閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

NURO光でんわの料金やサービス内容、メリット・デメリットを解説!

Pocket

NURO光by-So-net

NURO光といえば、一般家庭用としては世界最速の2Gbpsという通信速度で知られる高品質なインターネットサービスです。ユーザーからの満足度が高く、提供エリア内であれば、NURO光一択という声も多いです。

しかし、インターネットサービスの評判は良いものの、電話サービスについてはあまり詳しく分からないという方は多いのではないでしょうか。料金的におトクなのか、番号は変わらないのかなど、気になるポイントは意外とありますよね。
auひかりとはほとんど差はありませんね
そこでこの記事では、NURO光の電話サービスである、「NURO光でんわ」について詳しく解説していきます。料金はもちろん、メリット・デメリットまでわかりやすくお伝えするので、参考にしてみてください。

NURO光でんわの料金

NURO光でんわの料金と他社比較

NURO光でんわの月額利用料金は500円です。国内一般電話への通話料金は時間帯にかかわらず一律7.99円となっており、かけ先の距離で高くなることもありません。

他社の電話サービスとの料金を、表にして比較してみました。

月額料金通話料金/3分
NTT1,700円8.5円~80円
フレッツ光500円7.2~8円
auひかり500円8円
NURO光500円7.99円

NTTのアナログ電話にくらべると、月額料金・通話料金ともに大幅に安いことがわかります。フレッツ光、auひかりとはほとんど差はありませんね。

初期費用

NURO光でんわを利用する場合、インターネット回線とは別に初期工事を行う必要があり、工事費用として3,000円がかかります。こちらはNURO光初期工事費用無料キャンペーンの対象にはならないので注意しましょう。

また、NURO光でんわのオプションを利用する場合には、さらに別途オプション工事費用が発生します。詳細な金額は、次で解説するオプションサービスとあわせてご紹介します!

ナンバーディスプレイなどのオプション

NURO光でんわにはさまざまなオプションが用意されています。ちなみに、公式では「付加サービス」と呼ばれます。

NURO光でんわのオプションと月額料金、工事費用を表にまとめてみました。

サービス内容月額料金工事費用
番号表示電話をかけてきた相手の番号を表示400円1,000円
番号通知リクエスト非通知の着信に対し、通知を促すガイダンスを流す200円1,000円
キャッチ電話通話中に別の着信があった場合に通知300円無料
着信お断り任意の電話番号を着信拒否設定600円1,000円
着信転送着信を別の電話端末に転送500円無料

 

月額料金、工事費用ともに、一つ一つは少額ですが、複数利用するとかなり費用がかさみそうですね。そんな場合には、複数のサービスをまとめておトクに使える、付加サービスパックがおすすめです!

対象オプション月額料金工事費用
ベーシックパック番号表示

番号通知リクエスト

600円無料
パック1番号表示

番号通知リクエスト

キャッチ電話

着信お断り

着信転送

900円無料
パック2キャッチ電話

着信お断り

着信転送

630円無料
パック3番号表示

番号通知リクエスト

キャッチ電話

着信お断り

800円無料
パック4キャッチ電話

着信お断り

530円無料

単独で申し込みをする場合に比べ、料金的にかなりおトクになっていますね。また、パックでオプションに加入すると、オプション工事費が無料になるというのもうれしいポイントです。

NURO光でんわの解約費用

NURO光でんわを解約する際にかかる費用は、利用中の電話番号が他社から番号ポータビリティしたものか、NURO光でんわで新規発番したものかによって異なります。番号ポータビリティは簡単にいうと電話番号の引き継ぎのことで、詳しい内容は次で解説します。

<番号ポータビリティした電話番号の場合>

  • 解約工事費 1,000円
  • 番号ポータビリティ工事費 1,500円

<NURO光でんわで新規発番した電話番号の場合>

  • 解約工事費 1,000円

NURO光(インターネット)の解約についてもあわせて知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

番号ポータビリティ(MNP)

NURO光でんわを利用するにあたって、以前の電話番号を引き継げるかどうかは重要な問題ですね。上で軽く触れた通り、NURO光でんわには「番号ポータビリティ」という電話番号引き継ぎサービスが存在しますが、実はこれを利用できるかどうかは、申し込みをする方の状況しだいなんです!

