閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする
更新

パソコンが遅い場合の原因と対処法を状況別・OS別に詳しく紹介!

パソコン 遅い

パソコンの動作が遅くなると、故障か寿命のどちらかではないかと不安になりますよね?

パソコンの動作が遅くなる原因は些細なものが多く、意外と自分で対応できるものです。

今回はパソコンが遅くなる原因と対処法を状況やOS別に詳しく解説していきます。

パソコンが遅い!口コミから見る対処法

パソコンが遅いと感じている人は口コミでも多く見受けられました。

実際に速度が遅いと感じている人達の疑問を解決していきます。

ホームページや動画の読み込みが遅いと感じたときは、パソコンではなく利用している回線やプロバイダが問題の可能性があるので、スマホやタブレットの速度は遅くないか確認して対処する方法を特定してみましょう。

スマホやタブレットの通信速度が問題なければ、パソコン側の設定に問題がある可能性が大きいです。

パソコンにインストールしたセキュリティソフトが原因で動作が遅くなる場合もあります。

セキュリティソフトを入れてからパソコンの動きが遅くなった場合は、メーカーに問い合わせて対処法を教えてもらうか、別のソフトに変えてみましょう。

【状況別】パソコンが遅い場合の対策法

パソコンの動作が遅いと感じたときは、まずはどういったときに速度低下がみられるのか調査してください。

状況によって行うべき速度改善法が異なります。

起動・立ち上がりが遅い場合の対処法

パソコンを起動したときの立ち上がりが遅いときは、保存している写真や動画、Office系のファイルが溜まってストレージの空き容量が少なくなり、パソコンの処理能力が落ちている可能性があります。

そのため、ハードディスクやSSDの空き容量を広げてみましょう。

また、高速スタートアップが有効になっているかも確認が必要です。

高速スタートアップが有効になっていなければ、起動したときの立ち上がりが遅くなります。

  1. コントロールパネルを開く
  2. システムとセキュリティを選択
  3. 電源オプションを選択
  4. 電源ボタンの動作を選択
  5. 「高速スタートアップ有効にする」にチェックが入っているか確認する

また、タスクマネージャーを起動しスタートアップを選択して、起動時に同時に立ち上げるアプリに無駄なものがないかを確認するのも大事です。

タスクマネージャーはCtrlキーとShiftキーとEscキーを同時に押せば起動します。

コントロールパネルのスタートアップですぐに立ち上がる必要がないアプリが有効になっていれば、右クリックして無効化すればパソコンの起動速度向上につながります。

動きが遅い場合の対処法

パソコンを起動した後の動作が遅いと感じたときも、ストレージの空き容量拡大がもっとも効果のある方法です。

また、パソコンの視覚効果を無効にしてみるのも1つの方法です。

Windowsのパソコンはアニメーションを滑らかに映し出すためのエフェクト効果が豊富ですが、パソコンのスペックが低いと負荷がかかり動作が遅くなる原因になり得ます。

なので、ストレージの空き容量に余裕があるのに動きが遅いと感じたときは、エフェクト効果を無効にしてみましょう。

<エフェクト効果を無効にする>

  1. コントロールパネルを開く
  2. システムとセキュリティを選択
  3. システムを選択
  4. システムの詳細設定を選択しパフォーマンスの設定をクリック
  5. パフォーマンスを優先にするを選択

