閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光のプロバイダのおすすめは結局ドコ?ズバッと解決します!

ドコモ光のプロバイダは大きくタイプAとタイプBに分かれていて、その中から選ぶのが基本です。

とはいえ、タイプA,B合わせて26社もある指定プロバイダの中から「さぁ!選んで!」といわれてもいまいちピンと来ないですよね・・・

今回はドコモ光のプロバイダ選びで迷っている方のために、プロバイダを選ぶ基準おすすめのプロバイダをスバッとお伝えします!

ドコモ光のプロバイダ一覧と月額料金

ドコモ光では選ぶプロバイダによって、契約する料金プランが3タイプあります。

  • 「タイプA」「タイプB」 ドコモ光とプロバイダ料金がセットになったプラン
  • 「単独タイプ」    ドコモ光とプロバイダ料金が別のプラン
プランの種類月額料金対応プロバイダ
タイプA戸建て:5,200円
マンション:4,000円
・ドコモnet・ぷらら・So-net
・GMOとくとくBB・andline・excite
・Tigers-net.com・U Pa!・BIGLOBE
・DTI・エディオンネット・SYNAPSE
・TiKiTiKi・楽天ブロードバンド・ネスク
・01光コアラ・ic-net・hi-ho
タイプB戸建て:5,400円
マンション:4,200円
@TCOM・OCN・@nifty・TNC
・ASAHIネット・WAKWAK・ちゃんぷるネット
単独タイプ戸建て:5,000円
マンション:3,800円
上記以外のプロバイダを自由に選択可能

タイプA、タイプBに含まれていないプロバイダと契約したい方は「単独プラン」を選択します。

「単独プラン」はプロバイダによほどのこだわりがない限りは、料金が割り増しになるのであまりおすすめできません。

タイプAとタイプB、料金はあまり差がない

一番有名なプロバイダのOCNはタイプBに入っていますがタイプBのほうが料金が200円高いからといってタイプAよりもいいサービスが受けられるとは限りません。

では何が変わるのかというと、プロバイダそれぞれで受けられるオプションサービスや、プロバイダを経由することで変わる通信速度です。

しかし速度が変わるといってもプロバイダによる通信速度は住んでいる地域の周辺環境や、インターネット周りの機器など様々な要因によって変わるので一概に「どのプロバイダが速い」とはいえないのが現状です。

万が一、これからご紹介していくプロバイダを契約してみて遅いと感じたならプロバイダの変更も視野に入れておきましょう。

ではご紹介していきます。

IPv6 IPoE対応のプロバイダが速くなりやすくておすすめ!

通信速度でプロバイダを選びたい場合はIPv6 IPoEという通信規格に対応しているプロバイダがイチオシです。

IPv6という単語が聞きなれない方のために、IPv6 IPoEとは何か簡単に説明します。

IPv6 IPoEとは

インターネットを使うためには、必ずIPアドレスという番号がプロバイダから割り振られています。

今までは「IPv4 PPPoE」という仕組みで割り振られた約34億個もあったIPアドレスをみんなで使っていましたが、インターネットが爆発的に普及したこともあって、新しいIPアドレスを作って通信することが出来なくなってしまいました。

これがインターネット通信が遅くなる1つの要因です。

そこで新しく生み出された技術が「IPv6 IPoE」です。

IPv6 IPoEではIPv4 PPPoEよりもはるかに多い 340兆×1兆×1兆 という、ほぼ無限に近い膨大な数のIPアドレスを使えます。

渋滞している道よりも、空いている道のほうがスピードを出すことが出来ますよね。

IPv6 IPoEに対応しているプロバイダと契約すると、快適な速度でドコモ光を使うことが出来ます。

IPv6
<引用:So-net > IPv6ご利用のご案内

【関連記事】ドコモ光のIPv6って何?通信速度に不満な方はぜひ!

ですが!

実は対応しているウェブサイトがまだ少ないせいで、IPv6 IPoE方式で通信しようとしても、まだIPv6 IPoEに対応していないウェブサイトに接続する場合は5分の1の速度(最大200Mbps)でしか通信が出来ないのが現状です。

  • IPv4 IPPPoE ・・・利用者が多く通信速度が出にくい(200Mbpsの速度規制がかかる)
  • IPv6 IPoE ・・・利用者が少なく通信速度が出やすい(規制なし)しかし、まだ特定のウェブサイトしか対応していない。

結論:本当に高速通信をしたいなら「IPv4 over IPv6」対応のプロバイダを!

