閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

本当にお得になるの?ソフトバンク光のわかりにくいデメリットを徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2259
おすすめ窓口ソフトバンク光をおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://softbank-hikari.jp/
ソフトバンク光の人気な窓口

おススメ度:★★★★★
話題のおうち割や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!今ならおトクに申し込むチャンス!さらにWebフォームからのお申し込みで最大60,000円キャッシュバック!

最大60,000円キャッシュバック!

ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマートフォンと同時に契約すると、月々の携帯料金が割引されるさまざまな特典が用意されていることが最大の魅力ですよね。しかし、『毎月おトク!…』のメリットばかりが強調されている一方で、インターネットのデータ通信料金、スマホのデータプランやオプションサービスも含めた実質的な月額料金、実際のサービス内容などが複雑でわかりにくいことも事実です。

そこで今回は、わかりにくいソフトバンク光をデメリットの面から徹底調査してご紹介します。

光コラボで実現した新たなサービス「ソフトバンク光」

ソフトバンク光は、ソフトバンクがNTTとの光コラボ(光コラボレーション)によって新たにスタートしたインターネットサービスです。光コラボとは、NTT東日本またはNTT西日本が提供しているフレッツ回線を通信回線業者(ここではソフトバンク)に卸すことです。
NTT以外の通信回線業者は、光コラボ事業者になることによって、通信速度の速いフレッツ光の回線を借りて独自のプランやサービスをユーザーに直接提供できるようになりました。ソフトバンク光の他にも、ドコモ光、auひかりなどが代表的な光コラボとしてあげられます。

光コラボは、光回線とISP(インターネットサービスプロバイダ)とのセット契約が基本です。ソフトバンク光の場合は、自社のISPサービスである「Yahoo! BB」との自動契約のみで提供されています。たとえば、NTTのフレッツ光を継続契約している方が、新たにソフトバンク光を契約する(転用)と、今までのプロバイダを「Yahoo! BB」に乗り変えなければならなくなるのです。

デメリットとしては、長年使ってきたメールアドレスが変わるのはもちろん、利用していたプロバイダの解約違約金が発生するケースがあげられます。さらに、ソフトバンク光を契約した後に、別の光コラボ回線契約やNTTフレッツ光の再契約(再転用)をすることはできないので注意しましょう。

プロバイダは自由に選べない!ソフトバンク光とYahoo! BB

一般的に、インターネットを利用するためには、回線業者と別にインターネット接続事業者のプロバイダとの契約が別に必要です。したがって月々の利用料は、契約する事業者から別々に請求されることになります。

ソフトバンク光は、インターネット回線と自社のプロバイダがセットになって提供されるインターネット接続サービスです。月々の利用料金はまとめて請求されるので、支払い料金がわかりやすい上、割安になるメリットがありますよね。また、サポート窓口が同じなので、問い合わせや相談、もしものトラブルの際には安心です。しかし一方で、ソフトバンクが提供するインターネットサービスプロバイダ(ISP)は、Yahoo! BBのみですので、自由に選べないことに…。ここでは、ソフトバンク光で加入必須のISP「Yahoo! BB」について詳しくみていきましょう。

Yahoo! BBは、インターネット回線接続のADSLでは、日本最大の加入者数を誇るISP(インターネットサービスプロバイダ)です。ソフトバンクが提供しており、多種多様なサービスが最大の特長となっています。

フレッツ光回線を利用するソフトバンク光では、Yahoo!BBに同時加入となります。それまで、ADSLでYahoo! BBを利用してきた方にとっては、ソフトバンク光にすると、月々支払っていたプロバイダ利用料金が無料になることになりますね。一方で、使いなれたプロバイダの解約は必須なので、ソフトバンクユーザー以外の方にとっては、デメリットといえるのかもしれません。

また、ソフトバンク光を契約すると、月額利用料金300円から利用できる「Yahoo! BB基本サービス」に加入することができます。Yahoo!BB基本サービスとして、「Yahoo!メール」「Yahoo!ジオシティーズ」「Yahoo!ウォレット」などがあげられます。月額300円のリーズナブルな料金が設定されていますが、プランによっては月額料金が割高になる場合もあるので注意が必要です。必要のないサービスは申し込まないようにしましょう。

意外に見逃しがちなソフトバンク光の初期費用

ソフトバンク光を利用するためには、初期費用として事務手数料3,000円が契約と同時に請求されます。さらに、開通工事費用も発生します。(ただし、「フレッツ光」を利用している場合は、転用手続きのみで工事費は無料です)回線工事費用は、インターネット通信サービスを利用する住居によって異なります。光ファイバーがあらかじめ導入されている集合住宅の場合は2,000円のみです。しかし、一戸建てや光ファイバーの新たな設置が必要となる集合住宅の場合は、専門の工事担当者による光回線設置工事が必須となり、24,000円の開通工事費用が必要となります。

