わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

auひかりをマンションで最もお得に契約する方法を解説!

auひかり

お住まいの物件でauひかりが契約できるか、提供エリアの確認を行いましょう。

この記事ではマンション契約がお得にできるプロバイダを紹介します。

結論として、2年間の実質料金をもっとも抑えて契約できるのはGMOとくとくBBのプロバイダ公式窓口だとわかりました。

万が一、提供エリア外だった場合はauスマートバリュー対応のオススメ代替回線を紹介した記事もご覧ください。

auひかりマンションをお得に申し込む方法

auひかりマンションを実際に申し込む前に、以下の2点を理解しておくとよりお得に契約ができますよ。

auひかりは高額のキャッシュバックや、独自の料金割引キャンペーンを実施している窓口が多いのも特徴です。

何も知らずにauひかりの公式サイトやauショップなどで申込をしてしまうと、あとからもっとお得な窓口を見つけてがっかりしてしまうこともありますよ。

また、auのスマホや携帯電話をお使いの方はauひかりとのセット割も利用できるので、どれくらい安くなるかチェックしてみてくださいね。

auひかりマンションは契約窓口によって料金が変わる

auひかりは公式サイトやauショップで契約できますが、プロバイダ窓口や代理店サイトでの申し込みがオススメです。なぜなら、公式キャンペーンとあわせて、窓口独自のキャッシュバックなどが受けられるからです。

2020年7月時点で、auひかりのキャンペーンを実施している16通りの窓口を比較してみました。

那比光太(なびこうた)
こうた
マンションタイプで2年間に支払う料金から、キャッシュバック額や割引してもらえる額を引いた実質月額料金も計算してみたよ!
那比得子(なびとくこ)
とくこ
どの窓口が一番安く契約できるのか、気になるわ!
auひかり実質月額比較
申込窓口名 独自の特典内容 実質月額料金 キャッシュバック
振込時期
プロバイダ GMOとくとくBB
(CB)
・最大61,000円CB
・無線LANルータープレゼント
1,258円
12か月後・24か月後
GMOとくとくBB
(月額割引+CB)
・月額料金割引
・最大30,000円CB
1,400円
12か月後・24か月後
So-net
月額料金割引
2,535円
BIGLOBE
(CB)
最大50,000円CB
2,196円
11か月後・24か月後
DTI
38,000円CB
2,696円
13か月後
@nifty
最大30,100円CB
2,992円
12か月後・24か月後
BIGLOBE
(月額割引)
月額料金割引
2,602円
ASAHIネット
月額料金割引
4,246円
au one net
(公式窓口)
10,000円CB
3,350円
5か月後
@TCOM
4,246円
代理店 フルコミット
最大60,000円CB
1,779円
最短翌月末
25
マンション:最大50,000円
※オプション必要
2,196円
10か月後
グローバルキャスト
最大45,000円CB
2,404円
7か月後
NNコミュニケーションズ
最大47,000円CB
2,321円
最短翌月末
NEXT
最大47,000円CB
2,321円
最短翌月末
アシタエクリエイト
45,000円CB
2,404円
最短翌月末

※価格は税抜

auひかりをマンションで契約した場合、もっとも実質月額料金を安く利用できるのはGMOとくとくBBの61,000円キャッシュバック窓口でした。auひかりのプロバイダのひとつであるGMOとくとくBBは、2年間利用した場合の実質月額料金が1,258円と群を抜いて安いです。

auひかりマンションの料金は、申し込む窓口によって大きく差が出るということがわかりましたね。さらにくわしく、お得なキャンペーン内容について解説していきましょう。

GMOとくとくBBのプロバイダ窓口なら最安値!工事費・ひかり電話も無料

auひかり GMOとくとくBB - 高額キャッシュバック
引用:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでは、auひかりの申込みに2つのキャンペーン窓口を用意しています。2つの窓口で受けられるキャンペーン内容の違いを、一覧表でまとめたのでチェックしてくださいね。

GMOとくとくBBキャンペーン比較
高額キャッシュバック窓口 料金割引&
キャッシュバック窓口
月額料金割引
なし
1,700円×24か月間割引
キャッシュバック
61,000円
30,000円
その他の特典

