閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光で電話・テレビのオプションを利用するメリットとは

ドコモのスマホとセットの割引サービスで、ネット回線がお得になるドコモ光。
「乗り換えたいけど、今使ってる固定電話やテレビはどうなるの?」と気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、ドコモ光のオプションサービス「ドコモ光電話」と、「ドコモ光テレビオプション」について詳しく解説!

それぞれに月額使用料がいくらかかるのか、これまでの電話番号を引き続き使うことはできるのか、気になる疑問にお答えしていきます。

ドコモ光の固定電話サービスは「ドコモ光電話」

ドコモ光には、「ドコモ光電話」というひかり電話サービスがあります。

ドコモ光の回線を利用して電話をかけることができる固定電話サービスで、基本使用料は月額500円。
それにプラス通話料金がかかりますが、同じドコモ光電話への通話は県外通話でも日本全国どこにかけても3分8円とお得です。

通話料【NTT東日本】

通話先相手もドコモ光電話その他au17.5円/1分30円/1分ソフトバンク17.5円/1分40円/1分国際通話アメリカ9円/1分60円/1分

市内8円/3分8.5円/3分
県内市外20~40円/3分
県外20~80円/3分
携帯電話ドコモ16円/1分20円/1分

通話料【NTT西日本】

通話先相手もドコモ光電話その他au18円/1分18円/1分ソフトバンク16~18円/1分17~20円/1分国際通話アメリカ9円/1分60円/1分

市内8円/3分8.5円/3分
県内市外20~40円/3分
県外20~80円/3分
携帯電話ドコモ16円/1分17円/1分

電話番号・電話機も引き続き使える

NTT東日本・NTT西日本の固定電話から新規で乗り換えれば、電話番号と電話機をそのまま使えるところも嬉しいポイント。

ただしNTT東西のエリアをまたぐ乗り換えの場合は、電話番号を引き継げないことがあります。
また、NTT加入電話(ひかり電話ではないアナログ回線の電話)からドコモ光電話に乗り換える場合も、NTTから貸し出されている電話機は引き継げません。

乗り換え例を表にまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

乗り換えケース電話番号電話機NTT東日本 ひかり電話 → ドコモ光電話(西日本)△○NTT東日本 加入電話 → ドコモ光電話(東日本)○×NTT東日本 加入電話 → ドコモ光電話(西日本)△×

NTT東日本 ひかり電話 → ドコモ光電話(東日本)

月額1,500円の「ドコモ光電話バリュー」もある

ドコモ光電話の料金プランは2つ。
先ほどご紹介した月額500円の基本プランのほか、480円分の無料通話や6つの付加サービスがついたものでオプション料金、月額1,500円の「ドコモ光電話バリュー」があります。
無料通話分は余れば翌月以降に繰り越すことができますし、付加サービスは合計1,700円分とかなりお得な内容です。

付加サービスサービス内容本来の月額利用料金転送でんわ着信を指定の電話番号に転送する500円発信者番号表示電話をかけてきた相手の番号が分かる400円ナンバー・リクエスト非通知でかけてきた相手に対して、電話番号を通知してかけ直すようアナウンスする200円迷惑電話ストップサービス直前の着信番号を着信拒否できる200円着信お知らせメール着信があったことを指定のメールアドレスに送信する100円

通話中着信通話中に着信があったとき、現在の通話を保留にして新しい着信に出ることができる300円

付加サービスの中には、迷惑電話を着信拒否にできるサービスや電話を取る前に発信者の番号を確認できるサービスもあるので、迷惑電話にきちんと対処したい方にオプション契約は特におすすめの方法です。

ネット回線と同時に申し込めば初期費用が安い!

ドコモ光電話は、インターネットサービスと一緒に申し込めば契約事務手数料0円。

工事費も、今の電話番号を引き続き使用する番号ポータビリティーの利用がある場合は3,000円、番号ポータビリティーを利用しない場合は1,000円とさらにリーズナブルです。

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%84%e5%85%89%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

参照元:NTTドコモ(ネット回線と同時申し込みの場合)

ドコモ光電話単体で申し込むと、最大11,000円の初期費用がかかってしまうので、申込みはネット回線と同時に行うのが良いでしょう。

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%84%e5%85%89%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

参照元:NTTドコモ(ドコモ光電話単体申し込みの場合)

最大93,400円割引でおトク!
スマホと光をセットでまとめて節約!

