閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光のプロバイダはどこにすべき?選び方とおすすめプロバイダ紹介

ドコモ光 選べるプロバイダ

光コラボの中でも大人気のドコモ光ですが、契約時のプロバイダ選択では26社もある中から選ぶ必要があるのでどこにしようか迷ってしまいますよね。

そこで今回はドコモ光のプロバイダ選びのポイントとおすすめプロバイダについてわかりやすく紹介していきたいと思います。

⇒【ドコモ光】どのプロバイダを選んでも最大15,000円キャッシュバックしてくれる窓口

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光のプロバイダ一覧と月額料金

ドコモ光で選択できるプロバイダは現在26社。

ドコモ光の月額料金はタイプAとタイプBとに分かれており、それぞれで選べるプロバイダが異なってきます。

タイプAが戸建て5,200円・マンション4,000円、タイプBが戸建て5,400円・マンション3,800円になっています。

まずはそのラインナップをざっくり見てみましょう。

プラン月額料金対応プロバイダ
タイプA戸建て:5,200円
マンション:4,000円
・ドコモnet
・ぷらら
・So-net
・GMOとくとくBB
・andline
・excite
・Tigers-net.com
・U-Pa!
・@nifty
・hi-ho
・BIGLOBE
・DTI
・エディオンネット
・SYNAPSE
・TiKiTiKi
・楽天ブロードバンド
・ネスク
・01光コアラ
・ic-net
・SIS
タイプB戸建て:5,400円
マンション:4,200円
・@TCOM
・OCN
・TNC
・ASAHIネット
・WAKWAK
・ちゃんぷるネット

※タイプAの「U-Pa!」は、2019年3月末をもってサービス提供終了のため、現在新規受け付けは行っていません。

このリストの中に利用したいプロバイダがない場合は「単独タイプ」となり、月額料金は戸建て5,000円・マンション3,800円、プロバイダは自分で別契約ということです。

慣れ親しんだこだわりのプロバイダや、メールアドレスを変更したくないまたは別途料金のメールプランに変更するまでもなくプロバイダ自体を維持したい場合は単独タイプにしましょう。

ただこの際「ドコモ光でも使えるプロバイダかどうか」は、事前に確認しておきましょう。

おすすめ窓口工事費無料!キャッシュバックも!
ドコモ光トップページ
携帯もインターネットもdocomoにまとめるとお得!
ドコモ光は初期工事費無料!
さらに最大15,000円キャッシュバック!
スマホとセットでスマホ料金が年最大72,000円割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ドコモ光のプロバイダの選び方

さてこのラインナップの中からどうやって最適なプロバイダを選べばいいのでしょう?



出典:ドコモ光公式サイト

リストを見てもタイプAの月額料金が200円安いことと、聞いたことのある名称のプロバイダがちらほら見受けられる程度ですよね。

では早速プロバイダ選びのポイントです。

特にこだわりがなければタイプAから選ぶ

「長年使ってきてサポート体制も良かったのでそのまま続けたい」「メールはそのまま使いたい」などの特別なこだわりがなければ、料金の安いタイプAを選びましょう。

じつはドコモ光のプロバイダ選びでタイプAとBの区分けは、ドコモ光と各プロバイダ各社間の提携上の都合だけで、利用者にとっては選択を迫られる面倒なだけのモノなんです。

選択理由は単純明快、月額料金が安い方がオトクですよね。

速度が気になる方はV6プラス対応のプロバイダを選ぶべき

それでもドコモ光の口コミを見ていると「回線速度が遅い」「夜になると使い物にならない」なんて声も多く、その原因のひとつがプロバイダであるということもよくとり上げられていますよね。

どこのプロバイダがそうなのかといっても、これには利用環境や時間帯、閲覧するサイトや光回線自体のエリアによる混み具合なども絡み、一概には判断しできないという難しさもあるんです。

そうした細かい部分をとり払い、速度が気になる場合のわかりやすいプロバイダの判断材料として「V6プラスに対応しているか」どうかという目安があります。

現在のインターネット接続方式の多くはIPv4の「PPPoE」という認証方式です。

道路に例えると「下道の渋滞」のようなもので、クルマが増えると当然渋滞しノロノロ運転になってしまいますよね。

これに対しV6プラス(IPoE方式)は「バイパスで渋滞を回避できる次世代のインターネット接続方式」です。

V6プラスについての詳細は別カテゴリーで詳しくご紹介しますが、ようするに「渋滞のない通信方式」とイメージしておけばいいでしょう。

ただこのV6プラス、対応しているプロバイダや導入しているサイトが限られているんです。

それでも無造作にプロバイダを選ぶよりその効果は明らか、ドコモ光の選べるプロバイダのなかでも「V6プラスに対応しているプロバイダを選ぶこと」がひとつのポイントです。

下り最大2Gbps!
さらに最大12万円の高額還元も!!

