閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

ドコモ光がつながらない!原因と対処法6つを一挙公開

ドコモ光 繋がらない

ドコモ光がつながらない、または通信速度が遅い原因は、周辺機器・プロバイダ・回線のどれかにあり、状況によって試す対処法が違います。

この記事で紹介する原因と対処法を実践し、ドコモ光の接続・通信状態を安定させてくださいね。

ドコモ光がつながらない原因1:開通日がきていない

フレッツ光からドコモ光に転用してつながらないと感じたときは開通日を確かめてみましょう。

フレッツ光からドコモ光への転用は宅内工事をせずに行えますが、申し込みをしてから1~2週間後にNTTの局舎で工事をしてもらわないと開通しません。

ドコモ光がつながらない原因2.初期設定に問題がある

新規でドコモ光を契約した人は、初期設定に間違いがないか調べてみてください。

開通工事が終わってからドコモ光に接続するときは、設置されたモデム(回線終端装置)とパソコンをLANケーブルでつなぎ、パソコン上で設定を行わなければいけません。

ドコモ光にWi-Fiルーターで接続する場合の正しい初期設定方法

スマホやタブレットしか持っていない場合は、モデムに無線LANルーターをつないでWi-Fiを飛ばしたうえで初期設定を行います。

ドコモ光のモデムに接続した無線LANルーターのWi-Fiにスマホをつなぎ、ウェブブラウザのURLに「192.168.1.1」と入力し、設定ウィザードにプロバイダから発行されたユーザー名とパスワードを入力すれば設定は完了します。

設定ウィザード
引用:ドコモ光公式サイト

詳しいドコモ光の初期設定方法は下記のページでも紹介しているので、併せて参考にしてください。

解決できない場合はネットトータルサポートを利用しよう

どの方法を試してもドコモ光での接続が上手くいかない場合は、ネットトータルサポートを活用しましょう。

ネットトータルサポートとは、設定してもインターネットに接続できないときに電話や訪問でのサポートが受けられるオプションサービスです。

基本の月額料金は500円ですが、ドコモ光が開通してから31日間は無料で利用できるので、接続できないときはすぐに活用してください。

ドコモ光がつながらない原因3.通信機器にトラブルがある

ドコモ光を契約してからある程度の時間が経っている場合、通信機器に問題が起きている可能性があります。

Wi-Fiルーター・端末の電源がOFFになっていないか確認する

Wi-Fiに接続できない場合は、最初にWi-Fiルーター(無線LANルーター)の電源がOFFになっていないか見てみましょう。

Wi-Fiルーターのコンセントが何かの拍子で抜けてWi-Fiがつかえないパターンは意外と起きやすいです。

Wi-Fiルーターにささっているケーブルが抜けていないか確認する

Wi-Fiに接続できてもインターネットが使えない場合は、Wi-FiルーターとモデムをつないでいるLANケーブルが抜けていないかもチェックする必要があります。

何かの拍子でLANケーブルが抜けるパターンも珍しくないからです。

マンションの場合は周波ノイズの影響で繋がらなくなる場合がある

マンションでドコモ光を契約してWi-Fiを使う場合、近所の人が利用しているWi-Fiと自分のWi-Fiが干渉して通信速度が遅くなったり、インターネットが利用できなくなる可能性があります。

