閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりマンションタイプについて徹底調査

インターネットと聞けば一世を風靡したフレッツ光が主力だと思っている人も多いようですが、実はフレッツ光と同様のサービスでありながらフレッツ光よりもお得なサービスがauひかりです。

最近ではテレビCMなどの露出も増え、auひかりも人気になってきていますが、まだフレッツ光がインターネット回線のイメージが強いのも事実です。

ではフレッツ光同様のサービスをお得に利用できるのであれば、auひかりを利用してみたい、フレッツ光から乗換えたいとお考えの方に、今回はauひかりとフレッツ光のマンションタイプの比較をしました。

そしてauひかりマンションタイプがどういうサービスなのか詳しく解説します。

auひかりマンションタイプのサービス内容

auひかりマンションは、auひかりの設備が既に導入されている集合住宅でインターネット、電話、テレビの3つのサービスを利用できる高速通信回線のことです。

auひかりは、これまで戸建てを対象にしたホームタイプのギガ得プランとマンションを対象にしたマンションギガを主力として販売していましたが、この度さらにマンションでauひかりを利用しやすいように新しいauひかりマンションのプランを増やしました。

現在auひかりマンションにはマンションのタイプや配線方式に合わせて6つのタイプが設けられています。
auひかりのマンションタイプのサービス内容を細かく見ていきましょう。

auひかりマンション「タイプV」

auひかりマンションは、下り最大100Mbps、上り最大35Mbpsの高速インターネット回線を利用できるプランです。

マンションの建物内部にある共用部まで光ファイバーを引き込み、共用部から各部屋までは電話ケーブルを利用してインターネット回線を各部屋に引き込むVDSL方式と言われる設備を利用したものです。

電話線は建物が建てられたときに固定回線として既に各部屋に引き込まれている線なので、大掛かりな工事などを必要とせず、簡単に宅内までインターネット回線を送ることができます。

従来のマンションギガでは単体でauひかり回線を使った電話サービスを申込むことができませんでしたが、このタイプVではauひかり回線を使った電話サービスを単体で申し込むことができます。
つまりインターネットを利用しない人でもお得なauひかりの電話サービスを利用できるのがこのauひかりマンションタイプVというわけです。

auひかりマンション「都市機構デラックス」

今までにない画期的なインターネットサービスとして新聞などでも取り上げられたのが都市機構デラックスです。
UR都市機構の賃貸マンション専用のプランで、下り最大100Mbps、上り最大35Mbpsの高速通信サービスを利用できます。

VDSL方式を採用しており、マンション建物共用部まで引き込んだ光ファイバーを共用部から既存の電話線を使って各部屋でインターネットが使えるようにした設備です。

おすすめ窓口月額料金がおトク!auひかりおすすめNo.1窓口
https://kddi-hikari.com/
月額料金12ヶ月間1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大70,000円キャッシュバック

最大70,000円キャッシュバック!

auひかりマンション「タイプE」

マンションの建物共用部まで引き込んだ光ファイバーを、建物共用部から各部屋まで棟内に配線されているLAN(イーサネット)を使って高速通信回線を利用する方法です。

下りで最大100Mbps、上り最大100Mbpsの超高速通信回線を安定的に利用することができます。
またタイプV同様、auひかり回線を使った電話サービスを単体で利用することができる嬉しいサービスです。

auひかりマンション「タイプF」

マンション棟内の共用部まで引き込んだ光ファイバーを、共用部から各部屋まで光配線でつないだ高速通信回線です。
下り最大100Mbps、上り最大100Mbpsの安定したスピードで利用することができます。
タイプV、タイプE同様、auひかり回線を使った電話サービスに単体で申し込むことができます。

auひかりマンション「マンションギガ」

従来のauひかりの主力高速通信回線です。
現在は光ファイバー方式と言われるマンション共用部まで引き込んだ光回線を各部屋まで光配線で繋ぐもののみとなっています。

上り下りともに最大で1Gの超高速通信を楽しむことができますが、auひかり回線を使った電話サービスを単体で申し込むことができません。

auひかりマンション「マンションミニ ギガ」

3階建て以下の集合住宅で、かつ総戸数8戸以上のマンションのみが適用されるプランです。
マンション建物共用部まで光ファイバーを引き込み、共用部から各部屋までを光配線した光ファイバー方式を採用した接続方式を行っています。

auひかりマンションの料金プラン一覧

上記で説明したauひかりマンションのプランを料金一覧で分かりやすくしました。

提供タイプauひかりインターネット月額利用料

(プロバイダ利用料込
機器レンタル料込)

auひかり電話月額利用料
タイプV

(VDSL方式)

16契約以上見込める場合3,800円1,400円
8契約以上見込める場合4,100円
都市機構デラックス

(URマンション専用プラン)

