閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする
更新

失敗しないWiMAXの契約方法!今契約すべきプロバイダ・プラン・機種を発表

WiMAX店舗販売とWeb窓口 比較

WiMAXを検討しているけれど、プロバイダもたくさんあり、何を重視して契約すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

WiMAXの契約で失敗しないためのポイントは以下の3つです。

  • もっともお得なプロバイダから申し込む
  • 自分にぴったりのプランを決める
  • 最新の機種を選ぶ

2019年6月1日現在、WiMAXを契約するならギガ放題最安値のJPWiMAXでW06を契約するのがオススメです。

また、auユーザーならauスマートバリューmineが適用されるGMOとくとくBBで月額料金割引キャンペーンを受けましょう。

WiMAXは申し込むプロバイダによって、提供エリアや回線の速度、契約できる機種に違いはないため、少しでも安く契約できるプロバイダから契約することをオススメします。

WiMAXの契約手順や契約に必要なもの、費用などもくわしく説明しますよ。

現在WiMAXを契約中の方で契約内容を知りたい方も、確認方法を解説していますので、参考にしてくださいね。

WiMAXの契約で失敗しないためのポイントは3つ

WiMAXの契約で失敗しないためのポイントは、以下の3つです。

  • 自分にぴったりのプランを決める
  • 最新の機種を選ぶ
  • もっともお得なプロバイダから申し込む

WiMAXを契約するなら、今オススメしたいプランはデータ無制限で利用できる「ギガ放題」です。

くわしくは、WiMAXのプランは「ギガ放題」がオススメの項目で紹介しています。

WiMAXは最新機種のW06を選びましょう。

くわしくは、 WiMAXの機種は最新のW06がオススメの項目で紹介しています。

また、ギガ放題プランを2019年6月1日現在、最安値で契約できるのは、JPWiMAXです。

くわしくは、【2019年5月】お得にWiMAXを契約できるプロバイダ6社を比較の項目で紹介しています。

また、WiMAXの契約手続きを行う前には必ず、提供エリアを調べておきましょう

WiMAX回線の提供元であるUQ WiMAXの公式サイト内、ピンポイントエリア判定で提供エリアを調べられますよ。

くわしくは、WiMAXのエリアを確認する方法についての記事も参考にしてくださいね。

WiMAXを契約する際には、少なくとも以下の3つの料金が必要です。

  • 契約手数料
  • 月額利用料金
  • 端末代金

WiMAXはどのプロバイダから申し込んでも、契約手数料として3,000円がかかります。

WiMAXの端末はどのプロバイダで契約しても基本的に同じ機種ですが、端末代金は0円~数千円の会社までさまざまです。

また、上記以外にも別途初期費用がかかるプロバイダもあるので、契約時にはしっかりと確認しましょう。

WiMAXのプランは「ギガ放題」がオススメ

WiMAXで契約できるプランは、1か月のデータ通信量の上限が7GBの「通常プラン」と、データ使い放題の「ギガ放題」です。

WiMAXのギガ放題プランは、1ヵ月に使える通信量が無制限で、安心してたっぷりネットを使用できるのでオススメです。

さらに、キャッシュバックや月額料金割引キャンペーンの適用対象になるのは、ギガ放題プランを契約した人だけ、というプロバイダも多いです。

また、ギガ放題プランならキャンペーンとして、LTEオプションが無料で利用できるプロバイダもありますよ。

通常、月額1,005円(税抜)のLTEオプション料がかかる「ハイスピードプラスエリアモード」に、切り替えることでauの4GLTE通信も利用できます。

WiMAX回線が圏外のエリアでもLTE回線の電波を使い接続ができるので、インターネットが繋がらなくなる心配がありません。

ギガ放題プランなら速度制限がかかっても安心

1ヶ月間で利用可能なデータ容量を超えてしまった場合には、速度制限がかかります。

ギガ放題プランと通常プランの速度制限がかかる条件は、以下のとおりです。

速度制限 速度制限の条件 制限期間 制限中の速度
ギガ放題の速度制限 3日間で10GB以上通信 翌日の18時頃~翌々日の2時頃までの約8時間 おおむね1Mbps
通常プランの速度制限 1か月に7GB通信 月末まで 最大 128Kbps

