閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりで解約金がかからない解約方法とは?

インターネット回線は、契約するときには簡単に手続きができます。
しかもキャンペーン等で費用もほとんどかかりません。

ですが、いざ解約するとなると解約の方法が分からない、そして思った以上にいろいろ費用がかかってしまい驚く方が大勢いらっしゃいます。

そこで、今回は解約の方法はもちろん、引越しや乗り換えでauひかりを解約するときにかかる解約料金と、その料金をかけずに解約する方法をご紹介します。

auひかりの解約手続き

まずはauひかりの解約の方法から説明します。

Step.1 プロバイダに解約の連絡

auひかりを契約したときには、代理店やauショップにて契約をしたと思いますが、解約するときには、契約しているプロバイダのみに連絡します。

撤去工事の有無や日取り、いつをもって解約するかなどを相談します。

auひかりの主なプロバイダの連絡先は以下になります。
※不安な方はネットではなく電話で詳しく聞くことをおすすめします。

プロバイダ名
連絡先&受付時間
解約ページ
au one net
0077-777(9:00~20:00)au one net解約ページ
@nifty
0120-32-2210(9:00~19:00)@nifty解約ページ
@Tcom
0120-805-633(9:00~20:00)@Tcom解約ページ
Asahi Net
0570-01-3500(10:00~19:00)Asahi Net解約ページ
BIGLOBE
0120-86-0962(9:00~21:00)BIGLOBE解約ページ
DTI
0120-830-501(10:00~17:00)DTI解約ページ
So-net
0120-80-7761(9:00~19:00)So-net解約ページ

Step.2 レンタル機器の返却

解約キット(機器を入れる箱)がプロバイダから送られてきますので、光回線終端装置や無線LANルーターなどのレンタル機器を送り返しましょう。

Step.3 必要に応じて撤去工事

賃貸住宅などで撤去工事が必要な場合は、撤去工事をしてもらいます。

以上の3ステップで解約完了ですが、解約するとその日からインターネットが使えなくなりますので、乗り換えの方は次の回線の開通日とあわせて注意してください。

また、プロバイダのメールを使用している場合、プロバイダのメールアドレスも使えなくなりますので、auひかりを解約後にも同じメールアドレスを使いたいのであれば、前もってプロバイダに相談する必要があります。

auひかりを解約するとかかる5つの料金

auひかりを解約すると発生する料金は5つあります。
それぞれについて解説しますので、解約時の参考にしてくださいね。

1.最終月の請求

auひかりを解約すると当然のことですが、最後の月の利用料金が請求されます。

最後の月の利用料金の請求額は、「インターネット回線の月額使用料金の日割り」「オプション料金の1カ月分」です。

2.auひかりの解約違約金

auひかりのホームタイプを契約するときは、ほとんどの人が2年、または3年の継続契約を結び、その代わりに月々の月額利用料金の割引を受けていると思います。

ホームタイプの契約プランには、「ずっとギガ得プラン(3年契約)」「ギガ得プラン(2年契約)」「標準プラン」があり、契約更新月以外の月に「ずっとギガ得プラン(3年契約)」を解約する場合は15.000円の解約違約金が、「ギガ得プラン(2年契約)」を解約する場合は9,500円の解約違約金が発生します。

マンションタイプで「お得プランA(2年契約)」を契約されている方は、7,000円の解約違約金が発生します。

auひかり プラン別解約料金 
契約プラン
契約年数
解約金
ずっとギガ得プラン(ホームタイプ)
 3年
15,000円
ギガ得プラン(ホームタイプ)
 2年
9,500円
お得プランA(マンションタイプ)
 2年
7,000円

3.初期工事費用の残額

auひかりを契約すると初期工事費用が発生し、毎月の月額利用料金と一緒に支払っていますが、ほとんどの人は初期費用相当分の割引を受けているので、初期工事費用を支払っていることを意識していないと思います。

初期工事費用は37,500円で、1カ月の支払額を1,250円として、30回の分割で支払う仕組みになっていますので、auひかりを解約すると、支払い終わっていない残額をまとめて支払わなくてはなりません。

例:12ヶ月で解約した場合
1,250円×(30回-12回)=22,500円(請求額)

