閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

申込前におさえよう!auひかり「マンション」おトクに使う方法!

auひかり

かりのマンションタイプを契約する際は、前もってどのようなサービス内容なのか知っておきたいですよね?

auひかりのマンションタイプは物件ごとの配線によってプランが変わるので、自分でプランを選ぶことができません。

つまり、建物がどの配線方式を利用しているかで、料金や速度が変わるということです。

auひかりのマンションは最低3,400円、最大5,000円で契約が可能です。

auひかり公式サイトでエリアの確認をすると、どのプランを契約できるのか分かりますので、自身の契約可能なプランと、以下で紹介している料金を照らし合わせ、どのくらいの料金でauひかりを利用できるのか調査してみてください。

また、配線方式によっては、auひかりを契約しても速度が遅くなる可能性があることをあわせて覚えておいてくださいね。

今回は、auひかりマンションタイプの料金プランと通信速度、遅くなった場合の対処法について解説していきます。

速度が遅い場合の対処方法や解約方法についても解説していくので、参考にしてくださいね。

\最短翌月末振込!最大52,000円キャッシュバック/
auひかりのキャンペーンをみる
※代理店フルコミットの特典をチェック

ドコモ光のおすすめ申込窓口

auひかりのマンションタイプ契約はエリア確認が必要!

auひかりのマンションタイプを契約したい場合、まずは自宅が提供エリア内かを確認する必要があります。

自宅が提供エリアなのかは、以下から確認できますよ。

auひかりの提供エリアを確認する

上記のページでは利用するタイプ名もわかります。

マンションでauひかりを契約する場合、タイプによって月額料金が異なります。

タイプが確認できたら、月額料金をはいくらかかるのかチェックしておくことで、後々、「思ったより料金が高かった…」といったことを防げますよ

auひかりのマンション料金プラン

auひかりのマンションタイプでは、配線方式によって月額料金が異なります。

契約条件
月額料金
タイプG
(VDSL方式)
16契約以上 3,800円
8契約以上 4,100円
タイプV
(VDSL方式)
16契約以上 3,800円
8契約以上 4,100円
都市機構デラックス
(VDSL方式)
UR都市機構集合住宅向け 3,800円
タイプE
(LAN方式)
16契約以上 3,400円
8契約以上 3,700円
タイプF
(光ファイバー方式)
3,900円
マンションギガ
(光ファイバー方式)
3,900円
マンションミニギガ
(光ファイバー方式)
3階建て以下の集合住宅で、かつ総戸数8戸以上のマンション向け 5,000円

配線方式によって、通信速度が異なることも覚えておきましょう。

なお、auひかりのマンションタイプの場合、どの配線方式を利用していてもお得プランAか標準プランのどちらかのプランを選べます。

標準プラン
お得プランA
月額料金
3,400円~ 3,400円~
(タイプGのみ+900円)
契約期間
なし 2年自動更新
特徴
おうちトラブルサポート通常400円が無料
解約金
0円 7,000円~9,500円

お得プランAは、インターネット以外の自宅での問題を解決してくれるおうちトラブルサポートを無料で利用できます。

おうちトラブルサポートで受けられるサービスは主に以下の4つです。

<おうちトラブルサポート>

  • 水回りのトラブル対応
  • 鍵の紛失などのトラブル対応
  • エアコン故障などのトラブル対応
  • 扉やふすまがあかないなどの建具トラブル対応 など

おうちトラブルサポートは名前のとおり、インターネット以外のトラブルにもサポートをしてくれるお得なサービスです。

しかし、お得プランAを利用する場合、解約するときに7,000円~9,500円の違約金が発生するので注意してください。

なお、auひかりマンションタイプでは、契約するプランで解約するときの違約金が変わります。

タイプG・タイプVを契約する場合、違約金が9,500円かかります。

また、都市機構デラックス・タイプE・タイプF・マンションギガ・マンションミニギガでは違約金が7,000円かかりますよ。

ただし、どのプランを利用することになっても、更新月に解約すれば違約金は発生しません。

auひかりマンションタイプの契約期間は2年で、契約してから2年ごとに更新月が訪れます。

<auひかり お得プランAの違約金>
更新月:25ヶ月目、26ヶ月目・・・50ヶ月目、51カ月目・・・

auひかりと他社回線のマンション料金を比較!

auひかりマンションタイプを検討している人は、他社回線とどちらがお得なのかも気になるのではないでしょうか?

