閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

WiMAXとは何?メリットデメリットや他社モバイルWiFiとの比較も!

UQ WiMAX WiMAX2+

WiMAXとは、モバイルWi-Fiルーターの一種です。

自宅でも外でも、電波の届く場所であればどこでもインターネットができ、速度や安定感は他のモバイルWi-Fiよりもいいのがメリットです。

また、初めて検討されている方は、サービス内容や料金プラン、どのくらいのデータ容量が使えるの?などなど、疑問は尽きないかと思います。

結論から言うと、WiMAXがオススメなのは以下のような方です。

  • 外出先でも高速のインターネットを利用したい人
  • データ量を気にせずにインターネットを利用したい人
  • モバイルルーターのコストをできるだけ抑えたい人

本記事では、WiMAXとは何かという疑問からサービス内容に至るまで詳しく解説していきます。

ポケットWi-Fiとの違いやお得に契約する方法も紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

WiMAXとはモバイル通信サービスのひとつ

WiMAXとは、モバイルWi-Fiサービスのひとつです。

KDDIのグループ会社である、UQコミュニケーションズ株式会社が提供しているサービスです。

他社モバイルWi-Fiサービスに比べると高速で安価なサービスであることが特徴ですが、利用可能エリアが比較的狭いとされています。

通信方式は「WiMAX」と「WiMAX2+」の2種類がある

WiMAXには、「WiMAX」と「WiMAX 2+」とよばれる2種類の通信方式があります。

従来の「WiMAX」をさらに高速化したのが「WiMAX 2+」で、2013年からサービスが提供開始されました。

また、WiMAX2+の拡充に伴い、旧規格の「WiMAX」は2020年3月をもって終了することが発表されています。

現在販売されているWiMAXルーターに関しては、すべてWiMAX2+に対応しています。

「LTE」や「Pocket WiFi」とどう違う?

WiMAX以外のモバイルルーターといえば、「LTE対応」とか「Pocket WiFi」などと銘打ったものなど様々なものがあり、どのような違いがあるかわからないという方も多いでしょう。

まず、Pocket WiFiというのは、ソフトバンクから販売されているモバイルWi-Fiサービスの名称です。

そして、LTEというのは、モバイルWi-Fi網の名称で、携帯電話にも利用されています。

LTE通信というと、WiMAXとは全く別の回線を利用した通信のことを指します。

WiMAXという呼称のサービスについては、WiMAX回線とLTE回線の両方を利用することが可能ですが、Pocket WifiについてはLTE回線しか利用できません。

したがって、WiMAXとPocket Wifiの違いを簡単にまとめると以下のようになります。

  • WiMAX:UQコミュニケーションズが提供するサービス・WiMAX回線とLTE回線の両方が使える
  • Pocket Wifi:ソフトバンクが提供するサービス・LTE回線のみが使える

WiMAXのメリット・デメリットとは

モバイルWi-Fiサービスを検討中の方で、WiMAXが気になるけど、他のサービスと比べていい点と悪い点がどこか知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、本章ではWiMAXを利用するメリット・デメリットを紹介していきますね。

【メリット】料金がお得

WiMAXは、月々の料金が他社と比べて安いというメリットがあります。

以下の表を見てみましょう。

種類 契約先 定額プラン(税抜) 無制限プラン(税抜)
WiMAX UQ WiMAX 7GB=3,696円 無制限=4,380円
GMOとくとくBB WiMAX 7GB=3,609円 無制限=4,263円
Broad WiMAX 7GB=3,326円 無制限=4,011円
カシモWiMAX 7GB=3,379円 無制限=3,580円
au WiMAX 7GB=3,696円 無制限=4,380円
ポケットWi-Fi ワイモバイル 7GB=3,696円 無制限=4,380円
(アドバンスオプション料込)
ソフトバンク 7GB=3,696円
ネクストモバイル グッド・ラック 20GB=2,760円
30GB・50GB=3,490円~
Wi-Fiステーション docomo 1GB=4,300円~

WiMAXは、Pocket WifiやdocomoのWi-Fiステーションに比べると、料金が安いことがわかります。

ネクストモバイルというLTE回線を利用したWi-FiサービスについてはWiMAXより安い料金設定になっていますが、無制限プランが存在しません。

データ量を気にすることなく、安い料金でモバイルWi-Fiを利用したいのであれば、WiMAXがオススメということですね。

WiMAXの料金について詳しく紹介した記事もありますので、あわせて参考にしてください。

割引やキャッシュバック、セット割も豊富

WiMAXは、キャッシュバックや違約金負担、端末費用0円など、各プロバイダーにおけるキャンペーンが充実していることも特徴です。

キャンペーン内容はプロバイダーによって違いますので、比較参照のうえ自分に合ったキャンペーンを行っているプロバイダーを選びましょう。

以下の表で、うれしい特典が利用できる主なプロバイダーの一例を紹介します。

プロバイダー名 基本料金
(無制限プランの場合)
キャンペーン
JPWiMAX 3,500円 ・最大17,000円キャッシュバック(Amazonギフト券)
・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
GMOとくとくBB 4,263円 ・最大32,000円キャッシュバック
or月額料金大幅割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
Broad WiMAX 4,011円 ・月額料金割引
・端末代無料
・LTEオプション無料
・初期費用無料(クレカ限定)
・他社解約金違約金負担
UQ WiMAX 4,380円 ・3,000円キャッシュバック(機種限定)
・月額料金割引
・LTEオプション無料(3年契約)

