閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

OCN光の引越し手続きとは?移転と乗り換えどちらがお得か確認しよう!

OCN光を契約中に引越しをする場合、新居でもそのまま継続利用するべきなのか、別回線に乗り換えるべきなのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

結論を言うと、引越し手続きを行うよりも乗り換えの方が断然お得です!

今回は、OCN光の引越し手続き手順や乗り換え先としておすすめしたい光回線などを紹介していきますので、現在OCN光を契約中で引越しのご予定がある方は、参考にしてください。

OCN光を引越し先に移転して継続利用する場合の手続き方法

OCN光の「移転」とは、引越し先でもOCN光を継続利用することです。

OCN光の移転手続きは引越し1ヶ月前からできますので、以下の手順で早めに手続きを行いましょう。

  1. OCN光の引越し手続き申し込みを行う
  2. 工事日時・内容を確定する
  3. 撤去工事をしてもらい機器を返却する
  4. 引越し先で回線工事をしてもらう

OCN光の引越し手続き申し込みを行う

まずは、OCN光が引越し先でも利用できるか下記ページより確認します。

その後は以下の流れに沿ってOCN光引越し手続きを行ってください。

  1. OCN会員ページ」にアクセス
  2. 会員ページの「会員サポート/手続き」タブをクリック
  3. 「OCN光 引越しの手続き」というバナーをクリックし、会員ページへログイン
  4. 「設置場所住所」「ご契約者住所」「請求書送付先住所」を引越し先住所に変更

なお、以下の場合は、OCN会員ページから引越し手続きが行えませんので注意してください。

  • 引越し先が東日本と西日本をまたぐ場合
  • 引越しと同時にプラン変更を行う場合
  • オプションサービスの変更を希望する場合

上記の場合は、以下の連絡先に問い合わせてください。

NTTコミュニケーションズ カスタマーズフロント
  電話番号:0120-506506
  受付時間:10~19時(日、祝日・12/29~1/3を除く)

新築戸建ての場合は「新築届」を提出して住所登録が必要

引越し先が新築戸建ての場合、提供エリア検索では新住所をサイト上で確認できません。

引越し先が新築の場合は、まず役所で「新築届」を提出し、引越し先住所を確定させる必要があります。

新居の住所登録手続きが完了し、新住所が確定した後、「OCN光 引越しの手続き」より手続きをおこなってください。

工事日時・内容を確定する

OCN光の引越し手続きが完了すると、約2週間後にNTTから電話連絡がきます。

その際、手続き内容の確認と、現住所および引越し先住所での工事日時を決定させる必要がありますので、日程を調整しましょう。

撤去工事をしてもらい機器を返却する

撤去工事を行う場合、基本立ち合いが必要となりますが、使用していた機器をNTTに郵送する場合や新居へ持ち込む場合は撤去工事がありませんので、立ち合いは不要です。

撤去工事立ち合いの有無は、工事日時を確定させる電話にて確認できます。

引越し先で回線工事をしてもらう

引越し先で電線から光回線を引き込んだり、共有スペースから自宅まで回線を引き込んだりする開通工事を行う場合は、立ち合いが必要です。

ただし、今まで使用していた機器やNTTから送られてきた機器をご自身で設置する方法を指定された方は、立ち合い不要となります。

引越し先での工事立ち合い有無は、建物の状況をNTTが判断し、工事日時を確定させる電話にて伝えられますので、確認をしておきましょう。

OCN光の引越しで移転手続きをする際に発生する費用

OCN光を引越し先でも引き続き利用する場合、最大で以下3つの費用が発生します。

契約事務手数料が発生する

契約事務手数料はOCN光に限らず、どの光回線においても必要になるものです。

OCN光の移転手続きには契約事務手数料として3,000円(税抜)が発生します。

引越し先での開通工事費がかかる

OCN光を引越し先でも引き続き利用する場合、旧居での撤去工事費は無料ですが、引越し先での開通工事は以下のように工事費がかかります。

屋内配線を新設する場合
戸建て マンション
派遣工事あり 一括 分割 一括 分割
18,000円 初回3,000円
500円×30回
15,000円 初回3,000円
400円×30回
屋内配線を新設しない場合
戸建て/マンション
派遣工事あり 一括 分割
7,600円 初回1,600円
200円×30回
派遣工事なし 2,000円

