閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかり電話で得するための方法とは?他社との違いを徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

auひかりサービスを申し込んだ方へのオプションサービスとして「auひかり電話」があります。

auひかり電話はKDDIが提供するインターネットを利用したIP電話サービスです。auひかりサービス加入時にauひかり電話サービスを同時に勧められるケースもあるかもしれません。

auひかり電話は固定電話になり、固定電話は必要ないと感じる方もいるかとは思います。
ですがauひかり電話サービスを利用することによりさまざまなメリットがありますのでこれからその一つ一つを順に紹介していきます。

auひかりを開通させるなら、一緒にauひかり電話も申し込むことをおすすめします。

auひかり電話がお得な理由

電話加入権が必要ない

電話加入権というとかなり高額です。手続きも手間がかかります。

auひかり電話はこのNTTの電話加入権がいらず手間もかかりません。

料金が安い

auひかり電話は他の固定電話と比較すると基本料金が格段に安くなります。

また、基本料金だけではなく、通話料金やオプション料金もお得になっています。

では、auひかり電話はどれほど安いのか一番スタンダードなNTTと比較していきましょう。

基本料金

auひかり電話の基本料金は月額500円。
※ただし、ユニバーサルサービス料金は別途必要になります。
NTTの固定電話の基本料金は月額1,700円

auひかり電話とNTTの固定電話の月の差額は1,200円になります。

1年間にするとNTTよりauひかり電話の方が14,400円も安くなり、断然お得です。

通話料金
auひかり電話の通話料金は、距離に関係なく国内通話が3分で8円です。

NTTの固定電話はかける相手の距離に応じて通話料金が変わり国内通話で3分8円〜80円。

auひかり電話は、au以外の携帯電話の通話先の相手であれば、1分16円、通話先がauケータイの相手であれば、15.5円です。

NTTの固定電話から携帯電話宛ての通話は、1分20円〜40円となっています。

auひかり電話では050番号サービスを申し込むことで、050番号サービス加入者同士の通話は無料となります。

通話料金の面から見ても、auひかり電話のお得さが分かります。

auひかり電話とNTT固定電話の料金比較

auひかり電話とNTT固定電話の料金比較
月額基本料金 月額500円※1 月額1,700円
通話料金(固定電話宛) 3分8円※2 3分8円〜80円
通話料金(携帯電話宛) 1分16円(au以外の携帯電話宛)
1分15.5円(auケータイ宛)※2
1分20円〜40円(携帯電話宛)

※1 ユニバーサルサービス料金2円/月加算
※2 auまとめトーク適用前の料金

auスマートバリュー適用にはauひかり電話への申し込みが必須

auスマホとauひかりをセットで利用すると、auスマートバリューというセット割引を受けることができます。
※auスマートバリューの詳細に関してはこちらの記事を参照

このスマートバリューを適用させるには、auひかり電話サービスへの申し込みが必須になってきます。

auスマートバリューは、契約しているスマホのデータ定額プランによります。
「auのスマホ」と「auひかり」、「auひかり電話」の3つのセットでスマホ料金が最初の2年間がスマホ1台につき毎月934~2,000円割引になるお得なサービスです。
3年目以降もスマホ1台につき934円の割り引きが適用されます。

最大家族10回線まで適用可能なサービスなので、もしも4人家族でauスマホを利用している場合には、最大で月額料金8,000円もの割り引きになります。

この金額はソフトバンクと並び業界最大です

。auユーザーの方は使わない手はないでしょう。

家族に50歳以上の方がいるのであれば、auひかり電話の契約住所とは別の住所に住んでいる家族であったとしてもauスマートバリューのサービスが適用できます。

auひかり電話の月額料金は500円かかるのですが、スマートバリューの割り引きが適用されるので、最終的にはお得になります。

これらの理由から固定電話が必要でなくても、auスマホをお持ちの方はauひかり電話へのお申し込みをおすすめします。

キャッシュバックが多くなる

auひかりを申し込む場合には、代理店経由での申し込みの方がキャッシュバックが多くなります。

また、auひかり電話の申し込みの「あり」、「なし」でキャッシュバックに差がある代理店もあります。
もちろんauひかり電話の申し込み「あり」の方がキャッシュバックが多い傾向になります。

