閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

【最新】おすすめのモバイルルーターを発表!大手からSIMフリーまで徹底比較

モバイルルーターは種類が多い上に、サービスを提供している会社によって提供エリアや速度も異なります。

そのため、「どのモバイルルーターがオススメか、わからない…」とお悩みの方も多いのでは?

今回は、現在販売中の主なモバイルルーターを提供エリアや速度、月額料金、キャンペーンなど、さまざまな方向から全12社を比較してみましたよ!

最新の端末情報やオススメ契約先、海外での利用方法などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

2018年現在販売されている人気のモバイルルーター5種類

現在、国内で発売されているモバイルルーターは大きく分けて5種類あります。

  • WiMAX系
  • ポケットWi-Fi系
  • Wi-Fiステーション
  • ネクストモバイル
  • simフリーモバイルルーター系

それぞれのモバイルルーターについて、一覧表で簡単に確認しましょう。

モバイル ルーター の種類
通信方式
契約先
特徴
WiMAX系
WiMAX・ WiMAX+2・ auのLTE WiMAX プロバイダ各社au UQWiMAX(au系列)が提供元。 高速通信可能エリアが広い。 無制限プランを提供。
ポケット Wi-Fi系
ソフトバンク Hybrid4G LTE 4GLTE ワイモバイル ソフトバンク ワイモバイル(ソフトバンク系列)が提供元。 高速通信可能エリアが狭い。 通常エリアは広く、速度も比較的速い。
Wi-Fi ステーション
ドコモLTE PREMIAM 4G 3G
ドコモ
ドコモが提供元。 モバイルルーターの中では速度・エリアともにNo.1。 ただし、料金が高い。
ネクスト モバイル
ソフトバンク 4G LTE 3G
グッド・ラック
グッド・ラックが提供元。 ソフトバンク回線を使用。 通信速度は比較的遅いが、幅広いエリアを網羅。 大容量プランが安価。
SIMフリー系
ドコモ/au/ ソフトバンクLTE回線
MVNO各社
各キャリアのLTE回線を使い、SIMフリーのモバイルルーターで利用できる。 やや速度が遅くなりやすい。

さらに、モバイルルーターは通信方式によって、大きく二つにわかれますよ。

では、モバイルルーターの通信方式についてもう少しくわしく調べてみましょう。

モバイルルーターの通信方式はWiMAX回線とLTE回線の2種類

モバイルルーターには自社で開発した独自の電波をつかうWiMAX回線と、各キャリアが携帯電話で使う電波を利用するLTE回線の2種類があります。

WiMAX回線は最大通信速度が758Mbpsの高速通信が可能ですが、LTE回線のように日本全国、携帯電話を利用できる場所ならほぼ網羅しているというわけではありません。

ただし、WiMAXはオプションの利用でauのLTE回線も使えるので、LTEのみの回線と比べてエリア面ではあまり差がないといえるでしょう。

また、LTE方式の回線を使うポケットWi-FiやWi-Fiステーションも、キャリアのLTEをさらに独自技術で進化させたサービスを提供しています。

モバイルルーターを検討する際には、それぞれの会社が提供する独自技術で高速通信したときの速度や、利用できるエリアなどもあわせて比較することが大切ですよ。

LTEに対応したモバイルルーターについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。

オススメのモバイルルーターを徹底比較!【エリア・速度・キャンペーン・料金】

では早速、今オススメのモバイルルーターをさまざまな面から徹底比較していきましょう!

この記事では、以下の4つのポイントでモバイルルーター12社を比較しています。

  • 提供エリアの広さ
  • 通信速度の速さ
  • 通信速度の速さ
  • キャンペーンの豊富さ
  • 月額料金の安さ

総合的にオススメのモバイルルーターも、後半の【2018年最新版】モバイルWi-Fiルーターのオススメ機種で大発表しますのでお楽しみに!

