閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

ドコモ光の口コミ評価は信用できる?料金・サービス内容を検証

口コミ

ドコモ光は利用者数が多いため、良い口コミとともに悪い口コミの数も多くなってしまいます。

悪い口コミにはつい目を引かれてしまいますが、ドコモ光の料金や速度、サービス内容は他の光回線と比較をしても遜色ない品質となっています。

ドコモ光の評価を調べる際は、口コミだけでなく総合的な面から判断をすることが大切です。

今回は、ドコモ光に対する口コミと実際のサービス内容を比較し、口コミの内容が本当に信用できるのかどうかを確認していきます。

ドコモ光の悪い口コミを鵜呑みにしてはいけない

ドコモ光の口コミには通信速度や料金に関する悪い口コミが目立ちます。

ただし、これはドコモ光のサービス内容が単に悪いというわけではありません。

ドコモ光には約530万人という膨大な利用者がいることから、良い口コミだけでなく悪い口コミ数も他光回線より必然的に多くなってしまうことが原因です。

そのため、ドコモ光の評判は口コミだけでなく、サービス内容までしっかり理解をしたうえで判断する必要があるといえます。

ドコモ光の速度に関する口コミ

まずは、ドコモ光利用者の通信速度に関する口コミをいくつか見ていきましょう。

マンションのような集合住宅の場合、共用スペースまでは光回線を引き込んでいても、各部屋までは電話回線で伝送しているケースが多く見られます。

ドコモ光は最大1Gbpsの高速通信が利用できる光回線ですが、どんなに高速な光回線であっても一度電話回線に流すと混線・速度低下が発生しやすくなります。

マンションにお住まいの方は、契約前に建物の配線方法を確認しておくと良いでしょう。

ドコモ光はフレッツ光と同じ回線を使用していますので、もともとフレッツ光を利用していた方がドコモ光へ乗り換えた場合、通信速度に劇的な変化を感じることはできません。

ドコモ光には、安定した高速通信を実現する「v6プラス(IPv6 IPoE接続+IPv4接続)」に対応しているプロバイダが数多く存在します。

v6プラスに対応していないプロバイダを利用中の方は、プロバイダを変更することで、混雑時であっても安定した高速通信が見込めます。

ドコモ光のv6プラス対応プロバイダはこちらから確認できます。

ドコモ光では、繋がりにくいとされている夜間でも200~300Mbpsで通信することが可能です。

ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsですので200~300Mbpsでは遅く思えるかもしれません。

しかし、動画視聴なら20~30Mbps、オンラインゲームや動画配信サービスでも50~100Mbpsの速度があれば十分快適に利用できますので、申し分ない速度と言えます。

このように、ドコモ光の通信速度は利用環境やv6プラスの利用有無といった条件によって大きく左右されるものです。

口コミ評価のみならず、ドコモ光のサービス内容を把握し、総合的に判断をすることが大切です。

速度が遅いのはドコモ光が原因とは限らない

ドコモ光に限らず、インターネット回線の速度は時間帯や環境によって大きく変化します。

夜間や出勤時間など多くの人が一斉利用する時間帯、集合住宅のように回線を分配して使用するような環境時で利用した場合、通信速度が遅くなる傾向にあります。

速度の遅さはドコモ光の回線品質が原因とは限りませんので、注意が必要です。

なお、ドコモ光では「v6プラス(Ipv6 IPoE接続+IPv4接続)」という新しいインターネットの接続方法を提供していますので、混雑時でも安定した高速通信が期待できます。

【v6プラス(Ipv6 IPoE接続+IPv4接続)」のイメージ図】
IPoE IPv4 over IPv6
※ドコモ光公式サイトより

ただし、v6プラスを利用するためにはv6プラスに対応しているプロバイダを利用する必要があります。

ドコモ光をより快適に利用したいという方は、v6プラスに対応しているプロバイダを選択するようにしましょう。

安定した高速通信「v6プラス」対応のプロバイダ

ドコモ光でv6プラス(Ipv6 IPoE接続+IPv4接続)が利用できるプロバイダは下記のとおりです。

プラン区分 プロバイダ
プロバイダ ドコモnet
Plala
GMOとくとくBB
So-net
DTI
@nifty
IC-NET
Tigers-net.com
andline
スピーディアインターネットサービス
タイプB OCN
@T COM