NURO光がお得なポイント

  • 料金コミコミで月額4,743円
  • 最大12万円の高額還元キャンペーン
  • 初期工事費が実質0円
  • 月額基本料が開始月無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割がお得

以上を踏まえておすすめプロバイダはこれだ!

さてこうなると、回線速度が気になる場合のドコモ光のプロバイダ選びは見えてきました。

早速「V6プラスに対応し、なかでもドコモ光おすすめのプロバイダ」をあげてみましょう。

So-net

まずは「So-net」です。

So-netはソニーネットワークコミュニケーションズが運営する大手老舗のプロバイダです。


出典:So-net公式サイト

So-netの提供するIPv6は正確にはV6プラスではありませんが、それに準ずる通信方式を採用しているので、回線速度面では改善効果が期待できます。

また長年のプロバイダ実績とノウハウからサポート面でも充実、ストレスの少ない対応で多くの利用者に高評価を得ています。

BIGLOBE


出典:BIGLOBE公式サイト

「BIGLOBE」もおすすめプロバイダのひとつです。

BIGLOBEは、かのNECが運営しているやはり老舗大手のプロバイダです。

NECのパソコンを買うときにBIGLOBEへの同時加入をすすめられるのもそのためです。

BIGLOBEも正確にはV6プラスではありませんが、So-netと同様それに準ずる効果が期待できるIPv6方式が利用できます。

So-netにBIGLOBE、両社ともセキュリティサービスの無料期間があるのもおすすめのポイントです。

GMOとくとくBB

さらなるドコモ光のおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」です。


出典:GMOとくとくBB公式サイト

母体となるGMOのグループ企業には、インターネット関連のさまざまなサービスを手かける企業が名を連ねています。

日本語検索サービスの「JWord」や、サイト運営時のドメイン取得・管理で有名な「お名前.COM」などもグループ企業のひとつなんです。

先にも紹介した通り「大手だから安心」とステータスは基本ですが、その上でGMOとくとくBBのおすすめポイントは、加入時のキャッシュバックキャンペーンの充実や、V6プラス対応の高速Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるという点です。

オトクに契約、月額利用料負担のコスパもプロバイダ選びのポイントです。

おすすめ窓口工事費無料!キャッシュバックも!
ドコモ光トップページ
携帯もインターネットもdocomoにまとめるとお得!
ドコモ光は初期工事費無料!
さらに最大15,000円キャッシュバック!
スマホとセットでスマホ料金が年最大72,000円割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ドコモ光を利用中でプロバイダの変更をする方法

さてドコモ光を契約する上で、せっかくなら快適なプロバイダを利用したいもの。

これから加入する場合はまだいいのですが、すでに今回のターゲット以外のプロバイダでドコモ光を利用している人もいることでしょう。

すでに使っているドコモ光のプロバイダは変更可能なのでしょうか?

安心してください、答えはイエスです。

どのプロバイダを利用しているかを確認する方法

プロバイダの変更ということは、まずは現在使っているプロバイダを知っておかなければ話になりません。

現在ドコモ光で使っているプロバイダを調べるには、まず「Mydocomo」へログインします。

Mydocomoへのログインはこちら

ログイン後は「プロバイダ」の項目で現在利用中のプロバイダが確認できます。

ログインついでに料金の請求明細の確認やオプションサービスの追加変更をしておくのもいいでしょう。

プロバイダは確認できましたか?
やはり変更が必要な場合、次の手続きに進みます。

ドコモ光のプロバイダ変更方法

ドコモ光のプロバイダを変更するには、

・電話で申し込む
・ドコモショップで申し込む
この2択です。

もちろん簡単で手っ取り早いのは電話で申し込むことです。
ドコモショップでの待ち時間や、まだまだおぼつかない光回線への窓口対応を思えば自ずと電話ですよね。

電話でのプロバイダ変更は次のインフォメーション窓口で行うことができます。

・ドコモのスマホから (市外局番なし)151
・ドコモ以外のスマホや固定電話から 0120-800-000
営業時間は9:00~20:00で年中無休

電話でまずは本人確認があるので、すぐに応えられるよう備えておきましょう。

とくに契約者以外の場合は面倒なので、できれば本人立ち合いで申し込むのが効率的です。

本人確認には、ドコモスマホの4ケタの暗証番号またはドコモ光の契約IDが必要です。

要件については「プロバイダを変更したい」と、希望のプロバイダを告げるだけ。

既存のプロバイダに連絡する必要はないので、変更手続き自体はすぐに終わります。

まとめ

ドコモ光の選ぶべきプロバイダについて紹介してきましたがいかがでした?

プロバイダ自体の知名度や申込窓口でのおすすめに頼りがちなプロバイダ選びですが、少しばかりこだわれば、よりオトクで快適なネットライフに一歩前進ですよ。

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金イメージのご相談を!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事