閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

ドコモ光のプロバイダ全25社を比較!おすすめプロバイダを紹介

ドコモ光 選べるプロバイダ

光コラボレーションのドコモ光では、全26のプロバイダの中からプロバイダを選択できます。

選択肢がたくさんあるのは嬉しいことなのですが、どれを選んでよいのか悩んでしまいますよね。

そこですべてのプロバイダを比較し、どのプロバイダを選ぶべきなのかまとめました。

ドコモ光の利用を検討している方、そして、ドコモ光をすでにご利用中でプロバイダの変更を検討している方は、ぜひご覧ください。

ドコモ光のプロバイダは全26種類!タイプ別プロバイダを紹介

ドコモ光には、契約タイプがタイプAとタイプB、タイプC、単独タイプの4つあります。

このうちタイプCはケーブルテレビとの提携プランですので、特定のエリアにお住まいの人しか利用できません。

ドコモ光を利用するなら、お得な料金体系が適用されるタイプAの20のプロバイダ、あるいは、タイプBの6つのプロバイダの中から選ぶことをおすすめします。

タイプAのプロバイダ

タイプAは、以下の20のプロバイダが利用できます。

引用:ドコモ光 プロバイダー一覧

GMOとくとくBBやぷららなど、ドコモ光で特に人気のプロバイダは全てタイプAとなっています。

U-Pa!は2019年3月31日で提供終了

ドコモ光タイプAのプロバイダ・U-Pa!は2019年3月31日でサービスを終了します。

ドコモ光を長く使い続けるなら、U-Pa!以外のプロバイダから選んでください。

タイプBのプロバイダ

ドコモ光のタイプBは、以下の6つのプロバイダが属します。

ドコモ光プロバイダ引用:ドコモ光 プロバイダー一覧

OCNなどの大手プロバイダがタイプBに属していますが、タイプBに属しているからと言ってタイプAのプロバイダよりもメリットがあるというわけではありません。

単独タイプではドコモ光と提携していないプロバイダと契約可能

ドコモの4つの契約タイプのうち、単独タイプはドコモ光と提携していないプロバイダと契約するプランです。

なお、タイプAやタイプBとは異なり、プロバイダ料金と回線料金がセットにならず、料金が割高になってしまいます。

好きなプロバイダを選択できるというメリットはありますが、割高になってしまいますので、できればタイプAかタイプBのプロバイダを選ぶことをおすすめします。

ドコモ光のプロバイダ料金とは?お得なのはタイプA

ドコモ光の料金は、契約タイプ別に以下のとおりです。

契約タイプ
戸建て
マンション
タイプA
5,200円
4,000円
タイプB
5,400円
4,200円
単独タイプ
(別途プロバイダ料金が必要)
5,000円
3,800円
タイプC
5,200円
4,000円

※料金はいずれも税抜き表示です。単独タイプ以外は、プロバイダ料金が含まれています。

プロバイダ料金が含まれているケーブルテレビ以外のプランでは、タイプAがもっともお得なプランと言えますね。

タイプ別に性能の違いはない

タイプAとタイプBの違いは単に料金が違うというだけですので、タイプAよりも200円増しタイプBのプロバイダの方が優れているというわけではありません。

お得なタイプAのプロバイダの中から選ぶようにしてくださいね。

ドコモ光のプロバイダの選ぶ場合に重要な3つのポイント

ドコモ光のプロバイダを選ぶときは、料金・キャンペーン・通信速度の3点に注目するようにしてください。

料金はタイプAを選べば最安値です。

キャンペーンと通信速度の選び方について見ていきましょう。

ドコモ光のプロバイダ全26社のキャンペーンを比較!

