閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりテレビを他社サービスと比較!メリットとデメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドラマや映画、音楽と幅広いジャンルのCSチャンネル放送が視聴できるTVサービス「auひかりテレビ」。

「auひかり」ユーザーならば簡単な方法で低価格の月額料金で楽しめるのですが、気になるのはフレッツ光の「フレッツ光TV」や「スカパー」など他社サービスと比較した場合のサービス内容の違いですね。

そこでここではauひかりのひかりTVとフレッツのひかりTVやスカパーと月額料金や画質など具体的な違いを調べてみました。

auひかりテレビとは?

はじめにauひかり、というインターネット光回線サービスがあります。
auユーザーなら電話やスマホ料金がセット割引となる「auスマートバリュー」でおなじみのお得感のあるネット回線です。

よく「ソフトバンク光」「OCN光」「ドコモ光」「エキサイト光」などフレッツ系net光回線を利用する光コラボ回線商品と間違いやすいのですが、auひかりはKDDIが提供する光回線を使用したインターネットサービスです。

インターネットだけではなく、ひかり電話も利用でき、そしてテレビ番組を楽しむTVサービスが、通称「auひかりテレビ」と呼ばれています。
フレッツ光の「ひかりTV」が有名なので間違いやすいですが、「auひかりテレビ」はau光回線で観るテレビ、ということになります。

チャンネル数が豊富で、アンテナ設置もいらず、低価格なのにコンテンツが充実しているので人気があります。

「auひかりテレビ」のサービス申し込みは、インターネット接続回線「auひかり」加入と同時に申し込むと便利です。
代理店によっては「auひかり」と「auひかりテレビ」をセットで申し込むと高額キャッシュバックサービスが受けられるという条件つきのキャンペーンもあります。

また加入後、サービス追加で「auひかりテレビ」のチャンネルサービスを申し込むことももちろん可能です。
複雑な手続きや工事の必要も、アンテナを取り付ける必要もないので、簡単に視聴開始することができます。

「auひかりテレビ」サービスに申し込むと、「セットトップボックス」という接続レンタルチューナーが届きます。
レンタル料は月額料金に含まれており、この機器を「ホームゲートウェイ」と「テレビ」に接続するだけで、ドラマや映画から音楽まで多彩な番組のチャンネルが視聴可能となります。

おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

「auひかりテレビ」と「ひかりテレビ」の違い

回線との接続

「auひかりテレビ」の回線は、KDDIが提供しているインターネット光回線「auひかり」。
「ひかりTV」はNTTが提供しているフレッツ光のインターネット回線のことで、このふたつはまったく違う回線を使用したサービスとなります。

フレッツ光の「ひかりテレビ」サービスを申し込みたいと思う場合は、必ずNTTの「フレッツ光」を申し込み、初期工事をしなければなりません。

同じように、フレッツ光回線でインターネットをしていたる方が「auひかりテレビ」が見たい、と思った場合は、インターネット回線の乗り換えをする必要があります。
ちなみに、スカパーテレビ、といういろんな番組が見られるサービスがありますが、これは、インターネット接続回線を使用した「テレビ」ではなく、CS対応パラボラ外部アンテナなどをベランダに設置して接続して利用します。

スカパーは、「auひかりテレビ」や「ひかりTV」とは、違うジャンルの「テレビサービス」ということになります。

auひかりテレビを観る方法

「auひかりテレビ」は「ひかりTV」と同じく、インターネット回線を利用してCS放送を視聴するシステム。
視聴するには、専用チューナーが必要なのでレンタルします。

まずは「auひかり」のネット接続回線に加入しておくことが条件。
同じように「ひかりTV」を見たい場合は「フレッツ光」に加入しておくことが条件です。

テレビサービスによってネット回線を乗り換えるということはあまりないかもしれませんが、どうしてもこだわりがある場合は、インターネット接続回線に申し込む際、確実なテレビサービスを選ぶために事前に違いをよく把握しておくことが大切です。

初期費用

初期費用に関しては、「auひかりテレビ」を申し込む場合、すでにauひかりのインターネット回線工事が完了していれば、新たな工事の必要も、初期工事費用の必要ありません。「auひかりテレビ」のサービス加入料のみ864円が必要となるだけです。

