閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ソフトバンク光のWi-Fiは光BBユニットで十分。市販のルーターが必要なときって?

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

ソフトバンク光 光BBユニット

ソフトバンク光でWi-Fiを使い、スマホやタブレットなどを接続したいとお考えですね。

ソフトバンク光でWi-Fi機能を利用するためには、2つの方法があります。

ソフトバンク光でWi-Fiを利用するなら、市販の無線LANルーターを購入するより、ソフトバンク光で「光BBユニット」をレンタルすることをオススメします。

光BBユニットをレンタルすればWi-Fi機能が使えるほか、ソフトバンク光の速度を安定させる「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」の利用、スマホとのセット割「おうち割光セット」の適用にも不可欠です。

今回はソフトバンク光でWi-Fiを利用するために必要な光BBユニットのレンタル料金や申込み方法、光BBユニット以外の機器でWi-Fi接続する方法などを解説していきます。

また、ソフトバンク光の契約と同時にWi-Fiを利用したい人は、正規販売代理店・NEXTから申し込みましょう。

最大33,000円キャッシュバックのほか、無線LANルーターのプレゼントなどの特典も利用できますよ。

\最短2か月で最大33,000円キャッシュバック/
代理店・NEXTのキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

無線LANルーターを無料でレンタルできる光回線をお探しの方は、ぷらら光の契約も検討してくださいね。

♦最大55,000円キャッシュバック!♦
ぷらら光公式キャンペーンページを見る
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光のおすすめ申込窓口

ソフトバンク光のWi-Fiを利用するには光BBユニットで十分

ソフトバンク光のWi-Fiを利用するための選択肢としては、以下の2つの方法があります。

  • 光BBユニットをレンタルし、ソフトバンク光のONUと接続する
  • 市販の無線LANルーターを購入し、ソフトバンク光のONUと接続する

もともと自宅で使っていた無線LANルーターや、家電量販店などで購入できる機器でもソフトバンク光のONUに接続してWi-Fiを利用できますが、光BBユニットをレンタルするのがオススメですよ。

光BBユニットのレンタル料金は月額467円です。

ソフトバンク光で光BBユニットを利用すべき理由は、3つあります。

光BBユニットをオススメするポイントを、それぞれ解説していきましょう。

光BBユニットがないとIPv6接続サービスが利用できないから

ソフトバンク光の光BBユニットを使うべき理由は、ソフトバンク光の速度を安定させる「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」サービスが、面倒な設定もなしに利用できるからです。

ソフトバンク光はフレッツ光やドコモ光などの他社と回線を共有する、光コラボ事業者です。

フレッツ光や光コラボで利用するNTTの光回線は、2019年3月時点で国内シェア率No.1を誇りますよ。

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2019年3月末時点)株式会社MM総研
引用:株式会社MM総研 ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2019年3月末時点)

そのため、夜間や週末など多くの人がインターネットにアクセスする時間帯は、回線が混雑し、速度が落ちたり、つながらなくなったりするといわれていますよ。

ソフトバンク光では回線の混雑状態を回避して、安定して通信するための最新規格・IPv6を使った接続サービス「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」の提供を始めました。

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドを利用するオプション料金は、無料です。

ただし、IPv6高速ハイブリッドの利用には、光BBユニットの利用が条件ですよ。

光BBユニットのレンタル料金は月額467円ですが、Twitter上にもレンタル料金を支払ってでもIPv6高速ハイブリッドを利用すべきとの声があがっています。


光BBユニットを利用しない場合、ソフトバンク光の速度は遅いという声も聞かれました。

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドは、自動的にIPv6とIPv4を切り替えてスムーズに接続してくれますよ。

ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリットサービスを利用している人の速度は、高速なようです。

光BBユニットをソフトバンク光のONUにLANケーブルで接続すれば、難しい設定なども必要なく、IPv6高速ハイブリットサービスを利用できます。

インターネットにくわしい人でなければ、市販の無線ルーターでIPv6の設定をすることは難しいという声もありますよ。

ただし、IPv6高速ハイブリットサービスの利用には手続きが必要な場合もあります。

光BBユニットが手元に届いたら、ソフトバンク光の「接続方式変更のお申し込み」ページから手続きをし、IPv6 IPoEでの接続を申し込みましょう。

また、ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリットについては IPv6接続の仕組みや設定までのくわしい手順などを解説した記事も参考にしてください。

「おうち割 光セット」の適用条件だから

光BBユニットのレンタルは、ソフトバンクのスマホや携帯電話とのセット割「おうち割光セット」の適用条件のひとつです。

光BBユニットのレンタル料金は467円ですが、おうち割光セットが適用されると毎月携帯電話契約1台あたり500円~1,000円の割引が受けられるので、実質無料で利用できますよ。

また、おうち割光セットの適用には光BBユニットのレンタル以外にも、以下のオプションへ加入しなくてはいけません。

おうち割の適用に加入必要なオプション3つ

  • 光BBユニット
  • Wi-Fiマルチパック/Wi-Fi地デジパックのいずれか
  • ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/ BBフォンのいずれか

