閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ドコモユーザーが得するdカード GOLDとは?メリット・デメリット・還元率を徹底解説!

わたしのネット-アイキャッチ画像

「dカード GOLD」はドコモユーザー向けのカードで、ドコモの電話番号と紐づけを行うだけで、10%ものポイント還元が受けられます。

年会費は10,000円ですが、年間利用額に応じた特典で実質無料になりますし、ドコモ料金支払い以外で使った際のポイント還元率も高いので気にする必要はありません。

ポイント加算システムとケータイ補償にデメリットはありますが、注意点を把握しておけば、ドコモユーザーにとって最良のクレジットカードといえます。

この記事では、dカード GOLDのメリット・デメリット・どんな人にオススメなのかを解説します。

また、口コミでの評判もご紹介するので、ドコモユーザーの人はぜひ参考にしてくださいね。

目次

【結論】dカード GOLDがお得なのは「ドコモユーザー」!

dカード GOLDを使ってお得になる人は、ずばり「ドコモユーザー」です!

ドコモユーザーがdカード GOLDを使うとお得になる理由は次の3つ。

  • 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金の10%ポイント還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料

携帯やドコモ光のネット料金が毎月1000円を超えると、dカード GOLDでの支払いで、1000円につき100ptもらえます。

dカード GOLDの年会費は10,000円です。

しかし、毎月10,000円以上を携帯料金やドコモ光のネット料金で支払っていれば、1年間で見てもポイント還元により実質無料にできますよ!

毎月10,000円の支払いの場合=毎月1,000ポイント付与される
→1,000ポイント×12か月=12,000ポイントの進呈で、年会費は実質無料に!

一方、次の人には申し込みのメリットが少ないため、dカード GOLDはあまりオススメできません。

  • ドコモ以外のキャリアをお使いの方
  • ドコモのガラケーのみを使っている人
  • dポイントでの料金支払いが少ない人

dカード GOLDはどんなカード?dカードとの違いを紹介!


引用:ドコモ公式サイト

ドコモのクレジットカードには「dカード GOLD」と「dカード」の2種類があります。

まずは表にて、dカード GOLDと従来のdカードの違いを比較してみましょう!

dカード GOLD
dカード
入会費
無料
年会費
10,000円
1年目:無料
2年目以降:1,250円※前年度に利用なしの場合
基本サービス
mastercard・VISA
電子カード「iD」
ポイント
携帯利用料・ドコモ光の
10%ポイント還元
1%ポイント還元
特典
  • 年間利用額特典
  • dカードケータイ補償
  • お買い物あんしん保険
  • カードの紛失盗難の補償
  • 旅のサポート
  • 海外緊急サービス
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • 国内ハワイの空港ラウンジ無料
  • 海外レンタカー割引優待
  • メール配信サービス
  • お客様サポート
  • 年間利用額特典
  • dカードケータイ補償
  • お買い物あんしん保険
  • カードの紛失盗難の補償
  • 海外緊急サービス
  • 海外レンタカー割引優待
  • メール配信サービス
  • お客様サポート
ETCカード
無料
初年度無料
家族カード
1枚目:年会費無料
2枚目:以降年会費1,000円
1年目無料
※2年目以降、家族会員・本会員どちらも利用がない場合は400円発生

「dカード GOLD」と「dカード」には、普通のクレジットカードとは異なる、つぎの3つの特徴があります。

「dカード GOLD」と「dカード」の共通する特徴

  • ドコモのスマホ代やドコモ光の利用料金でdポイントが貯まる
  • 買い物での支払いでもdポイントが貯まる
  • ドコモの電子マネー「iD」が利用できる

一方、「dカード GOLD」と「dカード」の異なる点は、次の5つです。

  • 年会費
  • ドコモの料金支払いによるdポイントの還元率
  • 特典
  • ETCカードの利用料
  • 家族カードの年会費

dカードは年会費が無料であるものの、dカード GOLDは年会費が10,000円に設定されています。

しかし、その分ポイントの還元率が高いうえに特典が充実していますよ!

