閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

auひかりの後悔しない解約手順│違約金を0円にする方法と解約前の注意点も!

auひかりで解約金がかからない解約方法とは?

auひかりの解約手順についてわからないことがあり、困っていませんか?

auひかりを解約する際は、契約しているプロバイダに連絡をします。

つまり、利用者によって解約の連絡をする窓口は異なるということです。

利用しているプロバイダがわからないという方は確認くんで簡単に調べることができますよ。

また、auひかりを解約する場合は、回線やプロバイダの違約金、初期工事費の残額支払い、撤去工事費が発生することを覚えておいてください。

解約金を抑えたい場合は、auひかりの契約更新月に解約したり、キャッシュバックや違約金負担を実施している他社回線へ乗り換える方法がありますよ。

今回は、auひかりを解約方法や違約金はもちろん、解約の注意点、解約がお得なタイミングについて解説します。

auひかりの解約を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

auひかりの解約をするにはプロバイダへの問い合わせが必要!手順を解説

auひかりを解約するには、契約しているプロバイダ窓口から手続きを行います。

まずは、auひかりの解約をする流れを見てみましょう。

以下の3つの手順を順番に進めれば、auひかりを解約できますよ。

  1. プロバイダに解約の連絡をする
  2. 回線撤去工事をする
  3. 解約キットでレンタル機器の返送をする

auひかりのプロバイダごとの解約窓口は以下にまとめましたので、契約しているプロバイダの項目をチェックしてくださいね。

提携プロバイダ
問い合わせ先
解約方法
au one net
0077-777
0120-22-0077
(年中無休9:00~20:00)
電話で申し込む
@nifty
0570-03-2210
(年中無休10:00~19:00)
会員ページで解約を申し込む
BIGLOBE
0120-91-4607
(年中無休9:00~18:00)
会員ページで解約を申し込む
@T COM
0120-987065
(土日祝10:00~18:00)
会員ページで申請後、後日、書面か電話で解約手続きをする
ASAHIネット
0120-577-108
03-6631-0856(携帯等)
(平日のみ10:00~17:00)
会員ページで解約を申し込む
DTI
0120-830-501
(平日10:00~17:00)
会員ページからも解約を申し込める
So-net
0120-117-268
(1月1~2日及びメンテナンス日を除く9:00~21:00)
会員ページかチャット(年始以外9:00~18:00)で解約を申し込む

利用しているプロバイダがわからない場合は、確認くんのページに移動するだけで簡単に検索できます。

確認くんのページに移動したら「ゲートウェイの名前の項目」を確認してください。

XXXXXX〇〇.ne.jpと表示されている部分の〇〇の部分がプロバイダになります。

なお、オプションやスマートフォンとのセット割「auスマートバリュー」などは、auひかりの解約と同時に自動で解約されるため、別途解約手続きをする必要はありません。

オプションが自動解約となるため、現在使っているプロバイダのメールアドレスも利用できなくなりますので注意してくださいね。

プロバイダのメールサービスを継続して使用したい場合は、メールのみ残すプランへ切り替えましょう。

また、auひかりの解約をする際は、違約金がかかるかどうかが、解約申し込みのタイミングによって変わります。

後程詳しく紹介しますが、違約金をかけたくない人は、更新月に解約したり、他社回線の違約金負担キャンペーンを利用して、相殺してくださいね。

auひかりの回線撤去を行う必要がある場合も

auひかりホーム(戸建てプラン)では、2018年3月1日より「電柱からお客様宅内までの光ファイバー引き込み設備」を撤去することが義務付けられました。

以下の2つのどちらかに当てはまる方は、解約に合わせて撤去工事をしなければいけません。

  • auひかりホームの新規申込を2018年3月1日以降に受付した方
  • 2018年3月1日以降にauひかりホーム10ギガ、auひかりホーム5ギガへ変更申し込みした方