・無線LANルータープレゼント
・初期工事費全額実質無料
・ひかり電話オプション料金(500円)が24か月無料
・auスマートバリュー適用で最大10,000円キャッシュバック

・初期工事費全額実質無料
・ひかり電話オプション料金(500円)が24か月無料
・auスマートバリュー適用で最大10,000円キャッシュバック
マンション実質料金
(24か月間)
30,200円
33,600円
公式サイト

キャッシュバック

割引キャンペーン

※価格は税抜
※1:ずっとギガ得プランの場合

GMOとくとくBBの高額キャッシュバックキャンペーンが、マンションタイプでは最安値でした。しかし、契約から2年間ずっと月額料金が1,700円引きになるうえに、30,000円キャッシュバックももらえる窓口から申し込んでも2番目に実質料金を抑えられます。

GMOとくとくBBではキャッシュバックや月額料金割引以外にも、ひかり電話のオプション料金(500円)が2年間無料になったり、さらに最大10,000円のキャッシュバックが追加で受けられたりと、特典も充実しています。

速度に関しても、GMOとくとくBBはドコモ光やフレッツ光のプロバイダとして高評価が集まっている会社なので、ぜひ検討してみましょう。

那比光太(なびこうた)
こうた

だけど、GMOとくとくBBのキャッシュバックは契約してから1年後と2年後まで振り込まれないんだよね?

那比得子(なびとくこ)
とくこ

そんなに先だと不安だわ…。確実に安くなる月額料金割引を選んだほうが、失敗が少ないような気がするわね。

のちほど、GMOとくとくBBから申し込んでキャッシュバックを受け取るまでの流れをくわしく解説しますので、しっかりと確認しておいてくださいね。


\GMOとくとくBB×auひかりのお得なキャンペーン!/

※このボタンからお得な特典をチェック

すぐにキャッシュバックを受け取りたいなら代理店フルコミット

auひかりフルコミット
引用:フルコミット

先ほど紹介したauひかりの窓口比較表の中で、もっとも早くキャッシュバックが振り込まれ、マンションタイプで受けられる金額が高いのは代理店のフルコミットでした。

フルコミットでは、auひかりの申込みで以下のキャッシュバックが受け取れます。

フルコミット キャッシュバックの内訳
引用:フルコミット

マンションタイプなら、フルコミットの自社分キャッシュバック最大40,000円が最短で開通翌月末に受け取れます。

GMOとくとくBBの高額キャッシュバック窓口とフルコミットのキャンペーン内容を、一覧表で比較してみましょう。

GMOとくとくBB(CB) 代理店フルコミット
キャッシュバック金額
(ネットのみ)
51,000円
50,000円
キャッシュバック金額
(ネット+光電話)
61,000円
60,000円
その他特典
・無線LANルータープレゼント
・ひかり電話オプション料金(500円)24か月無料
・auスマートバリュー適用で最大10,000円キャッシュバック
プロバイダ指定
GMOとくとくBB
So-net
キャッシュバック申請方法
メール
電話(自社分、So-net分はメール)
キャッシュバック申請時期
申込月から11か月目
と23か月目
申込み時(自社分)
キャッシュバック振込時期
申込月から12か月目
と24か月目
開通の最短翌月(自社分)

※価格は税抜、ずっとギガ得プラン加入の場合

GMOとくとくBBはキャンペーン内容も豊富ですが、キャッシュバックの申請時期と受け取り時期が契約から1年後と2年後なので、期間があいてしまいます。

フルコミットの場合も、自社分とプロバイダ分で申請と振り込みは2回にわかれますが、自社分キャッシュバックの申請は開通後にフルコミットへ電話をかけるだけで、最短翌月末にキャッシュバックが受け取れます。

すぐにキャッシュバックがほしい方や、契約から期間があいてからの申請は忘れてしまいそうで不安な方は、フルコミットからの申し込みも検討してくださいね。

フルコミットのキャンペーン内容をみる

auユーザーならセット割が適用できる!

