閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

NURO光の通信速度をまとめ!速度が遅い場合の原因と対処法も紹介

NURO光の速度がヤバい!申し込む前に本当に確認すべきことまとめ

超高速通信が特徴のNURO光。

「とにかく速い」といううわさが先行していますが、本当のところはどうなのでしょうか?

実測速度や評判から、NURO光の本当の通信速度を探っていきます。

また、思ったよりも通信速度が出ないときに考えられる原因と対処法についてもまとめました。

NURO光の実測平均速度はどのくらい?

NURO光は下り最大2Gbpsの高速通信ですが、これはベストエフォートの速度ですので、実際にいつでも2Gbpsの高速通信が利用できるわけではありません。

また、この2Gbpsという速度も、パソコンやタブレットなどのインターネットデバイス上で表現される速度ではなく、NURO光から宅内のホームゲートウェイに提供されるインターネット速度です。

そのため、ホームゲートウェイからインターネットデバイスに接続する過程で、速度が大幅に落ちることもあります。

例えばNURO光から貸し出されるホームゲートウェイとパソコンを有線接続した場合の下り最大速度は1Gbpsですし、無線接続した場合の下り最大速度は1.3Gbpsです。

こちらの方も、280Mbps強の通信速度で「文明がきた」と喜んでいらっしゃいますよね。

実際に下り速度が280Mbpsあれば、動画視聴もファイルのダウンロードもサクサクと快適に実行できますし、「遅いな」と感じる状況には成り得ません。

最大通信速度が出ることはない!

それでは、280Mbpsしか出ないのに最大2Gbpsの超高速通信を導入する意味がないのかというと、そうではありません。

実際にすべての環境が理想的に整うということ自体があり得ませんので、下り最大速度1Gbpsといっても実際には数十~100Mbps程度、下り最大通信速度2Gbpsでも、実際には100Mbps~数百Mbps程度しか出ないのです。

NURO光の速度は他社の通信回線と比較して速いの?

しかし、最大通信速度が高くなることで、高速でのインターネット通信が実現しやすくなることも事実です。

つまり、NURO光を導入しても2Gbpsの超高速通信を利用できませんが、最大速度1Gbpsのインターネットサービスよりは高速通信が利用しやすくなるのです。

実際にauひかりからNURO光に乗り換えた方も、速度が10倍以上になったと口コミを投稿しています。

NURO光の実際の速度評判をまとめてみた

現在NURO光を導入している人は、実測どの程度の速さでインターネット通信を利用しているのでしょうか。

TwitterからNURO回線利用者の声を集めてみました。

下り速度が563Mbps以上出ていますよ!これは速いですね。

通信速度が遅いと、本当にストレスがたまりますよね。

特にダウンロードの待ち時間が異常に長いと、人生を無駄にしているような虚無感を味わいます。

ダウンロードの待ち時間を短縮したい人にも、NURO光は良さそうです。

下り速度が258Mbpsほど出ています。これは速いですよね。

しかし、上り速度は10Mbpsです。メールやフォームなどを送信しない限り、上り速度は使い心地にあまり影響しないようですね。

こちらは、マンションでの宅内工事完了後の口コミです。

インターネット回線はマンション(集合住宅)だとアクセスが集中し、どうしても通信速度が低下しがちですが、NURO光のマンションタイプなら夜間の混雑する時間帯でも480Mbpsとサクサクと通信できるようです。

NURO光の速度が出ない・遅いのは速度制限のせい?

理論上は最大1Gbpsのインターネット通信よりも高速通信が利用できるはずのNURO光。

しかし、利用者によっては思ったほどの速さが出ないこともあります。

これは、何らかの速度制限が作用しているからなのでしょうか?

NURO光には速度制限がない!