東日本/西日本3,800円
タイプE
(LAN方式)
16契約以上見込める場合3,400円
8契約以上見込める場合3,700円
マンションギガ4,050円単体利用不可
マンションミニギガ5,000円単体利用不可
タイプF

(光ファイバー方式)

3,900円1,400円

※上記は2年の契約期間後、2年単位自動更新の料金です。

2年契約更新期間以外にプラン変更または解約を行った場合、契約解除料として違約金7,000円が発生します。

※au one net(口座振替・クレジットカード割引100円/月)が適用されています。

提供タイプネット+電話電話+TVネット+TVネット+電話+TV
タイプV
(VDSL方式)
16契約以上見込める場合4,300円2,300円~4,300円~4,800円~
8契約以上見込める場合4,600円2,300円~4,600円~5,100円~
都市機構デラックス

(URマンション専用プラン)

東日本/西日本4,300円2,300円~4,300円~4,800円~
タイプE
(LAN方式)
16契約以上見込める場合3,900円1,900円~3,900円~4,400円~
8契約以上見込める場合4,200円1,900円~4,200円~4,700円~
マンションギガ4,550円なし4,550円~5,050円~
マンションミニギガ5,500円なし5,500円~6,000円~
タイプF

(光ファイバー方式)

4,400円2,400円~4,400円~4,900円~

※上記は2年契約、2年単位自動更新の料金です。2年契約更新期間以外にプラン変更または解約を行った場合、契約解除料として解約金7,000円が発生します。

※au one net(口座振替・クレジットカード割引100円/月)が適用されています。

※テレビは申し込みチャンネル数により料金が変わります。

※テレビサービス利用に必要なセットトップボックスのレンタル料は上記に含まれています。

おすすめ窓口月額料金がおトク!auひかりおすすめNo.1窓口
https://kddi-hikari.com/
月額料金12ヶ月間1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大70,000円キャッシュバック

最大70,000円キャッシュバック!

開通までの流れ

auひかりマンションを利用するには、auひかりマンションが導入された集合住宅なければなりません。
既にauひかりマンションが導入されている場合は、申し込みを行うとauひかり利用に必要な宅内機器とご利用開始のご案内が届きます。

機器の設定はお客様自身で行っていきますが、設定方法がご利用開始のご案内に記載されているので、それを見ながら機器の接続を行い、設定を済ませればインターネットサービスを利用することができます。

auひかりマンションがまだ導入されていない場合は、マンション共用部にau光ファイバーを引き込む工事を行わなくてはいけません。

お申し込みを受け付け後、2~3週間で工事日の調整が行われ、マンション共用部、およびKDDI宅内機器の取り付け工事が行われます。

その後、別途お渡しした宅内機器をお客様自身にご利用開始のご案内を見ながら設定していただきます。
設定に不安がある場合は専門スタッフがご自宅にお伺いして設定する「かけつけ設定サポート」をご利用いただけます。

工事費用

auひかりマンションタイプを利用する場合、初期費用として工事費を含んだ30,000円が発生します。

また別途登録料3,000円も必要です。この初期費用は標準的な工事の費用となっていて、工事の内容により金額が若干変わってきますが、タイプV、都市機構デラックス、タイプE、マンションギガ、タイプF利用で必要な金額です。

料金は一括もしくは24回の分割を選ぶことができます。

auひかりマンションではこの初期費用30,000円を月額料金から割り引きするキャンペーンを行っています。
内容は1,250円を24か月に渡って毎月割り引くというもので、最大で30,000円の割引になり、実質工事費無料でauひかりマンションを利用することができます。

おすすめ窓口月額料金がおトク!auひかりおすすめNo.1窓口
https://kddi-hikari.com/
月額料金12ヶ月間1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大70,000円キャッシュバック

最大70,000円キャッシュバック!

フレッツ光とauひかりのマンションタイプの比較

マンションに引き込んだ光ファイバーをマンション内の複数の世帯で共同利用することで月額の利用料を抑えることができるa
ひかりマンションには、お住まいのマンションタイプに合わせた料金プランが細かく設定されています。

料金面ではもちろんですが、通信速度面やサービスにおいてもフレッツ光を上回るauひかりを項目ごとにフレッツ光と比較してみていきましょう。

サービス内容の比較

フレッツ光とauひかりの料金や通信速度の比較を行う前に、まず把握しておかなくてはならないのがサービス内容の違いです。

現在auひかりではマンションのタイプやサービスの違いに合わせた6つのサービスプランが用意されていますが、フレッツ光では、マンションのタイプに合わせた8つのプランが提供されています。

auひかりとフレッツ光の大きなサービスの差は、auひかりが単体で電話契約を申込めるサービスを提供しているのに対し、フレッツ光ではどのプランでも単体で電話サービスを申込むことができないようになっています。