提供エリアの広いオススメモバイルルーターを比較

モバイルルーターを選ぶ上で、提供エリアは非常に重要です。

モバイルルーターの通信方式や利用する回線によっては、提供エリアが大きく違い、他社モバイルルーターでは利用できたエリアが、ほかのモバイルルーターに乗り換えたら使えなかった!ということもあり得ますよ。

まずは、自宅や学校、職場などで契約を検討しているモバイルルーターが使えるかどうかを、しっかり確認しておきましょう。

モバイルルーターの種類ごとに提供エリアの違いを比較してみました。

モバイル ルーター の種類
提供会社
LTE回線
提供エリア
高速通信
可能エリア
特徴
WiMAX
UQWiMAX
高速通信可能エリアは各都道府県の市町をほぼ網羅。 山や海側など、エリア外の可能性あり。
ポケットWi-Fi
ワイモバイル
高速通信可能エリアは各都道府県の中心部のみ。 山や海側など、エリア外の可能性あり。
Wi-Fiステーション
ドコモ
高速通信可能エリアは各都道府県の市町をほぼ網羅。 山や海側でも主要道路沿いなどはつながりやすい。
ネクストモバイル
グッド・ラック
山間部と一部海沿い以外、ほぼ提供エリア内。
SIMフリー
MVNO各社
各キャリアのLTE回線提供エリアで利用可能。

基本的にどのモバイルルーターも人口カバー率99%を謳っており、LTE回線提供エリアは、各社で利用する携帯電話キャリアが使用できるところなら、ほとんど繋がると考えて間違いありません。

ただし、まれに海側や山間部で携帯電話はつながるが、モバイルルーターが利用できない場所もありますので注意してくださいね。

SIMフリーのモバイルルーターは、携帯電話キャリアの回線などを利用するので、大元の回線のエリアを調べることで提供エリアがわかります。

ご自分のお住まいや職場、学校が提供エリア内に入っているかも、各公式サイトの提供エリア検索から確認できますよ。

WiMAXの サービスエリアを知りたい方はUQ WiMAX サービスエリア検索から、調べてみましょう。

ポケットWi-Fiの提供エリアはワイモバイル サービスエリア検索から確認できます。

モバイルルーターの高速通信可能エリアは限定されている

高速通信可能エリアはさすが、「どこでもつながる」ことで有名な大手携帯電話会社・ドコモの強さがでています。

ドコモはLTE回線をさらに強くした「ドコモLTE PREMIAM 4G」対応地域で高速通信ができますよ。

WiMAXはWiMAX+2対応エリアで高速通信が可能です。

現在WiMAXでは、旧式で通信速度が遅いWiMAX回線の終了を告知しており、速度が速いWiMAX+2エリアのさらなる拡大に力を入れると発表しています。

また、ポケットWi-Fiは高速通信可能なAXGP回線エリアが現在のところ都市部が中心ですので、地方にお住まいの方は高速通信サービスの利用が期待できない可能性もあるので、注意しましょう。

インターネット通信速度が速いオススメモバイルルーターを比較

モバイルルーターで快適にインターネット環境をするには、通信速度も気になるポイントですよね。

通信速度は、モバイルルーターの通信方式や利用する電波が同じであれば変わりません。

モバイルルーターの種類ごとに、最大通信速度を比較してみましょう。

モバイルルーター の種類
電波の種類
最大通信速度 (高速通信 エリア)
最大通信速度 (通常LTE・ 3Gエリア)
WiMAX (W05)
WiMAX・ WiMAX+2・ auのLTE 下り最大758Mbps 上り最大112.5Mbps 下り最大75Mbps 上り最大25Mbps
ポケットWiFi (603HW)
ソフトバンク Hybrid4G LTE 4GLTE 下り最大612Mbps 上り最大13Mbps 下り最大350Mbps 上り最大37.5Mbps
Wi-Fi ステーション (N-01J)
ドコモLTE PREMIAM 4G 3G 下り最大788Mbps 上り最大50Mbps 下り最大200Mbps 上り最大50Mbps
ネクストモバイル (FS030W)
ソフトバンク 4G LTE 3G 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 下り最大42Mbps 上り最大5.76Mbps
SIMフリーモバイルルーター
ドコモ・au・ソフトバンクLTE回線を契約時に選択 下り最大200Mbps~40Mbps 上り最大50Mbps~5Mbps (各キャリアのLTE回線速度相当)

