閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ドコモ光とソフトバンク光を料金比較!安いのはどちらの回線?

ドコモ光 vs SoftBank光

大手携帯3社はいずれも光回線サービスを取り扱っています。

現在フレッツ光を利用中で乗り換えを考えている場合、auひかりでは光回線ごと乗り換えることになるため回線工事が必要です。

しかし、ドコモ光とソフトバンク光であればフレッツ光から転用の手続きにより、工事が不要で簡単に乗り換えることができます。

今回は、ドコモ光とソフトバンク光を一人で使う場合と家族で使う場合両方のセットプランの料金やサービスを比較しました。

なお、ドコモ光やソフトバンク光へ乗り換えをする場合、Web窓口から申し込むとお得になりますよ!

窓口独自のキャンペーンを行っているため、高額キャッシュバックを受け取れるなどの特典があります。

\最大15,000円キャッシュバック実施中/
ドコモ光のキャンペーン情報を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

\35,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光もソフトバンク光も窓口からの申し込みで高額キャッシュバックがもらえる!

ドコモ光やソフトバンク光へ乗り換えをお考えで、お得に契約したい人にオススメなのが、Web窓口からの申し込みです。

今なら最大15,000円の高額キャッシュバックが、オプションなしで必ず受け取れますよ!

さらに、ドコモ光をWeb窓口から申し込むと以下のようなメリットもあります。

  • 自分の好きなプロバイダを選べる
  • プロバイダは「v6プラス」対応だから通信速度がさらに安定する
  • 開通までポケットWi-Fiを貸してくれる

ドコモ光のお得なキャンペーン情報は、以下からご確認いただけます。

\最大15,000円キャッシュバック実施中/
ドコモ光のキャンペーン情報を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

ソフトバンク光もまた、Web窓口から申し込むことでたくさんのメリットが受けられます。

  • 最大35,000円キャッシュバック(オプション契約不要)
  • フレッツ光からの転用でも15,000円キャッシュバック
  • 最短2カ月でキャッシュバックを受け取れる
  • フレッツ光から工事費無料で乗り換え可能

ソフトバンク光のお得なキャンペーン情報は、以下からご確認いただけますよ。

\35,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光とソフトバンク光を一人で利用する場合の料金比較(ライトユーザー)

まず、自分一人で携帯(スマホ1台)と自宅の光回線をまとめた場合の月額料金をみていきましょう。

マンションタイプ、2年縛りの最安プランで比較します。

ドコモスマホ+ドコモ光

スマホも光回線もドコモでまとめた場合の月額料金は以下のとおり。

カケホーダイ 2,700円
データSパック(2GB) 3,500円
SPモード 300円
ドコモ光(タイプAプロバイダ込) 4,000円
光セット割 -500円(※1年目のみ)
合計10,000円(2年目以降10,500円)

ソフトバンク+ソフトバンク光

一方、スマホも光回線もソフトバンクでまとめた場合の料金は以下のとおりです。

  • スマ放題 2,700円
    データ定額(2GB)3,500円
    WEB使用料 300円
    ソフトバンク光(プロバイダ込) 3,800円
    おうち割 光セット(旧スマート値引き) -500円
    (※おうち割適用にはオプション契約500円が必要)
    合計 10,300円

光回線の使用料と、携帯料金については、ドコモもソフトバンクも同額です。

しかし、ドコモの場合、データSパックの場合、光セット割の割引が1年目のみですので、2年目以降はソフトバンク光の方が安くなるように見えます。

しかし、ソフトバンクの場合、このおうち割を受けるには、光BBユニットという機器レンタルなど3つのオプション(月額500円)が必要となるため、実質的には価格差はなくなるという点に注意が必要です。

また、ドコモは利用年数に応じた長期割引のずっとドコモ割の適用で携帯のパケット料金が割引に、ソフトバンクの場合も携帯の2年契約継続で最大で毎月500円のTポイント付与がありますので、実質はさらにお得です。

ドコモ光とソフトバンク光を一人で利用する場合の料金比較(平均的ユーザー)

では、スマートフォンでの通信を比較的よく行う、5GB前後のユーザーではどうでしょうか?

ドコモスマホ+ドコモ光

カケホーダイ 2,700円
データMパック(5GB) 5,000円
SPモード 300円
光セット割 -800円
ドコモ光(タイプAプロバイダ込) 4,000円
合計11,200円

ソフトバンク+ソフトバンク光

  • スマ放題 2,700円
    データ定額(5GB)5,000円
    WEB使用料 300円
    ソフトバンク光(プロバイダ込) 3,800円
    おうち割 光セット(旧スマート値引き) -1,522円(2年目まで)、-1,008円(3年目以降)
    (※おうち割適用にはオプション契約500円が必要)
    合計 10,778円(3年目以降 11,292円)

モバイルでのデータ通信が5GBに増えた場合、光回線とのセット割引の金額が異なってきます。

割引金額の大きなソフトバンクの方が有利です。

なお、ソフトバンクでは、スマ放題開始前のホワイトプラン+パケットし放題の場合も割引適用が可能で、現在キャンペーン中で、-1,522円(2年目まで)、-1,008円(3年目以降)の割引が受けられます。一方、ドコモの場合は、旧プランの場合、1年目のみ500円の割引です。

