閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光のプロバイダ・DTI|利用者の評判とメリット・デメリット

ドコモ光・DTI

ドコモ光は利用するプロバイダーを対象事業者の中から選べます。その1つにDTIがあります。

DTIは知名度が高いプロバイダー事業者ではないので、DTIをどのようなプロバイダーなのか理解している人は少ないのではないでしょうか?

ここでは、ドコモ光のプロバイダーをDTIにした際の利用料金や回線速度、実際に利用している人の評判を調査しました。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光でプロバイダーを選ぶコツ3選

ドコモ光のプロバイダーを選びときに何を基準にして選べばいいのかわからない人は多いのではないでしょうか?

また、プロバイダーはどこを利用してもサービスは同じだと思っている人も少なくないでしょう。

ドコモ光ではプロバイダーごとにサービスや利用できる接続方法、割引き・キャッシュバックキャンペーンなどが違うので、しっかりと自分にあったプロバイダー事業者を選ぶことが大切です。

具体的には次の3つの判断基準に注目してプロバイダーを選びましょう。

  1. 月額料金が安い料金タイプAのプロバイダーを選ぶ
  2. v6プラスやIPv6通信ができるプロバイダーを選ぶ
  3. ルーターの無料レンタルなど独自サービスが展開されているかどうか

DTIを契約するメリット・デメリット

先ほどあげた3つの判断基準に当てはまれば、DTIは良いプロバイダーと言えます。

果たしてDTIは3つの判断基準に当てはまるプロバイダーなのか、メリットとデメリットをもとに見てみましょう。

メリット

料金設定が安いうえに、高速通信も期待できるIPv6接続が利用できるDTI。

他にもさまざまなメリットがありますが、ここではその中から6つのメリットをピックアップして紹介します。

  1. 初期工事費無料
  2. 10,000円のキャッシュバックがある
  3. ルーターの無料レンタルができる
  4. セキュリティソフトが12カ月無料で使える
  5. 最大10個まで容量無制限のメールアドレスが使える
  6. リモートサポート・訪問サポートが無料で使える

初期工事費無料

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は費用が掛かりませんが、新規で契約すると回線工事が必要になるので15,000円から18,000円の初期費用を負担しなければいけません。

しかし、DTIをプロバイダーにすると工事費無料キャンペーンが適用されるので、新規で契約する場合でも初期費用が気になりません。

ただ、工事費無料キャンペーンは期間限定の特典なので、契約する際は現在も実施されているかを確認しましょう。

【ドコモ光】他店徹底対抗!最大15,000円キャッシュバック!

キャッシュバック

期間限定キャンペーンで初期工事費も無料!さらに、ドコモのスマホ料金が年間最大72,000円も割引に・・・詳しく見る

10,000円のキャッシュバックがある

さらに、ドコモ光のプロバイダーをDTIにすると、新規と転用のどちらのケースで契約しても10,000円のキャッシュバックがもらえます。

ドコモ光を申し込んでキャッシュバックがもらえる窓口は少ないので、DTIはキャンペーンが充実している貴重なプロバイダーです。

ルーターの無料レンタルができる

ドコモ光を契約してWi-Fiを使うには無線LANルーターをプロバイダーでレンタルするか、家電量販店で購入しなければいけませんが、どちらの方法で用意しても費用が掛かってしまいます。