モバイルルーターの中で最大通信速度が1番速いのは、ドコモのWi-Fiステーションです。

また、ネクストモバイルは他社モバイルルーターと比べると最大通信速度が遅いですが、提供エリアが幅広いため、快適に通信できる程度の速度で場所を選ばずに利用ができるメリットがありますよ。

WiMAXで高速通信可能なWiMAX+2回線利用時は、データをアップロードする際に必要な上り速度がどの会社よりも早くなっています。

スマホなどを使ってインスタグラムなどに写真や動画をアップすることが多い方は、ぜひWiMAXも検討してみましょう。

モバイルルーターの速度は機種によっても変わる

モバイルルーターで出せる最大通信速度は、どの機種を使うかによっても大きく差が出ます。

上記の速度比較表では各社、最も速度が速い機種での最大通信速度を記載していますが、古い機種では同じ速度に対応していない場合がありますよ。

1年に1回ペースで最新機種を発売しているWiMAXを例に、機種ごとの速度も比較してみましょう。

機種名
下り最大速度
発売日
W05
758Mbps
2018年1月19日
W04
558Mbps
2017年2月17日
WX05
440Mpbs
2018年11月8日
WX04
2017年11月1日
L01
2017年2月17日
WX03
2016年12月2日

モバイルルーターの技術は日々、進化しています。

せっかくモバイルルーターを使うなら、新しい機種で高速通信を楽しみましょう。

モバイルルーターは一定のデータ量で速度制限がかかる

実は、モバイルルーターで用意されているインターネット使い放題の無制限プランには、一定のデータ量で通信速度が低下する「速度制限」が設けられています。

「速度制限」がかかったあとの速度はいったいどれくらいなのか、把握しておくことも重要ですよ。

では、モバイルルーター各社の速度制限の有無と、速度制限の内容について比較してみましたので、参考にしてくださいね。

種類
契約先
速度制限
速度制限後 の速度
速度制限期間
WiMAX
au・WiMAX プロバイダ
3日で10GB
概ね最大1Mbps
翌日の18時~26時 の約8時間
ポケットWi-Fi
ワイモバイル 翌日の18時~25時 の約8時間
ソフトバンク
1か月で7GB
最大128kbps
月末まで
Wi-Fiステーション
docomo
ネクストモバイル
NEXTmobile
SIMフリー (データSIM)
mobile
3日間で6GB
混雑状況に応じて変動 6GB到達した日~ 翌0時まで
DTI SIM
他の利用者の平均 利用容量を著しく超える場合 上り下りともに 最大200kbps以下
当日~翌0時
楽天モバイル
mineo

ソフトバンクで契約したポケットWi-Fiの場合、1か月7GBの利用で当月いっぱいは最大128kbpsという低速の速度制限を受けてしまいます。

128Kbpsは一般的なサイトのページを開くのにも数十秒かかるレベルの速度なので、速度制限中は使いものにならないと考えた方が良いでしょう。

一方、同じポケットWi-Fiでもワイモバイルで契約し、無制限で利用できるアドバンスオプションを申し込んだ場合や、WiMAXのギガ放題では、速度制限をうけても最大1Mbps程度がでるので、あまり困ることはありませんよ。