また、設定アプリを開いて簡単操作を選択して、Windowsにアニメーションを表示するもオフにしてください。

アニメーションを表示する

急に動きが遅くなった場合の対処法

長時間にわたってパソコンを使うと溜まった動作ログが負荷となって処理速度が低下している可能性があるためパソコンを再起動させて動作ログを消去してください。

また、利用しているアプリの動作による負荷が原因の可能性もあるため、タスクマネージャーを起動して、パソコンに負荷をかけているアプリはどれか調べてみましょう。

数値が高いアプリを終了させると、パソコンにかかる負荷が軽減されて動作速度が向上します。

さらに、OSのアップデートデータが自動で読み込まれて動きが遅くなるパターンも珍しくありません。

OSのアップデートデータが読み込まれているかは、設定アプリを開いて更新とセキュリティを選べばWindows Updateの項目で確認できます。

WindowsUpdate

動画が遅い場合の対処法

パソコンで動画の読み込みが遅いときの原因は、以下2つのどちらかです。

  • 回線の状態に問題がある
  • ブラウザに不具合が起きている

回線に問題があるかを確認するときは、わたしのネットの速度テストページで通信速度を計測してください。

回線速度を測定して、遅いと感じた場合は、以下の記事を参考に速度改善を行うことをオススメします。

通信速度が遅くなる原因はさまざまですが、接続方式をIPv6に切り替えれば改善する可能性が高いです。

IPv6への切り替えができない場合は、利用する回線やプロバイダの変更を検討してください。

ディスクの読み込みが遅い場合の対処法

ディスクの読み込みが遅いときはデフラグをしてみましょう。

デフラグとは断片化したデータを連続した状態に整理してくれる機能で、定期的に行えばディスクの読み込みが速くなるうえにパソコンの起動速度も向上します。

デフラグはエクスプローラーを開いて以下の手順で行います。

  1. PCに進みローカルディスク(C:)を右クリックしてプロパティを選択
  2. ツール→最適化→ドライブの最適化の順に選択して実行するドライブをクリック
  3. 最適化ボタンをクリック

シャットダウンの動作が遅い場合の対処法

パソコンをシャットダウンさせるときに時間がかかるとき、シャットダウンができないときは、プログラムやデスクドライバーがWindowsの電源設定の邪魔をしている可能性があります。

なので、シャットダウンする前にすべてのプログラムを閉じてみましょう。

すべてのプログラムを閉じても問題を解決できない場合は、プログラムやドライバーの製造元に問い合わせてください。

Windows10・Windows8・Windows7でパソコン速度が遅い場合の改善方法

Windowsシリーズで速度が遅い場合の対処法は以下が挙げられます。

  • プログラムを更新する
  • 透明効果を無効化
  • 要らないファイル・ソフト・サービスを削除
  • 予測変換入力の無効化
  • 電源プランの設定
  • セキュリティソフトを変更

【状況別】パソコンが遅い場合の対策法で紹介した内容で速度が改善されなかった場合の速度改善方法は、以下でも詳しく説明していますのであわせて参考にしてください。

プログラムを更新する

Windowsが内蔵されたパソコンの動作が遅いと感じたときは、新しいバージョンへのアップデートが必要ではないか確認してみましょう。
利用しているバージョンが古いせいで処理速度が低下するパターンは珍しくありません。

新しいバージョンへのアップデートが必要なのかは、以下の方法で確認できます。

  1. 設定アプリを開く
  2. 更新とセキュリティを選択
  3. Windows Updateを確認

透明効果を無効化

スペックが低いパソコンを使っている場合、透明効果による負荷が動きを遅くしている可能性もあります。

透明効果とは、Windowsのスタートメニューがやや透明に映り出される機能です。

よく見てみないとわかりませんが、透明効果を有効にした状態でWindowsのスタートメニューを開くと、ほんのり透明感がある仕様で表示されます。

透明効果

透明効果は以下の方法で設定できます。

  1. 設定アプリを開く
  2. 簡易操作を選択
  3. ディスプレイを選択

要らないファイル・ソフト・サービスを削除する

Windowsパソコンの動きが遅いときは、ストレージの空き容量が少ないかも確認しなければいけません。

ストレージの空き容量が少ないと、パソコンに負荷がかかり動きが遅くなるからです。

なので、パソコンが重くなったときは、必要のないファイルやソフトを削除してストレージの空き容量を広げてみてください。

予測変換入力の無効化する

予測変換入力機能を利用している場合、パソコンに蓄積された予測変換データが負荷となって速度が低下する可能性があるので無効化を行う必要があります。

予測変換入力の無効化をするときは、最初にデスクトップ画面の右下(タスクバー)にあるIMEアイコンを右クリックしてプロパティを開きます。

次に、詳細設定を選択して予測入力タブをクリックして、予測入力を使用するの項目からチェックを外せば完了です。

電源プランの設定をする

電源プランの設定内容もパソコンの処理速度に影響を与えるので確認すべきポイントです。

Windowsパソコンでは、以下3つの電源プランが利用できます。

  • バランス
  • 省電力
  • 高パフォーマンス

電源プランを省電力にすると電力の消費が抑えられるかわりに動作速度が低下してしまうので、バランスか高パフォーマンスのどちらかに設定しておかなければいけません。

なお、電源プランの設定は、以下の方法で行うことができます。

  1. コントロールパネルを開く
  2. ハードウェアとサウンドを選択
  3. 電源オプションを選択
  4. 電源プランの作成

セキュリティソフトを変更する

利用しているセキュリティソフトが原因でパソコンの動きが遅くなる場合もあります。

なので、セキュリティソフトを入れてからパソコンの動きが遅くなった場合、別のソフトへの変更を検討してみましょう。

macでパソコン速度が遅い場合の改善方法

Macのパソコンが遅くなったときに行う対処法も、基本はWindowsと同じですが、Macならではの方法もあります。

  • 要らないファイル・アプリ・拡張機能を削除
  • デスクトップの整頓
  • ディスクのアクセス権を修復
  • ゴミ箱を空にする
  • 不要なバックアップを削除
  • 外付けハードディスク・モニターの取り外し
  • 高速化アプリケーションを利用
  • セキュリティソフトを変更

