閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

契約前に確認しよう!WiMAX2+の対応エリアと使用上の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2471
おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

とうとうWiMAX2+(ワイマックスツープラス)の下り最大速度が440Mbpsにスピードアップしました。しかし、WiMAX2+はまだまだ対応エリアが都市部に限定されています。どんなにWiMAX2+が使いたくても、対応エリア外ではどうにもなりません。今回は、契約前に確認しておきたいWiMAX2+の対応エリアと確認方法、使用上の注意をまとめました。

WiMAX2+は対応エリアを確認しないと損をする

WiMAX2+は、WiMAXが提供する下り最大440Mbpsの高速モバイル通信サービスです。WiMAX2+はポケットwifiルーターさえあれば、いつでもどこでもインターネットに接続できる便利な高速通信サービスですが、行動範囲がサービスエリア外の電波が届かない地域では使用することができません。

また、WiMAX2+は対応エリア内でも建物などの遮蔽物により、電波がうまく届かないこともありますので、WiMAX系のプロバイダと契約する前に、主な使用場所で電波が受信できるかをチェックすることをおすすめします。WiMAX2+の契約は、一定期間ならば無条件で契約を解除できるクーリングオフの対象外ですので、契約後に圏外だから解約しようとすると、2万円近い違約金を支払うハメになってしまいます。

WiMAX2+の通信速度と対応エリア

WiMAX2+は、全国の政令指定都市を中心に対応エリアが拡大中です。

下り最大通信速度 対応機種 対応エリア
440Mbps WX03 全国政令指定都市周辺
370Mbps W03 東京都渋谷駅周辺エリアから提供を開始

愛知県名古屋駅周辺、大阪府梅田駅周辺、山手線主要駅周辺などへ拡大予定

220Mbps WX02、WX01

W02.W01

全国政令指定都市周辺


WiMAX2+の対応エリアの確認方法

ご自分の行動範囲がWiMAX2+の対応エリアに入っているかは、Broad WiMAXのサイトから簡単に確認することができます。

161220

出展:Broad WiMAX

サービスエリアマップには、住所を入力するとピンポイントでサービスエリアに入っているかを、○△×で判定してくれる「ピンポイントエリア判定」機能がありますので、まずはインターネットを主に使う場所の住所を入力してみましょう。

判定結果が「○」の場合

ピンポイント判定の結果が「○」の場合でも、勢い込んで契約してはいけません。使用する場所が高層ビルだったり、コンクリートで囲まれた地下だったりすると電波状態がよくない場合があります。サービスの提供会社のUQ WiMAXでは、Try WiMAXというWiMAX2+のモバイルwifiルーターを、15日間無料で貸し出してくれるレンタルサービスがありますので、貸し出してもらいデータ通信環境をチェックしましょう。Try WiMAXで、受信最大440Mbpsのサクサク動くデータ通信速度を体感できたなら、安心してWiMAX2+の契約ができます。

判定結果が「△」の場合

ピンポイント判定の結果が「△」の場合は、電波が届くかが微妙です。Try WiMAX利用料金は無料ですので、必ずTry WiMaxを利用してデータ通信状態を確認しましょう。

判定結果が「×」の場合

判定結果が「×」の場合には、現時点ではWiMAXは使えません。UQ WiMAX公式サイトでは、サービス品質向上のためのアンケートを募集していますので、住んでいる地域がサービスエリア外なので、早くエリアを拡大してほしいなどの要望を伝えておきましょう。

WiMAX2+の判定結果が「×」の場合、WiMAX2+よりも低速の回線になりますが、より広範囲をカバーしているWiMAXの旧回線サービスがあります。まずばそちらの旧回線を使用し、WiMAX2+のサービスエリアになるのを待ちましょう。旧回線サービスを使用する場合の利用プランは、まずはライトプラン(通常プラン)で契約し、通信制限が発生する7GB以上の通信量になるようなら、ギガ放題プランに変更するといいでしょう。また、WiFiルーターは、WiMAX2+と旧回線に対応しているWX02を購入してください。

おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

WiMAX2+の使い倒すお得な利用方法

WiMAX2+は、一番安いプロバイダのBroad WiMAXで契約すると、1カ月のデータ通信量に制限がない料金プランのギガ放題を、月額使用料2,726円から契約することができますので、ギガ放題プランで契約するのがおすすめです。では、ギガ放題プランを使ってではどんなことができるのか、お得な利用方法をご紹介します。