「タイプA」「タイプB」と区分されていますが、こちらはドコモ光が分類しているものとなっています。

v6プラス対応のドコモ光プロバイダについては以下の記事で詳しく解説しています。

タイプA・Bの違いにつきましては次項で解説しています。

ドコモ光の料金に関する口コミ

ドコモ光の料金に関する口コミを見ていきましょう。

ドコモ光の魅力は月額の料金の安さと通信速度の快適さだと思います。 割引の条件がぱっと見では複雑でわかり難いところはありますが、ドコモの携帯・スマホとドコモ光のサービスをあわせて使用することで、セット割で月額料金が割引されますし、ドコモの携帯を長期間使用していれば、さらに割引されます! また、通信速度に関しては、プロバイダを自由に選ぶことができるため、V6プラスのサービスがあるプロバイダを選ぶと通信速度が遅くなることがなく、快適にインターネットを使うことができました。通信速度にこだわりがある人にオススメです。 実際使ってみて、不満という不満はありません。 魅力的なサービスです。
<引用:https://minhyo.jp/docomo-hikari

ドコモ光はドコモのスマホ・ケータイとの同時契約で「セット割」が適用され、毎月のスマホ・ケータイの料金が最大1,800円割引になります。

ドコモユーザーには非常にオススメできる光回線です。

現在携帯もドコモを利用中です。親戚・家族でシェアパックを組んでいます。私1人がドコモ光を利用するだけで全体の金額から更に割引が組めました。またプロバイダ次第ではウイルスソフトも無料で使えるようで、現在so-netでカスペルスキーのウイルスソフトを無料で使用中です。 また、以前は持ち運び可能のポケットWi-Fiを利用していましたが、時間によっては突然スピードが出なくなることが度々ありましたが、どの時間でも快適な速度で利用でき、なおかつマンションプランだったので月額料金も今までより安くなり良いことばかりでした。”
<引用:https://minhyo.jp/docomo-hikari?sort=order_point&page=2

ドコモ光はシェアパックを組んでいる人が1人でもドコモ光を契約すると、同じシェアパックを利用する全員に割引が適用されます。

また、選択するプロバイダによってはさまざまな無料オプションを利用できますので、この点も大変お得です。

ドコモ光の料金は、ドコモ携帯やスマホとのセット割がなければ飛びぬけて安いと言える光回線ではありません。

ただし、ドコモ光の利用料金にはプロバイダ料金が含まれています(タイプA/B/Cのみ)。

フレッツ光では回線料金とは別に支払っていたプロバイダ料金が合算請求になる点は大きなメリットと言えるでしょう。

コモ光の料金に関する口コミには「プラン内容がわかりにくい」という評判が多く見られます。

たしかにドコモ光の料金は少々複雑ですので、事前に料金形態を把握しておかなければ混乱する可能性があります。

ドコモ光には5つのタイプがあり、以下のように大きく分類ができます。

  • ドコモ光に対応しているプロバイダからお好きなところを選択する「タイプA」「タイプB」
  • ケーブルテレビの回線設備を利用する「タイプC」
  • 全プロバイダの中から自由に選択できる「単独タイプ」
  • 利用したデータ通信量によって料金が2段階に変化する「ドコモ光ミニ」