なお、NTT東日本エリアのみ、土日祝に開通工事を行うと上記費用に加え別途3,000円(税抜)の追加費用がかかりますので、ご注意ください。

NTT東日本・西日本をまたぐ場合は違約金が発生する可能性がある

NTT東日本・西日本には同じ「NTT」が付いていますが、それぞれ別会社です。

そのため、エリアをまたぐ引越しをするの場合は、現在契約中のOCN光を一度解約し、引越し先で新たにOCN光を再契約する必要があります。

解約する際に、契約更新月以外に解約をすると、プランによって以下のように違約金が発生しますので、注意が必要です。

契約プラン 解約違約金
標準プラン 0円
2年自動更新型割引プラン 11,000円

引越しの際にOCN光を移転して継続利用するメリット・デメリット

引越し先でも引き続きOCN光を利用するメリットとデメリットをまとめました。

<OCN光の移転手続きを行うメリット>

  1. OCN光の違約金が発生しない
  2. サービス内容がこれまでと変わらない

<OCN光の移転手続きを行うメリット>

  1. NTT東日本・西日本をまたいでの移転は原則としてできない
  2. 移転の場合も開通工事費用がかかる
  3. マンションの場合は既に引かれている回線を契約しなければならない可能性が高い
  4. 移転工事費割引はOCN光では利用できない

【メリット1】OCN光の違約金が発生しない

東日本もしくは西日本の同エリア内で引越しをする場合、OCN光はそのまま継続利用ができますので、違約金が発生しません。

そのため、同エリア内の引越しであれば、新居での開通工事費用のみで再びOCN光を利用できます。

【メリット2】サービス内容がこれまでと変わらない

OCN光は移転をしても通信速度や料金が変わりませんので、引越し先でも今までと同じサービス内容を利用できます。

ただし、引越しと同時に料金プランを変更したい場合は、下記問い合わせ先に電話連絡をしてください。

NTTコミュニケーションズ カスタマーズフロント
  電話番号:0120-506506
  受付時間:10~19時(日、祝日・12/29~1/3を除く)

【デメリット1】NTT東日本・西日本をまたいでの移転は原則としてできない

OCN光でエリアをまたぐ引越しを行う方は、現在ご契約中のOCN光を一度解約し、引越し先で再契約をしなければなりません。

東日本・西日本をまたいでの移転をする際は、以下にお問い合わせください。

NTTコミュニケーションズ カスタマーズフロント
  電話番号:0120-506506
  受付時間:10~19時(日、祝日・12/29~1/3を除く)

また、継続利用の連絡を入れる前に、新住所でOCN光が利用可能であるかを調べる必要もありますので、下記サイトよりサービス提供地域の事前確認をしておきましょう。

NTT東日本 
  光アクセスサービス提供エリア検索
NTT西日本
  フレッツ光提供エリア検索

【デメリット2】移転の場合も開通工事費用がかかる

OCN光は無料で移転することができません。

OCN光を引越し先でも継続利用する場合、引越し先が戸建て住宅であれば2,000~18,000円(税抜)マンションのような集合住宅であれば1,600~15,000円(税抜)の開通工事費用が発生します。

OCN光の開通工事費用は、工事内容により金額が変動します。

【デメリット3】マンションの場合は既に引かれている回線を契約しなければならない可能性が高い

引越し先のマンションですでに光回線が引かれている場合、基本的には導入済みの回線を契約する必要があります

新居で引かれている回線がフレッツ光回線であれば、転用でOCN光を再契約できますが、他社の光回線が導入されている場合、勝手にOCN光(フレッツ光回線)の開通工事を行うことはできません。

マンションのオーナーや管理組合の許可がでれば、OCN光を独自導入することもできますが、許可が降りるケースは稀です。

そのため、引越し先のマンションで別の光回線が導入されているときは、多くの場合OCN光を解約することになるでしょう。

【デメリット4】移転工事費割引はOCN光では利用できない

OCN光以外の回線では、工事費用を月額料金から割引く形で実質無料にするサービスがよく見られますが、OCN光にはこのようなサービスがありません。

そのため、移転の際は工事費を満額支払う必要があります

お得に引越しするならOCN光を解約して他回線に乗り換えよう

OCN光には、移転の際にかかる工事費や利用料を安くするキャンペーンがありません。

OCN光から乗り換える場合は、乗り換え先によっては、乗り換え時に発生する違約金等を還元してくれるキャンペーンやキャッシュバックサービスを実施していることがあります。

このようなキャンペーンを活用するならば、実質無料でインターネットの引っ越し手続きができますので、OCN光をそのまま引っ越し先でも利用するよりもお得なことが多いのです。

また、OCN光を引っ越し先でも利用するときは、どのような好条件が重なっても「事務手数料」と「無派遣工事費」の合計5,000円がかかってしまいます。

しかし、別回線に乗り換えるときは、乗り換え先が違約金還元キャンペーンを実施していないとしても、契約更新月などの違約金不要のタイミングを選べば、余計な出費なしにOCN光を解約することが可能です。

そのため、現在OCN光をご契約中の方でネットの引越し費用を安くしたい方は、OCN光から他社光回線に乗り換えて、新規契約者向けのキャンペーンを利用することで大変お得に契約ができます。

OCN光から乗り換える場合のおすすめ回線を紹介

引越しの際にOCN光の移転をすると工事費などで費用面のデメリットが大きいことが分かりました。

ここでは、OCN光を解約して乗り換える場合のおすすめ乗り換え先を紹介します。

スマホのセット割が受けられる回線は月額料金を安くできる!

