がないなどのメリットがある代わりに、電話のような迅速な対応が期待できない場合もあります。

以下の表で、それぞれの問い合わせ手段のメリット・デメリットをまとめてみました。

問い合わせ方法 メリット デメリット
電話 直接オペレーターと話ができ安心できる
障害時には迅速な対応が期待できる
電話が繋がりにくいこともある
メール 24時間確実に質問ができる 応答時間の保証がない
個人情報に関することには答えられない
掲示板 既存の問題ならすぐに対応策が見つかる
24時間いつでも対応策を探せる
24時間いつでも質問ができる
あくまでもユーザー同士の情報交換の場
(確実な情報の保証がない)
回答される保証がない
質問内容が限られる
(契約などに関することはわからない)
チャット 気軽に使える
レスポンスが早い
ポットを利用したチャットの場合は、
期待通りの回答が得られない場合も
混みあっている場合はチャットそのものが使えないことも
LINE 気軽に使える 現在はまだ故障に関する問い合わせのみ
メールで問い合わせする方法

電話で人と話すのが苦手な場合や、長文の問い合わせの場合、不具合の状態のスクリーンショットなどを見て欲しい場合には、メールでの問い合わせが便利です。

ただし、メールでの回答には数日かかる場合があり、急ぎの場合には向いていません。

早く回答が欲しい場合は、電話やLINE、チャットなど、他の手段での問い合わせを行ってくださいね。

メールでの問い合わせ方法は以下のとおりです。

  1. dアカウントにログイン
  2. 質問カテゴリーのチェックボックスにチェックしてください
  3. 次へボタンを押し具体的な質問内容を入力し、送信します
利用者同士の掲示板「OKBIZ. for Community Support」で既知事例を確認できる

ドコモ光の掲示板「OKBIZ. for Community Support」は、ユーザー同士で質問ができる問い合わせ窓口です。

24時間365日利用ができ、既存の質問内容と回答を無料で閲覧できます。

既存の質問から見つからない場合には、新たに質問を投げることで、ユーザーが回答してくれる仕組みです。

1時間以内の応答率は6割を超えているため、迅速に困りごとが解消できます。

ただし、回答はドコモ光のオペレーターではないため、確実な情報とはいえない可能性がありますので注意してください。

なお、OKBIZ. for Community Supportで質問や回答をする場合はdアカウントの無料会員登録が必要です。

チャットではトラブルに関する質問ができる

ドコモ光では、2018年12月より、「おたすけロボット」というチャットボット形式の問い合わせも利用で切るようになりました。

チャットボットとは、オペレーターと会話をしているような感覚で利用者の質問に対して回答してくれるシステムです。

24時間365日、いつでも利用することができます。

電話がつながりにくいときや、わからないことをサッと解決したいときなどに、試してみてはいかがでしょうか。

LINEでも故障に関する問い合わせができる

LINEでの問い合わせは、2018年3月より開始された新しい問い合わせ窓口です。

お試しで実施されているサービスで、2019年3月現在では故障の対応のみ受け付けています。

現在はトライアル段階ですが、LINE上でのサポート範囲は広がる可能性もありますので、今後に期待できそうですね。

まとめ

ドコモ光のお問い合わせ窓口は6つにわかれています。

どこの窓口に問い合わせるべきかよく見極めてドコモ光に連絡してくださいね。

また、電話の窓口がなかなかつながらない場合は、LINEやメール、掲示板などを利用してみてください。

ドコモ光の問い合わせ方法を工夫することで、早期の問題解決を図りましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)