閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

WiMAXの主要5社を比較。選ぶならBroad WiMAXかGMOに

WiMAXキャンペーン 比較

WiMAXはたくさんの会社で提供されているので、それぞれ調べるのはとても大変です。

先に金額面でのナンバーワンをお伝えすると、2019年1月時点で、キャッシュバックの金額が一番高いWiMAXのプロバイダはGMOとくとくBBの38,000円、毎月の月額料金が一番安いプロバイダはBroad WiMAXの2,726円でした。

この記事は、5つのWiMAXのキャンペーンや料金を紹介しながら、最終的にGMOとくとくBBかBroad WiMAXがオススメプロバイダでしたよという内容です。

しかし高いキャッシュバックには裏があったり、安い月額料金には理由があったりするので、そのあたりもしっかりと解説もしていきます。

比較対象の5つのWiMAXプロバイダ

  • GMOとくとくBB
  • So-net WiMAX
  • Broad WiMAX
  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

はじめに。各WiMAXの違いはキャンペーン内容と料金だけ

WiMAXに限定すると、電波の入りやすさ、契約できる端末、回線速度、月々のデータ量の制限などは、どこのプロバイダで契約しても変わりません。

プロバイダごとに違うのはキャンペーンの内容や月額料金だけです。

なのでWiMAXをこれから調べていくなら、キャンペーン内容と料金をみればOKです。

なお、端末はそのときでている最新の端末を選びましょう。理由は年々性能が上がっているからです。

機種名 下り最大速度
モバイルルーター W06【最新】 1.2Gbps
WX05 440Mbps
ホームルーター HOME L02【最新】 1.0Gbps
HOME 01 440Mbps

※2019年1月時点

ホームルーターとは、持ち運んで使うモバイルルーターとは異なり、家でコンセントをさしてインターネットに接続するタイプのルーターのことです。

無線の回線であるため、速度や通信の安定性は固定回線に劣りますが、すぐにインターネットに繋げられることと、配線周りがごちゃごちゃしないのがメリットです。

auとWiMAXのセットで携帯電話の月額料金は最大1,008円安く

auのスマホや携帯電話を契約していれば、「au スマートバリュー mine」に申し込めます。申し込むと、翌月の携帯電話の月額料金から最大で1,008円(税込)値引きされるようになります。

これはどのプロバイダからでも申し込めますが、契約者自身でau(KDDI)側に申し込む手続きが必要です。

現金のキャッシュバックのキャンペーンは3社のみ

現金をキャッシュバックするキャンペーンを行っているのは、今回対象とした5社のなかでは、UQ WiMAXとGMOとくとくBB、BIGLOBEの3社です。

キャッシュバックの金額は、GMOとくとくBBの38,000円が、BIGLOBE WiMAXの15,000円を2万円以上も上回っています。UQ WiMAXは3,000円と少し寂しい金額ですね。

まとまった現金が欲しいのであれば、GMOとくとくBB一択でしょうか。ただし、キャッシュバックは受け取るまで、GMOとくとくBBは1年、BIGLOBEで6ヶ月かかります。

各社の主なキャンペーン情報

プロバイダ名 各キャンペーン
GMOとくとくBB 最大38,000円の現金キャッシュバック
So-net WiMAX 1カ月目~36カ月目:1,499円の月額割引
Broad WiMAX 初期費用無料キャンペーン
他社WiMAX乗り換え時の違約金負担
BIGLOBE WiMAX 15,000円の現金キャッシュバック
Or
1~2ヶ月目:1,185円の月額割引
3~24ヶ月目:500円の月額割引
UQ WiMAX 3,000円のキャッシュバック

※2019年1月時点

GMOとくとくBBにするなら受取期限に気をつけて

GMOとくとくBBのキャッシュバックはWiMAXのプロバイダの中で一番高額です。

しかしキャッシュバックを受け取るための難易度が高く、もらい忘れる人が多いのが難点。キャッシュバックの受け取りに自信がある人にGMOとくとくBBはオススメします。

もらえなかった原因は主に期限切れによるもの。GMOのキャッシュバックの申請は、開通してから11ヶ月後に送られてくるメールのリンク先でおこないます。

このキャッシュバックの申請は、案内メールが送信された翌月末以内におこなわなければキャッシュバックの権利が失効してしまうのです。つまりキャッシュバックがもらえなくなります。

実はこの送られてくる案内メールはGMOとくとくBBのプロバイダのメールアドレスに届きます。普段使っていないメールアドレスだと見逃してしまったり、メルマガに埋もれてしまったりして気づかないこともあるようです。

確実にキャッシュバックを受け取るためにはスマホのリマインダーに登録するなどの対策をしておきましょう。

とくとくBBWiMAXの詳細をチェック

月額料金で選ぶならBroad WiMAXが最安。次点はSo-net WiMAX

先程の5社の月額料金を比較すると、月額の金額が安いプロバイダはBroad WiMAXです。しかしずっとBroadWiMAXの月額料金が最安ではありません。3年目だけは、So-net WiMAXの月額料金がBroad WiMAXを下回ります。

