閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

WiMAXで上手に利用してスマホ代を節約する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2781
おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

WiMAXはインターネット通信事業のポケットWi-Fiで一躍有名になった企業です。最近ではUQコミュニケーションズという社名に変わり、WiMAXもUQWiMAXという正式名称に変更されました。
UQWiMAXはついつい格安SIMカードを利用したWi-Fiルーターと同じ扱いを受けてしまいますが、WiMAXがWi-Fi-ルーターの先駆け的な企業であって、決して格安SIMを使用してルーターを使用しているわけではありません。そのため提供しているサービスの安定度や信頼は非常に高いものです。
このUQコミュニケーションズが展開するUQWiMAXをうまく利用することで、現在利用しているスマホのパケット料金を上手に節約することが可能です。しかしまだまだその上手な利用法を知っている人そう多くありません。月々のスマホの通信利用が多い人にとっては非常にメリットの多いWiMAXとの併用利用。通信利用が多く速度制限がかかってしまう人や途中で何度も追加通信費を購入する人は必見です。

スマホと通信費の関係

iPhoneやスマートフォンを利用すると発生するのが通信費です。これは電話機能以外のアプリで基本的に必要となるもので、iPhoneやスマートフォンを利用している人が避けては通れないものです。この通信量には毎月利用できる上限というのが設けられていて、契約プランによってその上限が変わり、上限を超えて使用する場合にさまざまなペナルティが発生するような仕組みになっています。
まずは各スマホ会社の基本的な料金について詳しく見ていきましょう。

docomo利用者の通信費

NTT系列のdocomoでは現在、一人で加入できるデータプランと家族でシェアして使用できるデータプランに分けてラインナップを展開しています。

ひとり向けプラン

ドコモユーザーが家族の一人の場合に申し込めるのがひとり向けのデータプランで、2GBのパケット通信量のついたデータSパックから30GBの通信量のついたウルトラデータLLパックまであります。

パケットパック定額料
      通常料金      
データSパック(2GB)
3,500円
データMパック(5GB)
5,000円
ウルトラデータLパック(20GB)
6,000円
ウルトラデータLLパック(30GB)
8,000円

家族向けプラン

家族でシェアできるシェアプランは、家族の中で使用にばらつきのある通信利用量を一つにまとめてみんなで分けて使いあうことで、家族で無駄なくデータ量を使用できるというものです。シェアパックの利用には1回線増えるごとに500円のシェアオプションが発生しますが、それでもシェアパックの金額を家族の人数で割って計算すれば、シェアオプションの500円をプラスしてもひとりで契約するよりもお得です。

パケットパック定額料金
シェアオプション
(子回線)
月額合計
1人当たりの料金
シェアパック5(5GB)
6,500円
500×3=1500円
8,000円
2,000円
シェアパック10(10GB)
9,500円
11,000円
2,750円
シェアパック15(15GB)
12,500円
14,000円
3,500円
ウルトラシェアパック50(50GB)
16,000円
17,500円
4,375円
ウルトラシェアパック100(100GB)
25,000円
26,500円
6,625円

※上記金額は家族4人(子回線3つ分)でシェアした場合の金額です。
※上記金額は通常の料金を記載しています。

データ追加購入プラン

利用可能データ量を超えてしまうと、通信速度が低下するリミットモードになってしまいます。そういった場合に、ドコモでは1GBから通信量を追加購入できるスピードモードを販売しています。このスピードモードは都度申し込みができるタイプと、あらかじめ利用可能データ量を超えて追加で利用するデータ量を申込むことができるタイプとあります。

     データ追加     
      追加料金      
スピードモード1GB
1,000円

au利用者の通信費

データ定額パックプラン

auでは現在、5つのデータ定額パックを販売しています。通信量を当月に使いきれなかった場合、データくりこしで翌月に持ち越せるのがauの特徴です。

     データ容量     
      月額料金      
データ定額1(1GB)
2,900円
データ定額3(3GB)
4,200円
データ定額5(5GB)
5,000円
データ定額20(20GB)
6,000円
データ定額30(30GB)
8,000円

