閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

LINEモバイルの評判まとめ!料金が安い格安SIMを契約したい人はチェック!

LINEモバイル 評判

月額300円~という衝撃的な安さで使い始められる「LINEモバイル」。

「え!?そんなに安いなら1回乗り換えてみようかな…」と、思わず気になってしまった方も多いのではないでしょうか。

LINEモバイルには、TwitterやInstagramなどのSNS利用時にデータが消費されない「データフリー」機能もあり、「ネットを使うのはSNSがメイン!」というみなさんにはとくにオススメですよ。

今回は、LINEモバイルに乗り換えるべき人をズバリ発表していきます。

また、「LINEモバイルってどんな回線?」「他社との料金比較・速度比較が知りたい!」「実際の申し込み方法は?」といったみなさんの疑問にもしっかりお答えしていきますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

LINEモバイルとはどんな格安SIM?

LINEモバイルは、LINEモバイル株式会社が運営しているMVNOで、2016年9月からサービスの提供が開始されました。

そもそもMVNOとは、自社で設備を用意するわけではなく、他社の通信回線を借りてサービスを行う事業者のことで、LINEモバイルでもドコモ・au・ソフトバンクという3つの大手キャリアの回線を利用しています。

そのため、元々ドコモやau、ソフトバンクのキャリアで利用していたスマホをそのままLINEモバイルでも使用できます。

、元々利用していたキャリアであればSIMロックを解除する必要もなく、あらためてスマホを買い直す必要のないのは嬉しいですよね。

さらになんといっても、最大のメリットはその月額料金の安さ。

2019年6月現在の今なら月額300円~という驚きの低価格でLINEモバイルを使い始められるため、「とにかく安くスマホを契約したい!」という方にイチオシです。

LINEモバイルはソフトバンク・ドコモ・auから回線を選べる!

先ほどもご紹介しましたが、LINEモバイルではドコモ・au・ソフトバンクの3種類から契約する回線を選べます。

通常、大手キャリアから格安SIMに乗り換えるときには、使用する回線が変わるケースが多いため、端末のSIMロック解除が必要になるのですが、LINEモバイルならドコモ・au・ソフトバンクのどれから乗り換えてもその必要はありません。

通信できるエリアも、ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれがカバーする範囲とまったく同じです。

ただし、LINEモバイルが借りている回線は大手キャリアが元々持っている分のあくまでも一部でしかないため、アクセスが集中する時間帯には大手キャリアで契約しているときよりも、速度が遅くなってしまう可能性があります。

5月19日から6月20日まででLINEモバイルの電波や回線について調査してみたところ、以下のような口コミがみつかりました。

また、選ぶ回線によって細かいサービスエリアやオプションなどが多少変わってきますので、契約前にしっかりチェックしておきましょう。

LINEモバイルへの乗り換えがオススメな人は?

次の項目に1つでも当てはまるものがある方は、LINEモバイルへの乗り換えがオススメです。

  • 料金を安くしたい人
  • SNSのヘビーユーザー
  • LINEの年齢認証を格安スマホでも行いたい人

ここからは、それぞれの根拠にもなっているLINEモバイルのメリットをさらに詳しくご紹介していきます。

【2019年6月段階】月額300円~から契約ができる!

月額300円キャンペーン
引用:公式/LINEモバイル

現在LINEモバイルでは、毎月の基本利用料が300円~という破格の料金に値下げされるキャンペーンを開催中。

細かい条件はまたのちほどご紹介しますが、契約初月~4ヶ月まではこの大幅値下げが適用されるのでお得にインターネットを楽しめます。



データフリーでSNSやLINE MUSICの通信が使い放題

LINEモバイルのデータフリー
引用:データフリーでデータ通信量を30%節約|LINEモバイル

LINEモバイルでは、次のサービスをどれだけ利用してもデータの通信量としてカウントされない「データフリー」を導入しているところも注目ポイント。

  • LINE(ライン)
  • Twitter(ツイッター)
  • Facebook(フェイスブック)
  • Instagram(インスタグラム)
  • LINE MUSIC(ラインミュージック)

