閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

auひかりならお得に乗り換え可能!オススメ窓口・他社光回線への乗り換え方法も解説

接続方法

auひかりへ乗り換えを検討している方は、今ならお得なキャンペーンを受けられます。

なぜなら、auひかりでは他社回線の解約費用を最大30,000円まで負担してくれる「auひかりスタートサポート」に加え、Web窓口から申し込むとネット+ひかり電話の契約で最大55,000円のキャッシュバックももらえるため、費用を抑えて乗り換えできるからです。

一方で、auひかりから乗り換えたい場合は、解約費用に注意が必要です。

auひかりは2018年3月1日以降に契約した一部ユーザーに対し撤去工事を義務化しているので、解約時の負担が大きくなります。

auひかりから乗り換える場合は、解約費用負担のあるソフトバンク光BIGLOBE光がオススメとなっていますので、ぜひ検討してください。

今回は、auひかりと他社回線間の乗り換え手順や、乗り換えにかかる費用、また、乗り換えで損をしないための方法について紹介していきます。

auひかりのWeb窓口「フルコミット」では、8ヶ月後に最大55,000円がもらえるキャンペーンと、オプション無しで最短翌月末に最大52,000円がもらえるキャンペーンを提供しています。

auひかりに乗り換えを検討している人は、以下のキャンペーンページをチェックしてみてくださいね。

※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光のおすすめ申込窓口

auひかりならWeb窓口「フルコミット」がオススメ!最大55,000円のキャッシュバック実施中

auひかりでは、他社回線からauひかりへ乗り換える場合、解約費用負担キャンペーン「auひかりスタートサポート」や、工事費が実質無料になる「初期費用相当額割引」を利用できるので、少ない負担で乗り換えが可能です。

さらに、Web窓口を利用してauひかりを申し込めば、高額なキャッシュバックを受け取ることができますよ。

auひかりを一番お得に申し込むなら、最大55,000円キャッシュバックを実施中のWeb窓口「フルコミット」がオススメです。

なお、最大55,000円キャッシュバックは最短でも8か月後の振込となっています。

キャッシュバックをすぐに受け取りたい方は、オプション無しで最短翌月末に最大52,000円がもらえるキャンペーンもオススメです。

auひかりを検討中なら、フルコミットで実施中のキャンペーンをチェックしてみてくださいね。

※このボタンからお得な特典をチェック

他社回線からauひかりへ乗り換える方法

まずはどんな人にauひかりへの乗り換えがオススメなのか、確認しておきましょう!

auひかりへの乗り換えをオススメできるのはこんな人!

以下の条件に当てはまる方は、auひかりへの乗り換えがオススメです。

なぜそのように言えるのか、条件ごとにauひかりで得られる特典内容をご紹介しましょう。

auのスマホ・ケータイ・タブレットを使っている人

auひかりでは、インターネットとひかり電話の同時契約で「auスマートバリュー」というauユーザー向けの割引が受けられます。

auスマートバリューが適用されると、携帯料金から毎月最大1,000円の割引が続くので、auスマホ・ケータイ(ガラケー)・タブレットの料金を安くできます。

なお、auスマートバリューの割引額はau端末の契約プランによって異なります。

<auスマートバリューの割引額>
契約プラン
月の割引額
新auピタッとプラン 1Gまで 割引対象外
1~7Gまで 500円
auフラットプラン7プラス 1,000円
auデータMAXプラン
auフラットプラン25 Netflixパック
データ定額1(※2019年8月31日受付終了)
データ定額1(ケータイ)
2年間:934円
3年目以降:500円
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)(※2019年8月31日受付終了)
データ定額2/3(ケータイ)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円
データ定額5/20(※2019年8月31日受付終了)
LTEフラット(※2019年8月31日受付終了)
ISフラット
データ定額5(ケータイ)
LTEフラット for Tab/Tab(L)
LTEフラット for Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
2年間:1,410円
3年目以降934円
データ定額30 ※2019年8月31日受付終了 2年間:2,000円
3年目以降:934円

 
「auスマートバリュー」の割引は最大10回線まで適用されるので、ご家族にauユーザーが多いほど割引額は大きくなりますよ!

