閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光東日本の提供エリアと確認方法を解説!エリア外だった場合のオススメ回線も!

わたしのネット-アイキャッチ画像

フレッツ光のNTT東日本管轄エリアは以下の都道府県です。

  • 北海道エリア:北海道
  • 東北:青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島
  • 関東:東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬
  • 甲信越:新潟・長野・山梨

さらに、上記都道府県内において、お住まいの住所が利用可能エリアかどうかを調べるためには、NTT東日本のWebサイトから確認ができますよ。

もしお住まいの場所が利用可能エリア外だった場合は、以下の代替策を検討しましょう。

  • ケーブルテレビ回線
  • auひかり
  • WiMAX、どんなときもWiFiなどのモバイルWi-Fi

本記事では、フレッツ光のNTT東日本管轄エリアにおける利用可能エリアがどこかや、お住まいの住所がフレッツ光の利用可能エリアかどうかを確認する方法、エリア外だった場合の代替策について紹介していきます。

東日本エリアにお住まいで、フレッツ光を検討中の方はチェックしてくださいね!

フレッツ光の東日本における利用可能エリア

フレッツ光は、NTT西日本管轄エリアとNTT東日本管轄エリアでサービス内容が別です。

したがって、申し込みの際は自分の住所がどちらの管轄に属するエリアかを確認する必要があります。

NTT東日本の管轄エリア都道府県は以下のとおりです。

自分がどちらのエリアになるかがわからないという場合もチェックしてくださいね。

  • 北海道エリア:北海道
  • 東北:青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島
  • 関東:東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬
  • 甲信越:新潟・長野・山梨

また、西日本のエリア確認がしたい方は、フレッツ光の西日本エリアについての記事もありますので、あわせてチェックしてくださいね。

東日本でフレッツ光を利用できるエリアの調べ方

東日本エリアの都道府県がわかったところで、次は実際にお住まいの場所でフレッツ光が使えるのかをチェックしましょう。

手順は以下のとおりです。

なお、利用するタイプが戸建て向けのファミリータイプ、集合住宅向けのマンションタイプいずれの場合も利用できます。

  1. NTT東日本の提供状況のご確認ページにアクセスする
  2. お住まいの住所の郵便番号を入力して「再検索」をクリック
  3. 該当する住所をクリックで選択し、「次へ」をクリック
  4. 番地をクリックで選択し、「次へ」をクリック
  5. 「戸建て」か「集合住宅」で選択し、「次へ」をクリック
  6. 「集合住宅」を選択した場合は、建物名を選択して「次へ」をクリック
  7. お住まいの場所が利用可能エリアかどうかが表示されます

郵便番号がわからない、パッと思い浮かばないという方は、以下の方法も利用できます。

  1. NTT東日本の提供状況のご確認ページにアクセスする
  2. 「郵便番号がわからない方はこちら」をクリック
  3. 東日本エリアの日本地図が表示されるので、お住まいの都道府県をクリック
  4. 都道府県以下の番地・建物名までを順番に選択する
  5. 「戸建て」か「集合住宅」で選択し、「次へ」をクリック
  6. 「集合住宅」を選択した場合は、建物名を選択して「次へ」をクリック
  7. お住まいの場所が利用可能エリアかどうかが表示されます

なお、「ご指定の住所は、詳しい状況確認が必要です」と表示された場合は、利用可能エリアかどうかをオペレーターが確認し後日連絡をくれます。

「次へ」ボタンを押下し、名前や住所、電話番号などの必要事項を入力し、「次へ」の後に、「ご登録内容を送信する」をクリックしてオペレーターからの連絡を待ちましょう。

お住まいのエリアが出てこない場合は0120-116-116も使える

エリアの確認をしたいけれど、上記Webページでお住まいの住所が出てこない場合や、インターネットが利用できない状況の場合は、電話で確認することも可能です。

問い合わせ先の電話番号は以下のとおりです。

◆フレッツ受付センター

  • 電話番号:0120-116116(東日本・西日本共通)
  • 受付時間:9:00~17:00

なお、当サイト内にはフレッツ光に関する問い合わせ先をまとめた記事もありますので、あわせて参考にしてくださいね。

フレッツ・テレビのエリア確認方法

注意が必要なのは、同じフレッツ光でもフレッツ・テレビはインターネット回線とは利用可能エリアが違う点です。

東日本エリアにおけるフレッツ・テレビの利用可能エリアは、以下のとおりで、インターネット回線の利用可能都道府県よりもかなり少ないです。

  • 北海道エリア:北海道
  • 東北:福島
  • 関東:東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬
  • 甲信越:新潟

また、詳細なエリア確認については、提供エリア確認フォームから郵便番号を入力して検索してみましょう。

利用可能エリアと判定されれば、表示されたページにおいてそのまま申し込むことも可能ですよ。

マンションの場合はエリア内であっても未対応の場合も

上記Webサイトや電話でお住まいの場所が利用可能エリアであったとしても、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は利用できない場合もあります。

なぜなら、集合住宅は利用できるインターネットを管理会社または大家さんで決めていることがほとんどであるためです。

導入されていない回線を新規で利用したいという場合は、大家さんや建物の管理会社に相談しましょう。

勝手に工事を行うとトラブルになる可能性もあります。

心配な方は、入居前にインターネットの敷設状況を調べておくと安心ですよ。

フレッツ光のマンションタイプに関する記事もあわせて参考にしてくださいね。

東日本でフレッツ光の拡大要望を出したい!方法は?