格安SIM会社が用意している無制限プランにも速度制限はあるので、気を付けましょう。

速度制限については、こちらの記事でもくわしく説明していますよ。

SIMフリーモバイルルーターの速度は遅い

SIMフリーモバイルルーターは、キャリアのLTE回線の一部を借りて、インターネットを接続します。

理論的にはキャリアのLTE回線速度と同等ですが、LTE回線をまるごと使えるポケットWi-FiやWi-Fiステーション、ネクストモバイルとは違い、利用者が多い時間帯はどうしても混線しやすく、同じLTE回線でも速度が遅くなる可能性がありますよ。

安さも当然重要ですが、必要に駆られてモバイルルーターを契約しても、速度があがらず使いものにならないと活用しなかったら、結局月額料金が無駄になってしまいますよ。

SIMフリーモバイルルーターのメリットや、注意点などはこちらの記事でくわしくまとめていますので、あわせて確認しましょう。

通信速度を安定させたいなら光回線がオススメ

高速通信にこだわりたい方で、PS4などのオンラインゲームやインターネット動画配信サービスなど、室内メインのインターネット通信をする方は、モバイルルーターよりも速度が安定する固定の光回線もオススメです。

SNS上にもモバイルルーターから高速通信が自慢の光回線に乗り換えて、速度が格段にアップしたという人の声があがっていますよ。

WiMAXから光回線に乗り換えると速度が桁違いになったという声も。

最大通信速度が通常のプランでも2Gbpsを誇るNURO光に変えて、高速通信に喜んでいる人もいます。

光回線とモバイルルーター、どちらがいいかはあなたがどのようにインターネットを利用し、何を重視したいのかによって変わります。

こちらの記事では光回線とモバイルルーターそれぞれの違いや、どんな人が向いているかを説明していますので、チェックしてみましょう。

キャンペーンが豊富なオススメモバイルルーターを比較

モバイルルーターの契約時には、嬉しいキャッシュバックなどのキャンペーンを実施している会社もあります

せっかく契約するなら、少しでもお得に申込みたいですよね。

そこで、モバイルルーター12社で現在実施中のキャンペーンを比較してみました。

種類
契約先
キャンペーン
WiMAX
UQ WiMAX
auスマートバリューmine適用 ・対象プランの契約でLTEオプション永年無料
GMOとくとくBB WiMAX
  • キャッシュバック最大40,500円
  • 端末代金無料
  • 月額料金割引
  • auスマートバリューmine適用
  • 対象プランの契約でLTEオプション永年無料
BroadWiMAX
  • 初期費用0円
  • 端末代金0円
  • 月額料金割引
  • 他社WiMAXからの乗り換えで解約違約金負担
  • WiMAXに満足できない場合指定回線への乗り換えで解約違約金免除
  • auスマートバリューmine適用
  • 対象プランの契約でLTEオプション永年無料
BIGLOBE WiMAX
  • キャッシュバック最大30,000円
  • 申込手数料(3,000円)が無料
  • 月額料金割引
  • auスマートバリューmine適用
  • 対象プランの契約でLTEオプション永年無料
ポケットWi-Fi
ワイモバイル
  • アドバンスオプション3ヵ月無料
  • おうち割光セット適用
  • 月額料金割引
ソフトバンク
  • 月額料金割引
  • おうち割光セット適用
  • 機種変更サポート
ネクストモバイル
グッド・ラック
  • 端末代金0円
Wi-Fiステーション
docomo
  • docomo Wi-Fi永年無料キャンペーン
SIMフリー
UQ モバイル
DTI SIM
楽天モバイル
  • 複数回線契約で料金割引
  • 2か月オプション料金無料
mineo
  • 複数回線契約で料金割引
  • 2か月オプション料金無料
  • 家族割引