撤去工事が必要な場合は、KDDIから工事日調整の連絡が来るので、工事忘れが起こる心配はありません。

なお、撤去工事(1時間程度)の立ち会いは不要なケースもあれば、必要なケースもあるので、工事日調整の際にあわせて確認しておくことをオススメします。

また、戸建てタイプを契約中の方が引越しにあわせて撤去工事を行う際は、先に撤去工事を行ってから転居することで新居と元家を往復する手間を省けますよ。

ちなみに、撤去工事には28,800円かかり、auひかりからは割引などは発生しません。

他社回線の乗り換えキャンペーンなどを利用することで、撤去費用が抑えられるので、ぜひ活用してくださいね。

auひかりの撤去工事費については後述しています。

auひかりのレンタル機器は返却しよう

auひかりを使うためにレンタルしている機器は、解約にあわせて返却する必要があります。

以下3つに当てはまる機器を、返却してください。

  • ONU(光信号を電気信号と相互変換する機器、撤去工事を行う場合は撤去工事時に回収されるので、残しておく)
  • ホームゲートウェイ(無線LAN機能などがあるルーター機器)
  • ケーブル、アンテナ、セットトップボックスなど、その他のレンタル機器

プロバイダから自宅へ送付される解約キットを利用することで、レンタル機器を返却できます。

届いた返却キット(箱)にレンタル機器を入れて、期日までに返却すれば、手続きは完了ですよ。

なお、返却先は、解約キットに記載されています。

auひかりの解約で発生する違約金

auひかりの解約時に発生する料金は、以下の5種類です。

  • auひかりの違約金
  • プロバイダの違約金(DTI、@TCOM
  • 初期工事費用の残債
  • 回線撤去工事費
  • 解約月の月額料金

人によって発生する料金は異なるので、解約前に自分がいくら支払う必要があるかをチェックしておいてくださいね。

auひかりの解約違約金

auひかりの解約違約金は、マンションか戸建てかで金額が変わります。

また、戸建てタイプの場合は、契約しているのがずっとギガ得プランかギガ得プランかで違約金が変わります。

以下に、auひかりホームにおける各プランの違約金と月額料金をまとめました。

契約プラン
違約金
月額料金
標準プラン (契約期間なし)
0円 6,300円
ギガ得プラン (2年間の自動更新)
9,500円 5,200円
ずっとギガ得プラン (3年間の自動更新)
15,000円 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円

月額料金が安いプランほど解約料金は高くなってしまうので、注意が必要ですね。

マンションでの契約の場合は、利用しているのが標準プランかお得プランAかで違約金が変わります。

マンションの違約金は以下の表にまとめたとおりです。

違約金
月額料金
標準プラン
(契約期間なし)
0円 3,800円
お得プランA
(2年間の自動更新)
  • 7,000円
  • 9,500円※
3,800円

※タイプG/タイプVの場合は9,500円

また、DTIか@TCOMをプロバイダとして選んでいた場合は、6ヶ月以内に解約すると残余期間分の月額料金がプロバイダ違約金として発生するのでご注意ください。

auひかりは初期工事費残債の支払いが発生する場合もある

auひかりを解約する際に初期工事費の残債が残っていたら、残りの金額を一括支払いしなくてはなりません。

戸建て
マンション
工事費
37,500円 30,000円
分割払い
625円×60ヶ月 1,250円×24カ月

以上のとおり、auひかりの戸建てタイプは5年、マンションは2年以内に解約した場合に、工事費の残債が発生します。

工事費用実質無料キャンペーンを利用していた場合も、工事費の完済前に解約したら、残りの期間分の残債は一括で支払わなくてはいけませんので注意してください。

例として、1年と2か月で戸建てタイプを解約した場合に発生する工事費の残債を見てみましょう。

46か月(残りの契約期間)×625円(分割金額)=28,750円(工事費の残債)

上記のとおり、14か月利用してから解約した場合は、28,750円の工事費残債を一括で支払う必要があります。

利用期間が短ければ短いほど、工事費の残債金額が大きくなりますので注意してくださいね。

auひかりホーム契約者は撤去工事費28,800円がかかる場合も!

auひかりホームでは、撤去工事が必要となる場合があります。

撤去工事が行われる場合はm回線撤去工事費が28,800円かかりますよ。

28,800円の撤去工事費用がかかる条件は、以下の2つのどちらかに当てはまっていることです。

  • auひかり ホームの新規申し込みを2018年3月1日以降にした方
  • 2018年3月1日提供開始のauひかり ホーム 10ギガ、auひかり ホーム 5ギガへプラン変更申し込みをした方

