閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXがつながらない!?WiMAXの通信制限と快適通信エリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WiMAXサービスを利用していて「つながらない」または「スピードが遅い」と感じたことはありませんか。
WiMAXはどこででも手軽にインターネットが楽しめると人気のポータブルWiFi端末ですが、通信制限がかかってしまうこともある通信回線です。

そこで今回は「WiMAXが繋がらない原因、スピードが遅い原因をWiMAX通信制限と快適通信エリアを用いて詳しくご紹介します。

WiMAXの契約プランごとに異なる通信制限

Broad WiMAXに申し込みを行うと、ギガ放題プラン、ライトプランの2つのプランから選ぶことができます。
この2つのプランは料金が異なるだけでなく、通信速度やつながりやすさもそれぞれ異なるプランです。

更に、ギガ放題プランから”ギガ放題月額最安プラン””ギガ放題ベーシックプラン”の二つ、
ライトプランから”月額最安プラン””ベーシックプラン”の二つのプランに枝分かれした料金形態になっています。

こちらの記事では主にそれぞれのベーシックプランの説明は省略し、安くて人気の高い”ギガ放題月額最安プラン”と”月額最安プラン”について取り上げていきます。

ギガ放題プラン

WiMAXの快速ネット回線をたっぷり使えるプランがギガ放題プランです。

ギガ放題月額最安プランでは、加入後2ヶ月は基本使用料4,011円から1,285円割引が適用された月額2,726円、
加入後2~24ヶ月は基本使用料4,011円から600円の割引が適用された3,411円の月額利用料金で月間データ量上限なしの通信回線使い放題のプランを利用することができます。

月間ノーリミットプランですが、混雑回避のため3日間の通信速度上限として10GBのルールが定められています。
3日間の道警通信量が10GBを超えると速度制限がかかってしまいインターネット利用に支障をきたしてしまいます。

ただインターネット利用ができなくなるのかといえばそういうわけではなく
回線速度に制限はかかっているものの概ね1Mbpsのスピードでインターネット接続を行うことができます。
1Mbpsはネット動画の標準画質レベルを視聴できるスピードで、通信障害のように全く通信接続ができないわけではありません。

10GBのデータ量はネット動画を超高画質でおよそ7時間見続けた時のデータ量、高画質(HD画質)の動画を13時間見続けた時
もしくは、標準画質(SD画質)のネット動画をおよそ47時間見続けた時のデータ量にあたり
普通にインターネット利用している場合にはほとんど10GBを超えることはありません。

一般的なインターネット通信サービスであれば、1日当たり15Mbps程度とされていて、10GBをMbpsに換算すれば10,000Mbps程度になるので、ネットでテレビを見るようなよほどの使い方をしない限り3日間で10GBを超える可能性はほとんどありません。
また3日間の制限がかかっても翌々日には通信規制が解除され、ギガ放題をたっぷり楽しむことができます。

ライトプラン

ライトプランは通信量が控えめな人におすすめのプランです。
月額料金は3,326円。1~24ヶ月目は月額料金3,326円から600円割引された2,726円で月間7GBを利用できるのがこのプランの特徴です。

通信量は月量少ないものの通信料金を抑えることができます。
月間上限の7GBの通信量を超えた場合は、通信スピードが概ね128kbpsに低下し、速度規制を受けてしまいます。
128kbpsの通信データ量はメールチェックなどのインターネット利用には支障をきたさないスピードです。

翌月になればまた7GBまでの快適な通信を利用することができます。
利用していて7GBの上限では足りないと感じた場合は、月単位でプラン変更を何度でも見直すことができ、ライフスタイルに合わせた上手なインターネット利用を行えます。

auスマートバリューmineでさらにネットをお得に利用

Broad WiMAXでは、ギガ放題プランもしくはライトプランのどちらかのプランにお申し込みのauスマホユーザーにさらにお得に利用してもらえるよう
WiMAX2+×auスマホをセットにしたauスマートバリューmineを行っています。

