閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

WiMAXのクレードルがオススメなのはどんな人?機能や購入方法を解説!

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

WiMAXクレードル便利機能

WiMAXを契約する際、クレードルとは何か気になったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレードルとは、WiMAXルーターで有線接続を利用するための機器で、充電スタンドとしての役割も果たしてくれる便利なアイテムなのです。

また、WiMAXの端末を固定回線用の無線LANルーターにできるツールでもあり、幅広い使い方ができますよ。

クレードルで有線接続をして、もっと便利にインターネットを利用したいとお考えの方には、特にオススメの機器です。

本記事では、WiMAXのクレードルのメリット・デメリットを解説したうえで、クレードルが必要なのはどんな人なのかを説明します。

また、機能や価格、購入方法についても解説していきますので、クレードルを買うべきか悩んでいる方は必見です!

WiMAXのクレードルとは何か

WiMAXのクレードルとは、WiMAXルーターの付属機器で、以下のようなことに利用できます。

  • WiMAXルーターの充電スタンドとして使える
  • クレードルと機器を有線接続して使える

WiMAX WX05 クレードル
引用:Speed Wi-Fi NEXT WX05|UQコミュニケーションズ

上記画像を見てみると、携帯電話の充電スタンドのような見た目ですよね。

しかしクレードルは、充電はもちろん、WiMAXルーターと接続デバイスを有線で接続することで、より安定した通信を行ったり、Wi-Fi非対応の機器でも接続したりすることができます。

なお、クレードルは通常、別途購入が必要となります。

WiMAXルーター本体に付属しているわけではないので注意が必要です。

また、1つのクレードルに対しては1つのルーターしか対応していませんので、たとえばWX05のクレードルでW05のルーター本体を取り付けて使うことはできません。

WiMAXのクレードルのメリット・デメリット

WiMAXでクレードルを使うメリットは以下の4つです。

  • WiMAXで有線接続ができるようになる
  • WiMAXとクレードルを利用することで固定回線を無線化できる
  • クレードルを利用してWiMAX端末を充電できる
  • PS4やswitchも楽しめる