dカード GOLDの特典を確認する≫

dカード GOLDの年会費は「10,000円」|年会費の支払い方法は?

dカード GOLDの年会費は、10,000円です。

dカード GOLDの年会費の支払い方法は、登録した口座での振替ですが、引き落とし日は契約した日にちによって変わってきます。

<dカード GOLD 年会費の引き落とし日>
1日~15日の間で契約した場合 翌月10日に引き落とし
16日~月末の間で契約した場合 翌々月の10日に引き落とし

なお、dカード GOLDの年会費は初年度であっても無料にはなりません。

dカード GOLDの年会費を実質無料にする方法

dカード GOLDの年会費は10,000円と高額ですが、実質無料にできる方法が2つあります。

貯まったdポイントで補填する

もっとも手っ取り早いのが貯まったdポイントで実質無料にする方法です。

dポイントはドコモのスマホやドコモ光の利用料金の支払いで活用できます。

そのため、年会費を支払うタイミングで一万円分のdポイントを支払いに充てて年会費を相殺するというわけです。

たとえば、毎月支払うドコモのスマホ代とドコモ光の利用料が一万円以上であれば、毎月1,000pt貯まります。

入会してから一年後には12,000円分のdポイントが貯まるので、dポイントでの年会費の相殺は難しくありません。

初年度は入会特典のキャッシュバックで補填する

dポイントが貯まっていない初年度でも、入会特典のキャッシュバックで年会費を相殺できます。

2019年6月現在、dカード GOLDに入会すると、最大15,000円相当のキャッシュバック特典を受け取れますよ!

キャッシュバックを適用する条件こそありますが、ハードルは低いので安心です。

条件
キャッシュバック
入会
2,000円
2019年12月31日までの入会で+1,000円
VISAカードの選択
1,000円
新規申し込みと同時にドコモのケータイ料金をdカード払いに設定
1,000円
入会翌月末までにdカードで20,000円(税込)以上を利用
8,000円
「こえたらリボ」の設定・「キャッシングリボ」の設定(※)
2,000円
合計
15,000円
※「こえたらリボ」の設定・「キャッシングリボ」の設定は必須ではありません。
なお、リボ払いには魅力もありますが、万が一リボ払いを利用した際の金利を考えると、あまりオススメはできません…。
リボ払いの設定をしなくても12,000円のキャッシュバックを受けられますし、年会費も十分相殺できますよ!

dカード GOLDの国際ブランドは「mastercard」または「VISA」

dカード GOLDは、利用する国際ブランドを「mastercard」または「VISA」から選べます。

どちらの国際ブランドを選ぶかでクレジットカードとして使える店舗が変わるため、どちらがお得かはユーザーによって変わります。

なお、dカード GOLDでは「mastercard」と「VISA」の2枚を発行するデュアル発行はできません。

VISAがオススメなのはこんな人

以下の3つのどれかに当てはまる人はVISAがオススメです。

Apple Payの利用が少ない人

VISAではApple Payの決済が可能ですが、すべての機能が利用できるわけではなく、ネットでの決済機能は未対応です。

Apple payを頻繁に利用する方は、VISAは不向きと思ったほうがいいでしょう。

ApplepayでSuicaを利用しない

VISAではApple pay内の決済が不可能なので、Suicaチャージに未対応です。

なお、SuicaアプリからVISAでのチャージはできますが、Apple Payだけで支払いを一括管理したい人にはVISA不向きです。

アジア・アメリカへ海外旅行や出張へ行くことが多い

VISAはバンク・オブ・アメリカによって創業されたのがはじまりの国際ブランドで、本社もアメリカなので、アメリカやアジアでの利用可能範囲が強い印象が持たれています。