auのスマホや携帯電話を契約中のauユーザーなら、auひかりマンションの契約でセット割「auスマートバリュー」が利用できます。

auスマートバリューが適用されれば、携帯電話契約1台あたり500円~1,000円の割引が受けられますよ。

具体的な割引額については、以下のとおりです。

契約プラン 1台あたりの割引額/月
スマホ
auピタットプランN(s)(1GB~2GB)
500円
・auフラットプラン25 NetflixパックN ・auフラットプラン20N ・auピタットプランN(s)(2GB超~20GB)
1,000円
ケータイ
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円

※価格は税抜

auスマートバリューの適用条件は、以下のとおりです。

  • auひかり電話の同時利用
  • ネットと電話サービス、携帯電話契約が「同一性・同一住所」もしくは、「異姓・同一住所・家族割加入」
    (※50歳以上の場合は、同一住所でなくても適用可能)
  • auスマートバリューの申込手続きをする
那比光太(なびこうた)
こうた
auスマートバリューはMy auから気軽に申し込みができるよ!
那比得子(なびとくこ)
とくこ

KDDIお客様センターへの電話(auスマホ/ケータイから:局番なしの157、一般電話から:0077-7111)、やauショップでも受け付けているわよ。

auスマートバリューの詳細
※別の記事に移動します。

auスマートバリュー対象の光回線とauひかりマンションを比較!

実はauスマートバリューが適用される光回線は、auひかり以外にもあります。しかし、auひかりは他の光回線よりキャンペーンが充実しているのでオススメです。

auひかりが適用されるSo-net光やBIGLOBE光のキャンペーン内容などを、比較してみましょう。

キャンペーン 開通工事費 実質料金
(24か月)
auひかり
(GMOとくとくBB)
  • 61,000円キャッシュバック
  • 無線LANルータープレゼント
  • ひかり電話24か月間無料
  • auスマートバリュー適用で最大10,000円キャッシュバック
  • 最大30,000円の解約違約金負担
実質無料
30,200円
So-net光プラス
  • 月額料金2,500円×24か月間割引
  • 光電話最大1か月無料
  • v6プラス対応ルーターレンタル無料
  • セキュリティサービス無料
  • 訪問サポート1回無料
実質無料
50,520円
BIGLOBE光
  • 25,000円キャッシュバック
    or月額料金1,480円×12か月割引
  • 無線ルーター12ヶ月無料
実質無料
80,760円

※価格は税抜

auひかりでは他社回線からの乗り換えで発生した解約違約金も30,000円まで還元してもらえるのも、メリットのひとつです。

しかし、So-net光やBIGLOBE光はフレッツ光と同じ回線を使う光コラボなので、auひかりよりも提供エリアが広いという特徴があります。auひかりマンションは基本的に、auひかりの設備が導入された物件しか契約できませんが、光コラボならフレッツ光に対応した物件であれば利用できますよ。

\auスマートバリュー対応光コラボ回線/

【重要】auひかりマンションは物件によって契約プランや料金が違う!

auひかりのマンションタイプでは、物件で契約できるタイプなどによって料金と速度が変わります。

契約条件 月額料金 最大通信速度
(下り)
タイプG
(VDSL方式)
16契約以上
3,800円
G契約:最大664Mbps
V契約:最大100Mbps
8契約以上
4,100円
タイプV
(VDSL方式)
16契約以上
3,800円
最大100Mbps
8契約以上
4,100円
都市機構デラックス
(VDSL方式)
UR都市機構集合住宅向け
3,800円
タイプE
(LAN方式)
16契約以上
3,400円
8契約以上
3,700円
タイプF
(光ファイバー方式)
共有部まで引き込んだ光回線を各戸に配線
3,900円
最大1Gbps
マンションギガ
(光ファイバー方式)
共有部まで引き込んだ光回線を各戸に配線
3,900円
マンションミニギガ
(光ファイバー方式)
3階建て以下の集合住宅で、かつ総戸数8戸以上のマンション向け
5,000円