また、クレードルを利用する際は以下のようなデメリットもあります。

購入前にご一読のうえ、自分には本当に必要かを考えましょう。

  • クレードルの購入料金がかかる
  • クレードルのセット購入でキャッシュバックが少なくなる場合も

【メリット】WiMAXで有線接続ができるようになる

WiMAX 有線接続
引用:UQコミュニケーションズ

クレードルには有線LANポートがついているので、利用すればWiMAXに有線で接続できるようになります。

デスクトップパソコンや、旧型のノートパソコンなど、Wi-Fi接続ができない機器をWiMAXに接続したい場合に便利ですね。

有線接続をすることでインターネット接続の安定が期待できる

有線接続を行うことで、電波を拾って利用するWi-Fi接続よりも通信状態が安定させることができるというメリットがあります。

接続デバイス⇔WiMAXルーター間のWi-Fi接続が安定していない状態の場合、クレードルを使って有線接続をすると通信速度が安定する可能性がありますよ。

ただ、WiMAXルーター⇔インターネット間は、基地局からの電波を受信して通信しているので、こちらの通信が不安定でもインターネットが遅くなります。

したがって、クレードルを利用することで無条件に通信が安定するとは限らないことには注意してくださいね。

【メリット】WiMAXとクレードルを利用することで固定回線を無線化できる

自宅やホテルなどで固定回線の環境しかないという場合にも、クレードルは役に立ちます。

クレードルは、固定回線用のルーターと接続することで、無線LANルーターとしても使えるのです。

自宅に固定回線を引いているのであれば、ONU(またはモデム)にクレードルを接続すれば、即席のWi-Fi環境ができあがります。

ホテルや空港などで、固定回線だけがあるような場合でも、LANケーブルにクレードルをつなげば無線LAN環境を作れます。

出張や旅行などで、有線の環境しかないような場所に行くことが多いのであれば、購入を検討してもいいでしょう。

【メリット】クレードルを利用してWiMAX端末が充電できる

クレードルはWiMAXルーターの充電スタンドとしても利用できるアイテムです。

WiMAXの端末を充電するときは、micro USBケーブルを端子に差し込むのが一般的な方法です。

しかしクレードルがあれば端末の端子に充電ケーブルを差し込む必要がなく、クレードルに置くだけで充電ができます。

ただし、クレードルを使っていると、WiMAXの端末が常に充電される状態になるため、過剰な充電をしないように気をつけてください。

充電をした状態でモバイルルーターを利用することで、バッテリーに負荷がかかり寿命が縮まってしまいます。

【メリット】PS4やswitchも楽しめる

クレードルがあれば、PS4やNintendo Switchを有線でインターネットに接続することも可能です。

ただし、WiMAXは電波を拾って通信する特性上、固定回線と比べるとどうしてもタイムラグや遅さが気になってしまうことは否めません。

オンラインゲームの対戦プレイなど、安定した通信が向いているゲームをするのなら、固定回線を使うことをおススメします。

【デメリット】クレードルの購入料金がかかる

クレードルは、WiMAXルーター本体とは別途で購入料金がかかります。

クレードル単体で購入する場合もあれば、GMOとくとくBBのように、端末とクレードルがセットで販売されている場合もあります。

また、端末0円のキャンペーンが展開されているプロバイダーであっても、クレードルについてはキャンペーンが適用されませんので注意しましょう。

【デメリット】クレードルのセット購入でキャッシュバックが少なくなる場合も

プロバイダーでクレードルを購入すると、受け取れるキャッシュバックが少なくなる場合があります。

上記の理由は、キャッシュバックとして用意されている金額の一部が、クレードルの費用に充てられるからです。

たとえば、GMOとくとくBBでWiMAXを契約する場合、クレードルをセットで購入するとキャッシュバックが3,500円減額されます。

GMOとくとくBB クレードル購入有無によるキャッシュバックの金額は、以下の表もチェックしてみてくださいね。

購入する機種 クレードルの購入有無 キャッシュバック
WX05 本体のみ購入 31,000円
本体+クレードルを購入 28,000円
W05 本体のみ購入 36,150円
本体+クレードルを購入 31,950円

WiMAXのクレードルがオススメなのは有線接続したい人!

WiMAXのクレードルが必要なのかどうかが分からないという方は、以下に当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

  • WiMAXを有線接続で利用したい
  • 出張先のホテルなど、有線接続しかできない環境でWi-Fiを使いたい
  • サッと置くだけで充電できる環境がほしい

WiMAXのクレードルの最大のメリットは、デバイスを有線でWiMAXに接続できることです。

デスクトップパソコンや、旧型のノートパソコンなど、有線用のLANポートしか実装されていない機器をWiMAXで接続したい場合にはとても役に立つでしょう。

Wi-Fiに対応しているPCであっても、有線接続をすることで通信を安定させることもできます。

さらに、外出先でLANケーブルやLANポートなど、有線しか使えないような環境の場所であっても、クレードルがあれば即席の無線環境を作ることができるのもメリットです。

上記のような状況の方は、クレードルがあれはインターネットを快適に利用する助けになるでしょう。

クレードルが不要なのはWi-Fi接続のみで十分な人

逆に、以下の3つに当てはまる人は、クレードルを購入する必要がありません。

  • Wi-Fiがあれば十分(Wi-Fi未対応のデバイスは持っていない)
  • USBケーブルでの充電が習慣付いている
  • すでに無線LANルーターを持っている

クレードルがあることの最大のメリットは、WiMAXのルーターで有線接続が利用できるようになることです。

なので、Wi-Fiだけあれば十分な人にとって、クレードルは必要ではないでしょう。

また、日頃からUSBケーブルで充電する習慣が身に付いている人にとっても、クレードルを使うメリットはありません。

さらに、すでに固定回線+無線LANルーターの環境で利用している人であれば、わざわざWiMAXルーターを無線LANルーター代わりにする意味はありません。

WiMAXのクレードルはW05・WX05・WX04で使える!スペックや評判

WiMAXのクレードルは種類や端末の機種によって性能やサイズが違います。

本記事では、以下の3機種のクレードルのスペックについて解説していきます。

  • WX05
  • W05
  • WX04

なお、クレードルは機種ごとの専用モデルなので、他のモバイルルーターでの流用はできません。

WiMAXルーターそのものについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてチェックしてくださいね。

W05の専用クレードルのスペックと評判

WiMAX W05クレードル
引用:Speed Wi-Fi NEXT W05クレードルセット

W05専用クレードルのスペック表
商品コード HWD36PUU
電源 DC 5V、1.8A
インターフェース USB2.0(Type-C USB端子)
外形寸法 幅約130mm×高さ約31.8mm×厚さ約53mm
(ゴム足含む)
重さ 約75g
有線LANポートの規格 RJ-45 IEEE802.3
伝送速度 100Mbps/1000Mbps(自動判別)

W05専用のクレードルには、以下2つの特徴があります。

  • 最大1000Mbpsに対応
  • すっきりしたデザイン

通信速度は申し分なく、デザインもすっきりしているので部屋に置いても違和感がありませんよ。

W05の評判をチェック!速度は申し分なし!

