閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

ソフトバンク光のWi-Fiは光BBユニットで十分。市販のルーターが必要なときって?

ソフトバンク光 光BBユニット

ソフトバンク光でWi-Fiを利用したいときの機器は、光BBユニットだけで事足ります。光BBユニットとはソフトバンク光から月額990円でレンタルできる機器のことで、ONUに光BBユニットをつなげるだけで快適なインターネット環境が整うのです。

もちろん、ONUとに市販の無線LANルーターを使用もできますが、難点は最新の接続方式であるIPv6の機能が使えないこと。インターネット回線によほど詳しい人であれば接続できるそうですが、初心者の方は光BBユニットにしておいたほうが無難でしょう。

インターネット回線の速度に関しても1Gbpsと申し分ない光BBユニットですが、カバーできないことも中にはあります。この記事では、ソフトバンク光のWi-Fiを使ううえで光BBユニットだけでも事足りる理由と、他の機器が必要な場合について解説していきます!

ソフトバンク光のWi-Fiを利用するには光BBユニットで十分

ソフトバンク光のWi-Fiを利用するには光BBユニットを使っておけば、まず問題ありません。理由は3つあります。

光BBユニットがないとIPv6が使えないから

ソフトバンク光の光BBユニットを使うべき理由は、最新接続方式であり、無料のオプションでもあるIPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE+IPv4)が利用できるからです。よほどのネットワークに詳しくなければ、市販の無線ルーターでIPv6の設定をすることは難しいと言われています。

ネット上で「ソフトバンク光の速度が遅い」という口コミがよく見られますが、IPv6への切り替えを行うことで改善されたという声も多く聞かれるのが実情です。通信速度の速い快適なインターネット環境を楽しみたいなら、IPv6への切り替えとともに光BBユニットを利用することをオススメします。

「おうち割 光セット」で月額500円で利用可能になるから

光BBユニットをレンタルするにあたって月額990円がかかりますが、「おうち割ひかりセット」に入ると月額500円で利用できるようになります。「おうち割光セット」とは、ソフトバンク光と一緒にソフトバンクの3Gケータイやスマホを一緒に利用することでスマホの月額利用料金を500~1,000円割引になるというサービス。

そのほかの特典として、光BBユニットのレンタルを含む以下の3つのオプションサービスが500円で使えるようになります。

  1. ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/ BBフォンのいずれかの光電話サービスに加入
  2. IPv6への接続を可能にする光BBユニットに加入
  3. 無線LAN機能が使えるようになるWi-Fiマルチパックに加入

ルーターの代金は5,000~10,000円程度であることから、通常のレンタル料金である月額990円は高く感じる方もいたかもしれませんが、おうち割光セット適用後は2年間で11,800円と、高めのルーターを購入するのとあまり変わりません。2年もすれば、ルーターをはじめとした機器の機能もアップデートされているはずですから、自分で手間をかけて買い直すよりも、常に最新の機能が搭載された光BBユニットをレンタルし続けていたほうが手軽に済みそうです。

スペックがそもそも十分高いから

光BBユニットを選ぶ理由として、スペックがそもそも十分高いことが挙げられます。伝送速度も1Gbpsであるほか、無線LANの規格も一番新しいIEEE 802.11acにも対応しています。安いルーターを買うくらいなら、光BBユニットのほうが良いのです。

光BBユニットよりも性能の高いルーターを買った場合にも、設定が難しく、仕組みをよく知っている人でないとルーターの良さを活かせない可能性があります。よほど機器の設定に詳しい方やこだわりがない方以外は、光BBユニットで事足りてしまうのです。

ソフトバンク光公式サイト:光BBユニット2.3の仕様を教えてください。

範囲を広げたい、パワーが欲しい場合などは市販のルーターの用意を

ソフトバンク光のWi-Fiを利用する際には、基本的に光BBユニットのみで十分ですが、Wi-Fiの範囲を広げたい場合やパワーを強化したい場合など、ルーターを用意したほうがいいときもあります。

複数の部屋にwi-Fiの電波を届けたいとき

戸建で他の部屋にもwi-Fiを届かせたいときは、市販のルーターを買ったほうがいい場合もあります。実際に「ソフトバンク光の電波が弱い・つながりにくい」という相談のなかには、単に範囲が広すぎて届いておらず、ルーターを介すことで解決されたというものも多いのです。

ビームフォーミング機能を使いたいとき

ルーターのビームフォーミング機能を使いたいときにも、市販のルーターを購入する必要があります。ビームフォーミング機能とは、無線LANや携帯電話の電波利用効率を高める技術のひとつで、通常の発信が360度あらゆる方向に飛ぶのに対し、特定の方向に向けて電波を飛ばすことを指します。この機能は光BBユニットには搭載されていないので、電波の利用効率を高めて通信の強度を上げたい場合には市販のルーターを用意するようにしてください。

MIMO機能が使いたいとき

MIMO機能 とは、Multi-Input Multi-Outputの略語。送信機と受信機の両方に複数のアンテナを搭載し、通信品質を上げられるワイヤレス通信技術を指します。通常2.4GHzよりも5.0GHzのほうが通信強度が増しますが、5.0GHzの周波数は別の部屋に電波を届けづらい特徴があります。MIMO機能を使えば、周波数帯域を変えずに通信速度を高め、通信距離を伸ばせるので、部屋がたくさんある家ではMIMO機能を搭載したルーターを使用したほうが良いかもしれません。

まとめ:部屋が多い家での使用や強度や回線速度にこだわりがある場合以外は、光BBユニットだけで十分

光BBユニットは、伝送速度が1Gbpsで、一番新しい無線LAN規格のIEEE 802.11acにも対応していることから、最低限のスペックは備えています。実際に使ってみて、他の部屋に電波が届きづらい、速度が怪しいなどといったことがない限り、市販の無線LANルーターを買う必要はないでしょう。

また、IPv6を使わないソフトバンク光の回線速度の評判はよくありません。ソフトバンクのスマホとセットの場合、500円の月額料金で使えるようになるので、加入したほうが良いでしょう。加入することでスマホの通信料金も500~1,000円安くなるので、金銭的な負担が増えることはありません。

キャッシュバック金額・受取方法に注目!ソフトバンク光おすすめ窓口

おすすめ窓口STORY

現金33,000円キャッシュバック
開通月から最短2か月後に現金33,000円がキャッシュバック!通常30,000円キャッシュバックが「わたしのネットを見た」経由で申込みで、プラス3,000円の33,000円に!有料オプションに加入不要でキャッシュバックを受け取れるのはうれしいですよね!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大70,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る