※価格は税抜、ネットのみの契約料金

契約するタイプは自分では選べず、どのタイプになるかは以下の条件によって決まりますよ。

  • マンションの共有部分での配線方式
  • 共有部分から各戸への配線方式
  • 同じマンションでauひかりを契約する人の見込み人数
那比光太(なびこうた)
こうた
auひかりは速度に評判がいいから、マンションでも必ず最大1Gbpsで契約できるものだと思っていたよ…。
那比得子(なびとくこ)
とくこ
自分でタイプが選べないのに月額料金は安くて3,400円、高くて5,000円とずいぶん差があるのね…。

うちはauひかりマンションでどのタイプ?

auひかりマンションで契約できる物件のタイプを知る方法は、主に以下の2つです。

auひかりのプロバイダ・GMOとくとくBBのエリア検索ページに物件の郵便番号を入力すると、約1分ほどで対応物件が表示されます。

GMOとくとくBB エリア検索②
引用:GMOとくとくBB

物件名の隣に契約できるタイプが出てくるので、確認しましょう。

直接、KDDIお客様センターへ電話して問い合わせもできますよ。

KDDIお客様センター:0077-777 もしくは、0120-22-0077
(年中無休、9:00~20:00)

まずは、ご自分がauひかりマンションで契約できるタイプが何なのか、把握しておいてくださいね。

「標準プラン」「お得プラン」は契約者が選べる

auひかりマンションではどの配線方式やタイプになったとしても、「標準プラン」か「お得プランA」のどちらかを契約者が選べます。

標準プランとお得プランAは月額料金に違いはありませんが、契約期間の有無やサービス内容が変わりますよ。

標準プラン お得プラン
月額料金
3,400円~
3,400円~
(タイプGのみ+900円)
契約期間
なし
2年自動更新
特徴
おうちトラブルサポート
通常400円が無料
解約金
0円
7,000円~9,500円

お得プランAはインターネット以外の自宅での問題を解決してくれるおうちトラブルサポートを無料で利用できます。

お得プランA― auひかり マンション
引用:おうちトラブルサポート

おうちトラブルサポートで受けられるサービスは主に以下の4つです。

<おうちトラブルサポート>

  • 水回りのトラブル対応
  • 鍵の紛失などのトラブル対応
  • エアコン故障などのトラブル対応
  • 扉やふすまがあかないなどの建具トラブル対応 など
那比光太(なびこうた)
こうた
トイレの詰まりや扉が開かなくなってしまったときなどに、専門のスタッフさんが来てくれるのは助かるなぁ。
那比得子(なびとくこ)
とくこ
標準プランと月額料金が変わるわけじゃないのに、安心のサポートがついているのは魅力的ね!

ただし、お得プランAを利用中に契約更新月以外で解約をする場合は、 7,000円~9,500円の違約金が発生します。のちほど、auひかりマンションの解約費用の項目で解説しますので、あわせて読んだうえで契約してくださいね。

初期費用はどのタイプでも基本的に33,000円

auひかりマンションの初期費用は、配線方式やタイプに関わらず基本的に以下の料金がかかります。

  • 事務手数料:3,000円
  • 開通工事費:30,000円

auひかりの開通工事費30,000円は、24か月間の分割払いにして月額料金とあわせて支払います。しかし、auひかりでは初期工事費実質無料キャンペーンが受けられるので、実際の支払いはありません。

那比光太(なびこうた)
こうた
初期工事費実質無料キャンペーンを利用すれば、工事費と同額の1,250円×24か月の割引が受けられるよ!
那比得子(なびとくこ)
とくこ
初期工事費実質無料キャンペーンの適用条件として、ひかり電話の加入(月額500円)が必要なことも忘れないで!

auひかりの工事費実質無料キャンペーンについて解説している記事も用意していますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

auひかりマンションの速度に関する評判

auひかりは速度に関して、比較的評判のよい光回線です。

那比光太(なびこうた)
こうた

auひかりは自社の独自回線を使うから、夜や週末でも混雑しにくく、速度が安定しているという声が多いよ!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

国内でシェアの高いフレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光などは同じNTTの回線を一緒に使っているから、利用者が多いときは速度が遅くなりやすいと言われているわね。

auひかりマンションでは契約するプランによって配線方式が変わり、最大通信速度も変わりましたね。

配線方式 下り速度
タイプG
VDSL方式
最大664Mbps
タイプV・都市機構デラックス
最大100Mbps
タイプE
LAN方式
タイプF・ギガ・ミニギガ
光回線
最大1Gbps