ドコモ光の月額料金をタイプごとにわかりやすく表にまとめましたので、ドコモ光の料金がよくわからないという方は参考にしてください。

マンションプラン 戸建てプラン
契約期間なし 2年契約 契約期間なし 2年契約
タイプA 5,000円 4,000円 6,700円 5,200円
タイプB 5,200円 4,200円 6,900円 5,400円
タイプC 5,000円 4,000円 6,700円 5,200円
単独タイプ
※別途プロバイダ料が必要
4,800円 3,800円 6,500円 5,000円
ドコモ光ミニ
※別途プロバイダ料が必要
マンションプランなし 4,200~7,200円 2,700~5,700円

月額料金は回線と比較しても割高ではない

ドコモ光の料金は高いという口コミがありますが、以下のように他回線と比較してみると、ドコモ光の月額料金は割高でないことがわかります。

マンションプラン 戸建てプラン
ドコモ光 3,800~4,200円 5,000~5,400円
フレッツ光 東日本:3,650~4,900円
西日本:3,660~4,760円
東日本:5,600~6,100円
西日本:5,400円
auひかり 4,050円(マンション ギガ) 5,200円(ギガ得プラン)
Softbank光 3,800円 5,200円
NURO光 1,900~2,500円 4,743円

※下り最大1Gpbsのプランで比較(NURO光のみ下り最大2Gbps)
※フレッツ光は別途プロバイダ料金が必要
※各社2年間の継続契約をする場合の料金

ドコモ光の料金については以下の記事でも詳しく解説しています。

タイプA「v6プラス」対応のプロバイダがオススメ

ドコモ光のプロバイダは、タイプA対応のプロバイダの選択がオススメです。

先述したように、ドコモ光では「v6プラス(IPv6 IPoE接続+IPv4接続)」に対応しているプロバイダを選ぶと、混雑時でも安定した高速通信が利用できます。

ドコモ光の場合、v6プラスに対応しているプロバイダは「タイプA」「タイプB」で分けられており、利用料金は以下のとおりです。

マンションプラン 戸建てプラン
タイプA 4,000円 5,200円
タイプB 4,200円 5,400円

「タイプA」と「タイプB」は利用料金に差があるものの、性能に大きな違いはありません。

ドコモ光でv6プラス対応のプロバイダを選択する方は、料金の安い「タイプA」の中からお好きなプロバイダを選択することをオススメします。

ドコモ光のキャンペーンに関する口コミ

ドコモ光では、新規契約者を対象にdポイントが最大10,000ポイントもらえるキャンペーンや、期間限定で工事費が無料となるキャンペーンなどを行っています。

ここからはドコモ光のキャンペーンに関する口コミを見ていきましょう。

ドコモ光を新規契約した場合、利用開始月の翌々月に10,000dポイントがプレゼントされます。

このポイントは携帯料金の支払いやデータ量の追加には使用できませんが、進呈月を含む6ヶ月以内であればアマゾンなどの買い物で使用できます。

ドコモ光では、期間限定で開通工事費が最大18,000円ほど無料になるキャンペーンを高頻度で開催しています。

現在も2019年は5月6日までキャンペーン期間が続いていますので、ドコモ光の新規契約を検討している方はこの機会に契約しましょう。

工事費無料

【ドコモ光】キャンペーンで初期工事費無料!2019年5月9日まで

初期工事費が期間限定で無料!お申込みで最大15,000円キャッシュバック!ドコモ光とdocomoスマホをセットにすると、スマホ料金が月額最大3,500円割引・・・詳しく見る

ドコモ光は代理店から契約した場合、公式サイトでは行っていない現金キャッシュバックや商品券がプレゼントされるキャンペーンを利用できます。

ドコモ光を契約する際は、公式と代理店のキャンペーン内容を見比べ、よりお得な窓口で契約することをオススメします。

キャンペーンは受け取り条件があるので注意が必要

ドコモ光で利用できるキャンペーンは、公式・代理店ともに受け取り条件が決められています。

条件を1つでも満たしていない場合、受け取り対象外となってしまうこともあります。

キャンペーンを利用する方は、申し込み用サイトに記載された受け取り条件を必ず事前に確認しておきましょう。

ドコモ光の工事・サポートに関する口コミ

ドコモ光を契約したあとは、工事日程の調整後、配線を室内に通す開通工事が行われます。

開通工事は約1時間前後で終了しますが、ドコモ光の場合は立ち合いが必須となっていますので、工事日は予定を開けておいてください。

また、ドコモ光は開通後「速度が遅い」「急に繋がらなくなった」というときに無料サポートが受けられます。

サポートは電話対応だけでなく、オペレーターにLINEで質問ができるものや、ロボットにチャット形式で質問ができるものもありますので、困った際はご自身にあった方法を利用してみてください。

