閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

ドコモ光とソフトバンク光を料金比較!安いのはどちらの回線?

ドコモ光 vs SoftBank光

大手携帯3社はいずれも光回線サービスを取り扱っています。

現在フレッツ光を利用中で乗り換えを考えている場合、auひかりでは光回線ごと乗り換えることになるため回線工事が必要です。

しかし、ドコモ光とソフトバンク光であればフレッツ光から転用の手続きにより、工事が不要で簡単に乗り換えることができます。

今回は、ドコモ光とソフトバンク光を一人で使う場合と家族で使う場合両方のセットプランの料金やサービスを比較しました。

ドコモ光とソフトバンク光を一人で利用する場合の料金比較(ライトユーザー)

まず、自分一人で携帯(スマホ1台)と自宅の光回線をまとめた場合の月額料金をみていきましょう。

マンションタイプ、2年縛りの最安プランで比較します。

ドコモスマホ+ドコモ光

スマホも光回線もドコモでまとめた場合の月額料金は以下のとおり。

カケホーダイ 2,700円
データSパック(2GB) 3,500円
SPモード 300円
ドコモ光(タイプAプロバイダ込) 4,000円
光セット割 -500円(※1年目のみ)
合計10,000円(2年目以降10,500円)

ソフトバンク+ソフトバンク光

一方、スマホも光回線もソフトバンクでまとめた場合の料金は以下のとおりです。

  • スマ放題 2,700円
    データ定額(2GB)3,500円
    WEB使用料 300円
    ソフトバンク光(プロバイダ込) 3,800円
    おうち割 光セット(旧スマート値引き) -500円
    (※おうち割適用にはオプション契約500円が必要)
    合計 10,300円

光回線の使用料と、携帯料金については、ドコモもソフトバンクも同額です。

しかし、ドコモの場合、データSパックの場合、光セット割の割引が1年目のみですので、2年目以降はソフトバンク光の方が安くなるように見えます。

しかし、ソフトバンクの場合、このおうち割を受けるには、光BBユニットという機器レンタルなど3つのオプション(月額500円)が必要となるため、実質的には価格差はなくなるという点に注意が必要です。

また、ドコモは利用年数に応じた長期割引のずっとドコモ割の適用で携帯のパケット料金が割引に、ソフトバンクの場合も携帯の2年契約継続で最大で毎月500円のTポイント付与がありますので、実質はさらにお得です。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック
ドコモ光トップページ
工事費無料キャンペーン中!
ドコモユーザーならdポイント最大10,000ptプレゼント! スマホと光がセットで毎月のスマホ料金が最大3,500円割引!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ドコモ光とソフトバンク光を一人で利用する場合の料金比較(平均的ユーザー)

では、スマートフォンでの通信を比較的よく行う、5GB前後のユーザーではどうでしょうか?

ドコモスマホ+ドコモ光

カケホーダイ 2,700円
データMパック(5GB) 5,000円
SPモード 300円
光セット割 -800円
ドコモ光(タイプAプロバイダ込) 4,000円
合計11,200円

ソフトバンク+ソフトバンク光

  • スマ放題 2,700円
    データ定額(5GB)5,000円
    WEB使用料 300円
    ソフトバンク光(プロバイダ込) 3,800円
    おうち割 光セット(旧スマート値引き) -1,522円(2年目まで)、-1,008円(3年目以降)
    (※おうち割適用にはオプション契約500円が必要)
    合計 10,778円(3年目以降 11,292円)

モバイルでのデータ通信が5GBに増えた場合、光回線とのセット割引の金額が異なってきます。

割引金額の大きなソフトバンクの方が有利です。

なお、ソフトバンクでは、スマ放題開始前のホワイトプラン+パケットし放題の場合も割引適用が可能で、現在キャンペーン中で、-1,522円(2年目まで)、-1,008円(3年目以降)の割引が受けられます。一方、ドコモの場合は、旧プランの場合、1年目のみ500円の割引です。

また、ドコモの場合もソフトバンクの場合も、データ定額のプランを上げることで割引額が増えますので、スマホの方で契約データ通信量をオーバーして月末に速度制限を受けたり、追加チャージを利用している場合には、スマホの料金プランを見直してみるのもよいでしょう。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!

