閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

初めてのWiMAX 失敗しないルーターの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2399
おすすめ窓口wimaxをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://wimax-broad.jp/
おすすめ窓口 「Broad WiMAX」

窓口評価:★★★★★
モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用の18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

Web限定!初期費用18,857円割引

モバイル通信端末をWiMAX(ワイマックス)にしようと決めたら、次はルーター選びですね。初めてのWiMAXの場合、どれにしたらいいのか迷うところです。通信制限の早いWiMAXルーターの賢い選び方をご紹介します。どれにしようか迷ったときの参考にしてください。

WiMAXとは外出先でも使える無線の通信回線

固定回線によるインターネットは、自宅などの環境で利用しますが、WiMAX回線は、家の中はもちろん、持ち運びが可能で外出先でも利用できる、UQコミュニケーションズが提供するインターネットサービスです。WiMAXの通信網を介して、パソコンやスマートフォンなどのモバイルWi-Fiに対応する端末と、高速通信でインターネットを接続します。しかも、固定回線では工事が必要な場合もありますが、モバイルWiMAXは工事の必要のない、一歩進んだワイヤレス通信です。WiMAXを契約したら、モバイルルーターで電波を受信し、スマートフォンやパソコンなどの端末機のWi-Fiで受信してインターネットを利用します。

WiMAXルーターの比較

モバイルWiMAXルーターを選ぶときのポイントをご説明します。WiMAXルーターの対応通信回線や最大速度、発売日の比較は、以下のようになります。最新機種は2016年12月発売のWX03です。

WiMAXルーター 発売日 最大通信速度
(下り)
WiMAX2+ WiMAX au 4G LTE
WX03 2016年12月 440Mbps × ×
W03 2016年7月 220Mbps ×
W02 2016年2月 220Mbps ×
WX02 2015年11月 220Mbps △(自動切替) ×
HWD15 2015年7月 110Mbps
(110Mbpsde使用)

WiMAXルーターの選択ポイント

WiMAXルーターを選ぶときのポイントは、通信回線をWiMAX2+対応ルーターにするのか、あるいはau 4G LTEも対応可能なルーターにするのかという点や、バッテリーの容量、携帯性、あるいはデザイン性などの点が大きなポイントとなります。

利用する通信回線は「WiMAX2+」「WiMAX」「au 4G LTE」

WiMAXとWiMAX2+の通信モードは各プロバイダから提供されています。現在、新たにWiMAXを契約する場合は、WiMAX2+を契約することになります。WiMAX2+だけでなく、au 4G LTEも対応可能な機種もあります。最初に、通信回線がWiMAX2+対応だけでいいのか、WiMAXや4G LTEにも対応できるルーターにするのかを選択します。この選択を間違うと、契約期間中、不満を抱えたまま利用しなければならない、あるいは、中途解約をすることで契約解除料が発生するなどということになりかねません。通信モードの特長は以下のようになります。

WiMAX2+ ハイスピードモード(標準モード)

WiMAX2+、WiMAX 対応
下り最大220MbpsのWiMAX2+が利用できます。

メリット

月間データ量による速度制限はありません。

デメリット

「ギガ放題プラン」でも、3日間で3GB以上使うと700kbps~6MBpsの速度制限がかかります。

WiMAXノーリミットモード

WiMAX 対応
旧式WiMAXの、旧世代の通信モードです。

デメリット

現在、通信速度が40Mbpsから13Mbpsへ引き下げられるなど、2018年予定のWiMAXサービス終了に向けて、サービスの縮小が進んでいます。

au 4G LTEハイスピードプラスエリアモード

WiMAX2+、au 4G LTE 対応

メリット

高速ワイドエリアのau 4G LTEも利用可能なため、利用範囲が広がります。LTE通信の対応エリアは広く、WiMAX2+がつながりにくいエリアでもネットが利用できるなど、地方への出張や旅行などが多く、行動範囲が広い人にとって利便性があります。

デメリット

au 4G LTEを利用した月には、月額料金1,005円がオプション利用料としてかかります。また、通信量はWiMAX2+と LTE通信の合算によります。「ギガ放題プラン」を契約しても、月7GBという通信量制限があるので注意が必要です。

