閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

auひかりの工事費用と工事概要を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

auひかりは安くてお得だと聞いていても、すでに光回線を利用しているユーザーは、何をすればauひかりを利用できるのかわからないケースがあることでしょう。
実際に工事を行う場合には、どの程度時間や料金がかかるのかが気になるところ。

現在使えているネット回線が切れてしまわないかも不安ですよね。
新規でひかり回線を検討中の方もまた自宅にどんな工事が必要になるのかなど、様々な不安があることでしょう。

そのような不安を感じている人に向けてauひかりの工事費用と工事内容を詳しくご紹介していきます。

auひかりの工事料金

auひかりを新規に利用する際に基本的に工事が必要になります。
では、タイプ別の工事費用はいくらになるのかを見ていきましょう。

初期費用 割引額
ホームタイプ 37,500円※1 1,250円×30ヶ月
マンションタイプ 30,000円※1 1,250円×24ヶ月

※1 但し、工事日が土日祝日の場合には、別途3,000円が加算

ホームタイプの初期費用

戸建のホームタイプでauひかりを新規に敷設する場合には、初期費用は37,500円必要です。
お支払いは一括払いか30回の分割払いを選ぶことが可能です。
30回の分割払いの場合には、月々の支払額は1,250円です。

しかし、auひかりと同時にauひかり電話を申し込む場合には、初期費用と同額の割引が発生します。
そのためauひかりの工事料金は実質無料になる計算です。

ですのでauひかりを新規で申し込む場合には、auひかり電話を一緒に申し込むとお得な結果になるでしょう。
この割引は毎月1,250円の割引となるため、30ヶ月利用を続けない限りは、実質無料にはなりません。注意しましょう。

マンションタイプの初期費用

マンションタイプの初期費用はホームタイプよりも少し安い料金設定です。
タイプV、タイプE、タイプF、都市機構デラックス、マンションギガ、の場合には、一括払いか24回払いが選べます。
初期費用は30,000円。24回の分割払いの場合には、月額費用1.250円となり、ホームタイプと同額です。

ただし、auひかりマンションを同時に申し込むことで、初期料金30,000円と同額の割引が受けられ、実質マンションタイプも初期費用0円になっています。
auひかりマンションとは、その集合住宅にau光回線が引き込める状態のことで、すでに建物にauのひかりケーブルが引き込まれていれば契約が可能。
もし、まだ建物にauひかりのケーブルが引き込まれていない場合でも建物への引き込み許可が得られれば契約が可能です。
マンションタイプを契約することで、テレビとインターネット、電話サービスの3つのサービスが受けられます。

【auひかりに乗り換えるなら今がおトク!】通常工事費用37,500円(税抜)が実質無料になる!

工事費が実質無料!

auひかりなら工事費用が実質無料!さらに月額料金の割引キャンペーンやau携帯とのセット割など割引特典が満載!今なら最大70,000円のキャッシュバック中・・・詳しく見る

auひかり工事にかかる時間

auひかりの開通工事にかかる期間は、申し込みを行ってからおおよそ1ヶ月程度です。
他社のフレッツ光などと期間は同じ程度と考えてください。ただし、初めて集合住宅にau光回線を引き込む場合には、マンションオーナーの承諾が必要です。

マンションの設備によっては、光回線の開通までに時間が長くかかるケースもあるでしょう。
すでに設備が整っている場合には、開通までの期間が短くなることも。ケースバイケースだと考えてください。

auひかり回線の工事の際にはユーザーの立ち合いが必須です。立ち合い時間はおおよそ1〜2時間見ておけば十分でしょう。
工事内容によっては、30分程度で終了するかもしれません。
事前にひかりコンセントの位置などを決めておくとスムーズに開通することもあります。

auひかり回線開通までの流れ

auひかり回線の宅外工事までの流れをご紹介します。
最初に光回線開通の申し込みをプロバイダー経由で行ってください。
申し込みから2〜3日でKDDIの受付へと移行します。この時点でKDDIから調査の連絡が入ることも。
プロバイダーによっては、書類が送られてくるケースもあります。

電話で工事可能日の連絡が入りますが、この時点から、2〜3週間後の工事となるでしょう。
ただし、土日、祝日の工事希望の際には別途工事費用3,000円がかかるため注意が必要です。
その後KDDI から宅内設置機器が送付され、利用開始日の連絡が入ります。宅外の光回線工事を実施。
宅内への光コンセントの取り付けを行い、宅内機器を設置していく流れです。

基本的に、ONUから先の利用端末への接続は利用者の仕事。
配線工事のメニューもあるので、もしも配線や機器の接続に不安があるユーザーは申し込むといいでしょう。

申し込みから利用開始までおおよそ1ヶ月。
ただし、3月などの繁盛期の場合には、もう少し長く見積もった方がいいかもしれません。

auひかり宅外配線工事の方法

では、具体的な宅外工事の方法を見ていきましょう。
最初に最寄りの電柱からひかりケーブルの引き込みを行います。

建物の壁面に引き止め金具を取り付けひかりケーブルを固定。
引き止め金具を取り付ける際には、小さな穴を2つ穿つ必要があります。(直径6mm深さ33mm)ただし、既存の金具で流用できる場合には、その限りではありません。