MasterCardと比べて利用可能範囲にほとんど差はありませんが、旅行や出張でアジアやアメリカに出向くことが多いならVISAが向いている印象です。

Master Cardがオススメなのはこんな人


MasterCardが向いている人は下記の3つに当てはまる人です。

Apple Payの利用が多い

MasterCardではApplePayのすべての決済機能に対応しています。

これからApplePayを活用したい、すでにApplePayを利用している人に打って付けの国際ブランドといえます。

ApplepayでSuicaを利用する

MasterCardではApplePayのアプリ決済でSuicaのチャージが可能です。

すでにApplePayでSuicaチャージを利用している人にも、MasterCardは文句なしでオススメできる国際ブランドです。

ヨーロッパへの海外旅行や出張が多い

VISAとは利用できる国や地域にほとんど差はありませんが、MasterCardはドイツのEuroCardとの合併でスタートしたブランドです。

そのため、ヨーロッパへの旅行や出張が多い人はMasterCardを選ぶという考えもできます。

ドコモ料金支払いでの還元率は「10%」!それ以外でも1~4%の還元率

ドコモ携帯料金とドコモ光料金をdカード GOLDで支払うと、決済額に対する10%の割合でdポイントが還元されます。

<10%還元の適用条件>

  • dカード GOLDにドコモケータイの番号を紐づける
  • 紐づけた番号の携帯料金が10%還元
  • 紐づけた番号とドコモ光がペア回線になっていれば、ドコモ光の利用料金も10%還元

家族全員がドコモユーザーの場合、dカード GOLDで携帯料金とドコモ光の料金を支払えば、還元されるポイント数はより高くなります。

また、ドコモの携帯料金とドコモ光の利用料金以外での還元率は基本1%ですが、dカード特約店で決済をする場合はポイント還元率が2パーセント以上になります。

dカード GOLDの還元率を店舗別にまとめました。

<店舗別・dカード GOLDの還元率>
利用場所
付与単位
ポイント交換
電子マネー
キャッシュバック
dポイント
※1
ID利用
ポイント払い※2
国内一般加盟店
100円→1pt
1%
1%
1%
楽天市場
Amazon
Yahoo!ショッピング
100円→1.5pt
1.5%
1.5%
1.5%
マクドナルド
100円→2pt
2%
2%
2%
スターバックスコーヒー
ドドールコーヒー
100円→4pt
4%
4%
4%
セブンイレブン
ファミリーマート
100円→1pt
1%
1%
1%
ローソン
100円→2pt
2%
2%
2%

※1:dポイントが直接貯まるカードです。
※2:ドコモ利用料金、ローソン、マクドナルドなど、dポイント加盟店で利用できます。

dポイント加入店を確認する≫

【10%還元】ドコモ携帯とドコモ光料金支払いの還元の注意点

dカード GOLDに紐づいた携帯電話の料金を支払うと、ポイントは10%還元されます。

しかし、10%還元は1,000円につき100ポイントなので、999円以下の端数が出た場合は切り捨てされます。

ドコモ料金支払い以外のdカード GOLDのポイント還元額は?

ドコモの利用料金支払い以外でのポイント還元額は、次のとおりです。

付与単位
付与率
年間12万円利用した場合の
還元ポイント
国内一般加盟店
100円 → 1pt
1%
1,200ポイント
楽天市場
Amazon
Yahoo!ショッピング
100円 → 2pt
2%
2,400ポイント
マクドナルド
100円 → 2pt
2%
2,400ポイント
スターバックスコーヒー
ドトールコーヒー
100円 → 4pt
4%
4,800ポイント
セブンイレブン
ファミリーマート
100円 → 1pt
1%
1,200ポイント
ローソン※1
100円 → 2pt
2%
2,400ポイント

※1:dカード利用で1ポイント、dカード提示で1ポイント
参考:価格コム

表のとおりドコモ特約店での還元率は高いうえに、特約店は意外と身近なところにありますよ。

dカード GOLDを実際に契約した人の口コミ・評判

それでは、dカード GOLDの利用者はどのようなところにメリット・デメリットを感じているのでしょうか?

