閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりへ乗換えたい!フレッツ光からの乗換えは得する?損する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「auひかり」は利用者が続々と増えてきています。
人気の理由は「auひかり」への乗り換えを考えているひとも多いと思いますが、具体的には「フレッツ光」から「auひかり」への「乗り換え」により得をするのか損をするのかを検討している方が多くいらっしゃいます。

そこで、今回は「フレッツ光」と「auひかり」を比較しながら、auひかりに乗り換えた場合のメリットとデメリットを考えます。

「フレッツ光」から「auひかり」へ乗り換える前に

「フレッツ光」はNTTが提供しているインターネット光回線です。
一方「auひかり」はCMでもご存じのようにスマホ・携帯電話で人気の会社KDDIが提供している光回線サービスです。

現在テレビCMも好評で、スマホや携帯電話とのセット割になる「auスマートバリュー」もよく知られています。
回線速度はNTTのフレッツ光と同じの最大1Gbpsで、接続の速さも充実しています。

では、「auひかり」が最も「フレッツ光」と違う点は何か。
それは利用するインターネット光回線がNTTが提供する光回線ではなく、KDDIが提供するインターネット光回線だということです。
その光回線を利用したインターネットサービスが「auひかり」となります。

「フレッツ光」から「auひかり」へ乗り換えるときのメリット

「フレッツ光」から「auひかり」へ。乗り換えた場合どのようなメリットがあるのでしょう。

まずは月額料金をシンプルに比較しますと

月額料金 auひかり
※au光ギガ得プラン
フレッツひかり
※フレッツ光ネクスト
戸建 5,100円 4,600円
マンション 3,800円 2,950円

月額料金のみで比較すると「フレッツ光」の方がお得に見えますよね。
「auひかり」「フレッツ光」どちらも年々100円ずつ月額料金が割引となるサービスもあります。

でも、フレッツ光の場合は月額料金にプロバイダー料金900~1,100円が毎月加算されるため、トータルの料金としては「auひかり」の方が安くなりますね。

回線速度で比較

では回線速度はどちらが速いでしょうか。
インターネットを快適に使用するためには、回線速度がとても重要です。

■auひかり・・・最大1Gbps
■フレッツ光・・最大1Gbps

比較すると「auひかり」「フレッツ光」の回線速度は同じです。

キャッシュバックキャンペーン

数年前までは、「フレッツ光」に加入すると、高いキャッシュバック額や家電サービスなど豊富なキャンペーンがありましたが、認知度も上がって評判もよく、すでに加入している世帯も多いので、最近ではすでにそのような宣伝をする必要がないため、数多くの代理店で「フレッツ光」契約時のキャンペーンはほとんどありません。

「auひかり」は「フレッツ光」と比較すると新しく、キャッシュバックキャンペーンも華やかです。
最大50,000〰70,000円のキャッシュバックがもらえる代理店もあります。
つまり、月額料金の差額分を超えるお得感が「auひかり」にあるということですね。

「フレッツ光」から「auひかり」への乗り換え無料

通常「フレッツ光」から「auひかり」に乗り換えた場合、「フレッツ光」の違約金9,500円が発生します。
また、インターネット光回線が変わるので、新規開設工事が必要。工事費用は37,500円となります。

ただし、現在は「auひかり」乗り換えキャンペーン中の代理店も多いので、高額キャッシュバックで、費用以上の金額がもらえることに。
また、乗り換え違約金に関しては代理店によっては負担してくれる場合もあり、実質乗り換えゼロ円、工事もゼロ円ということに。

「フレッツ光」から」「auひかり」への乗り換えのタイミングはまさに今、ということになりますね。

「auひかり」では「auスマートバリュー」適用

「auひかり」に乗り換えると「auスマートバリュー」が適用されます。
インターネットと光電話とスマホの利用料金が2年間最大月額2,000円お得になります。

また「auひかり」1回線につきauスマホ10台までがセット割引対象となるため、
auスマホユーザーであれば、「auひかり」に乗り換える方が通信にかかるトータルな利用
料金は安くなるイメージがありますね。

auケータイをご利用ならauひかり!