キャンペーンで選ぶなら、ルーターレンタル無料や15,000円のキャッシュバック等、もっとも豊富なキャンペーンを実施しているGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBはタイプAのプロバイダですので、料金もお得です。

プロバイダ名
料金タイプ
独自キャンペーン・キャッシュバック
ドコモnet
A
  • ドコモ光ルーター01購入とサポートに加入でdポイント10,000ptプレゼント
OCN
B
  • IPoE(無線LAN付き)ルーターレンタル無料
  • ホームセキュリティが無料
  • OCN開通とことんサポート
  • 創業セキュリティサポート12カ月間無料
ぷらら
A
  • 15,000円キャッシュバック
  • dポイント30,000ptプレゼント
エディオンネット
A
  • 「エンジョイ!ブログ」が無料
BIGLOBE
A
  • BIGLOBEスマホとのセット割
  • BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光が最大12カ月無料
  • IPv6接続対応 高速Wi-Fiルーターが0円
So-net
A
  • v6プラス対応ルーター無料レンタル
  • 15,000円キャッシュバック
GMOとくとくBB
A
  • v6プラス対応ルーター無料レンタル
  • 15,000円キャッシュバック
  • インターネット安心セキュリティ1年間無料
  • dカードGOLDの公式特典
  • Amazonギフト券5,000円分プレゼント
BB.excite
A
  • ブログ(1GBまで) 無料
楽天ブロードバンド
A
  • セキュリティ対策が最大12ヶ月無料
@TCOM
B
  • ホームページエリアレンタルサービス無料
TNC
B
AsahiNet
B
DTI
A
Tigers-net
A
@ネスク
A
  • ブログサービス無料
01光コアラ
A
SIS
A
  • セキュリティソフト永年無料
  • 訪問サポート初回無料
U-Pa!※終了予定
A
hi-ho
A
@nifty
B
  • ウイルスサービス・セキュリティソフト12カ月間無料
WAKWAK
B
TikiTiki
A
  • dポイント最大10,000pt進呈
  • ドコモ光の定期契約プラン更新でdポイント3,000pt進呈
Ic-net
A
  • Wi-Fiルーター無料レンタル
  • セキュリティソフト・サポートサービス
  • 訪問サービス36か月無料
SYNAPSE
A
andline
A
  • セキュリティソフト12か月無料
ちゃんぷるネット
B
  • 無料出張サポートサービス

人気プロバイダ5社の実測速度評判を確認

タイプAの中でも特に人気のプロバイダ4社とタイプB1社の通信規格と評判について探っていきましょう。

ドコモnet

通信規格:IPv4 over IPv6

下り250Mbps超えですよ。これなら快適にオンラインゲームも動画視聴も楽しめますね

平均500Mbps超えですね。

ぷらら

通信規格:IPv6に対応

通信速度の評判は悪いようです…。

まさかのKbpsですよ!これでは通常のサイト閲覧でも時間がかかりそうですね。

So-net

通信規格:v6プラス

納得できるレベルで何よりです。

たしかに上り速度が異常に速いですね。画像送信などは快適そうです。

GMOとくとくBB

通信規格:v6プラス

上りも下りも400Mbps超えですよ!これは嬉しいですね。

こちらは500Mbps超えですよ!超高速通信といっても言い過ぎではないですね。

OCN

通信規格:OCNv6アルファ

800Mbps超えとは!理論上の最大速度(1Gbps)の近くまで出ています!

契約内容が同じでも、利用する地域によって速度差があるみたいですね。

ドコモ光のプロバイダを選ぶ際はv6プラス対応を選ぼう

v6プラスを利用すると、IPv6対応サイトだけでなくIPv4対応サイトでもIPoE方式で接続できるため、通信速度の大幅な改善が期待できます。

ドコモ光のプロバイダを選ぶときは、v6プラス対応のプロバイダを選びましょう。

先程紹介したプロバイダの中ではSo-netとGMOとくとくBB、OCNでv6プラスを利用できますので、どのプロバイダか迷ったときは、この3つのプロバイダから選んでみてましょう。

