閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

ドコモ光の初期設定方法を解説│うまく接続できないときの対処法

ドコモ光 サポート

ドコモ光を実際に利用するためには開通工事初期設定の2つのステップをクリアする必要があります。

そのうち開通工事は業者の担当、初期設定はみなさんの担当です。

そこで今回は、派遣工事が完了したら取りかかりたい、ドコモ光の初期設定と周辺機器の設定をまとめて紹介していきます。

どうしてもうまくいかない!という人のための対処法も合わせてご紹介します!

ドコモ光の設定「接続するパソコンが1台のみ」の場合

早速ドコモ光の初期設定をはじめていきましょう。

みなさんが今回インターネット接続したいパソコンは、全部で何台ですか?

もし「1台だけだよ」という方がいれば、2台以上利用するときよりも簡単に設定できるので、先にご紹介しますね。

ドコモ光の初期設定に必要なもの

<用意するもの>

  • ドコモ光のモデム
  • パソコン1台
  • LANケーブル1本
  • プロバイダから送られてきたユーザーIDとパスワード
  • NTTから送られてきた設定ガイド

<あると便利なもの>

  • パソコンの取扱ご説明書

まずは上記の機器やご説明書を手元に用意しましょう。

「ドコモ光のモデム」は、開通工事の際にみなさんの家に設置されているはずです。

「設定ガイド」はドコモ光を契約した際、回線を提供してくれているNTTから送付されます。

ドコモ光の初期設定の手順

基本的には設定ガイドに沿って設定していけばOKですが、お使いのパソコンのOSによって若干設定が異なることもあるので、ここではWindws10の場合を見ていきましょう。

<ドコモ光の初期設定方法(一台のみ、Windows10の手順)>

  1. 最初にモデムとパソコンをLANケーブルで接続します
  2. パソコンで「スタートボタン」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を開きます
  3. 「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を選択します
  4. 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択します
  5. ウィザードが開くので、「インターネットに接続します」を選択して「次へ」
  6. プロバイダーから送られてきた接続情報、ユーザー名とパスワードを入力し「接続」

以上でドコモ光の初期設定は完了です。

意外と簡単ですね。

ドコモ光の初期設定「2台以上のパソコンを接続する」場合

続いて、2台以上のパソコンを接続する場合の初期設定をご紹介します!

ここではLANケーブルを使って有線で接続していきますので、無線LAN接続したい方はこの次の項目を確認してください。

2台以上の初期設定に必要なもの

<用意するもの>

  • ドコモ光のモデム
  • ルーター
  • ルーターの取扱ご説明書 or 付属CD
  • パソコン2台~
  • LANケーブル3本~(パソコンの台数分+1本)
  • プロバイダから送られてきたユーザーIDとパスワード
  • NTTから送られてきた設定ガイド

<あると便利なもの>

  • パソコンの取扱ご説明書

1台だけ接続する場合と違い、2台以上を接続する際には「ルーター」が必要です。

また、当たり前ですが台数が増えれば増えるだけLANケーブルも必要です。

ドコモ光からモデムと一緒に貸し出されたり、モデムにルーター機能が付いている場合もありますが、家の中に見当たらない場合は自分で購入しましょう。

ドコモ光で利用するルーターの選び方については次の記事で詳しく紹介しています。

2台以上接続する場合の初期設定手順

  1. まずはドコモ光のモデムとルーターをLANケーブルで接続します、ルーター側は「WAN」と書かれているポートにLANケーブルを差しましょう
  2. ルーターとパソコンもLANケーブルで接続します、ルーター側で使用するのは「LAN」ポートです(複数あればどこに差してもOK)
  3. あとは、もしルーターに設定用のCDが付属していれば、これをパソコンに読み込ませれば簡単に設定が完了します
  4. 付属CDがない場合は、パソコンのブラウザを起ち上げ、ルーターの取扱ご説明書に書いてある設定用URLにアクセスしてください。ドライバーをインストールします。
  5. ユーザー名とパスワードなどのプロバイダ情報を入力すれば、設定完了です

フレッツ光からドコモ光へ転用した場合の初期設定

これまでドコモ光を新規契約したときの設定方法について解説してきました。

ドコモ光にはもう一つ契約方法があります。

それは、NTTのフレッツ光からの転用です。

ドコモ光はフレッツ光と同じ回線を流用した光コラボレーションと呼ばれる光回線です。

ですので、利用している回線自体は同じなんですね!