それでは、実際に利用者からはどのような口コミがあがっているのかをチェックしてみましょう。

ドコモ光に限らず、ネットの開通工事は引越しの多い時期や大型連休の前後など、時期によって遅れる可能性が高くなりますので、工事日の調整は早めにしておきましょう。

ドコモ光の開通工事は必ず立ち合いが必要です。

工事自体はすぐ完了しますが、室内に工事担当のスタッフが入りますので、作業がしやすいように、ある程度部屋を片付けておく必要があります。

開通工事は特別トラブルがない限り1時間前後で終了しますので、その後の設定に慣れている方であれば、工事終了後すぐにネットを利用することが可能です。

ドコモ光のサポートセンターに対する口コミを確認したところ、大半が「繋がらない」というものでした。

ドコモ光の問い合わせ先である「ドコモ インフォメーションセンター」は年中無休で対応をしてくれていますが、平日の昼間や夕方以降、また土日祝日といった利用者の多いタイミングはなかなか繋がらないことが多いようです。

万が一電話が繋がらない場合は、LINEや「おたすけロボット」といった別サービスを活用してみましょう。

時期によって工事は遅れる可能性がある

インターネットの開通工事は引越しの多い連休や春先に向けてピークを迎えます。

そのため、この時期に依頼をした工事は希望の1ヶ月先まで待たなければならなくなることも多々ありますので、注意が必要です。

希望日時に開通工事を依頼したいのであれば、早めに工事日程の取り決めを行うか、ピーク時をずらすと良いでしょう。

無料サポートでは対応できる範囲に限りがある

「ドコモ インフォメーションセンター」やLINEなどの無料サポートは、ドコモ光に直接関連するもののみがサポート対象となっています。

そのため、接続先であるパソコンの設定などは対応できません。

接続機器の設定や不具合の対処といった幅広い内容までサポートをしてほしい方は、月額500円の「ネットトータルサポート」を利用してみましょう。

ネットトータルサポートは引越しや開通などの手続きはもちろん、パソコンやプリンターなどの設定やデータ復旧といったさまざまなサポートに対応しています。

ネットトータルサポートの解説は、以下の記事でよりくわしく解説していますので、ご覧ください。

「ひかりTV for docomo」に関する口コミ

ドコモ光では、「ひかりTV for docomo」という動画配信サービスを月額2,500円で契約できます。

「ひかりTV for docomo」ではdTVチャンネルを含む79の専門チャンネルや、約13万本のビデオオンデマンド、さらには地デジとBSが見放題となっていますので、映画やドラマなどがお好きな方にオススメのサービスです。

また、「ひかりTV for docomo」は「DAZN for docomo」と同時契約をすることで、通常より200円安く利用できます。

「DAZN for docomo」は、国内外130以上かつ年間10,000試合以上ものスポーツ映像が見放題となっていますので、スポーツがお好きな方は同時契約をされますと大変お得です。

それでは、実際に「ひかりTV for docomo」を契約している方の口コミを見てみましょう。

「ひかりTV for docomo」は、数々のチャンネルをテレビだけでなく、スマホやタブレットでも楽しむことが可能です。

そのため、外出先でもお好きな番組を自由に楽しむことができます。

「ひかりTV for docomo」は2018年9月に「ひかりTV」から切り替わりました。

そのため、サービス開始当初は状態が安定せず録画の不具合も多かったようですが、現在では問題なく録画もできるようになっています。

「ひかりTV for docomo」は利用可能なチャンネル数が膨大ですので、映画やドラマを好きなときに見たいという方には大変オススメできるオプションです。

【結論】ドコモ光はドコモユーザーならオススメ!