すべてのオプションに加入すると、オプション料金だけで2,000円近い金額になるのですが、おうち割光セットの割引で3つのオプション料金はあわせて500円です。

ソフトバンク光オプション月額利用料
引用:ソフトバンク [SoftBank 光]SoftBank 光のオプションパック月額利用料(セット割)の内容を教えてください。

外出時にもWi-Fiスポットを利用できる「Wi-Fiマルチパック」や、固定電話より安く通話できる「光電話」など、契約すると便利なオプションとあわせて、お得に光BBユニットをレンタルできますよ。

市販の無線LANルーターは5,000~10,000円程度で購入できることから、長期的な利用を考えると毎月レンタル料金を支払うのは高いと感じる方もいるかもしれませんが、おうち割光セットの割引きなどを考えれば実質無料で利用できる可能性もありますよ。

また、光BBユニットは自動的に最新の状態へアップデートしてくれるので、常に最新の機能が搭載された光BBユニットをレンタルし続けたほうが買い替えの手間も減るといえるでしょう。

スペックがそもそも十分高いから

光BBユニットのスペックも、確認しておきましょう。

光BBユニットのスペック表
引用:ソフトバンク光公式サイト:光BBユニット2.3の仕様を教えてください。

最新型の光BBユニット・EWMTA2.3の伝送速度は1.3Gbpsと、ソフトバンク光の最大通信速度1Gbpsを超えています。

また、無線LANの規格も新しいIEEE 802.11acに対応しており、周波数帯も2.4GHzと5GHzを選んで接続できるなど、スペックは最新です。

もし、光BBユニットよりも性能の高いルーターを買った場合にも、設定が難しく、仕組みをよく知っている人でないとルーターの良さを活かせない可能性があります。

よほど機器の設定に詳しい方やこだわりがない方以外は、光BBユニットで事足りてしまうのです。

光BBユニットを申込む方法

現在、ソフトバンク光を契約中で光BBユニットを申込みたい場合は、以下の方法で手続きしましょう。

また、ソフトバンク光の契約とあわせて光BBユニットを申し込みたい場合は、ソフトバンク光の公式窓口やソフトバンクショップからでも手続きができますが、ソフトバンク光の正規販売店代理店からの申し込みがオススメです。

なぜなら、ソフトバンク光は公式窓口から申込んだ場合、受けられるのは公式キャンペーンだけですが、代理店から申込めば代理店限定キャンペーンも一緒に受け取れます。

中でも株式会社NEXTでは、ソフトバンク光の公式キャンペーンに加えて、以下の特典を1つ選んで受けられますよ。

NEXTの選べるキャンペーン

最大33,000円のキャッシュバックのほか、家が広く、光BBユニットと無線LANルーターを接続したほうが安心という方は、高性能無線LANルーターを無料で手に入れられますよ。

NEXTのキャンペーンはオプションの加入なども不要で、最短開通の2か月後に受け取れます。

ぜひ、お得にソフトバンク光を申込みましょう。

\最大33,000円キャッシュバック/
NEXTのキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

範囲を広げたい・パワーが欲しい場合などは市販のルーターの用意を

ソフトバンク光でWi-Fiを利用する際には、基本的に光BBユニットのみで十分ですが、Wi-Fiの範囲を広げたい場合やパワーを強化したい場合など、市販の無線LANルーターを用意したほうがいいときもあります。

ただし、市販の無線LANルーターだけではソフトバンク光のIPv6高速ハイブリットで接続できないので、光BBユニットをレンタルしたうえで、光BBユニットから無線LANルーターの接続をオススメしますよ。

では、ソフトバンク光で無線LANルーターも必要なケースを確認してみましょう。

複数の部屋にWi-Fiの電波を届けたいとき

戸建住宅ですべての部屋にもWi-Fiの電波を届かせたいときは、市販のルーターを買ってさらに無線接続可能な範囲を広げたほうがいい場合もあります。

Twitter上にも光BBユニットだけでは各部屋にWi-Fiの電波が届かず、市販の無線LANルーターを購入したという人がいました。

Wi-Fiの電波を増幅して各部屋に飛ばす中継器として、市販の無線LANルーターを使っているという人も。

光BBユニットで部屋によって電波が弱いと感じるときは、周波数帯を障害物に強い2.4GHzに変更するとよいという声もありました。

市販の無線LANルーターを購入する前に、試してみてくださいね。

ビームフォーミング機能を使いたいとき

無線LANルーターのビームフォーミング機能を使いたいときにも、市販のルーターを購入する必要があります。

ビームフォーミング機能とは、無線LANや携帯電話の電波利用効率を高める技術のひとつで、通常の発信が360度あらゆる方向に飛ぶのに対し、特定の方向に向けて電波を飛ばすことを指します。