フレッツ光からドコモ光へ転用した場合はどのような設定が必要になるのでしょうか。

転用の場合フレッツ光の時の設備のまま利用できる

フレッツ光からドコモ光に転用した場合、モデムやルーター、プロバイダ、固定のひかり電話などはそのままの設備で利用できます。

転用の手続きはNTTが局内で切り替えを行ってくれるためですね。

しかしフレッツ光からドコモ光の転用時に例外としてインターネットの初期設定が必要になるケースもあります。

ドコモ光がおトク!dポイントとキャッシュバックがもらえる!

転用時にプロバイダを変更した場合は初期設定が必要

先ほど解説したそのままで利用できるケースは、転用時にプロバイダの変更をしないときの場合です。

フレッツ光からドコモ光への転用時にプロバイダを切り替えた場合はプロバイダの接続設定のみ必要です。

転用の手続きは申し込んでから約5~7日で完了するため、それまでに変更先のプロバイダから書類が届きます。

プロバイダから届いた書類の中にプロバイダの初期設定ガイドが同梱されているので、その手順に沿って設定を進めていきましょう。

ドコモ光の設定「パソコンやスマホを無線で接続する」場合

ノートパソコンは有線ではなく、無線LANを使ったWi-Fiでも接続できます。

また、スマートフォンをWi-Fiで接続することにより、契約しているデータ使用量を節約できます。

そこで、ここからはパソコンやスマホをWi-Fiで無線接続する方法をご紹介します!

タブレットやゲーム機をネットにつなぎたい方も利用方法は同じなので、参考にしてくださいね!

無線LAN接続(Wi-Fi)に必要なもの

<用意するもの>

  • ドコモ光のモデム
  • 無線LANルーター
  • ルーターの取扱ご説明書 or 付属CD
  • パソコン1台~
  • LANケーブル1本
  • プロバイダから送られてきたユーザーIDとパスワード
  • NTTから送られてきた設定ガイド

<あると便利なもの>

  • パソコンの取扱ご説明書

今回は、無線に対応している「無線LANルーター」を使用します。

ルーター機能付きのホームゲートウェイでもOKですが、購入するときには「無線」や「Wi-Fi」といったワードが書いてあるWi-Fi無線ルーターかどうかをしっかりチェックしましょう。

パソコンの無線LAN接続設定

ではまず、ノートパソコンなどのWi-Fi接続設定の方法です。

<パソコンのWi-Fi初期設定方法>

  1. 有線接続のときと同じように、ドコモのモデムと無線ルーターの「WAN」と書いてあるポートをLANケーブルでつなぎます
  2. ルーターの取扱ご説明書を見ながら、パソコンで設定を行っていきます(付属CDがあればスムーズです)
  3. このとき、プロバイダのユーザーIDとパスワードを設定する画面が出てきます
  4. 途中でルーターのパスワードを設定する画面も出てくるので、かならず設定して

以上で初期設定は完了です。

スマートフォンのWi-Fi接続設定

続いて、スマホなどの端末の接続方法をご紹介します!

ここではiPhone(OS11.4.1)を例に見ていきますね。

<スマートフォンでのWi-Fi初期設定方法>

  1. ホーム画面で「設定」のアイコンをタップします
  2. メニューの一覧から「Wi-Fi」を選択し、Wi-Fiの設定画面を開きます
  3. ここでWi-Fiがオフになっていればオンにし、「ネットワークを選択…」から自宅のルーターを選びます(ここに表示されているのはSSIDというルーターのIDで、ルーター本体にシールで貼ってあることがほとんどです)
  4. 先ほど設定したルーターのパスワードを入力して、設定完了です

Androidやゲーム機などでもほぼ同じ手順で設定できます。

設定が完了すると自動的に接続されるので、これでネットも利用できますよ。

ドコモ光の設定がどうしてもうまくいかない!対処法は?