ただし、最大通信速度は必ず出る速度ではなく、ベストエフォート型という理論値上の数字です。

auひかりの実測値を平均速度としてまとめているみんなのネット回線速度で、2020年4月18日時点にauひかりマンションの平均速度は以下のとおりでした。

集合住宅(マンション・アパート)のauひかりの速度測定結果(実測値) - - みんなのネット回線速度
みんなのネット回線速度

auひかりマンションを契約している人の実測値を総合すると、下り速度は151.6Mbps、上り速度は118.99Mbpsです。

実際の利用者の口コミなどとあわせながら、auひかりマンションの速度はあなたがインターネットをしたい目的にあっているのか検討してみましょう。

最大速度100MbpsのVDSLでも満足しているという声

auひかりをVDSL方式で接続する場合、通信速度は単純に光回線の1/10である最大100Mbpsです。

しかし、実際にauひかりマンションをVDSL方式で利用している人からは、安定して通信できているという声が届いていますよ。

たしかに、光回線と比べると高速通信とまではいかないかもしれませんが、下り40Mbps出ていれば動画の視聴などは快適にできます。インターネット利用者が増える夜間のゴールデンタイムも速度が低下しにくいというのは、メリットといえますね。

また、VDSL方式で接続する物件に向けて、auひかりでは2018年11月から下り最大664MbpsのタイプGを提供しています。

タイプGを契約している人からは、光回線に匹敵する高速通信ができているとの声が寄せられています。

タイプGの上り速度は166Mbpsなので、上り下り速度ともに最大通信速度に近い数値が期待できそうですね。

auひかりのVDSL方式についてはこちらの記事でさらにくわしく解説しているので、気になった方はチェックしてくださいね。

auひかりマンションの光回線方式はさらに高評価

下り・上りともに最大1Gbpsで通信できる光回線でauひかりマンションを契約している方からは、さらに高速で利用できているとの口コミが届いています。

ただし、auひかりマンションで各戸まで光回線方式で接続できるギガやタイプFに対応している物件は、VDSL方式の物件と比べるとまだ少ないです。

どうしても光回線方式で接続したい場合は、全国的に対応物件が多いフレッツ光や光コラボ回線なら1Gbpsのプランで契約できるマンションも多いですよ。また、マンションタイプでも基本的に光回線方式となるNURO光もオススメです。

くわしくはマンションに光回線を引く方法やオススメの回線をまとめた記事をご覧ください。

auひかりマンションの速度が遅いという声も…

auひかりマンションの速度はよい評判も多く聞かれましたが、「遅い」という評判がないわけではありません。

マンションタイプでは基本的に、共有部分に通したauひかりの回線を同じ物件の契約者でわけて使います。もし、同じ時間帯に回線を使う人が多かったり、大容量の通信を行う人がいれば、回線の速度は遅くなってしまいます。

また、インターネットの速度は回線や最大通信速度以外にも、さまざまな原因で遅くなります。auひかりをマンションタイプで使っていて、速度が遅いと感じたときは、以下のポイントもチェックしてみましょう。

  • 接続機器などを再起動する
  • LANケーブルやLANポートなど周辺機器の規格を確かめる
  • スマホやパソコンなどデバイスの最大通信速度を確かめる
  • 無線LANルーターを使っているなら有線で接続する

速度が急に遅くなったなら、auひかりにつないでいるルーターやパソコンなどを再起動してみましょう。簡単なエラーなどで一時的に速度が低下しているのかもしれません。

auひかりの速度を改善する方法はこちらの記事で解説していますので、あわせて読んでみてくださいね。

auひかりマンション契約前に確認すべき注意点

auひかりマンションを契約する前には、提供エリアの確認以外にも知っておいてほしいことがいくつかあります。

契約時や申し込みをしてしまったあとに失敗したと後悔しないよう、しっかり読んでおいてくださいね。

auひかりの導入工事には管理会社の許可が必要

auひかりマンションの契約を検討する際、物件が提供エリア内だったとしても、導入工事には管理会社の許可が必要です。

マンションタイプでauひかりの対応物件になっている時点で、導入済であるはずですが、物件の共有部分から部屋まで回線が届いているかいないかなどは、各戸によって違います。