今回は2019年5月19日~2019年6月17日までに投稿された、dカード GOLDにまつわる610件のツイートの中から、賛否両論の口コミをピックアップしてご紹介します。

dカード GOLDに寄せられた好評の声

dカード GOLDの好評ポイントはドコモの料金支払いでの還元率です。

ドコモの料金支払いでの還元率は10%なので、スマホやネット代の支払いだけでもdカード GOLDを活用したほうがいいと感じられています。

非接触型決済(決済端末にカードをかざすだけで決済ができる)が可能なEMVコンタクトレスがついている点も評価されています。

EMVコンタクトレスはクレジットカードの不正利用を防止するために普及が進んでいる規格なので、dカード GOLDは安心感も得られるカードといえますね。

ドコモの料金支払いとiD決済でdカード GOLDを活用したところ、2ヵ月で約1万ポイントもたまった人も見かけます。

(2ヵ月で約1万ポイントも貯まると、さすがに提供会社に利益があるのかと思ってしまいますね…)

還元率が高いdカード GOLDを活用して、貯まったポイントで高級ブランドのバックまで買えたなんて人や、日頃のお酒代に困らなくなった人も。

酒税が上がり続ける今の時代にポイントでお酒代をまかなえると助かりますね。

さらに、年間の利用額が税込みで100万円になると10,800円相当、200万円になると21,600円相当の選べる特典が受けられるので、クレジットカードを使うほど高いお得感が得られます。

dカード GOLDに寄せられた不評の声

一方で、こんな声も見かけました。

好評の口コミにあった「年間ご利用額特典で選べるdショッピングのクーポン」は一度に使えないので、慎重に他の特典も検討する必要があります。

また、dショッピングのクーポンでApple Watchを買おうとしたところ、対象外だったというパターンもあるようです。

特典選びの際は、注意してくださいね。

dカード GOLDを申し込む8つのメリット

dカード GOLDを申し込むメリットは、つぎの8つです。

  • ドコモの携帯料金が最大10%還元される
  • ドコモ光の利用料金が10%割引される
  • 年間利用額に応じた得点で年会費の10,000円を回収できる!
  • dカード特約店の利用でdポイントがたまりやすい!|dカード特約店一覧
  • 「dカードケータイ補償」で最大10万円まで携帯電話の補償が利用できる
  • 国内旅行保険が最大5,000万円まで適用される
  • 海外旅行保険が最大1億円(家族なら最大1,000万円)適用される

ドコモユーザーにとってのメリットが盛りだくさんで、他のポイントカードを使うよりも大きな還元が受けられることがわかります。

それでは、次の項目からメリットをより詳しくご説明します。

ドコモ携帯とドコモ光料金が最大10%還元される

dカード GOLDの最大のメリットはドコモ料金支払いで10%もの還元が受けられる点です。

<10%還元の適用条件>

  • dカード GOLDにドコモケータイの番号を紐づける
  • 紐づけた番号の携帯料金が10%還元
  • 紐づけた番号とドコモ光がペア回線になっていれば、ドコモ光の利用料金も10%還元

ドコモの利用料金をdカード GOLDで支払う場合と、ソフトバンクの利用料金でTポイントカードを貯める場合の還元率を比較してみました。

<dカード GOLDとTポイントの還元額の差-1>
ドコモ
(dカード GOLD)
ソフトバンク
(Tポイントカード)
貯まるポイント
dポイント
Tポイント
還元率
10%
0.5%
<dカード GOLDとTポイントの還元額の差-2>
ドコモ
(dカード GOLD)
ソフトバンク
(Tポイントカード)
還元ポイントの差
月額5,000円
500ポイント
25ポイント
475ポイント
月額6,000円
600ポイント
30ポイント
570ポイント
月額7,000円
700ポイント
35ポイント
665ポイント
月額8,000円
800ポイント
40ポイント
760ポイント
月額9,000円
900ポイント
45ポイント
855ポイント
月額10,000円
1,000ポイント
50ポイント
950ポイント