なお、上記条件に当てはまらないauひかりホームの契約者は、希望する方のみ撤去工事が行われます。

撤去工事を希望する場合は、10,000円がかかりますよ。

マンションの場合は基本的に設備を残置するので、撤去工事費用の対象ではありません。

しかし、大家さんや管理会社が回線撤去を求めた場合は、マンションであっても撤去費用が発生します。

マンションの場合は状況によって撤去費用が異なるので、以下の窓口へ問い合わせて具体的な金額を確認しましょう。

<KDDIお客さまセンター>

  • 電話番号:0077-777(無料)
  • 上記番号が利用できない場合:0120-22-0077
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

auひかりの解約月の月額料金は日割りされる!

auひかりの解約月の月額料金は、日割りです。

他社回線の中には満額請求なものもありますが、auひかりなら解約するタイミングまでの料金を支払うのみなので、月額料金を気にして解約日を決める必要はありません。

自分が解約したいタイミングで、解約してください。

ただし、auひかり電話やauひかりテレビオプションは月額料金は、日割りされないので注意しましょう。

オプションの解約月の料金は日割りされるものと日割りされないものがありますので、解約の問い合わせを行うときにあわせて聞いておくことをオススメします。

auひかりの解約違約金を無料にする方法は2つある

auひかりの解約違約金は、以下の2つの方法で無料にできます。

  • 更新月に合わせて解約する
  • 他社回線の、違約金負担キャンペーンを使う

それぞれ解説するので、参考にしてくださいね。

auひかりの更新月に解約する

auひかりは、更新月に解約すれば違約金が発生しません。

更新月
ずっとギガ得プラン
37~38ヶ月目、73~74ヶ月目・・・(3年ごと)
ギガ得プラン、お得プランA
25~26ヶ月目、49~50ヶ月目・・・(2年ごと)
契約期間なし
いつでも0円

契約は自動更新なので、更新月に解約しないと再度2年や3年の契約がスタートしてしまうことにご注意ください。

そして、auひかりを更新月に解約しても、違約金以外に発生する初期工事の残債や解約月の月額料金は発生しますので覚えておきましょう。

auひかりの更新月を確認する場合はMy auを利用しよう!

auひかりの更新月を確認するには、My auを利用するのがオススメです。

以下の手順を順番に進めれば、更新月がわかりますよ。

  1. My auへログインする
  2. 「ご契約内容・手続き」を選ぶ
  3. 「ご契約情報」を選ぶ
  4. 「料金割引サービス」の項目に、更新月が記載されている

違約金負担キャンペーンを利用して解約する

他社回線で展開されている違約金負担キャンペーンを利用すれば、解約違約金を相殺できます。

2019年4月現在、auひかり以外の全国展開されている光回線において、違約金負担キャンペーンを実施している選択肢は、ソフトバンク光です。

ソフトバンク光では最大100,000円の違約金負担キャンペーンを実施しているので、auひかり解約時にかかる費用も無料にすることができます。

ちなみに、違約金負担キャンペーンで負担してもらえる料金は以下になります。

  • 他社回線の違約金・撤去工事費
  • 他社モバイル回線の違約金

固定回線の違約金だけでなく、撤去工事費まで負担してもらえるのはうれしいですね。

仮に、auひかりホームのずっとギガ得プランを契約していて、違約金15,000円と撤去費用28,800円が発生したとしても相殺が可能です。

また、ソフトバンク光の違約金負担キャンペーンでは、為替手形にてキャッシュバックされるので、現金として受け取れるメリットもあります。

ただし、ソフトバンク光の契約後(課金開始月を1ヶ月目として、6ヶ月目)にキャッシュバックされるため、一度違約金の支払いが必要となることに注意してくださいね。

なお、解約違約金負担キャンペーンを利用する場合は、以下の2つの証明書が必要なことにもお気をつけください。

  • ソフトバンク光用の証明書貼り付けシート(Web提出なら不要)
  • 他社回線違約金・撤去工事費用の支払証明書コピー

auひかりの解約費用証明書は、auショップや電話での申請が必要なので、忘れずに申請してくださいね。

ソフトバンク光なら最短2か月後に最大33,000円キャッシュバック!

