閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

auひかりを解約したい!注意点と解約金を0にする方法

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

auひかりを解約したい!後悔しない解約手順と解約金を0にする方法は?

auひかりは次の3ステップで解約できます。

  1. プロバイダへ連絡
  2. レンタル機器を返却
  3. 撤去工事

しかし、auひかりの解約をする際には、次のような費用が数万円レベルで発生する可能性があります。

  • 契約解除料(解約違約金)
  • 開通工事費の残債
  • 撤去工事費

ここでは、auひかりの解約費用の詳細と解約費用をゼロにする方法について、ご説明します。

なお、auひかりの解約費用をゼロに抑えたい人は更新月に解約するか、他社のインターネット回線の解約費用を負担してくれる「ソフトバンク光」に乗り換えるのがおすすめです。

ソフトバンク光は、オプション加入なしでキャッシュバックを33,000円もらえる窓口から申し込むのがオススメです!

詳しくは以下のキャンペーン情報をご覧ください。

\33,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光のおすすめ申込窓口

auひかりの解約金は、ソフトバンク光への乗り換えで実質ゼロ円に!

auひかりを解約する際、多くの場合は解約金がかかってしまいますが、ソフトバンク光に乗り換えれば実質ゼロ円にできます

ソフトバンク光では「あんしん乗り換えキャンペーン」というサポートを提供しており、他社回線の解約時にかかる違約金・回線撤去工事費などを最大で10万円まで負担してくれます。

解約費用が10万円を超えることはまず無いですから、実質の全額補償というわけです。

さらに、現在ソフトバンク光では、新規契約時にキャッシュバックが最大33,000円までもらえるキャンペーンも実施中しています!

auひかりの解約金をゼロにしたい人は、ソフトバンク光のキャンペーン情報をチェックしてみてくださいね。

\33,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

なお、ソフトバンク光は、混雑を回避して通信を安定させる次世代規格「IPv6」にも対応しているため、通信をストレスに感じることもほとんどありませんよ。

auひかりの解約手順は3ステップ!

auひかりを解約する際には、以下の3ステップの順番を守って行う必要があります。

それぞれのステップの詳細についてご説明します。

1.プロバイダに連絡する

まずは契約しているプロバイダに解約の連絡をします。

各プロバイダの連絡先は以下のとおりです。

各プロバイダの連絡先
プロバイダ名
連絡先(受付時間)
So-net
0120-80-7761(9:00~19:00)
BIGLOBE
0120-86-0962(9:00~21:00)
@nifty
0120-32-2210(9:00~19:00)
@Tcom
0120-805-633(9:00~20:00)
Asahi Net
0570-01-3500(10:00~19:00)
au one net
0077-777(9:00~20:00)
DTI
0120-830-501(10:00~17:00)
とくとくBB by GMO
書面郵送にて解約

プロバイダに連絡する際には、プロバイダを登録したときのメールアドレスやパスワードを念のため用意しておきましょう。

連絡時に解約する日を指定すれば、その日にサービスを停止してくれます。

解約日までの料金は日割りで計算されるので、何日前までに解約申し込みが必要などという決まりは特にありません。

ただし、auショップやMy auでは解約申し込みができないので、ご注意ください。

2.レンタル機器を返却する

解約手続きが済むと、1週間~10日ほどで着払い伝票が送られてきます。

着払い伝票には、ONUなどの返却する機器と製造番号やシリアル番号が記載されているので確認してください。

確認が終わったら、すべての機器を梱包して、届いた着払い伝票でコンビニや郵便局から郵送します。

梱包する際には、もともと機器が入っていた箱に入れますが、箱が手元に残っていない場合には、梱包のための段ボール箱を自分で用意する必要があります。

契約しているプロバイダに解約の連絡をせずに機器を返却すると、解約手続きがされないままになってしまいます。

必ず、プロバイダに連絡をして着払い伝票が届いてから、機器を返却してください。

また、解約手続きをしても機器を返却しなかった場合、後から機器の代金が請求されてしまうので、必ず返却しましょう。

3.必要に応じて撤去工事を行う

機器の返却が終わると撤去工事ですが、必ずしも撤去が必要というわけではありません。

中には撤去工事が不要な場合もありますので、自分の場合は必要なのかを確認してください。

撤去工事が不要なのは次のようなケースです。

  • 2018年2月28日までにauひかりの契約申し込みをした人
  • マンションプランを契約している人
  • auひかりを引っ越し先で継続する人

ただし、2018年2月28日までにauひかりの契約申し込みをした人でも、賃貸住宅でホームタイプを利用し、管理会社に撤去するようにいわれている場合には、撤去が必要です。

