閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

フレッツ・光プレミアムとBフレッツが終了!?利用者が取るべき行動は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

NTT東日本や西日本が提供している光回線サービス「フレッツ光」を利用している方は多いでしょう。
新しい光回線業者や光コラボレーション業者が誕生する中、光回線の老舗とも言えるフレッツ光自体も進化しており、サービス終了が決定しているタイプのものも少なくありません。

2019年にはNTT西日本エリアで提供されているフレッツ・光プレミアム、2017年には同じくNTT西日本地域のBフレッツがサービス提供を終了します。

具体的な提供終了の流れとサービス利用者の取るべき行動、他のプランや回線を利用する時の手順について説明してまいります。

フレッツ・光プレミアムとBフレッツの提供終了と手続き

2017年1月31日にBフレッツマンションタイプ、2017年11月30日にBフレッツファミリー100タイプとベーシックタイプ、ビジネスタイプがサービスを終了します。
また、フレッツ・光プレミアムの全サービスは、2019年に終了する予定になっています。

いずれかの回線を利用している人は、同じくNTT西日本の「フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼」等への移行が勧められており、早期切り替えが呼び掛けられています。

自動的に移行されない!自分自身による手続きが必要

Bフレッツのマンションタイプやファミリータイプ、ベーシックタイプ、ビジネスタイプ、フレッツ・光プレミアムを利用している人は、自分から移行手続きを行う必要があります。
NTT西日本に申請し、新しく利用するサービスを選択して必要な手続きを実施します。

サービス終了前に移行手続きや他社との契約手続きを実施しない場合、終了後はインターネットサービスに接続できなくなってしまいます。

もちろん、Bフレッツやフレッツ・光プレミアムを通して利用している「ひかり電話サービス」や「スカパー配信サービス」などのオプションサービスも利用できなくなってしまいます。

自動的には移行や乗り換えなどができませんので、必ずサービス終了前に手続きを実施するようにしてください。

サービス終了が決定している契約なのかチェックする方法

家庭で利用しているインターネットのアクセス回線が、Bフレッツやフレッツ・光プレミアムなどのサービス終了の対象なのかどうか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そのような契約者のために、2つのチェック方法が準備されています。

  • 切り替えチェッカーで確認する
  • インターネットに接続した状態でフレッツ・切り替えチェッカーをクリックすると、サービス終了対象なのか表示されます。
    サービス終了対象だという表示が出たときは、移行手続きもしくは他の回線への乗り換え手続きを行いましょう。

  • 接続機器の裏面を確認する
  • インターネット接続サービスの接続機器の裏面に「CTU」もしくは「加入者網終端装置」と記されている場合は、サービス終了対象だと判断することができます。
    サービス終了日前に手続きを行いましょう。

    移行手続きの際に、工事料金が発生することも

    Bフレッツやフレッツ・光プレミアムに移行した場合、月額利用料金はそのままで利用できます。

    契約時と同じ料金ですので、お得に通信サービスを変えるチャンスとも言えますね。

    ですが、一部の移行に関しては、追加工事費が発生することがあります。

    次のいずれかのサービスを利用しており、なおかつ有派遣工事が必要になる場合は、工事費税抜き2000円が次回以降の回線料金に合算されて請求されます。

    現在のサービス フレッツ・光プレミアム ファミリータイプ
    移行後のサービス フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼、フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ、フレッツ光ネクスト ファミリータイプ
    現在のサービス フレッツ・光プレミアム マンションタイプ
    移行後のサービス フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼、フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ、フレッツ光ネクスト マンションタイプ

    【注目】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

    おトクな回線まとめ

    光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

    フレッツ光ネクストに移行する?それとも他の回線にする?

    フレッツ光をそのまま使い続ける場合も、自分で申し込み、所定の手続きや接続設定を自力で行う必要があります。
    また、場合によっては工事が必要になることや、工事費用が請求されることもあります。
    とは言うものの、最大でも負担金は税抜き2000円ですので、そのままフレッツ光のインターネットサービスを使い続けるという選択肢もアリでしょう。

    ですが、これを機に月々の利用料金を見直してみたり、他の回線に加入することでキャッシュバックサービスなどのキャンペーンの適用を受けたりすることもできます。

    フレッツ光ネクストに移行することと他の回線に変更することの2通りです。

    どちらが結局お得なのか、さまざまな視点から比較していきましょう。

    月々の料金

    フレッツ光ネクストに移行する場合は、月々の利用料金は変わりません。
    ですが、他回線に変更すると、月々の料金が変わることがあります。

    その中でもお得と言えるのが、光コラボレーションに転用するという方法です。

    光コラボに転用するとインターネット回線使用料金とプロバイダー料金が1本化されますので、フレッツ光ネクストのように光通信料金とプロバイダー料金を別々に支払うよりも料金が安くなります。

