閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

OCN光でIPv6が使える!IPv6接続のメリット・設定方法とは?

従来型の接続方式“IPv4”は、すでにIPアドレスが枯渇寸前の状態で、徐々に新型接続方式“IPv6”に切り替わりつつあります。

OCN光ではIPv6接続も利用することが可能です。

今回は、IPv6接続を利用するメリットとIPv6接続に設定する方法についてまとめました。

OCN光で利用できるIPv6接続とは

OCN光では、従来のPPPoE方式によるインターネット接続だけでなく、IPoE方式によるインターネット接続を導入しています。

IPoE方式でインターネットに接続することで、すでにIPアドレスが枯渇化しているIPv4接続だけでなく理論的には2の128乗個(=約340澗、34の後に0が37個つく数)ものIPアドレスを利用できるPv6接続も可能です。

つまり、IPoE方式によってIPv4通信とIPv6通信の2形態の通信に分散ができ、結果として回線混雑の緩和も可能になるのです。

PPPoE方式とIPoE方式の違い

IPv4接続では、PPPoE方式の接続しか使えません。

一方、IPv6接続では、PPPoE方式に加えてIPoE方式の接続も使えます。

PPPoE方式とIPoE方式の主な違いは次のとおりです。

PPPoE方式
IPoE方式
認証方式
IDとパスワードを照合する
IDとパスワードの照合不要
IPv6アドレスの割り当て方法
動的
半固定
通信速度制限
上限1~2Gbpsに制限
最大100Gbpsまで可能
IPv6接続に必要な端末条件
IPv6アダプタを搭載していること
オフロード時は条件なし
v4 over v6利用時は専用端末必要

なお、「IPv6接続が利用できると通信速度がアップする」と説明されていることがありますが、実際は、IPv6接続を利用することは、IPアドレスの数の問題を解決するだけであって、通信速度には関係しません。

しかし、IPv6接続が選択できるとIPoE方式が利用できるようになるため、認証方法がスムーズになるだけでなく、通信速度制限もゆるやかになり、通信速度のアップが期待できるのです。

IPoE方式・PPPoE方式共に料金が不要

OCN光でIPoE方式を利用する場合もPPPoE方式を利用する場合も、いずれも追加料金は不要です。

通常の回線料金だけで、異なる接続方式を利用できます。

OCN光のIPv6接続に対応しているプラン・申し込み方法とは

IPoE接続方式によって通信速度アップが見込める“IPv6接続”。

OCN光でIPv6接続に対応しているプランと申し込み方法をまとめました。

IPoE方式で対応しているプラン

OCN光では、2017年7月25日以降に利用開始した場合は自動的にIPoE方式に対応しています。

なお、NTTのフレッツ光回線とプロバイダとしてのOCNに別々で契約する“OCN光withフレッツ”でも、2018年6月15日に利用開始した場合は自動的にIPoE方式に対応しています。

PPPoE方式で対応しているプラン

OCN光を利用しているなら、従来のIPv4接続に加えて、PPPoE方式によるIPv6接続も利用できます。

PPPoE方式なら、IPv4接続とIPv6接続が同時に利用可能ですので、IPv6接続に対応したウェブサイトを閲覧するときも、特別な切り替え作業をしなくてもそのまま閲覧できますよ。

OCN光ではIpv6接続お申し込み不要!

OCN光を検討している方で、IPv6接続を利用したいとお考えの方も多いと思います。

「OCN光とは別途申し込みが必要なのかな?」とお考えかと思いますが、2017年7月25日以降にOCN 光を利用開始する場合は、IPv6接続が標準装備となっていますので申し込みは不要ですよ!

OCN光のIPv6接続の設定方法

OCN光でIPv6接続を設定する方法は、簡単です。

IPoE方式は設定の必要なし

以下の対象プランを利用し、IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)対応機器を導入していれば、特別な設定は不要で、IPoE方式で接続できます。

IPoE方式対象プラン
・OCN光(ただし、2017年7月25日以降に利用を開始した場合)
・OCN forドコモ光(ただし、2017年9月1日以降に利用を開始した場合)
・OCN光withフレッツ(ただし、2018年6月15日以降に利用を開始した場合)

