わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

WiMAXの実質価格をプロバイダ別に調査!最新機種の価格はいくら?

WiMAXキャンペーン 比較

便利なWiMAXを毎月安い価格で利用したいですよね。

今回は、WiMAXプロバイダごとに3年間利用した場合の実質価格をリサーチしてみました。

基本料金だけでなく、割引キャンペーンやキャッシュバックを適用したあとの価格を比べると、オススメのプロバイダがみえてきますよ。

WiMAXの最新機種の価格や、WiMAXの価格を抑えて申し込みができる窓口についても解説しています。

WiMAXの価格が気になっている方は、ぜひ読んでくださいね。

WiMAXプロバイダ6社の実質価格を比較

WiMAXは大元であるUQ WiMAX以外にも、数多くのプロバイダで契約できます。

どのプロバイダで契約しても回線速度や契約できるプランは変わりませんが、価格設定は各社で差があります。

今回は、WiMAXのギガ放題プランの価格をメインに紹介していきますよ。

WiMAXの契約プランについては、こちらの記事をご覧ください。

また、WiMAXの契約期間は2年間で設定しているプロバイダが多かったのですが、現在は多くの契約期間3年で設定しているプロバイダが増えているので、3年間同じプロバイダでWiMAXを使った場合の価格をみてみましょう。

では、各プロバイダでギガ放題・契約期間3年(1か月~36か月)を選択した場合の月額料金と、3年間の月額料金の合計を見てみましょう。

 
契約初月の料金 月額基本料金 3年間の月額料金の合計
UQ WiMAX 3,696円(日割り)
登録料:3,000円
端末代:15,000円
3,880円 153,800円
Broad WiMAX 2,726円(日割り)
事務手数料:3,000円
初期費用:18,857円
1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
131,626円
GMOとくとくBB 3,609円(日割り)
事務手数料:3,000円
1~2ヶ月:3,609円
3~36ヵ月:4,263円
150,897円
カシモWiMAX 1,380円
事務手数料:3,000円
1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月:3,480円
25~36ヶ月:4,079円
131,589円
@nifty WiMAX
(新規受付終了)
1~2ヶ月:3,670円
3~36ヶ月:4,350円
1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月:3,480円
25~36ヶ月:4,079円
143,280円
So-net WiMAX 3,380円
事務手数料:3,000円
1~12ヶ月:3,380円
13~36ヶ月:4,379円
145,276円

※2020年7月時点の情報

上記のWiMAX料金はキャッシュバックなどを含まない基本料金の価格です。

基本料金の設定はもちろんですが、契約初月の料金や初期費用にもプロバイダごとに差があるとわかりますね。

WiMAXプロバイダの料金割引・キャッシュバックを適用した価格で比較

WiMAXは、独自の月額料金割引やキャッシュバックもそれぞれに用意しています。

プロバイダごとに実施している月額料金割引などのキャンペーンと、キャッシュバックをみてみましょう。

 
料金割引・キャンペーン キャッシュバックキャンペーン
UQ WiMAX ・端末代割引 最大3,000円
Broad WiMAX ・端末代無料
・初期費用無料
・月額料金割引
・他社解約金違約金負担
・指定回線へ乗り換える際に解約違約金が無料
GMOとくとくBB ・端末代無料
・月額料金割引
クレジット払い限定
最大30,000円
カシモWiMAX ・端末代無料
・月額料金割引
@nifty WiMAX
(新規受付終了)
・端末代割引
・月額料金36か月間割引
So-net WiMAX ・端末代無料
・月額料金割引
・セキュリティオプション12か月無料