マンション住まいでモデムやルーターが正常に作動しているのにWi-Fiの使い心地が悪い場合、他のWi-Fiと干渉して通信障害が起きていると考えるべきです。

他のWi-Fiとの干渉が原因であれば、自宅に置いているWi-Fiルーターの設定ツールを起動してチャンネル数を変えてみてください。

Wi-Fiルーターの設定ツールを確認

電源ランプが消えている場合は電源が入っていない

モデムの状態はランプを見て調べます。

ランプの種類は貸し出されるモデムの種類によって若干異なります。

モデムのランプを確認する
引用:フレッツ光西日本公式サイト

一番上の電源ランプがついていなければ、コンセントが抜けていないか確認してください。

コンセントが差さっているのに電源ランプが消えているのなら故障している可能性があるので、ドコモ光のサポート窓口に連絡してください。

アラームランプ:赤く点灯している場合は通信機器に問題がある

アラームランプが通信機器に問題が起きたときに赤く点灯するもので、消灯していればモデムは正常な状態です。

アラームランプが赤く点灯しているとモデムに障害が起きているので、再起動させてみてください。

再起動をさせてアラームランプがつかなくなれば問題は解決ですが、赤く点灯した状態のままの場合だと故障した可能性が高いのでドコモ光のサポート窓口に連絡してください。

PPPランプ:消えている場合は認証エラーが起きている

PPPランプはインターネットへ接続するための認証ができているのかを表す役割をしています。

緑色から橙色に点灯していれば正常にインターネットに接続できますが、消灯していれば認証エラーが起きて接続できない状態です。

認証エラーが起きる原因は初期設定のときに入力したユーザー名とパスワードを間違っているのが一般的なので、設定内容を見直さないといけません。

モデムを再起動させればPPPランプが点灯する場合もあるので、設定内容を確かめる前に電源を入れ直してみましょう。

ACTランプが消えている場合はWAN回線に問題がある

ACTランプはモデムのひかり電話機能とルーター機能が利用できる状態を表す役割をしています。

緑色に点灯か点滅していれば正常ですが、消灯しているとひかり電話機能とルーター機能が利用できず、インターネットに接続できません。

ACTランプが消える原因は回線の不具合なので、対処法はドコモ光が対応してくれるのを待つしかありません。

ACT/LINKランプ:消えている場合はLANケーブルかLANポートに問題がある

ACT/LINKランプが点灯していないときは、Wi-FiルーターをつないでいるLANケーブルが故障しているか、Wi-FiルーターかモデムのLANポートに問題があります。

LANケーブルが故障していれば新しいケーブルを使うだけで問題を解決できます。

LANポートに問題がある場合は、最初にモデムとWi-Fiルーターを再起動させてみましょう。

ひかり電話ランプが緑色に点滅していない

ドコモ光を契約するときにひかり電話に加入すると、モデムのひかり電話ランプが緑色に点灯します。

ひかり電話ランプが消える原因は回線の不具合なので、対処法はドコモ光のサポート窓口に問い合わせるのが基本ですが、モデムを再起動させれば問題を解決できる場合もあります。

回線終端装置が故障している可能性がある

モデム(回線終端装置)が故障している可能性もあります。

コンセントを差しても電源がつかないときや、アラームランプが赤く点灯しているときはモデムが故障している可能性が高いです。

接続設定に間違いがないうえに再起動させても認証ランプが点灯しない場合も、モデムが故障しているかもしれません。

なので、すべての対処法を試してもモデムの症状が改善できないときは、ドコモ光のサポート窓口に連絡してください。

モデムが故障していれば、新しいモデムへの交換を無料で行ってくれます。

ドコモ光がつながらない原因4.プロバイダで障害が発生している

ドコモ光を申し込むときに契約したプロバイダは通信状態を左右する重要な存在です。

プロバイダはドコモ光の回線をインターネットに接続する役割をして、プロバイダに通信障害が起きるとインターネットに接続できなくなります。

プロバイダ
引用:フレッツ光公式

※プロバイダの仕組みのイメージ。

プロバイダに通信障害が起きると、インターネットに接続できなくなり復旧を待つしかありません。

とはいえ、本当に通信障害が起きているかは、契約しているプロバイダに聞いてみないとわかりません。

通信障害が起きているかは、契約しているプロバイダの電話窓口か公式サイトで確認できます。

GMO・ぷららなど人気プロバイダの障害情報の確認方法

ドコモ光を申し込むときに選ばれやすいプロバイダの問い合わせ窓口の電話番号と、障害情報が確認できるページを表にまとめました。

プロバイダ
問い合わせ電話番号
障害情報の確認
GMOとくとくBB
電話番号:0570-045-109
受付時間:10:00~19:00
GMOとくとくBBの通信障害情報を確認する
ぷらら
電話番号:009192-33
受付時間:10:00~19:00
ぷららの通信障害情報を確認する
So-net
電話番号:0120-80-7761
受付時間:10:00~18:00
So-netの通信障害情報を確認する
OCN
電話番号:0120-506-506
受付時間:10:00~19:00
OCNの通信障害情報を確認する
BIGLOBE
電話番号:0120-86-0962
受付時間:9:00~18:00
BIGLOBEの通信障害情報を確認する

ドコモ光がつながらない原因5.ドコモ光で障害が発生している

プロバイダではなくドコモ光の回線に通信障害が発生している可能性も否定できません。

とはいえ、ドコモ光ではクオリティが高いフレッツ光の回線を利用するので可能性は低く、すべての対処法を試しても問題を解決できず、プロバイダに障害が起きていない場合に確認する項目です。