引き継げるケースと引き継げないケース

既存の電話番号をNURO光でんわへの引き継ぎ可否は、利用中の番号が、NTTの加入電話で発行されたものかどうかによって決まります。現在何のサービスを利用しているかは関係無く、NTTの加入権を購入して発行してもらった電話番号の場合のみ、番号ポータビリティが可能です。

わかりやすく、具体例を見てみましょう。

<例:auひかりを使っている場合>

  • auひかりで発番 → 番号ポータビリティ不可
  • NTT加入電話で発番 → auひかりに引き継ぎ → 番号ポータビリティ可能

これは、利用中のサービスがドコモ光でもソフトバンク光でも変わりません。また、もちろんNTTアナログ電話から直接の番号ポータビリティも可能です。

番号ポータビリティにかかる費用

番号ポータビリティを利用するためには、NTT回線休止工事が必要になり、費用として2,000円がかかります。NURO光からではなく、NTTから直接請求書が送られてくるので、注意しましょう。

NURO光でんわ申し込みから開通までの流れ

NURO光でんわの申し込みから開通までの流れは、NURO光(インターネット)を既に利用中かどうかで異なります。

NURO光と同時に新規申し込みの場合

NURO光のインターネットサービスと同時に申し込む場合の流れは、以下のとおりです。

<NURO光・NURO光でんわ申し込みから開通までの流れ>

  1. NURO光でんわのオプションを選択の上、NURO光に申し込み
  2. NURO光回線工事日の確定(約2週間後)
  3. 宅内工事
  4. 屋外工事・回線利用開始(申し込みから約30日)
  5. NURO光でんわ利用開始(新規発番:約2営業日後、番号ポータビリティ:約2~3週間後)

NURO光利用中の場合

既にNURO光のインターネットは利用しており、NURO光でんわのみを申し込む場合の流れは以下のとおりです。

<NURO光でんわ申し込みから開通までの流れ>

  1. NURO光でんわに申し込み
  2. NURO光でんわ用TAの郵送(約3日後)
  3. NURO光でんわ利用開始(新規発番:約5日後、番号ポータビリティ:約2~3週間後)

もしNUROへの新規申し込みをお考えの場合には、申込窓口を吟味することをおすすめします。NURO光は公式ホームページ(HP)からの申し込みでも30,000円~35,000円の高額キャッシュバックがもらえますが、独自キャンペーンが上乗せされるネット代理店の場合、最大キャッシュバック金額が80,000円になることも。

サービス内容や月額利用料は変わらないので、少しでもおトクな申込窓口を選ぶことをおすすめします。

おすすめ窓口最大12万円の特典!
株式会社Life Bank
下り最大2Gbpsの超高速通信
NURO光は月額4,743円で速くて安い!
工事費39,900円が実質無料のキャンペーン
ソフトバンクとのセット割も
最大80,000円キャッシュバック!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

NURO光でんわのメリット

さて、ここまででNURO光の料金やサービス内容を解説しましたが、具体的にどのようなメリットがあるのかも確認していきましょう。

おうち割 光セットが適用される

最近は固定回線とスマホのキャリアを合わせておトクに利用する方法が主流ですが、NURO光もご多分に漏れず、ソフトバンクのスマホやタブレットと「おうち割 光セット」を利用できます。

<おうち割 光セットの割引内容>

  • データ定額 5GB/20GB/50GBの場合
    毎月1,000円割引(永年)
  • データ定額 3Gケータイの場合
    毎月500円割引(永年)

おうち割の2年目以降の割引有無は、固定通信サービスによって異なりますが、NURO光は割引が永年適用なので、ソフトバンクユーザーには特におすすめですね。

NTTアナログ電話からの乗り換えで料金が安くなる

各社料金比較で見た通り、NTTアナログ電話の月額基本料金は1,700円です。NURO光でんわは月額500円なので、乗り換えるだけで毎月の通信費を1,200円も安くできます。

また、NTTアナログ電話は、電話のかけ先との距離が開くほど通話料金が高くなり、最大80円/3分とかなり高額です。NURO光でんわは国内通話が一律7.99円/3分なので、遠方に家族や親戚が住んでいる方は、通話料金の節約にもなりますね。

ホワイトコール24が使える

ホワイトコール24は、NURO光でんわとソフトバンク携帯の通話料金が24時間無料になるサービスです。ソフトバンク携帯を持っている家族全員が対象になるので、家族間での連絡の際に、固定電話を使えば通話料金を気にする必要がなくなります。