たとえ契約している通信容量をすべて使いきって速度制限がかかっている状態でも、これらのサービスなら高速通信でサクサク利用でき、SNSとLINE MUSICのヘビーユーザーにはかなり嬉しいメリットとなっています。

5月20日~6月19日までで「LINEモバイル 使い放題」のキーワードでTwitterを調査したところ、49件の口コミがありました。

ただし、各SNSから外部リンクへ接続するときや、インスタライブなどのストリーミング配信はデータフリーの対象外なので、気を付けましょう。

テザリングを利用している端末もデータフリーになる

データフリーは、LINEモバイルで契約中の端末はもちろん、その端末でテザリングを行っている別の端末にも実はきちんと適用されます。

LINEモバイル テザリングで調査したところ、10件の口コミがありました。

お使いの端末がテザリングに対応していなければそもそもこの恩恵を受けることはできませんが、対応端末であればLINEモバイルのスマホをWi-Fiルーター代わりに利用できますよ。

手持ちの他のスマホやタブレットで閲覧したSNSのデータ通信量もノーカウントになるので、使い方次第でかなり上手に節約するできるでしょう。

テザリング自体の利用料金も、もちろん無料です。

LINEの年齢認証ができる

LINEで友達のID検索を行う際に必要な年齢認証は、ドコモ・au・ソフトバンクとLINEモバイルでしか設定をおこなえません。

格安SIMで年齢認証の手続きができるのはLINEモバイルだけなので、貴重なメリットのひとつとなっています。

5月20日から6月19日までで「LINEモバイル 認証」のキーワードでTwitter調査したところ、22件の口コミがありました。

ちなみに、LINEモバイルでの年齢認証は次の流れで行えますので、ぜひ参考にしてください。

  • ブラウザからLINEモバイルのマイページにログインする
  • 「契約情報」画面を開き、「利用コード」に記載されている文字列をコピーする
  • LINEアプリを起動後、「ホーム」→「歯車アイコン(設定)」→「年齢確認」の順にタップし、開いた画面の「年齢確認結果 不明」となっている欄を選択する
  • 「年齢確認を行いますか?」というダイアログが表示されるので、「LINEモバイルをご契約の方」を選び、先ほどコピーした利用コードを入力する
  • 年齢確認結果の欄に「ID検索可」と表示されていれば設定完了

LINEモバイルは料金が安いと評判!!2019年6月現在キャンペーン利用で月額300円

ここからは、LINEモバイルの料金についてさらに掘り下げてご紹介していきます。

まず、LINEモバイルには以下の3つの料金プランがあり、プランごとの主な違いはデータフリーが適用されるサービスの範囲です。

月額料金生金
データSIM
データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
データフリー
サービス
LINEフリー
500円/1GB 620円/1GB 1,200円/1GB LINE
コミュニケーションフリー
1,110円/3GB
1,640円/5GB
2,300円/7GB
2,640円/10GB
1,690円/3GB
2,220円/5GB
2,880円/7GB
3,220円/10GB
LINE
Twitter
Faebook
instagram
MUSIC+
1,810円/3GB
2,140円/5GB
2,700円/7GB
2,940円/10GB
2,390円/3GB
2,720円/5GB
3,280円/7GB
3,520円/10GB
LINE
Twitter
Faebook
instagram
LINE MUSIC

※税抜金額を表示しています。

データフリーに入っているサービスなら、どれだけ使っても契約中のデータ容量から通信量が差し引かれないため、LINE以外のSNSもよく利用する場合は「コミュニケーションフリー」プランを、普段からLINE MUSICで音楽を聴いている場合は「MUSIC+」プランを検討するのがいいでしょう。

また、月額料金は選ぶSIMのタイプとデータ容量によっても大きく異なり、それぞれのSIMの違いは次のとおりです。

利用可能なサービス
データ通信
SMSの送受信
音声通話
データSIM
データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM

同じような条件の料金プランを大手キャリアと比較すると、LINEモバイルは断トツの安さを誇っていることがわかります。

月額料金
LINEモバイル
1,200円
ドコモ
4,900円
ソフトバンク
5,900円
au
7,460円

※税抜金額を表示しています。
LINEモバイル:音声通話SIMの料金を比較しています。
ドコモ:ベーシックパック、~1GBの料金です。
ソフトバンク:スマ放題、データ定額ミニ1GBの料金です。
au:新auピタットプランの料金です。

5月20日から6月19日で「LINEモバイル 料金」のキーワードで調査したところ、45件の口コミが見つかりました。

LINEモバイルでは余ったデータ通信量を原則として翌月末まで繰り越すこともでき、当月中に使いきれなかった分が無駄になることもないので安心です。

ただし、LINEモバイルの「データ」には厳密に言うと4つの種類があり、中には有効期限が当月末までのものもあるため気を付けましょう。

  1. 契約しているデータ → 翌月末まで
  2. 追加購入したデータ → 翌月末まで
  3. 前月からの繰り越しデータ → 当月末まで
  4. プレゼントされたデータ → 当月末まで

ちなみに、LINEモバイルの初期費用は以下のとおりです。

  • 登録事務手数料:3,000円
  • SIM発行手数料:400円

トータル3,400円で、利用開始月の翌月5日頃に請求されます。

この初期費用のうち3,000円の登録事務手数料については、家電量販店などで400円前後で販売されている「エントリーパッケージ」を購入することで実は無料にすることも可能です。

そうすると実質の初期費用は以下のとおりです。

<エントリーパッケージ利用後の初期費用>

  • SIM発行手数料:400円
  • エントリーパッケージ:400円前後

エントリーパッケージを利用することで、初期費用がトータル約800円となり、通常よりも2,600円節約できます。

しかしエントリーパッケージを利用した場合は、LINEモバイルで開催されているその他のキャンペーンに応募できなくなりますので注意してくださいね。

タイミングにもよりますがキャンペーンのほうが内容的にお得に契約できるケースも多いため、申し込み時にはしっかり詳細をチェックしておきましょう。

LINEモバイルのキャンペーンを確認する

【音声通話SIM】LINEモバイルと他社格安スマホを比較!料金が安いのは…?

大手キャリアと比べれば断トツの安さを誇っていることが分かったLINEモバイルですが、同じ格安SIMの中では、はたしてどうなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

まずは音声通話SIMについて、3GBと10GB以上の2つのパターンでLINEモバイルと他社を比較してみましたので、ぜひ参考にしてください。

<3GBプランの月額料金>
月額料金
キャンペーン適用後
月額料金
LINEモバイル
1,690円 300円
楽天モバイル
2,980円 楽天会員:1,480円
ダイヤモンド会員:980円
mineo
au:1,510円
ドコモ:1,600円
ソフトバンク:1,950円
ワイモバイル
2,980円 ,480円
U-mobile
1,580円

※税抜金額を表示しています。
※音声通話ができるプランの料金です。
※楽天モバイル:スーパーホーダイプランS(2GB)の料金プランです。
※LINEモバイル:コミュニケーションフリーの料金です。

<10GB以上のプランの月額料金>
月額料金
キャンペーン適用後の
月額料金
LINEモバイル
3,220円 1,830円
楽天モバイル
5,980円※1 楽天会員:4,480円
ダイヤモンド会員:3,980円
mineo
au:3,130円
ドコモ:3,220円
ソフトバンク:3,570円
ワイモバイル
4,980円※2 3,980円
U-mobile
2,980円※3

※税抜金額を表示しています。
※1楽天モバイル:プランL(14GB)の料金です。
※2ワイモバイル:ワイモバイルはプランL(14GB)の料金です。
※3U-mobile:容量なしの「U-mobile LTE使い放題」プランの料金です。

こうして比較してみるとわかりますが、同じような格安スマホの中では、LINEモバイルだけが特別に安いというわけでもありません。

しかし、LINEモバイルには主要SNS利用時にデータ通信量がカウントされないデータフリーがあるため、他社に比べて容量を節約できるところが大きなメリットのひとつ。

さらに、キャンペーン適用時の料金では3GB・10GB以上ともに圧倒的な安さを誇っているので、やはり料金面ではLINEモバイルが他社を一歩リードしていると考えて良さそうです。

キャンペーン利用で月額料金が300円~に!