下記の表をもとに、auひかりマンションタイプと他社回線の比較をしてみます。

月額料金
スマホセット割
auひかり
3,400円~5,000円 au
So-net光+
4,480円
ソフトバンク光
3,800円 ソフトバンク
NURO光
1,900円~2,400円
ドコモ光
4,000円 ドコモ
フレッツ光
3,350円~

※ドコモ光はタイプAの料金を記載しています。
※フレッツ光は別途プロバイダ料金が必要です。

NURO光は群を抜いて安いですが、同じマンション内で契約希望者が4人以上いないといけなかったり、そもそもエリアが関東、関西、東海、福岡、佐賀のみであったりと利用条件が厳しいです。

また、フレッツ光も他社回線と比べて安く思えますが、上記料金に加えて、別途プロバイダ料金が発生するので注意してくださいね。

auユーザーはauスマートバリューを利用できる回線がオススメ!!

auユーザーであれば、auスマートバリューが受けられる回線がオススメです。

auスマートバリューを受ければ、auスマホやタブレットが最大2年間1端末ごとに最大2,000円割引されます。

こちらの記事でauスマートバリューについて詳しく紹介していますのであわせてご覧くださいね。

なお、auスマートバリューが受けられる回線は、auひかりとSo-net光プラス、ビッグローブ光など複数あります。

しかし、auひかりは他のauスマートバリューが受けられる回線よりキャンペーンが充実しているので他社よりもオススメです。

<回線別キャンぺーン>
キャンペーン
auひかり
  • au one net契約で10,000円キャッシュバック
  • 最大30,000円の解約違約金負担
  • 安心ネットフィルター最大3か月無料
  • 安心ネットセキュリティ最大2ヶ月無料
  • 安心トータルサポート最大2ヶ月無料
  • 電話オプションパックの料金割引
  • プラチナセレクトパック最大2ヶ月無料
  • 10ギガ・5ギガ契約で3年間で18,000円割引
So-net光プラス
  • ネット月額料金最大2,200円割引
  • 光電話最大1ヶ月無料
  • v6プラス対応ルーター最大12ヶ月無料
BIGLOBE光
  • 25,000円キャッシュバックor月額2,500円割引
  • 初期工事費無料
  • 無線ルーター12ヶ月無料
  • 光☆SIMセット割

※2019年4月調査のデータです。
※新規申込キャンペーンを記載しています。
※So-net光プラスの月額料金割引は1ヶ月~36ヶ月までの割引料金を記載しています。

とくに、auひかりの解約違約金負担キャンペーンは元の回線から乗り換える時の費用がなくなるので、うれしい人も多いのではないでしょうか。

また、初期工事費実質無料キャンペーンやオプション割引が豊富なのもauひかりを契約するメリットといえます。

下記の代理店からの契約なら、最大52,000円のキャッシュバックももらえます。

\最短翌月末振込!最大52,000円キャッシュバック/
auひかりのキャンペーンをみる
※代理店フルコミットの特典をチェック

auひかりマンションタイプの初期費用!キャンペーン利用で無料!

auひかりマンションタイプを契約するときは、通常30,000円の工事費用が発生しますが、初期工事費実質無料キャンペーンが受けられるので気にする必要はありません。

初期工事費実質無料キャンペーンを利用すれば、1,250円×24ヶ月の割引を受けて工事費が実質無料になりますよ。

ただし、24ヶ月以内に解約する場合は、残った割引期間×1,250円の工事費残債が一括で請求されるので注意しましょう。

たとえば、契約して11ヶ月で解約した場合は、以下の工事費用の残債を支払う必要があります。

13ヶ月(残った割引期間)×1,250円(割引金額)=16,250円(工事費用の残債)

なお、auひかりの工事費実質無料キャンペーンについて解説している記事も用意していますので、あわせてご覧ください。

auひかりのマンションタイプは料金プランにより速度が変わる

auひかりのマンションタイプでは、物件ごとに用いられる配線方式によって料金と速度が変わります。

契約条件
月額料金
下り速度
タイプG
(VDSL方式)
16契約以上 3,800円 G契約:最大664Mbps
V契約:最大100Mbps
8契約以上 4,100円
タイプV
(VDSL方式)
16契約以上 3,800円 最大100Mbps
8契約以上 4,100円
都市機構デラックス
(VDSL方式)
UR都市機構集合住宅向け 3,800円
タイプE
(LAN方式)
16契約以上 3,400円
8契約以上 3,700円
タイプF
(光ファイバー方式)
3,900円 最大1Gbps
マンションギガ
(光ファイバー方式)
3,900円
マンションミニギガ
(光ファイバー方式)
3階建て以下の集合住宅で、かつ総戸数8戸以上のマンション向け 5,000円

※ネットのみの契約料金を表示しています。

ちなみに、契約するタイプは自分では選べず、マンションに入っている設備状況で決められます。

auひかりの速度が遅い場合は周辺機器を見直そう!