これはauスマートフォンもしくはauケータイをお持ちの人にお得にインターネットを楽しんでもらうためのサービスで
セット利用をするとauスマホ、auケータイの月額利用料が最大で934円割引されるというものです。

すでにauユーザーであればWiMAXにお申込みいただいたときにauスマホ割に申し込みし
その後KDDIお客様センターに連絡をし、auスマートバリューmineに申し込みを行うだけです。

またauユーザーでなくても、WiMAXの購入に合わせてauスマホにお乗り換えいただければauスマートバリューmineに申し込むことができます。

おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

WiMAXは利用機種ごとに通信スピードが異なる

高速モバイル通信WiMAXではポケットWi-Fiルーターを使ってインターネット回線を楽しめるようになっていますが
このインターネットなどの通信スピードは利用する通信機器の性能によって大きく変わってきます。

現在、WiMAXが力を入れている製品には、WiMAX2+の回線とau4GLTEの回線の両方を受信できるものと、WiMAX2+のみの回線を受信できる端末とあります。
それでは主力のWiMAX端末を詳しくご紹介しましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W04

現在、WiMAXの主力となっているWiMAX機器がSpeed Wi-Fi NEXT W04です。
下りの最大通信速度440Mbpsの高速通信に対応したこの端末は、4×4MIMO CAを実現することで、これまでにないスピードでインターネットを利用できるようになりました。

対応ネットワークはWiMAX2+回線とau4G LTE回線の2つ。

通信パフォーマンスを利用用途に合わせて、最大スペックで楽しめる”ハイパフォーマンスモード”、快適に9時間利用できる”ノーマルモード”、
メールの送受信などだけで省エネ利用できる”バッテリーセーブモード”の3段階から選らんで利用することができます。
お洒落なデザインで持ち運びやすく、初心者でも安心して使えます。

Speed Wi-Fi HOME L01

主に自宅でインターネットを利用する人におすすめなのが固定回線代わりに使えるSpeed Wi-Fi HOME L01です。

自宅でのインターネット固定回線利用時に必要な回線開通工事などを行う必要がなく、自宅のコンセントにつなぐだけで利用できる優れものです。

WiMAX2+とau4G LTEの回線を両方使え、WiMAX2+における4×4MIMO CA通信に対応し、下りで最大440Mbpsの高速インターネット通信を行うことができます。

2.4G/5GHzのWi-Fi同時利用ができ、それぞれ20台まで接続することができるので、自宅の部屋の壁などがあってもスムーズにインターネット利用ができます。

またLANポートを使えばケーブル接続することもでき、最大で42台まで接続可能です。
どんな部屋にもマッチするシンプルなデザインで、夜間などにはLED消灯モードを搭載してあるので明かりを気にすることなく就寝できます。

Speed Wi-Fi NEXT WX03

WiMAX2+の通信回線を使って下り最大440Mbpsの高速通信ができるWiMAX端末がSpeed Wi-Fi NEXT WX03です。

4×4MIMOの技術とCA技術の融合により高速通信を実現しています。

2.4インチの液晶ディスプレイはタッチパネルになっていて見やすく使いやすいデザインです。
あらゆる方向から電波をキャッチできるよう別売りのクレードルを装着することで、3直交偏波アンテナへと変化します。

WiMAXの快適通信エリアと快適通信エリア外

現在、WiMAXは利用できるサービスのエリアの拡充を進めていて、日本の広範囲にわたって利用することができます。
しかし、WiMAXのサービスが提供されているエリアであっても市街地などから離れると電波状況が悪くなったり、
地下であったりするとWiMAXの接続が行えなくなることがあるので、事前にWiMAXを利用したいサービスエリアを確認しておく必要があります。

WiMAXではホームページ内で、サービス対応エリアを把握できるようサービスエリアマップを公開しています。
参照: http://wimax-broad.jp/area.php