またフレッツ光はインターネットをほとんど利用しない人向けに2段階定額プランの光ライトと光ライトプラスのプランを設けていますが、auひかりは2段階定額制のプラン自体を設けていません。

料金に関しては他の項目で詳しく述べますが、auひかりが2段階定額制のプランを設けていない理由に通常のインターネット使い放題の利用料金そのものが低く設定されていることがあります。

フレッツ光のフレッツ光ライトプラスの最低基本料金がプロバイダーと合わせて4,300円ほどかかるのに対し、auひかりのインターネット使い放題の通常価格の最も安いものはプロバイダー料金込みで3,400円となっているからです。

下記にauひかりとフレッツ光のサービス内容を比較しました。
同等のサービスが提供されているプランごとにauひかりとフレッツ光を比較しています。

サービス詳細auひかりのサービスプランフレッツ光のサービス内容
VDSL方式

単体で電話の契約ができる

タイプVなし
UR専用プラン

単体で電話の契約ができる

都市機構デラックスなし
LAN配線方式

単体で電話の契約ができる

タイプEなし
光配線方式

単体で電話の契約ができる

タイプFなし
光配線方式

機器レンタル込み

単体で電話の契約ができない

マンションギガギガマンション・スマートタイププラン2

(16契約以上見込める場合)

マンションミニギガ

(8契約以上見込める場合)

プラン1

(8契約以上見込める場合)

ミニ

(4契約以上見込める場合)

光配線方式

機器レンタルなし

単体で電話の契約ができない

フレッツ光ネクストマンション・ギガラインタイプ
光配線方式

機器レンタルなし

単体で電話の契約ができない

フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ
光配線方式以外

機器レンタルなし

単体で電話の契約ができない

フレッツ光ネクスト マンションタイプ
おすすめ窓口月額料金がおトク!auひかりおすすめNo.1窓口
https://kddi-hikari.com/
月額料金12ヶ月間1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大70,000円キャッシュバック

最大70,000円キャッシュバック!

通信速度の比較

次にauひかりとフレッツ光の通信速度の比較を行っていきます。前述のサービス内容の比較をもとにそれぞれの同等のサービスのスピードを比較します。

提供タイプauひかりの通信速度フレッツ光の通信速度
タイプV(VDSL方式)下り最大100Mbps

上り最大35Mbps

都市機構デラックス

(URマンション専用プラン)

下り最大100Mbps

上り最大35Mbps

タイプE(LAN方式)下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

タイプF(光ファイバー方式)下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

マンションギガ上り下り最大1Gbps上り下り最大1Gbps
マンションミニギガ上り下り最大1Gbps上り下り最大1Gbps
フレッツ光ネクストマンション・ギガラインタイプ上り下り最大1Gbps
フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ下り最大200Mbps

上り最大100bps

フレッツ光ネクスト マンションタイプ下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

上記の表を見るとわかるようにauひかりもフレッツ光もマンションタイプのギガ通信ではどちらも上り下り最大1Gbpsとなっていますが、光配線以外の配線方式で接続されている建物ではauひかりフレッツ光にそれほど通信速度の違いはありません。

サービスの内容と通信速度だけから見れば、電話単体契約が魅力な人にとってはやはりauひかりがとても魅力的です。

おすすめ窓口月額料金がおトク!auひかりおすすめNo.1窓口
https://kddi-hikari.com/
月額料金12ヶ月間1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大70,000円キャッシュバック

最大70,000円キャッシュバック!

料金の比較

auひかりマンションではマンションのタイプに合わせた料金プランが細かく設定されています。

料金はインターネットの利用のみで3,400円からで、この料金にはプロバイダー料金も機器レンタル料金も含まれています。
一方、フレッツ光は機器レンタル料金が込みのプラントそうでないプランとに分かれており、さらにプロバイダー料金も別になっています。

上記で述べたサービスプランの比較をもとにauひかりとフレッツ光の同等のサービス料金を横並びで表示していきます。

auひかりとフレッツ光とサービス内容が大きく異なるため、あまり横並びで料金を表示することができませんが、光配線方式を使ったギガプランではauひかり、フレッツ光ともにさほど料金の差を感じないように思えます。
しかしよく見てみると、フレッツ光の方が建物の設定を細かくしているので、住んでいる建物によってはauひかりの方がお得になっています。

提供タイプauひかり月額利用料

(プロバイダ利用料込
機器レンタル料込)

フレッツ光月額利用料
タイプV(VDSL方式)16契約以上見込める場合3,800円
8契約以上見込める場合4,100円
都市機構デラックス

(URマンション専用プラン)