ドコモ光の通信障害情報は下記のページで確認できます。

雷によりドコモ光がつながらなくなる場合も

雷が起きてモデムやWi-Fiルーターが故障してドコモ光がつながらなくなる場合もあります。

雷が起きると過電流が電気線を伝って家電にダメージを与えるからです。

過電流によるダメージでモデムやWi-Fiルーターが故障すると、ドコモ光のサポート窓口やメーカーに連絡して交換か修理してもらわなければいけません。

まだ雷による被害を受けていない人は、モデムやWi-Fiルーターを過電流から守るために以下2つのどちらかの対策をしておきましょう。

  • 雷が起きたときにモデムやWi-Fiルーターのコンセントを抜く
  • 雷ガード付きのコンセントを導入する

雷ガード付きのコンセントを導入すれば、雷が鳴ったときでもインターネットが使えるのでおすすめです。

ドコモ光がつながらない原因6:回線が混雑している

平日の夜などはインターネットを使う人が増えるので、時間帯によっては回線の混雑が起きて通信速度が遅くなる場合があります。

プロバイダも同様で、インターネットを使う人が多くなるほど通信速度が遅くなる恐れがあります。

また、ドコモ光では他の光コラボでも利用されるうえに人気が高いフレッツ光の回線を使うので、利用者が独自回線に比べてかなり多い点も通信状態が不安定になる要因です。

対策としては、接続方式をIPv6に切り替えれば、利用者が増える時間でも通信状態を安定させられます。

IPv6は混雑しにくい回線経路を使う方式なので、利用者が増える時間でも安定した速度でインターネットを利用できます。

ipv6通信
引用:NTTドコモ光公式サイト

※IPv6の仕組みのイメージ。

ただ、ドコモ光でIPv6が使えるかはプロバイダごとに違います。

契約しているプロバイダがIPv6に対応していなければ、IPv6が利用できるプロバイダに乗り換えなければいけません。

高速通信が可能な独自回線に乗り換えよう

ドコモ光の通信速度が遅いと感じる場合、より高速な通信ができる独自の光回線サービスへの乗り換えも検討する価値があります。

独自光回線のおすすめは、NURO光とauひかりです。

NURO光は独自の光回線(厳密にはフレッツ光のダークファイバー)でインターネットを提供するサービスで、最大2Gbpsまでの高速通信を可能にしています。

スマホをWi-Fiに接続した状態でも500Mbps近い実効速度を出してくれるので、クオリティは安心安全です。

有線で接続すれば、1Gbpsに近い実効速度が出せます。

auひかりも独自の光回線(厳密には東京電力のTEPCOひかりの回線を引き継いでいます)でサービスを提供していて、400Mbps以上の速度を出せるのでおすすめです。

有線で接続すれば700Mbpsを超えるので、契約して損はありません。

また、関東の一部地域では最大5Gbpsまでの速度に対応したauひかりホームV 5ギガ、最大10Gbpsまでの速度が出せるauひかりホームX 10ギガが利用できるところも魅力です。

Twitterでもドコモ光がつながらないとの声がある

ドコモ光の通信状態が安定しないのは自分だけなのかと不安に思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、Twitterを確認するとドコモ光がつながらないと感じている人を頻繁に見かけます。

つながりが悪く原因を特定できず苦労している人はよく見かけます。

とりあえずサポート窓口に連絡したけど、対処法を試してといわれて四苦八苦している人も珍しくありません。

上記のようにドコモ光がつながらない場合は、インフォメーションセンターに問い合わせをしてみるのもひとつの手です。

どうしてもドコモ光がつながらない場合に問い合わせる電話番号

何をやってもドコモ光がつながらないときは、サポート窓口に電話するしかありません。
サポート窓口の電話番号は下記のとおりです。

ドコモ光問い合わせ窓口の電話番号
ドコモの携帯電話から:151
その他の電話から:0120-800-000
受付時間:24時間

まとめ

ドコモ光がつながらない原因は主に以下3つのどれかです。

  • モデムかWi-Fiルーターの不具合
  • プロバイダに通信障害が起きている
  • ドコモ光の回線に通信障害が起きている

プロバイダやドコモ光の回線に障害が起きている可能性は低いので、最初にモデムやWi-Fiルーターを再起動させたり、設定に問題がないか確認してみましょう。

何をやってもつながらないときはサポート窓口へ電話するか、他の光回線に乗り換える方法を検討してください。