各プロバイダの月額基本料金から、月額料金割引キャンペーンの割引分を考慮して金額を合計してみると、3~4年までならSo-net WiMAXが安く、それ以外はBroad WiMAXが一番金額が安くなる結果になりました。

WiMAXプロバイダ5社の月額料金表(割引反映済)

broad UQ GMO BIGLOBE So-net
利用開始月
(日割り)
2,726円 3,696円 3,609円 0円 3,000円
1~2か月目 2,726円 3,696円 3,609円 3,345円 3,380円
3か月目 2,726円 4,380円 3,609円 3,345円 3,380
4~24カ月 3,411円 4,380円 4,263円 4,030円 3,380円
25か月目 3,411円 4,380円 4,263円 4,030円 3,380円
26~36カ月 4,011円 4,380円 4,263円 4,380円 3,380円
37か月目 4,011円 4,380円 4,263円 4,380円 4,379円

※各社ともギガ放題プランで比較しています

各プロバイダの合計金額を月数で割って平均も出してみました。当たり前ですが、月額料金の結果と同じように3~4年目の平均月額料金は、So-net WiMAXが一番安く、それ以外ではBroad WiMAXが一番安くなります。

broad UQ GMO BIGLOBE So-net
契約初月+2年 3,192円 4,150円 4,014円 3,653円 3,230円
契約初月+3年 3,442円 4,225円 4,095円 3,889円 3,278円
契約初月+4年 3,581円 4,263円 4,136円 4,009円 3,548円
契約初月+5年 3,666円 4,286円 4,161円 4,082円 3,711円

Broad WiMAXの詳細をチェック

ただし両者ともクレジットカードが必須

月額料金から選ぶなら、Broad WiMAXとSo-net WiMAXを選べば問題ないでしょう。しかし、So-net WiMAXはクレジットカードがないと申し込めません。

一方、Broad WiMAXはクレジットカードがなくても口座振替で申し込めます。ただし初期費用18,857円と、口座振替手数料として毎月216円が追加でかかります。

Webフォームからクレジットカードで申し込むと初期費用18,857円は無料になりますよ。

ちなみに、口座振替でも申し込めるプロバイダは、以下の3つのプロバイダです。

  1. UQ WiMAX
  2. Broad WiMAX
  3. BIGLOBE WiMAX

(おまけ)WiMAXを15ヶ月ほど使ってみた感想

WiMAX W04

引用:https://www.uqwimax.jp/products/wimax/w04/

結論から言うと、「地上で利用する分には不自由を感じない」です。

筆者はW04という端末を使っています。かんたんにスペックを紹介すると、通信速度は、下り最大758Mbps/上り最大37.5Mbps、バッテリーはハイパフォーマンス設定で約6.5時間、本体の重さは140g。

プロバイダはBroad WiMAXで、契約プランは、毎月の通信制限のない定額ギガ放題プランです。契約期間は16ヶ月目に入りました。

基本的に速い。ただし地下での電波の弱さは口コミ通り

色んな口コミで言われていますが、WiMAXの弱点はやはり電波の弱さです。サービスの提供エリア自体は広く、今でも対応エリアは広がっているのですが、少しでも地下に入ってしまうと電波が弱くなってしまうので、地下でインターネットを使った仕事はできません。地下ほどではありませんが、高層階でも電波は拾いづらい印象です。

ただ地上では、下手な光回線よりも速度は出ているときもあります。電波の弱いところにさえいかなければ、動画を見たり仕事をしたりすることに影響はでないでしょう。

通信制限にかかったことはない

WiMAXは3日で10GBを超えると通信制限がかかります。筆者の場合、重いファイルをやりとりすることがないためか、15ヶ月つかっていて一度も通信制限に引っかかったことはありません。

なお、バッテリーは1日持たないので、カフェとかで一日作業するような場合、モバイルバッテリーは必須です。

結論:キャッシュバックならGMO、月額料金ならBroad WiMAX、とりあえずで試せるのは…

どのプロバイダもダントツというものはありません。しかし冒頭でも伝えたように、キャッシュバックの受け取りに自信があるならキャッシュバック額ナンバーワンのGMOとくとくBBを、長く使うなら月額料金の安いBroad WiMAXが良さそうです。

さいごにBroad WiMAXには「いつでも解約サポート」という特典があります。

これはBroadWiMAXを契約しても満足できなかったら、他の回線への乗り換えのサポートを条件に違約金は免除しますというサービスです。

このサービスは他のプロバイダではおこなっていないので、まずはBroad WiMAXをとりあえず試してみてもいいでしょう。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る