通常プランだと1か月の上限7GBまでデータ通信を行った場合、速度制限が月末までかかります。

ギガ放題はデータ量の制限なしというのが嬉しいですが、3日間で通信量の合計が10GB以上となった場合に速度制限がかかります。

ただし、ギガ放題ならもし速度制限がかかってしまっても、夜18時頃から翌2時までの約8時間という短い期間なので、厳しいものではなく安心ですよ。

WiMAXの速度制限についてはWiMAXの速度制限がかかる条件や注意点について解説している記事もご覧ください。

WiMAXの機種は最新のW06がオススメ

WiMAXは機種によっても最大通信速度や、つながりやすさが違います

WiMAX2+回線対応の最新機種として「W06」という新しい機種が2019年1月25日に発売されました。

W06は今までの機種に比べて通信速度が向上し、下り最大867Mbpsと格段につながりやすくなりました。

W06をUSBで接続し、ハイスピードエリアモードを利用すれば、最大1.2Gbpsの速度がでますよ。

高性能ハイモードアンテナや、Wi-Fi TXビームフォーミングなどの高性能アンテナなど、安定して通信できる機能が搭載されています。

WiMAXのプロバイダによっては、契約時に選ぶ機種によってキャッシュバック額が変化します。

型落ちの機種を選べば高額のキャッシュバックが受け取れることもありますが、快適にWiMAXを利用することを考えられば、速度やつながりやすさを重視して、最新機種を選びましょう

WiMAXの機種選びについてはWiMAXの最新ルーターを比較した記事も参考にしてください。

WiMAXの端末代金無料のプロバイダをチェック!

WiMAXのプロバイダによっては、WiMAX端末を無料で提供している会社もあります。

WiMAXの端末代金が無料のプロバイダを、いくつか紹介しましょう。

  • GMOとくとくBB
  • DTI WiMAX
  • Broad WiMAX
  • So-net WiMAX
  • カシモWiMAX

端末代金がかかるプロバイダは、端末代金が分割で月額料金とあわせて請求されたり、初期費用に組み込まれたりします。

WiMAX端末無料のプロバイダは、最新機種が手に入り、なおかつ支払い料金も抑えられるので嬉しいですね。

ただし、端末代金無料のプロバイダは短期間の解約で端末代金が請求されたり、高額の違約金が発生したりするので注意が必要です。

【2019年5月】お得にWiMAXを契約できるプロバイダ6社を比較

WiMAXの月額料金はプロバイダによって異なりますが、単純に額面を比べるだけでは、どこがお得な契約先なのかはわかりません。

なぜなら、月額料金の割引が入るプロバイダもあれば、月額料金は高くても高額なキャッシュバックを一括でもらえるプロバイダもあるからです。

本当にお得な契約先を見つけるためには、すべてのキャンペーンを加味した契約期間中の「実質金額」で比較を行う必要があります。

WiMAXプロバイダごとの実質金額は、以下のように導き出すことができます。

  • 1か月の実質金額=契約手数料+基本料金×36か月分-月額料金割引-キャッシュバック額÷36

主要WiMAXのプロバイダ6社のキャンペーンを実質価格で比較してみましたのでご覧ください。

実質価格を出すための契約条件は、以下の内容で統一しています。

<契約条件>

  • プラン: ギガ放題プラン3年
  • 機種:W06
  • 周辺機器なし
  • 契約手数料3,000円
月額料金 キャッシュバック 3年間の実質料金
JPWiMAX 【1~2ヶ月目】
2,800円
【3~24ヶ月目】
3,500円
【25ヶ月以降】
4,100円
16,000円
(Amazonギフト券)
3,216円/月
GMOとくとくBB
(割引キャンペーン)
【1~2ヶ月目】
2,170円
【3~36ヶ月目】
3,480円
3,351円/月
DTI WiMAX 【1~2ヶ月目】
0円
【3ヶ月目】
2,590円
【4ヶ月目以降】
3,760円
3,601円/月
Broad WiMAX 【1~2ヶ月目】
2,726円
【3~24ヶ月目】
3,411円
【25ヶ月目以降】
4,011円
3,656円/月
カシモWiMAX 【1ヶ月目】
1,380円
【2~24ヶ月目】
3,580円
【25ヶ月以降】
4,079円
3,669円/月
@nifty
(割引キャンペーン)
【初月】
無料
【2~3ヶ月目】
2,980円
【4ヶ月以降】
3,660円
3,705円/月
BIGLOBE
(キャッシュバック)
【1~2ヶ月目】
3,495円
【3~24ヶ月目】
4,180円
【25ヶ月目~36ヶ月】
4,380円
15,000円 4,008円/月
So-net 【1~12ヶ月目】
3,380円
【13~36ヶ月目】
4,379円
4,129円/月