またさらに詳しく、特定のサービスエリアでWiMAXの利用ができるかどうかの判定が行えるピンポイントエリア判定というサービスも行っています。
細かい住所を指定することでより明確にWiMAXの電波受信状況かどうかがわかります。

au4G LTEエリア

WiMAX端末の中にWiMAXの通信回線だけでなく、auの4G LTE回線も利用できる機器がありますが、
LTE対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで、より通信状況がよくつながりやすいau4G LTEオプションで利用することができます。

このau4G LTE通信プランは、auスマートバリューmineにお申し込みの人であれば無料で利用することができますが、
au以外の人が利用する場合は月額1,005円必要となります。

自宅でWiMAX2+の回線を利用していて、出かけ先でWiMAXの通信が利用できない場合などにより
広範囲をカバーしているau回線に切り替えることで、どこでも快適なインターネット利用を行えます。

実効速度が出ない場合

WiMAX2+はシステム上、通信速度が最大で440Mbps出るものとされていますが、
電波の受信環境や接続方法、ご利用いただいているWiMAX端末機器などの要因で通信速度が低下することがあります。

WiMAXをより高速で、安定した速度で利用するためには、受信環境、接続方法、利用機器の設定を行うことが大切です。

受信環境の改善では、WiMAXルーター端末の通信モードの設定を省電力モードやバッテリーセーブモードからハイパフォーマンスモードに設定することで改善が行われます。
省電力モードやバッテリーセーブモードはWiMAX2+およびWi-Fiの通信を制限して省電力を行っているため、通信障害が起こり本来の通信速度が実現できないようになっています。

通信状態を改善させたい場合は、端末機器の設定をハイパフォーマンスモードに変更します。

接続方法でもまたWiMAX通信速度の改善が行えます。
WiMAXルーターは、Wi-FiもしくはUSBで接続を行うことができますが、高速通信を行いたい場合にはUSB接続を行います。

USBケーブル接続の実験ではUSB接続で380Mbps以上のスピードが確認されています。
またWi-Fi接続であってもWi-Fi(802.11ac)接続のほうが通常のWi-Fi接続よりも速いことが確認されています。

Wi-Fiでの通信はほかのWi-Fi機器やBluetooth、電子レンジなどの電波干渉を受けることがあるので、
ほかの電波機器を使用していない状況でWi-Fi接続をすることをお勧めします。

接続を行っているパソコンなどの機器のWi-FiモジュールやCPU、OSなどによって通信速度が若干変わってきます。

実効速度はCPUやOS、Wi-Fiモジュールの性能に依存し、
またスマートフォンなどの機器ではWi-Fiの最大速度の上限が設けられていることがありWi-MAX端末の最大速度を出せないことがあります。

根本的な要因で通信速度が低下している場合、機器を交換する以外に解決策がない場合もありますが、一部機器によっては設定で対応できるものもあります。

Windows7またはWindows Vista、Windows8、Windows8.1ベースのモバイルパソコンの場合、
パソコンがバッテリー電源で動作しているため通信速度が遅くなることが分かっています。
パソコンをAC電源で接続し、パソコン内の設定の省電力電源プランをオフにすることで通信速度の改善が行えます。

エリア改善要望

WiMAXではWiMAX2+およびWiMAXエリアや電波状況についてお客様からの声を集めています。
お問い合せいただいたお客様からの声をもとに今後のエリア展開や品質改善につとめ、より快適なWiMAX通信生活を楽しんでもらえるようにしています。

また直近でエリア拡充した地域やエリアサービスの状況を毎週更新し、よりわかりやすくしています。
エリアに関するサポートはメールでの受付を中心に行っています。
また場合によっては電話でオペレーターに相談することもできるので安心です。

4.ライトプランとギガ放題プランの比較

ここまでWiMAX回線のプランと快適な通信を行うための方法をご紹介してきましたが、
やはり根本的に快適な高速通信を楽しむにはどのプランを選ぶのかということが大事になってきます。