WiMAXでは高額のキャッシュバックキャンペーンや、月額料金割引を実施しているプロバイダが目立ちます。

WiMAXはいくつものプロバイダがサービスを提供しているので、どのプロバイダを選ぶかによって、受けられるキャンペーンの内容は変わりますよ。

また、格安で利用できるSIMフリーのモバイルルーターを提供している会社は、月額料金などを抑えるためにキャンペーンにはあまり力を入れていません。

月額料金が安いオススメモバイルルーターを比較

気になるモバイルルーターの月額料金も比較していきましょう。

モバイルルーターの月額料金は契約するプランによっても変わります。

モバイルルーターでは大きくわけて、データ通信量が無制限のプランか、1か月に利用できるデータ量が決まった定額プランの2種類がありますよ。

あなたの契約すべきプランは、1か月に5GBや7GBのデータ容量の上限が設定されている定額プランか、インターネット使い放題の無制限プランか、モバイルルーターをどのように使いたいかにあわせて考えるべきです。

モバイルルーター12社の無制限プラン・定額プランそれぞれの月額料金は、以下のとおりです。

種類
契約先
定額プラン データ量
/無制限プラン
月額料金
WiMAX
UQ WiMAX
7GB/無制限
7GB=3,696円
無制限=4,380円
GMOとくとくBB WiMAX
7GB/無制限
7GB=3,609円
無制限=4,263円
BroadWiMAX
7GB/無制限
7GB=3,326円
無制限=4,011円
BIGLOBE WiMAX
7GB/無制限
7GB=3,695円
無制限=4,380円
ポケットWi-Fi
ワイモバイル
7GB/無制限
7GB=3,696円
無制限=4,380円
ソフトバンク
7GB
7GB=3,696円
ネクストモバイル
グッド・ラック
20GB/30GB/50GB
20GB・30GB=3,695円~
Wi-Fiステーション
docomo
1GB~30GB
1GB=4,300円~
SIMフリー
UQ mobile
500MB~30GB/無制限
3GB=980円~
無制限=1,980円
DTI SIM
1GB~10GB/無制限
3GB=840円
無制限=2,200円~
楽天モバイル
3.1GB~30GB
3.1GB=900円~30GB=5,450円
mineo
500MB~30GB
3GB=900円~30GB=5,900円

月額料金を比較すると、ドコモのWi-Fiステーションの料金は1GBで4,300円~と他のサービスに比べて割高であることがわかります。

また、同じソフトバンク回線でもワイモバイルなら7GBで月各料金が3,696円ですが、NEXTmobileは30GBで3,695円と安さが桁違いですね。

WiMAXは契約するプロバイダによって月額料金割引キャンペーンなどが変わり、上記の基本料金よりも実際に支払う料金はさらに抑えられることもありますよ。

無制限プランのモバイルルーターはBroadWiMAXがオススメ

WiMAXのプロバイダ中でもBroadWiMAXは基本料金も安く、さらに月額料金割引キャンペーンが充実しているので、お得に契約ができます。

また、WiMAXプロバイダの中では唯一、WiMAX同士の乗り換えで発生する解約違約金を負担してくれるサービスを行っていますよ。

もしBroadWiMAXを使ってみて速度や使用感に満足できなかった場合は、指定の光回線などに解約金無料で乗り換えもできます。

契約の際の初期費用やWiMAX機種代金も0円になるキャンペーンを行っているので、とことん出費を抑えることができますね。

<BroadWiMAXのキャンペーン>

  • 月額料金大幅割引
  • 初期費用無料
  • 端末代金無料
  • 他社WiMAXからの乗り換えで解約違約金負担
  • WiMAXに満足できない場合、指定回線への乗り換えで解約違約金免除

BroadWiMAXの申し込みはこちらから

また、モバイルルーターを法人契約したい方にも、BroadWiMAXはオススメできます。

小規模のオフィスや、社員の出張が多い会社などはモバイルルーターで社内の通信費が節約できますよ。

月額料金割引が充実したBroadWiMAXなら、毎月の経費を抑えながら、データ通信量無制限のプランが契約できます

法人契約でオススメのモバイルルーターについては、こちらの記事でもくわしく説明していますので、チェックしてみましょう。

データ定額プランならネクストモバイルの大容量プランもオススメ

1か月のデータ通信量を気にせず使える無制限プランはヘビーユーザーにとって安心ですが、「無制限プランまでなくてもいいけど、月に7GBじゃちょっと心配」という方には、ネクストモバイルの大容量プランもオススメですよ。

