閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

ドコモユーザー必見!ドコモ光の料金プランを徹底解析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドコモ光は、NTT東日本および西日本が提供する光コラボレーションによってサービスが開始された高速インターネット通信サービスです。従来のフレッツ光のサービスと比較して、月額利用料金が割安になったり、ドコモ携帯の利用料がお得になる特典が用意されています。

そこで今回は、ドコモ光の料金プランと工事費についてご紹介します。

ドコモ光の料金プラン:タイプ別

ドコモ光の料金は、契約するプロバイダによって「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」に分かれています。
タイプAは、ドコモnet、プララ、So-Net、BIGLOBEなど18社、タイプBはASAHIネット、@nifty、ocnなど7社と提携されています。

単独タイプは、タイプAとタイプBに含まれないプロバイダを利用する場合の料金プランです。
タイプAおよびタイプBは、プロバイダ料金込みの月額利用料金ですが、単独タイプは契約するプロバイダ料金が別途必要となります。

タイプ別対応プロバイダ

タイプA
ドコモnet、plala、biglobe、So-net、DTI、hi-ho、BB-excite、エディオンネット、
SYNAPSE、楽天ブロードバンド、01光コアラ、ANDLINE、U-Pa!、Tigers-net.com、
@ネスク、TiKiTiKi、GMO、@Ic-net
タイプB
OCN、ASAHINET、WAKWAK、TCOM、@nifty、TNC、@ちゃんぷるねっと

上記に記載されている以外のプロバイダと契約する場合は、「単独プラン」での契約となります。
また、ケーブルテレビをご利用中の一部地域(三重県)に限った「タイプC」もあります。

インターネットのみを利用する場合の月額料金(※2年自動契約)

タイプA
タイプB
単独タイプ
マンション
4,000円
4,200円
3,800円
戸建
5,200円
5,400円
5,000円

※2年自動契約を選択しない場合は、マンションで1,000円、戸建で1500円が加算されます。

月額利用料金が安い!【ドコモ光ミニ】

インターネットを普段あまり使わない方には、「ドコモ光ミニ」がおすすめです。
ドコモ光ミニは、一戸建てにお住まいの方限定で、月額利用料金を2段階定額制に設定しているプランです。
インターネットをあまり使わない月は2,700円の基本料金で、たくさん使った月でも5,700円の上限金額までとなります。

月々のデータ使用料の目安としては、200MB以内であれば基本料金となりますが、200MBを超えると10MBあたり基本料金に30円が加算される仕組みになっています。
データ使用料の上限は1200MBに設定されており、それ以上は加算されることはありません。
1日数時間程度のWEBページの閲覧やメールの送信であれば、問題はないといえます。

ただし、ドコモ光の2年自動契約が前提となり、契約期間を設定しない場合は月額利用料金が2,000円加算されます。
また、ドコモ光ミニの月額利用料金には、プロバイダ料金が含まれていないので、別途契約するプロバイダ料金が必要です。

ドコモ光パックでお得に割引!ドコモ携帯・スマホの月額利用料金

ドコモ光には、ドコモユーザーにとって月々の携帯利用料金がセットでお得な「ドコモ光パック」が用意されています。
ドコモ光パックの割引額は、契約している携帯やスマホのパケットプランによって異なります。

家族でデータをシェアするパケットプランの場合

パケットプラン(データ量)
通常月額料金
割引金額
割引後月額料金
ウルトラシェアパック100(100GB)
25,000円
3,000円
22,000円
ウルトラシェアパック50(50GB)
16,000円
2,400円
13,600円
シェアパック15(15GB)
12,500円
1,800円
10,700円
シェアパック10(10GB)
9,500円
1,200円
8,300円
シェアパック5(5GB)
6,500円
800円
5,700円

ドコモのシェアパックは、家族でデータを分けあえるデータシェアプランのことです。
回線契約者1人に対して、複数のドコモの携帯電話回線をひとつにまとめてお得に利用できます。
使いきれなかったパケットは翌月に繰り越しが可能です。

個人でパケットプランを使う場合(データプラン別)

