閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりの申込みで初期費用は無料する方法はある?

auひかりだけではなく、光回線を申込みする際に必ず初期費用が必要となります。
中にはキャンペーンで「初期費用無料」なんてことも!

今回は「auひかりで初期費用無料にする方法」を探ってみましたので、ご参考ください!

auひかりは日本でのシェアを制する回線

【auひかり】はKDDIが提供するインターネットの光回線接続サービスです。

現在日本では光ファイバーを利用した光インターネット回線の事業はNTTのフレッツ光やドコモ光と、KDDIのauひかり光の2強となっています。

つまり今の日本でインターネットを利用しようと思ったらNTTかKDDIのどちらかを選択して回線契約をすることになります。

NTTとKDDIといえば、ソフトバンクも含めて日本の主要携帯電話キャリアとしても有名です。

ドコモを運営するNTTやauを運営するKDDIは光回線事業も行っていますが、ソフトバンクはインターネット回線事業を行なっておらず、【ソフトバンク光】というプロバイダ事業のみです。

auひかりでもフレッツ光でも、新規で光回線を申し込んだ場合は光ファイバーの引き入れ工事を行う必要があります。

工事費と初期費用

例えば一戸建ての家に住んでいる状態でauひかりを申し込んだ場合は屋外にある電柱から光ファイバーを自宅に引き入れるという、物理的な工事が不可欠になります。

工事は専門の業者に派遣工事を委託することになるため、当然相応の新規工事費がかかります。

これが光回線を申し込んだ時にかかる初期費用です。

インターネットは回線契約をすると月額基本料金が発生します。

インターネット利用のための料金は回線接続料とプロバイダ料を合算した額になり、auひかりにしてもフレッツ光にしても、ドコモ光にしても、概ね4,000円を少し超えるくらいの額、と考えればOKです。

NTTは光コラボレーションというプロバイダ参入の自由化で料金が多少変わります。

auひかりでインターネットを利用する場合は標準プランのほかにギガ得プラン、もっとギガ得プランという月額料金が割り引かれるプランもあります。

しかし初期費用となる工事費は数万円くらいかかります。インターネットの光回線の申し込みを検討している人でも、この初期費用が気になって迷っている人もいると思います。

また工事日に関して、工事担当者側に細かい指定をするのは難しく、開通工事当日は立ち合いも必要になるため結構面倒です。

しかし初期費用となる工事費は場合によっては実質的に無料になる方法もあります。

本稿ではauひかりの初期費用について解説し、場合によっては無料になる仕組みを紹介します。
本稿で述べる情報は基本的にどの販売店でauひかりを契約しても適用されます。

【auひかりに乗り換えるなら今がおトク!】通常工事費用37,500円(税抜)が実質無料になる!

工事費が実質無料!

auひかりなら工事費用が実質無料!さらに月額料金の割引キャンペーンやau携帯とのセット割など割引特典が満載!今なら最大70,000円のキャッシュバック中・・・詳しく見る

工事費は無料キャンペーンだったが…

一昔前は工事費無料キャンペーンが当たり前でした。

インターネットの歴史を振り返ると、急激に普及し始めたのは月額利用料金の定額化が一般的となった2000年ごろからだと思います。

それ以前は使った分だけ料金がかかるため、月に数万円の利用料になるのも珍しくなく、インターネットは一部のコンピューターマニアだけが利用する世界でした。

光回線のスタート

月に4,000〜5,000円程度で利用できる時代が来てから程なく、従来の電話回線よりも高速通信が可能な光回線が登場しました。

NTTが日本で初めて、光ファイバーを用いた光回線サービス、フレッツ光のサービスを開始したのは2003年のことです。この頃が光回線の歴史のスタートといえます。

光回線の黎明期はとにかく普及させることが第一にため、高額な工事費は無料になるキャンペーンがほぼ年中無休で行われていました。

それに加えて高額キャッシュバックキャンペーンも併用され、特にフレッツ光は普及に積極的でした。

この状態は2003〜2010年頃まで続き、この期間内にインターネット契約をした人はインターネットの回線工事費はキャンペーンで無料になるのが当たり前で、キャッシュバックももらえる、というかなりお得だったという認識だと思います。

しかしNTTもKDDIも光回線が一定の普及を果たした昨今では、工事費の無料キャンペーンはほとんどやらなくなり、現在では工事費は発生すると考えるべきです。

おすすめ窓口最大82,000
キャッシュバック!
月額料金が12ヶ月間
1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大82,000円キャッシュバック

