閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

auひかりマンションタイプで月額料金を安くする方法

Pocket

auひかり

マンションにお住いの人でauひかりを利用したいと思っている人もいるのではないでしょうか?

今回はauひかりとフレッツ光のマンションタイプも比較をしました。

また、auひかりマンションタイプがどういうサービスなのか詳しく解説します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

auひかりマンション検討時の注意点

auひかりマンションを検討する時、住んでいるマンションでauひかりが使えるかauひかりエリア判定で確認しましょう。

エリアが対応していれば「OK」と表示、「マンションのタイプ」が表示されます。

auひかりの提供エリア内か確認しよう

住んでいる郵便番号を入力し、住居タイプを選択します。

住所検索

<引用:au公式サイト

auひかりのエリアが対応している場合。

提供エリアにいる

<引用:au公式サイト

auひかりのエリアが対応していない場合。

提供エリアではない

<引用:au公式サイト

マンションが導入している回線によって料金プランが決まる

auひかりマンション料金一覧表
タイプV(下り100M上り35M、VDSL方式)

16契約以上:3,800円

8契約以上 : 4,100円

都市機構デラックス(下り100M上り35M、VDSL方式) 3,800円
タイプE(上下100M、イーサ方式(LAN配線))

16契約以上 :3,400円

8契約以上 :3,700円

タイプF(上下100M、光ファイバー方式) 3,900円
マンションギガ(上下1ギガ、光ファイバー方式) 4,050円
マンションミニギガ(上下1ギガ、光ファイバー方式) 5,000円

auひかりにはたくさんのプランがあり、多く導入されているのが「タイプV」、続いて「マンションギガ」「マンションミニギガ」となっている。

条件によって3階以下ならホームタイプを引ける可能性があります。

3階以下や部屋数の少ない小規模マンションやアパートだとマンションタイプが採用されない場合もあります。

auひかりエリア判定で検索結果が表示されなかったらKDDIに相談してみましょう。

ホームタイプが引ける場合、契約を結ぶ前にマンション・アパートの管理会社などに回線の工事を行ってもよいか確認しましょう。

工事の際に穴を開けたり、装置の取り付けをする可能性があるからです。

賃貸契約の内容によっては、退去する時に入居前の状態にしなければならなず、管理会社などから高額な請求をされる場合があります。

余計な出費を避けるためにも、事前に確認してから契約を結びましょう。

auひかりマンションタイプのサービス内容

auひかりマンションは、auひかりの設備がすでに導入されている集合住宅でインターネット、電話、テレビの3つのサービスを利用できる高速通信回線のことです。

auひかりは、これまで戸建てを対象にしたホームタイプのギガ得プランとマンションを対象にしたマンションギガを主力として販売していました。

さらにマンションでauひかりを利用しやすいように新しいauひかりマンションのプランを増やしました。

現在auひかりマンションにはマンションのタイプや配線方式に合わせて6つのタイプが設けられています。

auひかりのマンションタイプのサービス内容を細かく見ていきましょう。

auひかりマンションの料金プラン一覧

上記でご説明したauひかりマンションのプランを料金一覧でわかりやすくしました。

提供タイプauひかり
タイプV(VDSL方式)16契約以上見込める場合3,800円
8契約以上見込める場合4,100円
都市機構デラックス(URマンション専用プラン)東日本/西日本3,800円
タイプE(LAN方式)16契約以上見込める場合3,400円
8契約以上見込める場合3,700円
タイプF(光ファイバー方式)3,900円
マンションギガ4,050円
マンションミニギガ5,000円

※上記は2年の契約期間後、2年単位自動更新の料金です。
※2年契約更新期間以外にプラン変更または解約を行った場合、契約解除料として違約金7,000円が発生します。
※au one net(口座振替・クレジットカード割引100円/月)が適用されています。

auひかりマンション「タイプV」

auひかりマンションは、下り最大100Mbps、上り最大35Mbpsの高速インターネット回線を利用できるプランです。

マンションの建物内部にある共用部まで光ファイバーを引き込み、共用部から各部屋までは電話ケーブルを利用してインターネット回線を各部屋に引き込むVDSL方式と言われる設備を利用したものです。

電話線は建物が建てられたときに固定回線としてすでに各部屋に引き込まれている線なので、大掛かりな工事などを必要とせず、簡単に宅内までインターネット回線を送ることができます。

従来のマンションギガでは単体でauひかり回線を使った電話サービスを申込むことができませんでしたが、このタイプVではauひかり回線を使った電話サービスを単体で申し込むことができます。

