閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

フレッツ光の解約手続き【違約金ナシになる方法も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【話題ニュース】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

フレッツ光を解約したいと思っているのに、「なんだか手続きが面倒くさそう…」とついつい後回しにしていませんか?
今回は、フレッツ光を解約するための手順を分かりやすく解説します。
解約というと気になる違約金が発生する条件や、違約金ナシで解約できる方法もあわせてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

フレッツ光を解約するまでの3つのSTEP

それでは早速、フレッツ光を解約するための手順を3つのSTEPでお伝えしていきます。

STEP1 プロバイダを解約する

フレッツ光を利用している方は、光回線を提供してくれているNTTのほかに、インターネットを使用するためのプロバイダとも契約を結んでいます。

よくあるトラブルに、解約時NTTにはきちんと連絡したのにプロバイダの存在を忘れていて、プロバイダの月額利用料金が余分に請求されてしまった!なんていうこともありますので、利用しているプロバイダの解約ページから忘れず手続きするようにしましょう。

自分がどのプロバイダを利用しているのか分からない方は、NTTに問い合わせると教えてもらえるので、確認してみてくださいね。

ここで「そういえば私、普段プロバイダのメールアドレスを使っているんだけど…」と気になった方もいらっしゃるかもしれません。
そう、プロバイダのメールアドレスは、通常プロバイダを解約してしまうと使用できなくなります。

ただ、メールアドレスだけ引き続き利用できるようにするためのサービスや、無料のコースに移行することでそのままメールアドレスが使えることもあります。
有料のサービスでも、月額200~300円程度で残せるプロバイダがほとんどなので、メールアドレスを変更するのが面倒な方は利用してみましょう。

また、メールアドレスにこだわりがない方は、この機会にGoogleの「Gmail」やYahooのフリーメールに乗り換えるのもおすすめです。
プロバイダのメールと違って、フリーメールはWebメールとも言われ、パソコンなどの端末にメールが保存されるわけではないので、メールサービスにログインさえすればどのパソコンからでもメールを見ることができるようになります。
もちろん、新しく利用するインターネット回線のプロバイダでメールアドレスを取得し直すのもひとつの方法です。

さらに、フレッツ光を契約した際、電話も一緒に「アナログ回線(加入電話)」から「ひかり電話」に乗り換えた方は、電話加入権を「休止」状態にしている方が多いかと思います。
自分がどうしたか分からないという方も、電話加入権の確認を忘れないようにしましょう。

STEP2 NTT東日本・西日本に連絡する

プロバイダに連絡が済んだら、次はNTTの解約です。

お住まいの地域によってNTT東日本・NTT西日本どちらと契約しているかは変わってきますが、解約する際の連絡はすべて「0120-116-116」の電話番号で受け付けられています。
受付時間は9:00~17:00、年中無休ですが年末年始はお休みです。

ガイダンスに従い操作を進めると解約窓口につながり、携帯電話・PHSからでも利用することができます。
窓口ではオペレーターが対応してくれますが、オペレーターにつながるまで時間がかかることもあります。
特に休日は回線が混雑するようで、オペレーターと話ができるまで数十分かかることもあるので、できれば平日の昼間など電話する人が少なそうなタイミングを狙いましょう。

また、電話をかける前に次の情報を手元に用意しておくとスムーズです。

  • NTTのお客様番号
  • NTTに登録している電話番号
  • 希望の解約日

お客様番号は、契約時の書類やNTTから郵送される請求書などに記載されています。

解約日はネットが使えなくなる日のことなので、引っ越しの日や次のネット回線に乗り換える日と調整すれば、ネット環境が途切れず安心です。
ネットが使えない日があるのは嫌だ!という場合、念のために次の回線の契約日よりもフレッツ光の解約日を後に設定して、余裕を持たせておくのも良いかもしれません。

解約した月の利用料は日割りになるので、少しでも無駄を出したくない!という方は逆に早めに解約してしまうのもアリです。

STEP3 工事もしくはモデムを返送

NTTへの連絡が済んだら、NTTからレンタルしているモデムなどを返却する必要があります。
住んでいる家によっては撤去のための工事が必要になることもあり、NTTに解約の電話をした際どちらになるか指示されるので、工事ならば日程を調整、自分で返却なら送り返すための箱が自宅に届くのを待ちましょう。
工事に立ち会う、もしくは指定の住所に返送完了でフレッツ光の解約になります。

違約金もNTTとプロバイダそれぞれに発生

解約時に気になる違約金は、NTTとプロバイダそれぞれのルールに従って発生します。

プロバイダの違約金発生条件

プロバイダの違約金は、定められている最低利用期間に使用が満たなかった場合発生し、最低利用期間はプロバイダによって差はあるものの、大体2年。
違約金の金額は5,000円のプロバイダが多いようです。

最低利用期間
違約金
OCN
2年
5,000円
Yahoo!BB
2年
5,000円
BIGLOBE
2年(なが割適用時BIGLOBE)
5,000円
@nifty
ホーム2年/マンションなし
ホーム3,000円/マンションなし
ASAHIネット
1年
2,000円
ぷらら
なし
なし
So-net
なし
なし
DTI
なし
なし