上記のいずれにも当てはまらない場合は撤去工事が必要となり、撤去費用は最大で28,800円かかります。

詳しくは、「撤去工事費」の章でご説明します。

auひかりの解約で発生する費用

auひかりを解約する際に発生する解約料などの費用についてご説明します。

解約時に発生する可能性があるのは、以下の費用です。

それぞれの費用がどのようなケースで発生するのかを、詳しくご説明しましょう。

契約解除料(解約違約金)

契約解除料(解約違約金)とは、プランごとに定められている「更新期間」以外に解約した場合に発生する違約金のことです。

契約解除料が発生するケースは以下のとおりです。

タイプ
プラン
契約解除料
ホームタイプ
ずっとギガ得プラン(3年契約)
15,000円
ギガ得プラン(2年契約)
9,500円
標準プラン
不要
マンションタイプ
お得プランAを選択した場合
タイプG:9,500円
タイプV:7,000円
それ以外のタイプ:不要
その他の場合
不要

ただし、プロバイダがDTIと@Tcomの場合、契約から6ヶ月以内に解約すると違約金がかかる
詳細はこちらを参照ください。

ホームタイプのずっとギガ得プラン、ギガ得プランを契約している場合でも、「更新期間」に解約すれば契約解除料がかかりません

更新期間については、「更新期間(更新月)に解約すれば違約金がゼロになる」で詳しくご説明します。

マンションタイプで違約金が発生するプロバイダはDTI@Tcomです。

DTIと@Tcomでは最低利用期間が6ヶ月間に設定されており、6ヶ月以内に解約すると残りの月額料金が違約金として発生します。

たとえば、3ヶ月で解約すると、残りの3ヶ月分の月額料金が違約金になります。

DTIと@Tcomで契約している場合には、契約期間に注意してください。

開通工事費の残債

auひかりでは、開通工事費が分割払い制です。

毎月の月額料金に追加される形で、分割された工事費を支払う設定になっています。

この分割払い期間内に途中解約をすると、開通工事費の残債を一括払いする必要があります。

開通工事費分割払いの内容は、次の表のとおりです。

タイプ
開通工事費
1ヶ月分の支払い
×支払回数
支払い年数
ホームタイプ(1ギガ)
37,500円 625円×60回 5年間
マンションタイプ
30,000円 1,250円×24回 2年間

つまり、ホームタイプの場合は開通から5年以内、マンションタイプの場合は2年以内にそれぞれ途中解約すると、開通工事費の残債を支払わなくてはいけません。

例えば、1年(12ヶ月)で途中解約した場合、それぞれ次のような残債額になります。

ホームタイプの場合:625円×残りの48回分=30,000円
マンションタイプの場合:1,250円×残りの12回分=15,000円

なお、「工事費実質無料」でauひかりを契約していても、途中解約した場合には残債が発生します。

というのも、「実質無料」とは、月々の支払額から開通工事費分の費用が割り引かれることで、ホームタイプでは60ヶ月、マンションタイプでは24ヶ月かけて開通工事費全額が相殺されていく仕組みなのです。

auひかりホーム1ギガ
auひかりマンション
月額料金
4,900~5,100円 3,400~5,000円
開通工事費
625円/月×60ヶ月 1,250円/月×24ヶ月
開通工事費分の割引
625円割引/月×60ヶ月 1,250円割引/月×24ヶ月
実際の支払額
4,900~5,100円 3,400~5,000円

このように、結局は割引で相殺されるため工事費の存在が見えにくいですが、実際は分割された開通工事費を毎月支払う形になっています。

「工事費実質無料」といえど、途中解約すると開通工事費の残債が必ず発生するのでご注意ください。

開通工事費の残債が現状いくらなのかは、My auから確認できます。

ログインする際には、au ID(電話番号/メールアドレス/任意のID)とパスワードが必要です。

撤去工事費(2018年3月1日以降ホームタイプは必須!)

auひかりを解約する際には、撤去工事費が発生することがあります。

なお、2018年3月1日以降にホームタイプを契約した方は、撤去工事が必須となっていますので特にご注意ください。

撤去工事費の必要の有無と撤去工事費は、次の表のとおりです。

条件
撤去工事の必要の有無と撤去工事費用
2018年3月1日以降に
ホームタイプ(1ギガ・5ギガ・10ギガ)を申し込んだ人
必要
撤去工事費28,800円
2018年2月28日までに
ホームタイプを申し込んだ人
建物の都合上撤去工事が必要な人
必要
撤去工事費10,000円
上記以外の人
不要
マンションタイプの人
引っ越し先でauひかりを継続利用する人