DTIは無料で無線LANルーターを貸し出してくれます

セキュリティソフトが12カ月間無料で使える

プロバイダーをDTIにすると、マカフィーのセキュリティソフトが利用できるオプションサービス、マカフィーマルチアクセスオプションを12カ月間無料で利用できます

オプション利用料金は月額税抜き500円ですので、6,000円以上もお得にパソコンや通信機器を迷惑メールやウイルスなどの脅威から守ることができます。

マカフィーのセキュリティソフトは、家電量販店で販売されているパソコンにあらかじめ内蔵されているソフト>なので、クオリティは高く申し分ありません。

容量無制限のメールアドレス最大10個まで使える

DTIをプロバイダーにすれば、容量無制限のメールアドレスを10個まで無料で取得できます

頻繁にメールをする人や複数のメールアドレスを使用する人には、とてもうれしい特典です。

ちなみに、10個以上のメールアドレスを使用したい場合は、追加料金が必要です。

リモートサポート・訪問サポートが無料で使える

メールやパソコンの設定を専門のオペレーターにリモートサポートしてもらう独自サービスSiLK Touchも、DTIでは無料で利用できます

SiLK Touchでは画面を専門のオペレーターと共有すると遠隔操作でサポートしてくれるので、パソコンの操作が苦手な人にはとても便利なサービスです。

さらに、初期設定の方法がわからない人のためにも、訪問設定サポートを初回無料で受けることができます

デメリット

DTIは料金面だけでなくキャンペーン内容にもメリットがあるプロバイダーですが、デメリットがないわけではありません。

自動解約ができないため解約時は手間がかかる

ドコモ光の解約手続きはドコモ光の窓口で行えますが、DTIで利用しているオプションサービスの解約はDTIの会員専用ページMy DTIで行わなければいけません。

まとめてドコモ光とDTIのサービスを解約はできないので、少し手間がかかります。

DTI with フレッツとの比較

ドコモ光を契約してプロバイダーをDTIにすると、利用できるサービス内容はDTI with フレッツとほとんど同じです。

利用できるサービスが同じなら、DTI with フレッツを契約しても問題はないのでは?と思いますよね。

そんな疑問を解決するために、DTI with ドコモ光とDTI with フレッツの利用料金を比較してみましょう。

基本の月額料金ですが、どちらのサービスを選んだほうがお得になるかは、住んでいるエリアによって異なります。

DTI with ドコモ光とDTI with フレッツの月額料金比較
サービス
戸建て
マンション
DTI with ドコモ光
5,200円
4,000円
DTI with フレッツ(東日本)
5,651~5,951円
3,080~4,930円
DTI with フレッツ(西日本)
1~2年目:4,775円
3年目以降:5,061円
1~2年目:2,590~4,290円
3年目以降:2,760~4,400円

※DTI with フレッツ光の利用料金は東日本で「にねん割」、西日本で「光はじめ割」を適用した場合の値段です。

しかし、ドコモのケータイやスマホを持っていると話は変わってきます。

ドコモユーザーがドコモ光を契約すると最低でも500円、最大で3,500円の割引が受けられるので、DTI with フレッツよりもお得になることがわかります。

DTI with フレッツではどのキャリアでスマホを使っていても割引が受けられないので、それほどお得なサービスとは言えません。

少なくとも、ドコモでスマホを使っている人は、ドコモ光を選んだほうがいいと思いましょう。

ドコモ光とフレッツ光の料金プランの違いは次の記事で詳しく解説しているので、一緒に参考にしてください。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック
ドコモ光トップページ
工事費無料キャンペーン中!
ドコモユーザーならdポイント最大10,000ptプレゼント! スマホと光がセットで毎月のスマホ料金が最大2,500円割引!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

DTIはこんな人におすすめ

DTIはどんな人におすすめのプロバイダー事業者なのでしょうか?

結論から言うと、以下3つのどれかに当てはまる人なら、DTIを検討してみる価値があります。

  • より早い速度でインターネットを利用したい方
  • フレッツ光よりも安い料金でインターネットを利用したい方
  • メールアドレスを使い分けたい方

なぜ、この3つのどれかに当てはまると検討するべきなのか、その具体的な理由を見てみましょう。

より早い速度でインターネットを利用したい方

ドコモ光では最大1Gbpsまでの高速通信ができる光回線を利用しますが、実際に出る通信速度はプロバイダーごとに大きな差があります。

評判がイマイチなプロバイダーを選んでしまうと、夜に通信速度が1Mbpsまで落ちてしまいます。逆に、評判が良いプロバイダーを選べば、朝・昼・晩問わず通信速度が遅くなることはありません。

後ほど紹介する口コミを見ると、DTIは通信速度の評判が良くない印象を受けます。しかし、DTIはIPv6に対応していて、これを使うことで通信速度が安定します。

IPv6に対応しているドコモ光のプロバイダーは少ないので、DTIは早い速度でインターネットを利用したい人にとって貴重な選択肢と言えます。

フレッツ光よりも安い料金でインターネットを利用したい方

フレッツ光を契約していて利用料金に不満を持っている方も、ドコモ光に乗り換えてプロバイダーをDTIにしてみる価値があります。

先ほど説明しましたが、ドコモ光に乗り換えてプロバイダーをDTIにすると、フレッツ光よりも利用料金が安くなる可能性が高いからです。

ドコモケータイやスマホを持っている人なら割引も受けられるので、なおのことドコモ光に乗り換えてプロバイダーをDTIにするべきでしょう。

さらに、フレッツ光からならネット環境を変えずに乗り換えられる点も魅力です。

フレッツ光からドコモ光への乗り換えやすさは次の記事で解説しているので、あわせて読んでみてください。

メールアドレスを使い分けたい方

DTIなら無料で10個までのアドレスを取得できます。

他のプロバイダーを契約して2つ以上のメールアドレスを持つと追加料金が発生してしまうので、メールアドレスを使い分けたい人にもDTIはおすすめです。

メールアドレスを使い分けるメリット

そもそも、「複数のメールアドレスを持つ意味があるの?」と疑問に感じる人もいるのではないでしょうか?

メールアドレスを使い分けるメリットは、用途別にメールが利用できることです。

例えば、2つのメールアドレスを用意しておくと1つを家族や友人との連絡ツールとして、もう1つを仕事に使うことができます

迷惑メールが来てしまった際の予備として別のアドレスを用意しておくこともできます。

ドコモ光契約おすすめ窓口

ドコモ光を契約する際に、キャッシュバックなどの特典が受けられる窓口がないかと考える人は多いのではないでしょうか?