使用量20GB以下ならコスパ最強ともいえるネクストモバイルは、ソフトバンクのLTE回線を利用し、通信最大速度が下り最大150Mbpsと、快適にインターネットを利用するには問題のない回線速度を実現しています。

同じくソフトバンクのLTE回線で通信をするSIMフリーモバイルルーターと違って、ワイモバイルと同じくソフトバンクの回線を一部ではなく、全て利用して接続できるので安定してインターネットが楽しめますよ。

また、大容量のデータ容量プランを用意しており、1か月に30GBまでデータ通信ができるプランでも3,695円と低価格で、他社モバイルルーターのプランと比べると驚くほど安い料金設定になっています。

毎月の使い方を考えるとデータ容量定額でいい!という方にはネクストモバイルがイチオシです。

では、ネクストモバイルのキャンペーンをみてみましょう。

<NEXTmobileのキャンペーン>

  • 端末代金無料
  • オプション料金2カ月間無料

ネクストモバイルではモバイルルーターの端末が無料でもらえるので、最新機種が欲しい方には嬉しいキャンペーンですね。

また、オプションサービスの「My NEXTサポート」も最大2カ月無料で利用ができます。

「My NEXTサポート」は設定サポート、メールサービス、セキュリティサービスといった便利な3つのサービスがセットになっており、インターネット初心者でも安心して始められますよ。

NEXTmobileの申し込みはこちらから

ネクストモバイルについてはこちらの記事でくわしく説明していますので、あわせて読んでくださいね。

docomoのモバイルルーターは料金・容量ともにお得度は低い

NTTドコモでは、Wi-Fiステーションというモバイルルーターを提供しています。

Wi-Fiステーションはdocomoショップなど、ドコモから直接申し込みができますよ。

NTTドコモの携帯電話が利用できる場所ならどこでも使えるため、モバイルルーターの中でも最も提供エリアが広く、通信速度も最大788Mbpsと高速で安定しているメリットがあります。

しかし、ドコモのスマートフォンと同じくパケットパックを購入してデータ通信を行う仕組みになっていますので、データ通信量が多くなると通信料金も高くなってしまいます。

提供エリアなどに問題がなければ、BroadWiMAXやネクストモバイルのほうが、よりお得に月額料金を抑えて利用ができますよ。

ドコモのWi-Fiステーションについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。

格安SIMとモバイルルーターのオススメの組み合わせ

格安SIMを取り扱う会社は現在いくつもあり、au LTE回線・ドコモLTE回線・ソフトバンクLTE回線から選べますよ。

取扱うキャリア回線は格安SIM会社によっても違いますので、契約時に確かめておきましょう。

格安SIM会社からSIMカードを購入し、SIMフリーモバイルルーターに挿入するだけで、あっという間にWi-Fi通信ができますよ。

SIMフリーモバイルルーターは格安SIM各社でも販売しているほか、インターネット通販や家電量販店などでもさまざまな機種が売られています。

格安SIMとモバイルルーターの組み合わせは、こちらの記事でくわしく説明していますので、参考にしてくださいね。

初心者はmineoなどの「格安SIMとモバイルルーターのセット購入」がオススメ

実は格安SIMとSIMフリーモバイルルーターはそれぞれに相性があり、購入前に調べておかないと、結局せっかく買ったモバイルルーターが利用できないという事態にもなりかねません。