複数端末をつないで使い放題

WiMAX2+に接続できる端末機器はパソコンだけではありません。スマホ、タブレット、ゲーム機などインターネットに接続できる機器なら何でも同時に接続できます。
WiMAX2+をモバイルタイプにすれば、どこでもポケットに入れて持ち歩きができるので、外出先ではノートパソコンやゲーム機をつなぎ、自宅ではデスクトップをつないで、下り最大速度440Mbpsの高速データ通信が使い放題になります。

スマホをつないでオンラインゲームのし放題

スマホもWiMAX2+につないでしまうと良いでしょう。オンラインゲームにハマるとあっという間に使い切ってしまうスマホの制限も、WiMAX2+にスマホをつないでしまえば、気にする必要がなくなります。また、WiMAX2+は基本がモバイルルータなので、移動中でも接続が途切れません。通勤や通学の電車の中でも、リアルタイムに動画を見たり、ニュースをチェックしたりなど、スマホやタブレットなどのモバイル端末を便利に使えます。

自宅の回線やスマホもWiMAX2+で一本化

WiMAX2+は、下り最速440Mbpsの通信速度を持っていて、かつギガ放題プランならデータ通信量の制限がほぼないといっていいので、固定回線の代わりに使用することも可能です。自宅の固定回線もスマホもゲーム機も、全てのインターネット回線をWiMAX2+に一本化すると、データ通信にかかる費用を削減することができるのです。
概算ですが、1カ月のデータ通信にかかる費用は、通常の固定回線には5,000円程度、スマホには8,000円程度ですよね。これをWiMAX2+に一本化すると月額6,360円になり、データ通信費用が半分になります。

ハイスピードプラスエリアモードで広範囲をカバー

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX2+の電波が届かないところでは、通常のハイスピードモードから、自動的にauのLTE回線に切り替わるモードです。
ハイスピードプラスエリアモードを使用するには、LTEオプションの料金と、LTEに対応した機種のwifiルーターが必要です。LTEオプションの利用料金は通常1,005円ですが、auケータやauスマホとセットでお得な「auスマートバリュー mine」を契約している場合は無料になります。

おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

WiMAX2+の使用上の注意点

とても利用料金がリーズナブルで、高速通信ができるWiMAX2+ですが、よいことばかりではありません。WiMAX2+の使用上の注意点をご紹介します。

突然電波が途切れる場合がある

電波が突然途切れて、通信が切断されてしまう場合があります。固定回線ではありませんので、このリスクは避けられません。

ギガ放題プラン=下り最大440Mbpsではない

WiMAX2+は、下り最大440Mbpsと宣伝していますが、ギガ放題プランを契約したからといって440Mbpsになるわけではありません。人によっては、「ギガ放題プラン=下り最大440Mbps」と、勘違いしてしまう人もいるのではないかと思いますが、通信速度は契約プランではなく、wifiルーターの機種によって変わります。440Mbpsに対応した機種はWX03で、W03が370Mbps、そのほかの機種は220Mbpsになります。

3GBの壁はギガ放題プランにも適用される

ギガ放題プランは、1カ月のデータ通信量の制限はありませんが、やはり3GBの壁は存在し、直近の3日間に3GB以上使ってしまうと、ゆるい通信速度制限が発生します。しかし、その制限は128Kbps制限のように、インターネットが使いものにならないほどの制限ではなく、YouTubeの通常の動画がサクサク再生できる程度の制限ですので、ほどんどの人にとっては実質的には制限がないといってもいいでしょう。

LTEオプションの7GB制限の罠

LTEオプションは、WiMAX2+のサービスエリア外になっても、au 4G LTEのサービスエリア内であれば、通信が途切れることがない便利なサービスですが、1カ月のデータ通信量に7GBの制限があります。LTEで7GBを超えてしまうと、LTEもWiMAX2+も通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。この7GBの制限はお金を払って解除してもらえるものではなく、翌月まで待たなくては解除されませんので、その間インターネットが使いものにならなくなります。

WiMAX2+の対応エリアと使用上の注意点のまとめ

WiMAX2+の対応エリアは全国レベルに広がってきましたが、まだまだ発展途上です。WiMAX2+の導入を検討されている場合は、Broad WiMAXの公式ホームページから、ピンポイント検索ができますので、対応エリアの確認をしてください。また、ギガ放題プランには1カ月のデータ通信量に制限はありませんが、LTEオプションを使用している場合は、7GBの制限がありますので注意してください。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事