つまりインターネットを利用しない人でもおトクなauひかりの電話サービスを利用できるのがこのauひかりマンションタイプVというわけです。

auひかりマンション「都市機構」

今までにない画期的なインターネットサービスとして新聞などでも取り上げられたのが都市機構デラックスです。

UR都市機構の賃貸マンション専用のプランで、下り最大100Mbps、上り最大35Mbpsの高速通信サービスを利用できます。

VDSL方式を採用しており、マンション建物共用部まで引き込んだ光ファイバーを共用部から既存の電話線を使って各部屋でインターネットが使えるようにした設備です。

auひかりマンション「タイプE」

マンションの建物共用部まで引き込んだ光ファイバーを、建物共用部から各部屋まで棟内に配線されているLAN(イーサネット)を使って高速通信回線を利用する方法です。

下りで最大100Mbps、上り最大100Mbpsの超高速通信回線を安定的に利用できます。

またタイプV同様、auひかり回線を使った電話サービスを単体で利用できるうれしいサービスです。

auひかりマンション「タイプF」

マンション棟内の共用部まで引き込んだ光ファイバーを、共用部から各部屋まで光配線でつないだ高速通信回線です。

下り最大100Mbps、上り最大100Mbpsの安定したスピードで利用できます。

タイプV、タイプE同様、auひかり回線を使った電話サービスに単体で申し込むことができます。

auひかりマンション「マンションギガ」

従来のauひかりの主力高速通信回線です。

現在は光ファイバー方式と言われるマンション共用部まで引き込んだ光回線を各部屋まで光配線でつなぐもののみとなっています。

上り下りともに最大で1Gの超高速通信を楽しめますが、auひかり回線を使った電話サービスを単体で申し込むことができません。

auひかりマンション「マンションミニ ギガ」

3階建て以下の集合住宅で、かつ総戸数8戸以上のマンションのみが適用されるプランです。

マンション建物共用部まで光ファイバーを引き込み、共用部から各部屋までを光配線した光ファイバー方式を採用した接続方式を行っています。

開通までの流れ

auひかりマンションを利用するには、auひかりマンションが導入された集合住宅なければなりません。

すでにauひかりマンションが導入されている場合は、申し込みを行うとauひかり利用に必要な宅内機器と利用開始のご案内が届きます。

機器の設定は自身で行っていきますが、設定方法が利用開始のご案内に記載されているので、説明書を見ながら機器の接続を行い、設定を済ませればインターネットサービスを利用できます。

auひかりマンションがまだ導入されていない場合は、マンション共用部にauひかりファイバーを引き込む工事を行わなくてはいけません。

auひかりマンションの申し込みを受け付け後、2~3週間で工事日の調整が行われ、マンション共用部、およびKDDI宅内機器の取り付け工事が行われます。

宅内機器を利用開始のご案内を参考に設定します。

設定に不安がある場合は専門スタッフがご自宅にお伺いして設定する「かけつけ設定サポート」を利用いただけます。

工事費用

auひかりマンションタイプを利用する場合、初期費用として工事費を含んだ30,000円が発生します。

この初期費用は標準的な工事の費用となっていて、工事の内容により金額が少し変わってきますが、タイプV、都市機構デラックス、タイプE、マンションギガ、タイプFを利用するときに支払う必要のある料金です。

支払い方法は一括もしくは24回の分割を選べます。auひかりマンションではこの初期費用30,000円を月額料金から割り引きするキャンペーンを行っています。

月額料金から24カ月1,250円の割引が適用されるため、30,000円の回線工事費は実質0円です。

最大73,000円キャッシュバック!お得なauひかり!

キャッシュバック

月額3,800円~!最大1Gbpsの高速インターネット!auならスマホ代が安くなる!・・・詳しく見る

また初月請求時のみ月額料金とは別に新規登録料3,000円が必要です。

マンションタイプは方式によっては速度が遅くなりやすい

配線方式回線速度
VDSL方式

・下り最大100Mbps

・上り最大35Mbps

イーサ方式

・下り最大100Mbps

・上り最大100Mbps

光ファイバー方式

・下り最大1Gbps

・上り最大1Gbps

マンションタイプには「VDSL」「イーサ」「光ファイバー」の3方式が採用されていて一番多く採用されているのがVDSL方式です。

VDSL方式とは既存の電話回線からインターネットに接続するため工事に手間がかからない配線方式です。

マンションの共有スペースまでは光回線が通っていますが、共有スペースからは電話線を使用しているためノイズの影響を受けてしまい、下り最大100Mbps、上り最大35Mbpsまでしか回線速度が出ません。