初めてSIMフリーモバイルルーターを利用する方や、組み合わせがよくわからないという方は、格安SIM会社が機種とセットで販売している格安SIMを購入しましょう。

例えばmineoでは現在、NEC製の「MR05LN」とHUAWEIの「E5577」といった、amazonや楽天市場でも人気の高いメーカーのモバイルルーターをSIMカードとセットで販売しています。

セット販売されているSIMフリーモバイルルーターとSIMカードなら、必ず動作確認などが行われているので、どちらかが対応しておらず使えない!ということにはなりませんよ。

【2018年最新版】モバイルWi-Fiルーターのオススメ機種

さて、数あるモバイルルーターの中から、ご自分が契約しようと思える会社は見つかりましたか?

モバイルルーターの会社が決まったら、次はモバイルWi-Fiルーターの機種を選びましょう。

モバイルルーター各社では、毎年さまざまな機種が発売されています。

スマートフォンやiPadなどがよい例ですが、通信機器は発売日が1年違うだけで急激に機能が進歩していますよね。

モバイルルーターも同じく、最新機種になればなるほど、通信速度の向上やバッテリーの持ち、軽量化など、より便利に改善されているので、スペックに注目して使い勝手のよい機種を選びましょうね。

では、人気モバイルルーターのWiMAXとポケットWi-Fiでオススメしたい4機種をご紹介しましょう。

WiMAXは最新機種・WX05がオススメ

WiMAXで現在、最も新しい機種は2018年11月に発売されたWX05です。

WX05
UQ WiMAX公式サイト

WX05は理論上の最大通信速度が下り最大440Mbpsと、ひとつ前の最新機種だったW05の最大758Mbpsに比べて劣りますが、「WiMAXハイパワー」という新機能をはじめて搭載し、電波が弱い場所でも出力を上げて、より安定した通信を可能にします。

さらにWX05はバッテリーの持ちが改良されており、最大で約18時間の連続通信ができますよ。

W05の連続通信可能時間は最大10時間ほどなので、約2倍近い時間の利用ができますね。

WiMAX最高速度を体験したい人はW05を選ぼう

2018年1月に発売されたW05は、WiMAX史上最も高速の最大通信速度を誇ります。

W05
UQ WiMAX公式サイト

W05は地域によっては(東京都・大阪府・愛知県などの一部のエリア、順次拡大)で最大758Mbpsの高速通信が期待できるので、とにかく速度を重視したいという方にはオススメですよ。

WiMAXの機種について、くわしいスペックや特徴はこちらの記事でくわしく説明していますよ。

ぜひ、参考にしてくださいね。

ポケットWi-Fiは高速通信できる603HWがオススメ

ポケットWi-Fiの機種では、2017年2月に発売した613HWが最もオススメです。

603HW
Y!mobile公式サイト

613HWは、最大通信速度が下り612MbpsとポケットWi-Fiで最速通信ができます。

他のポケットWi-Fiの機種の中でバッテリーの持ちは劣りますが、8時間ほど連続通信が可能です。

最新機種の701UCは海外での利用も可能

ポケットWi-Fiの機種で最も発売日が新しいのは、2018年4月に搭乗した701UCです。

701UC
Y!mobile公式サイト

701UCは海外での利用に特化したポケットWi-Fiなので、国内をメインに利用するなら、従来の613HWの方が速度が速く、実用的ですよ。

701UCの特徴は海外でも現地SIMの購入や設定すら必要なく、電源を入れるだけで日本にいる時と変わらず、インターネット通信ができる点です。

701UCに採用された「CloudSIMテクノロジー」によって、電波が届いた国を識別し、自動的に現地でも利用できるインターネット回線に接続してくれますよ。

海外出張や旅行が多い方は、ぜひ701UCの便利さを体感してくださいね。

SIMフリーモバイルルーターで中古機種の利用はオススメできない

格安SIMを使う場合、SIMフリーモバイルルーターに挿し込んで利用しますが、モバイルルーター本体は中古でもWiMAXでもポケットWi-Fiでも、SIMフリーに対応していれば使えます。

