閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光からauひかりへの乗換えするメリット・手順・注意点の解説

フレッツ光からauひかりへ転用することは出来ません!
なぜならauひかりはドコモ光やソフトバンク光などとは違い、NTTの光コラボレーション回線ではないからです。

フレッツ光からauひかりと契約する場合には乗換えといって、一旦フレッツ光を解約しauひかりを新規契約しなければなりません。

上記を踏まえた上で、今回はフレッツ光からauひかりへ乗換えることのメリット手順、そして抑えておかなければならない注意点をご紹介します。
乗換えをご検討中の方は是非参考にしてくださいね♪

フレッツ光からauひかりへ乗り換えるときのメリット

フレッツ光からauひかりへ乗り換えた場合どのようなメリットがあるのでしょう。
大きく分けて4つのメリットがあります。

  • 月額料金が安い
  • スマホとのセット割がある
  • 比較的通信速度が速い
  • キャンペーンが多い

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット①月額料金が安い

月額料金をシンプルに比較してみます。

月額料金auひかり
※au光ギガ得プラン
フレッツひかり
※フレッツ光ネクスト
戸建5,100円4,600円
マンション3,800円2,950円

月額料金のみで比較するとフレッツ光の方がお得に見えますよね。

しかし、フレッツ光の場合は月額料金にプロバイダー料金900~1,100円が毎月加算されます。
一方でauひかりは最初からプロバイダの料金が基本料金に入っているため、料金はauひかりの方が安くなるのです。

メリット④スマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用可能

auひかりに乗り換えるとauスマートバリューが適用されます。

<代表的なデータプランの割引額>

データプラン月額割引
データ定額1/2/3934円
データ定額5/201,410円
データ定額※10/13/302,000円

※データ定額10/13は新規受付終了

インターネットと光電話とスマホの利用料金が2年間最大月額2,000円お得になります。

またauひかりのインターネット1回線につきauスマホ・携帯・タブレット10回線までがセット割引対象となるため、auユーザーの多い家庭であれば通信にかかる料金を大幅に抑えることが可能です。

auケータイをご利用ならauひかり!

https://kddi-hikari.com

auケータイをお持ちなら、auひかりとセットでスマホが毎月最大2,000円割引でおトク!さらに今なら初期工事費用が実質0円!・・・詳しく見る

メリット②比較的回線速度が速い

auひかりの方がプロバイダ料金がまとまっていてお得なことがわかりました。
では回線速度はどちらが速いでしょうか。
インターネットを快適に使用するためには、回線速度がとても重要です。

auひかり・・・最大1Gbps
フレッツ光・・最大1Gbps

比較するとauひかりとフレッツ光の最大速度は同じです。

しかしフレッツ光をはじめとするNTT回線の会員数を日本全国で見た場合、そのシェア率は約7割にも上ります。
KDDIの回線は会員数のシェア率がNTT回線と比べて比較的少ないため混線し辛く、回線速度が速い傾向にあります。


<引用:MM総研 > ブロードバンドの加入件数調査

実際にこのような声は多いので、今のフレッツ光回線の速度に不満を持っている方は希望が持てますね。

メリット③キャンペーンが多い

数年前までは、フレッツ光に加入すると、高いキャッシュバック額や家電プレゼントなど豊富なキャンペーンがありました。
しかし最近では、先述したとおり既にフレッツ光に加入している世帯も多いので、キャンペーンなどの宣伝をする必要がありません。
そのため、数多くの家電量販店や代理店でフレッツ光のキャンペーンはめっきり減ってしまいました。

auひかりはこれを好機といわんばかりにキャッシュバックキャンペーンが華やかです。
ですので、近年の加入者が非常に多くなってきているのです。

特に力を入れているWeb代理店などだと最大50,000〰70,000円のキャッシュバックがもらえるところもあります。

フレッツ光からauひかりへの乗り換えは無料で出来る

通常、フレッツ光からauひかりに乗り換えた場合、契約の更新月でなければフレッツ光の違約金9,500円が発生します。
そのほか、プロバイダが変わる場合もプロバイダを解約する必要があるので、契約しているプロバイダによって解約金が発生します。

加えてインターネット光回線自体が変わるので、新規開設工事が必要です。auひかりの工事費用は37,500円となります。

しかし現在auひかりでは、違約金を負担してくれる「auひかりスタートサポートプラス」や「初期工事費実質無料キャンペーン」を実施しているのでフレッツ光とプロバイダの違約金、工事費は実質0円ということになります。

<乗換えに関するキャンペーン>

  • auひかりスタートサポートプラス・・・他社からの違約金を最大30,000円まで還元月額1,000円割引 × 12ヶ月間
  • 初期工事費実質無料キャンペーン・・・工事費37,500円が実質無料(※1,250円 × 36ヶ月)

※マンションタイプの場合は工事費30,000円に1,250円 × 24ヶ月間の割引

月額が12ヶ月間1,000円の割引が効くのも嬉しいですよね!
フレッツ光からauひかりへの乗り換えのタイミングはまさに今と言っても過言ではありません。

【auひかりに乗り換えるなら今がおトク!】通常工事費用37,500円(税抜)が実質無料になる!

工事費が実質無料!

auひかりなら工事費用が実質無料!さらに月額料金の割引キャンペーンやau携帯とのセット割など割引特典が満載!今なら最大70,000円のキャッシュバック中・・・詳しく見る

フレッツ光からauひかりへ乗り換える手順

ここまでフレッツ光からauひかりに乗り換えるメリットをお伝えしました。
今すぐにでもauひかりを乗り換えたくなってきたのではないでしょうか?