建物によってはさらに速度が出ない場合もあります。

イーサ方式とは、共有スペースまではVDSL方式と同じですが共有スペースからはLANケーブルを使用しているためノイズの影響を受ける心配がありません。

光ファイバー方式とは、マンションの各部屋まで光回線が通っている方式です。

各部屋すべてへ回線が通っているため極端に速度が遅くなることはありません。

築年数が間もないマンションでは光ファイバー方式やイーサ方式が採用されていますが、数は多くありません。

auひかりとフレッツ光のマンションタイプを比較

マンションに引き込んだ光ファイバーをマンション内の複数の世帯で共同利用することで月額の利用料をおさえることができます。

お住まいのマンションタイプに合わせた料金プランが細かく設定されています。

auひかりを項目ごとにフレッツ光と比較してみていきましょう。

提供エリアの比較

auひかりは提供エリアは全国で拡大中ですが、関西・東海エリアでは提供されていません。

関西エリア東海エリア
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、 和歌山県、福井県愛知県、岐阜県、静岡県、三重県

関西エリアはeo光、東海エリアはコミュファ光の提供エリアのためauひかりの提供は行っていません。

また、沖縄県もauひかりの提供エリア外です。

料金の比較

auひかりマンションではマンションのタイプに合わせた料金プランが細かく設定されています。

月額料金はインターネットの利用のみで3,400円からで、この料金にはプロバイダー料金も機器レンタル料金も含まれています。

一方、フレッツ光は機器レンタル料金が込みのプランとレンタル料金を含んでいないプランとにわかれており、さらにプロバイダー料金も別になっています。

回線名プラン名最大通信速度料金
auひかりタイプV(VDSL方式)

下り最大100Mbps

上り最大35Mbps

16契約以上見込める場合3,800円

8契約以上見込める場合4,100円

タイプE(LAN方式)

下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

16契約以上見込める場合3,400円

8契約以上見込める場合37,00円

マンションギガ上り下り最大1Gbps4,050円
マンションミニギガ上り下り最大1Gbps5,000円
フレッツ光フレッツ光ネクストマンション・ギガラインタイプ上り下り最大1Gbps

16契約以上見込める場合3,050円+(950円@nifty)

8契約以上見込める場合3,450円+(950円@nifty)

4契約以上見込める場合4,050円+(950円@nifty)

フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ

下り最大200Mbps

上り最大100bps

16契約以上見込める場合2,650円+(950円@nifty)

8契約以上見込める場合3,050円+(950円@nifty)

4契約以上見込める場合3,650円+(950円@nifty)

フレッツ光ネクストマンションタイプ

下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

16契約以上見込める場合2,300円+(950円@nifty)

8契約以上見込める場合2,900円+(950円@nifty)

4契約以上見込める3,500円+(950円@nifty)

※au one net(口座振替・クレジットカード割引100円/月)が適用されています。※上記は2年契約、2年単位自動更新の料金です。
※2年契約更新期間以外にプラン変更または解約を行った場合、契約解除料として違約金7,000円が発生します。
※フレッツ光の料金は2年自動契約更新割引、フレッツメンバーズクラブ割引が適用された料金です。

auスマートバリューの活用

スマートバリューを活用することで家族全員のauスマホ料金が一人あたり月額500円~2,000円ほど安くなりますが、適用条件を確認しないと「割引対象外」ということもあります。

スマートバリュー適用条件には、

  1. 対象となる固定電話とネットを契約している
  2. auスマホ・ケータイ・タブレットを対象プランで契約している
  3. 1.と2.の契約者住所が同一である

上記3つの条件で申し込むことができます。

最大のポイントはネット回線と固定電話が必ずセットになっていることです。

一部のケーブルテレビではテレビとネットまたは、テレビと電話のセットでスマートバリューが適用されます。

auスマートバリューについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

通信速度の比較

次にauひかりとフレッツ光の通信速度の比較を行っていきます。

前述のサービス内容の比較をもとにそれぞれの同等のサービスのスピードを比較します。

回線名プラン名最大通信速度
auひかりタイプV(VDSL方式)

下り最大100Mbps

上り最大35Mbps

タイプE(LAN方式)

下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

マンションギガ上り下り最大1Gbps
マンションミニギガ上り下り最大1Gbps
フレッツ光フレッツ光ネクストマンション・ギガラインタイプ上り下り最大1Gbps
フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ

下り最大200Mbps

上り最大100bps

フレッツ光ネクストマンションタイプ

下り最大100Mbps

上り最大100Mbps

上記の表を見るとわかるようにauひかりもフレッツ光もマンションタイプのギガ通信ではどちらも上り下り最大1Gbpsとなっています。

光配線以外の配線方式で接続されている建物ではauひかりとフレッツ光にそれほど通信速度の違いはありません。

最大73,000円キャッシュバック!お得なauひかり!