LINEモバイルで月額料金が300円~に割引されるキャンペーンは、以下の方が対象となっています。

  • 音声通話SIMを契約した方
  • 2018/11/7(水)~キャンペーン終了日までの間に利用開始日を迎えた方

最終的な料金は選択するデータ容量に応じて変動するため、キャンペーンの利用を検討しているみなさんはぜひ次の料金表を参考にしてください。

<コミュニケーションフリープランの月額料金>
割引前の料金
割引後りょうきん
3GB
1,690円/月 300円/月
5GB
2,220円/月 830円/月
7GB
2,880円/月 1,490円/月
10GB
3,220円/月 1,830円/月

※税抜金額を表示しています。

<MUSIC+の月額料金>
割引前の料金
割引後りょうきん
3GB
2,390/月 1,000円/月
5GB
2,720円/月 1,330円/月
7GB
3,280円/月 1,890円/月
10GB
3,520円/月 2,130円/月

※税抜金額を表示しています。

LINEモバイルの料金やキャンペーンについてさらに詳しく知りたい方は、以下のリンクからチェックしてみてくださいね。



5月20日から6月19日の30日の間で「LINEモバイル 300円」のキ―ワードでTwitterを調査したところ、20件程の評判が見つかりました。

また、実際に支払う月額料金は、上記の料金に通話代をプラスした料金です。

LINEモバイルでは元々、「いつでも電話」という専用アプリから電話をかけることで通話料が半額になるのですが、大手キャリアの料金プランでよくあるような無料通話の枠は標準では設けられていません。

その代わり、10分以内の通話であれば何度でも無料で利用できるようになる「10分電話かけ放題プラン」というオプションサービスが用意されており、月額880円で申し込めます。

10分電話かけ放題プラン
引用:10分電話かけ放題オプション|LINE MOBILE

まとめると以下のとおりです。

  • よく電話をする人 → 「10分電話かけ放題オプション」がおすすめ
  • たまにしか電話をしない人 → 「いつでも電話」がおすすめ
10分電話かけ放題オプション
いつでも電話
申し込み
必要 不要
月額料金
880円 880円
国内通話料
10分以内:0円
10分以上:10円/30秒
10円/30秒
特長
10分以内なら何度でも無料通話が可能 音声通話SIMを利用していれば誰でも利用可能

※税抜金額を表示しています

注意点としては、10分かけ放題オプションに申し込んでいる場合も、いつでも電話のアプリから通話を行わなければ「10分以内=無料」が適用されません。

また、10分を超えた部分の通話については10円/30秒の料金が発生するため、気を付けてください。

「いつでも電話」アプリは、iPhone・Androidそれぞれに以下からインストールできます。

App Storeからインストールする
Google Playからインストールする

音声通話SIMには最低契約期間がある

もう1点、気を付けておきたいポイントのひとつが最低契約期間です。

LINEモバイルの音声通話SIMには、「契約から最低でもこれだけの期間は継続利用しなければならない」という期間があり、どのデータ容量でも一律12ヶ月となっています。

この期間の途中に解約を行うと、9,800円の違約金が発生してしまうため注意が必要ですが、こういった最低利用期間が設定されているのはLINEモバイルに限った話ではありません。

5月20日~6月19日の30日間で「LINEモバイル 最低利用期間」のキーワードでTwitter調査をしたところ13件の口コミが見つかりました。

最低契約期間と違約金の話は、どのキャリアを利用してもついて回る話なので、あらかじめよく検討してから申し込みを行うようにしましょう。

【データSIMのみ】LINEモバイルは他社格安スマホと比較しても料金が安い!