「特定のサイトでしか通信が速くならないのならあまりIPv6 IPoEにする意味もないのでは・・・?」

と思った方、そうではありません。

IPv4で見るページをIPv6 IPoEの速さで見ることが出来る「IPv4 over IPv6」という技術を使うことによってその問題は解決します。

つまり最大1Gbpsで快適な通信を味わいたいのならIPv6 IPoEと、更に「IPv4 over IPv6」に対応したプロバイダと契約する必要があるのです。

IPv6だけ対応しているプロバイダは多くありますが、「IPv6 IPoE」と「IPv4 over IPv6」二つとも対応しているプロバイダは以下の7社しかありません。

<「IPv6 IPoE」と「IPv4 over IPv6」に対応しているプロバイダ>

  • ドコモnet(タイプA)
  • So-net(タイプA)
  • GMOとくとくBB(タイプA)
  • BIGLOBE(タイプA)
  • IC-NET(タイプA)
  • @nifty(タイプA)
  • WAKWAK(タイプB)

この7社が通信速度から見たおすすめできるプロバイダです。

以下のサイトから申し込むとどのプロバイダでも契約出来ますし、キャッシュバックなどのキャンペーンも豪華です。
気になった方は以下のサイトをご覧くださいね。

最大93,400円割引でおトク!
スマホと光をセットでまとめて節約!

ドコモ光がおトクなポイント

  • 新規申込みでdポイントが20,000ポイントもらえる!
  • 窓口限定で最大5,000円キャッシュバック!

7社の中でも特におすすめは?

ドコモ光は遅いという声が多いようですがIPv4 over IPv6を使って通信すると改善できることがわかってきましたね。

IPv6を適用するのにもそれぞれのプロバイダによって申し込みが条件だったり専用の機器があったりと様々です。

そこで、プロバイダ別にIPv6サービスの加入条件の違いをまとめてみました。

プロバイダ名IPv4 over IPv6で通信するための条件
ドコモnet・ドコモ光ルーター01かIPv6対応ルーターが必要
So-net・IPoE(IPv6)オプションへの申し込み
・IPv6対応のルーターが必要
GMOとくとくBB・無料でレンタルできるルーターを使うことが条件
・レンタルルーターには3年間の契約期間がある
・3年以内に解約した場合10,000円の違約金がかかる
BIGLOBE・月額500円でv6プラス対応ルーターをレンタルできる
・市販のMAP-E対応ルーターでも接続可
IC-NET・v6プラス対応のルーターが必要
・レンタルする場合月額300円
@nifty・v6プラス対応のルーターかv6プラス対応のホームゲートウェイが必要
WAKWAK・IPv6対応のルーターが必要

上記のように、どのプロバイダであってもIPv6サービスへの申し込みが必要だったりIPv6へ対応しているルーターが必要になります。

正直この7社の中であればどのプロバイダを選んでも実行速度は速くなるでしょう。

大人気プロバイダ!GMOとくとくBBについて

ドコモ光のおすすめプロバイダについて調べていると、v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるGMOとくとくBBの評価が高く人気です。

対応ルーターを持っていない方は費用をかけずにインターネットをスタートできるのでGMOとくとくBBを選ぶのもいいでしょう。

GMOとくとくBBを契約する際に一つ挙げられる注意点としては、v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターのレンタルには最低利用期間が設定されていることです。

37ヶ月(3年1ヶ月)以内での解約は10,000円の違約金が発生することは頭に入れておきましょう。

ドコモ光は2年間ずつの継続契約なので、ドコモ光とGMOとくとくBBを同時に無料で解約できる期間は2度目の契約更新、49,50ヶ月目です。

GMOとくとくBBについてはこちらの記事でもまとめています。

【関連】ドコモ光をGMOとくとくBBで契約するメリット・デメリット

ドコモ光のプロバイダに関するまとめ

ドコモ光のプロバイダは自由に選択できるのが魅力の一つです。

その中でも速い通信ができる「IPv4 over IPv6」という技術に対応している7社のプロバイダがおすすめです。

  • ドコモnet(タイプA)
  • So-net(タイプA)
  • GMOとくとくBB(タイプA)
  • BIGLOBE(タイプA)
  • IC-NET(タイプA)
  • @nifty(タイプA)
  • WAKWAK(タイプB)

WAKWAK以外のプロバイダは200円安いタイプAですのでその中から選びましょう。

プロバイダにIPv6サービスの申し込みをするのを忘れないでくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る