ここで注意するべきは、「ソフトバンク光重要項目詳細」です。「ソフトバンク光重要項目詳細」によると、土日休日に工事する場合は割増金3,000円が加算されることや、別途工事費が発生する場合もあると明記されています。契約や違約金などの関する重要事項が記載されていますので、契約の前に必ずチェックしてください。

ソフトバンク光の料金形態と自動更新

ソフトバンク光の月額基本料金は、戸建住宅で月額最大5,200円、マンション(集合住宅)の場合は3,800円です。月額利用料金には、プロバイダ(Yahoo! BB)料金と、各種レンタル機器の料金も含まれています。プロバイダ料金が別途加算されていた従来のフレッツ光(NTT提供)と比較すると、料金設定が低く抑えられていることが特徴です。

ソフトバンク光には、契約後に面倒な手続きを必要としない「2年自動更新プラン」と「5年自動更新プラン」があります。「5年自動更新プラン」は、月額利用料金が4,700円と割安にはなりますが、「ソフトバンク光TV」との契約が必須とされ、毎月660円の利用料金が加算されます。ソフトバンク光では、契約期間は利用者からの解約の申し出がない限り自動更新される仕組みになっています。契約満了月以外での解約には、解約料が発生するので注意が必要です。解約料は、「2年自動更新プラン」では9900円、「5年自動更新プラン」では15,000円となります。契約満了月とは、フレッツ光との契約が成立した月を1ヶ月目とし、24か月目のことです。解約金を必要としないのは、契約期間のうちのわずか1ヶ月に限定されていることを覚えておきましょう。

おすすめ窓口ソフトバンク光をおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://softbank-hikari.jp/
ソフトバンク光の人気な窓口

おススメ度:★★★★★
話題のおうち割や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!今ならおトクに申し込むチャンス!さらにWebフォームからのお申し込みで最大60,000円キャッシュバック!

最大60,000円キャッシュバック!

ソフトバンク光との「セット割」はメリットばかりとは限らない

ソフトバンク光を契約したユーザーを対象としたさまざまな割引サービスが提供されています。なかでも、スマホの月額料金が最大で2,000円も割引になる「おうち割光セット(旧:スマート値引き)」は、ソフトバンクユーザーにとっては魅力的なサービスですよね。

「おうち割光セット」は、対象固定通信サービスとともに契約することで、月々のスマホ料金を含める携帯料金を割引するサービスのことです。対象固定通信サービスには、ソフトバンク光はもちろんSoftBank AirやSoftBank 光 ファミリー・ライトなどが含まれます。最大で10回線まで割引が適用され、個人ユーザーだけでなく法人でも利用することができます。他にも個人のユーザー限定の「おうち割でんきセット」があります。

ただし、ソフトバンク光の「おうち割光セット」には、月額500円の必須加入オプションがあります。必須加入オプションには、「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」に加えて「ホワイト光電話」「光電話(N)+BBフォン」「BBフォン」のいずれかとなります。光電話までは必要としない方には、デメリットといえるのかもしれません。また、「おうち割光セット」は、全てのサービスに対応しているわけでなく、対象外となる場合もあるので、申し込む前には確認しておくことが大切です。

「おうち割光セット」は、個人ユーザーだけでなく法人にも対応しています。月々の携帯利用料金が割引されるお得なサービスですので、是非チェックしてみて下さい。ただし、法人データシェア、データシェアプラスなど、契約内容によっては割引の対象外となる場合もあります。契約する前に、割引対象も含めて確認しておくとよいでしょう。

要チェック!代理店からの申し込みでキャッシュバック

ソフトバンク光には、申し込むとキャッシュバックを受けられるお得なプランがあります。ただし、ソフトバンク光を取り扱う代理店のみのキャンペーンとなっている点に注意が必要です。また、大手家電量販店やソフトバンク代理店で実施していたキャッシュバックキャンペーンは、すでに対象期間が終了していたり、キャッシュバックの金額が少額の場合があります。

ソフトバンク光のキャッシュバックの特典が最も大きなのは、ネット上の代理店サイトです。新規申し込みと転用からの申し込みによって、キャッシュバックの金額には違いがあります。ソフトバンク光に申し込む前に、比較検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

まとめ

ソフトバンク光は、ソフトバンクの携帯やスマートフォン使っている方にとっては、とても魅力的なサービスです。逆に、ドコモやauなどソフトバンク以外のユーザーには、ソフトバンク光を契約するメリットは少ないともいえます。他社の光コラボと比較検討した上で、最適な回線事業者を選択してください。

ソフトバンク光をおトクに申し込める窓口ならコチラ!

おすすめ窓口ソフトバンク光のおトクな窓口

https://softbank-hikari.jp/
webからお申し込みがおトク!
ソフトバンク携帯とセットで割引となる話題のおうち割や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!今ならおトクに申し込むチャンス!さらにWebフォームからのお申し込みで最大60,000円キャッシュバック!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事