パケットプラン(データ量)
通常月額料金
割引金額
割引後月額料金
ウルトラデータLLパック(30GB)
8,000円
1,100円
6,900円
ウルトラデータLパック(20GB)
6,000円
900円
5,100円
データMパック(5GB)
5,000円
800円
4,200円
データSパック(2GB)
3,500円
500円
ドコモ光料金プランから割引
らくらくパック(200MB)
2,000円
500円
ドコモ光料金プランから割引
ケータイパック(2GB)
300~4,200円
500円
ドコモ光料金プランから割引

※パケットパックのなかで、データSパック、らくらくパック、ケータイパックはドコモ光を契約してから1年のみの割引となります。
また、らくらくパックは、「らくらくスマートフォン」のみが対象のプランとなります。

ドコモ光の工事費と初期費用

ドコモ光の初期費用は、契約事務手数料3,000円と工事料が必要となります。
工事費は、新規申込と転用で異なります。転用とは、契約しているフレッツ光をそのまま利用してドコモ光へ乗り換えることです。
転用する際には、フレッツ光の解約金は一切かかりません。

転用の初期費用

事務手数料
工事費
初期費用合計
通信速度変更なし(100Mbps)
3,000円
無料
,000円
通信速度を変更(1Gbps)
3,000円
7,600円
10,600円

新規申込の初期費用

事務手数料
工事費
初期費用合計
マンション(集合住宅)
3,000円
15,000円
18,000円
戸建
3,000円
18,000円
21,000円

フレッツ光とドコモ光の料金比較

ドコモ光は、フレッツ光と同じくNTT系列の「NTTドコモ」が提供する超高速光インターネットサービスです。
フレッツ光とドコモ光は、同じ光回線でありながら、プランや月額利用料金に違いがあります。

ここではフレッツ光(NTT東日本エリア)を例にドコモ光のプランの違いや料金を比較してご紹介します。

フレッツ光基本プラン:NTT東日本エリア

フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプ(戸建てタイプ)

月額料金
ギガ推し!割
にねん割
マンスリーポイント
実質月額料金
5,700円
-300円
-700円
-100円
4,600円

フレッツ光ネクストギガファミリー・マンションタイプ(マンション向けタイプ

戸建と異なり、マンションタイプの場合は、同じ建物内のフレッツ光契約数でプランが異なります。

基本プラン
プラン1(8契約)
プラン2(16契約)
ミニ(4契約)
月額料金
3,750円
3,350円
4,350円
ギガ推し!割
-300円
にねん割
-700円
マンスリーポイント
-100円
実質月額料金
2,950円
3,350円
3,950円

※ギガ推し!割:サービス開始から30か月間のみ適用
※にねん割:利用年数に応じて2年単位の自動更新契約(途中で解約した場合は解約金が必要)

フレッツ光は、インターネット回線のみのサービスとなるので、プロバイダ契約が必須です。
上記の実質月額利用料金に、プロバイダ利用料金が別途加算されます。
プロバイダ利用料金は、契約するプロバイダによって異なります。
たとえば戸建の場合、@niftyは月額1,000円、ASAHINETは月額780円、BBexciteは月額500円です。

たとえば、プロバイダ料金が最も安いBBexciteを契約した場合、フレッツ光は5100円とドコモ光より100円安くなります。
しかし、他のプロバイダでは、ドコモ光がお得といえますね。
また、フレッツ光の割引特典は期間が定められているのに対して、ドコモ光は月額5,200円(Aタイプ)が継続されることも魅力ではないでしょうか。

ドコモ光の料金まとめ

ドコモ光の料金についてフレッツ光の料金ともにご紹介しました。
ドコモ光は、フレッツ光の最大通信速度1Gbpsをそのままに、お得な月額利用料金でインターネットを楽しむことができるサービスです。
ドコモ光はプロバイダ契約込の利用となるので、別々に請求されていた利用料金をひとつにまとめることができます。

また、ドコモユーザーにとっては、ドコモ携帯やスマホの月額利用料金がセット割されるサービスも魅力のひとつです。
他にも、固定電話を月額使用料金500円のドコモひかり電話のオプションサービスに申し込むと通信費の節約にも繋がりますね。

この機会に、ドコモ光の申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

ソフトバンク光のお申し込み・ご相談窓口

ソフトバンク光の専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

auひかりのお申し込み・ご相談窓口

auひかりの専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

NURO光のお申し込み・ご相談窓口

NURO光の専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事