また、ドコモの場合もソフトバンクの場合も、データ定額のプランを上げることで割引額が増えますので、スマホの方で契約データ通信量をオーバーして月末に速度制限を受けたり、追加チャージを利用している場合には、スマホの料金プランを見直してみるのもよいでしょう。

家族で利用する場合(家族4人を想定)

家族がいる場合には、家族でキャリアをそろえて割引を駆使している方も多いでしょう。

次に、家族4人で、データをシェアする場合で考えてみます。

ドコモスマホ+ドコモ光

カケホーダイ 10,800円(4台)
シェアパック10(10GB) 9,500円
シェアオプション 1,500円(3台分)
SPモード 1,200円(4台)
光セット割 -1200円
ドコモ光(タイプAプロバイダ込) 4,000円
合計25,800円

ソフトバンク+ソフトバンク光

  • スマ放題 10,800円(4台)
    家族データシェア(10GB)9,500円
    データシェア月額使用料 1,500円(3台分)
    WEB使用料 1,200円(4台)
    ソフトバンク光(プロバイダ込) 3,800円
    合計 26,800円

家族で使う場合には、ドコモ光の方がお得です。

というのも、ソフトバンク光の場合、データシェアを利用すると、光回線と携帯のセット割引の対象外となってしまうのです。データは家族内シェアをせず、家族がそれぞれおうち割ひかりセット割を個別に受けるという方法もあります。

ドコモの場合は、光回線を契約したペア回線のみが割引の対象ですが、ソフトバンクのおうち割は、auスマートバリューと同じような形式で、最大10回線まで適用が可能ですので、利用状況によっては一度試算してみるのもよいでしょう。

ソフトバンクでおうち割 光セットの適用を受けるための注意点

先に触れましたが、ソフトバンクでおうち割 光セットの適用の適用を受けるには、スマホや携帯でのデータ定額やパケットし放題などの指定パケットパックの契約と、光回線の方の規定のオプションに加入する必要があります。

必要なオプションは以下の3つです。

  • 光BBユニット
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話もしくは、光電話(N)+BBフォン、 BBフォンのいずれか

この3つはオプションセットとして500円で提供されています。

不要な場合でも契約しておかないと、光セットの割引を受けることができません。

1人で利用する場合には、利便性は上がるものの、料金が安くなるというわけではないのに注意してください。

しかし、それでも従来のNTTのフレッツ光より安くなるケースは多いです。

特に、1人で利用する場合、オプションで割引分が相殺されてしまうと感じてしまいますが、固定電話を安くしたい場合に役立つIP電話サービスの基本料金と同額なので、お得感はあります。

オプションのホワイト光電話はソフトバンク提供(地域により提供されていないケースもあり)、光電話(N)はNTTのひかり電話サービスをそのまま利用する際に選択します。

ホワイト光電話は、番号ポータビリティに対応していますので、今使っている電話番号をそのまま利用することが可能です。

また、Wi-Fiマルチパックも、家の中だけでなく、外出先でBBモバイルポイントが利用できるというメリットがあります。

導入にあたっての費用やキャンペーンを比較

ドコモ光もソフトバンク光も新規契約、転用ともに工事費用がかかりますが、現在の光回線の契約状況などによっても費用は異なります。

ただし、キャンペーンなどによって費用は相殺されているため、乗り換えのハードルは高くありません。

それぞれ、費用を比較してみましょう。

ドコモ光の初期費用

<新規事務手数料>
3,000円

<開通工事費>
転用時速度変更なしの場合無料、速度変更する場合は7,600円です。
また、新規の場合は戸建18,000円、マンション15,000円です。
派遣工事日が土日の場合は別途3,000円がかかります。

<キャンペーン等>
初期工事費用が無料になるキャンペーンが不定期で行われているほか、新規・転用時のドコモのポイントサービスであるdポイントの付与や、映像配信サービスに利用できるdTVターミナルプレゼントなどが行われています。

ソフトバンク光の初期費用

<新規事務手数料>
3,000円

<開通工事費>
「フレッツ光ネクスト」からの転用の場合無料、「フレッツ光ネクスト」以外からのフレッツからの転用の場合や新規の場合は、24,000円ですが、宅内工事のみで完了する場合には9,600円、マンション等ですでに光ファイバー導入済で宅内工事が不要の場合は2,000円です。また、派遣工事日が土日の場合は別途工事料が3,000円かかります。

<キャンペーン等>
工事費相当額の商品券進呈や他社光回線の解約金や撤去工事費用のキャッシュバックなどが行われています。

これらはドコモ光、ソフトバンク光の公式がそれぞれ行っているキャンペーンです。
この他にも取扱店によってはさらにキャッシュバックやポイント進呈が行われていることがあります。

基本料金だけでなく、割引プランを見据えた検討を

このように、基本使用料だけをみた場合にはソフトバンク光がお得なように見えますが、携帯電話回線の契約状況や契約期間によってはドコモ光の方がお得な場合も多いです。

現在の利用プランやインターネット環境を確認しながら、最適な光回線を選びましょう。

よりお得にドコモ光やソフトバンク光を契約したい人は、高額キャッシュバックがもらえるWeb窓口から申し込むのがオススメですよ!

\最大15,000円キャッシュバック実施中/
ドコモ光のキャンペーン情報を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

\35,000円キャッシュバック実施中/
ソフトバンク光のキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(おうち割適用対象)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。