エリア検索を行った結果、「ご指定の住所には、現在『フレッツ光』を提供しておりません。」と表示された場合は、その時点でフレッツ光の利用可能エリアではありません。

上記のような場合は、ご利用意向登録を行うことでエリア拡大の要望を提出することができます。

  1. 「ご指定の住所には、現在『フレッツ光』を提供しておりません。」と表示されたら、画面下の方の「次へ」をクリックする
  2. 氏名、住所、電話番号などの必要事項を入力し、「次へ」をクリック
  3. 内容を確認し、「ご登録内容を送信する」をクリック

なお、エリア拡大要望を提出したからといって、直ちにエリアが拡大される保証はありません。

すぐに利用したいという場合は、フレッツ光は諦めて他の利用可能な回線を検討する方がいいでしょう。

フレッツ光東日本の今後のエリア拡大はどうなる?

フレッツ光がエリア外で利用できない方が気になるのは、「今後フレッツ光の提供エリアは拡大していくのか?」というところでしょう。

結論からいうと、フレッツ光の最新サービスであるフレッツ光ネクストは、随時サービス提供エリアを拡大しています。

今後のサービス提供エリアの拡大の予定もフレッツ光の公式サイトにて公表されています。

いまサービス提供エリア外であっても1ヶ月後にはサービス提供エリア内になっている可能性もありますので、こまめにチェックしてみましょう。

ちなみに、現在フレッツ光の東日本エリアのカバー率は95%程度と言われています。

しかしながら、市街地から離れたエリアや山間部などではまだ利用可能でないという場合も多く、エリア拡大が待たれます。

フレッツ光東日本がエリア外だった場合のオススメ回線

NTT東日本エリアでフレッツ光がエリア外だった場合、エリア拡大を待つのもひとつの方法ですが、それではインターネットがなかなかできるようになりませんよね。

そこで、エリア外の場合に検討をオススメしたい回線を以下のとおり紹介します。

各地のケーブルテレビ回線

NTT東日本のフレッツ光がエリア外だった場合でも利用できる可能性があるのが、各地方のケーブルテレビのインターネット回線です。

本業はケーブルテレビだけあって、テレビサービスは充実しているでしょう。

ただし、ケーブルテレビは基本的に地域密着型で、カバーエリアは県内のみだったり、特定の市や地域のみだったりする場合がほとんどです。

お住まいのエリアをカバーするケーブルテレビがあるかどうかや、お住まいの住所で利用可能かどうかをチェックしてみましょう。

速度も安定!auひかり

フレッツ光がエリア外だった方でも、KDDIが提供しているauひかりは利用できるかもしれません。

とくにauユーザーの方はスマホとインターネット回線をauにすることで携帯料金が月額から最大2,000円割引される「auスマートバリュー」を適用できてお得です。

auの携帯・スマホ1回線につき割引を適用できるため、家族全員でauを利用している家庭にはとくにオススメです!

固定回線が引けない場合はモバイルWi-Fiという選択肢も

山沿いなど、一部の地域は固定回線がまだ来ていない、あるいは整備される予定もないこともあります。

そんな方にオススメなのがモバイル回線です。

携帯やスマートフォンのように無線で接続でき、モバイルルーターから電波を飛ばすことでインターネットを利用できます。

もちろん、無線のWi-Fiのみではなく有線でパソコンに直接繋ぐこともできますよ。

とくにオススメな2つのモバイルルーターを紹介しましょう。

速度が速いのはWiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiです。

「ギガ放題」と呼ばれる料金プランであれば、月間通信量無制限で利用できますよ。

ただし、3日で10GB以上通信をすると一時的に速度が低下してしまいますので注意してくださいね。

また、最新の機種だと通信速度も最大速度が1.2Gbpsと、フレッツ光のような固定回線にも引けを取りません。

そんなWiMAXですが、実はさまざまな会社が提供していて、同じ機種で同じ回線なのに料金が大きく違います。

以下の表を見ると、JPWiMAXやGMOとくとくBBと、WiMAXの本家であるUQ WiMAXでは、月額料金の積算およびキャッシュバックなどの特典をすべて含めた実質料金が大きく違うのがわかりますね。

月額料金 契約事務手数料 端末代金 キャッシュバック 3年間実質料金
JPWiMAX 3,500円 3,000円 0円 11,000円 123,100円
GMOとくとくBB
※キャッシュバックの場合
4,263円 0円 32,000円 123,160円
UQ WiMAX 4,380円 3,800円 3,000円 159,428円

※税抜の価格
※3年契約の場合
※WiMAX端末はW06を購入する場合で、クレードルなど周辺機器は含まない

WiMAXでは、どのプロバイダを選んでも選べる機種や利用可能エリアはまったく同じです。

プロバイダを選ぶ際は料金やキャンペーンができるだけお得なところを選ぶのがオススメですよ。

WiMAXの各プロバイダを比較した記事もあわせて参考にしてくださいね。

カバーエリアが魅力のどんなときもWiFi

WiMAXは速度も速く、料金も安いモバイルルーターの代表格ですが、利用可能エリアが狭いのが難点です。

WiMAXの電波が利用できない場所で使いたいのであれば、どんなときもWiFiがオススメです。

どんなときもWiFiの最大の特徴は、docomo・ソフトバンク・auの各社のLTE回線のうち、最適な電波を自動で受信してくれることです。

上記のメリットは、ただでさえカバー率が高い携帯電話3社のカバーエリアをひっくるめた広範囲での利用ができることです。

どんな場所でも使いたいという方には、オススメです。

まとめ

フレッツ光のNTT東日本管轄のエリアは、以下のとおりです。

  • 北海道エリア:北海道
  • 東北:青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島
  • 関東:東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬
  • 甲信越:新潟・長野・山梨

また、お住まいの住所が利用可能エリアかどうかを調べるためには、NTT東日本のWebサイトをチェックしてみてください。

エリア外だった場合には、拡大要望を出して開通を待つか、他の回線を利用することを検討しましょう。

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(おうち割適用対象)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。