前述したようにWiMAXの通信プランには月の上限なく通信を楽しめるギガ放題プランとライトプランの2つが用意されています。

月額を抑えたいという人やそれほど通信回線を利用しないという人はライトプランを選んでいる場合が多いですが、
本当にそのプランが自分に合ったものかどうかはなかなか判断しがたいものです。

ここでは、ギガ放題プランとライトプランがどれくらい違うものなのかということを見ていきましょう。

WiMAXのプラン内容比較

ギガ放題プランライトプラン

月額利用料 4,011円
(契約から最大2ヶ月2,726円)
3,326円
(契約から2年間2,726円)
月間データ通信量上限 なし
(3日間で10GB以上となった場合一時通信制限あり)
7GB
(1ヶ月で7GBを超えた場合月内通信制限あり)
通信制限がかかる利用データ通信量 直近3日間で10GB以上
(3日間で10GBを超えた翌々日緩和)
7GB(翌月解除)
通信制限時利用速度 1Mbps 128kbps
料金プランの変更 手数料なし
翌月から適用
LTEオプション auスマートバリューmine
加入者特典として無料
(auスマートバリューmine加入者以外は1,005円/月)
1,005円/月

料金プランをギガ放題プランとライトプランで比較してみると、どれくらい内容が違うのかがよくわかります。

まずは月額の利用料です。
ギガ放題プランは月額4,011円でライトプランと685円しか違いません。
それなのに利用できる月のデータ上限は無制限と大きく異なります。
通信制限を受けた時のデータ通信量を比較してみてもその違いは明らかです。

WiMAXではより多くのお客様にデータ通信を楽しんでもらえるよう短期間に多くのデータ通信を行った場合に、ネットワーク混雑回避のため利用制限を設けています。
ギガ放題プランが通信制限を受けた場合、上限スピードが1Mbpsなのに対し、ライトプランは128Kbpsの通信容量になってしまいます。

この数字だけ見てもなかなかどれくらいのスピードかわかりにくいですが、単位をそろえるとその差は歴然です。
1Mbpsをkbpsに直すと、通信容量は1,000kbpsになり、そのスピードは128kbpsのおよそ8倍の速さになります。

メールの閲覧だけであれば128kbpsは問題なくできるスピードですが、ウェブページの閲覧となるとなかなかページが開けないという状態になってしまいます。
フリーメールなどを使用している場合はそのフリーメールサイトにアクセスすること自体が難しくなってしまうというわけです。

またWiMAXユーザーでauスマホ、携帯利用者に適用されるauスマートバリューmineの特典はギガ放題プラン、ライトプランどちらもスマホの料金がお得になる特典は受けられますが、オプションで付けられるLTE回線利用の特典はギガ放題プランのみが無料で利用できます。

LTEオプションはWiMAXの電波が届きにくい場所で、安定的に利用できるauの4G回線を利用できるというものです。
これを有料でオプション加入すれば、ライトプランの料金3,326円+1,005円になるので、結局ギガ放題プランのほうが得になってしまいます。

そこまでインターネット利用は行わないと思っている人でも、ネットサーフィンや写真付きのメールなどを頻繁に送っているとすぐに7GBの上限を超えてしまうことがあります。
利用内容に合わせて都度プランを見直すとお得に通信を楽しむことができます。

まとめ

WiMAXは申し込むプランと利用するルーター端末の性能によって通信速度が異なってくるサービスです。
WiMAXが展開しているプランのギガ放題は月間通信量の上限がないサービスで、たっぷりインターネットを楽しみたい人におすすめのプランです。

ライトプランは月間通信量の上限が7GBとリミットが定められていて、LTEオプションをつける場合には料金がギガ放題プランよりも高くなるので、その場合はあまりお勧めができません。

WiMAXは外出先でインターネットを楽しむことに特化した持ち運びに便利なモバイルルーターです。

サービス開始の初期はどちらのプランも2,726円の同じ料金で利用することができるので、まずはギガ放題の通常プランで申し込み、利用データ量の様子を見て自分に合った料金プランを選ぶことをお勧めします。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事