それではいよいよauひかりへ乗り換えるときの手順について解説していきます。

手順①auひかりに申し込む

さぁ、まずはauひかりへ申し込みましょう。
実施しているキャンペーンが少ないことからauショップや家電量販店などの店頭での申し込みはあまりおすすめできません。

以下のWeb窓口からだと最大70,000円のキャッシュバックを行なっていてお得です。

おすすめ窓口月額料金がおトク!auひかりおすすめNo.1窓口
https://kddi-hikari.com/
月額料金12ヶ月間1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大70,000円キャッシュバック

最大70,000円キャッシュバック!

契約する窓口によって受け取れるキャンペーンも変わってきますので必ず確認しましょう。

Webの場合、基本的に電話で直接申し込むかフォームに情報を入力して申込み、折り返しの電話を待ちます。
電話1本で気軽に申し込むことが出来るのもWeb窓口の良さですね。

また、申込み時に工事の予定をしっかりと聞いておくことが重要です。
この後のステップでインターネットを利用できない期間が発生してしまうことがある
からです。

手順②NTTへ連絡しフレッツ光を解約する

auひかりへ申し込んだら、フレッツ光の解約の手続きを進めます。
NTTの会員ページから手続きするかNTTへ電話をかけての解約手続きになります。
解約になる日程はしっかり確認しておきましょう。

解約するタイミングに注意

auひかり電話へ電話番号を引き継ぎたい場合はフレッツ光を先に解約しないように気をつけましょう。
電話番号が上手く引き継げず、新しい番号になってしまう可能性があります。

手順③プロバイダを解約する

フレッツ光を解約する場合、NTT以外に利用しているプロバイダにも解約の連絡をする必要があります。
フレッツ光だけ解約してすっかり安心してしまいプロバイダの解約を忘れてしまった場合、auひかりにした後も使っていないプロバイダ料金のみ請求され続けるといった事態になってしまうことも・・・
必ず回線とプロバイダを両方解約するように覚えておきましょう!

auひかりへ乗り換える時の注意点

auひかりへ乗り換えるメリットと手順をお伝えしました。
キャンペーンも豊富で了以金が安くなる・・・すごく魅了的ですよね♪
しかし、もちろんauひかりとて良い面ばかりではありません。

auひかりにする上で抑えておかなければならない注意点をご紹介します。

住んでいるエリアによっては利用できない

フレッツ光はほぼ全国どこでも加入できるほど接続エリアが拡大しているのに対してauひかりはまだエリアのカバー率は全国70%程度。
住む場所によっては加入したくても加入できないということがあります。

また、マンション全体がauひかりの工事がされてない場合は、マンションの一室のみでの利用はできません。

新しくauひかりを検討する住所のエリア確認をしましょう。
引越し先なども調べることが出来るのでしっかり計画を練りましょうね。

>>エリア確認する<<

【関連記事】auひかりのエリア確認方法とエリア外のおすすめ回線

プロバイダーが7社限定

フレッツ光なら多くのプロバイダー(その数なんと数百社!)の中から好きなプロバイダーを選ぶことができますが、auひかりの場合、契約できるプロバイダーは7つのみです。

プロバイダー
So-netau one netBIGLOBE@nifty
@TCOMASAHINETDTI

以上、7社のうちから選ぶことになります。
フレッツ光と違い、どのプロバイダーを選んでも月額料金は変わりません。

有名なプロバイダが多いので機能面で困ることはないでしょう。

ただし、それぞれのプロバイダで実施しているキャンペーン内容のみ違いますのでその1点のみ気をつけましょう。

ちなみにプロバイダはSo-netかBIGLOBEがお勧めとなっています。

【関連記事】auひかりのプロバイダ7社を比較!実はキャッシュバック額が違う!

プロバイダメールの引継ぎ

フレッツ光を使っていたときと同じプロバイダを選ぶことが出来ればプロバイダメールをそのまま使うことが出来ます。
しかし、上記7社に使っていたプロバイダが見当たらない場合、プロバイダメールは基本的に引き継げません。
プロバイダメールをどうしても引き継ぎたい場合はプロバイダを解約する前にメール機能のみ残したい旨を告げましょう。月額約300円程度で残すことが可能です。

電話番号が引き継げない場合がある!?

auひかり電話でフレッツ光で利用していた電話番号をそのまま使える場合と使えない場合があります。

  • 電話番号が変わらないケース・・・NTT加入電話をフレッツ光になっても使っていた場合
  • 電話番号が変わってしまうケース・・・フレッツ光を申し込んだときに新しく電話番号を発番した場合

電話番号が変わってしまうかどうかわからないときは一度問い合わせてみましょう。
フォームから問合せも出来ますが10:00~20:00の間なら電話での問合せがおすすめです。
>>問合せ窓口

まとめ

フレッツ光からauひかりへの乗り換えには多くのメリットがあります。
auのスマホ・携帯をお使いの家庭ではauスマートバリューによって大幅な割引を受けることが出来ます。

いくつか注意点もありますが、抑えておくことで安心して乗り換えることが出来るでしょう。

一番大事なことはキャンペーンの多い窓口から乗換えの申込みをすることです。
気になる違約金や工事費も実質無料に出来ますし、高額なキャッシュバックがあるのは嬉しいですよね。

さぁ、auひかりへ乗り換えてお得にインターネットを楽しみましょう!

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る