閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ドコモ光がつながらない!考えられる原因と対処法6つ、問い合わせ先を一挙公開

ドコモ光 繋がらない

ドコモ光がつながらない、または通信速度が遅い原因は、周辺機器・プロバイダ・回線のどれかにあります。

もし急なトラブルがあっても冷静に対処できるよう、原因と対処法をあらかじめ把握しておくのがおすすめです。

本記事ではドコモ光につながらない、またはつながりにくい場合の原因と対処法を紹介します。

ドコモ光がつながらない場合の原因として考えられること一覧

ドコモ光がつながらない原因として、本記事では以下6つを紹介しています。

各原因のリンクをクリックすると、該当の見出しにジャンプします。

原因 対処法
開通日が来ていない 開通日を確認する
初期設定のミス 設定に間違いがないかを今一度見直す
ルーターなど通信機器の問題 通信機器の再起動を行う それでも復旧しない場合はサポートに問い合わせる
プロバイダで障害が発生している プロバイダの障害情報を確認する またはプロバイダに電話で問い合わせる
ドコモ光(回線側)で障害が発生している ドコモ光の障害情報を確認する またはドコモ光に電話で問い合わせる
混雑している時間帯やエリアである IPv6への切り替えを行う

また、本記事ではパソコンやタブレット固有の原因ではなく、インターネットそのものがつながらない場合の対処法に絞って記載しています。

パソコンやタブレット、スマホなどに問題がある可能性を考えている場合は、以下の記事も参考にしてくださいね。

ドコモ光がつながらない原因1:転用の開通日がきていない

フレッツ光からドコモ光に転用してつながらないと感じたときは、まず開通日を確認してみましょう。

フレッツ光からドコモ光への転用の際は、利用者の自宅へ訪問しての工事は必要ありません。

しかし申し込みをしてから1~2週間後にNTTの局舎で工事をしてもらわないと開通しません。

開通日を確認し、確実にインターネットがつながる期日を待って再度接続を確認してみましょう。

ドコモ光がつながらない原因2-1:初期設定のミス

新規でドコモ光を契約した場合、初期設定に問題がないか調べてみましょう。

開通工事が終わってからドコモ光に接続するときは、設置されたモデム(回線終端装置)とパソコンをLANケーブルでつなぎ、パソコン上で設定を行わなければいけません。

手順は以下の通りです。

  1. モデムとパソコンをLANケーブルにつなぎ、ウェブブラウザのURLに「192.168.1.1」と入力する
  2. 設定ウィザードにプロバイダから発行されたユーザー名とパスワードを入力し、設定を保存する(下図参照)
  3. ウェブブラウザなどでWebページの閲覧などを行い、インターネットがつながるかどうか確認する

設定ウィザード
引用:ドコモ光公式サイト

また、どの方法を試してもドコモ光での接続が上手くいかない場合は、ネットトータルサポートを活用しましょう。

ネットトータルサポートとは、設定してもインターネットに接続できないときに電話や訪問でのサポートが受けられるオプションサービスです。

月額500円の料金が発生しますが、ドコモ光が開通してから31日間は無料で利用できます。

初期設定でうまく接続できないときは、すぐに活用してくださいね。

ドコモ光がつながらない原因2-2:初期設定のミス|Wi-Fiの場合

自宅にパソコンがなく、スマホやタブレットで設定しようとしてWi-Fiにうまくつなげられない…という方もいらっしゃるかと思います。

Wi-Fiに最初からうまくつながらないという場合は、まず以下のことを確認してみましょう。

  • SSID・パスワードが正しく入力できているか
  • 機器を再起動してみてもう一度接続してみる
  • 接続方式(WPA、WPA2など)が間違っていないか
  • 機内モードがオンになっていないか
  • Wi-Fi接続がオフになっていないか