ドコモ光のプロバイダおすすめはGMOとくとくBB・So-net・OCN

ドコモ光の26の提携プロバイダの中でも、特におすすめなのがv6プラスで高速通信が期待できるGMOとくとくBBとSo-net、OCNです。

それぞれの特徴とメリットについて見ていきましょう。

ドコモ光のプロバイダにGMOとくとくBBを選ぶメリット

GMOとくとくBBの最大のメリットは、何と言っても高性能なWi-Fiルーターを無料でレンタルできるという点にあります。

無期限でレンタルできますので、GMOとくとくBBを使い続ける限り、ルーターを購入する必要がありません。

また、ドコモ光の提携プロバイダの中でも最高額のキャッシュバックが受けられる点も、GMOとくとくBBの大きなメリットです。

次の記事でもGMOとくとくBBの魅力を分析していますので、ぜひご覧ください。

ドコモ光のプロバイダにSo-netを選ぶメリット

So-netもWi-Fiルーターが無料でレンタルでき、しかも、15,000円のキャッシュバックが受け取れます。

しかも、申し込むタイミングによってはカスペルスキーのセキュリティサービスが無料で利用できることもありますので、さらにお得ですよ。

ドコモ光のプロバイダにOCNを選ぶメリット

OCNはタイプBのプロバイダですので、GMOとくとくBBやSo-netと比べると月額料金が200円増しになってしまうというデメリットがあります。

しかしながら、Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるだけでなく、セキュリティサービスが充実していますので、200円増しでも敢えて申し込むだけの価値があるプロバイダと言えるのです。

次の記事でもOCNの魅力を解析していますので、ぜひご覧ください。

ドコモ光のプロバイダにぷららを選ぶのはおすすめしない

NTTコミュニケーションズのグループ企業でもあるぷらら。

安心して使える良いプロバイダですが、速度が遅いという声があり、あまりおすすめはできません。

キャッシュバックはたしかに魅力的ですが、キャッシュバックなら、GMOとくとくBBやSo-netなどでも実施しています。

しかも、v6プラスにより高速通信も期待できますので、せっかくならキャッシュバックもv6プラスも両方手に入るプロバイダを選ぶようにしてください。

ドコモ光の初期設定はプロバイダごとに若干違うため注意しよう

ドコモ光の初期設定方法は、プロバイダによって異なります。

プロバイダから送付されるマニュアルをしっかりと読み、設定手続きを進めていきましょう。

プロバイダごとに違うのは認証方式・DNSアドレス設定・発信者番号の通知

プロバイダによって、認証方式かDNSアドレス方式、発信者番号の通知方式のいずれかの方式で初期設定を行います。

設定がうまくいかないときは、各プロバイダで提供している出張サポートを利用しましょう。

最初から出張サポートを利用することを見越して、出張サポートの初回費用が無料のプロバイダを選ぶという手もありますよ。

ドコモ光のプロバイダを変更する方法

ドコモ光の契約はそのままで、プロバイダだけを変更できます。

ドコモ光に電話(局番なしの151あるいは0120-800-000)するか、ドコモショップでプロバイダ変更を申し込んでください。

現在ドコモ光で利用しているプロバイダの確認方法

現在、ドコモ光で利用しているプロバイダが何かを知りたい方は、次の手順で調べましょう。

  1. My docomoを開く。
  2. 契約内容の確認・変更を開く。
  3. ドコモ光の契約内容確認・変更画面でプロバイダ名を確認する。

ドコモ光のプロバイダを解約する方法

ドコモ光を解約する時やプロバイダ変更をする時に、プロバイダの解約手続きが必要です。

ただし、タイプAやタイプBの提携プロバイダを利用しているときは、ドコモ光を解約すると同時にプロバイダも自動的に解約されますので、プロバイダの解約手続きは不要です。

しかし、プロバイダ変更をするときは、通常は自動的に旧プロバイダは解約されますが、hi-hoやTikiTikiなどの一部のプロバイダは自動解約されないことがあります。

無用な料金を発生させないためにも、かならずプロバイダ変更したときは、旧プロバイダのカスタマーセンターに電話をかけ、解約する旨を伝えてくださいね。

ドコモ光のプロバイダは解約違約金が発生する場合がある

プロバイダによっては、解約時に解約違約金を請求されることもあります。

また、プロバイダ変更するときは、プロバイダの解約違約金とは別に、ドコモ光に事務手数料(税抜き3,000円)を支払うこともあります。

※単独タイプのプロバイダからタイプA・Bのプロバイダに変更するときは、事務手数料は不要です。

まとめ

ドコモ光の提携プロバイダはたくさんありますが、接続方式や料金、キャンペーンを比較すれば、申し込むべきプロバイダはおのずと限られます。

ドコモ光のおすすめプロバイダは、無料でWi-Fiルーターがレンタルでき、なおかつv6プラスが利用できるGMOとくとくBB・So-net・OCNです。

長く快適に使い続けるためにも、しっかりと比較して最適なプロバイダを選んでくださいね。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る