いまの回線で解約費用がかかってしまう人

現在ご利用中のインターネット回線を解約すると、以下の解約費用を請求される可能性があります。

契約解除料
(解約違約金)
更新月以外で解約をすると発生
開通工事費の残債
開通工事費の支払期間中に解約をすると発生
撤去工事費
光回線の設備を撤去する必要がある場合に発生

 
しかし、auひかりなら他社で発生した解約費用を最大30,000円まで負担してくれるキャンペーン「auひかりスタートサポート」を実施中ですので、解約費用が高額になってしまう方も安心です。

さらに、auひかりを代理店「フルコミット」から申し込めば、auひかりスタートサポートを適用した方に、もれなく追加で25,000円のキャッシュバックが上乗せされますよ!

※このボタンからお得な特典をチェック

auひかりスタートサポートの詳しい内容や適用条件などは、「auひかりなら他社回線の解約費用を負担!開通工事費も実質無料!」で後述していますので、そちらをご覧ください。

高額なキャッシュバック還元を受け取りたい人

auひかりでは代理店から申し込むと、ひかり電話とネットを一緒に契約すれば最大55,000円のキャッシュバックがもらえます。

この金額は他社の回線と比較しても群を抜いて高いキャッシュバック金額です。

<回線別最大キャッシュバック比較>
回線名
キャッシュバック金額
auひかり
最大55,000円
NURO光
最大35,000円
ソフトバンク光
最大35,000円
ドコモ光
最大15,000円
OCN光
最大10,000円
フレッツ光
5,000円

代理店から申し込むと、公式の解約費用負担キャンペーンと代理店の高額キャッシュバック特典がダブルで受けられるので、お得ですよ。

高額キャッシュバックを行っている代理店の詳しい情報は、「auひかりのオススメ窓口は「代理店フルコミット」」で後述していますので、そちらをご覧ください。

auひかりなら他社回線の解約費用を負担!開通工事費も実質無料!

auひかりでは、「auひかりスタートサポート」が適用されると、他社回線を解約したときに発生した解約費用を最大30,000円まで負担してもらえます。

解約費用の還元方法は、au WALLETへのチャージ、もしくは郵便為替の2種類から選択できますので、ご自身にとって都合のいい方法を選択しましょう。

ただし、「auひかりスタートサポート」の還元額や還元方法は、auひかりの契約タイプおよび契約プロバイダによって以下のように異なります。

<auひかりホーム>
対象プロバイダ
還元額
還元方法
@nifty・@T COM・au one net・BIGLOBE・So-net 最大30,000円 au WALLETへのチャージまたは郵便為替
ASAHIネット・DTI 最大15,000円
【条件】
ずっとギガ得プラン(3年契約)のネット+電話+電話オプションパックEXに申し込むこと
<auひかりマンション>
対象プロバイダ
還元額
還元方法
@nifty・@T COM・au one net・BIGLOBE・So-net・ASAHIネット・DTI 最大10,000円 au WALLETへのチャージまたは郵便為替
最大20,000円 毎月1,000円×20ヶ月間、月額料金へ還元
【条件】
auひかりマンション(2年契約)のネット+電話+電話オプションパックに申し込むこと

「auひかりスタートサポート」の申請は、「スタートサポート申請書」と、解約費用がわかる明細をお手持ちの封筒に同封し、以下の住所へ送付するだけで完了します。

<スタートサポート申請書と解約費用明細書の送付先>
〒859-3226
 長崎県佐世保市崎岡町2720-8
 佐世保情報産業プラザ 株式会社KDDIエボルバ気付
  KDDI株式会社 KDDI開通センター 行

解約費用の明細がお手元にない方は旧回線へ発行を依頼、オンライン明細の方は必要部分(住所氏名・契約サービス名・請求年月日・違約金内訳・携帯番号)を印刷し、同封してください。

また、「auひかりスタートサポート」では、他社携帯を利用していた方がauひかり契約時に「auスマートバリュー」に加入+au端末を2年で契約すると、au WALLETへさらに10,260円がチャージされます!