続いて、音声通話なしのデータSIMのみの場合についても、他社と料金を比較していきましょう。

月額料金
(1GB)
月額料金
(10GB)
LINEモバイル
500円 2,640円
mineo
700円 2,520円
DMMモバイル
480円 2,190円
U-mobile
790円 2,480円

※税抜金額を表示しています。
※U-mobileの10GBの欄の料金は使い放題プラン料金です。

ご覧のとおり、1GBではDMMモバイルに次いで2番目にLINEモバイルが安くなっていますが、10GBでは反対にもっとも高くなってしまっています。

しかし、先ほどからご紹介しているようにLINEモバイルでは主要SNSやLINE MUSICが使い放題になるデータフリーが適用され、その分他社よりもデータ容量を節約できます。

5月20日~6月19日の30日間で「LINEモバイル 料金」のキーワードでTwitter調査をしたところ13件の口コミが見つかりました。

実際にLINEモバイルを利用してその安さに満足している人が見られました。

Twitterでも次のような口コミが寄せられています。

料金の安い格安SIMを契約したい人はぜひLINEモバイルの契約を検討してみてくださいね。



データSIMと音声通話SIMのプラン変更ができない

LINEモバイルでは、データSIMと音声通話SIM間でのプラン変更を行えません。

SIMのタイプを変更したい場合、一旦解約してからまた新規で申し込む必要があるので、覚えておきましょう。

LINEモバイルにはデータ量のシェアプランはないがLINEアプリで譲渡できる

大手キャリアの中には、家族でデータを分け合えるシェアプランを提供しているところもありますが、LINEモバイルにはそのようなプランはありません。

その代わり、LINEアプリから好きな相手にデータ通信量をプレゼントでき、これを使えば家族だけでなく友達ともデータをシェアできるので、むしろ使いやすいと評判です。

LINEモバイルの速度に関する評判!他格安SIMと比較して5社中4位!

ここからは、LINEモバイルの通信速度についても他社の格安SIMと比較していきましょう。

まず、LINEモバイルの速度は平均すると以下のようになっており、時間帯によっても大きく差があることがわかります。

兵員通信速度
(下り)
0時~7時
33.26Mbps
7時~13時
8.21Mbps
13時~18時
35.67Mbps
18時~24時
10.1Mbps

※税抜金額を表示しています。
※2019年6月19日までの通信速度結果を参考にしています。
みんなのネット通信速度の平均速度を参考にしています。

また、みんなのネット回線速度で個人の通信速度を調査してみたところ、以下のような結果になりました。

LINEモバイル平均速度
引用:LINEモバイル|みんなのネット回線速度

※2019年6月19日の結果です。

速度評判1
引用:LINEモバイル|みんなのネット回線速度

※2019年6月19日の結果です。

速度評判2
引用:LINEモバイル|みんなのネット回線速度

※2019年6月19日の結果です。

速度評判3
引用:LINEモバイル|みんなのネット回線速度

※2019年6月19日の結果です。

やはり、アクセスが集中しやすい朝・夕の通勤時間帯や、夜にかけては速度が下がる傾向があるようです。

5月20日から6月19日に「LINEモバイル 速度」でTwitter調査したところ以下のような口コミがありました。

しかし、このように自宅でWi-Fi環境が整っている場合は気にならないという声もあり、人によってはほとんど問題にならないケースもあるでしょう。

他社格安SIMとの実測通信速度比較

他社の格安SIMと実測値を比較した結果がこちらです。

下り速度
上り速度
ping値
LINEモバイル
19.15Mbps 9.83Mbps 72.28ms
楽天モバイル
9.52Mbps 7.18Mbps 65.28ms
mineo
19.16Mbps 7.65Mbps 88.29ms
ワイモバイル
37.65Mbps 10.35Mbps 50.87Mbps
U-mobile
33.9Mbps 5.62Mbps 61,35ms

※税抜金額を表示しています。
※2019年6月19日の通信速度結果です。
みんなのネット通信速度の平均速度を参考にしています。

LINEモバイルは、下り速度が上記の5社中4位、上りは5社中2位ということで、下り速度はやや他社に後れを取っていますが、インターネットが不便になる程の速度ではありません。

ネット通信に必要な通信速度は?