周辺機器がauひかりの契約プランの最大速度に対応していないと、通信速度が遅くなります。

通信速度が遅いと感じるのであれば、無線LANルーターやLANケーブル、LANポートの規格を確認してみましょう。

なお、無線LANルーターの規格には、以下の5種類があります。

規格
対応速度
周波数
IEEE802.11ac
最大6.9Gbps 5GHz
IEEE802.11n
最大600Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE802.11g
最大54Mbps 2.4GHz
IEEE802.11b
最大11Mbps 2.4GHz
IEEE802.11a
最大54Mbps 5GHz

最大6.9Gbpsに対応している11acの無線LANルーターを選んでおけば間違いありません。

LANケーブルの規格にも以下の8種類があります。

規格
最大速度
CAT8 最大40Gbps
CAT7 最大10Gbps
CAT6E 最大10Gbps
CAT6A 最大10Gbps
CAT6 最大1Gbps
CAT5E 最大1Gbps
CAT5 最大100Mbps
CAT3 最大10Mbps

auひかりのマンションタイプを利用する場合は、配線方式の最大速度にあわせてLANケーブルを用意してください。

どれがいいのかわからない人は、CAT6以上の規格に対応しているものであれば、LANケーブルが原因で速度の低下につながる心配がないのでオススメです。

また、有線接続でインターネットを使う人は、デバイスとルーターに付いているLANポートの規格をチェックしましょう。

LANポートの規格にも以下の4種類があります。

規格
最大速度
10GBASE-TX
最大10Gbpsまで
1000BASE-T
最大1Gbpsまで
100BASE-TX
最大100Mbpsまで
10BASE-T
最大10Mbpsまで

1000BASE-T以上に対応していれば、有線接続でも通信速度が安定しますよ。

契約タイプがわかっている人は、ルーターやケーブルを確認して、契約タイプの最大速度に対応していないものを利用している場合は、買い替えを検討しましょう。

ちなみに、auひかりの通信速度が遅くなる原因は、周辺機器だけではありません。

こちらの記事で、auひかりの速度が遅くなる原因と対処法を紹介していますので、あわせて参考にしてくださいね。

マンションで速度が遅くなりがちな理由はVDSL方式

auひかりのマンションタイプの通信速度が遅いと感じるときは、マンションが利用している配線方式を確認してみましょう。

VDSL方式のタイプVと都市機構デラックスを利用している場合、デバイスと接続機器の性能が高くても通信速度が遅くなります。

なぜなら、VDSL方式ではマンションの電話線を使ってauひかり回線を分配するからです。

電話線を使って回線を分配すると、最大速度が100Mbpsになります。

最大速度が100Mbpsになると、1Gbpsのプランと比べて実効速度は遅いといえますね。

また、同じ物件のなかで利用者が増えると通信が混雑するので、夜間の速度低下が起きやすくなります。

こちらの記事で、auひかりのマンションタイプ、VDSL方式の速度が原因と対処法を解説していますので、あわせて参考にしてくださいね。

利用者からの口コミを見ても、VDSL方式の通信速度が遅いことがわかります。

通信速度が30Mbps代になるのは日常茶飯事です。

良いときの通信速度も40Mbpsほどです。


※2019年4月 Twitter調べ

VDSL方式が遅い場合は他の物件に引っ越すか、配線方式を光回線方式に変更するかのどちらかになります。

配線方式を変える場合は、工事が必要になるので、大家さんや管理会社に相談しなければいけないことを覚えておきましょう。

インターネットを快適に利用できる通信速度

どの程度の通信速度があれば、インターネットを快適に使えるのか気になりますよね。
以下で、通信速度ごとにインターネットの利用状況をまとめました。

通信速度
利用サービス状況
100Mbps
  • インターネットを利用していて不便に感じることはない
  • 高画質動画やオンラインゲームも画面がカクつくことなく快適
30~50Mbps
  • 検索をする上では問題なくネットが楽しめる
  • 動画はストレスなく視聴可能
  • オンラインゲームは多少カクつくことがある場合も
10~30Mbps
  • 検索画面が表示されるのに多少のタイムラグがある
  • 動画はストレスなく利用可能。たまにカクつくこともある
  • オンラインゲームでは画面が止まったりと支障がでる場合もある
1Mbps
  • 検索画面が表示されるのに時間がかかる
  • SNSを見るのにも画像が表示されなかったり読み込めなかったりする場合がある