※2019年5月時点

WiMAXのキャンペーンについて詳しく紹介した記事もありますので、こちらも一緒にご一読くださいね。

【メリット】最大1.2Gbpsの高速通信が可能

WiMAXは、最大1.2Gbpsもの速度が出ることもメリットのひとつです。

ただし、モバイルWi-Fiサービスの種類や、利用中のWiMAXルーターなどの条件によって、必ずしもそれだけの速度が出るわけではありません。

しかし、せっかくモバイルWi-Fiを利用するのであれば、できるだけ高速のインターネットを利用したいですよね。

そこで、各モバイルWi-Fiサービスの最大通信速度と最大速度が出る機種をまとめてみました。

WiMAX ポケットWiFi ネクストモバイル docomo モバイルWi-Fi 光回線 フレッツ光
最大通信速度(下り) 1.2Mbps 612Mbps 150Mbps 1.2Gbps 1Gbps
最大速度が出る機種 W06 601HW FS030W HW-01L

※2019年5月時点
※1Gbps=1,000Mbps

WiMAXとdocomoモバイルWi-Fiで、最大速度1.2Gbpsを謳っていることがわかりますね。

ただし、上記に記載の速度が必ずしも出るというわけではなく、電波の届き具合や利用場所などの環境によっても左右されることには注意してくださいね。

WiMAXの速度について紹介した記事もあわせて参考にしてください。

機種選びも快適なインターネットを利用するために重要なポイント

WiMAXを快適な速度で利用したいなら、機種選びも重要なポイントです。

WiMAXルーターは、自宅・外出先のどこで利用するか・どのような使い方を想定しているかによって適した機種も違ってきます。

2019年5月現在、場合別オススメの機種は以下のとおりです。

  • 自宅だけでなく、外出先で使うなら:W06
  • 自宅のみで使うなら:L02s
  • クレードル付きで使いたいなら:W05またはWX05

WiMAXの機種について詳しく紹介した記事もありますので、参考にしてください。

【メリット】速度制限が緩め

モバイルWi-Fiサービスは、一定のデータ量を超過した際に速度が一時的に極端に制限されることがあります。

いわゆる速度制限と呼ばれるものです。

WiMAXは、速度制限がそこまで厳しくないこともメリットのひとつです。

各モバイルWi-Fiサービスの速度制限について比較してみましょう。

速度制限がかかるデータ量 速度制限後の速度 速度制限期間
WiMAX ・3日で10GB
・LTEオプションで7GB
1Mbps
※LTEオプションで7GB超えた場合は128kbps
3日で10GB:翌日の18時~26時の約8時間
3日で10GB以外の場合:翌月まで解除されない
WiMAX
(7GBプランの場合)
・3日で10GB
・月間7GB
1Mbps
※月間7GB超えた場合は128kbps
Pocket Wifi
(アドバンスモードの場合)
3日で10GB 1Mbps 翌日の18時~25時の約7時間
docomo モバイルWi-Fi 月間30GB 128kbps 1GBごとに1,000円支払うことで
制限を解除できる

WiMAXの場合、3日で10GBの大容量データを使用した場合に1Mbps、7GBプランでデータ量を使い切ったときや、LTEオプションで7GBを超えた場合に128kbpsの速度制限がかかります。

1Mbpsであれば、動画に多少のもたつき感はあるかもしれませんが、再生は可能なレベルです。

WiMAXの通信制限についての記事もありますので、詳しく知りたい方はチェックしてみましょう。

【デメリット】利用可能エリアが狭い

WiMAXの利用可能エリアは、LTEが利用できるエリアに比べると狭いのがデメリットです。

というのは、LTE回線は携帯電話にも利用されているので、どのエリアであっても接続できやすいようになっているためです。

なお、首都圏や大阪、名古屋などの都市圏に関しては、WiMAXとLTEでつながりやすさはほぼ変わりませんが、地方都市や田舎でモバイルWi-Fiを利用する場合は、LTEの方に分があります。

利用場所を想定のうえ、WiMAXとLTE、どちらが自分に適しているかをチェックしておきましょう。

WiMAXのエリアに関して詳しく紹介した記事もありますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ハイスピードプラスエリアモードならポケットWi-Fiよりエリアが広がる