上記の比較表から、ポイント還元の差は一目瞭然です。

dカード GOLDは、まさにドコモユーザーがポイントをためてお得になる方法として、最適だといえます。

家族の携帯代金をdカード GOLDで支払うとさらにお得

dカード GOLDで家族が保有しているドコモ携帯電話番号を登録すれば、家族の契約料金に対しても10%のdポイントが還元されます。

ドコモの携帯電話を使っている家族が多くなるほど、もらえるdポイントが増えます。

電話番号登録
ポイントをためるための登録(家族カードと家族の携帯電話をひもづける)
利用者情報登録
ポイントを使うための登録(ポイント機能利用のために必要)

携帯の本体代金・d払いの費用は10%還元の対象外

なお、携帯電話の本体代金とdポイントで支払う利用料金は10%還元の対象外です。

あくまでポイント以外で支払う通信費が10%還元の対象なので注意しましょう。

dカード特約店の利用でdポイントがたまりやすい!|dカード特約店一覧

dカード GOLDには特約店での決済で還元されるポイントも高く、ドコモ料金の支払い以外でもdポイントが貯まりやすい魅力があります。

dカード特約店と店舗別の還元率をまとめました。

特約店舗
還元率
スターバックス
4%
ENEOS
2%
ビッグエコー
3%
JAL航空券
2%
JALパック
2%
JTB
3%
高島屋
2%
伊勢丹
2%
三越
2%
オリックスレンタカー
4%

上記の特約店での決済にdカード GOLDを利用すれば、よりdポイントが貯まってお得です。

dポイントは町のお店やdマーケットなどさまざまな場所で利用できる!

貯まったdポイントの使い道が多いのもdカード GOLDの便利なところです。
dポイントの使い道をまとめましたが、用途はとても多彩です。

ケータイ料金
毎月のケータイ料金やインターネット料金のお支払いに利用できます。
町のお店
dカードに対応しているお店ならどこでもポイントを使えます。
dマーケット
洋服から電子書籍まで、ネットショッピングが楽しめます。
d払い
ネットショッピングや街のお店での支払いをケータイ料金と合算して支払えます。
交換商品
食べ物や家電、旅行、他社ポイントに還元などさまざまな商品と交換できます。
ドコモ商品
携帯電話やオプション品などドコモで提供している商品の購入ができます。
dカードプリペイド
dカードプリペイドにチャージできます。
賞品が当たる抽選
抽選で当たる豪華商品に応募することができます。
ポインコグッズ
dポイントのキャラクター「ポインコ」のグッズと交換できます。
優待チケット
d払いを利用していれば、遊園地や水族間などの優待チケットを購入できます。
データ量の追加
ポイントを利用してデータ量を購入できます。
スゴ得クーポン
dポイントをクーポンに交換するとメダルがもらえます。
メダルでさまざまなゲームが遊べて、たまれば景品と交換できますよ。
App Store iTunes
購入時の支払いに利用できます。
※1ポイント1円
寄付
ポイントを寄付に還元できます。

家族カードの発行もできる!1枚なら年会費無料

家族カード

dカード GOLDでは家族カードの発行も可能です。

1枚だけの発行なら年会費が無料ですが、2枚目以降は1枚ごとに1,000円の年会費が発生します。

国内旅行保険が最大5,000万円まで適用される

dカード GOLDでは最大5,000万円までの国内旅行保険が適用できます。

国内旅行保険とは?
旅行中にケガをした場合保険金を受け取れるサービス

海外旅行保険が最大1億円(家族なら最大1,000万円)適用される

dカード GOLDでは海外旅行保険の適用もでき、補償額は最大1億円です。

家族も最大1,000万円までの補償が受けられるので、dカード GOLDを持っていれば旅行時の万が一の備えにもなります。

dカード GOLDの補償内容を確認する≫

dカード GOLDの注意点2つ

dカード GOLDには2つの注意点があります。

  • ポイント加算対象料金の3桁以下はポイント加算対象外
  • 「dカードケータイ補償」の補償条件が厳しい

次の項目から詳しくチェックしていきましょう。

ポイント加算対象料金の3桁以下はポイント加算対象外

dカード GOLDのポイントは1000円につき100ポイント貯まる仕組みとなっていて、1000円に満たない場合は切り捨てられます。

<例>

  • 1,000円利用した場合=100pt
  • 999円利用した場合の場合=0pt
  • 12,690円利用した場合:1,200pt
    690円分は切り捨て