東日本/西日本3,800円
タイプE(LAN方式)16契約以上見込める場合3,400円
8契約以上見込める場合3,700円
タイプF(光ファイバー方式)3,900円
マンションギガ4,050円16契約以上見込める場合2,950円+(950円@nifty)

機器レンタル込み

マンションミニギガ5,000円8契約以上見込める場合3,350円+(950円@nifty)

機器レンタル込み

4契約以上見込める場合3,950円+(950円@nifty)

機器レンタル込み

フレッツ光ネクストマンション・ギガラインタイプ16契約以上見込める場合3,050円+(950円@nifty)
8契約以上見込める場合3,450円+(950円@nifty)
4契約以上見込める場合4,050円+(950円@nifty)
フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ16契約以上見込める場合2,650円+(950円@nifty)
8契約以上見込める場合3,050円+(950円@nifty)
4契約以上見込める場合3,650円+(950円@nifty)
フレッツ光ネクスト マンションタイプ16契約以上見込める場合2,300円+(950円@nifty)
8契約以上見込める場合2,900円+(950円@nifty)
4契約以上見込める場合3,500円+(950円@nifty)

※au one net(口座振替・クレジットカード割引100円/月)が適用されています。※上記は2年契約、2年単位自動更新の料金です。
2年契約更新期間以外にプラン変更または解約を行った場合、契約解除料として違約金7,000円が発生します。

※フレッツ光の料金は2年自動契約更新割引、フレッツメンバーズクラブ割引が適用された料金です。

おすすめ窓口月額料金がおトク!auひかりおすすめNo.1窓口
https://kddi-hikari.com/
月額料金12ヶ月間1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大70,000円キャッシュバック

最大70,000円キャッシュバック!

auひかりマンションタイプのメリット

auひかりとフレッツ光の比較を細かく見てきましたが、では実際のところauひかりマンションタイプのメリットはどういったものなのでしょうか。

auひかりマンションタイプの大きな特徴はやはり単体で電話の契約が行えるというところです。

これはインターネットを利用しないけれども電話の料金を安く抑えたいというマンションで暮らす人や特に高齢者へ向けたサービスです。
電話単体の契約は1,400円の基本料なので通常の固定電話よりも安く、費用を節約できます。

またauひかりとフレッツ光の費用比較をしても分かるように、フレッツ光が住んでいるマンションの戸数によっては利用料金が上がってしまうのに対し、auひかりのギガプランであれば住んでいるマンションの戸数に関係なく、料金が一定というのもauひかりのメリットです。

住んでいるマンションのタイプや戸数はどうにもならない点ですが、auひかりでは出来るだけ料金が一律になる努力を行っています。

auひかりのお得サポート

auひかりはKDDIが提供するサービスであることから、auスマートバリューなどと関連した様々なお得なキャンペーンを行っています。

特に今注目すべきお得サポートは2つあり、一つは他社インターネットサービスの解約違約金最大30,000円を還元してくれるというものです。

これは解約違約金相当をau WALLETプリペイドカードへチャージ、もしくは郵便振替で還元してもらえるサービスで、30,000円の上限を超えた場合でも、その差額分相当の金額をauひかり月額利用料から差し引いてもらえることができるという非常にお得なものです。

もう一つがauスマートバリューに新規でお申し込みを行うことで、au契約回線1回線につき10,260円を還元をもらえるというものです。
これは新規でauひかりとセットでauスマートバリューをお申込みいただいた方が対象で、au WALLETプリペイドカードへチャージして還元してくれます。

また代理店などのお申込み窓口では、キャッシュバックキャンペーンも行っており、お得に申し込むことが可能です。

関連記事 >> auひかりのキャッシュバック徹底比較!1番お得な方法はコレだ!

auひかりとauスマートフォンのセットで受けられるauスマートバリュー特典

auではauケイタイ、auスマートフォンとauひかりネット+電話の契約を行った方を対象に、最大で2年間毎月最大2,000円の割引を行っています。

この特典では毎月のスマホの料金が2年間最大で2,000円お得になるというもので、家族にauスマホ、au携帯電話、auタブレット利用者がいれば、契約している台数分の割引を受けることができるというものです。

関連記事 >> auひかりキャンペーン徹底解剖!1番お得な申し込み方法はコレだ!

まとめ

auひかりはauケータイ、auスマートフォンユーザーにとってメリットの多いインターネット回線として知られています。
またこれまでになかったauひかりを使った電話契約をネットの利用なしで単体で行えるようになり、さらに利用しやすくなった通信回線でもあります。

住んでいるマンションやアパートの住宅設備や総世帯数によっては一概にお得とは言えませんが、auユーザーならお得になるポイントも多いのでまずは自分が住んでいるマンションのauひかりがどういったものなのかを詳しく調べてみることから始めましょう

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る