※価格は税抜
※2019年6月 当サイト調べ

ギガ放題プランを最安値で契約できるのは、JPWiMAXでした。

そのほか、オススメしたいプロバイダも含め、のちほどくわしく説明していきますよ。

WiMAXの契約先を選ぶ際のポイントとして、あなたがauスマホユーザーの場合は「auスマートバリューmineに対応しているか」という点も重要です。

auのスマホとのセット割引「auスマートバリューmine」は、auスマホ・ケータイとWiMAXをセットで利用することで、auスマホ・ケータイの月額利用料金が、毎月最大1,000円安くなるというサービスです。

2018年11月時点で、WiMAXプロバイダでauスマートバリューmineに対応している会社は以下のとおりです。


引用:auスマートバリュー mine対象となる提携事業者一覧

auスマホユーザーの方は、auスマートバリューmineの対象プロバイダを選ぶとよいでしょう。

WiMAXを使い放題で契約するなら「JPWiMAX」が最安値!

WiMAXで1ヶ月のデータ利用量が無制限の「ギガ放題プラン」を新規で契約するなら、JPWiMAXがオススメですよ。

JPWiMAXでは以下のキャンペーンが受けられます。

  • Amazonギフト券16,000円分プレゼント
  • 月額料金割引キャンペーン
  • 端末代金無料
  • 送料無料
  • LTEオプション無料

JPWiMAXでは、Amazonギフト券での16,000円分キャッシュバックと月額料金割引どちらも受けられる点が特徴です。

Amazonギフト券での還元は2回に分けて行われ、契約後に10,000円分のAmazonギフト券、契約から1年後に6,000円分のAmazonギフト券が受け取れますよ。

しかし、3年以下の解約の場合は高額な契約解除料が発生します。

契約期間に対する解約金は以下の表のとおりです。

契約期間 解約金
1年未満の場合 30,000円
1~3年の場合 25,000円
更新月の場合 0円
それ以降の場合 9,500円

さらに、24ヶ月以内に解約する場合は、端末の返却が必要です。

端末を返却しない場合、別途違約金として24か月までの契約の残り月数×1,600円がかかるので注意しましょう。

詳しくはJPWiMAX公式サイトのキャンペーンをご覧ください。

「GMOとくとくBB」は月額料金割引の方がお得!

GMOとくとくBBはauスマートバリューmineを適用できるプロバイダです。

GMOとくとくBBでは以下のキャンペーンが受けられますよ。

  • 月額料金大幅割引orキャッシュバック
  • 端末代無料
  • 送料無料
  • LTEオプション無料
  • auスマートバリューmine

GMOとくとくBBでは、契約時に月額料金大幅割引キャンペーンかキャッシュバックが選べます。

GMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーンを申し込む場合、下記3つの特典も併用できます。

  • 端末機種代金無料
  • LTEオプション36,180円相当が無料
  • 5,000円キャッシュバック

月額割引キャンペーンなら確実に特典が受けられますので、キャッシュバックの手続きが面倒だったり、もらい忘れが心配な方にオススメです。



GMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを選んだ場合は、機種によってキャッシュバック金額が異なります。

一方、月額料金割引キャンペーンは、WiMAX端末によって割引額は変わりません。

選択するルーター キャッシュバック額
本体のみ 本体+クレードルセット
W06 32,050円
W05 37,000円 33,000円
WX05 32,050円 29,050円
HOME 01 31,000円
HOME L02 31,000円

 

(価格は税抜)
(2019年6月 当社調べ)

最大額の37,000円キャッシュバックをもらえるのは、W05で本体のみ契約した場合のみです。

ただし、キャッシュバックは何もせずに受け取れるわけではなく、利用者側がきちんと手続きを行う必要がありますよ。

キャッシュバックの受け取るまでの手順は以下のとおりです。

  1. 指定口座確認の案内メールを受け取る
    ※端末発送月を含む11ヶ月目に「基本メールアドレス」宛に届く
  2. メールの内容に従い、メールの送信日の翌月の末日までに振込先を登録する
  3. 登録の翌月末、指定口座にキャッシュバック金額が振り込まれる



GMOとくとくBBでW06を契約した場合、キャッシュバックキャンペーンを選ぶより、月額料金大幅割引キャンペーンを選ぶ方が実質価格は 3年間で3,500円程安くなりお得です。

GMOとくとくBBについては GMOとくとくBBの最新キャンペーンを解説した記事をご覧ください。

BIGLOBE WiMAXは口座振替でもお得なキャンペーンを用意!

