閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

auの学割サービスはauひかりとの併用でさらにお得になります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

学割による割引サービスといえば携帯電話に多いサービスですが、インターネットの光回線接続サービスであるauひかりでも学割サービスの対象となることはご存知でしょうか?
KDDを始め、各携帯電話キャリアが行なっている学割サービスは主に携帯電話の契約者を対象としていますが、インターネットの光回線契約との携帯電話の契約をセットで行うセット割をどのキャリアも推進しているため、auひかりのようなインターネット契約も学割に大きく関わってきます。


キャンペーンの対象者は学割で申し込めばとてもお得になるためぜひとも覚えておきたいです。本稿では、KDDIが2016年に開始した学割サービスの詳細を解説、さらに学割に大きく関わってくるやセット割など料金プランについても解説します。

覚えておきたい、通信事業各社が行なっているセット割について

日本の携帯電話の主要キャリアといえばドコモ、au、ソフトバンクですが、この携帯キャリア事業社はインターネット接続サービスも行っています(ソフトバンクはプロバイダ事業のみ)例えばKDDIはauで携帯電話サービスを、auひかりでインターネット事業を行なっています。KDDIとしてはどちらの顧客も増やしたいはずです。そこで始めたのがセット割です。携帯電話もインターネットもKDDIの運営であるauとauひかりで契約するとそれらを1つの契約にまとめ、料金的にも別々に契約するよりお得になるという仕組みです。これがKDDIの【auスマートバリュー】です。

ほぼ同様のサービスをNTTもソフトバンクも行っています。NTTなら【ドコモ光パック】、ソフトバンクなら【スマート割】です。本稿で言及する学割サービスや引越しキャンペーンはこれらのセット割の契約を促すために始めたという意味合いが強いキャンペーン内容です。
現在では3大キャリアがいずれもセット割を行なっている現状のため、あえてインターネット契約と携帯電話キャリア契約を別々にするメリットは薄いです。現在そのような状況の人は一考してみてはいかがでしょうか。

NTT、KDDI、ソフトバンクが2015年に一斉に開始した学割サービス

各キャリアが学割サービスを開始したのは2015年からです。そしてau光のKDDIは2016年の初頭にも大々的な学割サービスを展開しました。
その時のキャッチコピーは、KDDIのCMでおなじみの昔話をモチーフにしたCMイメージキャラクターによるもので、「今年は何かが違う、auの学割」でした。ちょうど各社が春モデルの機種紹介CMが流れている時です。そういえばそんなCMあったな、と思い出した人もいるのではないでしょうか?
各携帯キャリア会社は毎年春モデル、夏モデル、秋冬モデルと、季節の変わり目に新機種を投入します。ちなみに2015年の時の3大キャリアが一斉に行なった学割サービスもそうですが、学割サービスはその年の初頭から5月末くらいまでがキャンペーン期間であり、2016年のKDDIの学割も同様です。現在(2016年11月現在)はキャンペーン期間外です。しかし2017年の初頭からまた何かしらの学割サービスを行う可能性は高いでしょう。

KDDIが2016年に行なった学割サービスの詳細

学割というと学生が対象と考えがちですが、KDDIが行なった学割サービスは25歳以下が対象となり、申し込みが可能です。つまり25歳以下なら会社勤めをしている社会人でも対象となります。

学割サービスが適用されるのは新規契約か機種変更で新たにauの携帯電話を契約した場合です。キャンペーン期間も1月〜5月のため、新生活を始める若者を対象に、契約者を開拓しようという意図と思われます。ちなみに2015年の学割は新規契約のみが対象でしたが、2016年の学割は機種変更も対象となりました。キャッチコピーの「今年は何かが違う」とはこのことでしょうか?