4.回線撤去工事費用

賃貸住宅の場合、引越しの際に大家さんから原状復帰を求められることがあります。
原状復帰を求められた場合は、auひかりの回線を撤去する工事のために、10,000円前後の工事費用が発生します。

5.auスマートバリューの違約金

auスマホのユーザーであれば、au光回線とセットにすると割引を受けられるauスマートバリューを契約していると思います。

auひかりを解約すると、スマートバリューの適用条件から外れてしまいますので、スマートバリューの契約期間内に受けた割引額を返却しなければなりません。

返却方法は、スマホの料金に上乗せされて一括請求されますので、例えば1年間、毎月2,000円の割引を受けていた場合には、スマホの使用料金に加えて、24,000円が請求されます。

auひかり解約時の豆知識 ~電話番号の引継ぎ~

auひかりの光電話を利用していた方で、NTTの電話回線から電話番号を引き継いでいる方は、auひかりを解約し電話回線をNTTに戻しても、電話番号を引き継ぐことができます。

しかし、auひかりで固定電話の番号を発行してもらった場合は、電話番号の引継ぎはできません。

auひかりの解約にお金をかけない3つの方法

では、どうすれば解約時にこれらの解約金がかからないのでしょうか。
お金をかけずに解約する方法が3つありますのでご紹介します。

1.更新月に解約する

auひかりの「ずっとギガ得プラン(3年契約)」、「ギガ得プラン(2年契約)」は、それぞれ3年ごと、2年ごとに契約を更新する月があり、その月を更新月と呼びます。更新月に解約すると、解約違約金が発生しません。
更新月の確認はau公式サイトの確認ページへ

2.引っ越してもauひかりを継続する

引っ越しする場合、移転先でもauひかりを同じプロバイダで契約を継続すると、解約違約金は発生しません。
ただ、引っ越し先でauひかりを継続しても、プロバイダを変更すると、解約違約金が発生してしまいますのでご注意ください。
auひかりの提供エリアは全国をカバーは出来ていないので、引越し先で利用できるかの確認をしてください。
>>auひかりの提供エリアを確認する

3.乗り換えのキャッシュバックで相殺する

この方法は、厳密にはお金がかかりますが、後日、乗り換え先からのキャッシュバックで相殺するという方法です。
フレッツ光や光コラボレーションにインターネット回線を変更する場合、乗り換えのキャッシュバックキャンペーンを実施している場合が多いので、キャッシュバックでauひかりの解約費用を相殺しましょう。

auひかり以外のおすすめ回線

インターネットを完全にやめる場合を除き、auひかりを解約しても、固定回線にするなり、モバイル回線にするなりして、どこかのインターネット接続業者と契約しなければなりませんよね。

広いサービスエリアが魅力!フレッツ光の光コレボレーション

So-net光、ソフトバンク光、などの光コラボレーションは、フレッツ光の回線を利用していますので、フレッツ光と同じ広いサービスエリアに対応しているのが魅力です。

また、乗り換えキャンペーンでキャッシュバックをしていることが多いので、auひかりを更新月以外に解約しても、キャッシュバックで解約違約金を相殺することができます。

光回線のおすすめ5選!お得な申し込み方法とその条件まとめ!

外出先での使用が多い方におすすめ!モバイル回線

外出先でもインターネットを使う機会が多い方には、モバイルルーターを使ったモバイル回線がおすすめです。

モバイル回線の場合、月額料金は4,000円程度ですので、固定回線を引くよりも安くなりますし、いつでもどこでもインターネットが使えるようになります。

Broad WiMAXは月額料金が安くておすすめです。

おすすめ窓口wimaxで人気No.1「Broad WiMAX」
https://wimax-broad.jp/
初期費用割引でおトクに利用

モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。おトクに申し込みためには、webフォームからクレジットカード払いでお申込みしよう!そうすると初期費用18,857円割引になる他社の窓口と比べ、月々の利用料も安いのが魅力です!

Web限定!初期費用18,857円割引

auひかりの解約方法のまとめ

auひかりを解約する場合、その月の使用料金、解約違約金、初期工事費用の残額、撤去工事料金、スマートバリューの解約違約金とさまざまなにお金がかかってきます。

これらを合計すると相当な金額になってしまうので、しっかり違約金がかからない方法を覚えておき、損の無いようにインターネットと付き合っていきましょう。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る