上記のとおり、30~50Mbps以上あれば、インターネットを利用するにあたり、不便を感じることはありません。

ただし、オンラインゲームをする方は、画面がカクつくことなく通信するのであれば、最低50Mbpsは欲しいところです。

auひかりのマンションプランは代理店申し込みがオススメ!最もお得な申込窓口とは!?

auひかりは公式サイトやauショップで契約できますが、代理店での申し込みがオススメです。

代理店で契約をすることで代理店独自のキャンペーンを利用できるからです。

代理店独自のキャンペーンを利用すれば、高額キャッシュバックや豪華プレゼントキャンペーンがもらえますよ。

ただし、キャッシュバックやプレゼントが、高額になれば高額になるほど、受け取りの条件が難しくなります。

受け取りの申請期間が〇ヶ月後となっている場合もあり、せっかくのキャッシュバックやプレゼントが受け取れなかったという例もいます。

そのため、代理店申し込みをする場合は、なるべく早く受け取りができ、適用条件が厳しくない代理店を選びましょう。

以下では、翌月末にキャッシュバックを受け取れる代理店をまとめました。

<キャッシュバック翌月末受け取りの代理店>
代理店
キャッシュバック額
プロバイダ
キャッシュバック額
適用条件
フルコミット
ネットのみ:22,000円
ネット+ひかり電話:27,000円
25,000円
  • auひかりの新規申込
  • 指定プロバイダ(So-net)
NEXT
ネットのみ:18,000円
ネット+ひかり電話:25,000円
25,000円
  • auひかりの新規申込
  • 指定プロバイダ(BIGLOBE・nifty・So-net)
NNコミュニケーションズ
ネットのみ:18,000円
ネット+ひかり電話:25,000円
25,000円
  • auひかりの新規申込
  • 指定プロバイダ(BIGLOBE・nifty・So-net)
アシタエクリエイト
40,000円 なし
  • auひかりの新規申込
  • 指定プロバイダ(BIGLOBE)

上記の代理店で申し込めば、最短でauひかりが開通した翌月末にキャンペーンを受けられます。

こちらの記事でauひかりのキャッシュバックが一番お得な代理店を紹介していますので参考にしてくださいね。

フルコミットなら新規申込で最大で52,000円のキャッシュバック

先ほど紹介した代理店のなかでオススメできるのはフルコミットです。

フルコミットなら、プロバイダキャッシュバック25,000円込みでネット回線のみの新規申込で最大45,000円、ネット+電話の新規申込で最大52,000円のキャッシュバックを受け取れます。

キャッシュバックを受けるには、フルコミットでのサイトで申し込み、プロバイダをSo-netかBIGLOBEにする必要があります。

なお、キャッシュバックは最短翌月で受け取れますが、翌月末に受け取れるのは代理店キャッシュバックのみになるので注意してください。

プロバイダから提供されるキャシュバックの受け取り方法はプロバイダごとに違い、たとえば、So-netなら半年後に受け取り手続きをするとその後振込されるなどの条件があります。

フルコミットからキャッシュバックをもらうには、以下のどちらかのプランに加入する必要があります。

<代理店キャッシュバックの適用条件>

  • ホームタイプ:ずっとギガ得プラン加入
  • マンションタイプ:お得プランAでの加入

上記以外のプランに加入するとキャッシュバックは適用されないので気をつけてくださいね。

♦最大52,000円のキャッシュバック♦
フルコミットの詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

auひかりのマンションタイプの申込方法と流れを紹介!

auひかりのマンションタイプは以下の流れで申し込めます。

  1. エリア確認をする
  2. 契約プランと契約プロバイダを決める
  3. auひかりの申し込みをする
  4. 開通工事をする
  5. 宅内機器の接続工事をする
  6. 利用開始

開通工事が終われば、その日からauひかりの利用を開始できます。

利用を開始できるまでの期間は1~2週間が目安ですが、3月4月などの引越し時期で申し込みが混雑していると1ヶ月ほどかかる場合があります。

そのため、auひかりの契約をする場合は、早めに申し込みをしてください。

契約プランと契約プロバイダもあらかじめ決めておこう

auひかりのマンションタイプにはお得プランAと標準プランの2つがあります。

お得プランAは、インターネット以外にも鍵の紛失や水回りの修理など、住まいに関するサポートを受けられるメリットがあります。

1人暮らしが初めてなど、今後の生活に不安がある人は契約がオススメですが、解約時には違約金が発生してしまいますので注意してください。

インターネット以外のサポートが必要ないという方は、標準プランを選ぶことで違約金が発生しないのでオススメです。

また、auひかりの申し込みをする際は、事前にプロバイダも決めておくと、スムーズに契約することができます。

<auひかりのプロバイダ>

  • So-net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • @Tcom
  • ASAHIネット
  • @nifty
  • au one net