NURO光でんわのデメリット

NURO光でんわは主に料金面で大きなメリットがありましたが、デメリットも気ですね。1つずつ見ていきましょう。

停電時に使えない

NURO光でんわは停電すると電話が使えなくなってしまいます。110や119といった緊急電話にもかけることができません。

ただし、これはNURO光でんわに限ったことではなく、インターネット回線を利用するIP電話全般の特徴です。また、携帯電話が普及している現在では、一時的に固定電話が使えなくても、大きな支障はないでしょう。

シルバーホンが使えない

NURO光でんわは、緊急通報や福祉施設への呼び出しなどをとっさに行うことができるシルバーホンに対応していません。お年寄りの一人暮らしなどでは、シルバーホンを利用されていることも多いと思いますので、注意が必要です。

また、シルバーホンに限らず、福祉電話サービス全般が対応外です。

TAとONUを配線しないと使えない

NURO光でんわを利用する際には、NURO光のONUとNURO光でんわのTAを配線する必要があります。複数の機器を置く必要があるので、やや見た目がごちゃごちゃしやすく、気になる方もいらっしゃるかもしれません。

また、有線接続のPCと電話を離れた場所に置きたい場合には、TAと親機を離れた場所で配線できるよう、屋内の配線工事を行うか、分配器を使うなどの対応が必要です。

工事のタイミングによって使えない期間ができる可能性がある

NURO光でんわが開通する前に利用中のサービスを解約してしまうと、電話が使えない期間が発生してしまいます。ほとんど固定電話を使わない場合には気にならないかもしれませんが、仕事の関係などで困るという方は、「3.NURO光でんわ申し込みから開通までの流れ」を参考に、計画的にNURO光でんわの開通と既存サービスの解約を行うようにしてください。

番号を2つ持つためには2回線契約が必要

NURO光でんわは、原則1回線1番号となっています。複数番号を利用したい場合、契約回線数を増やす必要があります。

NURO光でんわが急に使えなくなった場合の解決法

最後に、NURO光が使えなくなってしまった場合にどうすればよいのか、ケース別にご紹介します!

通信障害・メンテナンス情報を確認する

NURO光でんわの回線に障害が発生したり、メンテナンスが実施されていたりする場合があります。So-netホームページの「障害・メンテナンス情報」より確認してみましょう。

発信先番号を確認する

NURO光でんわは、一部の3桁特番やダイヤルQ2、事業者識別など、電話をかけることができない番号が存在します。

また、電話機器のACR機能や電話会社自動選択機能がONに設定されていると、県外や携帯に発信できない場合があります。かけ先が県外、もしくは携帯電話の場合、電話機器のご説明書を参照し、確認を行ってみてください。

通信機器を再起動する

電子機器は再起動することによって不調を解消できる場合があります。TA、ONU、電話機器、PCなどの電源を切り、5分程置いて再起動してみてください。

配線の確認

TA、ONU、各通信機器が正しく配線されているか、確認してみてください。

ランプの確認

TAのランプの色で、異常が確認できます。

 

<TAのランプに異常がある場合>

  • 電源ランプが消えている
    電源が入っていません。コンセントや電源アダプタが正しく接続されているか確認してください。
  • 警告ランプが赤くなっている
    何かしらの問題が発生しています。TAから電源アダプタを外し、少し時間を置いてから再起動してください。
  • インターネット回線ランプが消えている
    ONUとTAが正しく接続されていません。
    正しく配線されているか、配線ケーブルに異常がないか確認してください。
  • 電話ランプが消えている、もしくは点滅している
    無線LANランプも点滅中であれば、TA内部プログラムの更新が行われているだけなので、10分程度で電話が利用可能です。
    無線LANランプも消えている場合には、So-net公式サイトを参考に、NURO光の接続ができない場合のトラブルシューティングを試してください。

 

「111」へダイヤル

電話が繋がっているかどうかを確認できる3桁特番です。こちらに繋がる場合、電話自体は正常に繋がっているので、別の原因である可能性が高いです。

NUROサポートデスクに相談

全部試しても電話が使えない場合には、NUROサポートデスクに相談してみましょう。

NURO光でんわのまとめ

NURO光でんわはNTTのアナログ電話とくらべると、料金的に大きなメリットがあるサービスです。一部、未対応のサービスや、番号ポータビリティができないケースなども存在しますが、これらを必要としない場合には、おトクなサービスといえるでしょう。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

NURO光といえば、一般家庭用としては世界最速の2Gbpsという通信速度で知られる高品質なインターネットサービスです。ユーザーからの満足度が高く、提供エリア内であれば、NURO光一択という声も多いです。