結果、中古のSIMフリーモバイルルーターを購入して、さらにコストを下げて利用する人も増えていますが、注意点を理解したうえで購入に踏み切りましょう。

中古のSIMフリーモバイルルーターはそれだけ性能も古く、思うほどの通信速度が出なかったり、バッテリーの持ちが悪かったりします。

現在、WiMAXやネクストモバイルでも端末代金無料キャンペーンなどを実施していますので、「安かろう悪かろう」の中古のモバイルルーターより、最新の端末を使って快適に利用した方が得策ですよ。

中古モバイルルーターの注意点については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

海外でモバイルルーターを利用するオススメの方法2つをチェック!

海外へ仕事や旅行で行くことが多い方は、旅先でも使えるモバイルルーターについて知っておきましょう。

海外でもSIMフリーモバイルルーターなら、現地のSIMを契約し、端末に差し込んで使用できますよ。

しかし、現地のSIMが手持ちのモバイルルーターとあわなかったり、現地調達で現地業者との手続きが面倒だったりと、難点もあります。

海外でモバイルルーターを利用するには、以下の2つの方法がオススメですよ。

  • ワイモバイルの「ポケットWi-Fi海外データ定額」プランを利用する
  • 海外向けのモバイルルーターをレンタルする

では、海外でのオススメのモバイルルーター契約について、くわしくみてみましょう。

海外に行く機会が多い人はワイモバイルの「ポケットWi-Fi 海外データ定額」がオススメ

「ポケットWi-Fi海外データ定額」はポケットWi-Fiの701UC購入と同時にのみ加入できるプランで、世界中100か国以上でインターネット通信ができますよ。

「ポケットWi-Fi海外データ定額」の月額基本料は、通常のワイモバイルの7GB定額プランと同額の3,696円に、海外データ定額284円をプラスした3,980円です。

さらに、海外で利用があった日は1日あたり90円の利用料がかかりますが、ワイモバイルが提供する今までの海外用料金プラン「海外パケットし放題」に比べると、約1/20以下の金額で国外でのインターネット通信が楽しめますよ。

海外で利用する際には701UCの電源を入れるだけと、特別な設定や面倒な手続きがいらないところもオススメできるポイントですよ。

海外旅行ならモバイルルーターのレンタルがオススメ

海外用のモバイルルーターを渡航中だけレンタルできるサービスを提供する会社も、数多くあります。

中でも「イモトのWiFi」は海外用モバイルルーターのレンタルサービスの大手で、イメージキャラクターにイモトアヤコさんを起用していることからインパクトも知名度も抜群の会社です。

レンタルしたモバイルルーターの受け取りや返却は旅行の際に利用する空港で手続きを済ませられるので、便利で安心ですよ。

その他、海外向けレンタルモバイルルーター各社の料金や利便性をこちらの記事で徹底比較しているので、ぜひあわせて読んでくださいね。

まとめ

現在、モバイルルーターはさまざまな会社がサービスを提供していますが、通信方式や運営元から大きく5種類に分類できます。

  • WiMAX系
  • ポケットWi-Fi系
  • Wi-Fiステーション
  • ネクストモバイル
  • simフリーモバイルルーター系

結論として、今最もオススメのモバイルルーターは高速通信が幅広いエリアででき、無制限プランもあるWiMAX系です。

WiMAXはプロバイダによっても月額料金やキャンペーンが変わりますが、中でも月額料金割引に力を入れるBroadWiMAXがオススメですよ。

また、大容量プランでコスパの良さが魅力のネクストモバイルや、とにかく安く使いたい人には格安SIMを利用したSIMフリーモバイルルーターも検討してみましょう。

海外でモバイルルーターを使う時は、1日90円から利用できる「ポケットWi-Fi海外データ定額」や、海外向けレンタルモバイルルーターの契約がオススメですよ。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る