キャッシュバック

ソフトバンク光もSoftBank airでも開通月から最短2か月後に現金33,000円キャッシュバック! フレッツ光からの乗り換えでも13,000円キャッシュバック!有料オプション加入なし!・・・詳しく見る

なお、ソフトバンク光の解約違約金キャッシュバックをもらう手順についてはこちらの記事でも紹介しています。解説していますよ。

他社回線のキャッシュバックを利用して相殺する

ソフトバンク光以外の他社回線でも、代理店の中には高額キャッシュバックを実施している回線が多数あります。

キャッシュバックを利用すれば、ソフトバンク光のキャンペーンと同様に、違約金などと相殺できますよ。

光回線各社の特徴やキャンペーン内容などについて紹介している記事も用意していますので参考にしてください。

auひかりの解約に関するよくある疑問を解決!

auひかりを解約する際に疑問に思うことをまとめて紹介します。

それぞれチェックして、解約時のトラブルを避けましょう。

  • auひかりのオプションのみ解約するにはどうすればいい?
  • auひかり電話やテレビのみ契約を残すことは可能?
  • プロバイダのメールアドレスが利用できなくなる?
  • auスマートバリューによる携帯料金の割引が利用できなくなる?
  • レンタル機器を返却しないと違約金が発生する?
  • auひかりは解約後いつまで利用できる?

auひかりのオプションのみ解約するにはどうすればいい?

テレビを含めたauひかりにおける各オプションサービスの解約は、以下の電話番号かMy auから行えます。

<オプション解約窓口>

  • 電話番号:0077-777もしくは0120-22-0077
  • 営業時間:9:00~20:00(年中無休)
  • My auから解約オプションを解約する

ただし、auひかり電話の解約はMy auから行えず電話窓口のみとなっていますので注意してください。

なお、テレビサービスの場合はテレビ画面からも解約手続きができるので、利用してみてくださいね。

また、auひかりののテレビサービスや電話サービスは解約月の月額料金が日割り請求になりますが、無線LANサービスや外付け無線LANのレンタルは1か月分の料金請求です。

解約月の月額料金に関しては日割りのものと日割りされないものがあるので、ご注意ください。

auひかり電話の電話番号を引き継ぐ方法

auひかり電話番号が もともとNTTで発番した番号の場合、NTTへ問い合わせることでNTT加入電話へ戻すことができます。

いったんNTT加入電話に移した番号は、再度他社の光電話へ移せますよ。

116へ午前9時~午後5時(年末年始を除く)に問い合わせて、「電話番号をauひかりの光電話から戻したい」と連絡し、工事を行いましょう。(2,000~11,000円程度の工事費がかかります)

なお、他社に乗り換えて電話番号を引き継ぎたい場合に引き継げる条件とできない条件があるので、以下の表よりご覧ください。

電話番号の他社への引き継ぎ
NTTで発番された番号
auひかりで発番された番号
KDDIホームプラスや、ケーブルプラス電話へのみ引き継ぎ可能
NTT以外で発番された電話番号
KDDI発番の場合のみ、KDDIホームプラスやケーブルプラス電話へ引き継ぎ可能

光電話をNTTの加入電話(アナログ電話)へ引き継ぐ手続きについてはこちらの記事でも解説しているので、あわせてチェックしてくださいね。

auひかり電話やテレビのみ契約を残すことは可能?

auひかり電話のみ契約を残すことは可能ですが、テレビのみの契約は残せません。

電話のみ残せる条件は、以下のとおりです。

  • 契約しているのが、マンションのタイプVかタイプE
  • プロバイダはau one netを利用している(他のプロバイダは継続不可)

auひかり電話のみ残す方法について説明した記事も用意していますので、あわせて参考にしてくださいね。

プロバイダのメールアドレスが利用できなくなる?

auひかりを解約するとプロバイダも解約になるので、プロバイダのメールアドレスは使えなくなります。

連絡用などで使っていて、どうしても残したい場合は、メールアドレスのみのプランに切り替えて、プロバイダ契約を残しましょう。

各プロバイダのメールのみプランにおける、月額料金は以下のとおりです。

So-net
200円/モバイルコース
BIGLOBE
200円/ベーシックコース
au one net
250円/ミニミニコース
@nifty
250円/ダイヤルアッププラン
@tcom
300円/メールコース
ASAHIネット
300 メール/ブログコース
DTI
200円/Ubicプラン