※2020年7月時点の情報

WiMAXを契約するには端末も必要ですが、端末代金が無料になるプロバイダと、割引になるプロバイダがあります。

また、キャッシュバックを実施していないプロバイダはその分、月額料金から大幅な割引が受けられますよ。

では、実際にキャッシュバックや月額料金割引を適用した、プロバイダごとの実質価格をみてみましょう。

ギガ放題・契約期間3年(1か月~36か月)・機種はWX06を選択した場合の価格を比較します。

<ギガ放題プランでのプロバイダ比較表>
月額料金
契約事務手数料
端末代金
キャッシュバック
3年間の実質費用
GMOとくとくBBロゴ
(キャッシュバック)
1~2ヶ月:3,609円
3~36ヶ月:4,263円
3,000円 0円 27,500円 123,397円
GMOとくとくBBロゴ
(割引)
1~2ヶ月:2,590円
3~24ヶ月:3,344円
25~36ヶ月:4,263円
3,000円 0円 3,000円 125,641円
DTIロゴ
1~2ヶ月:0円
3ヶ月目:2,590円
4~36ヶ月:3,760円
3,000円 0円 125,910円
Broad WiMAXロゴ
1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
3,000円 0円 131,626円
カシモWiMAX 1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月:3,580円
25~36ヶ月:4,079円
3,000円 0円 131,589円
So-netロゴ 1~12ヶ月:3,380円
13~36ヶ月:4,379円
3,000円 0円 145,276円
BIGLOBEロゴ
3,980円 3,000円 0円 15,000円 146,500円

※税抜金額
※2020年7月時点の情報

どのプロバイダでも割引やキャッシュバック適用前の価格と比べると、大幅に料金が安くなっていますね。

その中でも高額キャッシュバックを適用できるなど、実質費用が一番安いのはGMOとくとくBBです!

WiMAXの価格を調べるときには、キャンペーンが適用された後の料金や、月額料金割引はいつまで適用されるのかを調べることも重要です。

WiMAXの料金については、こちらの記事でも比較していますので、あわせて参考にしてくださいね。

WiMAXの実質価格を比較してわかったオススメのプロバイダ3選

月額料金割引やキャッシュバック適用後の価格を比較した結果わかった、3年間トータルで安く利用できるWiMAXプロバイダ3社についてくわしく解説していきます。

キャッシュバックが適用されればもっとも価格が安い!GMOとくとくBB

WiMAXプロバイダの中でも高額のキャッシュバックを用意しているGMOとくとくBBは、キャッシュバックが適用されれば3年間の利用料金が6社の中でもっとも安いです。

ただし、キャッシュバック額は、選ぶWiMAX端末の機種によって変わりますので注意してくださいね。

GMOとくとくBBのキャッシュバック内容について、くわしくはこちらの記事をご覧ください。

GMOとくとくBBでWiMAX契約は本当にお得?キャッシュバックの注意点

しかし、キャンペーン適用後の料金が一番安いからといってすぐにGMOとくとくBBを契約する前に、ひとつ確認しておいてほしいことがあります。

GMOとくとくBBのキャッシュバックはすぐに受け取れるわけではありません。

WiMAXの契約後から11か月目に指定の方法でキャッシュバック申請をする必要があり、契約月から約1年後に受け取れることも覚えておきましょう。

キャッシュバックが受け取れなかった場合は実質価格が変わってくるので、しっかりキャッシュバックが受け取れるように申請方法などを確認してくださいね。

キャッシュバックを受け取るためのポイントについては、こちらの記事でくわしく解説しているので、参考にしてください。

♦高額キャッシュバックキャンペーン!♦
GMOとくとくBB WiMAXの申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

キャンペーン重視ならBroad WiMAXがオススメ!