ネットだけでなく携帯もauへ乗り換えたいという方は、10,260円が携帯解約時の違約金分に充てられるので安心です。

ちなみに、auひかりではひかり電話に加入すれば、「初期費用相当額割引」が適用され、開通工事費が実質無料になります。

<初期費用相当額割引の仕組み>
ホームタイプ
(1ギガホーム)
マンションタイプ
(マンション ギガ)
月額料金
5,600円 4,550円
開通工事費割額
625円
(625円×60回)
1,250円
(1,250円×24回)
初期費用相当額割引
-625円 -1,250円
月額料金総額
5,600円 4,550円

※ホームタイプ:1年目の料金を記載

この表からもわかるように、ホームタイプは60ヶ月、マンションタイプは24ヶ月継続利用をしてはじめて工事費が実質無料です。

しかし、工事費相当の割引を受けている期間中にauひかりを解約してしまうと、翌月に工事費の残債を一括払いしなければなりませんのでご注意ください。

auひかりのオススメ窓口は「代理店フルコミット」

auひかりは「代理店フルコミット」から申し込むと、ネット+ひかり電話で55,000円のキャッシュバックがもらえます。

代理店キャッシュバックの申請方法は、申し込み時に口座番号を伝えるだけなので、もらい忘れる心配もありません。

フルコミットを利用すれば、auひかり窓口共通の工事費実質無料キャンペーンと乗り換えサポートに加え、高額キャッシュバックも手にできますよ。

さらに、現在フルコミットでは、他社回線での解約費用を最大30,000円負担してくれる「auひかりスタートサポート」を適用した方にもれなく、さらに25,000円のキャッシュバック上乗せしています。

キャッシュバックキャンペーンを利用してお得にauひかりへ乗り換えたい方は、迷わず代理店フルコミットから申し込みましょう。

なお、最大55,000円キャッシュバックは最短でも8か月後の振込となっています。

キャッシュバックをすぐに受け取りたい方は、オプション無しで最短翌月末に最大52,000円がもらえるキャンペーンもオススメです。

フルコミットで実施中のキャンペーン情報については、こちらをチェックしてくださいね。

※このボタンからお得な特典をチェック

他社回線からauひかりへの乗り換え手順

他社回線からauひかりへ乗り換える際は、以下の手順で行うとインターネットの不通期間が生じません。

  1. auひかりを申し込む
  2. 開通工事と宅内工事完了後、auひかりが開通する
  3. 旧回線を解約する
  4. 必要に応じて旧回線の撤去工事を行う

なお、auひかりを申し込む際にauひかりがエリア外で契約できないと出た場合は、同じくauスマートバリューが利用できる「So-net光」「BIGLOBE光」がオススメです。

auひかりのエリアは、こちらからご確認できます。

auひかりから他社回線へ乗り換える方法

auひかりから他社回線へ乗り換える際は、auひかりの解約費用を補填してくれる回線へ乗り換えましょう。

auひかりは数万円の解約費用がかかる場合があるので注意!

auひかりを解約すると、違約金(解約金)・開通工事費の残債・撤去工事費を含めた解約費用がかかります。

契約解除料
(解約違約金)
更新期間以外で解約をすると発生
契約プランによって9,500~15,000円
開通工事費の残債
開通工事費の支払期間中に解約をすると発生
ホーム:625円×残存月数
マンション:1,250円×残存月数
撤去工事費
2018年3月1日以降のauひかりホーム申込者は必須
一律28,800円

違約金や開通工事費の残債は、工事費を払い終えた後の更新月に解約をすれば、支払いを回避できます。

しかし、戸建てタイプであるauひかりホームでは2018年3月1日から解約時の撤去工事を義務化したため、撤去工事費用が回避できない場合もあるので注意が必要です。

<撤去工事費の発生有無について>
条件
撤去工事の必要の有無と
撤去工事費用
2018年3月1日以降に
ホームタイプ(1ギガ・5ギガ・10ギガ)を
申し込んだ人
必要
撤去工事費28,800円
2018年2月28日までに
ホームタイプを
申し込んだ人
建物の都合上
撤去工事が必要な人
必要
撤去工事費10,000円
上記以外の人
不要
マンションタイプの人
引っ越し先でauひかりを継続利用する人

auひかりの撤去工事費は最大で28,800円かかってしまいますが、他社でかかった解約費用を負担してくれる光回線に乗り換えることで、実質無料にできます。

auひかりの解約を検討している方は、解約費用を無料にする方法や、auひかりの解約手順について詳しく解説している記事もあわせてご覧ください。

auひかりの解約費用を負担してくれる光回線に乗り換えよう!