大掛かりな工事が必要になり、物件内に工事業者が立ち入らなくてはいけない場合もあるので、必ず管理会社や大家さんにひとこと連絡をしておきましょう。

auひかりの超高速プランはマンションタイプ非対応

auひかりでは最大通信速度5Gbpsや10Gbpsの超高速プランも、用意しています。ただし、マンションタイプではauひかりの超高速プランは契約できません。

ちなみに、マンションタイプでも光電話や光テレビなどの人気オプションは契約が可能ですよ。

auひかりの悪質な勧誘業者に注意する

auひかりマンションは速度も安定しており、高額のキャッシュバックなどのキャンペーンを受けてお得に契約できるのは事実ですが、残念ながら悪質な勧誘業者がいることも報告されています。

「マンションの設備関係のお知らせ」という切り口で、実はauひかりの営業だったというツイートがありました。

マンションの管理会社からauひかりの訪問販売に対する注意案内がでたという人もいます。

auひかりを運営するKDDIや提携プロバイダは直接訪問したり、電話したりして勧誘することはありません。「マンションの管理会社から頼まれた」「物件のインターネット設備がauひかりに切り替わりました」などと勧誘してくる業者はauひかりの代理店です。

訪問や電話で勧誘してくる業者は特典なども少ないことがあるので、auひかりの申込みはauひかりマンションをお得に申し込む方法で紹介したプロバイダ窓口のGMOとくとくBBや、優良代理店のフルコミットで行うことをオススメします。

auひかりのマンションタイプの申込方法と流れを紹介!

auひかりを最安値で利用できるGMOとくとくBBから申し込んで、61,000円のキャッシュバックを全額受け取るまでの流れをくわしく紹介していきましょう。

  1. GMOとくとくBBのサイトから【エリア検索・料金診断】をクリック
  2. 物件の郵便番号を入力する
  3. 契約するタイプを確認し、[お得プランA]もしくは[標準プラン]を選択する

    auひかり GMOとくとくBB|申込③引用:GMOとくとくBB

  4. 契約者情報や支払い情報を入力して申し込む
  5. auひかりの開通工事の実施
  6. 開通月を含む11か月目と23か月目にGMOとくとくBBのプロバイダメールアドレスへキャッシュバックの案内メールが届く
  7. メール送信日から翌月の末日までにメールに返信して受取手続きを行う
  8. 手続きの翌月末に30,500円ずつが口座へ振り込まれる

auひかりを申込んで利用を開始するまでの期間は、1~2週間が目安です。しかし、3月や4月など引越しが多い時期は工事が混雑しており、1か月以上かかる場合もありますよ。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、開通月から最短で12か月後と24か月後に、30,500円ずつ受け取れます。

那比光太(なびこうた)
こうた
GMOとくとくBBから1年ごとに届くメールで手続きをしないと、キャッシュバックはもらえないんだね。
那比得子(なびとくこ)
とくこ
手続きもメールが届いた日から翌月の末日までが期限だから、過ぎたらキャッシュバックが受け取れないわよ。

キャッシュバックの手続きはGMOとくとくBBを契約時に作成した、プロバイダメールアドレスに届きます。普段よく使うメールアドレスに転送されるように設定したり、手続きの時期をカレンダーやスマホのリマインダーに入れておくと気づきやすいですね。

ちなみに、月額料金割引キャンペーンとあわせてもらえる30,000円キャッシュバックの場合は、同じく最短で12か月後と24か月後に15,000円ずつ受け取れますよ。


\GMOとくとくBB×auひかりのお得なキャンペーン!/

※このボタンからお得な特典をチェック

auひかりマンションタイプの解約方法

auひかりの解約手順は、以下のとおりです。

  1. プロバイダ窓口からauひかりの解約手続きをする
  2. 解約日以降にKDDIやプロバイダからレンタルしていた機械を返却する
  3. 解約月の利用料金などを支払う

auひかりの解約は、契約しているプロバイダに連絡をしましょう。ただし、au one netを利用している人は、KDDIカスタマーサービスセンターへの電話で解約ができますよ。