キャンペーンの豊富さを比較すると、Broad WiMAXは、月額料金割引の安さはもちろん、契約者想いのキャンペーンをいくつも用意しています。

WiMAXの端末代金はもちろん無料で、通常は18,857円の初期費用もキャンペーンで無料です。

また、WiMAXプロバイダでは唯一、Broad WiMAXへの乗りかえで発生した他社プロバイダの違約金をキャッシュバックで還元してくれますよ。

もし、Broad WiMAXでWiMAXを利用してみて速度などに不満があれば、解約金無料で他の回線に乗りかえられます。

Broad WiMAXの充実したキャンペーンについては、こちらの記事をご覧ください。

\最大19,000円の違約金負担/
BroadWiMAXのキャンペーンを詳しくみる
※このボタンからお得な特典をチェック

月額料金割引なら価格がもっとも安い!カシモWiMAX

毎月支払う月額料金がもっとも安かったのが、カシモWiMAXです。

契約1か月~2か月目はたったの1,380円というお財布にやさしい価格で提供しています。

3か月目以降もずっと月額料金割引が適用されるので、毎月の支払い料金を抑えられますよ。

カシモWiMAXについては、こちらの記事でくわしくまとめていますので、ご覧ください。

\月額料金1,380円~/
カシモWiMAXのキャンペーンを詳しくみる
※このボタンからお得な特典をチェック

キャンペーンを踏まえたプロバイダ選びのポイント

ここまで見てきたとおり、WiMAXの各プロバイダではキャッシュバックや月額料金割引など、さまざまなキャンペーンを実施しています。

とはいえ、それらキャンペーンを踏まえてプロバイダを選ぶ際には注意も必要です。

対応機種が古くないかを確認する

まず確認すべきは、キャンペーンに対応している機種です。

高額なキャッシュバックを受けるためには、古い機種を選択しなくてはならないこともあります。

古い機種は料金面ではお得ですが、機能的には最新機種におよびません。

キャンペーン対象の機種についてもしっかりと確認してください。

実質価格が安いプロバイダにする

WiMAXのプロバイダを選ぶ際に気をつけたいのが、実質価格です。

初期費用や月額料金を比較する事はもちろん重要なのですが、それだけでなく、キャッシュバックなどの各種キャンペーンを加味する事によって、実質的な料金が見えてきます。

お得に契約するには、実質料金が安いプロバイダを選ぶようにしましょう。

キャッシュバックキャンペーンを利用する場合の注意点

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶ際、注意したいポイントがあります。

それは、「キャッシュバックを受け取るための条件」です。

キャッシュバックを受け取るために一定以上の利用期間が必要という場合もありますし、キャッシュバックを受け取るためには指定の手続きが必要という場合もあります。

このような場合、手続きを忘れるとキャッシュバックが受け取れないため、注意が必要です。

なおGMOとくとくBBですと、利用料金の滞納が発生した時点でキャッシュバックの対象から外れてしまうため、気をつけましょう。

キャッシュバックを確実に受け取るために、受け取り条件のチェックは忘れないようにしてくださいね。

月額料金選びのポイント

WiMAXの月額料金を選ぶには、いくつかポイントがあります。

WiMAXでは、通常プランとギガ放題プランが用意されています。

月額料金は通常プランの方が安いのですが、安いからという理由だけで通常プランを選ぶのはオススメできません。

というのも、通常プランでは月のデータ通信量が7GBまでに制限されており、それを超えると速度制限がかかってしまいます。

速度制限時の通信速度は128kbpsですから、できることはメールの送受信程度です。

Twitterを見ることすらストレスを感じるほどです。

一方で、ギガ放題プランはその名のとおり、月のデータ通信量に制限はないため、ゲームや動画なども存分に楽しめます。

動画の高画質化など、ネット上のコンテンツはだんだんとデータ量が増える傾向にあります。

月額料金は、「仕事上、メールのやり取りでしか使わない」といった場合を除き、ギガ放題プランをオススメします。

WiMAXの最新機種の価格を調査

WiMAXを契約する際には、WiMAXのモバイルルーター端末が必要です。

WiMAXの端末の本体価格は本来10,000~20,000円前後ですが、端末や回線を提供する大本のUQ WiMAXでは、端末割引キャンペーンにより最新機種でも本体価格は3,800円です。

しかし、WiMAXプロバイダの中には端末価格を完全無料で契約できる会社もありますよ。

WiMAXの端末は、キャンペーンで0円となっているプロバイダも非常に多いです。

例えば、以下のプロバイダでは端末0円または実質0円で利用できます。

  • GMOとくとくBB
  • JPWiMAX
  • Broad WiMAX
  • DTI WiMAX
  • カシモWiMAX
  • So-net WiMAX