auひかりから乗り換える場合は「BIGLOBE光」もしくは「ソフトバンク光」がオススメです。

auスマートバリューが適用される「BIGLOBE光」

BIGLOBE光は代理店NEXTが実施しているキャッシュバックを充てると、auひかりの解約費用を相殺できます。

<選べるキャンペーン>
キャンペーン①
キャンペーン②
キャッシュバック額
35,000円 25,000円
工事費割引
300円×40回分
(総額12,000円)
【3年プラン】
 ファミリー:30,000円分
 マンション:27,000円分
【2年プラン】
 ファミリー:15,000円分
 マンション:12,000円分
条件
3年プランを新規申込 新規申込
受け取り時期
開通月の2ヶ月後の月末日
申請方法
申し込み時に口座番号を伝える

キャンペーン①は35,000円のキャッシュバックに加え、40ヶ月間300円の工事費割引が続く点が特徴です。

開通工事費は、ファミリータイプ18,000円、マンションタイプ15,000円ですが、キャンペーン①が適用されると、ファミリータイプ6,000円、マンションタイプ3,000円が実質工事費となります。

逆に、キャンペーン②は①よりキャッシュバック額が少ないぶん、3年プランを契約するとファミリータイプもマンションタイプも工事費を無料にできる点が特徴です。

キャンペーン②は2年プランを申し込んでもキャッシュバックがもらえるので、工事費を無料にしたい方や2年プランを契約したい方は、キャンペーン②でBIGLOBE光を申し込みましょう。

また、BIGLOBE光はauひかりと同様にauスマートバリューが適用されるため、auユーザーの方にはとくにオススメです。

代理店NEXTのキャンペーン情報を見る

違約金を最大10万円まで負担してくれる「ソフトバンク光」

ソフトバンク光では「SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」を利用すると、最大10万円まで他社で発生した解約違約金や撤去工事費用を負担してもらえます。

auひかりの解約費用は事実上、全額相殺が可能です。

また、ソフトバンク光の開通工事費はキャッシュバック、もしくは分割割引で実質無料にできるので、初期費用もおさえることもできます。

開通工事費のキャッシュバック額は実際にかかる工事費によって金額や割引期間が変わりますので、詳細は以下の表を参考にしてください。

対象サービスの回線工事種類
回線工事費
特典①
特典②
[A]派遣工事あり
(既設設備・光コンセントなし)
24,000円 1,000円×24ヵ月割引
※対象サービスの「月額基本料」を特典適用確定日の翌月ご利用分から24ヵ月間割引します。
普通為替24,000円
キャッシュバック
[B]派遣工事あり
(既設設備・光コンセントあり)
9,600円 1,000円×10ヵ月割引
※対象サービスの「月額基本料」を特典適用確定日の翌月ご利用分から10ヵ月間割引します。
普通為替10,000円
キャッシュバック
[C]派遣工事なし
2,000円

SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーンより引用

さらに、ソフトバンク光はweb窓口「NEXT」から申し込むと、最大35,000円のキャッシュバックが上乗せされます。

auひかりからソフトバンク光へ乗り換える方は、web窓口から申し込み、公式のキャンペーンとweb窓口のキャッシュバックをダブルで受け取りましょう。

\35,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光(NEXT)のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

auひかりから他社回線への乗り換え手順

auひかりからBIGLOBE光やソフトバンク光に乗り換える際は、インターネットの不通期間が生じないよう、以下の手順で切替えてください。

  1. 他社回線を申し込む
  2. 開通工事日を決定する
  3. 他社回線の開通工事が行われる日にauひかりを解約できるよう、auひかり解約の申し込みを行う
  4. 他社回線の開通工事が行われる
  5. auひかりの撤去工事を行う(必要に応じて)

ちなみに、auひかりを解約する際は、auに連絡をするのではなく契約先プロバイダでの手続きが必要です。

プロバイダによって手続き方法や連絡先が異なりますので、詳しくは以下の手続き表をご覧ください。

プロバイダ
連絡方法
解約用の連絡先
@nifty
Webページ 会員サポート「解約のご案内
@T COM
Webページ 会員用 解約申請受付フォーム
ASAHIネット
Webページ 会員サポート 退会についての注意点
au one net
電話 0077-777(通話料無料)
※上記番号がご利用になれない場合:0120-22-0077
9:00~20:00(年中無休)
BIGLOBE
Webページ 会員サポート インターネット接続のみ解約の手続き
DTI
電話 0120-830-501(通話料無料)
※携帯電話/PHSの方は(186- )03-5749-8091(有料)
受付時間10:00〜17:00(平日)
So-net
Webページ 会員サポート 退会のお手続き

auひかり⇔他社光回線の乗り換えでよくある質問

auひかりと他社光回線間で乗り換えを行う際に、よく検索される質問をまとめました。

Q.固定電話の番号は残せる?