ドコモ光は他社光回線と比較しても、料金・速度・キャンペーン内容に遜色なく、速度面に関してはv6プラスに対応するなど安定した高速通信が見込めます。

さらに、ドコモ光はセット割が利用できますので、ドコモユーザーの場合スマホもしくは携帯の料金が毎月最大1,800円も安くなります。

ドコモスマホ・ケータイ料金が安くなる光回線はドコモ光のみとなっていますので、ドコモ光はドコモユーザーの方に等しくオススメできる光回線です。

まとめ

ドコモ光はネット上の口コミだけを見ると批判的な内容が目立ちますが、実際に料金やサービス内容を他回線と比較した場合も大きな差は見られず、品質は申し分ないことがわかりました。

悪い口コミが多い理由は、ドコモ光契約者が他光回線よりも多いことが原因と考えられます。

ドコモ光について調べる際は、口コミだけを元に判断するのではなく、サービス内容も公式サイトで明言されているものを確認しながら総合的に判断をしましょう。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

ドコモ光

4,000円~
6.7

月額料金の安さ

7.2/10

通信速度の速さ

8.1/10

通信速度の安定性

6.7/10

キャンペーンの充実度

5.9/10

サポートの良さ

5.4/10

長所

  • docomoユーザー向けの割引が豊富
  • 新規申し込みでdポイントが10,000ptもらえる
  • NTTフレッツ光と同じ品質

短所

  • キャッシュバック額が少ない
  • 他キャリアのセット割と比べると見劣りする
  • 開通までに時間がかかる
  • サポート体制に関する不満が多い
この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事

コメント

  1. Yana012 より:

    月額料金の安さ

    7.10

    通信速度の速さ

    10.00

    通信速度の安定性

    7.00

    キャンペーンの充実度

    7.30

    サポートの良さ

    0.00

    先日ドコモ光を契約しました。
    ドコモ光を契約する前は、モバイルルーターのWIMAXを使っていました、WIMAXを使っていた理由がタブレットを持ち運ぶ際に利用するためでしたが、タブレットの調子が悪く最近外で使うことが減ったのと、動画の見過ぎで速度制限が掛かることが多々ありました。
    特にHDハイビジョンで動画をみることが多く動画の読みスピードが、速度制限後かなり落ちるのでストレスが溜まることがあるので、前々からドコモ光に変更しようか悩んでいました。

    また家族がドコモを利用しているので、ドコモ光でまとめることで割引が入り安くで利用できるメリットがあったのと契約特典でdポイントが貰えるキャンペーンをしていたのでドコモ光に変更しました。現在家族でドコモ5台スマホ利用中で、シェアーパック15Gを契約しているので1800円割引が毎月の支払いから、引かれるのですごくお得に感じます。ドコモ光を契約後ストレスなく動画コンテンが視聴でき、回線スピードも1Gタイプのプランにしたので圧倒的モバイルルーターより速くなって快適にネットを楽しんでます。

    自分と同じようにドコモ利用中で、タブレットを持ち運びしなくなったのであればドコモ光を自宅に引いた方がいいですよ。

  2. urayama より:

    月額料金の安さ

    8.00

    通信速度の速さ

    9.00

    通信速度の安定性

    8.00

    キャンペーンの充実度

    7.00

    サポートの良さ

    8.00

    我が家にwifiをしたくて考える事5年以上。

    まだドコモ光が導入されていない時で、フレッツや、YahooのADSLなど、どうしても料金などに納得できず、ずるずると契約せず月日が進んだのを覚えてます。

    使ってる携帯がドコモと言う事もあり、連携した値引きがあって、それが決めてになり、ドコモ光を導入する事にしました。
    またキャンペーン中だった為、工事費が無料だったのもお得で、この工事費が無料と言うのも偶然だったのですが縁だと感じて契約しました。