    期費用

    フレッツ光ネクストに移行するときには、最大税抜き2000円の工事費用が請求されることがあります。

    初期費用としてそれ以外の費用は請求されませんので、金銭的な負担は少ないと言えるでしょう。

    フレッツ光以外の回線に申し込みを行うと、総額40000円ほどの工事費が請求されることがあります。

    2年~2年半ほどの分割払いになっていることや2年以上解約しなかったら工事費が実質無料になっていることがありますので、お得に利用するためにも契約開始前に事業者に尋ねておきましょう。

    ただし、工事費用とは別に、事務手数料が3000円ほど請求されることがあります。

    フレッツ光の回線を利用する光コラボレーションに転用する場合は、工事が不要となりますので、工事費用も請求されません。
    ただし、転用時に事務手数料が3000円ほど請求されることがあります(キャンペーンによっては不要になることもある)ので、情報を正確に確認しておくようにしましょう。

    違約金・解約金

    Bフレッツやフレッツ・光プレミアムからフレッツ光ネクストに移行するときは、違約金や解約金は発生しません。

    ですが、フレッツ光以外の光回線業者に変更する時は、利用年数によっては違約金や解約金が発生することがあります。

    変更手続きを行う前に、必ずNTTと提携プロバイダーに問い合わせておきましょう。

    光コラボレーションに転用する場合は、フレッツ光の回線をそのまま利用することになりますので、NTTへの解約金は発生しません。

    ただし、利用プロバイダーによっては違約金が請求されることがありますので、提携プロバイダーに確認してください。

    キャンペーンの適用

    フレッツ光ネクストに移行する際に利用できるキャンペーンは、月々の利用料金に変更がないことと、工事費が最大2000円であることの2つです。

    キャッシュバックなどのキャンペーンには対応していません。

    他回線に変更するときや光コラボレーションに転用するときは、公式サイトや経由する事業者によっては数千円~数万円のキャッシュバックを受けられることがあります。
    お得に変更・転用したい方は、公式サイトはもちろん、各事業者のサイトをチェックしてみるようにしましょう。

    また、キャッシュバック以外にも、携帯電話やスマートフォンとのセット割引が提供されることもあり、月々の利用料金が数千円単位で安くなることがあります。
    例えばドコモ光なら、ドコモの携帯キャリアとの併用で、「セット割」と「ずっとドコモ割(ドコモ利用年数に応じた割引)」が適用されます。

    通信速度とオプションサービス

    通信速度は、フレッツ光ネクストへの移行と光コラボレーションへの転用はほぼ同じと言えます。

    通信環境や地域によって若干の差がありますが、大きな変化は見られないことが多いでしょう。
    フレッツ光以外の回線を利用する場合は、利用開始後、通信速度が若干変化することがあるかもしれません。

    オプションサービスに関しては、業者によって異なりますので一概に言うことができません。
    ですが、ひかり電話などの固定電話サービスは光回線業者に関わらず利用することができますので、それ以外のサービス、例えばテレビ電話やIP接続サービス等を希望するかによって業者を選択するのも良いでしょう。

    【注目】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

    おトクな回線まとめ

    光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

    総合的にお得な光コラボへの転用

    利用できるキャンペーンや契約プロバイダーの規定にもよりますが、総合的に見て手間や費用の面でお得な選択となるのが「光コラボレーション」への転用と言えます。

    Bフレッツやフレッツ・光プレミアムを利用している方は、この機に転用を考えて見るのも良いかもしれませんね。

    フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

    最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
    人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
    また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

    この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

    そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

    しかしこんな声をよく聞きます・・・

    • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
    • 速度や品質などが不安・・・
    • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
    • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

    実は、それすごくもったいないですよ!
    今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
    しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

    今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

    さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
    フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

    1位ソフトバンク光

    2位

    おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

    月額料金

    2,800円~(税抜)

    速度回線

    下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

    オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

    ▼今開催中のおすすめキャンペーン

    ソフトバンク光のお申し込み・ご相談窓口

    ソフトバンク光の専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

    2位auひかり

    2位

    最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

    月額料金

    2,967円~(税抜)

    速度回線

    下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

    オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

    ▼今開催中のおすすめキャンペーン

    auひかりのお申し込み・ご相談窓口

    auひかりの専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

    3位NURO光

    3位

    おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

    月額料金

    4,743円~(税抜)

    速度回線

    下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

    オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

    ▼今開催中のおすすめキャンペーン

    NURO光のお申し込み・ご相談窓口

    NURO光の専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

    固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

    実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

    断然おトクになるのにもったいない…!

    そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

    固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

    • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
    • 速度や品質などが不安・・・
    • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
    • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

    以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
    そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

    モバイル回線がおすすめな理由

    Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
    さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
    また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

    特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
    その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
    また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

    さらに魅力的なのはその価格!

    BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

    WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

    WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

    おすすめ窓口BroadWiMAX

    https://wimax-broad.jp/
    webからお申し込みがおトク!
    選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

    ▼今開催中のおすすめキャンペーン!

    関連記事