固定電話の番号は、NTT加入権のある電話番号のみ引き続き利用できます

反対に、auひかりやフレッツ光をはじめとする光回線の「ひかり電話」で発番された電話番号は、インターネット回線を変更すると番号が変わってしまうので、注意が必要です。

auひかりで「auひかり電話」を利用したい方は、電話番号の引継ぎ条件や申し込み方法などを詳しく解説している記事もあわあせてご覧ください。

Q.auひかりのエリアは全国区?

auひかりのマンションプランは、建物に設備が導入されていれば全国どこでも利用できますが、戸建てプランは以下のように対応エリアが限られています

地域
提供エリア
北海道
北海道
東北
青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県
関東甲信越
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
山梨県、長野県、新潟県
北陸
石川県、富山県、福井県
中国
岡山県、広島県、山口県、島根県、鳥取県
四国
香川県、徳島県、高知県、愛媛県
九州
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、大分県、宮崎県

中部地方(岐阜県・静岡県・長野県*・愛知県・三重県)、関西地方(和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県)ではauひかりホームを利用できません。
 
※長野県は現在auひかりをご利用中の方が引越しをされた場合のみ利用可能となる特別地域です。
長野県にお住まいの方がauひかりホームを新規契約はできませんので、ご注意ください。

ちなみに、沖縄県では「auひかり ちゅら」という別サービスでauひかりが提供されています。

料金は異なりますがサービス面は同じですので、沖縄県の方は「auひかり ちゅら」でauひかりを利用しましょう。

auひかりのエリア確認は公式ホームページにて行いましょう。

auひかりに乗り換えたい方は、auひかりの提供エリアの確認方法やエリア外の場合の対処方について詳しく解説している記事もあわせてご覧ください。

auひかりではプロバイダだけの乗り換えはできない

私たちの元へインターネット回線を通すためには、一度プロバイダという事業者を通す必要があります。

auひかりでは以下7つのプロバイダからお好きなところを選択できますが、プロバイダだけを途中で変更はできません

  • So-net
  • BIGLOBE
  • ASAHIネット
  • @nifty
  • au one net
  • @T COM
  • DTI

どうしても変更したい場合は一度auひかりを解約して再度新規契約しなければなりませんが、解約費用と新たに発生する工事費を考えると、現実的ではありません。

プロバイダを契約する際は、各プロバイダ情報を事前に調べておきましょう。

まとめ

他社回線からauひかりへ乗り換える際は、解約費用負担キャンペーン「auひかりスタートサポート」や、工事費が実質無料になる「初期費用相当額割引」を利用でき、初期費用をおさえられます。

また、auひかりはweb窓口「フルコミット」を通して契約すると、上記キャンペーンに上乗せする形で、高額なキャッシュバックがもらえますので、申し込み先としてもっともオススメできる窓口です。

一方、auひかりから他社回線へ乗り換える場合は、違約金や開通工事費の残債、撤去工事費といった解約費用がかかるので、注意をしましょう。

auひかりから他社回線へ乗り換える際は、ソフトバンク光BIGLOBE光に乗り換えると撤去工事費を含む解約費用を負担してもらえますので、乗り換え先としてオススメです。

いずれにしても、Web窓口を利用すると、公式キャンペーンとWeb窓口キャンペーンの両方を受け取ることができてお得ですよ。

ソフトバンク光を検討中の人は、Web窓口「NEXT」のキャンペーンページをチェックしてみてくださいね。

\35,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光(NEXT)のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

auひかりへ乗り換えを検討中なら、こちらの特設サイトをぜひご覧ください。

\ 【最新】auひかりキャンペーン情報 /
※月額割引をお得に利用したい方向けには「So-net」の割引プランをチェック
☞ 詳細記事はこちら「【2019最新】auひかりキャッシュバック比較!いま一番お得な窓口はここだ!」
auひかりのおすすめ申込窓口