特に、SSID・パスワードの入力間違いは、複雑なアルファベットと数字の組み合わせであるため、よく起こります。

SSID・パスワードは、ルーターなどの通信機器に記載されている場合が多いので、今一度確認してみましょう。

Wi-Fiがつながらないときの対処法については、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

ドコモ光がつながらない原因3:ルーターなど通信機器の問題

今までインターネットにつながっていたのに急につながらなくなったという場合、まず考えられるのは通信機器の問題です。

具体的には、下図のONU→ルーター→パソコンに至るまでのどこかで問題が発生している可能性があります。

次から、考えられる原因を順に説明していきますね。

  • Wi-Fiルーターやモデムの電源がOFFになっている
  • Wi-Fiルーターやモデムのケーブルが抜けている
  • 他のWi-Fiルーターの電波干渉が起きている
  • Wi-Fiルーターやモデムの状態が異常

Wi-Fiルーターやモデムの電源がOFFになっていないか確認する

よくあるのが、Wi-Fiルーターのコンセントが何かの拍子に抜けてしまった、というパターンです。

Wi-Fiに接続できない場合は、最初にWi-Fiルーター(無線LANルーター)の点灯しているはずのランプが消えていないか、電源ケーブルが抜けていないかなどを確認してみましょう。

Wi-Fiルーターやモデムに挿さっているケーブルが抜けていないか確認する

Wi-Fiに接続できているけれどインターネットが使えない場合は、Wi-FiルーターとモデムをつないでいるLANケーブルが抜けている、あるいは緩みがある可能性があります。

何かの拍子でLANケーブルが抜けるパターンも珍しくありません。

一度LANケーブルを抜き差ししたり、ホコリなどが溜まっている場合は清掃してから再度LANケーブルを差してみたりしましょう。

他のWi-Fiルーターの電波干渉が起きている

特にマンションなどの住宅が密集しているようなところでは、近所の人が利用しているWi-Fiと自分のWi-Fiが干渉してインターネットに不具合が起きることもあります。

Wi-Fiの使い心地が悪い場合は、他のWi-Fiと干渉して通信障害が起きている可能性を疑ってみましょう。

他のWi-Fiとの干渉が原因であれば、自宅のWi-Fiルーターの設定画面で、チャンネルの値を変更してみましょう。

デフォルトでは1ch、6ch、11ch、あるいは自動設定になっている場合が多いです。

とりあえずは現在の設定から±5ch開いた値を設定するといいでしょう。

また、ルーターの位置を変えると干渉が置きにくくなる場合もありますので、可能であれば試してみましょう。

Wi-Fiルーターの設定ツールの場所は、例えば以下のようなものです。

Wi-Fiルーターの設定ツールを確認

繋がらないときはルーターのココをチェック!