口座振替での料金支払いに対応したプロバイダの中で、もっとも実質金額が安いのがBIGLOBE WiMAXです。

BIGLOBEWiMAXで受けられるキャンペーンは以下のとおりです。

  • 月額料金大幅割引orキャッシュバック
  • 送料無料
  • LTEオプション無料

BIGLOBEWiMAXも月額料金割引キャンペーンと、キャッシュバックキャンペーンが選べますよ。

キャッシュバックキャンペーンを選んだ場合、15,000円が受け取れます。

BIGLOBEWiMAXは月額料金割引キャンペーンよりも、キャッシュバックキャンペーンを選んだほうが実質価格は安いですよ。

支払い方法はクレジットカード払いのみ、もしくは口座振替ではキャンペーンが適用されないというプロバイダが多いのですが、BIGLOBE WiMAXは口座振替が選べるうえに、キャッシュバックが受け取れるのがメリットです。

ただし、口座振替の場合、月額料金の割引額がクレジットカードの場合よりも下がってしまいます。

また、口座振替手数料も毎月かかり、クレジットカード払いでは不要な費用が年間7,200円発生します。

BIGLOBE WiMAXを口座振替で契約した場合にかかる料金も、把握しておきましょう。

BIGLOBE WiMAXを口座振替で契約した場合の初期費用
契約手数料 3,000円
口座振替手数料 200円
代引手数料 300円
データ端末代 4,800円(代引き時に一括)

(価格は税抜)
(2019年5月 当社調べ)

BIGLOBEWiMAXで口座振替を選んだ場合、端末代金4,800円を初回に一括で支払わなければなりませんが、端末代金相当額が毎月割引されるので実質無料です。

ちなみに、BIGLOBEWiMAXをクレジットカード払いで契約する場合は、初期費用が契約手数料の3,000円のみですよ。

BIGLOBE WiMAXについてはBIGLOBE WiMAXの料金やキャンペーンを解説した記事をご覧ください。

WiMAXの口座振替については口座振替が可能なプロバイダを紹介・解説した記事をご覧ください。

詳しくはBIGLOBE WiMAX公式サイトのキャンペーンをご覧ください。



WiMAXを店舗で契約したいときはauショップや家電量販店へ

はじめてWiMAXを利用される方はわからないことが多く、Webサイト経由の契約に不安かもしれません。

キャンペーンを含む実質料金はWebからの申し込みの方が安いですが、以下に当てはまる方は店舗での契約がオススメですよ。

  • 直接対面で説明を受けたい人
  • 機種を見ながら選びたい人
  • 即日WiMAXを利用したい人

WiMAXをauショップや家電量販店で契約する場合の、メリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット ・店舗スタッフから直接説明が聞ける
・有名店での契約なら端末初期不良や故障に一定の保証を付けている場合が多い
・実際に端末を手にとって選べる
・契約当日に端末を受け取れる
デメリット ・料金がお得にならない
・店舗によって申込みができない
・店員の知識が乏しく、サポートが不十分な場合がある

スタッフに直接相談し、わからないことをその場で解決しながら契約ができるのは、店頭申し込みならではのメリットといえます。

WiMAXを契約する手順を確認!