データ追加購入プラン

また万が一、データの通信容量が上限を超えてしまった場合には、0.5GBから通信量を追加購入することができるデータチャージを行っています。

    データ容量単位    
     チャージ料金     
0.5GB
550円
1GB
1,000円

Softbank利用者の通信費

データ定額プラン

ソフトバンクでは現在基本テータ量1GBのデータ定額ミニ1GBプランから30GBまで使用することができるギガモンスターデータ定額30GBプランまでの5つのプランを設けています。

データ定額サービス
  基本データ量  
    定額料    
データ定額ミニ1GB
1GB
2,900円
データ定額ミニ2GB
2GB
3,500円
データ定額5GB
5GB
5,000円
ギガモンスターデータ定額20GB
20GB
6,000円
ギガモンスターデータ定額30GB
30GB
8,000円

※専用2年契約にご加入時の金額です。
※データ繰り越しはパケット定額5GB以上の契約が対象です。

データ追加購入プラン

ソフトバンクではデータ通信量の上限を超えて低速になった場合に、追加データをお申込みいただくことで通信速度が低速になることなくデータ通信を行える快適モードを行っています。この快適モードは1か月ごとの上限回数を事前に設定を指定しておき、データ通信量が上限量を超えてしまった時に自動的に使用した分の追加容量の金額が請求されるというものです。またあらかじめ申し込みを行わなくても必要ごとに追加してデータを購入できる制限モードというプランもあります。

制限モード
追加データ容量単位
0.5GB
1GB
利用料
550円
1,000円
快適モード
追加データ容量単位
1GB
利用料
1,000円
おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

各スマホキャリアとWiMAXの併用で節約するポイント

各スマホキャリアの通信費用は多少のばらつきはあるものの、おおよそ20GBの容量で6,000円というものです。それほどスマホでアプリを利用しない人であれば、20GBも必要ありませんが、日常的にスマホを利用する人にとってはこの20GBというのはひとつのボーダーラインになってきます。
WiMAXを使ってスマホの利用料を節約する場合、この20GBが大きなポイントになってきます。この通信費用の一番安い金額とWiMAXを契約したときに発生する月額料金の合計金額以上の契約を結んでいる場合、WiMAXを使った方が月額の金額を節約することができます。

ドコモ料金とWiMAXの比較

 
パケットパック
ドコモ最安プラン
+WiMAXギガ放題
4,380円
節約可否
お一人プラン
2GB
3,500円
7,880円
ドコモの方がお得
5GB
5,000円
ドコモの方がお得
20GB
6,000円
ドコモの方がお得
30GB
8,000円
WiMAXの方がお得
シェアパック
(4人で利用した場合
基本料金+
シェアオプション×3)
5GB
8,000円
12,380円
ドコモの方がお得
10GB
11,000円
ドコモの方がお得
15GB
14,000円
WiMAXの方がお得
50GB
17,500円
WiMAXの方がお得
100GB
26,500円
WiMAXの方がお得

ドコモで一人プランの申し込みを行っている場合、20GBまでは通信量が6,000円となるためWiMAXを契約するよりもお得です。しかし、毎月の通信量が20GB以上になってしまう人にとってはWiMAXを合わせて契約した方がお得になります。
また、シェアパックで申し込みをしている場合、10GBまでの通信量であればドコモの方がお得ですが、10GBを超えて使用する場合WiMAXの方がお得になります。シェアパックでWiMAXを利用する場合は、最もよく通信量を使用する家族にWiMAXのルーターを利用してもらうことで節約が可能です。
上記料金はどれもドコモの割引が適用されていない場合の金額を示したものです。ドコモでは4年以上の長期に渡ってドコモとと契約を結んでいるユーザーに対して、毎月のパケットパックの料金から最大で800円お得になる割引を行っています。自分の契約がどういったものなのかをよく確かめて、割引適用額との差額もしっかり考えるようにしましょう。