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX 2+の電波が入らないとき、au 4G LTEを使用する機能です。

上記機能をつかうことで、WiMAXの電波が入らない場所でもLTEが利用できる場所であればインターネットができるようになって便利です。

3年プランではハイスピードプラスエリアモードが無料で利用できますが、2年プランの場合は月に1回でも利用すれば、1000円/月(税抜)の追加料金が発生します。

また、ギガ放題プランに契約していても、ハイスピードプラスエリアモードを利用の場合は月上限7GBまでという制限があるので注意が必要です。

ハイスピードプラスエリアモードを7GB以上使用すると、通常モードも含めたすべての通信が月末まで128kbpsに大幅制限されます。

緊急時以外は、LTEオプションを切っておくといいでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードについて紹介した記事もあわせて参考にしてください。

WiMAXがオススメなのはどんな人?

ズバリ、複数あるモバイルWi-Fiサービスの中で、WiMAXがオススメなのは以下のような方です。

外出先でも高速のインターネットを利用したい人

WiMAXは、最大1.2Gbpsという速度でモバイルインターネットサービスを使うことができます。

外出先でも安定した速度でインターネットを利用したいという方にはうってつけのサービスなのです。

ただし、上記の速度はW06という機種をUSB接続モードで利用した場合に限られます。

速度を求める場合は、機種の選定時に間違えないように注意しましょう。

データ量を気にせずにインターネットを利用したい人

WiMAXには、無制限プランというものがあります。

無制限プランは、データ量に制限を設けていないので、どれだけ利用しても利用料金が変わりません。

データ量を気にせずにインターネットを利用したいという方にはWiMAXはオススメです。

なお、Pocket WiFiも、アドバンスモードオプションに加入すれば無制限で利用できますが、WiMAXに比べると利用料金が割高になってしまいます。

モバイルルーターのコストをできるだけ抑えたい人

WiMAXが他のモバイルWi-Fiサービスに比べて有利なのは、その料金の安さにあります。

WiMAXには20以上のプロバイダー(販売代理店)があり、各社が月額料金の安さやキャンペーンの充実度合いでしのぎを削っています。

特に、無制限プランで利用することを想定しているのであれば、WiMAXであれば安い月額料金で利用できますよ。

7GBプランで利用する場合でも、安定した速度と料金の安さが両立させたいという方にはおススメです。

WiMAXには複数のプロバイダーが!オススメプロバイダーとは

WiMAXのプロバイダーによっては、キャッシュバックや月額割引といった独自のキャンペーンを行っています。

提供元であるUQ WiMAXと端末や通信速度等のサービス内容に違いはありませんので、料金がお得なプロバイダーを選びましょう。

WiMAXの各プロバイダーを比較した記事も、あわせて参考にしてください。

実質料金で選ぶならJPWiMAX

WiMAXのコストを重視してプロバイダーを選ぶなら、月額料金の合算とキャッシュバック、端末料金などの合計である実質料金で比較することが重要です。

2019年5月時点で、3年間の実質料金が最も安いのは、JPWiMAXです。

JPWiMAXは、月額料金の安さとキャッシュバックの特典が両方うれしい料金体系となっています。

コスト重視なら、JPWiMAXは候補に入れておきましょう。

月額料金(税抜)
月額料金
(無制限プラン)
3.500円
キャッシュバック 最大17,000円
端末料金 0円
3年間の実質料金 117,800円

月額料金割引がお得なGMOとくとくBB

JPWiMAXの次点で実質料金が安いのは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、月額料金の割引とキャッシュバック、どちらかの特典を選ぶことができます。

実質料金が安いのは、月額料金割引のキャンペーンの方です。

月額料金(税抜)
月額料金
(無制限プラン・割引適用の場合)
3.480円
月額料金
(無制限プラン・キャッシュバックの場合)
4,263円
キャッシュバック 最大32,000円
端末料金 0円
3年間の実質料金
(月額料金割引の場合)
120,660円

まとめ

WiMAXとは、高速なインターネットを安価に利用できるモバイルWi-Fiサービスです。

LTE回線を用いるポケットWi-Fiなどのサービスと比較すると、WiMAXの方がコスト・通信速度にメリットがあります。

高速なインターネットを、低コストで利用したいという方にはWiMAXはオススメですよ。

ただ、WiMAXはエリア面ではLTE回線に劣りますが、ハイスピードプラスエリアモードを利用すれば、LTE回線も同時利用ができますよ。

また、WiMAXは各プロバイダーが多種多様なキャンペーンを展開しています。

WiMAXの各プロバイダーを比較した記事もあわせて参考のうえ、自分のスタイルに合ったプロバイダーを見つけてくださいね。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」