ここで気になるのが、「そもそもインターネットを利用するのに最低限必要な通信速度ってどれくらいなの?」という疑問ですが、下り(ダウンロード方向)と上り(アップロード方向)それぞれに以下くらいの速度があれば、十分に通信を行えます。

<下り通信速度の目安>
必要速度
LINE・メール受信
0.2Mbps~1Mbps
WEB閲覧
0.7Mbps~2Mbps
Youtube
0.5Mbps~1Mbps
必要速度
LINE・メールの送信
0.2Mbps~1Mbps
画像アップロード
0.5Mbps~1Mbps
動画アップロード
1Mbps~3Mbps

LINEモバイルは下り平均9.52Mbps、上り平均7.18Mbpsの速度があるので、通常のネット利用であれば問題なく利用できるでしょう。

高速と低速の切り替えはできない

LINEモバイルでは、通信速度の高速モード/低速モードを自分で切り替えることはできないところも押さえておきたいポイントです。

高速モードはいわゆる契約中のデータ通信量を消費するモード、低速モードは消費せず最低限の速度で通信するモードのことを指します。

たとえばテキストベースのWebサイトやSNSなどで読み込みの負担がそこまで大きくないときに、他社では低速モードに切り替えておくことでデータの消費量を節約できます。

しかし、LINEモバイルには元々SNSの閲覧時にデータを消費しないデータフリーが標準でついてくるため、そもそも高速/低速の切り替えが必要になるシーンがほとんどありません。

逆に手動で切り替えを行わなくていい分、使い勝手が良くなると考えることもできるでしょう。

LINEモバイルにはバーストモードがない

もう1点、高速/低速の切り替えに関連する機能のひとつに「バーストモード」というものがあり、LINEモバイルにはこちらの機能もついていません。

バーストモードがあると、低速通信時にも最初の読み込みだけは高速で行えるため、ページの表示がスムーズになることが最大のメリットです。

LINEモバイルユーザーの中には、バーストモードがないことを残念に感じている人もいるようですね。

LINEモバイルの速度が遅い場合の対処法

それでは、「LINEモバイルの速度が遅くてもうどうしようもない!」というときの対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。

詳しくご紹介していきます。

他社格安SIMに乗り換え

速度に不満があるとき、手っ取り早い対処法は他の格安SIMに乗り換えてしまうことです。

先ほどの実測値比較では、2019年6月の段階でもっとも平均速度が速かったのはワイモバイルでした。

ワイモバイル速度評判1
引用:Y!mobile(ワイモバイル)の通信速度レポート|みんなのネット回線速度

ワイモバイル速度評判2
引用:Y!mobile(ワイモバイル)の通信速度レポート|みんなのネット回線速度

ワイモバイルはLINEモバイルほど安くはないものの、月額1,480円~契約を行える、リーズナブルな料金設定が魅力の格安スマホです。

それでいて通信速度は下り平均でLINEモバイルの2倍近くを記録しているため、通信の速さにこだわりたい方にとっては納得できる乗り換え先でしょう。

ワイモバイルについてさらに詳しく知りたい場合はこちら

LINEモバイル+どんなときもWiFi契約でインターネット使い放題

LINEモバイルの最低契約期間がまだ終わっていない場合には、LINEモバイルにどんなときもWiFiを組み合わせて契約するのもオススメです。

どんなときもWiFiは格安スマホのように月のデータ通信量には上限がなく、違法なコンテンツを利用したりしない限りは速度制限もないため、いつでもどこでも快適にインターネットを利用できますよ。

気になる月額料金は3,280円ですが、LINEモバイル側がキャンペーンで月額300円~という衝撃の安さのため、両方契約しても月額3,580円~と、大手キャリアを使うよりも通信費を抑えられます

3キャリアのLTEでどこでも繋がる!「月間データ容量」「通信制限」ナシ!どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