W05専用クレードルの使い心地にはどのような評価があるのかもチェックしてみましょう。

2018年1月~2019年5月までで「W05 クレードル」のキーワードで抽出された33件のツイートをチェックしてみました。

その結果、通信速度が向上した具合はケースバイケースでしたが、もちろん速くなったという意見もありました。

以下はその一例です。


※2019年5月 Twitter調べ

また、以下の通り3倍以上のスピードになった事例もあります。


※2019年5月 Twitter調べ

クレードルを使っても、速度はあまり変わらなかったという意見も。


※2019年5月 Twitter調べ

環境や条件によって、クレードルの効果は様々のようですね。

また、注意点として、W05専用のクレードルには拡張ガイドが付いていないことがあります。

なので、置き場所を工夫しないとWi-Fi接続時の通信速度が向上しない恐れがあります。

拡張ガイドは、デバイスとのWi-Fi接続の安定性を向上させるパーツで、Wi-Fiの速度の安定性向上にも期待ができるものです。


※2019年5月 Twitter調べ

WiMAXは、通信速度はルーターを置く場所で左右されます。

クレードルを使う場合でも、ルーターは窓際などに置きましょう。

WX05の専用クレードルのスペックと評判

WX05 クレードル引用:Speed Wi-Fi NEXT WX05|UQコミュニケーションズ

WX05専用クレードルのスペック表
商品コード NAD35PUU
電源 DC5
インターフェース USBコネクタ(Type C)
外形寸法 約135(W) x 61(H) x 58(D) mm
重さ 約102g
有線LANポートの規格 1000BASE-T/100BASE-TX
伝送速度 1000Mbps/100Mbps

WX05専用のクレードルには以下の特徴があります。

  • 最大1000Mbpsに対応
  • すっきりしたデザイン
  • 拡張ガイドが付いている

拡張ガイドが付いている点もWX05専用クレードルならではの特徴です。

拡張ガイドはデバイスとのWi-Fi接続の安定性を向上させるパーツで、Wi-Fiの速度の安定性向上にも期待ができますよ。

WX05の評判をチェック!速度は申し分なし!

WX05専用クレードルの口コミをチェックしてみましょう。

2018年1月~2019年5月までで「WX05 クレードル」のキーワードで抽出された34件のツイートをチェックしてみました。

その結果、通信速度が速くなった、満足したという口コミの方も多くいらっしゃいました。


※2019年5月 Twitter調べ

しかし、クレードルを利用したのに、インターネットに接続できなくなった事例や、速度があまり変わらないという意見もちらほらですが見られました。


※2019年5月 Twitter調べ

上記のツイート主の場合、WiMAX端末を再起動させると一時的に不具合が解消されるようです。

しかし、頻繁に接続不良が起きる場合は初期不良の可能性もあるので、販売店やプロバイダに相談したほうがいいでしょう。

WX04の専用クレードルのスペックと評判

WX04クレードル 拡張ガイド付き引用:Speed Wi-Fi NEXT WX04|UQコミュニケーションズ

WX04専用クレードルのスペック表
商品コード NAD34PUU
ACアダプタ接続ポート USBコネクタ(Type-C)(レセプタクル)
物理インターフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)
外形寸法 幅約122mm×高さ約64mm×厚さ約55mm
重さ 約94g
有線LANポートの規格 1000BASE-T/100BASE-TX
伝送速度 1000Mbps/100Mbps

WX04専用クレードルには、以下3つの特徴があります。

  • 最大1000Mbpsに対応
  • すっきりしたデザイン
  • 拡張ガイドが付いている

通信速度のクオリティと置きやすさは他機種の専用クレードルと共通していて、拡張ガイドが付いているのもポイントです。

拡張ガイドが付いていると、Wi-Fiの通信速度も向上するのではないかと期待したくなりますね。

しかし、WX04はWiMAXハイパワーに対応していない機種で、電波の受信感度が劣っているため、クレードルを利用しても、有線とWi-Fiのどちらの通信速度が思ったほど向上しません。

WX04を利用していて速度が遅いと感じる場合は、クレードルを使うよりも他の機種へ変更することをオススメします。

WX04の評判をチェック!速度は申し分なし!