https://kddi-hikari.com

auケータイをお持ちなら、auひかりとセットでスマホが毎月最大2,000円割引でおトク!さらに今なら初期工事費用が実質0円!・・・詳しく見る

「フレッツ光」から「auひかり」へ乗り換える場合のデメリット

「フレッツ光」から「auひかり」へ乗り換えるメリットをご紹介しました。
お得感がいっぱいですぐにでも乗り換えたいと思いますよね。
ただ、メリットがあればデメリットもあります。

IPアドレス「固定」

「auひかり」のインターネット接続に必要な「IPアドレス」が固定アドレスとなります。

「フレッツ光」では固定IPアドレスにするためには追加料金が必要です。
固定することで、アドレスが特定されるなど多少のデメリットがあります。

「auひかり」の電話番号は2回線まで

「フレッツ光」では電話回線がたくさん使用できます。
大きな会社などでは「フレッツ光」の「ひかり電話」の方が向いていると言えます。
しかし、小さな事務所や自宅、お店なら固定電話2回線でも十分ではないでしょうか。

プロバイダーが7社限定

「フレッツ光」なら多くのプロバイダーの中から好きなプロバイダーを選ぶことができますが、「auひかり」の場合、プロバイダー会社を

プロバイダー
So-net au one net BIGLOBE @nifty
@TCOM ASAHINET DTI

の7社のうちから選ぶことになります。

※ただし、プロバイダー料金は月額料金込みとなっており、特別に選びたいプロバイダーがないときは、「auひかり」にしておけば、プロバイダー料金がかからないのでトータル的な料金が安くなりますね。

回線工事が必要になる

工事費用は実質ゼロ円になる場合が多いですが、「auひかり」は「フレッツ光」と違うインターネット光回線を利用するため、戸建の場合は引き込み工事が必要となります。
ただし、工事といっても「フレッツ光」で使用していたところに入れるだけなので大掛かりな工事ではありません。

申し込み後、工事まで時間がかかる

「フレッツ光」は申し込み後、2週間後が工事の目安です。
しかし「auひかり」に関しては申し込み後からしばらく時間がかかります。
約1カ月。混み具合によってはそれ以上になる可能性もあるため、回線工事の日を決めたらなるべく早く申し込みをした方がよいでしょう。

戸建タイプの場合3年契約

3年以内に解約すると15,000円の解約金が発生します。
年々月額が割引になることを考えると途中解約はもったいないですね。※マンションタイプにはない

接続エリアが限定される

「フレッツ光」はほぼ全国どこでも加入できるほど接続エリアが拡大しているのに対して「auひかり」はまだ全国70%程度。
住む場所によっては加入したくても加入できないということがあります。

また、マンション全体が「auひかり」の工事がされてない場合は、マンションの一室のみでの利用はできません。

まとめ

「フレッツ光」から「auひかり」への乗り換えには多くのメリットとデメリットがあります。
乗り換えるかどうか決定する方法としては細かく比較することではありますが、結局、好みのインターネット光回線ということになりそうですね。

加入申し込み後の高額キャッシュバックや年々月額割引、「auスマートバリュー」のスマホや電話のセット割引を考えると料金的には「auひかり」がお得な気がします。

ただし加入エリアの広さや新たに工事が必要などを考えると「フレッツ光」のままでいいかと思うのもわかります。
それぞれのメリットとデメリットをしっかり把握した上で、よりイメージを沸かせるために、auひかり料金シミュレーションを活用するなどして、自分にぴったり合うインターネット光回線を選びましょう。

auひかりをおトクに申し込める窓口ならコチラ!

おすすめ窓口auひかりのおトクな窓口

https://kddi-hikari.com/
今なら初月無料でネットが使える!
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そしてこの窓口の最大の魅力は最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事