また、還元対象外は以下のとおりです。

サービス内容
ポイント還元対象サービス
  • 基本料金
  • 通話料金
  • 通信料金
  • 付加機能使用料
ポイント還元対象外サービス
  • 各種手数料
  • 電報料
  • コンテンツ使用料・iモード情報料
  • コレクトコール通話料
  • ケータイ購入代金分割支払分/分割払金
  • ドコモ口座による利用代金
  • 消費税
  • ケータイ保証サービス、ケータイ保証お届けサービス利用時の負担金額
  • ドコモ光の工事手数料・工事料金・訪問サポート料金など都度申し込みが必要なサービス

また、下記の表を見ると、ケータイ保証サービス(交換電話機お届けサービス)の負担金はポイント加算の対象になりません。

料金
対象かどうか
基本使用料
3,000円
通話料
1,000円
パケット定額料金
4,500円
ケータイ保証サービス
(交換電話機お届けサービス)
月額:330円
負担金:5,000円
月額:〇
負担金:✕
合計
13,830円

よって、負担金を除いた8830円がポイント対象となり、付与されるポイントは8000円分の800ポイントとなります。

「dカードケータイ補償」の補償条件が厳しい

dカード GOLDでは、携帯電話を紛失や盗難でなくしたり、修理不能になるほど破損したときに「dカードケータイ補償」を利用できます。

補償額は最大10万円となっていて、購入してから3年以内の端末に適用できます。

しかし、dカードケータイ補償は適用条件が厳しいところに注意が必要です。

  • dカード GOLDで購入したドコモケータイのみが対象
    (dカード GOLD以外で購入した端末には適用できません)
  • 補償が可能なのは同一の機種とカラーだけ
  • dカードケータイ補償は年に1度しか利用できない

たとえば、携帯の画面割りやホームボタンの破損は修理可能な状態なので、補償の適用外です。

dカード GOLDを新規で申し込む手順と流れ

新規でdカードを申し込む方法は簡単で、以下の2ステップで終わります。

  1. Webかドコモショップ、郵送で申し込み
  2. カード到着を待つ

郵送での申し込みだと書類の取り寄せが必要になるので、手っ取り早くカードを発行したい人はWebかドコモショップで申し込みましょう。

Webで申し込む場合は受付メールが送付され、審査が完了した段階でもメールが送られてきますが、最短で5分ほどで終わります。

dカード GOLDについて詳しくみる≫

dカード GOLDの入会条件

dカード GOLDには4つの入会条件があり、1つでも該当しないとカードを発行できません。

  • 個人名義である
  • 満20歳以上の安定した収入がある
  • 本人名義の口座を支払い口座として登録
  • その他ドコモが定める条件を満たすこと

「その他ドコモが定める条件を満たすこと」の内容は具体的に公表されていません。

dカード GOLDは名前のとおり「ゴールドカード」なので審査基準が厳しそうに見えますが、300万契約を超えているので比較的に標準的なレベルの審査だと思われます。

dカード GOLDの発行までの期間は最短5日~2週間

dカード GOLDは申し込みと審査が完了してから最短5日で送られてきますが、申し込みの混雑具合によって1~2週間ほどかかる場合もあります。

気長に1~2週間はかかると思って申込んでくださいね。

少しでもdカード GOLDの発行を早めるコツ

早くクレジットカードがほしいと考えている人は、以下3つのポイントを押さえて申し込んでみてください。

なお、審査状況や申し込みの混雑具合でカードが届くまでの日数は変わるので、必ず時間を短縮できるわけではありませんが、試して損はありませんよ!

