閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光でんわを申し込む前に確認したいメリット・デメリット!

高速インターネット回線サービスと言えば、So-netが運営するNURO光です。
標準プランで下り最大2Gps、高速プランでは下り最大10Gpsもの速さですので、インターネットを利用する機器が家にたくさんある方にもおすすめです。

NURO光に乗り換えるついでに、電話もNURO光の電話「NURO光でんわ」にしようかなと考えている人も多いのではないでしょうか。
もちろん深く考えずにインターネットと電話をまとめてしまうのもアリですが、しっかりとメリットとデメリットを把握してからひかりでんわに加入する方が良いですよね。
NURO光でんわの長短所を詳しくご説明いたします!

NURO光電話の4つのメリット

NURO光電話メリット1:番号ポータビリティが利用できる

電話番号を変えたくないという方は結構多いですよね。
電話番号が変わると、利用している銀行やクレジットカードで情報変更手続きをしなくてはいけませんし、職場や学校などにも変更した旨を報告しなくてはいけません。

NTT回線ならそのまま番号を利用できる

NTTアナログ回線を利用している方なら、NURO光でんわでも番号をそのまま利用することができます。
また、NTTのアナログ回線をすでに他社の電話サービスで利用している場合でも、番号を変更することなくそのまま利用することができます。

ただし、NTTの利用エリアから外れるときは不可

引越し先でNURO光でんわを利用するなど、該当する電話番号を利用できないエリアで契約をするときには、番号ポータビリティが利用できません。
その場合は、新たに支給される電話番号を利用することになります。

NURO光電話メリット2:料金が安い

NURO光でんわは月額利用料金を低く抑えることが可能です。

月額基本料金は500円

基本料金はわずか500円です。
普段は携帯電話を利用しているから固定電話は利用しないと言う人でも、わずか500円なら固定電話を残しておくことができますよね。

無料通話が利用できる

NURO光でんわとの通話はもちろん、BBフォン光やケーブルライン、BBフォン、ひかりdeトークSなどのソフトバンクグループの電話とは通話無料で利用できます。

固定電話とも3分で7.99円

高くなりがちな固定電話との通話ですが、NURO光でんわなら通話料は3分で7.99円の低価格に設定されています。
通話料金も基本料金も低いですので、月額料金を低く抑えることができるのです。

NURO光電話メリット3:ソフトバンクと一緒でさらにお得

ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンを使っている方は、さらにお得なセット割や無料通話を利用することができます。

ホワイトコール24

NURO光でんわの契約者もしくは家族の方がソフトバンクの携帯電話やスマートフォンを利用していると、すべてのソフトバンク携帯・スマホへの通話が無料になる「ホワイトコール24」を利用することができます。
ただし、ソフトバンクで、ホワイトプランか標準プラン、スマ放題通話し放題プランを契約している人が対象になります。

おうち割光セット

NURO光でんわとソフトバンクの携帯電話・スマートフォンをセットで利用することで、ソフトバンクの携帯電話・スマートフォンの利用料金が月々1,522円、最大2年間割り引かれます。NURO光でんわ1つにつきソフトバンク10回線まで登録できますので、家族みんなでお得に利用できますね。

NURO光電話メリット4:オプションが多い

NURO光でんわには、オプションがたくさん用意されています。
例えば番号表示サービスは工事費用として最初に1000円かかりますが、月額料金は400円で利用できます。
また、着信転送サービスは工事費無料、月額利用料は500円になります。

お得な付加サービスパック

たくさんオプションを利用したいという方には、お得な「付加サービスパック」が提供されています。
1つ1つのオプションは安くても、複数になると結構な金額になりますから、セット料金の設定は嬉しいですよね。
例えば、番号表示と番号通知リクエスト、キャッチ電話、着信お断り、着信転送の5つの付加サービスすべてが利用できるパックは、工事費無料、月額付加サービス料金は900円で利用できます。
それぞれ別に契約すると工事費だけでも3000円、月額付加サービス料金は2000円になりますので、かなりお得なセットと言えますよね。

おすすめ窓口圧倒的な回線速度!nuro光おすすめNo.1窓口
https://nuro-ac.jp/
光とセット割でスマホの料金がおトク!

格安で下り最大2Gbpsの高速インターネット!オンラインゲームや動画もサクサク動く!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)でストレスなくネットを楽しめる!この窓口限定で最大120,000円おトクなキャンペーン中!

窓口限定!最大120,000円おトク

NURO光電話の4つのデメリット

NURO光電話デメリット1:利用している電話回線との手続きが必要

番号ポータビリティを利用する場合は、現在利用している電話回線との手続きが発生します。

NTT回線休止手続き

NTT加入権はそのままで回線だけを休止するための回線休止工事費が、税抜き2000円かかります。NTTから利用者へ直接請求書が郵送されますので、各自支払いましょう。

他の電話業者を利用しているとき

NTT以外の電話業者を利用していた場合は、NURO光でんわの番号ポータビリティ工事完了後に解約手続きを行います。
番号ポータビリティ工事予定日のメール案内がNURO光から通知されますので、それを目安に利用していた業者に解約する旨を伝えておきましょう。

NURO光電話デメリット2:解約時に工事費用がかかる

NURO光でんわだけの特徴ではありませんが、解約するときに一定の解約工事費がかかります。

NURO光でんわ解約工事費

NURO光でんわ自体を解約する工事費用です。
税抜き1000円が請求されます。

番号ポータビリティ工事費

番号ポータビリティを利用している人は、番号ポータビリティ工事費税抜き1500円が解約時に請求されます。
当然のことですが、番号ポータビリティ希望者以外には請求されません。

NURO光電話デメリット3:ネットと同時に利用開始できない

NURO光の申し込みと同時にNURO光でんわの申し込み手続きを実施したとしても、インターネット回線と電話回線の利用を同時に開始することはできません。
NURO光回線の利用開始から、新規に電話番号を取得する場合は約5日後、番号ポータビリティを利用する場合は約1週間後にNURO光でんわが利用できるようになるのです。

光でんわの利用開始日はネットでも確認可能

NURO光でんわの利用開始予定日は、NUROユーザーWebで確認することもできますし、利用開始が確定するとソニーネットワークコミュニケーションズからメール案内も届きます。

ただし、電話自体が利用できないというわけではない

NURO光でんわに接続されていなくても、今、ご契約の電話サービスは利用できます。
毎日固定電話を利用している方なら、NURO光でんわの利用開始が確定されてから現在使用している電話サービスを解約すれば、固定電話が利用できない期間を作りません。

また、NURO光でんわは、利用開始月の利用料金は無料です。
そのため、電話契約期間が重なってしまってもお財布への負担はありません。

NURO光電話デメリット4:初期費用がかかる

NURO光でんわに加入すると、初期費用として回線工事費税抜き3000円が請求されます。
ただし、利用開始月は月額費用無料で利用できますので、実質は税抜き2500円の出費となります。

使い続けることでお得になるNURO光でんわ

NURO光でんわだけに限ったことではありませんが、初めに現在の電話回線の解約やらNTTの休止手続きやら、加入者にとっては少し面倒な手間がかかります。

また、契約時に回線工事費がかかってしまいます。お金を払ってわざわざ電話サービスを変更する必要があるのかと思うかもしれません。

ですが、この少しの手間と費用を払えば、月々の固定費が安くなるだけでなく、通話料金も低く抑えることが可能になります。
数ヶ月で初めに払った回線工事費が回収できるだけでなく、長く使えば使うほどお得になるのです。お得に固定電話を利用したいなら、NURO光でんわはおすすめの選択だと言えるでしょう。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る