撤去工事費の支払いを拒否すると、賠償金が課せられることもありますから、注意しましょう。

自分の場合はいくらの撤去工事がかかるかを、あらかじめ調べておいてください。

解約月の月額料金

auひかりを解約すると、解約日までの月額料金が日割りで計算され、翌月に請求されます。

解約日前に引っ越してインターネットを全く使っていないなどというケースでも、翌月に日割りされた解約月の月額料金が請求されるのでご注意ください。

auひかりの解約費用をゼロにする方法

auひかりを解約する際には、当然ながら解約費用を極力かけずに済ませたいですが、これまで紹介してきた内容を見ると、支払いを回避するのはなかなか難しく感じられます。

しかし、結論から申し上げると、auひかりの解約費用をゼロにする方法はあります!

以下2点に注目のうえ、費用ゼロでauひかりを解約しましょう。

  • 更新期間に解約する
  • ソフトバンク光に乗り換える

更新期間(更新月)に解約すれば違約金がゼロになる

先述したように、契約期間の途中でauひかりを解約すると、契約解除料(解約違約金)が発生します。

契約期間が存在するのは、ホームタイプの「ずっとギガ得プラン(3年契約)」「ギガ得プラン(2年契約)」です。

上記の2プランは、契約した月からそれぞれ3年と2年の単位で契約が自動更新されますが、自動更新から2ヶ月間が「更新期間」となり、この期間に解約すれば違約金がかかりません。

それぞれのプランの更新期間について、詳しくご説明します。

ずっとギガ得プラン

ずっとギガ得プランの更新期間は次のとおり、3年単位になっています。

以下に示した更新期間以外に解約すると契約解除料が15,000円かかりますが、更新期間に解約すれば契約解除料はかかりません。

auひかりずっとギガ得プランの契約期間
※au公式サイト「ずっとギガ得プラン 更新のタイミングと契約解除料のご案内」より

ギガ得プラン

ギガ得プランの更新期間は次のとおり、2年単位になっています。

以下に示した更新期間以外に解約すると契約解除料が9,500円かかりますが、更新期間に解約すれば契約解除料はかかりません。

auひかりギガ得プランの契約期間
※au公式サイト「ギガ得プラン 更新のタイミングと契約解除料のご案内」より

自分が加入しているプランの更新月をあらかじめ調べておくことで、契約解除料を支払わずに解約することが可能です。

次の更新月がいつなのかを調べるためには、次の3つの方法があります。

請求書で調べる
毎月送られてくる請求書を確認すれば、更新月がいつかがわかります
WEBで調べる
My auにログインすれば、更新月を調べることが可能です
※ログインする際には、au ID(電話番号/メールアドレス/任意のID)とパスワードが必要です。
auショップで調べる
auショップに行けば、スタッフが更新月を調べて教えてくれます

なお、更新期間に解約しても、開通工事費の残債や撤去工事費がかかる場合もありますから注意が必要です。

たとえば、ホームタイプのずっとギガ得プラン(3年契約)を、最初の更新月の37ヶ月目で解約したとします。

すると、違約金は0円ですが、開通工事費の残債があります。

上記の「開通工事費の残債」でご説明したとおり、ホームタイプの場合は、「工事費実質無料」の場合でも、毎月625円×60ヶ月間=計37,500円の開通工事費の分割払いをしています。

そのため、37ヶ月目で解約すると、残りの23ヶ月分の工事費支払い分にあたる14,375円を、開通工事費の残債として請求されてしまうのです。

さらに、上記の「撤去工事費」でご説明したとおり、撤去工事費がかかる場合もあります。

上記の解約費用を完全にゼロにしたい場合は、次にご紹介する方法をおすすめします。

「ソフトバンク光」に乗り換えれば解約費用全額が実質ゼロになる

auひかりの解約費用を実質ゼロにするためには、「ソフトバンク光」に乗り換えるのがおすすめです。

auひかりで解約費用が発生しても、ソフトバンク光の乗り換え新規向けキャンペーンで解約費用が相殺されることで、実質ゼロになるという仕組みです。

ソフトバンク光では「乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」という名称で乗り換えユーザー向けサポートを実施しており、最大で10万円を負担してくれます。

解約費用が10万円を超えることはほぼありませんから、事実上の全額負担といえます。

ソフトバンク光なら、auひかりからお得に乗り換えが可能ですよ!