フレッツ光の「ひかりテレビ」に関しても、インターネット回線の工事がすでに完了している場合は新たな工事費用はゼロ円です。

さらにフレッツ光の「ひかりTV」に関しては、加入料も無料です。
スカパーに関しては、初期工事費用としてキャンペーンを使っても、10,000~18,600円、サービス加入料金が3,024円となり、割高となります。

月額料金比較

「auひかりテレビ」「ひかりTV」「スカパー」の3種類の月額料金を表で比較してみましょう。
「auひかりテレビ」「ひかりTV」は料金に大きな差はありませんが、スカパーに関しては高い印象がありますね。

サービス名 auひかりテレビ ひかりTV スカパー
プラン名 プラチナセレクトパック テレビおすすめプラン 新・基本パック
月額料金 2,490円(税抜き) 3,000円(税抜き) 3,790円(税抜き)
(基本料金込)
チューナーレンタル料 なし

シンプルに月額料金で比較した場合、スカパーはかなり高いイメージがあります。
ただし、チャンネル数がそれぞれ違うので、金額だけではコスパがよいかどうかはわかりません。

チャンネル比較

では次に「auひかりテレビ」「ひかりTV」「スカパー」をチャンネル数と画質で比較してみましょう。
接続システムはどうであれ、問題は画質だと思います。
番組を見るのですから高画質でないとストレスになりますよね。

サービス名 auひかりテレビ ひかりTV スカパー
チャンネル数 43ch 52ch 47ch
HD画質 20ch 52ch 20ch

チャンネル数が一番多いのが「ひかりTV」です。
その上すべてのチャンネルが高画質。これは優秀ですね。

auひかりテレビとスカパーは同じくらい。料金で考えると、「auひかりテレビ」はコスパがよいという感じがします。
高画質にこだわるなら「ひかりTV」ですね。

おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

auひかりテレビのプラン

「auひかりテレビ」のプランには、3タイプあります。

【プラチナセレクトパック】

ドラマも音楽も、すべてを網羅しているのが「プラチナセレクトパック」です。
「プラチナセレクトパック」は月額1.980円。全43チャンネルで、最大2か月無料です。

映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ドキュメンタリーなど好きな番組を選んで観ることができます。
ただし、地上波放送は含まれていないので注意が必要です。

音楽のみ、特定の番組のみ、という方はより割安なプランもありますね。

【ミュージックセレクトパック】

月額料金は634円。MTVなど4タイプ限定の音楽チャンネルをパックしたコースです。
音楽専門チャンネルしか必要ない、という人に。

【プレミアムチャンネル】

月額料金は1,000円。見たいチャンネルが決まっているひとに。

おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

「auひかりテレビ」のメリットとデメリット

他社と比較して「auひかりテレビ」のメリットは月額料金が安さが最大なポイントですね。
「auひかり」への加入時に申し込めば、高額なキャッシュバックキャンペーンを利用することも可能でさらにおトク感があります。

「プラチナセレクトパック」なら43チャンネルも利用できるためコスパがよいと言えるでしょう。
一方デメリットは画質。
ひかりTVはすべてのチャンネルがHD画質なのに対して「auひかりテレビ」は、それが半分以下の21チャンネルのみとなっています。

また、地デジ、地上波デジタル放送を見ることができないので注意が必要です。
見るためには別にアンテナを設置しなければなりません。
さらにビデオパスのコンテンツの一部を除いて4Kには対応してないこともデメリットのひとつですね。

まとめ

「auひかりテレビ」はリーズナブルな月額料金で「auひかり」ユーザーが見られるテレビサービスです。
ドラマや映画、音楽をはじめ多彩なチャンネルが43チャンネルあり幅広く楽しめるのですが「ひかりTV」と比べて高画質チャンネルは半分以下。
地デジを見ることもできません。

「auひかりテレビ」はどちらかというと見たい専門チャンネルがあったり、レンタルビデオを楽しみたいと考えている方にぴったりのサービスといえるでしょう。

auひかりをおトクに申し込める窓口ならコチラ!

おすすめ窓口auひかりのおトクな窓口

https://kddi-hikari.com/
今なら初月無料でネットが使える!
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そしてこの窓口の最大の魅力は最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事