閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

フレッツ光からドコモ光へ転用はお得!転用の流れとかかる費用について

ドコモ光 転用

ドコモ光はフレッツ光に比べ料金も安く、おすすめの光回線です。

フレッツ光からドコモ光への乗り換える場合は転用になり、一般的な乗り換えとは手続きの方法が異なります。

発生する費用も大きく節約できますので、気になる方はこれから紹介する転用の流れと実際にかかる費用の内訳をチェックしてみてください。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光への転用は料金が安くなるしおすすめ

フレッツ光からドコモ光への転用は工事の必要なく、料金が安くができるためおすすめです。

どのくらい料金が安くなるかということを表した以下の表をご覧ください。

ホームタイプ料金マンションタイプ料金
フレッツ光
+
プロバイダYahoo!BB
5,800円3,900円~4,900円
ドコモ光
(タイプA)
5,200円4,000円

※NTT東日本のフレッツ光、ギガスマートタイプ
※フレッツ光はにねん割、ギガ推し割適用時の料金
※ドコモ光は2年間の定期契約時の料金

ドコモ光の場合、プロバイダ料金が月額料金に含まれているため安くなるということがわかります。

またプロバイダでYahoo!BBを契約している場合、オプションでYahooプレミアムを契約されているパターンが多いので、上記にプラス250円がかかっている家庭がほとんどなのではないでしょうか。

またスマホがドコモユーザーの方はドコモ光とセットで利用することでドコモ光セット割という割引が適用されます。

たとえば家族みんながドコモスマホユーザーでウルトラシェアパックを利用している場合の割引額は以下のとおりです。

パケットパック(月額)ドコモ光セット割(月額)
ウルトラシェアパック100
25,000円
-3,500円
ウルトラシェアパック50
16,000円
-2,900円
ウルトラシェアパック30
13,500円
-2,500円

月額3,500円もの割引が適用されるとなるとマンションタイプの場合、実質1,700円で光回線が利用できるということですね。

これは破格の安さということができるのではないでしょうか。

ドコモ光に転用するほかないですね。

ドコモ光の料金やスマホとのセット割について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧になってくださいね。

フレッツ光からドコモ光へ転用しても回線はそのまま

フレッツ光からドコモ光の乗り換えが転用になるのは、ドコモ光が光コラボレーション(通称光コラボ)と呼ばれるサービスだからです。

光コラボでは、回線自体はフレッツ光とまったく同じものを使用しており、フレッツ光からドコモ光に転用しても実際に利用する回線は変わりません。

違うのは主に料金設定や選べるオプションサービスの種類で、たとえるならプレゼントの中身は同じだけど、その包装の仕方が違うようなものなんですね。

NTTからレンタルしている機器や固定電話の番号もそのまま利用できる

現在フレッツ光を契約中のみなさんの自宅には、ONU(光回線の終端装置)をはじめ、NTTからレンタルしている通信機器などが設置されているかと思いますが、これはドコモ光に転用してからも引き続き使用できます。

一般的な乗り換えでは変更になるケースのある固定電話の番号も、そのまま利用できるので安心です。

無線LANルーターはレンタルしても購入しても良い

先ほど紹介したONUでは1台のパソコンしかインターネットに接続ができないため、複数台のパソコンを利用したいときには、別途ルーターが必要です。

特にスマートフォン・タブレットなども含め、Wi-Fiで接続したいときには無線LAN機能を備えたルーターが必要です。

このルーターはドコモ光からレンタルもできますし、自分で市販のものを購入して用意もできます。

ただ、ドコモ光の料金プランにはすでにルーターのレンタル代が含まれており、これに無線LAN機能を付けたいときにも月額300円プラスするだけでOKなので、自分で用意するのは面倒だなと思われる方はレンタル+無線LANオプションを利用するのも良いでしょう。

ちなみにドコモ光はプロバイダ料金もセットの月額料金で、選べるプロバイダの種類によってタイプA・タイプBに分かれていますが、ルーターのレンタル代が含まれているのはどちらも同じです。

レンタルか購入か迷ったときには、こちらの記事もご参考ください。

フレッツ光からドコモ光への転用で発生する費用

続いてチェックするのは、フレッツ光からドコモ光への転用にかかる費用です。
気になる違約金についても解説していきますので、お見逃しなく!

工事費は不要で契約事務手数料(3,000円)のみ発生する

一般的に光回線を契約するときには、初期費用として工事費と事務手数料が発生しますが、転用の場合は同じ回線を引き続き使用するため、工事の必要がありません。

工事をしないということは工事費もかからないということで、発生する初期費用はドコモ光の契約事務手数料3,000円のみです。

フレッツ光の違約金は発生しない

さらにうれしいことに、フレッツ光からドコモ光にはいつ転用しても違約金が発生しません。

通常、違約金なしで他の回線に乗り換えようと思うと、フレッツ光の契約更新月を待つ必要がありますが、ドコモ光への転用では更新月以外でも契約解除料を支払う必要がないので、思い立ったときにすぐ手続きをできます。