  • 気になる学割サービスの内容は、契約した時から25歳になるまで(例えば20歳で契約したら25歳になるまでの5年間)毎月5GB分のデータ通信量がもらえる
  • データ定額量から1,000円割引
    以上の2つの特典が毎月、25歳になるまで適用されます。

このデータ通信料とはスマートフォンを使うときにとても重要になる要素のため、特にauスマートフォンを使っている人には恩恵が多くなります。
一昔前までスマートフォンの契約といえばLTE回線でパケット使い放題のパケット定額サービス、LTEプランがメインでしたが、昨今はデータ通信料を制限して定額料を抑える料金プランが人気を集めています。

auスマホの場合なら、データ定額10やデータ定額13などです。これらのプランはデータ定額10なら一月に10GB分のデータ通信料を使い切ってしまうとデータ速度が制限されてしまう、という仕組みです。
以前のパケット使い放題と比べると不便に感じますが、昨今のWI-FI環境の普及によってその不便さは軽減されつつあります。例えば自宅にいるときには自宅のインターネットの固定回線をWI-FIで使えばデータ通信料は消費しません。コンビニや公共施設でもフリーWI-FIエリアは増えつつあります。これらを活用して、本当に必要な時だけ出先でデータ通信するようにすれば実用には耐えます。

どのキャリアも行なっていますが、昨今のデータ定額は家族数人でシェアが可能です。例えばauのデータ定額10なら料金プランは8,000円です。これなら使い放題の定額プランと変わらないと思うかもしれませんが、これを3人家族でシェアすることも可能です。これなら、3人分の基本使用料+データ定額10の8,000円で3人分のauスマホの契約が出来ます。一人が1台ずつ契約で持つよりもお得ですね。
auの学割はこのデータ通信定額の部分に毎月5GB分がプラスされ、さらに合計月額料金から1,000円割引となります。データシェアは家族で使えるため、家族の中に25歳以下の人がいれば、家族全員がauの学割の恩恵を受けることができるというわけです。

おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

インターネット契約の【auひかり】も含めたauスマートバリューでさらにお得に

本記事の冒頭で解説した、インターネットと携帯電話の契約を1つにするセット割を活用することでauの学割の恩恵を最大限に受けることが出来て、携帯代もお得になります。KDDIのインターネット、光回線サービスである【auひかり】と携帯電話サービスであるauをセットで契約してお得な料金で利用するのがKDDIのセット割である【auスマートバリュー】です。インターネット回線はauひかり、そしてauスマートフォンを使うという形で、auスマートバリューで契約すると様々な割引特典がつきます。例えばauスマートフォンのデータ通信定額を5GB以上の料金プランを選択すると、+5GBのデータ通信量が毎月付くようになります。学割サービスの5GBを合わせると毎月10GB分がもらえることになります。

上記の解説で、データシェアすれば家族でデータ通信料をシェアできると解説しましたが、auスマートバリューは契約する家族数が増えるごとに料金プランの合計から2,000円の割引を受けることができます。割引対象は最大4人までで割引額は最大8,000円になります。この割引額は2年間適用されます。これらのauスマートバリューの申込プランの特典は新規契約をした時に適用されます。学割サービスとauスマートバリューの、双方のデータ通信量がプラスされるサービスと割引サービスを併用することで、3大キャリアのセット割プランの中でもKDDIが最も最安値で利用することが可能となります。

一昔前のようにインターネットの新規契約申し込みで数万円の高額キャッシュバックというようなことはほとんどなくなりましたが、新規契約や機種変更時に得られる割引を併用することで長期間にわたってお得に利用することは出来ます。以前から3大キャリアの中でも利用料金が最安である印象が強いKDDIのauですが、インターネット接続料とセットになるauスマートバリューでもやはり低価格路線を踏襲しているという結論です。インターネットだけでみると競合相手のNTTのフレッツ光と料金的に大差はないですが、KDDIのインターネットとau携帯電話のセット料金の割引を適用するとそれなりにお得感があります。

そして上記でも解説しましたが、2016年にKDDIが開始した学割サービスは2016年11月現在にすでに終了しています。おそらく2017年の初頭に同様のサービスを開始すると思われます。
現在、auやauひかりの新規契約を検討している人で、学割の対象となる25歳以下、または家族に25歳以下の人がいる人は2017年初頭のKDDIの発表を待ってからにすることをオススメします。

本記事紹介した割引サービスは全て、auショップでの契約はもちろん、家電量販店の窓口のような代理店、いわゆるオフィシャルの窓口ならどこでも手続き可能です。
まずは公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

auひかりをおトクに申し込める窓口ならコチラ!

おすすめ窓口auひかりのおトクな窓口

https://kddi-hikari.com/
今なら初月無料でネットが使える!
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そしてこの窓口の最大の魅力は最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!

▼▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事