IPoE方式に対応しているか確認する方法

契約時期がいつかわからない人や利用中の機器やプランがIPoE方式に対応しているかわからない人は、OCNのマイページから確認できます。

次の手順でIPoE方式に対応しているのかチェックしてみましょう。

  1. OCNのマイページにログインします。
  2. 「契約情報」をクリックし、詳細情報の中の「契約情報」ボタンを再度クリックします。
  3. 認証方法を選択し、本人認証を済ませます。
  4. 「認証」ボタンをクリックすると、契約内容が表示されます。「IPv6インターネット接続」の欄に、「IPoE接続利用いただけます」と記載されているときは、IPoE方式の利用が可能です。

PPPoE方式の設定方法

PPPoE方式を利用するときは、ホームゲートウェイがPPPoE方式に対応しているかどうかを確認する必要があります。

以下の表を参考に、PPPoE方式に対応しているかチェックしてください。

なお、PPPoE方式に対応していない場合は、最新のファームウェアを適用すればPPPoE方式への対応が可能です。

設定不要でPPPoE方式に対応しているホームゲートウェイ
RT-500シリーズ、PR-500シリーズ、RS-500シリーズ

ホームゲートウェイを確認したら、次はPPPoE方式の設定を実施します。

自動的に認証されないときは、次の認証IDとパスワードを使って認証してください。

  • 認証ID:通常の認証ID(xxxxx@one.ocn.ne.jp)の@以降をipv6.ocn.ne.jpに変更する。
  • パスワード:通常のパスワード

OCN光IPv6接続でも速度が遅い場合の原因と対処法

IPv6接続に変更しても通信速度が改善しないときは、次の3つの原因が考えられます。

PPPoE接続になっている

IPv6接続でもPPPoE方式では通信速度は改善しません。

IPoE方式で接続しているのか、OCNのマイページから確認してください。

契約したタイミングや契約方法によってはPPPoE接続しか利用できません。対応がされるまで待つか、OCN光やOCN forドコモ光、OCN光withフレッツのいずれかに新規契約してみましょう。

新規に契約することで、IPoE方式が標準仕様で適用されます。

設定が間違っている

IPv6接続の設定方法が間違っている可能性があります。

IPv6接続になっているか、以下の方法で確認してみてください。

Windows10での設定確認方法

IPv6接続の設定確認は簡単に行うことができます。

まずはWindows10での設定確認方法を見ていきましょう。

  1. スタートボタンを押して、「ネットワーク接続」を選択
  2. 「ネットワーク設定の変更」の欄から「アダプターのオプションを変更する」をクリック
  3. OCNにカーソルを合わせて右クリックをし、「プロパティ」を選択
  4. 「全般」タブのサービス名が空欄になっていることを確認してから、「セキュリティ」タブをクリック
  5. 「次のプロトコルを許可する」の前にチェックが入っていることを確認し、「暗号化されていないパスワード」「チャレンジハンドシェイク認証プロトコル」「Microsoft CHAP Version2」の3つにチェックが入っていることも確認
  6. 「ネットワーク」タブをクリックし、「インターネットプロトコルバージョン6」にチェックが入っていることを確認

いかがでしょうか?

Windows10を利用の方はぜひ、上記を参考にIPv6接続ができているか確認してみてくださいね。

Mac OS Xでの設定確認方法

次にMac OS Xでの設定確認方法を見てみましょう!

  • Dockの「システム環境設定」をクリック
  • 「ネットワーク」をクリック
  • 画面左に表示される「Ethernet」を選択し、「ネットワーク環境」を自動にして、右下の「詳細」ボタンをクリック
  • 「TCP/IP」をクリックし、「IPv4の設定」を「DHCPサーバを使用」に、「IPv6の設定」を「自動」に、「DHCPクライアントID」を空欄にしてから、右下の「OK」ボタンを押す
  • 「適用」ボタンを押し、画面左上の赤丸ボタンを押して画面を閉じる

Mac OS Xを利用の方は、上記を参考にチェックしてみてくださいね!

ルーターが対応機種ではない

ルーターがIPoE方式に対応していないときは、通信速度の改善が見られないことがあります。

ルーターがIPoE対応なのかチェックしてください。

まとめ

OCN光は無料でIPoE方式が利用できますので、通信速度を大幅に改善することが可能です。

通信速度の改善ををしたい方は、ぜひOCN光を契約してIPv6接続を利用してみてくださいね。

また、現在OC光を利用していて速度が遅いと感じている方は、PPPoE接続になっていたり、接続方法が間違っている、ルーターが対応機種ではない
といったことも考えられます。

本記事では、それぞれの改善方法についても説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(おうち割適用対象)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)