閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

auひかりのプロバイダ選びはどうしたらいい?各社キャンペーン比較!

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

auひかりのプロバイダはキャッシュバックで決めよう!大手7社を比較!

auひかりには7種類のプロバイダがあり、それぞれが独自のキャンペーンを実施しています。

プロバイダによって通信速度が変わることはほとんどなく、料金やエリアはまったく同じです。

そのため、少しでもお得な条件でauひかりを契約するためには、プロバイダや代理店のキャンペーン内容を十分比較してから選ぶことをオススメします。

この記事では、プロバイダとは何か、各プロバイダのキャンペーンの違いは何か、いまオススメのauひかり申込窓口の代理店はどこかについてご紹介します。

auひかりの契約は代理店フルコミットがおすすめです。
プロバイダSo-netからのキャッシュバックとフルコミットのキャッシュバックで合計最大52,000円のキャッシュバックがもらえます。

\最短翌月末振込!最大52,000円キャッシュバック/
auひかりのキャンペーンをみる
※代理店フルコミットの特典をチェック

ドコモ光のおすすめ申込窓口

auひかりの「プロバイダ」とは?

光回線における「プロバイダ」は、インターネット回線と利用者をつなぎ、メールアドレスの設定やユーザーサポートなどのサービスを行うという大事な役割を持っています。

auひかりでは、しばしばKDDIがプロバイダと混合されることもありますが、KDDIはauひかりのインターネットの回線を引いたり設備を整えたりする、「運営会社」です。

そのインターネットサービスを、各家庭や企業などに提供するのが、プロバイダなのです。

インターネットサービスにはプロバイダが必ず存在し、インターネット回線を契約する際にはプロバイダと契約する必要があります。

auひかりのプロバイダは7種類!

auひかりのプロバイダには、次の7種類が存在します。

So-net、@BIGLOBE、@nifty、@Tcom、Asahi Net、au one net、DTI

auひかりを契約する際には、この中のどれか1つを選ぶ必要があります。

どのプロバイダでも速度はほぼ変わらない

auひかりではプロバイダが違うことで、インターネットの通信速度が変わることはほとんどありません。

意識すべきなのは、回線のスペックをあらわす、各料金プランの最大速度です。

では、auひかりの通信速度はどれくらいなのかを、見てみましょう。

<auひかりのホームタイプのプランと通信速度の最大値>
プラン
通信速度の最大値
ホーム10ギガ 上り・下り 10Gbps
ホーム5ギガ 上り・下り 5Gbps
ホーム1ギガ 上り・下り 1Gbps

通信速度の上りと下りとは、それぞれアップロード時とダウンロード時の通信速度のことを示します。

動画やファイルをアップロードするときには上り速度が重要ですし、サイトや動画を閲覧したりデータをダウンロードしたりするときには下り速度が重要です。

より高速性能を重視される方は、「auひかり ホーム10ギガ・5ギガ」の契約を検討しましょう。

<auひかりのマンションタイプのプランと通信速度の最大値>
プラン
配線方式
通信速度の最大値
マンションギガ
マンションミニギガ
光ファイバー方式 上り 1Gbps/下り 1Gbps
タイプF 光ファイバー方式 上り 100Mbps/下り 100Mbps
タイプE イーサ方式 上り 100Mbps/下り 100Mbps
タイプV
都市機構デラックス
VDSL方式 上り 100Mbps/下り 35Mbps

マンションタイプの場合は、お住まいのマンションの回線設備によって選べるプランが異なります。

お住まいのマンションの回線設備が光ファイバーなのか、棟内LANを使ったイーサ方式なのか、それとも、電話回線を使ったVDSL方式なのかなど、条件によって選べるプランが決まります。

ここまでご説明したとおり、auひかりではどのプロバイダもしっかりと通信速度が出ます

仮に通信速度が遅くなった場合でも、原因はプロバイダではなく利用環境によるものが大きいといえます。

たとえば、パソコンやルーター、LANケーブル、無線LANなどのスペックや状態により、通信速度は大きく変わります。

いくら速度が速いプランを選んでも、利用環境に問題があれば通信速度は簡単に遅くなってしまいますので、ご注意ください。

auひかりの料金はプロバイダ料込み!

プロバイダ料が別にかかるフレッツ光とは違い、auひかりの基本料金はプロバイダ料込みです。

ここでは、auひかりの月額基本料金についてご説明します。

<auひかりホームタイプの月額基本料金>
ずっとギガ得プラン
ギガ得プラン
標準プラン
契約年数
3年 2年 なし
解約違約金
15,000円 9,500円 なし
月額基本料金 1年目 5,100円 5,200円 6,300円
2年目 5,000円
3年目~ 4,900円

※価格はすべて税抜

<auひかりマンションタイプの月額基本料金>
お得プランA
標準プラン
契約年数
2年 なし
契約解除料
7,000円 なし
プランごとの月額基本料金
マンションギガ
4,050円
マンションミニギガ
5,000円
タイプF
3,900円
タイプE
3,400円
タイプV
3,800円
都市機構デラックス
3,800円