OCN光から別回線に乗り換えるのであれば、ご利用中のスマホ・携帯・タブレットと同じキャリアが提供している光回線を選ぶとセット割引が受けられ、端末の利用料金が安くなります

auユーザー、ドコモユーザー・ソフトバンクユーザーがそれぞれお得に契約できる光回線と、セット割引を解説します。

auユーザーにおすすめの光回線

auユーザーの方は「auひかり」もしくは「so-net光」に乗り換えると、「auスマートバリュー」が適用され、スマホ料金が毎月最大1,000円(税抜)安くなります。

ちなみに、auスマホで「auピタットプラン」もしくは「auフラットプラン」を契約すると、この割引が契約中ずっと続きます。

また、10回線まで適用可能ですので、家族にauユーザーが多いほど割引額が大きくなります

auひかりのお申し込みはコチラ

So-net光のお申し込みはコチラ

「auスマートバリュー」に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

ドコモユーザーにおすすめの光回線

ドコモユーザーの方は「ドコモ光」に乗り換えると、「ドコモ光セット割」が適用され、スマホ料金が毎月最大3,500円(税抜)安くなります。

ドコモ光セット割は、以下の料金プランを利用している場合に適用できます。

家族でパケットを分け合うプラン

  • ベーシックシェアパック
  • ウルトラシェアパック

一人で利用するプラン

  • ベーシックパック
  • ウルトラパック

4つで適用されますが、中でも割引額が大きいのは「ウルトラシェアパック100」の料金プランです。

ウルトラシェアパック100は、100GBを家族で分け合うことができますので、ご家族にドコモユーザーが多い方は、こちらのプランがおすすめといえます。

ドコモ光のお申し込みはコチラ

ドコモ光の「セット割」に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線

ソフトバンクユーザーの方は、「ソフトバンク光」もしくは「NURO光」に乗り換えると、「おうち割 光セット」が適用され、スマホの料金が毎月最大1,000円(税抜)安くなります。

ソフトバンクスマホをご利用中の方は、「データ定額 50GB/20GB/5GB」のいずれかを契約すると、1,000円(税抜)の割引が契約中ずっと適用されますので、おすすめです。

また、10回線まで適用可能ですので、家族にソフトバンクユーザーが多いほど割引額が大きくなります

ソフトバンク光のお申し込みはコチラ

NURO光のお申し込みはコチラ

「おうち割 光セット」については以下の記事で詳しく解説しています。

違約金負担キャンペーンを利用できる回線で違約金が0円になる!

OCN光から他回線に乗り換える場合は、他社からの違約金を負担してくれる回線に乗り換えることで、違約金を0円にすることができます

なかでも、auひかりは最大30,000円(非課税)、ソフトバンク光は最大100,000円(税抜)まで他社からの違約金を負担してくれますので、OCN光からの乗り換え先としては大変おすすめです。

通信速度を重視するなら独自回線に乗り換えよう!

OCN光からの乗り換えを行う際、通信速度を重視したいのであれば、「auひかり」や「NURO光」「コミュファ光」のように独自回線を使用しているところを選びましょう。

独自の回線を利用している光回線は、快適な通信が利用できる点がメリットです。

しかし、フレッツ光や「ドコモ光」「ソフトバンク光」のような光コラボ回線に比べると通信エリアが狭い点がデメリットとなりますので、契約前には対象通信エリアを確認しておくことが大切です。

OCN光の移転・解約手続きは1ヶ月前に始めよう

OCN光の移転・解約手続きは、引越し1ヶ月前からスタートできます

移転手続き申し込みから開通工事が終了するまでは最短でも2週間から3週間はかかりますので、早めに申し込みをすることをおすすめします。

また、引越し時期が近づくと、役所の手続きやそのほかの作業で忙しくなりますので、それも考慮の上、移転手続きをすすめてくださいね!

まとめ

OCN光は、同エリア内の引越しであれば違約金も発生しませんし、引越し先でも今までと同じ速度や料金でネットを利用できます。

しかし、OCN光は東日本と西日本のエリアをまたぐ引越しをする場合は違約金が発生しますので注意してくださいね。

また、OCN光で移転手続きを行うよりも他回線へ乗り換えるほうがお得です。

乗り換えであれば、回線によっては、キャッシュバックや工事費無料キャンペーン、違約金キャンペーンなどさまざまなキャンペーンを実施しており、移転手続きよりもお得に契約できる可能性がありますよ。

また、インターネット回線は、スマホと光回線の同時契約で利用料が安くなったり、通信速度が速かったりとキャンペーン以外の特徴も異なりますので、いかにお得で、かつ快適に通信ができるかを考えて乗り換え先を選んでくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)