ドコモ光がおトクなポイント

  • 新規申込みでdポイントが20,000ポイントもらえる!
  • 窓口限定で最大5,000円キャッシュバック!

「ドコモ光テレビオプション」でテレビもまとめて

「ドコモ光テレビオプション」は、ドコモ光の回線でテレビを見ることができるオプションサービスです。

地デジもBSもCSも、アンテナの設置は不要なので家中どこでも楽しむことができます。
雨風に強いのも特徴のひとつで、悪天候でも通信が安定しているところが嬉しいですね。

月額利用料は660円!

そんなドコモ光テレビオプションの月額利用料は、660円。さらに初月は無料です。

BSの有料チャンネルと、スカパー!を利用する際には別途料金が必要になり、
たとえばスカパー!の「セレクト5」というパックを利用すると、パック料金1,833円+基本料金390円=合計2,223円がプラスされます。

初期費用はスカパー同時申し込みで実質0円

ドコモ光テレビオプションの初期費用は、ネット回線と同時に申し込むかどうかに加えて、スカパーの映像サービスを利用するかどうかでも大きく金額が変わってきます。

ネット回線もスカパーも同時に申し込む場合が1番安く、テレビ3台までは基本工事料金やスカパーJSAT施設利用登録料などもろもろの手数料がすべて無料。
ネット回線と同時だけどスカパーの利用は無しの場合、テレビの台数に応じて最大25,600円必要です。

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%84%e5%85%89%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

参照元:NTTドコモ(ネット回線と同時申し込みの場合)

一方、ネット回線と同時に申し込まなかった場合、テレビオプション単体では最大32,000円の初期費用がかかります。
スカパーを一緒に申し込めば2,000円におさえることができるので、ネット回線と同時に申し込めなかった場合は一時的にスカパーを利用しておくのもアリかもしれません。

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%84%e5%85%89%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

参照元:NTTドコモ(テレビオプション単体申し込みの場合)

メリット=すべてをドコモ光にまとめられる

ドコモ光のオプションで電話サービスもテレビサービスも利用すれば、ネット・電話・テレビ・ドコモの方はスマホもすべて、ドコモ光にまとめられるところが最大のメリットです。

請求を代表回線一本にまとめることによって月々の支払いによるdポイントも貯まりやすくなりますし、なにより月額料金が見やすいですよね。

先ほどご紹介したように、いくつかのサービスをまとめて申し込むことで、初期費用をかなりおさえることもできます。

最大93,400円割引でおトク!
スマホと光をセットでまとめて節約!

ドコモ光がおトクなポイント

  • 新規申込みでdポイントが20,000ポイントもらえる!
  • 窓口限定で最大5,000円キャッシュバック!

テレビ視聴サービスには「ひかりTV」もある

できるだけリーズナブルにたくさんのチャンネルを見たい、スマホでも見たい、出先でも見たい…そんなみなさんには、「ひかりTV」もおすすめです。

テレビをドコモ光にまとめることができなくなってしまいますが、月額視聴料1,500円で50チャンネル以上が見放題、
スマホでも家の外でもハイビジョン画質で視聴できてコスパ抜群。

初期費用もかからないので、手軽に使い始めることができます。

ただし、専用チューナーを持っていない場合はひかりTV対応チューナーのレンタル料金として500円(最大2ヶ月間無料)が月々プラスされ、
月額1,500円で利用するには「2ねん割」という2年単位での契約が必要です。

更新月以外で解約すると違約金が発生するので、更新月が分からない場合は問い合わせて確認しましょう。

ちなみに、2ねん割を適用しない場合月額料金は2,500円になります。

電話・テレビはネットと一緒に乗り換えよう!

ドコモ光電話、ドコモ光テレビオプションの特徴と初期費用をそれぞれご紹介してきましたが、共通するのは「ネット回線と同時に申し込んだほうがお得!」ということ。

初期費用が減らせるのはもちろん、ドコモ光で各サービスの料金明細をまとめられるので、何にどれだけお金を支払ったかが一目瞭然です。

ドコモ光電話の場合、NTT東西のエリアをまたいだ乗り換えでなければ、今の電話番号も引き続き利用可能です。今回ご紹介した内容を参考に、ぜひみなさんもドコモ光への転用を検討してみてくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る