他社からの乗換えで違約金負担も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

家族で利用する場合(家族4人を想定)

家族がいる場合には、家族でキャリアをそろえて割引を駆使している方も多いでしょう。

次に、家族4人で、データをシェアする場合で考えてみます。

ドコモスマホ+ドコモ光

カケホーダイ 10,800円(4台)
シェアパック10(10GB) 9,500円
シェアオプション 1,500円(3台分)
SPモード 1,200円(4台)
光セット割 -1200円
ドコモ光(タイプAプロバイダ込) 4,000円
合計25,800円

ソフトバンク+ソフトバンク光

  • スマ放題 10,800円(4台)
    家族データシェア(10GB)9,500円
    データシェア月額使用料 1,500円(3台分)
    WEB使用料 1,200円(4台)
    ソフトバンク光(プロバイダ込) 3,800円
    合計 26,800円

家族で使う場合には、ドコモ光の方がお得です。

というのも、ソフトバンク光の場合、データシェアを利用すると、光回線と携帯のセット割引の対象外となってしまうのです。データは家族内シェアをせず、家族がそれぞれおうち割ひかりセット割を個別に受けるという方法もあります。

ドコモの場合は、光回線を契約したペア回線のみが割引の対象ですが、ソフトバンクのおうち割は、auスマートバリューと同じような形式で、最大10回線まで適用が可能ですので、利用状況によっては一度試算してみるのもよいでしょう。

ソフトバンクでおうち割 光セットの適用を受けるための注意点

先に触れましたが、ソフトバンクでおうち割 光セットの適用の適用を受けるには、スマホや携帯でのデータ定額やパケットし放題などの指定パケットパックの契約と、光回線の方の規定のオプションに加入する必要があります。

必要なオプションは以下の3つです。

  • 光BBユニット
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話もしくは、光電話(N)+BBフォン、 BBフォンのいずれか

この3つはオプションセットとして500円で提供されています。

不要な場合でも契約しておかないと、光セットの割引を受けることができません。

1人で利用する場合には、利便性は上がるものの、料金が安くなるというわけではないのに注意してください。

しかし、それでも従来のNTTのフレッツ光より安くなるケースは多いです。

特に、1人で利用する場合、オプションで割引分が相殺されてしまうと感じてしまいますが、固定電話を安くしたい場合に役立つIP電話サービスの基本料金と同額なので、お得感はあります。

オプションのホワイト光電話はソフトバンク提供(地域により提供されていないケースもあり)、光電話(N)はNTTのひかり電話サービスをそのまま利用する際に選択します。

ホワイト光電話は、番号ポータビリティに対応していますので、今使っている電話番号をそのまま利用することが可能です。

また、Wi-Fiマルチパックも、家の中だけでなく、外出先でBBモバイルポイントが利用できるというメリットがあります。

導入にあたっての費用やキャンペーンを比較

ドコモ光もソフトバンク光も新規契約、転用ともに工事費用がかかりますが、現在の光回線の契約状況などによっても費用は異なります。

ただし、キャンペーンなどによって費用は相殺されているため、乗り換えのハードルは高くありません。

それぞれ、費用を比較してみましょう。

ドコモ光の初期費用

<新規事務手数料>
3,000円

<開通工事費>
転用時速度変更なしの場合無料、速度変更する場合は7,600円です。
また、新規の場合は戸建18,000円、マンション15,000円です。
派遣工事日が土日の場合は別途3,000円がかかります。

<キャンペーン等>
初期工事費用が無料になるキャンペーンが不定期で行われているほか、新規・転用時のドコモのポイントサービスであるdポイントの付与や、映像配信サービスに利用できるdTVターミナルプレゼントなどが行われています。

工事費無料

【ドコモ光】キャンペーンで初期工事費無料!2019年5月9日まで

初期工事費が期間限定で無料!お申込みで最大15,000円キャッシュバック!ドコモ光とdocomoスマホをセットにすると、スマホ料金が月額最大3,500円割引・・・詳しく見る

ソフトバンク光の初期費用

<新規事務手数料>
3,000円

<開通工事費>
「フレッツ光ネクスト」からの転用の場合無料、「フレッツ光ネクスト」以外からのフレッツからの転用の場合や新規の場合は、24,000円ですが、宅内工事のみで完了する場合には9,600円、マンション等ですでに光ファイバー導入済で宅内工事が不要の場合は2,000円です。また、派遣工事日が土日の場合は別途工事料が3,000円かかります。

<キャンペーン等>
工事費相当額の商品券進呈や他社光回線の解約金や撤去工事費用のキャッシュバックなどが行われています。

これらはドコモ光、ソフトバンク光の公式がそれぞれ行っているキャンペーンです。
この他にも取扱店によってはさらにキャッシュバックやポイント進呈が行われていることがあります。

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

乗り換え新規のお申込みで最大24,000円分キャッシュバックまたは最大24ヶ月間月額1,000円割引!さらに最大70,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

基本料金だけでなく、割引プランを見据えた検討を

このように、基本使用料だけをみた場合にはソフトバンク光がお得なように見えますが、携帯電話回線の契約状況や契約期間によってはドコモ光の方がお得な場合も多いです。

現在の利用プランやインターネット環境を確認しながら、最適な光回線を選びましょう。

ドコモ光の相談窓口

ソフトバンク光の相談窓口

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)