プロバイダ別の問い合わせ先と解約方法は下記の以下のとおりです。

問い合わせ先 解約ページ
au one net
0077-777
もしくは、0120-22-0077
(年中無休、9:00~20:00)
@nifty
0570-03-2210
(年中無休、10:00~19:00)
解約ページ
GMOとくとくBB
0570-045-109
(平日のみ、10:00~19:00)
会員ページ
BIGLOBE
0120-91-4607
(年中無休、9:00~18:00)
解約ページ
@TCOM
0120-987065
(平日のみ、10:00~18:00)
会員ページで申請後、後日、書面か電話で解約手続きをする
ASAHIネット
0120-577-108
もしくは、03-6631-0856
(平日のみ、10:00~17:00)
解約ページ
DTI
0120-830-501
(平日のみ、10:00~17:00)
解約ページ
So-net
0120-117-268
(1月1~2日及びメンテナンス日以外、9:00~21:00)
解約ページ

部屋の配線につながっている機器や、無線LANルーターなどがレンタル品だった場合は、解約後に返却方法のお知らせがあるので速やかに返送しましょう。

auひかりマンションの解約費用

auひかりマンションをお得プランAで契約している場合は、契約更新月以外の解約で違約金が発生します。

契約更新月 - auひかり マンション
引用:GMOとくとくBB

auひかりマンションの違約金額は、契約タイプで変わりますよ。

<auひかりマンションの違約金>
契約プラン 違約金
タイプG・都市機構G
9,500円
タイプV・E・F、都市機構、ギガ・ミニギガ
7,000円

もし、更新月がわからないという人は、My auを開き、「契約の内容の確認」を選択すれば、簡単にわかりますよ。

また、auひかりマンションを24ヶ月以内に解約する場合は、残った工事費残債が一括で請求されるので注意しましょう。

たとえば、契約して11ヶ月で解約した場合は、以下の工事費用の残債を支払わなくてはいけません。

13ヶ月(残った割引期間)×1,250円(割引金額)=16,250円(工事費用の残債)

auひかりでは初期工事費実質無料キャンペーンも受けられますが、解約してしまうとキャンペーンは適用外となり、工事費を実費で支払わなくてはいけませんよ。

くわしくは、auひかりの解約時にかかる費用についてまとめた記事でくわしく解説していますので参考にしてくださいね。

まとめ

auひかりマンションは物件によって契約できるタイプが異なり、タイプによって速度や月額料金が変わるとわかりました。

契約条件 月額料金 最大通信速度
タイプG
(VDSL方式)
16契約以上
3,800円
G契約:最大664Mbps
V契約:最大100Mbps
8契約以上
4,100円
タイプV
(VDSL方式)
16契約以上
3,800円
最大100Mbps
8契約以上
4,100円
都市機構デラックス
(VDSL方式)
UR都市機構集合住宅向け
3,800円
タイプE
(LAN方式)
16契約以上
3,400円
8契約以上
3,700円
タイプF
(光ファイバー方式)
3,900円
最大1Gbps
マンションギガ
(光ファイバー方式)
3,900円
マンションミニギガ
(光ファイバー方式)
3階建て以下の集合住宅で、かつ総戸数8戸以上のマンション向け
5,000円

※価格は税抜、ネットのみの契約料金

初期費用はどのタイプでも変わらず、事務手数料3,000円と開通工事費30,000円がかかります。ひかり電話も同時契約すると、工事費が実質無料になるのでお得ですよ。

auひかりマンションの実質料金がもっとも安いのは、61,000円キャッシュバックが受けられるGMOとくとくBBの窓口でした。

auユーザーならauスマートバリューで割引も受けられ、速度に関する評判もよいものが多かったので、もしお住まいの物件がauひかりに対応しているならぜひ契約を検討してみてくださいね。


\GMOとくとくBB×auひかりのお得なキャンペーン!/

※このボタンからお得な特典をチェック