しかし、インターネットサービスの評判は良いものの、電話サービスについてはあまり詳しく分からないという方は多いのではないでしょうか。料金的におトクなのか、番号は変わらないのかなど、気になるポイントは意外とありますよね。
auひかりとはほとんど差はありませんね
そこでこの記事では、NURO光の電話サービスである、「NURO光でんわ」について詳しく解説していきます。料金はもちろん、メリット・デメリットまでわかりやすくお伝えするので、参考にしてみてください。

NURO光でんわの料金

NURO光でんわの料金と他社比較

NURO光でんわの月額利用料金は500円です。国内一般電話への通話料金は時間帯にかかわらず一律7.99円となっており、かけ先の距離で高くなることもありません。

他社の電話サービスとの料金を、表にして比較してみました。

月額料金通話料金/3分
NTT1,700円8.5円~80円
フレッツ光500円7.2~8円
auひかり500円8円
NURO光500円7.99円

NTTのアナログ電話にくらべると、月額料金・通話料金ともに大幅に安いことがわかります。フレッツ光、auひかりとはほとんど差はありませんね。

初期費用

NURO光でんわを利用する場合、インターネット回線とは別に初期工事を行う必要があり、工事費用として3,000円がかかります。こちらはNURO光初期工事費用無料キャンペーンの対象にはならないので注意しましょう。

また、NURO光でんわのオプションを利用する場合には、さらに別途オプション工事費用が発生します。詳細な金額は、次で解説するオプションサービスとあわせてご紹介します!

ナンバーディスプレイなどのオプション

NURO光でんわにはさまざまなオプションが用意されています。ちなみに、公式では「付加サービス」と呼ばれます。

NURO光でんわのオプションと月額料金、工事費用を表にまとめてみました。

サービス内容月額料金工事費用
番号表示電話をかけてきた相手の番号を表示400円1,000円
番号通知リクエスト非通知の着信に対し、通知を促すガイダンスを流す200円1,000円
キャッチ電話通話中に別の着信があった場合に通知300円無料
着信お断り任意の電話番号を着信拒否設定600円1,000円
着信転送着信を別の電話端末に転送500円無料

 

月額料金、工事費用ともに、一つ一つは少額ですが、複数利用するとかなり費用がかさみそうですね。そんな場合には、複数のサービスをまとめておトクに使える、付加サービスパックがおすすめです!

対象オプション月額料金工事費用
ベーシックパック番号表示

番号通知リクエスト

600円無料
パック1番号表示

番号通知リクエスト

キャッチ電話

着信お断り

着信転送

900円無料
パック2キャッチ電話

着信お断り

着信転送

630円無料
パック3番号表示

番号通知リクエスト

キャッチ電話

着信お断り

800円無料
パック4キャッチ電話

着信お断り

530円無料

単独で申し込みをする場合に比べ、料金的にかなりおトクになっていますね。また、パックでオプションに加入すると、オプション工事費が無料になるというのもうれしいポイントです。

NURO光でんわの解約費用

NURO光でんわを解約する際にかかる費用は、利用中の電話番号が他社から番号ポータビリティしたものか、NURO光でんわで新規発番したものかによって異なります。番号ポータビリティは簡単にいうと電話番号の引き継ぎのことで、詳しい内容は次で解説します。

<番号ポータビリティした電話番号の場合>

  • 解約工事費 1,000円
  • 番号ポータビリティ工事費 1,500円

<NURO光でんわで新規発番した電話番号の場合>

  • 解約工事費 1,000円

NURO光(インターネット)の解約についてもあわせて知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

番号ポータビリティ(MNP)

NURO光でんわを利用するにあたって、以前の電話番号を引き継げるかどうかは重要な問題ですね。上で軽く触れた通り、NURO光でんわには「番号ポータビリティ」という電話番号引き継ぎサービスが存在しますが、実はこれを利用できるかどうかは、申し込みをする方の状況しだいなんです!