au料金とWiMAXの比較

 
月額料金
au最安プラン
+WiMAXギガ放題
4,380円
節約可否
データ定額
1(1GB)
2,900円
7,280円-
auスマートバリューmine
割引額最大934円
6,346円
auの方がお得
データ定額
3(3GB)
4,200円
auの方がお得
データ定額
5(5GB)
5,000円
auの方がお得
データ定額
20(20GB)
6,000円
auの方がお得
データ定額
30(30GB)
8,000円
WiMaxの方がお得

auのスマホユーザーの場合、WiMAXがKDDI系列の会社のため、WiMAXの月額料金がauスマートバリューmineの対象となり、月額で最大934円の値引きを受けることができます。そうなると他の会社の端末よりもお得にWiMAXを利用することが可能です。
auとWiMAXの並行利用で節約を行う場合、データ定額20までであれば、auプランの方がお得に利用できますが、20GB以上の利用になるとWiMAXを持った方がお得です。

Softbank料金とWiMAXの比較

 
月額料金
Softbank最安プラン
+WiMAXギガ放題
4,380円
節約可否
データ定額ミニ
1(1GB)
2,900円
7,280円
ソフトバンクの方がお得
データ定額ミニ
2GB
4,200円
ソフトバンクの方がお得
データ定額
5GB
5,000円
ソフトバンクの方がお得
ギガモンスター
データ定額20GB
6,000円
ソフトバンクの方がお得
ギガモンスター
データ定額30GB
8,000円
WiMaxの方がお得

ソフトバンクでは毎月のデータ通信量が20GB以下の場合、月額料金が6,000円になるのでソフトバンクの方がお得ですが、20GBを超えて使用する場合は次の料金プランが30GBの8,000円のプランになるため、WiMAXの方がお得です。

各スマホキャリアとWiMAXの節約分岐点

各スマホキャリアの料金とWiMAXの料金を細かく見ていくと、どこが節約の分岐点なのかということがよく分かります。どこのスマホ会社もその分岐点は20GBとなっていて、毎月のデータ通信量が20GB以上を超えてしまう場合には、データ定額プランの最安値のものとWiMAX無制限プランを合わせて使用する方がお得です。毎月のデータ通信量が20GBギリギリで使用している場合や、制限がかかった状態で使用している場合には、思い切ってWiMAXとの併用プランに切り替えて上限を気にすることなく利用した方が、ストレスなくスマホを楽しむことができるようになります。

おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

WiMAXとスマホのテザリング機能についての比較

現在のスマホではテザリングと言われるスマホ本体をWi-Fiルーターとして活用することが可能です。テザリング機能を使うことで、パソコンやゲーム機などのインターネット接続機器を無線でインターネット接続することができます。
テザリング機能を使用した場合の通信費用は、携帯電話の通信量として消費されるため、契約しているパケット契約から支払われます。ただし、スマホはあくまでもWi-Fiルーターではないので、インターネット接続を行っていると上限の通信量をすぐに超えてしまうことがあり、その後のデータ通信が極端にできにくくなってしまいます。

スマホのテザリング機能とWiMAXルーターの比較

 
    WiMAX    
スマホのテザリング
通信量
無制限
通信制限あり
通信追加料金
不要
発生
同時接続台数
10~18台
5~10台
バッテリー耐久
長時間利用可能
バッテリーの減りが早い
対応エリア
一部エリアによっては
対応できない場合あり
ほとんどのエリアをカバー

スマホのテザリング機能は、テザリングとして利用することをメインとしていないため、通信制限がかかりやすくバッテリーの持久力がないというデメリットがあります。パソコン接続やゲーム機器の続を行い、本格的にインターネットを利用する場合にはテザリング機能はおすすめしませんが、毎月の通信容量が20GB以下の人で一時的にインターネット接続を行う場合にはテザリングでも不便に感じることはありません。

おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

WiMAXの料金形態

WiMAX には通信量を気にすることなく使用できる無制限プランと月々のデータ通信量が少ない人向けのプランの2つがあります。
一つ目は超速ネットを通信容量の上限を気にすることなく無制限に利用することができるUQ Flatツープラスギガ放題と言われるプランです。このプランは月額4,380円で月間データ量の上限なしにたっぷりと使用することができます。
もう一つのプランは、データ通信量が毎月それほど多くない人向けのプランで、月間データ量を7GBまで利用することができるUQ Flatツープラスというプランです。このプランは月額3,696円で利用することができます。
どちらのプランもUQ Flatツープラスおトク割&長期利用割引の割引を適用することができ、毎月の総額から500円安く利用することができます。またauスマホを利用している場合、WiMAXのルータとセット利用で、auスマートバリューmineの割引対象となり、auスマホなどの利用料金が最大で934円毎月割引されます。

 
月額基本使用料
データ容量
UQ Flatツープラス
おトク割&長期利用割引適用時
UQ Flat
ツープラスギガ放題
4,880円
無制限
4,380円
UQ Flat
ツープラス
4,196円
7GB
3,696円

※混雑回避のため3日間で3GB以上利用した場合、通信速度に制限がかかります。通信速度に制限がかかるのは3GBを超えた日の翌日の昼頃から翌々日の昼頃までです。

おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

WiMAXのルーター製品情報

WiMAXではお客様の様々なニーズに答えられるよう、バラエティ豊富なルーターを取り揃えています。中でも主力製品となっているのが最新機種3種です。いくらWiMAXが高いサービスを提供していても実際に利用したときの品質はこのルータによって大きく変わってきます。WiMAXのSIMカードを使用し、これらのルーターを起動することでWiMAXの高速データ通信を無制限で利用することができます。ルーターの性能により上り、下りの最大スピードも変われば、対応サービスエリアも変わってきます。

 
通信速度
対応
ネットワーク
連続通信
時間
重量
サイズ
オプション
speed-wi-fi-next-wx03 Speed Wi-Fi NEXT
WX03
下り最大
440Mbps
WiMAX
2+
WiMAX2+
約440分
ノーマル
モード
約600分

110g
 W99㎜
H62㎜
D13.2㎜
無線
LAN5GHz対応
Bluetooth
テザリング対応
speed-wi-fi-next-w03
Speed Wi-Fi NEXT
W03
下り最大
370Mbps
WiMAX
2+
au 4G
LTE
WiMAX2+
約570分
ノーマル
モード
約610分

127g
 W120㎜
H62㎜
D11.4㎜
無線
LAN5GHz
speed-wi-fi-next-wx02
Speed Wi-Fi NEXT
WX02
下り最大
220Mbps
WiMAX
2+
WiMAX
WiMAX2+
約440分
バランス
モード
約490分

95g
 W110㎜
H66㎜
D9.3㎜
無線
LAN5GHz

まとめ

今の時代、スマホはなくてはならないものです。それでもスマホなどの通信料金はなるべくお得にまとめて利用したいもの。同じキャリアで端末機器や契約をまとめる方が安く感じるかもしれませんが、最近よく見かける格安SIMカードやSIMフリー端末をうまく活用すると通信費節約を行うことが可能です。
特にWiMAXが展開している高速回線のWi-Fiルーターは通信制限量がなく、無制限で利用できるため普段からスマホの通信量が上限を超えてしまう人におすすめです。またさらに節約を行うのであれば、家庭で使用している光回線などの固定回線もWiMAXをうまく活用することで節約できることがあります。
まずは普段手軽に使っているスマホの節約から考えて、今一度しっかりと自分に合ったプランを考え直すようにしましょう。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事