キャッシュバック

月額3,800円~!最大1Gbpsの高速インターネット!auならスマホ代が安くなる!・・・詳しく見る

auひかりマンションタイプのメリット

auひかりとフレッツ光の比較を細かく見てきましたが、では実際のところauひかりマンションタイプのメリットはどういったものなのでしょうか。

auひかりマンションタイプの大きな特徴はauスマートバリューが適用できる点にあります。

適用条件に該当しているか確認する必要はありますが、auの携帯電話を利用しているのであれば、多くの場合通信料を抑えることができるでしょう。

フレッツ光に携帯電話とのセット割プランはありませんので、auの携帯電話を利用しているならばauひかりマンションタイプを選択するべきでしょう。

他社から乗り換え時の解約違約金の相当額を還元

auひかりはKDDIが提供するサービスであることから、auスマートバリューなどと関連したおトクなキャンペーンを行っています。

特に今注目すべきおトクなサポートは2つあり、1つは他社インターネットサービスの解約違約金最大30,000円を還元してくれるというものです。

解約違約金相当をau WALLETプリペイドカードへチャージ、もしくは郵便為替で還元してもらえるサービスで、30,000円の上限を超えた場合でも、その差額分相当の金額をauひかり月額利用料から差し引いてもらえることができるというおトクなものです。

もう1つがauスマートバリューに新規でお申し込みを行うことで、au契約回線1回線につき10,260円を還元してもらえるというものです。

新規でauひかりとセットでauスマートバリューをお申込みいただいた方が対象で、au WALLETプリペイドカードへチャージして還元してくれます。

また代理店などのお申込窓口では、キャッシュバックキャンペーンも行っており、おトクに申し込むことが可能です。

ネットと電話を契約で初期費用相当額を割引

auひかりのマンションタイプ工事費用は30,000円と高額で月1,250円×24カ月の分割で請求されます。

しかし、KDDIの公式キャンペーンで、auひかりのネットと電話を同時契約することにより初期費用相当額が無料になるキャンペーンを行っています。

auひかりの正規代理店経由で高額キャッシュバック

auひかりの正規代理店は公式キャンペーンとは別に独自のキャンペーンを行っているためおトクです。

代理店によっては最大100,000円を超えるキャッシュバックキャンペーンを行っているところもあります。

以下のauひかり代理店から申し込むと135,000円の大幅還元キャンペーンを適用もできます。

auひかりなら最大135,500円還元!

auひかりがお得なポイント

  • 77,200円大幅還元キャンペーン
  • プロバイダ料金込みの3,800円~
  • 家族みんなの携帯料金から最大2,000円割引

auスマートバリューでauスマホ料金が永年割引

auではauの携帯電話やauスマートフォンとauひかりネット+電話の契約を行った方を対象にしたauスマートフォン料金の割引サービス「auスマートバリュー」を行っています。

契約プランによって割引金額と適用期間は異なります。

例えば「auフラットプラン」は、契約翌月から毎月1,000円の永年割引がされます。

「データ定額30」の場合は契約翌月から最大で2年間、毎月2,000円の割引です(3年目以降は毎月934円割引)。「auスマートバリュー」は家族にauスマホ、au携帯電話、auタブレット利用者がいれば、契約している台数分の割引を受けることができるので、家族が多かったり契約台数が多いほどおトクです。

まとめ

auひかりマンションタイプには多くの種類のサービスを提供しており、住んでいるマンションやアパートの住宅設備や総世帯数によっては一概にauひかりおトクとはいえません。

しかし、auユーザーならおトクになるポイントもたくさんあります。

まずは自分が住んでいるマンションがauひかりのどの契約プランに該当するのかを詳しく調べてみることからはじめましょう。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

最大135,500円大幅還元キャンペーン!
この窓口の人気のヒミツは最大73,000円のキャッシュバック!新規でも乗り換えでもお得な窓口なのでおススメです!月額はプランによって割引サービスを適用できるため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気です!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

株式会社25で
auひかりを申込む

株式会社25株式会社ALL CONNECTの個人情報保護方針、利用目的に同意する
個人情報の利用目的
  • 代理店株式会社25でのauひかり申し込みのため
  • 代理店株式会社ALL CONNECTでのソフトバンク携帯の申し込みのため
  • 代理店株式会社25と株式会社ALL CONNECTに対し、お客様の個人情報を提供いたします。

お申込みいただいた情報は、
株式会社25と株式会社ALL CONNECTに送信されます。

auひかり・ソフトバンク携帯の申込みが完了しました。

auひかり・ソフトバンク携帯のお申し込みありがとうございます。
ご入力いただいた情報を代理店株式会社25・オールコネクトに送信しました。
お申し込み内容のヒアリングのため、代理店より0120-260-1500120-488-512のフリーダイヤルよりお電話がある場合がございます。ご了承くださいませ。

フレッツ光ナビ限定!光回線ガイドブック

むずかしいインターネット回線選びをサポートするため、無料ガイドブックを作りました!

各回線の比較の要点をまとめただけでなく、開通までの流れや、お得なキャンペーン情報、各窓口の電話番号など情報が盛りだくさん!インターネット回線選びに悩んでいる方はぜひ読んでいただきたいです!


インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンに登録する

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事