※価格はすべて税抜

これらの月額基本料金や解約違約金は、どのプロバイダを選んでも基本的には変わりはありません。

ただし例外として、DTIか@TCOMをプロバイダに選んだ場合は6ヶ月の契約期間の縛りがあります

契約期間の途中で解約すると、残りの契約期間分の月額料金を支払う必要がありますので、ご注意ください。

auひかりの料金について詳しく解説している記事もあわせてご覧ください。

auひかりプロバイダのキャンペーンを比較!

auひかりのプロバイダはそれぞれ独自にキャンペーンを実施しており、プロバイダによってキャッシュバック額をはじめとするキャンペーン内容が異なります

ここでは、auひかりの各プロバイダにおいてもっともお得な内容のキャンペーンに焦点を当てて、各プロバイダのキャンペーン内容を比較します。

<auひかりプロバイダのキャンペーン比較>
プロバイダ
キャンペーン
還元内容
キャッシュバック
の振込時期
手続き方法
オプション加入有無
So-net
3年間で月額料金が
最大69,820円割引
申し込み不要 なし
BIGLOBE
50,000円 11ヶ月目:30,000円
24ヶ月目:20,000円
※開通翌月を1ヶ月目とする
Webで申し込み なし
@nifty
30,000円 サービス開始後
12ヶ月目:15,000円
24ヶ月目:15,000円
※サービス開始月を1ヶ月目とする
Webで申し込み なし
@Tcom
なし
Asahi Net
なし
au one net
10,000円 5ヶ月目の月末以降
※申し込み月を1ヶ月目とする
電話かWebで申し込み
(ひかり電話)
DTI
38,000円 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

auひかりは代理店からの申し込みがオススメ!プロバイダよりキャンペーン内容に注目

auひかりに加入する際には、どのプロバイダを選んでも基本料金はまったく同じで、通信速度もほぼ同じです。

また、プロバイダによってメールサービスやセキュリティサービス、サポートなどプロバイダ独自のサービス内容に違いがありますが、そこまで重要なポイントではありません。

プロバイダによって差がつくのは、キャッシュバックなどの独自のキャンペーン内容です。

そのため、auひかりを契約する際には、各プロバイダのキャンペーン内容を確認してから選ぶといいでしょう。

また、auひかりではプロバイダからの申し込み以外に、代理店から申し込む方法もあります。

代理店から申し込むと、プロバイダと代理店の両方のキャンペーンを利用できるため、プロバイダのサイトからの申し込みよりさらにお得ですよ!

キャッシュバック型なら「代理店フルコミット」

2019年8月時点での各代理店の最新キャンペーンを比較した結果、もっともオススメなのが「代理店フルコミット」のキャンペーンです。

フルコミットでは、8ヶ月後に最大55,000円がもらえるキャンペーンと、オプション無しで最短翌月末に最大52,000円がもらえるキャンペーンを提供しています。

キャッシュバックの詳細は、以下のキャンペーンページからチェックしてみてくださいね。

※このボタンからお得な特典をチェック

月額料金割引型ならプロバイダ「So-net」公式サイト

キャッシュバック方式でまとめてキャッシュバックを受け取るのではなく、毎月の月額料金の割引を受けたい場合は、So-netのキャンペーンがオススメです。

すでにご紹介したプロバイダごとのキャンペーン内容比較表でもっとも還元額の高かったのが、So-netのキャンペーンです。

たとえば、ずっとギガ得プランを3年間契約すると、総額69,820円も割引されます

詳細は、So-netのキャンペーンページをご覧ください。



auひかりではプロバイダだけの解約・乗り換えはできない

auひかりの場合、プロバイダだけを解約して他のプロバイダに乗り換えることができません

プロバイダを変更しようとすると、auひかり自体をいったん解約する必要があります。

すでにご説明した通り、プロバイダの違いによる通信速度やサービス内容の違いはほとんどないので、それらを理由にプロバイダを変えるのは現実的ではありません。

よほどauひかりに不満があるのであれば、別回線に乗り換える方が得策といえるでしょう。

もし、auひかりから他のインターネット回線に乗り換えたい場合は、乗り換え手順やオススメ乗り換え先を紹介している記事をご覧ください。

まとめ

auひかりに加入する際には、So-net などの7つのプロバイダから選んで加入する必要があります。

しかしどのプロバイダを選んでも、基本料金や通信速度、対応エリアは同じです。

プロバイダの違いで大きな差が出るのが加入時のキャンペーンの内容で、なかでも還元額が大きいためオススメなのがSo-netです。

また、代理店から加入すると、還元額が大きいなど、より多くのメリットを得られることがあります。

代理店の中で還元額がもっとも大きいのが、「代理店フルコミット」です。

最大52,000円の現金キャッシュバックに加え、「auひかりスタートサポート」適用で追加25,000円キャッシュバックが受けられます。

一番お得にauひかりを契約するには、プロバイダはとくに意識することなく、代理店フルコミットから申し込むことをオススメします。

\ 【最新】auひかりキャンペーン情報 /
※月額割引をお得に利用したい方向けには「So-net」の割引プランをチェック
☞ 詳細記事はこちら「【2019最新】auひかりキャッシュバック比較!いま一番お得な窓口はここだ!」
auひかりのおすすめ申込窓口