インターネットにつながらない、または遅い場合は、モデム(回線終端装置)のランプの状態をチェックしてみるとわかることもあります。

ランプの種類は貸し出されるモデムの種類によって若干異なります。

モデムのランプを確認する
引用:フレッツ光西日本公式サイト

電源ランプ:消えている場合は電源が入っていない

一番上の電源ランプがついていなければ、電源が入っていません。

まずはコンセントが抜けていないか確認してください。

コンセントが差さっているのに電源ランプが消えているのなら故障している可能性があるので、ドコモ光のサポート窓口に連絡しましょう。

ドコモ光の問い合わせ窓口は、後述の見出し:ドコモ光が繋がらないときの問い合わせ先を参照してくださいね。

アラームランプ:赤く点灯の場合は故障の可能性も

アラームランプは、普段は消灯していますが、通信機器に問題が起きたときに赤く点灯します。

上記の様な場合は、機器を再起動させてみてください。

再起動後にも赤く点灯した状態のままの場合だと故障した可能性が高いので、ドコモ光のサポート窓口に連絡しましょう。

ドコモ光の問い合わせ窓口は、後述の見出し:ドコモ光が繋がらないときの問い合わせ先を参照してくださいね。

PPPランプ:消えている場合は認証エラーが起きている

PPPランプは、インターネットへ接続するための認証が正常にできていると点灯するランプです。

緑色から橙色に点灯していれば正常ですが、消灯していれば認証エラーが起きていて、接続がうまくいっていない可能性があります。

認証エラーが起きる原因は、初期設定のときに入力したユーザー名とパスワードを間違っているためであることが多いです。

初期設定のときであれば再度入力をし直してみましょう。

ただし、正常に利用していたのに急につながらなくなった場合は、モデムを再起動することで不具合が解消される可能性が高いです。

ACTランプ:消えている場合はWAN回線に問題がある

ACTランプは、モデムのひかり電話機能とルーター機能が利用できる状態かどうかを示しています。

緑色に点灯または点滅していれば正常ですが、消灯しているとひかり電話機能とルーター機能が利用できず、インターネットに接続できません。

ACTランプの異常の原因は一時的なものである場合も考えられますので、まずはモデムを再起動してみましょう。

もし再起動後も不具合が解消されない場合は、回線の不具合が考えられます。

上記の場合はドコモ光が対応してくれるのを待つしかありません。

ACT/LINKランプ:消えている場合はLANケーブルかLANポートに問題がある

ACT/LINKランプが点灯していないときは、Wi-FiルーターをつないでいるLANケーブルに不具合があるか、Wi-FiルーターかモデムのLANポートに問題があります。

LANケーブルに不具合がある場合は、ケーブルを差し直すか、新しいケーブルに交換すれば問題を解決できます。

LANポートに問題がある場合は、最初にモデムとWi-Fiルーターを再起動させてみましょう。

それでも解消されない場合は機器の不具合が考えられますので、ドコモ光のサポート窓口に連絡しましょう。

ドコモ光の問い合わせ窓口は、後述の見出し:ドコモ光が繋がらないときの問い合わせ先を参照してくださいね。

ひかり電話ランプ:緑色に点滅していないと不具合の可能性も

ドコモ光を契約するときにひかり電話に加入すると、モデムのひかり電話ランプが緑色に点灯します。

ひかり電話ランプが消える原因は回線の不具合なので、対処法はドコモ光のサポート窓口に問い合わせるのが基本ですが、モデムを再起動させれば問題を解決できる場合もあります。