引き継げるケースと引き継げないケース

既存の電話番号をNURO光でんわへの引き継ぎ可否は、利用中の番号が、NTTの加入電話で発行されたものかどうかによって決まります。現在何のサービスを利用しているかは関係無く、NTTの加入権を購入して発行してもらった電話番号の場合のみ、番号ポータビリティが可能です。

わかりやすく、具体例を見てみましょう。

<例:auひかりを使っている場合>

  • auひかりで発番 → 番号ポータビリティ不可
  • NTT加入電話で発番 → auひかりに引き継ぎ → 番号ポータビリティ可能

これは、利用中のサービスがドコモ光でもソフトバンク光でも変わりません。また、もちろんNTTアナログ電話から直接の番号ポータビリティも可能です。

番号ポータビリティにかかる費用

番号ポータビリティを利用するためには、NTT回線休止工事が必要になり、費用として2,000円がかかります。NURO光からではなく、NTTから直接請求書が送られてくるので、注意しましょう。

NURO光でんわ申し込みから開通までの流れ

NURO光でんわの申し込みから開通までの流れは、NURO光(インターネット)を既に利用中かどうかで異なります。

NURO光と同時に新規申し込みの場合

NURO光のインターネットサービスと同時に申し込む場合の流れは、以下のとおりです。

<NURO光・NURO光でんわ申し込みから開通までの流れ>

  1. NURO光でんわのオプションを選択の上、NURO光に申し込み
  2. NURO光回線工事日の確定(約2週間後)
  3. 宅内工事
  4. 屋外工事・回線利用開始(申し込みから約30日)
  5. NURO光でんわ利用開始(新規発番:約2営業日後、番号ポータビリティ:約2~3週間後)

NURO光利用中の場合

既にNURO光のインターネットは利用しており、NURO光でんわのみを申し込む場合の流れは以下のとおりです。

<NURO光でんわ申し込みから開通までの流れ>

  1. NURO光でんわに申し込み
  2. NURO光でんわ用TAの郵送(約3日後)
  3. NURO光でんわ利用開始(新規発番:約5日後、番号ポータビリティ:約2~3週間後)

もしNUROへの新規申し込みをお考えの場合には、申込窓口を吟味することをおすすめします。NURO光は公式ホームページ(HP)からの申し込みでも30,000円~35,000円の高額キャッシュバックがもらえますが、独自キャンペーンが上乗せされるネット代理店の場合、最大キャッシュバック金額が80,000円になることも。

サービス内容や月額利用料は変わらないので、少しでもおトクな申込窓口を選ぶことをおすすめします。

おすすめ窓口最大12万円の特典!
株式会社Life Bank
下り最大2Gbpsの超高速通信
NURO光は月額4,743円で速くて安い!
工事費39,900円が実質無料のキャンペーン
ソフトバンクとのセット割も
最大80,000円キャッシュバック!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

NURO光でんわのメリット

さて、ここまででNURO光の料金やサービス内容を解説しましたが、具体的にどのようなメリットがあるのかも確認していきましょう。

おうち割 光セットが適用される

最近は固定回線とスマホのキャリアを合わせておトクに利用する方法が主流ですが、NURO光もご多分に漏れず、ソフトバンクのスマホやタブレットと「おうち割 光セット」を利用できます。

<おうち割 光セットの割引内容>

  • データ定額 5GB/20GB/50GBの場合
    毎月1,000円割引(永年)
  • データ定額 3Gケータイの場合
    毎月500円割引(永年)

おうち割の2年目以降の割引有無は、固定通信サービスによって異なりますが、NURO光は割引が永年適用なので、ソフトバンクユーザーには特におすすめですね。

NTTアナログ電話からの乗り換えで料金が安くなる

各社料金比較で見た通り、NTTアナログ電話の月額基本料金は1,700円です。NURO光でんわは月額500円なので、乗り換えるだけで毎月の通信費を1,200円も安くできます。

また、NTTアナログ電話は、電話のかけ先との距離が開くほど通話料金が高くなり、最大80円/3分とかなり高額です。NURO光でんわは国内通話が一律7.99円/3分なので、遠方に家族や親戚が住んでいる方は、通話料金の節約にもなりますね。

ホワイトコール24が使える

ホワイトコール24は、NURO光でんわとソフトバンク携帯の通話料金が24時間無料になるサービスです。ソフトバンク携帯を持っている家族全員が対象になるので、家族間での連絡の際に、固定電話を使えば通話料金を気にする必要がなくなります。

NURO光でんわのデメリット

NURO光でんわは主に料金面で大きなメリットがありましたが、デメリットも気ですね。1つずつ見ていきましょう。

停電時に使えない

NURO光でんわは停電すると電話が使えなくなってしまいます。110や119といった緊急電話にもかけることができません。

ただし、これはNURO光でんわに限ったことではなく、インターネット回線を利用するIP電話全般の特徴です。また、携帯電話が普及している現在では、一時的に固定電話が使えなくても、大きな支障はないでしょう。