宅内への引き込み口までひかりケーブルを引き回していきます。
その際、最初の固定箇所からの距離に応じて固定数は変わってくるでしょう。
もしも電柱から宅内への引き込み口が近い場合には、固定数は少なくなるのです。

ケーブルを固定する際にもプラスチック製の金具で固定が必要なため、壁面に小さな穴を開けます。(直径6mm深さ20mm)
光ケーブルを引き廻す際に、壁の角に差し掛かった場合には、ゴム製の管で摩擦から保護して行くのです。

通気口やエアコンのダクト、電話線の配管等を利用して宅内へ光ケーブルを引き込んでいきます。
その際には防水を考慮して、コーキング材で隙間を埋めて行くことになるでしょう。

宅外工事で建物へ穴を開ける行為はできる限り最小限に止めるように工事では配慮されています。
もしも穴を開ける必要がある場合には、必ず立ち合い者の許可をとってからです。

マンションへの宅外工事では、マンション内への光回線の引き込みを行います。
共用部分のインターネット接続装置までKDDIの光ファイバーケーブルを引き込むことに。
そのため、マンションのオーナーには事前に工事の許可をとる必要があります。規則はマンションごとに異なるので、管理組合などに確認しましょう。

また、光回線が未開通のマンションの場合には、インターネット接続装置を設置します。
その後は、マンションギガ、タイプFの場合には、マンション内の配管などを通じて、各階に光ケーブルを引いていきます。
タイプVの場合には、マンション内の電話回線を利用して光回線につなげることに。

また、タイプEの場合には、LAN接続を行っていくことになるでしょう。マンションタイプの契約形態に準じて工事内容は異なっていきます。
集合住宅のauひかりの宅外工事は立ち合いの必要はありません。
ただし、宅内工事でひかりコンセントの取り付けやONUの設置があるため、立ち合いが必要です。おおよそ30分あれば終わる作業です。

auひかり宅内工事の概要

KDDIの工事業者が行う、宅内工事とは、宅内への光コンセントの取り付けとONUの接続だけです。

ONUとは、光回線終端装置のこと。ここからホームゲートウエイへ接続するのです。
その後の端末の接続などは利用者が自分で行うことになります。

ホームゲートウェイの接続、パソコンの接続などに不安がある場合には、かけつけ設定サポートを利用することで、有料で専門スタッフが設定を行ってくれることも。
不安がある人は利用してみるといいでしょう。

引越し先でauひかりを引き続き利用するケース

引越し先でauひかりを引き続き利用する場合にも新規の工事が必要です。
そのため初期費用も再度発生することに。引越し前の住居で初期費用を分割払いにしているケースでは一旦残債を清算します。

ただし、引き続きauひかりを利用する場合には、一旦清算した金額が割引の形で戻ってくる仕組みです。auひかりの利用料金からの割引で実現します。

もしも引越し先でauひかりを利用しない場合には、解約の手続きが必要です。
その場合には、初期費用の清算が必要になるので注意してください。ONUなどの機器の撤去、回線撤去も必要です。違約金などが発生するケースもあるでしょう。

他社回線からauひかりに乗り換える場合には

フレッツ光やソフトバンク光など、他社光回線からauひかりに乗り換えを検討している場合には、まずはauひかりの申し込みと他社回線やプロバイダーの解約の手続きが必要です。
地域によってはそのままフレッツ光の光ファイバーケーブルを転用するケースもあります。

できるだけ撤去と新設の工事日程を合わせるようにするといいでしょう。

但し、ケーブルを転用したとしても、初期費用は同額です。工事時間が短くスムーズに進むことがメリットと考えてください。

しかし、auひかりは光コラボレーションの事業者ではありません。基本的に回線や設備の転用はできないことを留意してください。

他社回線を解約することで違約金が発生するケースがあるでしょう。

しかし、auひかりの代理店では乗り換えキャンペーンなどを実施していることが多く、実質代理店が違約金分をキャッシュバックしてくれます。
上手にお得な代理店を見つけるといいかもしれません。

【auひかりに乗り換えるなら今がおトク!】通常工事費用37,500円(税抜)が実質無料になる!

工事費が実質無料!

auひかりなら工事費用が実質無料!さらに月額料金の割引キャンペーンやau携帯とのセット割など割引特典が満載!今なら最大70,000円のキャッシュバック中・・・詳しく見る

まとめ

auひかりの工事について詳細をご紹介しました。
基本的には他社の光ファイバー回線の開通と手順は一緒ですね。
お得にauひかりを開通させるためには、代理店を経由すると高額キャッシュバックがもらえるかもしれません。

事前にお得な代理店をチェックしてみるといいでしょう。

そして、光電話を同時に申し込むことで、初期費用がお得になるため、申し込むことをおすすめします。
NTTなどの固定電話回線からau光電話に乗り換えた場合でも、電話番号はそのまま引き継げるので安心してください。

auひかりをおトクに申し込める窓口ならコチラ!

おすすめ窓口auひかりのおトクな窓口

https://kddi-hikari.com/
今なら初月無料でネットが使える!
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そしてこの窓口の最大の魅力は最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!

▼▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事