NTTの違約金発生条件

一方、NTTでは利用したキャンペーンの内容によって違約金が発生します。

  • 初期工事費用割引(東日本・西日本)

フレッツ光を利用開始時に初期工事費用が割引になるキャンペーンを使用していた場合、NTT東日本では工事料金が30ヶ月での分割払いに、NTT西日本では無料になっています。
そのため、東日本では30ヶ月以内、西日本では2年以内に解約してしまうと、違約金が発生するのです。

条件
違約金
NTT東日本
30ヶ月以内
残りの工事費
NTT西日本
2年以内
3,000円~20,000円(料金利用プランによる)
  • にねん割(東日本)

「にねん割」は、2年間の利用を条件に戸建てで700円、マンションで100円が月々安くなる割引サービスですが、期間内に解約すると戸建てで9,500円、マンションで1,500円の違約金が発生します。

  • 光もっともっと割(西日本)

「光もっともっと割」も「にねん割」と同じく、年単位の継続利用を条件に月額料金が割引になります。
利用年数によって最大30,000円の違約金を支払わなければならないため、注意が必要です。

割引
適用期間
15ヶ月間
自動延伸
3年間
自動延伸
3年間
自動延伸
3年間毎
フレッツ光のご利用年数
1年目
2年目
3年目
4年目
5年目
6年目
7年目
8年目
9年目
以降
違約金
10,000円
5,000円
30,000円
20,000円
10,000円
30,000円
20,000円
10,000円
10,000円

引用:http://flets-w.com/cpn/motto2/

【朗報!】SoftBank光なら、工事費無料!さらに他社からの違約金も全額負担!

工事費・違約金・全額負担!

ソフトバンク光ならなんと他回線解約時の解除料金・撤去工事費を全額負担!月額利用料3,800円~スタートできる!また人気のおうち割で携帯とのセットもおトク!さらに今お申込みで最大60,000円のキャッシュバック・・・詳しく見る

違約金ナシでフレッツ光を解約する方法

それではいよいよ、フレッツ光を解約しても違約金を支払わなくて済む4つのケースをご紹介します。

ケース1 更新月に解約する

先ほどご紹介したNTT東日本の「にねん割」やNTT西日本の「光もっともっと割」では、年単位の契約の区切りとなる「更新月」があります。

たとえば「にねん割」なら更新月は2年単位で訪れ、その月のうちにフレッツ光を解約すれば違約金が発生しません。
「にねん割」「光もっともっと割」はほとんどのフレッツ光ユーザーが適用しているはずなので、解約するなら契約更新月を狙いましょう。

ケース2 引っ越し先でもフレッツ光にする

「にねん割」「光もっともっと割」の更新月じゃないけど、引っ越しをすることが決まってしまった…そんな時は、引っ越し先でもフレッツ光を利用すれば違約金を支払わなくて済みます。

というのも、新しい家でも継続してフレッツ光を利用するなら、現在のフレッツ光は「解約」ではなく「移転」扱いになるのです。
NTT東日本では7,500~9,000円の移転工事費がかかってしまいますが、NTT西日本では無料で移転することができるので、解約ではなく移転手続きの申し込みをして引っ越しましょう。

ケース3 海外に引っ越す

国内ではなく海外に引っ越すことが理由で解約する場合、NTT東日本・西日本どちらの提供エリアからも外れるということで、違約金は発生しません。

ただし、NTT東日本の場合は初期工事費割引の残額があった場合はそれを一括で支払う必要があり、NTT西日本の場合は6ヶ月以上利用していれば違約金も工事費も負担しなくてOKです。

ケース4 乗り換え先のキャッシュバックを利用する

ネット回線は、新規契約時に特典として現金キャッシュバックを行っているところが多いですよね。
そういったキャッシュバックを受けることができる乗り換え先を選べば、フレッツ光の違約金と相殺することができます。

違約金自体は発生してしまっても、相殺することで「実質」支払わずに済むというわけです。
更新月はまだ先だし、引っ越し先では他社を利用したい…そんな時にはぜひキャッシュバック特典のある乗り換え先を探してみてくださいね。

以上、違約金を支払わずに済む4つのケースと、フレッツ光の解約方法をご紹介しました。
NTTに解約の申し込みをするときも、更新月を確認したいときも、自分が利用しているプロバイダが分からないときも、とりあえず「0120-116-116」に電話をすれば問題ありません。
今回ご紹介したステップを参考に、解約手続きを進めていってくださいね。

【朗報!】SoftBank光なら、工事費無料!さらに他社からの違約金も全額負担!

工事費・違約金・全額負担!

ソフトバンク光ならなんと他回線解約時の解除料金・撤去工事費を全額負担!月額利用料3,800円~スタートできる!また人気のおうち割で携帯とのセットもおトク!さらに今お申込みで最大60,000円のキャッシュバック・・・詳しく見る

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

3,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事