キャッシュバックがもらえるドコモ光の窓口はいくつかありますが、最もおすすめなのはネットナビのキャンペーンサイトです。

ネットナビでドコモ光を契約すれば、最大で15,000円もの高額キャッシュバックが受けられます。

公式のdポイント10,000ptプレゼントキャンペーンも受けられるので、優秀と言えるほどお得です。
契約プランをタイプAにして利用料金を最安値にできるので、ドコモ光をお得に申し込みしたい方は、ぜひ一度下記のサイトをご覧になってください。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック
ドコモ光トップページ
工事費無料キャンペーン中!
ドコモユーザーならdポイント最大10,000ptプレゼント! スマホと光がセットで毎月のスマホ料金が最大2,500円割引!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

DTIの評判

DTIは利用料金に定評があるプロバイダーですが、通信速度の評判は賛否が分かれています。

しかし、通信速度が遅い問題は、1つのコツを使えば簡単に解決できます。

料金に関する評判

ドコモ光の料金プランにはタイプAとタイプBの2種類があり、利用するプロバイダーによって月額が変わります。

下記の表を見るとわかりますが、料金プランがタイプAになれば月額が安くなります

ドコモ光の月額料金
プラン
戸建て
マンション
タイプA
5,200円
4,000円
タイプB
5,400円
4,200円

1カ月あたりの差額は200円なのでそれほど違いはないように感じますが、1年間で計算すると2,400円も変わるので決して侮れる差ではありません。

ドコモ光ではプロバイダーをDTIにすると料金プランがタイプAなるので、月額料金が最安値です。

では、ドコモ光の月額料金にユーザーは満足しているのでしょうか?

実際にプロバイダーをDTIにした人からの口コミを見てみましょう。

実際にドコモ光でDTIを利用している人は、料金に対して満足しているようです。

ドコモケータイを利用している人なら光セット割で最低でも500円、最大で3,500円の割引を受けられるので通信費をより一層安くできます。

速度に関する評判

ドコモ光は最大1Gbpsまでの速度が出せる高速回線ですが、実効速度がプロバイダー選びで左右されます。

口コミを見ると、DTIの通信速度は早くない印象を受けます。

通信速度が遅い

利用料金の評判はまずまずといった印象を受けるDTIですが、利用した人からの口コミを見ると通信速度が遅いという声を目にします。

ただ、口コミを見る限り、通信速度の低下は夜の時間に集中していることがわかります。

朝や昼真は通信速度が低下することがなく、100Mbpsの数値を叩き出してくれます。

と言っても、夜はインターネットを利用する可能性が最も高い時間帯なので、朝と昼間だけ通信速度が安定しても意味がありません。

これを読んでいるほとんどの人も、インターネットを一番使う時間帯は夜なのではないでしょうか?

DTIはIPv6接続が可能

通信速度の評判がイマイチのDTIでも、IPv6接続を利用すると快適にインターネットが利用できます。

なぜ、IPv6接続を利用して通信速度が安定するのかと言うと、サーバー上で通る経路が変わるからです。

IPv6では、どの時間帯でも混雑しない経路を通ってインターネットに接続します。
つまり、夜に通信速度が遅くなる原因は、IPv6を利用していないことにあるわけです。

IPv6を利用すれば、この口コミ事例のような通信速度が出るのも夢ではありません。

ちなみに、通信速度の評判が良くないプロバイダーを契約しても、IPv6接続を利用すれば快適性が増します。

他社プロバイダーではPv6接続を利用すると追加料金が発生することがありますが、DTIでは無料で使うことができます。

DTIの解約方法

ドコモ光とDTIのプロバイダーサービスは、ドコモ光のサポート窓口に電話すれば一緒に解約です。

しかし、最大10個までのメールアドレスを無料で利用している場合、DTI側で手続きをしないと無料特典がなくなってメールアドレス1つあたり月額200円が請求されてしまいます

ドコモ光を解約して同時にDTIのプロバイダーサービスの契約も解除するときは、DTIに連絡して他のオプション契約が残っていないか確認してください

ドコモ光の契約を残してプロバイダーをDTIから他社に変える場合も、サポート窓口に連絡してメールアドレスの利用料が請求されないか聞いておきましょう。

まとめ

DTIはドコモ光対応プロバイダーの中でも利用料金が安くサポートも充実しているので、インターネットの知識がない人でも安心して契約できる事業者と言えます。

無線LANルーターやメールアドレス、リモートサポートも無料で利用できるところも魅力です。

口コミでは通信速度の評判が悪いところが気ですが、IPv6接続を利用すれば快適にインターネットを利用できます。

ただ、IPv6を利用した人からの口コミが少ないので、他のプロバイダーとも比較しておく必要はあるでしょう。

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金イメージのご相談を!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事