ドコモ光でネットを使うための初期設定を紹介してきましたが、ここまでの流れでどうしてもうまくいかない・分からない場合は次のような最終手段もあります。

ネットトータルサポートで遠隔操作してもらう

ドコモ光には、月額料金500円で申し込みできるネットトータルサポート(旧:光リモートサポート)というオプションサービスがあります。

このサービスを利用すれば、パソコンやスマホの画面をオペレーターと共有でき、困っているポイントを具体的に相談できます。

場合によっては遠隔操作で即解決することも。

500円の月額利用料金も最初の1ヶ月は無料ですので、「もうお手上げ!」というときには気軽に利用してみてください。

プロバイダのカスタマーセンターに問い合わせる

インターネットへの接続設定が上手くいかない場合は、契約しているプロバイダに直接問い合わせる方法が有効です。

どのプロバイダを契約しているかわからない場合は、My docomoへログインして確認するかお客さまセンターに電話で問い合わせましょう。

< 問い合わせ先 >

Web:My docomoへ
ドコモの携帯電話から:151(局番なし)
一般電話から:0120-800-000

プロバイダによってはサポートが無料の特典も!

ドコモ光の契約時に選んだプロバイダによっては、訪問サポートが初回か一定期間無料の特典が付いているプロバイダもあります。

<訪問サポートの無料特典が付いているプロバイダ>

プロバイダ名 特典の詳細
plala 訪問サポート初回無料
So-net 訪問サポート12ヶ月間無料
BIGLOBE 訪問サポート初回無料
@nifty 訪問サポート3ヵ月間無料
DTI 訪問サポート初回無料
Tigers-net 訪問サポート180日間無料
ic-net 訪問サポート36ヶ月間無料
SYNAPSE 訪問サポート6ヶ月間無料
楽天ブロードバンド 訪問サポート60日間無料
hi-ho 訪問サポート60日間無料
OCN 訪問サポート初回無料

電話で指示を受けながらアレコレ試すよりも、プロバイダーの専門スタッフの方が直接来て設定してもらうほうが手っ取り早くて安心ですね

プロバイダの訪問サポート以外の特典もチェックしたい方は以下の特典一覧をご覧ください。

ドコモ光のプロバイダーの特典一覧をみる

「光訪問サポート」で実際の状況を見てもらう

ちょっとお高くつきますが、NTT docomoの光訪問サポートでは自宅まで技術スタッフがきてトラブルを解決してくれます。

パソコンやスマホの設定だけでなく、そもそもLANケーブルの接続先からしてよく分からない…接続機器が正しいのかも不安…

そんな人は光訪問サポートをお願いしてしまったほうが結果的に早くて安心でしょう。

気になる料金プランは基本料金が6,000円、そこに個別のメニュー料金がプラスされます。

離島への出張や、設定するパソコンが6台以上のときには基本料金がアップすることもあるので、詳細な料金が気になる方はドコモ光に問い合わせてみましょう。

ちなみに、ひとつ前に紹介したネットトータルサポートを利用していれば、光訪問サポートのサービス料金が最大2,000円引きです。

サクッと設定してドコモ光を楽しもう!

ドコモ光の初期設定は、決して難しくありません。

苦手な方には、リモートサービスや訪問サービスといったサポートサービスも用意されています。

また、どこが分からないかが具体的になっていれば、ドコモ光やプロバイダに電話してみるだけでも解決できることはあるはず。

今回紹介した内容を参考に、みなさんもサクッと設定を終わらせて、快適にドコモ光を楽しみましょう!

ドコモスマホユーザーには断然ドコモ光!スマホ料金の割り引きとキャッシュバックでとってもおトク!

わたしのネット限定!光回線ガイドブック

インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンで最新の記事情報をお届け

メールマガジンに登録する

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)