WiMAXの契約先の選び方とオススメプロバイダがわかったところで、ここからは具体的な契約手順を確認していきましょう。

今回はGMOとくとくBBで月額料金割引キャンペーンを選んで契約する場合の手順を、紹介していきます。

  1. プロバイダのサイトから契約を行う
  2. GMOとくとくBBのキャンペーンサイトから「お申込はこちらから」をクリックして契約をスタートします。

  3. WiMAXルーターが家に届くまで待つ
  4. WiMAXルーター届いたらスマホ・タブレット・パソコン等を接続します。
    なお、プロバイダによっては店頭受け取りができることもあります。
    在庫があれば郵送より早く入手できます。

  5. 契約から11か月後にキャッシュバックの申請手続きを行う

WiMAXの端末は、早くて申し込みの翌日には契約住所に届きますよ。

WiMAXが手元に届いたらスマホやタブレットなどの機器と接続する設定を行います。

WiMAXの設定についてはWiMAXの設定・端末が届いてからWi-Fiに接続するまでを説明した記事を参考にしてください。

キャッシュバックを確実に受け取るためのポイント

キャッシュバックはユーザー自身が、申請期間内に手続きをしなければ受け取れません。

WiMAXのキャッシュバックを確実に受け取るために、注意したいポイントは4つです。

  • キャッシュバックの適用条件を確認する
  • キャッシュバックの申請時期を確認する
  • キャッシュバックの申請方法を確認する
  • キャッシュバックの申請期間内に手続きする

高額キャッシュバックを用意しているGMOとくとくBBの例を見ながら、WiMAXのキャッシュバックの申し込みから受け取りまでの流れをチェックしてみましょう。

<GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを受け取るまでの流れ>

  1. GMOとくとくBBでWiMAXを契約する
  2. 利用開始から11ヶ月目に案内メールが届く
  3. メールの案内にしたがって手続きを進め、返信メールを送る
  4. 返信メールを送った翌月末日にキャッシュバック金額が振り込まれる

WiMAXはキャッシュバックのもらい忘れがないよう、適用条件や申請方法を把握しておくことが重要です。

WiMAXのキャッシュバックについては WiMAXのキャッシュバックを確実に受け取る方法を解説した記事を参考にしてください。

WiMAXの契約についてよくある質問と答え

WiMAXの契約にまつわる疑問は以下の5つです。

  • WiMAXの契約に必要な書類は?
  • WiMAXは未成年でも契約できる?
  • WiMAXの契約内容を確認するには?
  • WiMAXを契約後にキャンセルするには?
  • WiMAXを解約するにはどうすればいい?

次章でそれぞれの疑問の答えを、くわしく解説していきます。

WiMAXの契約に必要な書類は?

Web上でクレジットカード払いを選んで契約する場合は、名前やクレジットカード番号を申し込みフォームに入力して契約するだけで、身分証明書も不要です。

しかし、支払い方法を口座振替にする場合は、保険証や運転免許証などの身分証明書の他に銀行口座番号なども必要ですよ。

たとえば、GMOとくとくBBの場合の身分証明書の提出方法は以下の2つです。

  • 専用フォームからアップロードする
  • 本人確認書類をデジカメや携帯電話で撮影し、取り込んだ画像データをお問い合わせフォームに送信

  • FAXから提出する
  • 本人の名前、住所、生年月日が確認できる本人確認書類をコピーし、FAX番号(03-5456-2556)にFAX

契約したWiMAXプロバイダに、必要事項を記入した口座振替依頼書を送付しなければいけない場合もありますので、申し込み時に確認しておきましょう。

WiMAXは未成年でも契約できる?

WiMAXは未成年でも契約可能ですが、親権者同意書および本人確認書類のコピーが必要です。

未成年者がWiMAXを契約する場合、必要な書類は以下のとおりです。

  • 契約者の本人確認書類
  • 親権者同意書
  • 親権者の本人確認書類

契約者や親権者の本人確認書類として、運転免許証やパスポートなどを提出しましょう。

WiMAXの契約内容を確認するには?