シルバーホンが使えない

NURO光でんわは、緊急通報や福祉施設への呼び出しなどをとっさに行うことができるシルバーホンに対応していません。お年寄りの一人暮らしなどでは、シルバーホンを利用されていることも多いと思いますので、注意が必要です。

また、シルバーホンに限らず、福祉電話サービス全般が対応外です。

TAとONUを配線しないと使えない

NURO光でんわを利用する際には、NURO光のONUとNURO光でんわのTAを配線する必要があります。複数の機器を置く必要があるので、やや見た目がごちゃごちゃしやすく、気になる方もいらっしゃるかもしれません。

また、有線接続のPCと電話を離れた場所に置きたい場合には、TAと親機を離れた場所で配線できるよう、屋内の配線工事を行うか、分配器を使うなどの対応が必要です。

工事のタイミングによって使えない期間ができる可能性がある

NURO光でんわが開通する前に利用中のサービスを解約してしまうと、電話が使えない期間が発生してしまいます。ほとんど固定電話を使わない場合には気にならないかもしれませんが、仕事の関係などで困るという方は、「3.NURO光でんわ申し込みから開通までの流れ」を参考に、計画的にNURO光でんわの開通と既存サービスの解約を行うようにしてください。

番号を2つ持つためには2回線契約が必要

NURO光でんわは、原則1回線1番号となっています。複数番号を利用したい場合、契約回線数を増やす必要があります。

NURO光でんわが急に使えなくなった場合の解決法

最後に、NURO光が使えなくなってしまった場合にどうすればよいのか、ケース別にご紹介します!

通信障害・メンテナンス情報を確認する

NURO光でんわの回線に障害が発生したり、メンテナンスが実施されていたりする場合があります。So-netホームページの「障害・メンテナンス情報」より確認してみましょう。

発信先番号を確認する

NURO光でんわは、一部の3桁特番やダイヤルQ2、事業者識別など、電話をかけることができない番号が存在します。

また、電話機器のACR機能や電話会社自動選択機能がONに設定されていると、県外や携帯に発信できない場合があります。かけ先が県外、もしくは携帯電話の場合、電話機器のご説明書を参照し、確認を行ってみてください。

通信機器を再起動する

電子機器は再起動することによって不調を解消できる場合があります。TA、ONU、電話機器、PCなどの電源を切り、5分程置いて再起動してみてください。

配線の確認

TA、ONU、各通信機器が正しく配線されているか、確認してみてください。

ランプの確認

TAのランプの色で、異常が確認できます。

 

<TAのランプに異常がある場合>

  • 電源ランプが消えている
    電源が入っていません。コンセントや電源アダプタが正しく接続されているか確認してください。
  • 警告ランプが赤くなっている
    何かしらの問題が発生しています。TAから電源アダプタを外し、少し時間を置いてから再起動してください。
  • インターネット回線ランプが消えている
    ONUとTAが正しく接続されていません。
    正しく配線されているか、配線ケーブルに異常がないか確認してください。
  • 電話ランプが消えている、もしくは点滅している
    無線LANランプも点滅中であれば、TA内部プログラムの更新が行われているだけなので、10分程度で電話が利用可能です。
    無線LANランプも消えている場合には、So-net公式サイトを参考に、NURO光の接続ができない場合のトラブルシューティングを試してください。

 

「111」へダイヤル

電話が繋がっているかどうかを確認できる3桁特番です。こちらに繋がる場合、電話自体は正常に繋がっているので、別の原因である可能性が高いです。

NUROサポートデスクに相談

全部試しても電話が使えない場合には、NUROサポートデスクに相談してみましょう。

NURO光でんわのまとめ

NURO光でんわはNTTのアナログ電話とくらべると、料金的に大きなメリットがあるサービスです。一部、未対応のサービスや、番号ポータビリティができないケースなども存在しますが、これらを必要としない場合には、おトクなサービスといえるでしょう。

超高速2Gbps!nuro光 おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光ナビ限定!光回線ガイドブック

むずかしいインターネット回線選びをサポートするため、無料ガイドブックを作りました!

各回線の比較の要点をまとめただけでなく、開通までの流れや、お得なキャンペーン情報、各窓口の電話番号など情報が盛りだくさん!インターネット回線選びに悩んでいる方はぜひ読んでいただきたいです!


インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンに登録する

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事