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

auひかりの初期費用

auひかりの場合、工事費のための初期費用は一戸建てか?集合住宅か?で工事内容が決まります。

一戸建ての場合

一戸建ての場合は野外にある電柱から自宅に光ファイバーを引き入れて接続します。

多くの場合は2階部分に取り付けるためハシゴが必要だったり、ハシゴ車を用いたりするためとても素人ができる工事ではありません。専門の業者による委託工事です。

集合住宅の場合

一方、マンションやアパートなどの集合住宅の場合、工事内容は、予め光回線の引き入れ工事は済ませている場合が多く、いわゆるインターネット利用可能な物件です。

集合住宅に住んでいる状態でのインターネットの申し込みは、その集合住宅の光回線の共有スペース設備から、自分の部屋まで回線を引き入れる工事です。

こちらの光回線工事は業者の人が部屋に入り、場合によっては壁に穴をあけるなどの工事を行なって室内にルーターを設置します。

一戸建ての工事とは勝手が違いますが、やはり素人には到底できない工事です。

auひかりの場合、一戸建てのインターネット契約を標準タイプ、集合住宅の契約をマンションタイプと大別します。

一戸建ての標準タイプの工事費は37,500円、集合住宅のマンションタイプの工事費は30,000円です。どちらも高額な初期費用がかかるということです。

工事が不要になる場合も

ちなみに工事によって、室内に光回線に接続する【光コンセント】という接続部分が取り付けられます。

集合住宅でこの光コンセントが室内にあるということは、その部屋は既に光回線の工事をしたことがある部屋ということで、新たに光回線を申し込んでも工事が不要になるかもしれません。

部屋に光コンセントがある場合は、まず大家さんに連絡して確認し、申し込みの際もその旨を伝えるといいでしょう。

おすすめ窓口最大82,000
キャッシュバック!
月額料金が12ヶ月間
1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大82,000円キャッシュバック

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

auひかりの、初期費用は実質的に無料になる仕組み

auひかりを申し込むと工事費として一戸建てなら37,500円、集合住宅なら30,000円の工事費がかかります。
どちらにしても申し込みをちょっとためらってしまう額ですね。

しかし実は、auひかりは契約後の割引サービスなどで工事費が実質的に無料になるような仕組みを作り上げています。

それぞれの請求額

特に特別な申し込みをしない場合は一戸建ての場合の37,500円は月々の30回払い、集合住宅の場合の30,000円は月々の24回払いと設定され、月々のインターネット利用料に合算して請求がきます。

つまり一戸建ても集合住宅も毎月、工事費として1,250円がインターネット利用料に合算されます。

しかし現在、auひかりは新規契約した場合は30ヶ月の間、毎月750円の割引サービスを行います。

これで1,250−750=500円となり、実質的に工事費の請求は毎月500円になります。

さらにauひかりはIP電話である光電話を月額500円で提供しています。
この光電話の月額500円は最初の30ヶ月は無料という割引サービスが受けられます。

つまり光電話を自宅の固定電話として使えば、最初の30ヶ月は利用料の500円が無料になるため(通話料は別)これを工事費の500円に充当すると考えると、工事費割引は無くても、工事費は実質的に無料になります。

また固定電話をひかり電話に乗り換えた場合、電話番号は従来の番号を使えます。

料金の割引に関しては以下のような表にまとめました。表を見るとイメージしやすいと思います。

戸建て(標準タイプ)のギガ得プランの場合(ひかり電話加入時)
一ヵ月のインターネット料金
5,200円
一か月分の工事費
1,250円
ひかり電話の基本使用料(30ヵ月)
0円(通常は500円)
auひかりの割引分(30ヵ月)
‐750円
合計
5700円(実質的に割引が1,250円)

30ヵ月経過で工事費の支払いが終わった後の月額料金は以下になります。

30ヵ月後の工事費の支払終了後
一か月のインターネット料金
5,200円
ひかり電話の基本使用料
500円
合計
5,700円

以上のように、auひかり加入時の割引と、ひかり電話の基本使用料30ヵ月無料の特典を併用すると、工事費は実質的に無料という仕組みなります。

光電話の部分を使わないにしても、工事料金の負担は毎月500円になるため、割高に感じる点はないでしょう。

現在のKDDIは以前のように工事費無料ということはしていませんが、このような形で高額な初期費用となる工事費を軽減する措置をとっています。

解約の際のデメリット

しかしこの、30ヶ月の750円割引や、光電話の30ヶ月間無料は、30ヶ月間、契約を継続することが前提です。

途中でauひかりの契約を解約してしまうと、残りの割引はなくなり、さらに解約時の予め設定された解約金が発生することもあるため、注意が必要です。

auひかりは基本的に新規契約の時には30ヶ月契約をすることになり、途中で解約すると解約金や割引の停止でかなり不利益を被るように設定されています。
auひかりを契約する際は、30ヶ月の間契約し続けることを前提と考えるべきです。

ちなみに一戸建ての場合は1ヶ月のインターネット利用料はプロバイダ料金も込みで5,200円になります(プロバイダはau one netの場合)ここに工事費の1250円がプラスされ、6,450円、そこから750円の割引で、5,700円が毎月の利用料です。
光電話を申し込めば30ヶ月間は光電話分の月額500円が無料になります。

以前のような基本工事費無料は現在では無いと考えましょう

まとめ

上記で解説した通り、2010年ごろまではNTTもKDDIも光ファイバーの工事費は無料になると宣伝しており、文字どおり、工事費は無料でした。

併せて数万円のキャッシュバックがつくのも当たり前で、インターネットの新規契約は申し込む側にも明確なメリットがありました。

現在では本稿で解説した通り、工事費は確実にかかります。

現在でもauひかりの申し込みを受け付ける代理店の窓口やインターネット広告などで、工事費無料という触れ込みで営業してくる場合もありますが、それは本稿で紹介したような仕組みで、【実質的に無料】ということです。

現在ではインターネット契約で光ファイバー回線の引き込み工事をする際は、初期費用として工事費がかかるのが当たり前の時代なのです。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る