ただし、いくら端末が無料とはいえ、月額料金が高かったり、キャッシュバックが少なかったりなどで実質料金が割高になってしまう場合もあるので、月額料金やキャンペーンなども必ずチェックしてくださいね。

どの機種を選べばいいのか、選び方のポイントやオススメの機種はこちらの記事で確認してくださいね。

WiMAX端末(ルーター)のみの価格は約9,900円

amazonなどの通販サイトでは、WiMAX端末のみを新品、もしくは中古で購入できます。

価格の相場として、W05は新品で7,000~9,900円ほど、中古品なら1,000~3,000円で販売しています。

ひと昔前の型落ちしたW04などは5,000円〜7,000円の価格で購入できます。

ただし、中古のWiMAX端末では通信速度が遅かったり、バッテリーの持ちが悪かったりするケースがありますので注意が必要です。

ちなみに、プロバイダによっては新規契約で最新機種の新品が0円で手に入りますので、お得に最新機種を使いたい方には、違約金がかからない更新月に解約のうえ、新規契約をして端末を無料で利用する手をオススメします。

WiMAXのルーター選びのポイント

WiMAXのルーターは、機種によって快適度などに大きな影響があります。

WiMAXのルーターの機種を選ぶ際、基本的には最新機種を優先しましょう。

ルーターは代を追うごとに通信速度は速くなっていますし、au 4G LTEモードに対応しているなど、機能面でも日々進化しています。

どの機種にするか迷ったら、最新機種を優先して選ぶようにするのがオススメですよ!

WiMAXの価格に関する口コミを調査

WiMAXを利用している方は、価格に対してどのように感じているのか、口コミをチェックしてみましょう。

できるだけ業者をまとめたいという方は、料金以外で選ぶこともあるでしょう。

プロバイダを比較するときは、料金だけでなくキャンペーンや端末料金、キャッシュバックなど複合的に比較しなくてはいけません。

じっくりと吟味して、お得な業者を選んでくださいね。

Broad WiMAXなら他のWiMAXプロバイダからの乗り換え時の解約金を還元してくれますので、気軽に乗り換えられますね。

しかも月額料金が1,000円も安くなるなんて、嬉しい限りです。

長期的に考えると、キャッシュバック額が大きい業者よりも月額料金が安い業者の方がお得ですよね。

WiMAXユーザーからは価格に対して肯定的な意見が多いようです。

価格が安いWiMAXの申込窓口を比較!

WiMAXを契約する際には、プロバイダに直接申し込む以外にもいくつかの選択肢があります。

  • プロバイダ公式サイト
  • 価格.com
  • 家電量販店

WiMAXは契約先によってもキャンペーン内容が異なる場合もあります。

せっかくなら、もっとも価格が安くなる契約窓口で申し込みたいですね。

契約窓口を検討する際には同じ端末・同じプロバイダを申し込む場合に、窓口ごとのキャンペーンの違いがあるか比較が必要です。

価格.com、家電量販店で申込をする場合の注意点

もし、WiMAXプロバイダから直接申し込まない場合、注意してほしいポイントがいくつかあります。

また、受けられるキャンペーンの適用条件が窓口によって違う場合もありますので、注意しましょう。

◆価格.comや家電量販店で申し込む際の注意点

  • キャンペーンの適用条件が窓口によって違う場合がある
  • WiMAXのプロバイダをすべて網羅しているわけではない
  • すべてのプランを紹介しているわけではない
  • プロバイダの特設サイト限定のキャンペーンは受けられない
  • 解約金がプロバイダ窓口より高い場合がある

通販サイトの価格.comはWiMAXプロバイダごとの最安値などをわかりやすく比較しているので、検討する際には参考にできます。

キャッシュバック額も、価格.com独自のキャッシュバックが上乗せされる場合もあり、魅力的ですよね。

ただし、価格.comでは月額料金割引が大きいカシモWiMAXや、他社違約金をキャッシュバックしてくれるBroad WiMAXは申し込めません。

価格.comでキャッシュバックを受けた場合、解約金がプロバイダよりも高額になることもありますよ。

また、家電量販店での契約はわからないことをスタッフに直接聞けるメリットがあります。

しかし、家電量販店は通販サイトやプロバイダと違い実店舗がある分、店舗運営費がかかり、契約者に還元するキャンペーン額が減ってしまいます。

家電量販店と比較すれば、プロバイダに直接申し込んだほうが、特典が多い場合がありますので、気をつけましょう。

WiMAXを最安価格で契約するならプロバイダの窓口がオススメ!