    きちんとドコモショップの方で丁寧な説明も受ける事もできて、やっと我が家にもwifiが繋がる様になって快適になりました。
    ドコモ光の割引感、休みの日でも通信速度の安定感も良いですし、やはりドコモと言うブランドの安心感もあります。カスタマーの方もチャット方式があったりしてパソコンがあれば簡単にチャット形式で会話ができます。
    電話が繋がらずイライラしなくて済むので安心できました。

    ドコモをお持ちの方ならドコモ光で間違いなしだと思います。お得なプランもありますので検討してみてはどうでしょうか。

  3. chocolate0331 より:

    月額料金の安さ

    9.00

    通信速度の速さ

    10.00

    通信速度の安定性

    8.30

    キャンペーンの充実度

    7.80

    サポートの良さ

    8.00

    今までADSLを使っていました。
    世間は光回線が主流になっているにも関わらず、
    自宅が田んぼに囲まれた田舎のためなかなか光にはならず…。
    待ちに待って光回線が開通しましたが思った程通信速度が速くありませんでした。
    しぶしぶ我慢をすること数年…。

    ドコモからドコモ光が始まると情報が入りすぐにドコモショップへ行きました!
    自宅の電話に何度も勧誘の電話がかかってきましたが断り続けて良かったです!

    ただでさえ高い携帯料金を少しでも安くしお金をかけたくない!
    まさにこれです!

    まずはキャンペーンにより工事料金が18,000円が0円に!
    シェアパック30に光セット割が付いて更に2,500円値下げ!
    速度が100Mbpsから1000Mbpsに!
    良い事しか無いのですぐ契約しました。
    デメリットが無なすぎて騙されてるのかと思いましたが、店員さんが丁寧に教えてくれました。
    しつこい勧誘の電話で光回線には不信感しか無いです…。
    でもその場で決めて正解でした。
    開通後の請求金額は安くなってるし、速度制限かからなくなって快適だし、何よりも速い!
    youtubeが止まらない!
    オンラインゲームで迷惑かけない!
    Skypeで何時間通話しても切れない!
    そして困った事があったらドコモショップに行けば良い!

    切り替えない人っているんでしょうか?

  4. tghryk より:

    月額料金の安さ

    3.00

    通信速度の速さ

    10.00

    通信速度の安定性

    5.00

    キャンペーンの充実度

    7.00

    サポートの良さ

    8.00

    これまでは、ケーブル回線(8Mbps)を使っており、Youtubeの動画を見る際に画面が止まったり、スムーズにみることができなかったので、思い切って光回線と契約しました。

    光回線もいろいろあったのですが、スマホをドコモと契約していたこともあり、割引にもひかれてドコモ光にしました。
    工事を施工してくれる業者さんの仕事がつまっていたこともあり、申込から2週間ほど待ちました。

    開通してから最初にみたのはYoutubeで大好きなサッカーの試合(の動画)です。
    これまでは、いいところでとまったりイライラすることが多々ありました。
    さすがにケーブル回線から光回線(1Gbps)と約125倍の速さになったこともあり、動画の視聴の際には相当な差を感じました。まったく止まることなく快適でした。

    ドコモ光を使うようになり、しばらくはまったくストレスもなく見ることができていたのですが、だんだん、ケーブル回線ほどではないにしても時間によっては画面が更新されず、とまってしまうことが起こりました。
    サービスに確認すると、使用している場所、時間によっては速度が遅くなってしまうことがあるとの説明を受けました。

    その後、ネットで調べましたが、やはり光回線とはいえ、無敵ではないことがわかりました。
    今は、夜中や朝早くなど時間を選んで動画など大容量なダウンロードを行うようにしています。
    ちなみに通信速度が遅くなっていると感じたのは夜(8~10時ころ)です

コメントは停止中です。