以上のように、通信回線で比較しますと、WiMAXノーリミットモードは、サービスの縮小傾向にあります。また、au 4G LTEハイスピードプラスエリアモードはエリアの広さが魅力ですが、通信量制限を考慮に入れて利用しなければなりません。

バッテリーが長持ちするほうが便利

ルーターのバッテリー使用時間が長持ちするほうが、外出先での利用は便利です。連続通信時間を比較してみましょう。
・WX03/WiMAX2+(Wi-Fi)接続時 約10時間(ノーマル設定時)、WiMAX2+(Bluetooth®)接続時 約15時間((ノーマル設定時)
・W03/WiMAX2+接続時 約10時間10分(ノーマル設定時)
・W02/WiMAX2+接続時 約7時間(ハイパフォーマンス設定のノーマル設定時)、LTE接続時 約7時間20分(ハイパフォーマンス設定のハイパフォーマンス/ノーマル設定時)
・WX02/WiMAX2+(Wi-Fi)接続時 約7時間20分(ハイパフォーマンス設定)、WiMAX2+(Bluetooth®)接続時 約9時間(ハイパフォーマンス設定)

新機種のWX03とW03の2種が、ノーマル設定時の連続通信時間が約10時間以上使用できるとなっています。WX03は、Bluetooth®に接続利用の場合は、約15時間の利用が可能となります。

携帯に便利なデザインであること

MAXルーターは、外出先でも使用するので、携帯性に富んだデザインであることが必須です。「軽い」「薄い」ということがポイントとなります。
・WX03/質量 約110g、外形寸法 W99×H62×D13.2mm
・W03/質量 約127g、外形寸法 W120×H62×D11.4mm
・W02/質量 約119g、外形寸法 W121xH59xD11.1mm
・WX02/質量 約95g、外形寸法 W110×H66×D9.3mm

軽さ・薄さで言えばWX02で、W03、W02も薄さの点で携帯しやすい大きさです。しかし、いずれの機種も大きさや重さに大差はみられません。それぞれ色やデザインが違いますので、好みのデザインを見つけてください。

通信技術「CA」と「4×4 MIMO」の違い

通信技術として「CA」と「4×4 MIMO」の表記があり、気になる方もいるかもしれません。しかし、選択するとき、この通信技術の違いを選択ポイントにしなくてもいいでしょう。ちなみに、CAと4×4 MIMOの意味は以下のようになります。

CA(キャリアアグリゲーション)

キャリア「電波」を、アグリケーション「集合」するという意味で、複数の電波を集めることで、有線通信より遅いと言われている無線通信を高速化する技術です。まだ対応エリアがあまり広くなく、将来的に広くなるであろうと期待されています。

MIMO(フォーバイフォーマイモ)

基地局と端末に、それぞれ4本ずつのアンテナを利用して、複数のデータ通信を同時に送受信する技術です。WiMAX2+対応エリアならどこでも利用可能です。ただし、通信の混雑時は速度が遅くなることもあります。

おすすめのWiMAXルーター

2016年12月発売になったWX03は、下り最大通信速度が440Mbps、タッチパネル搭載、2890mAhのバッテリー大容量などの点が変更されました。旧WiMAX回線は非対応です。WX03は、まだ対応できるエリアが限られています。また、3日間で3GBと通信量が限定されており、それを超えると5MBps〜8Mbpsに速度制限されてしまいます。
では、おすすめ機種はどれかというと、最大通信速度220Mbpsと安定し、WiMAX2+高速通信の他、au 4G LTEにも対応、エリアも広く対応可能なW03が満足度の高いルーターと人気です。

WiMAXのプロバイダ選び

UQコミュニケーションズとWiMAX契約を行えば、別途プロバイダと契約しなくても利用することはできますが、プロバイダ契約をすると利用料金が安くなり、申込みや解約手続きが契約プロバイダでの手続きだけで済むので、ユーザーにとって便利です。

【プロバイダ例】
Broad WiMAX
UQ WiMAX
BIGLOBE
@nifty WiMAX
So-net WiMAX

プロバイダによって、キャッシュバックやWiMAX端末無料などのWiMAXキャンペーン特典がありますので、料金プランやオプションなども含め比較検討してみましょう.

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事