NURO光には“速度制限”そのものが存在しませんので、どんなに利用しても速度が急激に落ちるということはありません。

そもそもNURO光やフレッツ光やなどの家庭用固定インターネット回線サービスには、データ通信量による速度制限はありませんので、どんなにたくさん使っても高速通信を利用し続けることができます。

NURO光の速度が低下する主な原因と対処法

速度制限ではないならば、なぜNURO光の速度が低下してしまうのでしょうか。

NURO光の速度が低下する主な原因としては、次の事柄があげられます。

  • パソコンのメモリ不足やディスクの容量不足
  • パソコンのOSが古く、そもそもの処理スピードが遅い
  • パソコンやホームゲートウェイに使用しているケーブルの通信規格が2Gbpsに対応していない
  • 無線LANルーターなどのパソコン周辺機器が2Gbpsの高速通信に対応していない
  • パソコンやタブレットなどのインターネットデバイスが、最新のものにアップデートされていない

原因によって対処法が異なります。

NURO光のスピードが遅いと感じたときは、以下の手順で対処してください。

なお、次の記事では、NURO光の速度が遅い原因を詳細にまとめています。併せて参考にしてくださいね!

対処法1:速度の判定をしてみる

最初に、NURO光の本当に速度が遅いのか、実効速度を判定してみましょう。

インターネットで速度測定サイトにアクセスし、実効速度を計測してみてください。

速度が速いのにサクサクと使えないときは、パソコン自体に問題がある可能性が高いと考えられます。

NURO光公式サイトでも速度測定ができる

NURO光の公式サイトでも実効速度を計測できます。

最新JAVAをインストールし、NURO光の「スペシャルコンテンツ」内の「簡単にできるスピードアップのコツ」をクリックします。

「STEP1 速度チェック」からNURO光の契約タイプを選び、「測定ページへ」をクリックすると1分ほどで速度測定が完了です。

対処法2:周辺機器のチェックをする

NURO光でレンタルしたルーターではなく自前の無線LANルーターを使っている人は、規格がIEEE802.11nもしくはIEEE802.11acなのかも確認してください。

また、LANポートの規格が1000BASE-Tになっているのかも、チェックしてみましょう。

お手元に取扱ご説明書がなくて規格が確認できないときは、次の方法でLANポートの規格を確認してください。

Windows 7の場合

スタートボタンを押して「ネットワークと共有センター」から「アダプターの設定の変更」→「ローカルエリア接続」へと進みます。

速度の欄に1Gbpsと記載されているときは、LANポートの規格は適切だといえます。

Windows XP

スタートボタンを押して「マイコンピュータ」から「プロパティー」→「ハードウェア」→「デバイスマネージャー」→「ネットワークアダプタ」へと進みます。

この中に1000BASE-TやGigabitの記載があるときは、LANポートの規格は適切といえます。

Windows VISTA

スタートボタンを押して「マイコンピュータ」から「デバイスマネージャー」→「ネットワークアダプタ」へと進みます。

この中に1000BASE-TやGigabitの記載があるときは、LANポートの規格は適切です。

対処法3:LANケーブルのチェックをする

周辺機器が高速通信に対応していても、それらを接続するLANケーブルが高速通信に対応していないと高速通信は利用できません。

LANケーブルの規格がCAT5eかCAT6であるかもチェックしましょう。

なお、CAT5は100Mbpsの速度に対応する規格ですので、NURO光ならではの高速通信には耐えられません。

また、反対にCAT7は10Gbpsの速度に対応する規格ですので、NURO光の通信速度に対しては過剰性能となってしまいます。

対処法4:OSをアップデートしてみる

パソコンのOSを最新バージョンのものにアップデートしてみてください。

また、パソコンに不要なアプリが多数入っていると、作動性はどうしても低下してしまいます。

クリーンナップ機能などを使って、不要なアプリやファイルを削除してください。

まとめ

高速インターネット通信にこだわる人には、NURO光は有力な選択肢です。

NURO光の高速通信を最高の状態で利用するためにも、パソコンや周辺機器、ケーブルなどの通信規格がすべてギガ通信に適したものなのか確認するようにしてください。

何の問題がないにもかかわらず通信速度が改善されないときは、NURO光のカスタマーセンターへ電話し、速度の低下について相談してみましょう。

超高速2Gbps!nuro光 おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光ナビ限定!光回線ガイドブック

インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンで最新の記事情報をお届け

メールマガジンに登録する

関連記事