転用を機にプロバイダを変更する場合は現在のプロバイダの違約金が発生する

ただし、違約金が発生しないのはあくまでもフレッツ光の回線契約に関してのみ。

良い機会だからプロバイダも一緒に変更しようという場合、そのタイミングがプロバイダの更新月以外であれば、プロバイダが設定している違約金はやっぱり支払う必要があります。

もちろん、ドコモ光に転用してもフレッツ光のときのプロバイダを引き続き利用はできますし、その場合はプロバイダの違約金も発生しません。

プロバイダの変更はドコモ光に転用してからでも簡単にできますので、今のプロバイダに不満がある場合も、転用後プロバイダの更新月がくるのを待ってから変更手続きを行ったほうが、費用の面ではお得です。

ドコモ光のプロバイダ変更については次の記事でも詳しく紹介しています。

回線速度を最大1Gbpsにアップグレードする場合だけ工事費が発生する

これは契約中のフレッツ光のプランによるのですが、現在の回線が最大1Gbpsの高速通信に対応していない場合、ドコモ光への転用の際にアップグレードを行うことができます。

その際には7,600円の工事費が必要ですが、ドコモ光で使用できる回線速度を最大1Gbpsまで引き上げることができるため、快適にインターネットを楽しみたい方は申し込みましょう。

【ドコモ光】初期工事費無料!さらに最大15,000円キャッシュバック!

キャッシュバック

初期工事費無料!最大15,000円キャッシュバック!さらに、スマホ料金が年間最大72,000円も割引きに!・・・詳しく見る

ドコモ光へ転用する手続きの流れ

ここからはいよいよ、フレッツ光からドコモ光への転用手続きについて、具体的な流れを紹介していきます。

転用承諾番号を取得する

まずやるべきことは、フレッツ光に問い合わせを行い、手続きに必要な転用承諾番号を発行してもらうことです。

転用承諾番号の取得は、電話のほかNTT東日本・NTT西日本の公式ページからも行うことができますので、該当するエリアの窓口から問い合わせを行ってください。

エリア公式ページ電話
NTT東日本https://flets.com/app4/input/index/
受付時間:8:30~22:00
0120-140-202
受付時間:9:00~17:00
NTT西日本https://flets-w.com/collabo/
受付時間:7:00~翌1:00
0120-553-104
受付時間:9:00~17:00

※公式ページ・電話ともに受付は土日祝も対応。

ドコモ光へ申し込む

転用承諾番号を取得できたら、ドコモ光との契約に進みます。

契約の際はdocomoショップに足を運ぶのも良いですが、店舗は混雑していることも多く時間がかかってしまうので、スムーズに手続きを済ませたい方はこのあと紹介する代理店サイトから申し込みを行いましょう。

また、実際の申し込み前にはこちらの記事にも目を通しておくと安心です。

転用の場合は工事に立ち会う必要はない

通常の乗り換え時に発生する工事では立ち会いが必須なことも多いですが、転用の場合その必要はありません。

予定を合わせて工事日を決めるステップも省略できるので、手続きがとてもシンプルです。

ドコモ光への転用でもキャッシュバックキャンペーンを実施している窓口

docomoショップで何時間も待たされるのが嫌なみなさんには、24時間いつでも申し込みを受け付けてもらうことができるインターネット窓口がおすすめです。

しかも、こちらの代理店サイトではドコモ光への転用でも最大15,000円のキャッシュバックキャンペーンやdポイント最大10,000ptのプレゼントキャンペーンを開催中です。

最大15,000円のキャッシュバックを受け取ってお得にドコモ光を契約したい方は、以下のサイトをご覧になってくださいね。

おすすめ窓口工事費無料!キャッシュバックも!
ドコモ光トップページ
携帯もインターネットもdocomoにまとめるとお得!
ドコモ光は初期工事費無料!
さらに最大15,000円キャッシュバック!
スマホとセットでスマホ料金が年最大72,000円割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

それとは別に、ドコモ光ではdocomoのスマホ・携帯とのセット利用で月額料金が割引になるドコモ光パックを適用もできます。

ドコモ光パックについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、docomoユーザーのみなさんはもちろん、この機会にdocomoへのキャリア変更を検討しているみなさんもチェックしてみてください。

ドコモ光への転用まとめ

フレッツ光からドコモ光への転用は、手続きの流れがシンプルで基本的には工事の必要もないため、とても手軽に行うことができます。

気になる費用も契約事務手数料の3,000円のみとリーズナブルで、現在のプロバイダを引き続き使用する場合は違約金が発生することもありません。

ただし、今回紹介した転用ができるのは、フレッツ光からドコモ光に移る場合のみで、ドコモ光からフレッツ光の場合は、いったんドコモ光を解約してから再びフレッツ光を新規契約する必要があります。

この流れについては次の記事で解説していますので、フレッツ光からドコモ光に転用したあと、またフレッツ光に戻りたいときにはどうすれば良いのか、またはドコモ光から他の回線に乗り換えるときにはどうなるのか、というところが気になるみなさんは、こちらもあわせてご覧ください。

また、より詳しい転用の注意点については以下の記事でもまとめて紹介しています。
実際の手続きに進む前に、1度目を通しておいてくださいね。

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金イメージのご相談を!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事