閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりの無線LANルーター!レンタルサービスがおすすめ!

auひかりの光回線の下り最高通信速度は1Gbpsですが、パソコンやスマホなどをWi-Fiでつなぐ場合は無線LANルーターの性能によって、通信速度が変わってしまうことをご存知でしたか?

実は、auひかりの通信速度は、無線LANルーターの通信速度によって大きく変わるのです。

今回は、auひかりを使用する場合のニーズに合ってお得な無線LANルーターの選び方と、Wi-Fiが繋がらなくなったときの対処方法をご紹介します。

auひかりのレンタル無線LANルーターを使う場合

auひかりでは、無線LANルーターをレンタルしてくれますので、自分で無線LAN機器を設置するのが難しいと感じる場合は、簡単にインターネット接続設定ができるレンタル無線LANルーターを使うことができます。

auひかりのレンタル無線LANルーターを使う場合、ホームゲートウェイに内蔵されている無線LAN機能を使う方法と、外付けの無線LANルーターを使う方法の2つの方法があります。

方法1:auひかりの内蔵無線LANルーターをレンタルする

auひかりを契約すると、ホームゲートウェイというインターネットの接続機器が送付されてきます。
このホームゲートウェイには、無線機能が内蔵されていますので、ホームゲートウェイを無線LANルーターとして使うことができます。

auスマートバリューに加入するとレンタル料金が無料!

ホームゲートウェイを無線LANルーターとして使うには、無線LANの月額使用料金500円必要ですが、無料で使う方法もあります。

スマホや携帯電話もauのauユーザーの場合、auひかりに加入するとスマホや携帯の月額利用料金が割引になるauスマートバリューを適用することができ、auスマートバリューが適用されると、無線LANルーターの月額利用料金が無料になるのです。

auユーザーなら、このシステムを利用すると、お得に無線LANルーターを使うことができます。しかも無線LAN設定も手軽で簡単なので、ますます便利です。

ただし、通信速度がイマイチ

auスマートバリューに加入して入れば、無料で使えていいことずくめのように思えるホームゲートウェイ内蔵無線LANですが、いいことばかりではありません。

実は、通信速度が下り最大450Mbpsしか出ないため、auひかりの1GBpsの通信速度を満喫できないのです。

450Mbpの通信速度の場合、YouTubeなどの動画を見るには十分ですが、対戦型のオンラインゲームをしたり、スマホやパソコンを同時に何台も接続したりすると、表示にストレスが出てきてしまいます。

ホームゲートウェイの内蔵無線LANは、auスマートバリューに加入していて無料で使え、かつ1人暮らしなど、ご家族が少ない方向けのサービスと言えるでしょう。

方法2:auひかりの外付け無線LANルーターをレンタルする

自分で無線LANルーターを購入するのが面倒で、しかも、ご家族の多い方や、インターネットのヘビーユーザーの方には、auひかりの外付け無線LANルーターのレンタルがおすすめです。

下り最大通信速度1.3Gbps!

auひかりの外付け無線LANルーターは、下り通信速度が最大1.3Gbpsですので、auひかりの下り最大1Gbps の速度を十分に満喫できます。

この無線LAN機器レンタルの料金は、月々500円。

auスマートバリューに加入していない場合のホームゲートウェイ内蔵の無線LANルーターのレンタル料金と変わりませんので、
同じ料金を支払うなら、断然、外付け無線LANルーターがお得です。

無線LAN子機をつないで家庭内ネットワークも!

外付け無線LANを使えば、回線が太くなるので、無線LAN子機を駆使して、家庭内ネットワークを張り巡らせることも可能です。

Wi-Fi設定も難しくありませんので、チャレンジして快適なインターネット環境を整えるのもいいでしょう。

自分で無線LANルーターを買って使う場合

レンタル機器のレンタル料金は、1年間で6,000円かかります。
6,000円あると、通信速度が800Mbps程度の無線LANルーターを自分で買うこともできますよね。

また、auひかりの外付け無線LANルーターは最高スペックの無線LAN機器ですが、
バッファローなどの無線LANメーカーから発売されている同じスペックの無線LAN機器を買おうとすると、18,000円程度かかりますので、3年以上使うならば元を取ることができます。

無線LAN基本設定は自分で

自分で購入した通信機器は無線LANルーター、有線LANルーターに関わらず、基本設定を自分でしなければなりません。

基本的にローカルネットワークのLAN側のIPアドレス設定は自動でも固定でもかまいませんが、インターネットに接続するWAN側のIPアドレスは自動取得にする必要があります。
それでも、市販のルーターには、簡単設定画面から設定できる設定用CDが添付されているので、基本的なインターネットの知識があれば難しい作業ではありません。

auひかりのレンタル無線LANルーターのつなぎ方と設定方法

一般的なauひかり設定は難しくありません。
簡単に説明しますので、設定の参考にしてくださいね。

ホームゲートウェイの設定

はじめに、ホームゲートウェイの無線1、無線2の通信ランプが点灯していることを確認してください。
通信ランプが点灯していれば、パソコンやスマホから設定すると、簡単にインターネットに接続できます。

パソコンで設定する場合

パソコンの場合は、「設定」→「ネットワーク」からauひかりの無線LANを選択します。
パスワードの入力を求められますので、ホームゲートウェイに書いてあるパスワードを入力すれば、接続設定の終了です。

Android端末で設定する場合

スマホなどのAndroid端末の場合は、「auWi-Fi接続ツール」から、ホームゲートウェイのパスワードを設定すると、Wi-Fiが使えるようになります。

iPhoneで設定する場合

iPhoneの場合は、「auお客さまサポート」の「iPhone設定ガイド」、または「設定」からホームゲートウェイのパスワードを入力すると、Wi-Fiが使えるようになります。

外付け無線LANルーターの設定

外付け無線LANルーターを使用する場合は、ホームゲートウェイの背面のLANポートと、外付け無線LANルーターのLANポートを有線LANケーブルで接続する必要があります。

外付け無線LANルーターはau製品ではないので、設定用のauアプリがありません。
ご自分で説明書を見ながら設定しましょう。

もしもauひかりが繋がらなくなった場合の対処

auひかりが繋がらなくなった場合、一般のユーザーにできることは限られています。
誰にもできる対処方法をご紹介しますので、トラブルがあったときの参考にしてください。

全ての機器の電源の入れ直し

ホームゲートウェイやONUなどの全ての通信機器と、パソコンやスマホなどの接続している周辺機器の電源を全て落とします。
20秒ほど放置して通信機器、周辺機器の順番で電源を入れます。
ちょっとしたトラブルならこれで解決です。

ホームゲートウェイの初期化

電源を入れ直してもインターネットに繋がらない場合は、ホームゲートウェイを初期化します。
ホームゲートウェイの初期化は、ホームゲートウェイの電源を落とし、上部にある「更新ボタン」を押しながら電源を入れると完了です。

それでもだめなら

以上の2つを実施してもインターネットに繋がらない場合は、通信機器のハードウェア的な故障も考えられます。
インターネットサービス接続・設定・故障に対応してくれる「au電話サポート」に連絡してみしょう。

無線LANルーターの選び方のまとめ

無線LANルーターは、auスマートバリューに加入していて、通信速度があまり早くなくてもいい場合は、
無料のホームゲートウェイ内蔵の無線LANルーター、とにかく速い通信速度が必要ならレンタル料金500円の外付け無線LANルーターがおすすめです。

また、レンタル料金を払うのはいかがなものかと思いう方には、市販のある程度高速な無線LANルーターがおすすめです。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る