こちらの記事でauひかりのプロバイダを比較し、オススメ契約先はどこか紹介していますので参考にしてくださいね。

auひかりマンションタイプの工事

auひかりマンションタイプを契約できる物件に住んでいる場合は、すでにauひかりマンションが導入されていることが多いです。

契約手続きの完了後にauひかりから宅内機器と「利用開始のご案内」が届きますので、周辺機器の設定を行うだけでauひかりの利用が可能になります。

auひかりのマンションプランを契約する場合、室内に設備が導入されていると立ち合い工事をしてもらう必要がありません。

また、住んでいる物件にauひかりマンションタイプが導入されていない場合は、マンションの共用部にauひかりファイバーを引き込む工事を行わなくてはいけません。

共用部にファイバーを引き込む場合、auひかりマンションの申し込み受け付け後から2~3週間で工事日の調整の連絡があり、マンション共用部、およびKDDI宅内機器の取り付け工事が行われます。

光回線のコンセントがついていない場合は立ち合いや穴をあける必要があるので、管理会社や大家さんにあらかじめ許可をとっておきましょう。

なお、auひかりの導入工事を行う場合は、立ち合いが必要ですので、自身の空いている日に工事の予定を入れてくださいね。

auひかりマンションタイプの解約方法

auひかりのマンションタイプの解約は、プロバイダに連絡する必要があります。

au one netを利用していない限り、auひかりのサポート窓口では解約を申し込めないので注意してください。

プロバイダ別の問い合わせ先と解約方法は下記の以下のとおりです。

<auひかりの解約ページ>
問い合わせ先
解約ページ
au one net
0077-777
0120-22-0077
(年中無休9:00~20:00)
@nifty
0570-03-2210
(年中無休10:00~19:00)
解約ページ
BIGLOBE
0120-91-4607

(年中無休9:00~18:00)
解約ページ
@TCOM
0120-987065
(土日祝10:00~18:00)
会員ページで申請後、後日、書面か電話で解約手続きをする
ASAHIネット
0120-577-108
03-6631-0856
(平日のみ10:00~17:00)
解約ページ
DTI
0120-830-501
(平日10:00~17:00)
解約ページ
So-net
0120-117-268
(1月1~2日及びメンテナンス日を除く9:00~21:00)
解約ページ

auひかりマンションタイプの解約にかかる費用

auひかりマンションタイプを解約するときは7,000円~9,500円の違約金が発生します。

違約金を支払いたくない人は、契約してから2年に1度の更新月でに解約してくださいね。

更新月がわからないという人は、My auを開き、「契約の内容の確認」を選択すれば、簡単に確認できますよ。

また、プロバイダをDTIか@TCOMで契約していた場合、契約してから6ヶ月以内に解約すると残余期間分の月額料金が違約金として請求されますので注意してください。

そのほか、auひかりの解約をする場合は、初期工事費の残債や、解約月の月額料金も発生します。

詳しくは、こちらの記事でauひかりの違約金と違約金を抑える方法についてくわしく解説していますので参考にしてくださいね。

まとめ

auひかりのマンションタイプには7種類の契約プランがあり、物件に導入されている配線方式で利用できるプランが決まります。

つまり、マンション設備に導入されている配線方式によって、料金や通信速度が左右されます。

とくに、契約プランがVDSL方式のタイプVや都市機構デラックスだと最大速度が100Mbpsと速度が遅くなりがちですので注意してください。

マンションの設備がVDSL方式で速度が遅いと感じる人は、引越しをするか、工事をして配線方式を変えることで速度改善が見込めます。

また、周辺機器の性能が悪くて速度が遅くなっている可能性もありますので、確認してみてください。

ルーターやLANケーブルの性能を確認して買い換えて、通信速度が向上する可能性があります。

また、料金もマンションの配線方式によって変わりますので、自分で安いプランを選択する、といったことはできませんので注意してくださいね。

ただし、auひかりは代理店サイトが豊富なので、少しでもお得に契約したいという人は、自分にあった代理店を見つけて、キャッシュバックやプレゼントなどを受け取ってください。

なるべく、適用条件が簡単な代理店を選ぶことで、貰い忘れを防ぐことができますよ。

\ 【最新】auひかりキャンペーン情報 /
※月額割引をお得に利用したい方向けには「So-net」の割引プランをチェック
☞ 詳細記事はこちら「【2019最新】auひかりキャッシュバック比較!いま一番お得な窓口はここだ!」
auひかりのおすすめ申込窓口