運転免許証があるならWebから申し込み、ないならドコモショップで申し込み

免許証

運転免許証を持っている人はWebで申し込みをしましょう。

Webで申し込めば運転免許証の番号を入力するだけ本人確認が完了し、申し込みの時間を短縮できます。

運転免許証を持っていない人がWebで申込むと、あとで本人確認書類のコピーなどの送付が求められてかえって時間がかかるので、ドコモショップで申し込みましょう。

なお、ドコモショップでは運転免許証以外の本人確認書類でも本人確認が可能で、パスポートや住基カード、マイナンバーカードなど写真付きの本人確認書類があればなお良しです。

ちなみに、カードが届く日数と時間はWebとドコモショップのどちらで申込んでもほぼ同じです。

キャッシングの希望枠を「入会後検討」にする

より早くdカード GOLDをもらいたいのであれば、キャッシングの希望枠を「入会後検討」にしてキャッシングの審査を後回しにしましょう。

キャッシングの希望枠は最大で50万円まで指定できますが、希望をして申込むとキャッシングの審査も行われるので、カードが発行されるまでの時間が長くなります。

キャッシングの希望額と無担保での借り入れの残高があわせて100万円をこえると、所得証明などの書類提出が必要です。

早くカードを手に入れるならキャッシングの申し込みを後回しにするのが無難です。

ネットから支払い口座を設定する

Webで申し込み後、インターネット上で支払い先の口座を登録をするのもカード発行を早めるコツの一つです。

申し込み時に支払い口座を登録しないと、申し込みしたあとに郵送で口座情報を送らなければ審査が完了せず、カードの発行まで時間がかかってしまいます。

申し込み時に支払い口座を登録すれば、郵送で手続きをする必要がなくなり、カードが発行されるまでの時間が短くできる可能性が高まります。

ドコモショップで申込む場合も、その場で支払い口座の登録が可能で、キャッシュカードを持って行けば設定をしてくれますよ。

DCMXカードからdカード GOLDへ切り替える方法

DCMX dカードゴールド

「DCMXカード」から「dカード GOLD」への切り替えは、公式サイトから可能です。

切り替えの手順は以下のとおりです。

  1. 公式サイトへアクセスして「dカード GOLDへアップグレード」を押す
  2. dアカウントを入力してログイン
  3. 必要事項を入力

必要事項の入力は必要といっても、基本情報はDCMXから引き継がれるためほとんど埋まっており、入力が不要な項目が多く簡単です。

切り替えまでの期間は最短で5日、最長で2週間ほどで手数料は無料です。

dカード GOLDでよくある質問~Q&A6つ~

最後に、dカード GOLDに関するよくある質問への答えをまとめました。

dカード GOLDの審査内容は?

dカード GOLDの審査では主に以下の4つが軸となる基準となっています。

  • 個人名義
    ※法人名義では申し込みができません。
  • 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定する
  • その他当社が定める条件を満たすこと

「その他当社が定める条件」はすべてのクレジットカード会社が共通して公表していませんが、審査にまつわる内容だと思われます。

dカード GOLDと家族カードはどうやって紐づけするの?

家族カードを利用する場合、ポイントを還元してもらうための紐づけは必須です。

家族カードの申し込み条件は以下とおりです。

  • dカード GOLD会員と生計を共にする満20歳以上の配偶者、子供、両親
  • その他ドコモが定める条件を満たす方

また、Webでの家族カードの紐付け方法は以下のとおりです。

  1. dアカウントにログイン
  2. ログインボタンの下にある「会員ページ」にカーソルをあわせて「設定・お手続き」を選択
  3. 「各種登録情報」のなかにある「ご利用携帯電話番号の登録・変更」を選択
  4. 家族カードの番号と暗証番号、生年月日を入力

Webでの紐付け方法がわからない人は、dカード GOLDセンターに連絡してみるといいでしょう。

<dカード GOLDコールセンター>

  • 電話番号:0120-700-360
  • 受付時間:午前10:00~午後8:00
    ※年中無休

dカード GOLDなのに10%還元がされていない理由は?