WiMAXを利用中に、現在の契約内容を確認したい場合がありますよね。

たとえば、「どんなオプションに加入していたか」、「キャッシュバックを確実にもらうために、契約月はいつで登録されているか」などです。

契約内容を確認したい場合は、多くのプロバイダがお客様専用のサポートページを用意していますのでアクセスしてみましょう。

契約内容確認時には、ログインIDとパスワードが必要です。

ログインIDとパスワードが記載された、契約時の書類を用意しましょう。

なお、店舗契約の場合には、本人確認ができれば店舗でも契約内容を確認できます。

主要プロバイダの問い合わせ先とマイページをまとめたので参考にしてください。

プロバイダ 問い合わせ先 マイページログイン
UQ WiMAX 0120−929−818(年中無休、9〜21時) http://www.uqwimax.jp/support/member/
GMOとくとくBB WiMAX 0570-045-109(月曜~金曜、10〜19時) https://ssl.gmobb.jp/navi/login.cgi
BIGLOBE WiMAX 0120-86−0962携帯電話などから03−6385−0962(年中無休、10〜19時) https://mypage.sso.biglobe.ne.jp/
Broad WiMAX 0120-546-376(月曜〜土曜、11〜18時) https://support.broad-isp.jp/member/login.php
So-netモバイル WiMAX 0120-80-7761(年中無休、9~18時) https://www.so-net.ne.jp/mypage/?SmRint=gn_hd_mypage
@nifty WiMAX 0120-32-2210携帯電話などから03−5860−7600(年中無休、10〜19時) https://support.nifty.com/support/

WiMAXを契約後にキャンセルするには?

WiMAXの申し込み後、実際に使ってみて自宅にネットが入りづらい、使いにくい、ということがあるかもしれません。

WiMAXの契約をキャンセルしたい場合は、初期契約解除制度を使って、解約が無料でできますよ。

初期契約解除制度が適用される期間は、「商品」を受領した日から起算して8日以内です。

初期契約解除制度を利用してキャンセルする方法は、以下のとおりです。

  1. 端末到着8日以内にプロバイダに電話で申請をする
  2. 初期契約解除の申請後、端末到着から8日以内に商品一式を返送する

初期契約解除制度を利用する際の注意点は以下の3つです。

  • プロバイダから送られてきたものはすべて8日以内に返送する
  • 契約手数料はキャンセルしても請求される
  • 初期契約解除制度を利用しても返却した機器に破損があった場合、損害金などが請求される

ちなみに、GMOとくとくBBではWiMAXを使い始めて20日以内であれば、無料でキャンセル可能です。

GMOとくとくBBで契約したWiMAXを無料でキャンセルする手順は、以下のとおりです。

  1. お客様センターに電話して解約を申し込む
    ※「GMOとくとくBB」お客さまセンター:0570-045-109(平日10:00~19:00)
  2. WiMAX端末を返送する
    ※〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワーGMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB宛(TEL:0570-045-109)

なお、GMOとくとくBBの無料キャンセルは、申し込み日を1日目としてカウントを開始し、20日以内に返送端末がGMOとくとくBB側に届いている必要があります

GMOとくとくBBでWiMAXを使ってみたけれど、その機能に満足できないなどの場合は、20日以内に端末を返送し、解約しましょう。

キャンセル費用を無料で抑えるためには、早めの手続きが重要ですよ。

WiMAXを解約するにはどうすればいい?

WiMAXを解約したいときは、契約先によって手続きが異なるため、まずは契約しているプロバイダに問い合わせましょう。

WiMAXの解約方法は、以下の手順で行います。

  1. 契約更新月を確認する
  2. プロバイダに解約の申請を行う
  3. 返却物があれば速やかに送付する
  4. 契約解除料があれば支払う

WiMAXの解約についてはWiMAXの解約方法や違約金についての記事をご覧ください。

まとめ

2019年6月1日現在、WiMAXを契約するならギガ放題最安値のJPWiMAXでW06を契約するのがオススメです。

また、auスマートバリューmineが適用されるGMOとくとくBBの月額料金割引キャンペーンもお得ですよ。

WiMAXの契約で失敗しないためのポイントは、以下の3つです。

  • 自分にぴったりのプランを決める
  • 最新の機種を選ぶ
  • もっともお得なプロバイダから申し込む

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン内容や月額料金が変わります。

本当にお得な契約先を見つけるためには、月額料金や初期費用、すべてのキャンペーンを加味した契約期間中の「実質金額」で比較を行う必要がありますよ。

WiMAXのギガ放題プランなら、1ヵ月に使える通信量の上限がなく、支払いを気にせずにたっぷりネットを使用できるのでオススメです。

快適にWiMAXを利用することを考えれば、速度やつながりやすさを重視して、通信速度が向上した最新機種のW06がオススメです。

WiMAXの申し込み後、実際に使ってみて自宅にネットが入りづらい、使いにくい、ということがあるかもしれません。

WiMAXの契約をキャンセルしたい場合は、初期契約解除制度を使って、解約が無料でできますよ。

ぜひこの記事で紹介した内容を参考に、WiMAXの契約先を選んでみてくださいね。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る