無料では継続できないので、どうしても必要でなければ、今後使うメールアドレスをGmailなどの無料メールアドレス等へ変更するのがオススメですよ。

auスマートバリューによる携帯料金の割引が利用できなくなる?

auひかりを解約すると、auスマホの割引であるauスマートバリューも適用されなくなります。

auスマートバリューを利用したい場合は、適用できる回線に乗り換えれば、今後も割引を受けられますよ。

  • ビッグローブ光
  • @nifty
  • eo光
  • コミュファ光
  • So-net光プラス

回線を変えてauスマートバリューを利用する場合は、すでに割引を受けていた期間も含めて計算されるので、ご注意ください。

たとえば2,000円割引を最大2年間利用できる契約の場合、auひかりを契約中に3か月割引を利用していたら、次の回線で引き続き2,000円の割引を受けられるのは21カ月間です。

なお、auスマートバリューで2,000円の割引を利用した場合25ヶ月目からは、永年934円の割引が適用されますよ。

auスマートバリューについて解説している記事も用意していますの、あわせてご覧ください。

レンタル機器を返却しないと違約金が発生する?

auひかりでレンタルしていた機器を期日までに返却しないと、最大10,000円程度の違約金を請求されます。

auひかりを解約したときは、速やかにレンタル機器を返却しましょう。

レンタル機器を未返却にした場合の違約金は以下のとおりです。

<レンタル機器返却遅延による違約金>
機器の種類
利用期間
違約金
HGW(ホームゲートウェイ)機器 (BL170HV/BL190HW)
〜13カ月未満 8,500円
13カ月〜25カ月未満 5,200円
25カ月〜37カ月未満 1,800円
37カ月以降 1,000円
HGW(ホームゲートウェイ)機器 (BL900HW)
〜13カ月未満 8,000円
13カ月〜25カ月未満 4,000円
25カ月〜37カ月未満 2,000円
37カ月以降 1,000円
VDSL装置
〜13カ月未満 9,700円
13カ月〜25カ月未満 6,800円
25カ月〜37カ月未満 3,900円
37カ月以降 1,000円

auひかりは解約後いつまで利用できる?

auひかりの解約は、プロバイダに解約の申し込みを行い、プロバイダが解約の手続きを行うことになります。

そのため、auひかりの解約申し込み後は、プロバイダが解約手続きを完了させるまでは利用できます。

しかし、プロバイダによって解約手続きが完了するタイミングが異なるため、いつまでauひかりを利用できるのかは、各プロバイダに問い合わせましょう。

まとめ

auひかりの解約手順は以下のとおりです。

  • プロバイダへ解約申し込み
  • 撤去工事
  • レンタル機器の返却

auひかりを解約するには、プロバイダへの問い合わせることを覚えておいてくださいね。

自分の契約しているプロバイダの解約ページや電話番号を確認して、解約手続きをすすめましょう。

プロバイダがわからない場合は、解約くんを利用することで簡単に分かりますよ。

なお、auひかりを解約する際は、違約金や工事費の残債、撤去工事費、解約月の月額料金がかかってしまいます。

更新月の解約したり、他社キャンペーンを利用することで、解約費用を抑えることができるのでオススメです。

ソフトバンク光なら、最大100,000円の他社解約金負担があるので、auひかり解約時に工事費残債や撤去工事費などが発生しても十分補えますよ。

auショップなどで忘れずに解約証明書を発行してもらって、違約金負担キャンペーンを活用してみてくださいね。

キャッシュバック金額・受取方法に注目!ソフトバンク光おすすめ窓口

おすすめ窓口STORY

現金33,000円キャッシュバック
開通月から最短2か月後に現金33,000円がキャッシュバック!通常30,000円キャッシュバックが「わたしのネットを見た」経由で申込みで、プラス3,000円の33,000円に!有料オプションに加入不要でキャッシュバックを受け取れるのはうれしいですよね!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大70,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る