WX04専用クレードルは、WX05の登場で機器本体とともに旧機種となりましたが、評判はどうなのかが気になりますよね。

そこで、2018年1月~2019年5月までで「WX05 クレードル」のキーワードで抽出された14件のツイートをチェックしてみました。

速度に満足している、速くなったという口コミは5件ほど見られました。

以下はその一例です。


※2019年5月 Twitter調べ

OSのアップデートも難なくできるという情報は見逃せませんね。

大容量でも安定した速度でデータのやり取りができるのは心強いです。


※2019年5月 Twitter調べ

WX02からWX04に乗り換えたけど速度に変化がなかったという方も。

速度が向上しない原因が他にある可能性が考えられます。

当サイトの、WiMAXが遅いときに試した方がいいことを紹介した記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

注意!最新機種W06には専用クレードルがない

WiMAXルーターの最新機種は、W05の上位機種であるW06です。

ただし、W06には専用クレードルが発売されていません。

理由としては、USBケーブルを介して1Gbps以上の速度を提供できるためにそもそもLANケーブルによる有線接続が最適な方法ではなくなった、有線接続自体がニーズが減っている、などが挙げられます。


※2019年5月 Twitter調べ

上記の通り、W05のクレードルを流用できないかと考える方もいらっしゃるようですが、実際にできなかったようです。

そもそもメーカーとしてクレードルの流用は推奨していませんので注意してくださいね。

WiMAXでクレードルを利用する場合の購入方法と金額

クレードルを購入する方法は以下の2通りあります。

  • 契約しているプロバイダーで購入する
  • 市販で購入する

プロバイダーでクレードルを購入する場合、契約している事業者ごとに販売価格は異なりますが、3,500円から3,686円が相場です。

◆WiMAXのプロバイダー別のクレードル販売価格

プロバイダー 販売価格(税抜)
GMOとくとくBB 実質3,500円
@nifty 3,565円
BIGLOBE 3,686円
BroadWiMAX 3,686円
So-net 3,686円
DTI 3,553円
novas WiMAX 不明
UQ WiMAX 3,500円

市販でクレードルを購入するときは、楽天やamazon、ヨドバシなどのショッピングサイトをおススメします。

ショッピングサイトでは、おおよそ2000円から4000円ほどでクレードルが販売されており、公式ルートでの購入よりも安く買える場合もあります。

プロバイダーよりも安い値段でクレードルを買いたい人は、各ショッピングサイトをチェックしてみてくださいね。

【注意】プロバイダーでクレードルを購入するとキャッシュバックが少なくなる可能性がある

プロバイダーでクレードルを購入すると、受け取れるキャッシュバックが少なくなる場合があります。

上記の理由は、キャッシュバックとして用意されている金額の一部が、クレードルの費用に充てられるからです。

たとえば、GMOとくとくBBでWiMAXを契約する場合、クレードルをセットで購入するとキャッシュバックが3,500円減額されます。

GMOとくとくBB クレードル購入有無によるキャッシュバックの金額は、以下の表もチェックしてみてくださいね。

購入する機種 クレードルの購入有無 キャッシュバック
WX05 本体のみ購入 31,000円
本体+クレードルを購入 28,000円
W05 本体のみ購入 36,150円
本体+クレードルを購入 31,950円