3キャリアのLTE回線を自動で切り替えてくれる画期的なモバイルルーターが登場。データ容量無制限だから、どれだけ使っても通信制限ナシ!3日で10GBのような速度制限もありません。 ・・・詳しく見る

Wi-Fiオプションを利用する

他社への乗り換えではなくLINEモバイルを引き続き利用したい方向けの対処法としては、月額200円で申し込める「Wi-Fiオプション」も要チェック。

Wi-Fiオプションは、カフェや駅などでWiFi接続を行えるようになる公衆無線LANサービスで、使えるスポットも全国49,000ヶ所とかなり多いので、出先でインターネット接続をしたい場面の多い方にはオススメのオプションです。

Wi-Fiオプションの利用可能場所
引用:主な利用可能店舗|LINEモバイル

よく街で見かける上記のようなチェーン店のほか、以下のロゴが利用可能スポットの目印になっていますので、ぜひ探してみてください。

利用できる場所の目印
引用:利用可能スポットの目印
|LINEモバイル

Twitterでも、LINEモバイル Wi-Fiで調査してみると、5月20日から6/19日の間で13件の口コミがみられました。

LINEモバイルのWi-Fiオプションは、次の流れで利用できます。

  1. Wi-Fiオプションに加入する
  2. マイページからプロファイルをインストールする
  3. 対象のWi-Fiスポットに足を運ぶ
  4. スマホのWi-Fi設定をオンにする
  5. 自動的に「0001_Secured_Wi-Fi」に接続され、Wi-Fiが利用できるようになる

LINEモバイルの申し込み方法

LINEモバイルの申し込み方法としては、新規申込とMNP申込のふたつがあります。

MNP申込を行うとMNP(モバイルナンバーポータビリティー)を行うと、現在の携帯番号を乗り換え先のLINEモバイルでもそのまま利用できますよ。

それぞれの申し込み方法について後程紹介しますが、まずは申し込み前に準備しておくべき書類などを説明します。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • メールアドレス
    ※キャリアのアドレスは使用できなくなるため、フリーメールのアドレスを取得しておきましょう
  • MNP予約番号(乗り換えの場合)

また、LINEモバイルは端末を即日受け取ることのできる実店舗がそこまで多くはありません。

自宅の近くに実店舗があるかどうかは次のページから確認できますので、事前に検索してみてください。

LINEモバイルの実店舗を調べる

LINEモバイルの新規申込手順

LINEモバイルを新規番号で契約する手順は次のとおりです。

  1. スマホの端末を用意する
  2. LINEモバイルを申し込む
  3. SIMカードを受け取る
  4. APN設定を行う
  5. 契約者連携・利用者連携を行う



電話番号そのまま!LINEモバイルのMNP手順

続いて、MNPで他社からLINEモバイルに乗り換える際の手順についてもお伝えしていきます。

MNP(モバイルナンバーポータビリティー)を行うと、現在の携帯番号を乗り換え先のLINEモバイルでもそのまま利用できるところが嬉しいポイントです。

  • 現在利用中のキャリアでMNP予約番号を取得する。
  • スマホの端末を用意する
  • LINEモバイルを申し込む
  • SIMカードを受け取る
  • 利用開始手続きを行う
  • APN設定を行う
  • 契約者連携・利用者連携を行う

LINEモバイルのMNP申し込みの詳細はこちら

今ならLINEモバイル申し込みで10,000円ポイントが貰える!

LINEモバイルでは、音声通話SIMの契約時に指定のキャンペーンコードを入力するだけで、それぞれ次のLINEポイントがもらえるキャンペーンを開催中です。

  • 他社からの乗り換え(MNP):10,000ポイント
  • 新規番号で申し込み:5,000ポイント

LINEポイントはLINEモバイルの料金の支払いやLINEPayへのチャージに使えるほか、Amazonギフト券・スターバックスのドリンクチケットなどと交換することもできます。