ドコモ光がつながらない原因4:プロバイダで障害が発生している

ドコモ光がつながらないときは、プロバイダ側に問題がある可能性もあります。

プロバイダとは、以下のイメージ図の通り、ドコモ光の回線と利用者との橋渡しをしてくれる存在です。

プロバイダ
引用:フレッツ光公式

プロバイダに障害が起こった場合、回線側との橋渡しがうまくいかず、インターネットに接続できない状態になってしまうことがあります。

上記の場合の対処法は、プロバイダの復旧を待つしかありません。

もしもインターネットにうまくつながらず、周辺機器の再起動でも復旧しない場合は、プロバイダに障害が起きていないかを確認してみましょう。

プロバイダの連絡先については、後述の見出し:GMO・ぷららなど人気プロバイダの連絡先をチェックしてみてくださいね。

ドコモ光がつながらない原因5:ドコモ光(回線側)で障害が発生している

プロバイダではなく、ドコモ光の回線そのものに障害が発生している可能性もあります。

ドコモ光の通信障害情報は下記のページで確認できます。

落雷の影響でドコモ光がつながらなくなる場合も

落雷により停電や瞬電が発生すると、その影響でインターネットがつながらなくなる場合があります。

また、過電流による影響でモデムやWi-Fiルーターが故障してしまう恐れもあります。

停電復旧後もインターネットがつながらない場合は、まずはモデムやWi-Fiルーターの電源が入っているかを確認し、再起動を行ってみましょう。

この方法でもインターネットにつながらない、あるいはモデムやルーターの電源が何をしても入らない場合は、機器の故障が考えられます。

機器の故障の場合は、ドコモ光のサポート窓口やメーカーに連絡して交換か修理してもらわなければいけません。

ドコモ光の問い合わせ窓口は、後述の見出し:ドコモ光が繋がらないときの問い合わせ先を参照してくださいね。

また、落雷による影響を未然に防止するためには、以下2つのいずれかの対策をしておくといいでしょう。

  • 雷が起きたときにモデムやWi-Fiルーターのコンセントを抜く
  • 雷ガード付きのコンセントを導入する

ドコモ光がつながらない原因6:混雑している時間帯やエリアである

夜間帯など、インターネットを使う人が増える時間帯は、回線の混雑が起きて通信速度が遅くなる場合があります。

プロバイダも同様で、インターネットを使う人が多くなるほど通信速度が遅くなります。

また、ドコモ光は、いわゆる光コラボと呼ばれる回線です。

光コラボは、利用者が多いフレッツ光の回線を借りて運用されているため、混雑が発生しやすいのです。

そこで混雑の対策になるのが、接続方式をIPv6に切り替えることです。

IPv6は混雑しにくい回線経路を使う方式なので、利用者が増える時間でも安定した速度でインターネットを利用できます。

以下の図は、IPv6の利用イメージです。

ipv6通信
引用:NTTドコモ光公式サイト

IPv6に対応しているかどうかは、利用中のプロバイダに問い合わせてみましょう。

ドコモ光が繋がらないときの問い合わせ先

ドコモ光がつながらないときに電話で問い合わせたい場合の窓口は、ドコモ113センターです。

詳しい状況をサポート側に伝えるためにも、問い合わせはインターネットを利用している場所やルーターなど通信機器周辺にて行うといいでしょう。

◆ドコモ113センター

  • 電話番号:0120-800-000
  • ドコモ携帯電話から:(局番なし)113(無料)
  • 受付時間:365日24時間受付

※問い合わせの際は「契約ID」と「契約名義」を用意しておきましょう。

ドコモ光の問い合わせについては、以下の記事でも詳しく紹介していますよ。

GMO・ぷららなど人気プロバイダの連絡先

ドコモ光の主要プロバイダの問い合わせ窓口の電話番号と、障害情報が確認できるページを以下の表にまとめました。

プロバイダ 問い合わせ電話番号 障害情報の確認
ドコモnet 電話番号:0120-800-000 受付時間:9:00~20:00 ドコモnetの通信障害情報を確認する
GMOとくとくBB 電話番号:0570-045-109 受付時間:10:00~19:00 GMOとくとくBBの通信障害情報を確認する
ぷらら 電話番号:009192-33 受付時間:10:00~19:00 ぷららの通信障害情報を確認する
So-net 電話番号:0120-80-7761 受付時間:10:00~18:00 So-netの通信障害情報を確認する
OCN 電話番号:0120-506-506 受付時間:10:00~19:00 OCNの通信障害情報を確認する
BIGLOBE 電話番号:0120-86-0962 受付時間:9:00~18:00 BIGLOBEの通信障害情報を確認する
@nifty 電話番号:0570-03-2210 受付時間:10:00〜19:00 @niftyの通信障害情報を確認する
DTI 電話番号:(186)-0120-719-020 受付時間:10:00〜19:00 DTIの通信障害情報を確認する

まとめ

ドコモ光がつながらない原因は主に以下3つのどれかです。

  • モデムかWi-Fiルーターの不具合
  • プロバイダに通信障害が起きている
  • ドコモ光の回線に通信障害が起きている

まずは、モデムやWi-Fiルーターを再起動させたり、設定に問題がないか確認したりするなど、自宅内の環境の見直しをしてみましょう。

それでもうまくいかない場合は、回線やプロバイダ側で障害が起きている可能性もあります。

何をやってもつながらないときはサポート窓口に問い合わせを行い、指示を仰ぐようにしてくださいね。