WiMAXとクレードルの有線接続でもっと快適で便利に!使い方を紹介

クレードルを使ってWiMAXで有線接続を行うときは、下記の流れで設定を行います。

WiMAXを有線で利用する方法について詳しく紹介した記事もありますので、あわせて参考にしてくださいね。

  1. WiMAXルーターとクレードル、LANケーブルを用意する
  2. WiMAXにクレードルを接続する
  3. パソコンや自宅のネット回線に接続する

WiMAX・クレードル・LANケーブルを準備する

WiMAXで有線接続を利用するには、WiMAXルーターとクレードル、そしてLANケーブルが必要です。

LANケーブルは家電量販店やショッピングサイトで購入できますが、用意するときは規格に注意してください。

LANケーブルには以下のような規格があり、対応している規格で通信速度が変わります。

家電量販店やショッピングサイトに売られている新品であれば、ほぼ最新の規格に対応したLANケーブルばかりなのであまり心配することはありません。

念のため規格を確認しておくくらいでいいでしょう。

WiMAXは、最大で440Mbpsから708Mbpsまでの下り速度が出せます。

有線で接続する場合、CAT6かCAT5eに対応しているLANケーブルを用意してください。

規格 通信速度 伝送帯域
CAT8 40Gbps 2000MHz
CAT7 10Gbps 600MHz
CAT6A 10Gbps 500MHz
CAT6 1Gbps 250MHz
CAT5e 1Gbps 100MHz
CAT5 100Mbps 100MHz

WiMAXをクレードルに設置する

必要な準備物が用意できたら、クレードルにWiMAXルーターを取り付けます。

クレードルは充電スタンドのような形をしているので、置く感覚でWiMAXを取り付けられます。

クレードルにWiMAXのルーターを付けると、端末が充電状態になります。

帰宅する度にWiMAXをクレードルに付けておけば、充電忘れの予防ができますよ。

ただし、充電しながら利用したり、充電が完了してもクレードルに置きっぱなしになっていると、バッテリーが過負荷状態となり劣化が早まる原因にもなりますので注意してくださいね。

クレードルとデバイスをLANケーブルで接続する

クレードルにWiMAXのルーターを取り付けたあとは、有線接続を利用したいデバイスとクレードルをLANケーブルでつなぎましょう。

LANケーブルでデバイスとクレードルをつなげば、設定は完了です。

デバイス側で、特に何かを設定する必要もありません。

デバイス上でインターネットに接続できるかどうかを確認しましょう。

ちなみに、自宅に固定回線を引いている場合、ONUやモデムにクレードルを付ければWiMAXの端末が無線LANルーターとして機能します。

スイッチングハブで複数台のパソコンを有線接続できる

クレードルのLANポート
引用:WX05クレードル(NECPF製)|UQコミュニケーションズ

クレードルにはLANポートが1つしかないので、有線接続が利用できるデバイスは1台に限られてしまうのが難点です。

しかし、クレードルにスイッチングハブをつなげば、同時に複数のデバイスで有線接続が使えて便利ですよ。

クレードルにつなげるスイッチングハブ引用:amazon

スイッチングハブを用意する際は、LANポートの規格が1000BASE-Tのものを選びましょう。

LANポートの規格が1000BASE-Tになっていれば最大1000Mbpsまでの速度に対応でき、速度の安定性がより高まります。

最近のスイッチングハブであれば、ほぼすべてのもので1000BASE-Tに対応していますのでまず心配することはありません。

念のため、スイッチングハブのパッケージに、「1000BASE-T対応」「ギガ対応」などの文言があるかチェックすると安心ですよ。

スマホ・タブレットを有線接続したい場合はUSBポートを使おう

スマホやタブレットにはLANポートがないので、有線接続が利用できません。

しかし、USB有線LAN変換アダプタを用意すれば、スマホやタブレットでも有線接続を使えます。

USB有線LAN変換アダプタは、Amazonなどで2,000円程度で販売されています。

USB有線LAN変換アダプタ引用:amazon

WiMAXを活用してスマホの料金を抑える方法について解説した記事もありますので、あわせて参考にしてくださいね。

まとめ

WiMAXのクレードルを購入した方がいいのは、以下のような人です。

  • WiMAXを有線接続で利用したい
  • 通信の安定性を少しでも向上させたい
  • 出張先のホテルなど、有線接続しかできない環境でWi-Fiを使いたい
  • サッと置くだけで充電できる環境がほしい

クレードルは幅広い用途で使える優れものですが、Wi-Fiしか利用しない人やUSBケーブルで充電を行いたい人には必要ありません。

クレードルは3,000円代と手頃な価格で販売されていて、拡張ガイドが付いていればWi-Fiの通信状態を向上させられる可能性もあります。

クレードルを購入するべきか悩んでいる人は、上記条件にあてはまっているかをチェックしたうえで検討するようにしましょう。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」