要らないファイル・アプリ・拡張機能を削除する

Macのパソコンを利用している場合でも、動作が遅くなったときはストレージの空き容量確保が基本の対処法です。

MacとWindowsどちらのパソコンを使っていても、ストレージに空きがないと負荷がかかるからです。

ですので、Macのパソコンが重くなった場合も、必要のないファイルやアプリ、拡張機能を削除してストレージの空き容量を広げてください。

デスクトップの整頓

Macのパソコンには、デスクトップに表示するアイコンが増え過ぎると負荷がかかり動作が遅くなる傾向があります。

なので、動きが遅いと感じたときはデスクトップを整理して、表示されるアイコンの数を減らしてください。

ディスクのアクセス権を修復する

Mac OS Xには標準の修復機能が搭載されています。

システムの調子がおかしくなった時、以下の手順のように実行すれば、ディスクのアクセス権を検出&修復することで、Macの動作が不安定な問題を解決できます。

  1. アプリケーションフォルダの中にユーティリティフォルダを開く
  2. ディスクユーティリティを開く
  3. ボリュームのリストから起動するディスクを選択する
  4. First Aidタブをクリックする
  5. ディスクのアクセス権を修復をクリックする

ゴミ箱を空にする

ゴミ箱に必要のないデータを入れたままにするのもMacパソコンの動きが遅くなる原因です。

パソコンの動作速度を安定させるために、ゴミ箱に捨てた必要のないデータは定期的に消すようにしましょう。

不要なバックアップを削除する

ストレージが圧迫されて動作が重くなる場合もあります。

なので、iPhoneのデータバックアップをMacのパソコンで行っている人は、 バックアップデータに不要な写真や動画ないか確認して削除してください。

外付けハードディスク・モニターを取り外す

外付けのハーディスクやモニターとの通信も、パソコンに負荷がかかる原因になり得ます。

常に外付けのハードディスクやモニターをパソコンにつないでいる場合は、1度取り外しも試してみましょう。

高速化アプリケーションを利用する

必要のないファイルやアプリを削除する作業が面倒くさいと思う人は、高速化アプリケーションを活用してみましょう。

高速化アプリケーションを使えば、必要のないファイルやアプリを自動で削除してくれます。

ただ、アプリが削除するファイルやアプリを判断するので、必要なデータが消されるリスクが0ではない点は承知しておかなければいけません。

セキュリティソフトを変更する

Macのパソコンでも、セキュリティソフトによる負荷が原因で動作が重くなる場合があります。

セキュリティソフトを導入してパソコンが遅くなったと感じた場合は、ソフトの変更を検討してみましょう。

それでも解決しない場合の対策法

先ほどまで説明した対処法を試してもパソコンが遅い場合は、パソコンを初期化するか修理に出すという方法があります。

初期化、修理に出す方法どちらをとるにしても必要なデータは保護しておきましょう。

パソコンを初期化する

今まで紹介した対処法を試しても効果が出ない場合、パソコンのソフトウェアが根本的におかしくなっている可能性が高いです。

パソコンを初期化させれば、ソフトウェアが完全にリセットされて不具合も消え、速度が遅い原因を取り除くことができます。

パソコンを初期化する注意点

パソコンを初期化させると、保存していたデータが全て消えてしまいます。

消えて困るデータがある場合、初期化させる前に外付けのHDDやUSB、クラウドサービスに移行するなどのバックアップが必要です。

パソコンを修理に出す

何をやってもパソコンの動きが遅いと、内部にあるメモリやHDD、SSDに不具合が起きている可能性もあります。

内部パーツの不具合が疑われる場合は、パソコンを修理に出してみましょう。

パソコンを修理に出す場合も初期化される可能性があるので、前もってバックアップだけはとっておきましょう。

パソコンが遅くならないために気をつけておくこと

以下の3つのポイントを押さえておけば、パソコンが遅くなる問題を回避できる可能性を高くできます。

  • 電源を付けたままにしない
  • スペックに見合った設定にする
  • 必要のないデータは残さない

スペックが低いパソコンに3Dゲームを起動させると、大きな負荷がかかり寿命が短くなる恐れがあります。

日頃からかかる負荷を軽減するために、必要なくなったデータの削除も定期的に必要です。

まとめ

パソコンの動きが遅くなったときは寿命ではないかと疑いたくなりますが、意外と自分で対処できます。

試せる対処法を行ってからパソコンを買い替えるかを判断しても遅くはありません。

自分のパソコンがなぜ遅いのかをよく見極めて、正しい対処をおこなってください。

また、どうしても改善されないという場合は、パソコンを初期化する、修理に出すことも検討してみてくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る