dカード GOLDで10%ポイント還元してもらうには、ドコモ携帯の紐づけを行い、ドコモの携帯料金とドコモの利用料金を支払うことが条件です。

他のクレジットカード、口座振替で支払っている場合は10%還元の対象になりません。

そのため、10%還元を受けたい人は、dカード GOLDの支払い方法を設定してください。

家族カードを作れば、家族会員のケータイ利用料金も10%分のdポイントがたまります。

dカード GOLDを失くしたときはどうするの?

紛失した場合はすぐにドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターに連絡してください。

ドコモインフォメーションセンターに連絡するときは本人確認されるので、必ず加入者本人で手続きを行いましょう。

また、再発行をしてdカード GOLDをそのまま利用する場合、携帯電話側で以下の手順の設定をしてください。

<Androidの場合>
  1. iDアプリを起動
  2. 「dカード」を選ぶ
  3. 「各種お問い合わせ/お手続き」を選ぶ
  4. 「dカードを削除」を選ぶ
  5. 「削除する」を選ぶ
  6. 「OK」を押して終了
  7. 「はじめてiDを使う方」を選ぶ
  8. 「iD対応のクレジットカードで登録する」を選ぶ
  9. 「dカード」を選ぶ
  10. 再発行したカード番号と4ケタの暗証番号を入力して「登録する」を選ぶ
<iPhoneの場合>
  1. Walletアプリを起動する
  2. 画面右上の「+」をタップ
  3. 手順に従ってクレジットカード情報を追加して完了

※iPhoneではdカードアプリで設定する方法もありますが、Walletアプリを使ったほうが簡単です。

なお、dカード GOLDの場合は再発行料金がかからないので安心してください。

dカード GOLDが不正利用されたらどうするの?補償はある?

公式サイトによるとdカード GOLDでは業界で最強水準の不正使用検知システムが導入されているので、不正利用の可能性が低いとのことです。

万が一、不正利用が発生した場合、下記のdカード GOLD サポートデスクに連絡すれば対応について相談にのってくれます。

<dカード GOLD サポートデスク>

  • 電話番号:0120-700-360(無料)
  • 受付時間:
    午前10:00~午後8:00
    ※年中無休

dカード GOLDの解約方法が知りたい|解約手数料はかかる?

dカード GOLDはの解約はドコモショップではできず、dカード GOLD サポートデスクに電話をかけて実施します。

<dカード GOLD サポートデスク>

  • 電話番号:0120-700-360(無料)
  • 受付時間:午前10:00~午後8:00
    ※年中無休

手続きをするときは解約したいdカードゴールドを用意して、クレジットカード番号や暗証番号を伝える必要があります。

また、契約者本人が電話をしなければいけないので注意しましょう。

dカード GOLDの解約金

dカード GOLDを解約する際、解約金・違約金などは発生しません。

しかし、dカード GOLDは年会費に10,000円(税抜)がかかるため、年会費引き落とし月、または前月までに解約するようにしましょう。

まとめ

dカード GOLDはドコモユーザーが使うと真のお得度が発揮され、ドコモ携帯と紐づけを行うことで10%の還元率でポイントが付与されます。

<10%還元の適用条件>

  • dカード GOLDにドコモケータイの番号を紐づける
  • 紐づけた番号の携帯料金が10%還元
  • 紐づけた番号とドコモ光がペア回線になっていれば、ドコモ光の利用料金も10%還元

特約店での決済で利用しても2%の還元率でdポイントがもらえるので、ドコモユーザーが日常的に活用すれば10,000円の年会費が気にならないほどお得であると感じられます。

旅行の補償面も充実しているので、ドコモユーザーの人ならdカード GOLDを検討して損はありません。

<dカード GOLDを使うとお得になる理由>

  • 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金の10%ポイント還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料

dカード GOLDについて詳しくみる≫

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)