WiMAXを最安価格で契約するなら、プロバイダに直接申し込むことをオススメします。

月額料金割引などのキャンペーンを受け取るには、プロバイダからの申込が確実です。

キャッシュバックもプロバイダで申し込めば、代理店より早く振り込まれ、さらに解約金が増えることもありませんよ。

なお、WiMAXのプロバイダからの申し込みは、公式サイトや公式サイトに記載の電話窓口から受け付けていますので、自分の気になるプロバイダのサイトをチェックしてみてくださいね!

プロバイダで申し込めば、早くて翌日にはWiMAX端末が送られてきます。

あとは電源を入れ、スマートフォンやタブレットにWiMAXをWi-Fi接続するだけですぐに利用できます。

WiMAXの利用方法はこちらの記事を参考にしてくださいね。

WiMAXの月額価格は2~3年後に値上がりすることも

毎月の料金が安くなるWiMAXプロバイダの月額料金割引キャンペーンですが、ほとんどの場合2年、もしくは3年間の契約期間内しか適用されません。

月額料金割引キャンペーンの適用期間を事前に調べておくと同時に、月額料金割引の適用が終わり、契約更新月がきたらほかのWiMAXプロバイダへの乗り換えも検討しましょう。

WiMAXプロバイダを乗り換えれば、また契約特典として月額料金割引やキャッシュバックが受けられたり、最新機種を無料でもらえたりすることもあります。

WiMAXは2年プランと3年プランどちらがお得?

WiMAXの契約期間はプロバイダによって、2年と3年を選択できます。

2年契約で申し込めば、乗り換えができる時期が1年早く訪れます。

WiMAXは契約更新月以外に解約すれば違約金が発生するので、3年間も解約できないのは不安という方は2年契約で申し込みましょう。

3年契約はプロバイダによって、月額料金の割引率が大きい場合もあります。

また、キャッシュバックなどのキャンペーン適用条件として契約期間3年を申し込むことを掲げているプロバイダもあるので、キャンペーンを優先させるか、契約期間を優先させるかを選ぶ必要がありますね。

2年と3年、どちらの契約期間を選ぶかは、どちらの条件がご自分の利用スタイルにあっているか検討して決めましょう。

価格の安いWiMAXに乗り換える方法

契約更新月がきて、さらに価格の安いWiMAXに乗りかえる場合の乗りかえ手順を説明します。

  1. 新たなプロバイダを申し込む
  2. 新たなプロバイダのWiMAX端末が届き、接続を完了させる
  3. 古いプロバイダの契約を解除する

先に新たなプロバイダを申し込み、WiMAX端末が届いてから古いプロバイダを解約することで、WiMAXが使えない期間を回避できます。

ただし、プロバイダによっては当月の解約の締め日が変わりますので、気をつけましょう。

WiMAXのくわしい乗換方法や注意点はこちらの記事で確認してくださいね。

まとめ

WiMAXの契約を検討するときは、プロバイダごとのキャンペーンやキャッシュバックを適用したあとの価格を比較することが重要です。

現在、販売元のUQ WiMAXでは最新のWiMAX端末を本体のみで一律3,800円で購入できます。

ただし、端末価格を無料で提供しているプロバイダもあるのでチェックしておきましょう。

WiMAXの価格を抑えて契約するなら、プロバイダの窓口がオススメです。

プロバイダの月額料金割引は2~3年で終了し、その後のWiMAXの支払価格があがってしまうこともあるので、契約更新月がきたら、新たなWiMAXプロバイダに乗りかえましょう。