さらに、以下の代理店から契約すれば、解約費用の負担に加えて有料オプション加入なしでも最大33,000円キャッシュバックを受けられます

\33,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

auひかりの解約でよくある質問

auひかりを解約する際によくある質問とその回答をご紹介します。

解約時にわからないことがあれば、参考にしてください。

Q.auひかりを解約すると電話やauスマートバリューも使えなくなる?

auひかりを解約すると、電話、テレビ、auスマートバリュー、付加サービス(オプション)など、auひかり関連のサービスはすべて停止されて使えなくなります。

特に、auスマートバリューが解約されると、家族全員のau料金割引がきかなくなり、影響が大きくなります。

また、それぞれ契約しているプロバイダで作ったメールアドレスも使えなくなりますので、普段使っている方はメールアドレスを新たに設定する必要がありますので注意しましょう。

Q.解約時にひかり電話の番号は残せる?

解約時にひかり電話の電話番号を残せるかどうかは、その番号をどこで発番したかによって変わります。

NTTで発番した電話番号の場合は残すことができますが、auひかりで発番した場合は残すことができません

NTTで発番した番号を残すためには、auひかりを解約する前にあらかじめ再開の申請を行う必要がありますので、解約の申し込み前に、以下の問い合わせ先に電話番号を残したい旨を伝えましょう。

【固定電話から】
申請先電話番号:局番なしの「116」
受付時間:9:00~17:00(年末年始の12/29~1/3を除く)
【固定電話以外から】
NTT東日本はこちら
NTT西日本はこちら

問い合わせをする際には、NTTの電話番号を休止したときの利用休止票の休止番号があれば話がスムーズに進みますが、休止番号がわからなくても調べて対応してくれます。

Q.引っ越しの場合も解約が必要?

引っ越しをする場合でも、解約せずにauひかりを継続して利用できます。

引っ越し後もauひかりを継続して利用する場合には、解約時に必要な撤去工事費や解約違約金は免除されます。

ただし、引っ越し先での開通工事費はかかりますので、ご注意ください。

また、引っ越し時にプロバイダを変更すると、違約金がかかる場合があります。

引っ越し先でauひかりを継続利用する方法について解説している記事もご覧ください。

Q.ひかり電話だけの解約はできる?

ひかり電話だけを解約することも可能です。

契約時のプロバイダに連絡して、ひかり電話だけを解約する手続きを行ってください。

各プロバイダの連絡先は、以下のとおりです。

各プロバイダの連絡先
プロバイダ名
連絡先(受付時間)
So-net
0120-80-7761(9:00~19:00)
BIGLOBE
0120-86-0962(9:00~21:00)
@nifty
0120-32-2210(9:00~19:00)
@Tcom
0120-805-633(9:00~20:00)
Asahi Net
0570-01-3500(10:00~19:00)
au one net
0077-777(9:00~20:00)
DTI
0120-830-501(10:00~17:00)
とくとくBB by GMO
書面郵送にて解約

Q.オプションの解約方法は?

auひかりのオプションを解約する場合は、My auにログインすれば手続きができます。

ログインする際には、au ID(電話番号/メールアドレス/任意のID)とパスワードが必要です。

まとめ

auひかりを解約する際には次の3つの違約金がかかる可能性がありますが、対応次第でこれらの違約金をゼロにできます。

  • 契約解除料(解約違約金)
  • 開通工事費の残債
  • 撤去工事費

「ずっとギガ得プラン」と「ギガ得プラン」に加入している場合には、更新期間に解約することで契約解除料を支払う必要がなくなります

そのため、あらかじめ請求書やauショップ、My auなどで更新月を確認して更新期間に解約すれば、契約解除料をゼロにすることが可能です。

しかし、必ずしも更新期間に解約できるとは限りませんし、撤去費用は支払いを回避できない場合も多いのが実情です。

その場合は、ソフトバンク光に乗り換えることで、auひかりでかかった解約費用を相殺して実質ゼロにすることが可能です。

できるだけ少ない負担でauひかりを解約するために、まずは現在の契約状況を確認し、最適のタイミングで解約する、必要に応じて乗り換え先のキャンペーンを利用するなどを試みましょう。

\ 【最新】ソフトバンク光おすすめ申込窓口 /
☞ 詳細記事はこちら「なぜ代理店がお得なの?ソフトバンク光を申込み際に代理店がお得な理由」
ソフトバンク光のおすすめ申込窓口