さらに、キャッシュバック適用の条件にauひかり電話を申し込むことが必須条件になっている場合もあります。

代理店によりキャッシュバッグが異なりますので、auひかりを申し込む際にはできるだけキャッシュバックを多くもらえるお得な代理店を探すようにしましょう。

下記のサイトはキャッシュバックが多くおすすめです。

おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

豊富なオプションが安くてお得

auひかり電話には安くて豊富なオプションサービスがあります。

通話中に他の電話を受け取れる割込通話や、発信番号表示、番号通知リクエスト、割込番号表示、迷惑電話撃退、着信転送などの有料オプションが利用できます。

これらの便利な有料オプションをパックにしたオプションパックも利用できてお得です。

オプションパックでは有料オプションの使用金額が500円を超えたらどれだけ有料オプションをつけても自動で月額500円で固定になります。

すべての有料オプションの合計金額が1,500円なので、最大1,000円安くなります。有料オプションは初期費用は全て無料です。

有料オプション以外でも移転番号アナウンスなどの便利に利用できる無料オプションがつけられることが魅力です。

auひかり電話オプション名 月額料金(※マークはオプションパック該当商品)
KDDI電話auで着信確認 無料
プッシュ信号(プッシュ回線) 無料
移転番号アナウンス 無料
国際不取扱 無料
番号通知設定 無料
割込番号表示100円※ 100円※
番号通知リクエスト200円※ 200円※
割込通話 300円※
発信番号表示 400円※
着信転送 500円※
迷惑電話撃退700円 700円

迷惑電話撃退はオプションパック対応外商品です。

auまとめトークを便利に利用しよう

auまとめトークは、auスマホとauひかり、auひかり電話の請求書がまとめて届く便利な機能です。

またそれだけでなく、au→自宅割が適用されるため、auのスマホと自宅のauひかり電話との通話や、auひかり電話間の通話が24時間いつでも通話無料で利用できます。

電話をかけるケースが多い方には便利でお得なサービスです。

auひかり電話を申し込む方法

auひかり電話を申し込むのはとっても簡単です。

auひかりの光回線の申し込みと一緒にauひかり電話を申し込むことが可能です。
ただし、auひかり電話だけの申し込みができないので、注意が必要です。

すでにauひかりの光回線を利用している場合には、インターネット上で簡単に申し込みが可能。電話でも申し込みが行えます。

インターネットでの申し込みの場合には、公式サイト以外にauひかりを申し込んだときの代理店のサイトでも申し込みができますよ。

auひかりが引き込まれているマンションの場合には、工事不要でauひかり電話だけで、単体で申し込むことが可能です。
その場合の月額料金は1,400円です。

月額料金500円にはなりませんが、NTTの固定電話の月額料金1,700円と比べると少し割安で使用できます。

NTTからauの光電話に固定電話を乗り換える場合には、番号ポータビリティーになるため、そのままの引き継ぎが可能です。電話番号もそのままに、ダイヤル方法も変わらずに利用できます。電話機を変える必要はありません。

NTTの便利なオプションサービスもほぼそのまま利用することができるのです。
※休止工事費がかかる可能性があります。

もちろんFAXも利用できます。ただし、アナログ専用のファックス機やISDN用のFAX機は利用できないので注意してください。

auひかり電話は1回線で2契約まで利用が可能です。

そのため、オフィスなどでの利用はおすすめできませんが、一般家庭では通常2契約あれば十分に足りると思います。

また、2契約目の月額料金は450円と割安設定になっており、お得で変更がなく便利に使えるのであれば、フレッツ光などからauひかりに乗り換えるのも一つの手です。

auひかり電話がお得にならないケース

とはいえ、誰にでも必ずauひかり電話がお得になるとは限りません。auひかり電話を利用した方がお得になる理由はスマートバリューの適用があるからと言えるでしょう。

つまり、auのスマホや携帯電話、タブレットなどの契約がご家族を通じてない家庭には、auひかり電話の適用はお得にはならないということです。

auひかり電話はauの光回線を利用することが前提です。
そのため、auひかりが適用できないエリアの方は、違う光回線で代用するしかありません。

So-net光、eoひかり、コミュファ光などのauスマートバリューが利用できる光回線がお得に利用できるといえるでしょう。
それらが利用できるエリアであれば、auひかり電話の代替の光電話を提供しているケースが多く、利用できることになります。

auひかり電話のお得な情報をご紹介しました。基本料金がお得で付随するauスマホの通話料無料になるケースも多いのが特徴。もしも、現在NTT東日本やNTT西日本のフレッツ光などをご利用の場合には、もっとお得に利用できるauひかりへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

下記代理店では、丁寧にプランの説明から契約まで相談に乗ってくれますよ。

auひかりをおトクに申し込める窓口ならコチラ!

おすすめ窓口auひかりのおトクな窓口

https://kddi-hikari.com/
今なら初月無料でネットが使える!
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そしてこの窓口の最大の魅力は最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事