5月20日~6月19日の間で「LINEモバイル ポイント」のキーワードを使ってTwitter調査したところ、以下のような口コミが見つかりました。

10,000ポイントプレゼントについての詳細はこちら

LINEモバイルの初期設定方法

LINEモバイル申し込み手順のところで登場した「APN設定」は、LINEモバイルの利用を開始する上で欠かせない初期設定のひとつです。

iPhone・Androidそれぞれに、以下の流れで設定できますよ。

<iPhoneのAPN設定方法>

  1. 端末にSIMカードをセットする
  2. ブラウザでこちらにアクセスし、APN構成プロファイルをダウンロードする
  3. プロファイル画面の右上にある「インストール」をタップし、インストールを完了させる。

<AndroidのAPN設定方法>

  1. 端末にSIMカードをセットする
  2. 設定画面を開き、「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を選択する
  3. 画面右上の「+」をタップし、次の項目を入力する
    ※名前:LINEモバイル
    ※APN:line.me
    ※ユーザー名:line@line
    ※パスワード:line
    ※認証タイプ:PAPまたはCHAP
  4. 入力内容を保存し、戻った画面で先ほど追加した「LINEモバイル」を選択する

LINEモバイルに関するよくある質問

最後に、LINEモバイルに関するよくある質問をまとめてみました。

LINEモバイルは料金プラン変更はできる?

同じSIMカード内のプラン変更・データ容量変更は可能ですが、SIMカードをまたぐ変更はできません。

【例】
○:音声通話SIMで「LINEフリープラン」から「コミュニケーションフリープラン」への変更
×:音声通話SIMからデータSIMへの変更

具体的な変更手続きは、マイページにログイン後、「プラン・オプション」メニューから行えます。

LINEモバイルの支払い方法は?

LINEモバイルは、LINE Payとクレジットカードのいずれかから支払い方法を選べます。

LINEモバイル 支払方法で調査したところ、5月20日から6月19日の間で11件の口コミがみつかりました。

残念ながら口座振替は選べませんが、これはLINEモバイルに限った話ではなく、他社では選択肢がクレジットカードのみのケースもあるため、LINEモバイルはLINE Payが対象になっている分逆に使いやすいと感じているユーザーもいるようです。

LINEモバイルのサポート窓口はどこ?対応はいい?

LINEモバイルでは、電話・メール・LINEの3種類のサポート窓口があります。

<LINEモバイルのサポート窓口>

【電話】
電話番号:0570-087-275
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

【メール】
メールフォームはこちら
【LINE】
LINEモバイル公式アカウントから利用可
自動応答時間:24時間(年中無休)
オペレーター応答時間:10:00~19:00

電話は混雑してなかなか繋がらないケースもあるため、まずはメール・LINEで問い合わせを行うのがおすすめです。

5月20日~6月19日までの間でLINEモバイルのサポート窓口について調査したところ、14件の口コミがありました。

繋がらないとの声もありましたが、これはLINEモバイルには限ったことではありませんし、とくに気にする必要はないでしょう。

LINEモバイルで使えるiPhone機種は?

現在iPhoneをお使いの方で、LINEモバイルでもその端末を引き続き使用できるかどうかは、iPhoneの機種と購入したキャリアによって異なります。

ソフトバンク
ドコモ
au
iPhone XR
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus

※SIMロック解除が必要
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus

※SIMロック解除不可のため、使用不可
iPhone 5s
iPhone 5
上記以外のiPhone
動作確認未実施

詳しくはLINEモバイルの公式サイトで説明されていますのでをあわせてご参照ください。

また、iPhoneかどうかに関わらず、動作確認済みの端末についてはこちらのページから検索できますよ。

まとめ

LINEモバイルは、他社の格安スマホと比べてもリーズナブルな料金設定が最大の魅力で、今なら月額300円~という衝撃的な価格への値下げキャンペーンも開催中です。

主要SNSの利用時にデータ通信量がカウントされないデータフリー機能も標準搭載されており、「インターネットの利用はSNSがメイン」という方はもちろん、「なるべく少ないデータ容量を契約して月額料金を節約したい」というみなさんにも、とてもおすすめ。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひみなさんもLINEモバイルでお得にスマホを楽しんでみてくださいね。

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)