この機能は光BBユニットには搭載されていないので、電波の利用効率を高めて通信の強度を上げたい場合には市販のルーターを用意しましょう。

ソフトバンク光で光BBユニットをレンタルし、ビームフォーミング機能のある無線LANルーターを接続している人は、速度が「安定している」といっています。

MIMO機能が使いたいとき

MIMO機能 とは、Multi-Input Multi-Outputの略語です。

送信機と受信機の両方に複数のアンテナを搭載し、通信品質を上げられるワイヤレス通信技術を指します。

通常2.4GHzよりも5GHzのほうが通信強度は増しますが、5GHzの周波数は別の部屋に電波を届けづらい特徴があります。

MIMO機能を使えば、周波数帯域を変えずに通信速度を高め、通信距離を伸ばせるので、部屋がたくさんある家ではMIMO機能を搭載したルーターを使用したほうがいい場合もあります。

光BBユニットにはMIMO機能が搭載されていないので、必要ならば市販の無線LANルーターを接続することになるでしょう。

無料でIPv6対応無線LANルーターをレンタルしたいならぷらら光もオススメ!

無線LANルーターは家電量販店や通販サイトなどで購入ができますが、光BBユニットもレンタルしなくてはIPv6 IPoE + IPv4を使った接続方式は利用できません。

光BBユニットで毎月467円のレンタル料金を支払うのは抵抗があるという方は、IPv6対応無線LANルーターを無料でレンタルできるぷらら光の契約も検討してみましょう。

ぷらら光はソフトバンク光と同じく、NTTの光回線を使う光コラボですが、契約者に向けIPv6 IPoE + IPv4接続方式で通信できる「ぷららv6エクスプレス」を提供しています。

ぷららv6エクスプレスも対応の無線LANルーターを利用しなくてはいけませんが、ぷらら光ではレンタル料金無料で貸し出してくれますよ。

ぷららv6エクスプレス対応 Wi-Fiルーター無料レンタル
引用:ぷららv6エクスプレス対応Wi-Fiルーター

ぷらら光でレンタルできる無線LANルーターは、I・O DATA製のWN-PL1167EX01という機種で、通信速度は867Mbpsと光BBユニットに劣りますが、MIMO機能やビームフォーミング機能も搭載した高性能ルーターです。

ぷらら光レンタルルーターI・O DATA製 WN-PL1167EX01
I・O DATA WN-PL1167EX01概要・特徴

レンタル料金をかけずに充実した機能を搭載した無線LANルーターを利用できるので、オススメですよ。

さらにぷらら光では公式キャンペーンとして、最大55,000円をキャッシュバックするキャンペーンも実施中です。

くわしくは、ぷらら光をオススメできる人や評判をまとめた記事をご覧ください。

♦最大55,000円キャッシュバック!♦
ぷらら光公式キャンペーンページを見る
※このボタンからお得な特典をチェック

まとめ

ソフトバンク光でWi-Fiを利用するなら、部屋が多い家や無線電波の強度・速度にこだわりがある場合以外は、光BBユニットだけで十分です。

光BBユニットはレンタル料金が月額467円ですが、伝送速度が1.3Gbpsで、無線LAN規格はIEEE 802.11ac、周波数帯も選べるなど、最新の規格に対応しています。

NTTの光回線の混雑状態を回避し、ソフトバンク光を安定して利用するために必要なIPv6高速ハイブリットの利用にも光BBユニットは必要です。

セット割のおうち割光セットが適用されれば、光BBユニットのレンタル料金を支払っても、スマホや携帯電話1台あたり500円~1,000円の割引を受けられるので、ぜひ申込みましょう。

ソフトバンク光の契約と同時に光BBユニットの申込みをするなら、最大33,000円キャッシュバックや無線LANルータープレゼントなどの特典が受けられる正規販売代理店・NEXTから手続きしましょう。

また、レンタル料金を支払わずに高性能の無線LANルーターを使いたい方は、ぷらら光公式キャンペーンページもチェックしてくださいね。

\ 【最新】ソフトバンク光おすすめ申込窓口 /
☞ 詳細記事はこちら「なぜ代理店がお得なの?ソフトバンク光を申込み際に代理店がお得な理由」
ソフトバンク光のおすすめ申込窓口

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます

コメント

  1. 回線こだわり太郎 より:

    本日私も光BBユニットを頼みました。今まではモデムとバッファローのWSR-300HPという無線ランルーターを使っていましたが夜になると速度が大変低下し困ったもので光BBユニット頼みました。
    ちなみにiPv6になると既存のWi-Fiルーターはもう使えなくなるもしくは十分な速度が出なくなるということなんでしょうか。

    1. わたしのネット編集部 より:

      ご質問ありがとうございます!

      光BBユニットをご利用になることで通信速度は大幅に改善されますね!

      これまで「WSR-300HP」を使用されていたとのことですが、こちらのルーターはiPv6接続に対応していませんので、残念ながら中継器として利用してもiPv6の速度を引き継ぐことはできません。
      ただし、光BBユニットの電波を広範囲に届けたい、より強いパワーでWiFiの電波を受信できるようにしたいということであれば、通信速度は遅くとも中継器としての利用価値はあります。

      とはいえ、光BBユニットは「WSR-300HP」よりスペックが優秀ですので、中継器として利用する必要はないと思われます。

コメントは停止中です。